宝 野 あり か。 ALI PROJECT

人の行く裏に道あり花の山|投資の時間|日本証券業協会

宝 野 あり か

ALI PROJECT「Fantasia」trailer映像 最新作『Fantasia』は、優美で幻想的な世界観をこれまで以上に押し出した片倉三起也(Key)による楽曲と、ファンタジーの裏側にそっと毒をしのばせる宝野アリカ(Vo)の歌詞が溶け合った、アリプロ初心者にも入りやすい1枚。 制作の背景と歌詞に詰め込んだ思いについて、宝野アリカに話を聞いた。 (宮本英夫) 童話やSF文学からインスパイアされた楽曲たち ーーつくづく思いますけど、ずっと年イチでアルバムを出し続けるアリプロ(ALI PROJECT)のバイタリティは、本当にすごいなと。 宝野アリカ(以下、宝野):年々、辛くなりますけどね(笑)。 でも、これが仕事だと思っているので。 ーー素敵です。 毎回タイトルを決めてから作っていくのが、アリプロのアルバムの恒例ですけれど、今回は? 宝野:前回がハードな内容だったので、「もうちょっとやわらかいものにしましょう」と。 「幸せな気持ちで作れるように」ということで、「なんとかファンタジー」というものを考えて、結局『Fantasia』になりました。 音楽用語でもありますし。 ーーファンタジア=幻想曲ですね。 宝野:文字通り、幻想的なものという意味もありますし。 楽に、というわけではないけれど、幸せな気持ちで作れるかな? と。 でもあまりにも幅が広すぎて、ちょっと難しかったかなとは思います。 去年の『芸術変態論』のような、ガツン! としたタイトルのほうが、もしかしたら作りやすかった気もしますね。 ーーパッとタイトルを聞くと、ディズニーを連想する人が多いと思うんですけどね。 宝野:ああ、そうですよね。 でもほら、私はネズミーランドとか言ってるぐらいだし(笑)。 そういうファンタジーではないです。 ーーアリカさんにとって、ファンタジーとは? たとえば本とか、映画とか、そういうもので言うと。 宝野:子どもの頃のおとぎ話かな。 私たち昭和の世代は、絵本で育つじゃないですか。 すごく綺麗な挿絵の絵本がいっぱいあって、『人魚姫』『白雪姫』『シンデレラ』も、ディズニーの絵ではなくて、外国の画家が書いたものも多かったですね。 すごく綺麗だったし、女の子は憧れましたね。 やっぱりそこが基本かな。 あとは、少年少女文学全集みたいなものを、ママに読み聞かせられて寝ていたんですよ。 『小公女』『トム・ソーヤーの冒険』とか。 私の中のファンタジーは、その世界ですね。 あとは、最近は『ハリー・ポッター』ですね。 魔法使いの世界だし、これぞファンタジーという気がする。 ーーそういうファンタジーの原点みたいなものがアリカさんの中にあって……。 宝野:私、中学校の時、本当に本ばかり読んでいたんですけど、ファンタジーものと童話ばかり読んでいたんです。 佐藤さとるとか、立原えりかとか、ああいう童話をたくさん読んで、逃避していた時代ですね。 ーーSFとはちょっと違いますか。 宝野:SFも読んでいました。 星新一さん、筒井康隆さん、眉村卓さんとか、そこらへんの世界に浸っている時期がありましたね。 ーーそのへんの世界観は、今回のアルバムでも感じ取れる気がしますね。 あと、アルバムを聴いてもう一個感じたのが、レトロフューチャーというか、スチームパンク的な世界観がけっこう出てくるなと。 宝野:ああ、そうね。 それは昔からテーマとしてあります。 「未來のイヴ」もそうだし。 現在は過去から見た未来だから、過去の視点から未来として現在を見るとか、時空を行き来するような感覚が好きなので、今回もそういう曲がありますね。 「ファンタジーにはSFも入るよな」と思ったので。 ーーちなみに、アルバムで一番初めに書いた歌詞はどれですか。 宝野:1曲目の「BArADiPArADicA」です。 これは何回も書き直して、この呪文の言葉は、最初は入っていなかったんですよ。 あまりにも長いし、サビを何回も繰り返すし、いっぱい言葉を詰め込んでいたんだけど、片倉さんが「ビビディ・バビディ・ブー」みたいな呪文があったらいいんじゃない? って。 「オリジナルの呪文にしたらいいんじゃない?」と言われて、そうだよなと思って、でもなかなか考え付かなくて。 「ビビディ・バビディ・ブー」はそのまま使えるのかな? と思って、調べてもらったら、あれはディズニーのオリジナルなんですって。 ーーあ、そうなんですね。 宝野:「ABRACADABRA」は、古語らしいですけど。 それで「BArADiPArADicA」という意味のない言葉を、一生懸命創作しました。 表記もぐちゃぐちゃなんですよ。 CDのブックレットでは、Aがひっくり返ったりしていて。 ーーあ、本当だ。 宝野:ちょっと工夫したんですけど、メディアに乗せる時には普通にしています(笑)。 ーー「BArADiPArADicA」は、疾走感あるテクノポップ+ロック調で、アルバムのオープニングにふさわしい曲になりました。 宝野:曲もいかにもアリプロだし、『ローゼンメイデン』の主題歌にしてもいいような曲ですね。 ともかく速いんですよ。 私、自分の曲はほとんど聴かないんですけど、たまに聴くと、「回転数速くない?」っていつも思う(笑)。 でもこれが正常な速さです。

次の

宝野アリカとは (タカラノアリカとは) [単語記事]

宝 野 あり か

お二方は、それぞれのことをご存知だったのでしょうか? 宝野アリカ 私はもちろん存じ上げていました。 それに、ウチのバンドのバイオリニストが「聖飢魔II」の大ファンで、今回のコラボレーションを喜んでいました。 デーモン閣下 吾輩は、7、8年前に関わっていたプロジェクトで、若い女性たちに歌を練習させる機会があったのだが、そのときにALI PROJECTの曲を使わせてもらい、集中的に聴いたのだ。 今考えれば、もっと簡単な曲を歌わせたほうがよかったと思うのだが(笑)。 宝野アリカ それは女の子たちにかわいそうなことをしましたね(笑)。 デーモン閣下 そういう経緯があり、今回のコラボレーションの話が来たときは、すぐに「これは面白い!」と思った。 ただ、楽曲制作の間は一度も顔を合わせることがなく、初めて対面できたのは、昨年秋の吾輩のコンサートツアーに招待したときだった。 宝野アリカ 「やっとお会いできましたね」と、ご挨拶できました。 当初は、ALI PROJECTの片倉三起也氏が作曲する予定で、吾輩も「片倉氏の楽曲を歌うことができるのか」と喜んでいたのだが、吾輩が作曲を担当することになり、ちょっとがっかりしたものだった(笑)。 宝野アリカ ディレクターから、北欧メタルにしてほしいという依頼があったのですが、そのとき片倉さんはアルバム制作でスケジュールがいっぱいだったのと、またそのジャンルにも慣れてなくて、本格的にその路線を目指すのなら、専門家である閣下にお任せしたほうがいいということになりました。 デーモン閣下 吾輩も「重厚なコーラスから始まる、シンフォニックな北欧メタル」というリクエストを受けたので、まずはアニメの資料に目を通してメロディを書き、アレンジは本場の人間に任せようと思った。 それで、吾輩の盟友であるスウェーデン人のクリエーター、アンダース・リドホルム(グランド・イリュージョン)に依頼をしたのだ。 魔暦19年(2017年)にリリースしたソロアルバム「EXISTENCE」も、アンダースのサウンドプロデュースだ。 日本にも何度も来ているが、今回はスウェーデンにいながらにして、サウンドプロデュースを引き受けてくれた。 デーモン閣下 さらに、リードギターはボスニア人のギタリストが弾いたので、ボスニアでの録音だ。 アリカ様は、閣下の作った楽曲について、どのような印象を持たれましたか? 宝野アリカ 私が最初に聴いたのはメタルのアレンジが加えられる前で、すごくキャッチーな曲だと思いました。 デーモン閣下 長年ロックバンドの姿を基盤とした音楽活動をおこなっているが、吾輩はヴォーカリストなので、ギタリストが作るようなメロディにはならない。 また、世を忍ぶ仮の幼少時代にアニメの曲をたくさん聴いていたので、アニメの主題歌を作るとなると、あの時代の雰囲気を思い出してしまうのだ。 アンダースが本格的な北欧メタルに仕上げてくれるだろうという確信があったので、吾輩も思うままに作ることができた。 どのように作業を進めていったのですか? デーモン閣下 メロディができた時点でアリカ女史と相談して歌割りを決め、自分が歌う部分は自分で歌詞を書くということにした。 宝野アリカ 一緒に歌うところは応相談ということで。 デーモン閣下 今回の制作の中でもっとも面白かったのが、歌詞の共作だ。 「時空の迷い人」は吾輩が作曲したので、まず吾輩が先に歌詞を書いてEメールでアリカ女史に送り、アリカ女史がその先を書いていくという、先攻後攻のやり方を取った。 お互いに、「おお、そうきたか。 じゃあ、次はこうしよう」とインスパイアされながら作っていくことができた。 宝野アリカ 最初に閣下が、おおまかな役割分担を決めて、歌詞の道筋を作ってくださったのがよかったです。 デーモン閣下 男性である主人公の感情を表現する部分を吾輩が引き受け、彼が置かれた状況や物語におけるメッセージを表現する部分はアリカ女史にお願いした。 宝野アリカ そのうえで、私が普段使わないような言葉が閣下から返ってくると、自分の中で、その言葉の見え方、意味のとらえ方が変わって、新鮮に感じました。 デーモン閣下 制作に入る前は、お互いの個性がぶつかり合ってしまうのではないかという懸念が頭をよぎったこともあったが、まったく杞憂だった。 面白さばかりであった。 宝野アリカ 私も、「今日は、閣下からの返事が来ているかな?」とEメールの返信を楽しみに待つ日々でした。 デーモン閣下 平安貴族の和歌のやり取りのような、雅(みやび)やかな雰囲気があったな。 宝野アリカ そうですね(笑)。

次の

ALI PROJECTの歌詞一覧リスト

宝 野 あり か

概要 [ ] 略歴 [ ]• :のが片倉三起也に宝野アリカを紹介する。 : 蟻プロジェクト(ありぷろじぇくと)として活動を開始する。 :第1回・ミュージック・バトルロイヤルに参加する。 特別賞を受賞する。 :コンピレーション『SOME GIRLS - REBEL STREET IV』に参加。 :アルバム『幻想庭園』でインディーズデビューする。 :シングル『恋せよ乙女〜Love story of ZIPANG〜』で東芝EMIよりするとともに ALI PROJECTに改名する。 :東芝EMIとのが終了する。 その後は特定のレコード会社とは契約していない(複数のレーベルに所属)。 :が楽曲制作に初参加する。 :にになったCDを再発するため、プライベートレーベルである ZAZOU Recordsを設立する。 再発CDの他にオリジナルアルバムとライブアルバムや宝野アリカ著書の歌詞集と童話集も販売していた。 著書をZAZOU Recordsで購入すると、特典として宝野アリカの直筆サインが記載された。 :シングル『コッペリアの柩』から、いわゆる「 黒アリ」路線になる。 :ストリングス楽曲中心の定期ライブである月光ソワレが初めて開催される。 :「情の技巧」特別講師として演奏講演。 :アニメ「ローゼンメイデントロイメント」OP「聖少女領域」が、オリコン5位にランクインする。 ブレイクの始まりである。 :ZAZOU Recordsの運営終了が告知される。 ベストアルバム「薔薇架刑」が、オリコンデイリー3位にランクイン。 アルバム『Grand Finale』のタイトルから活動休止するのではとのが立つも、月光ソワレにて活動休止ではないことを明言した。 なお、月光ソワレは2007年で一区切りを打つ。 :オフィシャルファンクラブ「 アリプロマニア」が解体され「 勇侠会」が新たに発足される。 :より『月下の一群』『DALI』『星と月のソナタ』が再発売される。 また、オフィシャルファンクラブ「勇侠会」会員限定で、ZAZOU RecordsよりリリースされたCDなどが購入可能となる。 :勢力的にシングルやアルバムを発売する。 以後2019年現在、ほぼ毎年オリジナルアルバムをリリースしツアーも行っている。 :アリプロ結成35周年の年。 今年もオリジナルアルバムが発売される。 制作 [ ] 作曲を片倉三起也、作詞を宝野アリカが手掛ける明確な分業制であるが、宝野が数フレーズだけ鼻歌で作曲に参加する事もある。 なお曲から先に手がけ、詞をそれに合わせて制作する、というケースが多い。 ALI PROJECTの楽曲は、やで構成された、が中心の楽曲と、による中心の楽曲に大別され、作風の傾向によって「白アリ」「黒アリ」などの呼び分けがなされることも多い。 近年のに提供される楽曲には主に後者が見られ、オリジナルアルバムにおいては両者の傾向が混在する。 近年はコードチェンジが非常に多く、初聴取時のを大きく狙うものがメインの作風といえ、この傾向はことにタイアップシングル曲に顕著である。 旋法的にもなど、日本的なからは距離が見られ、強拍を強調する鋭角的なリズム語法・三連符の多用・半音進行の多用等も特色の一つといってもよい。 楽曲の一部は、、、、、、、といったクラシック楽曲などから引用することがある。 アニメ作品に楽曲を提供した場合はオリジナルアルバムには収録せず、ベストアルバムの形式で発売している。 また、近年は過去の発表曲をストリングスアレンジしたアルバムをほぼ年一枚のコンスタントなペースで発表している。 音楽 [ ] ジャンルについては公式HPにて「ダークなロック・官能ゴシック・妖しいロリータ・極上バラード・きらびやかでキュートなポップスから大和ロック・現代音楽」などと形容されており、時期にもよるがその振れ幅は広く、多彩なアプローチをとっている。 宝野アリカが高校生当時からの愛好家であった事から、デビュー当時はをモチーフにした優しく爽やかな世界観の楽曲が大部分を占めていたが、『コッペリアの柩』を機に段々とダークな雰囲気の楽曲が増加、現在では前者のタイプの楽曲はあまりみられなくなった。 余談だが、音楽性の変化に伴って、宝野のファッションに対するアプローチも、ゴシック・アンド・ロリータから広義のゴシック全体、和モノ、エキゾティシズム、サイバー、デカダンスなどの意匠を取り込んだものへと変化している。 宝野アリカによれば、一番高い声を出したのは21作目のシングルのカップリング曲、 コヒブミであるという。 研究者でSF評論家のによる『プログレッシヴ・ロックの哲学』という本にてアルバム『幻想庭園』が紹介されており、ALI PROJECTの公式サイト上で宝野アリカ自身はALI PROJECTがであることが証明されたと語っている。 風格 [ ] 宝野のは・を主体とした硬質な響きを多用しており、・・・・/、、ヒロイズム、などのを好む傾向が強い。 その蒼然とした言い回しそのものや宝野の擬古調・声楽調のヴォーカルとあいまって異彩を放っている。 また宝野は自身が述べるように、・・・・・・・・などの幻想・頽廃文学、映画などにも傾倒しており、それらへのとしての詩作も少なくない。 ただし初期は方向性のひとつがガールズ・ポップスだったからか、ある種的な意匠や表現を用いることもあった。 「桜の花は乱れ咲き」収録• CLAMP学園探偵団 Vocal Collection• 日曜日のシエスタ• MACROSS THE TRIBUTE• 私の彼はパイロット• 刀語 歌曲集 其ノ壱• 雪ノ女• Heart of Magic Garden• 聖少女領域 映像作品 [ ] タイトル リリース日 レーベル 型番 形態 最高位 2000年3月3日 ZAZOU Records ZZVS-01 VHS 圏外 2008年3月26日 徳間ジャパンコミュニケーションズ TKBA-1114 DVD 65位 2009年1月21日 TKBA-1122 39位 TOUR'09 POISON 〜毒を食らわば皿まで〜 2010年1月20日 TKBA-1133 25位 月光ソワレVI 〜Gothic Opera〜 2010年7月14日 TKBA-1139 34位 2011年2月9日 TKBA-1142 37位 TOUR 2012 真偽偽物博覧会 2013年1月9日 TKBA-1164 38位 TOUR 2013 令嬢薔薇図鑑顧客閲覧会 2013年12月11日 TKBA-1179 60位 ALI PROJECT 2014 流行世界感染TOUR 2014年12月10日 TKBA-1214 67位 月光ソワレVIII 〜Violetta Operetta〜 2015年5月20日 TKBA-1227 56位 TOUR 2016 『A級戒厳令』〜従わざるもの喰うべからず 2016年12月21日 TKBA-1241 135位 楽譜 [ ]• やさしいピアノ・ソロ ALI PROJECT• やさしいピアノ・ソロ ALI PROJECT Vol.

次の