ゲームオブスローンズ。 オベリン・マーテル

ゲーム・オブ・スローンズ

ゲームオブスローンズ

ジョンの友であるナイツ・ウォッチはアイザーの仕業だと話し、反逆者たちと戦うために野人へ協力を求める。 そして、スタニスを見捨てて、黒の城に戻ってきたメリサンドルは「ジョンが戦っている姿を炎の中に見た」と再び予言を始める。 その頃、ジョンを殺したアイザーは他のナイツ・ウォッチの前で、苦渋の決断だったと総帥殺しを正当化していた。 一方、ウインターフェルから逃げ出したサンサとシオンは、雪の中を必死で逃げていた。 しかし、ラムジーが出した追っ手の兵に見つかってしまう。 そんな窮地に、ブライエニーと従者ポドリックが現れ、二人を助けてくれる。 サンサはブライエニーの忠誠を今度は受け入れる。 そして、グレイジョイ家に戻るというシオンと別れることにした。 王都では、娘ミアセラが殺されたことを知ったサーセイが悲しみに暮れていた。 ドーンでは、ミラセラの死を知らせる手紙を受け取ったドーランとその息子トリスタンをエラリアが暗殺する。 ナロー・シーの向こう側では、デナーリスがドスラク騎馬隊に捕まり、酷い扱いをうけるがカール・ドラゴの妻だったことを話し、拘束を解かれる。 しかし、ドスラクの習わしで王の死後に女王が行く所はドシュ・カーリンと呼ばれる所だと言われ、ミーリーンには帰してもらえない。 同じ頃、アリアは視力を奪われ、黒と城の館を追い出され、物乞いの生活を送るようになっていた。 そこにウェイフがやって来て、棒を渡され戦うように言われる。 しかし、目が見えていないアリアは、一方的にウェイフから棒で殴られることになる。 黒の城では、アイザーが部屋に立て籠もるダヴォスたちに「日没までに出てくれば助ける」と言うが、実際は開けたら皆殺しになることをダヴォスは予測する。 黒の城では、アイザーが立て籠もるダヴォスたちに出てくるように話し、皆殺しにするためにドアを破ろうとしていた。 そこに野人を連れたエドが戻ってきて、反逆者のアイザーたちを拘束する。 野人のトアマンドはジョンの亡骸を見ながら、夜になったら火葬しようと提案する。 その頃、ティリオンはデナーリスの不在を任され、ミーリーンや他の奴隷商人たちの町を治めようとするが上手くいかないでいた。 一方、物乞いになっていたアリアは毎日、ウェイフに棒で殴られていたが、少しずつ見えないなりに反撃ができるようになっていた。 それを見たジャクエンはアリアに質問を投げかける。 アリアはその質問に上手く答え、黒と白の館に戻ることを許される。 ウィンターフェルでは、ラムジーが父ルース・ボルトンに男の子が生まれたことで自分の地位が危うくなると考え、父親と義母、そして生まれたばかりの弟を殺害する。 グレイジョイ家では、シオンの父ベイロンが行方不明になっていた叔父ユーロン・グレイジョイに殺される。 同じ頃、ジョンを蘇らせようとダヴォスは魔女に蘇りの術を施してもらっていた。 しかし、何も起こらず、諦めて部屋を出ようとする。 その時、ジョンが突然目を覚まし起き上がった。 そして、信念を貫いた結果、仲間に殺されたと嘆くジョンをダヴォスは慰める。 過去のことを詳しく知りたがるブランに、老人は「自分の元を離れる前に全てを学ばなければならない」と言う。 その頃、ドスラク騎馬隊に捕まったデナーリスは、ドシュ・カーリンに連れて行かれ、夫の死後すぐに来なかったことを責められる。 そして、ドスラクの全ての部族の長が集まり、デナーリスの処遇を決めると言う。 ミーリーンでは、ティリオンがヴァリスの活躍により仮面の反逆者(パーピーの息子たち)の支援者が、アスポタスとユンカイの奴隷商人たちであり、その協力者がかなり多いことを知る。 そこでティリオンはその親方たちに伝言を送ることを決める。 王都では、サーセイがクァイバーンと協力しハイ・スパローを葬る作戦を立て始めていた。 一方、白と黒の館に戻ったアリアは、視力は戻っていなかったが、盲目のままでも棒術で戦えるようになる。 ジャクエンはそんなアリアに視力を返してやることにした。 ウィンターフェルでは、父親を殺してウインターフェル城の当主になったラムジーが、リコンとオシャを手中に収める。 黒の城では、ジョンが反逆者のアイザーや野人に両親を殺された少年を絞首刑にする。 その後、ジョンは総帥の座をエドに引き継ぎ、ナイツウォッチを抜けると話す。 サンサとスノウは再会を喜び、共にウインターフィルの奪還を誓う。 ティリオンは仮面の反逆者たちに支援している奴隷商人たちを集めて交渉を始める。 その内容に元奴隷たちは反発するが、なんとかまとめることに成功する。 王都では、ハイ・スパローが捕らえているマージェリーと兄ロラスの面会を許していた。 そして、サーセイはハイ・スパローへの復讐のために、オレナ・タイレルとも手を組むことに決める。 同じ頃、鉄の諸島にウィンターフェルから脱出したシオンが帰ってくる。 父の死を知って涙を流しながらも、シオンは姉ヤーラを王にするために力を尽くすと約束する。 黒の城にはラムジーの脅迫文が届き、その中にはリコンを捕らえていると書いてあった。 サンサはジョンに北部の王になれと話し、リコンを奪還しようと促す。 ドシュ・カーリンでは、ドスラクの長たちが集まり、デナーリスの今後の処遇について話し合いを始めていた。 その間にデナーリスを助けにモーモントたちが迎えに来るが、デナーリスは逃げるのを拒み、ドスラク騎馬隊を自分のものにするため、あえて長たちが集まっている天幕に乱入し、天幕に火を放って長たちを皆殺しにする。 そして、燃えさかる建物から現れたデナーリスを見たドスラク人たちは驚き、彼女に跪き始めるのだった。 サンサはベイリッシュから叔父ブリンデン・タリーが生きていることを知らされ、リヴァーラン城の奪還に成功したことをジョンに教える。 しかし、ラムジーと結婚させたことを恨んでいたサンサは、ベイリッシュを信用してはいなかった。 同じ頃、アリアはジェクエンから女役者クレインを殺すように命令される。 そして、その時のホワイト・ウォーカーが現在の夜の王として大群を率いていることを知る。 森の子らになぜホワイト・ウォーカーを作ったのかと聞くと、森の子らは人間から自分たちを守るためだったと言う。 鉄の諸島では、ヤーラとユーロンのどちらが新王になるかで、選考会が設けられていた。 しかし、女は王になれないと言われ、新王はユーロンになる。 そして、ユーロンはヤーラとシオンを殺すように命じるが2人は既に逃げた後だった。 ドスラク人たちに受け入れられたデナーリスは、モーモントが灰鱗病にかかっていることを知る。 デナーリスはモーモントに病気を治して戻ってくるように命令する。 ブランは夜の王を覗き見していると、気づかれて腕を掴まれてしまう。 ホワイト・ウォーカーに見つかったブランたちは大群から逃げるために、森の子らやダイアウルフ、ホーダーを犠牲にしてしまう。 それでもブランは何とかミーラと二人で外に逃げ出すことができる。 ミーラは諦めて守れなかったことをブランに謝罪する。 二人が絶体絶命に陥っていたその時、ナイツ・ウォッチの格好をした男が馬に乗って現れ、ブランとミーラを助けてくれる。 一方、アリアはジェクエンの命令で女役者クレインを殺そうとつけ狙ったが、アリアの目には彼女が悪人には見えなかった。 結局、アリアはクレインを殺すことを拒み、彼女を殺そうと依頼してきた依頼主をばらして立ち去る。 命令に背いたアリアは殺されることを予測して、隠していた剣を取りに行った。 王都では、トメンとマージェリーがハイ・スパローに取り込まれ、王室と信仰は聖なる同盟だと宣言した。 その後、トメンはジェイミーにはリヴァーラン城にいるブリンデンとの交渉に北に行くことを命令した。 それを知ったサーセイは、ジェイミーに王の命令通りに動くように話し、ハイ・スパローに関しては自分に任せるように伝えた。 ブランの叔父ベンジェンは、ホワイト・ウォーカーに殺されたが、ホワイト・ウォーカーになる前に森の子らが助けてくれたと言う。 レイは気さくな性格で、訳ありのハウンドを村人として受け入れてくれた。 ハウンドも居心地が良かったため、そのまま彼らの村にとどまり、穏やかに暮らしていた。 しかし、ハウンドが山へ出ていた間に、何者かがレイや村人を皆殺しにする。 山から戻って死体をみたハウンドは怒り、斧を持ち殺した者を探し始める。 王都では、自分を解放させるために改心したように装ったマージェリーがハイ・スパローと話をする。 その内容からハイ・スパローが祖母にも危害を加えようと考えていることを知り、祖母を故郷へ逃がすことにする。 ジョンはウインターフィル城を奪還するため、野人の力を借りることを決める。 野人たちはジョンへ恩を返すと言い、協力してくれることになる。 その頃、ジェイミーは北のリヴァーラン城に到着すると、早速ブリンデン・タリーとの交渉を始める。 しかし、ブリンデンはここで生まれたと語り、ここで死ぬと覚悟をみせる。 可能な限り血を流したくないジェイミーは、次の策を講じることにする。 同じ頃、鉄の諸島から逃げ出したシオンとヤーラはデナーリスと契約を結び、鉄諸島を取り戻そうと考えていた。 ジョンとサンサの兵士集めは順調とは言えなかったが、リコンのことを思い逸る気持ちを抑えられないジョンは、可能な限り進軍すると言って聞かない。 このままでは十分な兵が集まる前にウインターフィルを攻め始めると不安を感じたサンサは、密かに援軍を求める手紙を書き始める。 何とか逃げ延びたものの、傷が深く手当が必要であった。 アリアに命を助けられたクレインは瀕死のアリアを見つけ、自宅で治療をしてくれる。 王都では、雀たちがサーセイを連行するため、城に入ってくる。 サーセイは雀たちに任せるのではなく、ハイ・スパローに自分で来るように伝えるが、雀たちは力ずくでもサーセイを連れて行こうとする。 しかし、マウンテンが割って入り、雀の一人を惨殺すると、残りの者は怯えて逃げていった。 その頃、ジェイミーは捕虜のエドミュア・タリーを利用し、リヴァーラン城を明け渡すように説得する。 ブリンデンは抵抗するが、部下は城主エドミュアの命令の方を優先し、武器を置き降伏した。 ブリンデンは、サンサからの使者であるブライエニーとポドリックを小舟で外に逃し、自らはラニスター兵と最後まで戦って命を落とした。 ハウンドはレイたちの仇をとり、その時に再会したブラザーフッドに誘われて、北に行くための助っ人になることを決める。 クレインの家でアリアが治療のために眠っていると、そこにウェイフか襲いかかって来る。 アリアはどうにか逃げ出すが、怪我のせいで劣勢に追い込まれる。 ウェイフを部屋の中に誘導したアリアは蝋燭を消して暗闇を作り、ウェイフを殺すことに成功する。 黒と白の館に戻ったアリアはウェイフの顔を飾り、ジャクエンに別れを言って故郷に帰ることを決める。 デナーリスはその奴隷商人たちの船をドラゴンの炎で焼き払う。 そして、町に現れた仮面の反逆者をドスラク人たちが全滅させる。 デナーリスの力に怯えた奴隷商人たちは降伏することを決める。 一方、ジョンは兵が十分に揃っていないにも関わらず、ラムジーと戦うことを決める。 そして、決戦は明日行うことがラムジーとの間で決定した。 サンサは無謀だと話すが、ジョンはリコンを救いたいがために反対を押し切り、戦略を立てる。 その晩、タヴォスは眠れずに歩き回っていた。 そして、シリーンが焼き殺されたところで自分がプレゼントした鹿の木彫りが焼け焦げているのを発見する。 シオンとヤーラはデナーリスと会い、自分に鉄の諸島をもらう代わりに忠誠を誓うと約束する。 デナーリスはその忠誠を受け入れることにする。 朝が来てスノウとラムジーの軍が戦いの場に集まった。 ラムジーは手始めに捕虜にしていた幼いリコンをわざと解放し、ジョンたちのもとを目指して走るリコンを後ろから矢で射殺す。 怒ったジョンは戦いを開始するが兵の数では全くラムジーに勝てない。 ジョンたちはラムジーの軍に囲まれ、絶体絶命の危機に陥る。 そんなジョンたちが絶望的な劣勢を強いられているところに、サンサがベイリッシュの軍を引き連れて戦いに参戦する。 そして、一気にボルトン軍は劣勢に追い込まれ、ラムジーはウインターフィル城に逃げ帰る。 しかし、巨人に門をこじ開けられて、慌てて弓をいるがジョンに殴りとばされて気絶する。 ジョンはウインターフィル奪還に成功し、スタークの旗を城にかかげた。 その晩、サンサは飢えた犬をラムジーの牢に入れて食い殺させた。 ロラスは素直に罪を告白し地位や名前、相続権も全てを放棄すると宣言する。 ハイ・スパローはロラスの額に雀の印をほる儀式を行いロラスを仲間に引き込む。 その頃、サーセイはまだ城の中にいて、大聖堂に行こうとするトメンのこともマウンテンにより引き止めさせていた。 サーセイの策略で大聖堂の地下にワイルドファイアが仕掛けられていて、蝋燭の火で大爆発を起こす。 そして、サーセイはハイスパローやマージェリーといった自らの敵をまとめて爆殺するのであった。 その光景を城から見ていたトメンは、妻マージェリーが死んだ事を悟り城の窓から身を投げる。 サーセイは自殺したトメンの死体を苦々しい表情で見つめると、自らがふっ飛ばした大聖堂の跡地にトメンの灰を巻くように指示した。 同じ頃、タヴォスはメリサンドルを問いただし、シリーンを火あぶりにしたことを認めさせる。 それを知ったジョンはメリサンドルに追放を言い渡す。 その頃、アリアは七大国に戻ると復讐を開始していた。 ロブや母キャトリンを殺したウォルダーの屋敷に女中として紛れ込むと、食事中のウォルダーの喉を後ろから掻き切り、復讐を果たす。 デナーリスが七大国への進軍を開始する。 船の準備ができると愛人だったダーリオにはこの地に残るように伝えて去る。 そして、デナーリスはティリオンを女王の手に任命し、証のブローチをつけさせた。 北の旗主たちがウインターフィル城に集まり話し合いを始める。 そして、落し子でもエダード・スタークの子供である限りジョン・スノウを北の王だと認めるとスノウに忠誠を誓う。 ベンジェンに助けられたブランはジョンの出生の秘密を知る。 ジョンはエダードの子供ではなく、叔母リアナ・スタークとレイガー・ターガリエンの子供であった。

次の

#ゲームオブスローンズ のダイアウルフ徹底解説 #got

ゲームオブスローンズ

Contents• それにかけて、The Rain of Castamereと名付けられた歌なのです。 Castaly Rock さて、Robbは、Casterly Rock カスタリー・ロック への襲撃の作戦を立てます。 協力が得られれば、House Lannisterの権力の拠点で力の源となっている場所Castaly Rockを潰すことで、少しでも勢力が弱くなると踏んで作戦を立てている様子です。 ですが、これはWalder Frey ウォルダー・フレイ が協力をしてくれたらの話。 Walder Freyの歓迎 The Twins ザ・トゥインズ に到着するRobbたち一行。 Walder FreyはRobbたち一行に、パンと塩を与え、客として迎え入れます。 RobbはWalder Freyの前に立ち、娘との結婚の約束を破ったことについて謝罪します。 これからWalderの娘を嫁とするEdmure エドミュア も、娘たちの顔をみて渋い顔をしています・・・ そして、Robbは娘たちに謝罪をします。 WalderはTalisaに前に出て来るように言います。 恐る恐るWalderの前に出るTalisa。 Walderは彼女が妊娠していることに気づいたようですね。 このことは水に流して、Edmureのウェディングの宴の準備をしよう。 Daarioの作戦 シーンは変わり、Yunkaiの襲撃の作戦を立てているDaenerys、Jorah、BarristanそしてDaarioです。 DaarioはYunkaiの裏口を知っているので、そこから襲撃することを勧めます。 Daenerysに馴れ馴れしく触れるDaarisに、まだ彼を信用していないJorahは警戒していますね。 Jorahは、これでDaenerysを裏切ってYunkaiからの褒美を独り占めできると企んでいるんじゃないかと疑います。 ということで、今夜この作戦を実行することで同意します。 The Wall White Walker(ホワイト・ウォーカー)に襲われて逃げて来たGillyとSam。 The Wallの下を通り抜けることができる脱出地下通路がそこにはあるみたいです。 Gillyは、Samの歴史の知識の深さに感心しています。 全て、本を読んで勉強したんですね。 歩いていると、2人はThe Wallの近くまできたみたいです。 Gillyは初めてThe Wallを目に、感心しています。 AryaとHound The Twinに向かっている、The HoundとArya。 村人見つけ、声をかけます。 The Houndが彼を殴り気絶させます。 食料を持っているので奪おうと、男を殺そうとするThe Houndを止めるArya。 The Gift Branたち一行は、The Gift ザ・ギフト と呼ばれる塔のある場所に到着します。 Branの本当の名前もBrandon Starkで、この遠い祖先の名前から取っているんです。 Maester Luwin マエスター・ルーウィン がこの塔についてBranに教えてくれたんですね。 今はこのthe Gift、ほぼ廃墟状態になっています。 理由はWildlingsたちがThe Wallから南を襲いに来るとここを通り、村人たちは襲われてしまうため、ほとんどの人がもうここから離れてしまったからです。 Branたちは、嵐に備えて、党の中で雨宿りをするようです。 一方、JonとWildlingsたちも、このThe Giftにいたんでしたね!近くの農家で何か食料や奪えるものがないか探っています。 どうやら家には、1人の男と8頭の馬がいるようです。 襲いに行くWildlingsたち。 Jonはわざと剣で岩を叩き、音に気づかせ、男に逃げさせようとします。 音を聞いて、荒がる馬たちに気づいた男は、馬に乗って逃げます。 Ygritteが弓で狙いますが、Jonはそれを邪魔します。 The Twins ついにThe Twinsの付近に着くArya。 やっと母親と兄に、家族に会えるんですね・・・ The Houndは男から奪った食料を頬張っています。 Warg 風車の塔の中で、雨の止むのを待つBranたち。 雷の音に怖がるHodor ホードー。 外をのぞいていたMeera ミラ が馬に乗った男を見つけます。 先ほどWildlingsから逃げて来た男みたいですね。 Wildlingsに追いつかれて囲まれてしまいます。 雷の音に怖がり、Hordorが大きな声を出し始めます!!! Wildlingにバレてしまえば、Branたちの命も危ない・・・ Jojenが、BranにHodorを黙らせるように言います。 Orellが風車の中から聞こえる声に気付いてしまいます。 ですが、BranがWarg ウォーグ の力を使いHodorは気を失い、静かになります。 男はWildlingsに囲まれてしまいます。 Tormundが彼を殺そうとします。 その様子を影から見ているのは、SummerとShaggydogです。 JojenがBranにDirewolfに乗り移るように言います。 今までは意識してやったことのなかったことに、無理だというBran。 男の首に剣を当てて振りかざすJon。 ですが、やはりJonは殺せません・・・ そのすきにYgritteが弓を使って彼を殺します。 一方Branは、Summerに乗り移ります。 そして、Summerの目を通して、Jonが戦っているのを見ます!! SummerとShaggydogがWildlingsたちを襲います。 JonがOrellを仕留めますが、最後の最後にwargの力を使って鷹にJonを襲わせます。 目や体を突かれて襲われるJonですが、なんとか振り切って馬に乗ります! 逃げるJonをYgritteがショックそうな顔で見つめます。 後半 侵入 シーンは変わり。 計画通り裏口から、夜にYunkaiに忍び込むJorah、Daario、Grey Worm。 いつも通り、ガードにすんな裏口から通してもらうDarrio。 Daarioの口笛の合図とともに、Grey WormとJorahも裏口に侵入します。 Darrioはこれで全員だろうと言いますが、その瞬間、他の奴隷兵たちが3人に襲い掛かります! なんとかほとんどの兵士を3人で倒します。 しかも、さらに数を増すYunkaiのガードたち・・・ 3人は囲まれてしまいます!!! 結婚式 シーンは変わり、Edmure Tullyと、Walder Freyの娘の結婚式です。 父Walderにエスコートされて、Edmureの元にやって来る娘。 そのヴェールをあげると、予想外の美しい女性がそこには立っています!!! Edmureもびっくりって感じですね! Walderはドヤ顔。 無事に結婚するEdmureとWalderの娘。 お別れ シーンは風車の中で雨宿りしているBranたちです。 そして、Oshaに、RickonとShaggydogを連れてLast Hearth ラスト・ハース に向かうように言います。 Last HearthはHouse Umber ハウス・アンバー の場所です。 Starkに忠誠を誓っている家なので、そこに行けば守ってもらえると思ったんですね。 彼は私の全てなの。 BranはRickonとOshaに別れを告げます。 OshaとRickonは、夜のうちに南に向かいます。 Yunkaiへの侵略 一方、Yunkaiに向かった3人をテントで待つDanerysは、なかなか戻らない3人を心配します。 そこにやっとJorahとGrey Wormが戻って来ます。 そして、兵士たちが降参したことを告げます。 Daarioはどうしたの?と聞くDanerys。 そこに彼が歩いて来て、跪き、Yunkaiの旗を差し出します。 忠誠心もあり、イケメンなDaarioとDaenerysの関係にも注目ですね。 Red Wedding EdmureとWalderの娘のウェディングの宴です。 軽快な音楽が会場に響き渡ります。 Edmureは予想以上に美しい嫁にデレデレです。 宴なのになぜかワインを断るRoose Bolton ルース・ボルトン。 Rooseも、Walder Freyの孫と結婚すれば、褒美をやるとWalderからオファーを受けているみたいですね・・・ Brynden Tully ブリンデン・ターリー が、外に用を足しに会場を出ます。 Walderが、Edmureと彼の嫁をベッドに行かせようと言います。 Talisaと、Robbは子供の名前について話します。 もうすぐ子供も生まれる、愛しあってる幸せ絶頂な2人。 Catelynも、Walderが許してくれたので、やっと安心して2人を見れますね。 Catelynは、WalderのBastard sonであるBlack Walker Rivers ブラック・ウォルダー・リバー が、会場の扉を閉めたのに気づきます。 そして、音楽がスローな曲調に変わります。 Catelynが何か変だな?という顔になります・・ 外ではRobbのDirewolfであるGrey Windが何やら騒がしい雰囲気に動揺していますね。 AryaとThe HoundがThe Twinsに到着しますが、もう宴は終わったと、外のガードに追い払われます。 会場内では、WalderがRobbにスピーチをし。 胸騒ぎのするCatelyn。 隣に座るRose Boltonが目をくべて、Catelynは彼の袖をめくります。 が気付いた時には時遅し・・・ Walderの息子、Lothar(ローサー)が、妊娠しているTalisaのお腹を滅多刺しにします。 倒れ落ちるTalisa。 驚きいて何も動けない無防備なRobbは、音楽を弾いていた者たちによってクロスボーで射抜かれ、 無防備なStarkの兵士たちもHouse FreyとHouse Boltonの兵士たちに殺され、 Catelynも後ろから射抜かれてしまいます。 そう・・・全てはWalder Freyのリベンジです。 彼が自分を裏切ったRobbを許すわけもなく・・・その様子をワインを飲みながら、満足げにその様子を見つめます。 一方外にいるAryaは、そんなことも知る由もなく、門に近づきます。 外で飲んでいるStarkの兵士たちを見て、やっと自分の場所に戻って着たんだ。 と笑顔を見せます・・・ ですが、外で飲んでいるStarkの兵士たちをFreyの兵士たちが殺すのを目撃します。 檻に閉じ込められているGrey Windを見つけたAryaは近づいて助けようとします!が!!! クロスボーで射抜かれて殺されてしまいます。 その光景も目撃し、混乱するArya。 中にRobbとCatelynがいることを知っているAryaは、急いで中に向かおうとしますが、The Houndが止めます。 もう亡くなってしまったTalisaとお腹の中の子供に近寄るRobb。 Catelynは、最後の手段に出ます。 新しい妻を見つけるよ。 そして、味方であったはずのRoose Boltonが、Robbにとどめを刺します。 Walderの妻の首を切りますが、放心状態のCatelyn。 Black Walkerに首を切られてCatelynも死んでいきます・・・ さて、ものすごいショッキングなエピソードです。 これだからGame of thronesは先が読めないんです。 Game of Thrones 史上でもトップなショッキングなシーンでしょうね・・・ Game of Thronesを知っている人なら、Red Weddingといえば一瞬でわかるでしょう。 そうじゃない人も知っているくらいの超有名なエピソードです。 そう、これはLannisterの思惑だったんですね・・・勢力の弱ったRobb。 もともとその味方であったHouse Boltonも、House Freyも、Robbが戦略のことを考えずにTalisaと結婚したことで、もうRobbには勝ち目がないと思ったのでしょう・・・ Robbを裏切り、Lannister側についたんですね。 ですが、もう一話Season3には残っています!次回もお楽しみに・・.

次の

ゲームオブスローンズが大好きな私が選ぶ嫌われキャラランキング!|Y's BLOG

ゲームオブスローンズ

Contents• 『ゲーム・オブ・スローンズ』トリビア あなたはいくつ知ってる? スーパーメガヒットドラマにもかかわらず日本ではあまり話題になってない『ゲーム・オブ・スローンズ』…ドラマ裏話もあまり話題になってないようなので、今回は『ゲーム・オブ・スローンズ』トリビアネタを集めてきました。 そもそも日本で『ゲーム・オブ・スローンズ』ネタをあまり見かけないので、知らない確率は高め設定です。 ジョンスノウが野人側に寝返ったふりをしたときに恋人になった女性「イグリット」を演じたローズ・レスリーが、王様の血を引くお嬢様なことは割と知られているかもしれません。 では、兄貴のあの嫁さんも 意外な人物の子孫だということは…? この記事はこんな人のために書かれました ・『ゲーム・オブ・スローンズ』大好きな人 『ゲーム・オブ・スローンズ』のトリビアベスト8 ジョンスノウになるのはラムジーのはずだった… ラムジー・スノウ(ボルトン)を演じたイワン・リーオンは、もともとジョンスノウ役で最終選考まで行ったそうです。 ジョンスノウのオーディションで最終的に残った2人、イワン・リーオンとキット・ハリントンのうちキットが選ばれ、イワンには「ほかの役がある」とだけ伝えられたとか。 それでも彼は一向に 役柄を教えてもらえなかったのだそうです。 ラムジー・スノウがあまりに強烈なキャラクターのため、制作陣は最後の最後まで誰が演じるか明かしたくなかったのだとか。 しかし、ジョンスノウとラムジーでは役柄が真逆ですね。 その後の役者としてのキャリアにも影響がありそうです…。 イワン・リーオン自身、ラムジーを演じるのは 大きなストレスだったそうです。 あまりの残虐シーンに耐え切れず、l自分に「これは演技だ」と言い聞かせないといけなかったそう。 それでも「とりあえずはマンションのローンがあるので仕方ない」とインタビューで語っていました。 いい人みたいなのに、気の毒です…! ドラマのジョンスノウを見た時は、小説で読んだ時のイメージそのままだったので喜んだものですが、イワン・リーオンが演じていたらどんな感じだったのでしょうか、ちょっと気になります。 ジョンスノウの恋人(リアル&ドラマ)は実はお嬢様 命令により野人側に寝返ったフリをするジョンスノウ。 そこで出会った野人の女性イグリットに誘われ、ナイツウォッチを裏切ったと証明するためにも彼女と関係を結び、純血の誓いを破ります。 策略とは裏腹にイグリットに惹かれてしまうジョンスノウですが、最後は敵として戦うことになってしまいます。 原作のイグリットは「美人ではない」という設定でした。 美人じゃない初めてのちょっと年上女性をどうしても好きになってしまうジョンスノウがいかにも純粋でよかったのですが、 ドラマ版のイグリットはどこからどう見ても美人ですね。 それはそれでよいですが。 野人イグリット役のローズ・レスリーとジョンスノウ役のキット・ハリントンが今年、婚約したとの発表がありました。 実はローズ・レスリー、 お城育ちのお嬢様なのです。 スコットランド貴族の家に生まれ、15世紀に建てられたリクリーヘッド城で育ちました。 母方を通じてスコットランド王チャールズ2世の血をひいているそうで、たいへんなお嬢様です。 お嬢様だけあって、フランスで暮らしていたこともあり、フランス語が堪能なのだそうです。 そんなお嬢様と結婚するわけですから、相手だってそれ相応の方のはず、と思いジョンスノウを演じたキット・ハリントンを調べたらあらびっくり… 彼もまた父方を通じてスコットランド王チャールズ2世の血をひいていました!お父さんは準男爵なのだそうです。 ドラマで散った悲しい人々… ドラマを制作するときに、原作と違うところがいろいろと出てくるのは仕方がないことですが、 ドラマには、より視聴者の感情を揺さぶるため、原作では生きてるのに殺されてしまった人が何人かいます。 その代表格が、ロブの妻、タリサ。 タリサと結婚したがためロブはウォルダー・フレイの娘との婚約を破棄することになり、 援軍を得られず部下の信頼も失い、自ら命を落とすことになります。 この君主としてあり得ないバカげた選択を、ドラマではより感情移入しやすくするため、 タリサとロブの恋愛をクローズアップして恋のために散ったように見せています。 ですが、この見せ方にはかなり批判もでました。 これじゃ、ロブがただの恋にうかれた少年ですからね。 ただの貴族の子ならまだしも、王のすることではありません。 原作では、タリサと言う名前の女性は存在せず、 代わりにジェイン・ウェスタリングという女性が、家の復興をもくろむ両親(ラニスターとの裏取引もアリ)によってロブの元に強引に送り込まれたことになっています。 ほとんど逆夜這いですが、一応名家の女性とそういうことになってしまったからには、きちんとした婚姻関係を結ばなくてはならない、という選択をロブがした、というのが原作の流れでした。 よってジェインの役割は決して大きくなく、ロブが命を落とした後は物語からすっと消え去っています。 ところで、タリサを演じたウーナ・チャップリンはかの有名な チャップリンの子孫なのだそうです。 スペイン人ですがアメリカインディアンの血も引いており、本人曰く「白人(白)」でないためオーディションには合格しないだろうと思っていたそうです。 ウェステロス人だったジェインを異国の女性に設定変更したのはウーナ起用のためでしょうか。 (ところでシーズン6時点ではケイトリンも死亡していますね。 原作では生き返っていますが…今後どうなるのでしょう。 ) ダイヤウルフたちの運命 スターク家に拾われた6匹のダイヤウルフたちの中でも最も存在感のある、ジョンスノウの白いゴーストは、アルビノホッキョクオオカミで同名の「ゴースト」ちゃんが演じていましたが、今年の5月にお亡くなりになられたそうです。 ちなみに、子供時代(?)のダイヤウルフを演じているのはノーザン・イヌイット・ドッグという犬種のワンちゃんだそうです。 レディーを演じた子犬を、サンサ役のソフィー・ターナーが連れ帰って育てているそうです。 ちなみに、今現在ダイヤウルフたちの出演はなく、すべてCGなんだそうです。 どこかで見たと思ったら… スターク家のお母さんケイトリン=ハーマイオニーのお母さん お母さん役がハマってますね。 野人のオーシャ=トンクス どっちもかっこいい女ですね。 ウォルダー・フレイ=フィルチ ねちっこい嫌な奴の役が得意なのかな? サーセイ=300の主人公の妻 BAD妻&よい妻 ダンブルドアの弟アバーフォース=マンス・ライダー これは意外性あり。 ブランを助けた不思議な少年、ジョージェン・リード=『ラブ・アクチュアリー』のあのかわいい子 大きくなったけど面影あるね マージェリー・タイレル=『チューダーズ』のアン・ブーリン GOTの方では脱ぎませんでしたね。 タイレル家のおばあちゃま=元ボンドガール — 2017 10月 31 6:36午前 PDT ドスラキ語はどこで学べますか? ドスラキ語は、言語学者のデービッド・ピーターソンがドラマ用に開発した架空の言語。 で、この架空の言語、実際に学ぶことができるのです。 例えば、ランダムハウスが開発したこちらの。 どこで使うんだかまったくわからないドスラキ語を、 楽しくストレスフリーで学べる優秀なアプリです。 ドスラキ語には4,000語もない(開発されてない)らしいですから、案外簡単に学べるかもしれません。 いつかドスラキ語でファン同士にしかわからない会話ができるようになる日が来るかもしれません。 なんのためにかは知りませんが。 ちなみに、同じくデービッド・ピーターソン氏はバリリア語も開発したそうですが、こっちは 方言が多いためちょっと学ぶのが難しそう。 なぜその名を付けた?ドラマの影響で人気上昇した名前 今イギリスではGOTキャラ名を付けた赤ちゃんがたくさん誕生していて物議をかもしているようです。 2017年、イギリスでは「アリア」と名付けられた女の子が300人誕生。 もともとはインドやペルシャのユニセックスな名前ですが、急増したことを見るとドラマ由来なのは間違いなさそうです。 2014年にはなんと18人の「シオン」が誕生したそうですから、「最後まで見ろよ!」と叫びたくなりますね(もともとフランスやギリシャ系であった名前だそうですが)。 役者の名前も急増。 デナーリスを演じたエミリア・クラークにちなんで、「エミリア」ちゃんが人気ランキング100位以内に急増したそうです。 「カリーシー(女王)」も人気ですが、言語を開発したデービッド・ピーターソン氏は「みんな間違えて発音しているよ!」と言っているそうです。 ちょっと難しすぎてよくわかんないですね。 マウンテンの中の人は時々変わってる。 実はマウンテン(グレガー・クリゲイン)の中の人は時々変わってます。 まあ、しばらく顔見てないから、中の人変わっててもわかりませんよね。 着ぐるみみたいな扱いなんでしょうか。

次の