西宮 市 学校 再開。 日本共産党西宮市会議員団

学校園における新型コロナウイルス感染症への対応(令和2年7月25日更新)/伊丹市ホームページ

西宮 市 学校 再開

沿革 [ ]• - 西宮町立西宮高等女学校として開校。 - 西宮市立西宮高等女学校に改称。 - 西宮市立西宮高等学校と改称後、同年10月に西宮市立建石高等学校と校名変更。 - 西宮市立西宮高等学校と校名変更。 - 山口分校(定時制)を併合。 - 定時制課程がとして独立。 - 現在地に移転。 なお、移転前の校舎は西宮西高等学校が引き続き使用した。 - の一環として、震災で被害を受けた校舎に代わり新校舎が完成。 特色・課程 [ ]• 定員は各学年40名 1クラス。 なお、普通科の中にも、コースが設けられている。 全国高等学校野球選手権大会とのかかわり [ ] で行われるでは、(昭和24年)31回大会から開会式で本校の女子生徒が代表校のを持つことが慣わしとなっている。 これは戦後が再開された際、学制改革で代表校に多数の新制「高校」が出場してきたが、まだなじみの薄い学校名を印象付けるためプラカードに学校名を書いて行列の先頭に立つこととし、その提案に関わったひとりが同校関係者であったのと、同校(当時の西宮市立建石高等学校)が阪神甲子園球場に近かったことと、歴史的に女学校であったためである。 最初の年は夏休みの直前であったが補欠を含め約30人の3年生が集められ、歩き方の審査もあったという。 それ以降何年かは3年生が担当していたが、自分のプラカードの高校が勝ち進むと受験勉強に身が入らないということで、現在では2年生が担当している。 大会前に学校の体育館でオーディションが行われ、選ばれた生徒だけが参加できる。 但し、出場校のプラカードを持っての行進以外にも国旗・大会旗を持っての行進もあり、オーディションで選ばれても必ずしもプラカードを持てるわけではない(これは抽選で決められる)。 ほかに開会式でのコーラスなどでも同校の女子生徒が参加している。 施設・設備 [ ]• 2006年度、3年生の全普通教室に冷暖房設備が設置された。 2007年度には2年生の全普通教室に、2008年度には1年生の全普通教室にも設置された。 この結果、本校のほぼ全ての部屋で空調が可能になることになる。 50mプールを備えている。 コートを1面持つ。 図書館には、「松柏図書館」という名称がつけられており、約6万冊の蔵書がある。 部活動 [ ] 運動部 [ ]• -2011年度、に出場。 ベスト8。 文化部 [ ]• ・ 茶華道部• 著名な出身者 [ ]• - 作詞家• - ドラム奏者• - 俳優• - ()• - サッカー選手()• - サッカー選手()• - ゲームクリエイター• - JRA• - 元男役• - 元男役• - 元• - 選手(日本代表)• - 選手、選手• - 現代美術作家• - 、• - アナウンサー• - 男役• - ・ 制服 [ ]• 冬 - 女子• 夏 - 女子• 冬 - 男子• 夏 - ワイシャツ 男子 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

日本共産党西宮市会議員団

西宮 市 学校 再開

臨時休校後に教育活動を再開した際、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、兵庫県西宮市は、市立の全学校園に、赤外線で温度を感知するサーモグラフィーカメラの配備を決めた。 登校時の校門などに置き、体温をチェックする。 市一般会計補正予算案に約930万円を盛り込んだ。 学校再開後のクラスター(感染者集団)の発生を防いで「子どもや保護者が安心できる環境を整えたい」とする。 24日の市議会臨時会で補正予算案が可決されれば、入札などの手続きを始める。 感染拡大の影響で品薄が続いており、配備は6月になる見通しという。 サーモグラフィーカメラは、人の目では見えない熱の分布を動画で視覚化し、周囲より熱い場所を赤色、冷たい場所を青色などで表示できる。 厳密な体温測定は難しいが、新型コロナ対策に取り組む空港の検疫所や、冷気などを確認する工事現場などで使われる。 西宮市は、持ち運びしやすい小型タイプで、1台10万円台の安価な機種を配備する方針。 カメラの表示で発熱の可能性を察知すれば、体温計で測定し、医療機関につなぐなどする。

次の

6月1日からの学校の再開について(令和2年5月22日現在)|尼崎市公式ホームページ

西宮 市 学校 再開

新型コロナウイルスの感染拡大による休校が解除され、県内のすべての自治体で6月中に学校給食を順次、再開する。 休校期間中、3食を用意した家庭から「早く再開を」との声が上がる一方、配膳や食事による感染リスクを不安視する声もあり、各自治体は、配膳作業を減らすため品数を絞り、細かい手順を定めるなど感染予防と十分な食事の提供の両立に工夫をこらしている。 【稲田佳代】 文部科学省は学校再開ガイドラインや「学校の新しい生活様式」マニュアルなどで、体温測定や食事前後の手洗いに加え、机を向かい合わせにせず、会話を控えるよう対策を例示した。 神戸市 神戸市は小学校が9日から再開。 12日まではパンと牛乳に、ジャムとかしわ餅やメープルジャムとリンゴゼリーをつける簡易給食を提供し、15日から通常給食を始める。 全体的に「甘め」の献立だが、市の担当者は「栄養価は適切ではないがカロリーは満たせる」。 中学校は希望者に弁当で提供しており、配膳がないため1日から通常メニューで再開した。 利用率が3割程度だったため、市は2020年度から給食費を上げて献立を充実させたばかり。 休校で出はなをくじかれたが、1食170円程度で申し込みは増えそうだ。 芦屋市 芦屋市は小学校で12日、中学校で11日から主食と牛乳の簡易給食を始める。 ホットドッグやチキンピラフなど、食べやすくて人気のあるメニューにした。 徐々に品数を増やし、7月からの通常給食を目指す。 カロリー少なめだが、市教委の担当者は「食事に困っている家庭もあり、少しでも早く始めようと考えた」と説明する。 西宮市 西宮市の小中学校は15~17日に順次再開する。 1学期中は副菜を中心に通常より1品減らして、チーズやゼリーなどを追加する。 準備から終了まで手洗いや机の消毒、マスクを外すタイミングなど細かく流れを定め、各校に通知した。 また、市は再開前に市薬剤師会と協議。 給食前に各自専用の布巾で机をから拭きさせることにした。 消毒用アルコールが手に入りにくく、毎日消毒作業をする教員の負担も考え、子どもたちが自分で少しでも安全にできる方法を考えたという。 三田市 三田市の小中学校は15日から再開し、当初はパンと魚のフライなど取り分けやすい献立の回数を多くするという。 おかずの品数を減らす分、量を増やす。 給食当番の児童生徒は新しいマスクを使用。 「いただきます」が終わるまで全員がマスクを外さず、おかわりや苦手なものを減らす作業も控える。 市教委の担当者は「さみしいし味気ないけど仕方ない」と声を落とす。 姫路市 姫路市は、小中学校で15日から再開し、再開日に左右されないように、初日と2日目の献立を事前に決める工夫をした。 発注から届くまで時間のかかる給食用の加工品を使う献立は避け、市場でいつも手に入る肉や野菜を材料にした豚の生姜焼きとみそ汁などに決めた。 豊岡市 感染者が出ていない豊岡市でも対策を徹底している。 配膳作業をなくすため、5月中は弁当容器や袋に入れて給食を提供。 しかし、献立の品数は減らさず、ある日の献立はナンと牛乳、かぼちゃのひき肉フライ、なすとトマトのペンネ、ブロッコリー、みかん缶、かしわ餅の計7品。 調理員は慣れない盛り付け作業に苦労したという。 6月からは配膳を伴う給食に戻したが、副菜を1~2品減らした。 みそ汁を具だくさんにしたり、ワカメごはんにしたりするなど栄養バランスに配慮した。 市教委の担当者は「このまま感染者が出なければ現在の対策で十分と考えられるので15日以降は通常に戻していけたら」と話していた。 〔神戸版〕.

次の