東京 理科 大学 野田 キャンパス。 窓口案内

理科大理工東京理科大理工学部について この学部は野田キャンパスで...

東京 理科 大学 野田 キャンパス

学部・学科 偏差値 募集人員 薬学部 薬学科 62. 5 100名 薬学部 生命創薬科学科 57. 5 100名 【東京理科大学薬学部】合格難易度 偏差値、倍率から見ても非常に難度は高いです。 2019年全体の倍率は3. 1と高め。 直近から3年間を薬学科だけでみると、A方式(センター利用方式)では2. 8倍・3. 2倍・3. B方式(一般)では4. 3倍・3. 8倍・3. C方式(一部センター利用)では6. 4倍・4. 3倍・4. 1倍と、段階を追うごとに難易度は上昇しています。 年度によって倍率が大きく上下するのが特徴ですが、これには東京理解大学薬学部の受験者層が慶應大・北里大や国公立薬学部と重複していることが大きいでしょう。 とはいえ、大学の評判・ブランド力も非常に高いですし、就職は抜群ですから、突破できる学力さえあれば魅力的な学校です。 合格をほぼ確実と言い切るためには大手予備校の模擬試験で偏差値70近くを維持することが必要だと思います。 受験して勝負になる、という程度でも偏差値60を超えることが条件でしょうか。 まさしく最難関の一角です。 なお、確実に志望校を合格するためには他大学の状況をリサーチすること、またはライバル校なども確認しておくことが必要だと思います。 気になる方は『』をご覧ください。 【東京理科大学薬学部】薬学部での人気 定着率は、年度によって合格者の割に入学者が少ない年もあるようですが、慶應や北里などのトップクラスと同等の人気があることは間違いありません。 これは、もちろん競合相手が慶大をはじめとするトップブランドであるがゆえの宿命であり、理科大の圧倒的な力を疑う理由にはなりません。 さらに、慶大に薬学部が誕生したこと、人口減少・少子化により入学者数が減少することも考えると、これらトップクラス私大の競争はますます過酷になるのも事実。 大学自体の評判は良いわけですから、理科大の場合にはそこまでこの数値を気にすることはないかもしれません。 また、人気の決め手の1つとなる薬剤師国家試験の合格率も忘れてはいけませんね。 毎年高い数値を出す東京理科大学は問題ないとは思いますが、結果は気になるところ。 薬剤師国家試験合格率の最新データは『』よりご覧ください。 【東京理科大学薬学部】募集定員に対する入学者数 年度にもよりますが、一般的にいって募集定員より1割~2割くらい多い人数が入学しているようです。 ただ、東京理科大学の競合相手となている面々を考えれば、実際に入学する割合を計算するのは非常に難しいはずなので、これはまったく問題ない範囲と言い切って差し支えないかと思います。 また、東京理科大学の入試制度について少し触れましょう。 入試制度の内容は一般入試、推薦入試、その他(社会人特別選など)があり、ここでは一般入試についてまとめてみました。 A方式:大学入試センター試験を利用した制度、全学部で実施• B方式:東京医科大学独自の入学試験、全学部で実施• C方式:大学入試センター試験と東京医科大学独自の入学試験を併用した試験• グローバル方式:英語の資格、検定試験のスコア、級を出願資格とした、東京医科大学独自の入学試験 <B方式入学試験> 試験科目は2教科でマークシート• 【数学】数I・数II・数III、数A・数B(数列・ベクトル)• 【外国語】コミュニケーション英I・II・III、英語表現I・II• 【東京理科大学薬学部】学費 薬学科と生命創薬科学科の初年度納付金を下記表にまとめました。 6年制は234. 5万円、4年制でも190万円と、他大学と比較してもやや高額ですが、6年という時間をかけて共用試験・国家試験に合格し、医療業界で長く働くことを考えると、それだけの価値は十分あると思います。 あなたが目指している大学の学費の相場が分かるかもしれません。 ぜひ参考にしてください。 【東京理科大学薬学部】特徴 理科大の「夢を実現する力」となる研究 理科大では、未来社会に貢献する独自の最先端研究を行っています。 宇宙ロボット工学・小型衛星技術、環境にやさしい熱電材料、世界トップレベルの火災科学研究、夢の次世代電池、地球をきれいにする技術、形のキラリティ・カイロモルフォロジー研究、サイトカインのシグナル伝達と免疫調節、トライボロジーと表面工学など。 これらが理科大の「夢を実現する力」となっています。 詳細は『』をご覧ください。 国際化を推進 「日本の理科大から世界の理科大へ」を目標に、学生の海外派遣プログラムの多様化、学内での国際共同研究事業、若手研究者育成を目的として、学生、教員、職員の国際化を進めています。 学生の国際化、外国人留学生の受け入れ拡大などに重点を置き、今後は着実に施策を実行していきます。 また、理科大では74大学・5機関と協定(各大学の研究機構および特定部局)を締結しています。 詳細については『』をご覧ください。 コント仕掛けのスペシャリストACT!! 令和 Live• smooth like ロッ研!! 音楽研究会live• ライブ• チアリーディング部 SIRIUS• スペシャルオファーお笑いステージ• 東京理科大学 ピアノの会• VOICE TRAINING部• ジャグリングパフォーマンス• 移動動物園 <両日のイベント内容>• よさこいステージ• Showcase• K-POPカバーダンスステージ• 和太鼓演奏• チーバくん• スタンプラリー• その進化を牽引しているのは『科学技術』 IoTですべての人とモノがつながり、さまざまな知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出していきます。 新しい時代を迎えるために、今、東京理科大学は進化中。 その瞬間を見ることができるオープンキャンパスです。 詳細は東京理科大学の公式HPにてご確認ください。 【東京理科大学薬学部】在学生・卒業生からの評判は良い?悪い? 在学生から卒業生までの口コミをご紹介しています。 そして、実際にオープンキャンパスに行くなどの情報収集を行い、受験するかどうかの判断をしていただければと思います。 東京理科大学薬学部の評判 入る前から覚悟はしていましたが、勉強は難しいです。 課題やらテストが多くて、1年だから必須科目もあるし。 授業は初歩的なところからやってるので正直退屈な時間もあるけど、将来薬剤師として働くことを考えたら必要なことかなと。 先生は丁寧で細かく教えてくれます。 そこはさすが専門知識が豊富。 質問すれば優しく回答してくれるし、先生に関しては今のことろ不満はありません。 不満があるとすれば場所かな。 都心から離れているから電車だと1時間くらい、ちょっと不便。 最寄駅から大学までは5分程だけど、大学の敷地が広くて、薬学部の校舎までは15分くらいは歩くと思います。 そのためか、地方の人だと最寄り駅周辺に住んでいる人がほとんど。 キャンパスは自然が好きな人であれば文句なし!都内の大学のような息苦しさは感じないし、緑も多くて居心地がいい。 図書館もあるから本当に勉強に集中できる環境が整っている感じ。 クラブ活動も結構盛んで、硬式野球部やサッカー部、バスケなど、球技以外も多い。 ソフトボールなんかは全日本選手権でベスト8とか結果出してるから、文武両道できている大学だと思う。 研究室とかはまだ分からないけど、進路とか先輩に聞くと就職率は高い!それも東京理科大学に入った1つの理由なんだけどね。 そのためにもしっかり勉強しなくちゃいかんですよ。 (薬学部 薬学科) 将来は薬局で薬剤師として働くことを目標に日々頑張ってます。 今は、薬学を学ぶ準備を整えている感じで、有機化学、機能形態学、生化学などの専門基礎科目を履修してます。 入ったばかりで勉強に追われていましたが、周りの環境にも慣れてきたので少し余裕が持てそう。 授業は先生によって進め方が違いますね。 専門分野が長けているためか分からない言葉が多いから質問しに行ったり、頭のいい友達に聞いたりしてます。 大変なのは課題が多くて、単位も結構とりにくい。 だから、自主的に「勉強しなくては!」という気持ちが強くなりました。 東京理科大は、勉強も研究も各個人に任されるところがあるから、成績が上がるのも下がるのも、結果が出る出ない、は自分次第だと思ってください。 入学する前にちゃんとした目標や目的を明確にするべきですね。 無いと後で後悔します。 薬学科の就職率は97%前後とほぼ100%に近く、進路に迷いがなければ困ることはないと思います。 高い学費を払ってることを考えると、ここで将来を決めるべきだし、その分、いま苦労すべきです。 厳しめに言いましたけど、ちゃんとした将来設計ができている受験生なら、東京理科大学はおすすめできます。 (薬学部 薬学科) 僕が東京理科大学を選んだのは、薬学や医学に関することも学べると思ったから。 薬剤師だけじゃなく、いろんな進路を考えられる点が魅力でした。 先輩からアドバイスをもらって、理科大は会社からの評判も高いから就職しやすいと思いました。 その分、勉強量や意欲がないとついていけないですけど、それは自分次第かなと。 そこはどの分野でも一緒だよね。 あとこれはたまたまだけど、家から近かったことも理由の1つ(笑)。 野田キャンパスは緑と自然でとにかく広い!敷地内に薬学部と理工学部で分けられ、図書館や大型の研究施設もあるから、これはオープンキャンパスで実際に見てほしいな。 理科大は、マイペースにコツコツと物事を進める人とか、特に研究者になりたい人におすすめ。 授業は先生によって忙しさが変わるけど、その道のエキスパートだから知識面は文句なし。 分からないことでも意欲がある学生なら先生も一緒になって考えてくれるし、その辺の壁はないと思うから安心できる。 研究室はまだ分からないけど、先輩を見ていると忙しさは研究室によるかな。 将来は病院で働きたいと考えているから、そのために今の大事な時間を使って早めに国家試験を取れるレベルに達することが身近な目標!大学卒業後のことも考えるとまだまだやることはある。 受験生の皆さん、大学選びは慎重にね。 (薬学部 薬学科) 高校生の時に「医療系の仕事に就きたい」と思ってから薬学部を目指しました。 進路を決めるのは遅かったけど、勉強は得意だったので進み具合はスムーズでした。 東京理科大学を選んだのは、就職率が高かったこと、オープンキャンパスに行って集中して勉強ができる環境だと思ったからです。 講義は基礎から実社会への応用まで本当に充実しています。 創薬分野において必要なことが身に付く感じで、やった分だけ自信がつきますよ。 貴重な経験として、先生が開発したデバイスや薬などを近い距離で見たり、触れたりできるから、研究者を目指す自分にはありがたい。 僕はまだ2年なので研究室は分かりませんが、先輩の話を聞く限りは「高度な研究してるから覚悟しとけよ」って(笑)。 大げさでもなさそうだけど60%くらいは本当だと思いますので、今から勉強しまくって大学院に入るための準備をしています。 将来は大手の製薬企業で働いて、仕事を通して世界中の人々の命を救います、と格好つけてますが、まずは勉強を頑張ります。 理科大は自分次第で何とでもできる環境なので、真剣に将来を決めてから入学した方がいいですよ。 (薬学部 生命創薬学科) 東京理科大学の卒業生で、今は大手の病院で臨床検査技師として働いています。 大学の思い出は勉強しかないかな(笑)。 もともと勉強は得意じゃなかったし、本当に授業が難しかった。 課題も多いし、有機化学、薬品物理化学、生化学は定期的に小テストをやったり、毎日勉強の連続でした。 でも、1日1日を積み重ねた分だけ結果が出たので、それを実感してから目標が定まりました。 周りも研究者志望や大学院進学を既に決めていた人たちが多かったから、分からないことを相談するとすぐ解決できたし、本当に助かりました。 東京理科大学は目的がはっきりしている人が多いから勉強に集中できる環境を強化しているのかと思います。 受け止め方次第だけど、実力主義なのでやらないと結果は出ません。 1年は必須科目が多くて基礎を勉強する感じだけど、4年になると授業はほぼなく、すべて卒論に集中できますよ。 勉強は難しいけど、6年間踏ん張った期間があるから希望の仕事に就けたし、就職率もほぼ100%に近いんじゃないかな。 よく理科大は社会的に評価が高いと言われていたし、実際就職してから実感しました。 そんな中で友達もできたし、社会人になってからも連絡取り合って、今でも良い刺激をもらってます! (病院勤務) 東京理科大学薬学部 主な進路・就職先(2019年3月時点) 薬学科 化学工業 29. 生命創薬科学科 進学 85. 管理人は現役の薬剤師 薬学部を卒業後、薬剤師として5年間働くが職場に馴染めず、体調を崩して退職。 約1年間の自宅療養の後、薬剤師として復帰。 自分と同じように薬剤師復帰を目指す人や、薬剤師になりたい学生・受験生を応援するべく情報を提供してます!.

次の

窓口案内

東京 理科 大学 野田 キャンパス

TEL:03-5876-1717 ということになっています。 立地的には都心である神楽坂はともかく、千葉県の、北海道の長万部よりも都心よりで便利な感じです。 最寄り駅は JR常磐線 の 金町駅で、そこから徒歩8分程度ですので、利便性に不満はないと思います。 ちなみにアクセスはこんな感じになっています。 常磐線によって北千住や上野、上野東京ラインなら東京まで行けますし、そこから山手線や各種メトロなどを用いるとかなり立地的には悪くないのではないでしょうか。 これは、神楽坂とは対照的といえます。 また葛飾キャンパスは2013年から使われるようになったキャンパスのため、非常に綺麗です。 少なくとも古い感じはしないと思います。 スポンサーリンク 学部について それでは、葛飾キャンパスには一体どの学部や学科がキャンパスライフを送るのでしょうか? まずはこの学部です。 工学部 まずは工学部です。 工学部のほとんどの学科はこの葛飾キャンパスで4年間過ごすことになります。 建築学科• 電気工学科• 機械工学科• 情報工学科 この4学科は葛飾キャンパスです。 工学部にはもう一つ、 工業化学科というものがありますが、この学科だけは神楽坂キャンパスになります。 工学部の学部は理工学部にも似たような、またはほとんど同じ学科があります。 具体的には機械工学科、建築学科は同名の学科が、情報工学科と電気工学科は似たような名前の学科が理工学部にあります。 その理工学部は、になりますので、それを参考にして工学部にするか理工学部にするのかを決めるのもアリだと思います。 ちなみに、立地が影響しているのかどうかは分かりませんが、一般的に工学部の方が理工学部よりも偏差値的には高くなっている傾向があります。 ちなみに「理科大」の工学部ですので、就職率に関しては苦労することは少ないと思います。 理学部応用物理学科 理学部のほとんどは神楽坂キャンパスでありますが、この応用物理学科だけは、葛飾キャンパスです。 なんでこうなっているのか、私には分かりませんが、でもそうなっているので従うしかありません。 理学部の物理学科は神楽坂キャンパス、理工学部の物理学科はですので、も頭に入れつつどの学部に出願するのかを決定するといいと思います。 基礎工学部 2年次以降 基礎工学部の2年次以降もこの葛飾キャンパスで学ぶことになります。 基礎工学部の1年生はもちろん長万部キャンパスによる寮生活です。 その影響か、基礎工学部の学生は基礎工学部の学生同士でつるむことが多くなる傾向があります。 もちろん、そうでない学生もいるでしょうけど 基礎工学部には以下のような学科があります。 電子応用工学科• 材料工学科• 生物工学科 葛飾キャンパスの評判 葛飾キャンパスは、一応東京といえば東京ですが、場所的には千葉に近いところにあり、やや田舎な感じは否めないそうです。 ただし、キャンパスは新しいので、施設は充実していますのは良い点ですし、立地は神楽坂には劣りますが、その分、近くで一人暮らしをする人にとっては都心よりも安い家賃で住むことが出来るでしょう。 また金町には100均やスーパー、学生に合わせた飯屋が充実しており、近くに住む分には不便を感じなさそうです。 反面、と同じく娯楽施設にはやや乏しく、葛飾キャンパスの学生は電車を用いて都心に出かけて遊ぶことになるかもしれません。 総じて、首都圏、特に都心や横浜方面に住んでいる人からするとやや交通面では不便かもしれません。 逆に千葉方面や、地方で金町付近で一人暮らしする、という人からすれば、金町付近では外食出来るところも多いですし、家賃も高くないので住むには不便しないと思います。 葛飾キャンパスの男女比は? まず理系の大学であること、さらにその中でも工学部などが大半を占めていること。 さらに、学科も建築や物理、電気や情報など、どちらかというと男子向けの学科が取りそろえてあることからかなり男に偏っています。 口コミによると、大体男女比は 男9:女1なんだそうです。 かなり男が多いですね。 ということで、男性の皆さん、大学内だけに出会いを求めるのは少々難しいかもしれません。 まとめ ということで、葛飾キャンパスについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 工学部の多くや理学部の応用物理学科、基礎工学部の2年生以降はこの葛飾キャンパスにて過ごします。 神楽坂キャンパスよりも都心から離れていますが、公園と一体となっているキャンパスになっているため、キャンパス自体は広く感じ、また、新しく建てられたので、かなりキレイです。 そういうのが気になる、方でも安心ですね。 ただ男女比はかなり男に偏っているのでそこだけは注意ですね。 でも、それを差し引いても、かなり良いキャンパスなのではないか、と個人的には思います。 関連記事 スポンサーリンク.

次の

理科大理工東京理科大理工学部について この学部は野田キャンパスで...

東京 理科 大学 野田 キャンパス

概観 [ ] 大学全体 [ ] 東京理科大学はのの際に、 東京物理学講習所(後に に改称)を主な前身に設立された、を中心とするとして誕生した。 なお、今日存在する理系学部のうち、やは以降に設置された) (30年)にが創立され、そこに理工科大学()が設置されるまでの間、の教育を施したのはと、現在の東京理科大学の前身校である東京物理学校だけであった。 自然科学教育を行う、専門学校を含む高等教育機関としては2番目に長い歴史を持ち、理学教育を行う私立の理系学校としては最古の歴史を持っていた。 の『』に登場する「物理学校」は、この東京物理学校を指す。 また、の日記やの詩など多数の作品において当時の東京物理学校の講義の情景が描かれている。 の学園創立125周年を期に「 Con'science'(カンシャンス:・で「」の意) 〜21世紀の「科学」は「良心」へ向かう〜」のコンセプトを打ち出した。 時点、日本の私立大学として唯一、受賞者(の)を輩出した大学である。 また、自然科学部門のノーベル賞受賞者を出したのは、同年時点、アジアの私立大学として唯一でもある。 ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村博士の栄誉を称え、東京理科大学は度、寄付されたノーベル賞の賞金を元に「東京理科大学大村賞」を創設している。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ] 「理学の普及をもって国運発展の基礎とする」 教育および研究 [ ] 教育と研究をともに重視する教育研究機関を目指している。 教育面では建学時からの伝統として、実力を備えた学生のみを卒業させるという「 実力主義」を受け継ぐ。 研究面では、情報科学教育研究機構、総合研究所および研究所などの整備・拡充に努めている。 学風および特色 [ ] 8学部33学科を擁する、日本を代表する規模の理工系総合大学である。 (5年)には、唯一の文系学部となるが設置された。 現在もその校風は堅持している。 また、日本がを成し遂げたからにかけて、当時のエリート養成学校であるとの数学、物理学、化学の教員のうち、実に半数以上を物理学校の卒業生が占めていた。 そのため物理学校は別名「教員学校」とも呼ばれた。 学部卒業生の6割程度が課程に進学し、自大学院だけでなく、他大学院へ進学する者が多いのも、特徴である。 特に、への進学者数の多さが目立つ。 卒業要件の厳しさからか、学生に対する企業の評価が高く、有名400社実就職率ランキングでは、私立トップとなっている。 世界における本学の位置は、によると第401-500位圏である。 アジアだけで見ると第72位に位置しており、日本の私立大学ではに続き2位となっている。 また、『』による「世界的大企業の輩出数ランキング」では、京都大学、東京大学に続き、日本の大学では3位となっており、私立大学では1位である。 沿革 [ ] 「」も参照 略歴 [ ] 文明開化の当時、欧米から入ってきた学問に感化され、欧米の学問に習って多くの学問所が誕生した。 しかし、当時の学問所の多くは政治・経済・法律などを扱うものが多く、国家の発展の為には欧米のように理学の普及が不可欠だと考えたフランス語物理学科を卒業した21名の青年(、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、)は、1881年に「の普及を以って国運発展の基礎と成す」の信念の下、東京物理学講習所を飯田町四丁目1番地(現在の二丁目1番地から一丁目6番地周辺、)の私立稚松(わかまつ)小学校の一部を借りて設立する。 設立当時、授業は夜間に行われていた。 実験機材は創立者21名の母校である東京帝国大学から講義の度に借り入れ、終了後に返却していた。 創立者達は仕事の傍ら無給で学生の指導に当たった。 には財政が窮地に陥るも、創立者21名のうち16名(高野、千本、中村精男、中村恭平、寺尾、保田、桐山、信谷、谷田部、三守、難波、和田、三輪、名村、鮫島)が「維持同盟規則」(一人30円の寄付と週2回の無償講義、教師が都合で講義に出られない時は理由を問わず25を払うという決まり)を結び、この場を凌ぐ。 当初は移転を繰り返し、に、1番地の仏文会校舎へ移り、に移るまで約20年間置かれた。 夏目漱石『坊っちゃん』の主人公が通ったのは、この校舎である。 は、があり、として創立した本学を象徴する学部である。 なお、専門学校時代(東京物理学校)までは入学試験は存在せず、誰でも希望すれば入学できた。 このため、物理学校の性格上は帝大をはじめとする旧制大学へ進学するための受験対策のための予備校として機能していた。 年表 [ ] 明治 [ ]• (14年)• - 「 」設立広告を『』へ掲載。 - 東京物理学講習所を、私立稚松(わかまつ)小学校(四丁目1番地)内に設立。 年末 官吏簿記講習所(一丁目)へ移転。 (明治15年)• 進文学舎(元町二丁目)へ移転。 11月 - 今川小路三丁目9番地(現在の三丁目)に校舎取得し、教員一同が土地所有者となる。 (明治16年)9月 - 「 」と改称し、創立者の一人が初代校長に就任。 (明治17年) - 台風により校舎が倒壊。 まもなく、共立統計学校(九段下牛ケ淵)の校舎にて授業再開。 (明治18年) - 維持同盟規則を結ぶ。 (明治19年)• 9月 - 成立学舎(神田区)へ移転。 指導科目に化学を追加したところ、化学は火災の危険があるとの理由で退去を迫られたため。 11月 - 仏文会校舎(1番地。 現在の神田小川町二丁目)へ移転。 この校舎は、が所有する元の建物で、これを仏文会が借り、昼間は東京仏語学校が使用し、夜間は本校が使用していた。 (明治21年)• 物理学用語の統一。 英語、フランス語、ドイツ語三系統の訳語をまとめる。 初の卒業式を挙行。 (明治22年)• 9月 - 初めて昼間部を置く(間もなく中止)。 11月 - 仏文会校舎を2,200円で購入。 (明治30年)2月 - 昼間部を設置。 (明治39年)7月 - 二丁目24番地に、木造新校舎を竣工し移転。 大正 [ ]• (4年) - 財団法人東京物理学校設立。 (大正5年) - 各種学校から専門学校へ昇格。 (大正6年)3月 - 昼間部を置き、第一部(昼間部)と第二部(夜間部)の二部制となる。 昭和 [ ]• (3年) - 寺尾文庫(図書館の前身)を敷設。 (昭和12年)10月 - 旧1号館校舎を新築。 (昭和13年) - 校章、制服、制帽を制定。 この頃から、昼間部主体となる。 (昭和14年) - 創立記念日を制定(設立広告を掲載した6月13日とする)。 (昭和15年) - 校歌を制定。 (昭和17年) - 東京府字国分寺前に、敷地(約6万)の土地を購入。 後にグラウンドとなる。 (昭和18年) - 東京都の郊外(西中野町)に大学予科校舎として廃織物工場と土地(約700坪)を購入。 後に農業理科学科の学生寮などとなる。 (昭和19年) - の指示により、無試験入学制度を廃止。 (昭和21年) - 八王子市郊外に、農業理科学科の校地として、土地(約80,900坪)を取得。 (昭和23年) - 八王子市郊外の校地が、創設特別措置法に基づき強制買収される。 (昭和24年)• - により 東京理科大学を設置し、、(各数学科・物理学科・化学科)を置く。 これによりまで、大学生(東京理科大学)と、専門学校生(東京物理学校)が混在した。 - 東京理科大学として初の入学式を挙行。 7月 - 財団法人東京物理学校から、財団法人東京物理学園へ改称。 (昭和25年)3月 - 農業理科学科を廃止。 (昭和26年)• - により組織変更し、財団法人東京物理学園から、学校法人東京物理学園になる。 - 東京物理学校として最後の卒業式(第100回卒業式)を挙行。 - 専門学校東京物理学校が廃校。 (昭和32年) - 関門制度(2年次に進級する際に特定科目(関門科目)の修得を義務づけ、4年次における卒業研究を履修する資格として卒業までの必要単位数の上限を設定)を導入。 (昭和33年)• 国分寺校地(グラウンド)をへ売却。 4月1日 - 神楽坂校舎に大学院理学研究科(修士課程)を設置。 (昭和36年)4月1日 - 理学部第一部応用化学科新設。 (昭和35年)4月1日 - (薬学科)を設置 、理学部第一部応用物理学科新設。 (昭和36年)4月1日 - 理学部第一部応用数学科新設。 (昭和37年)4月1日 - (建築学科・工業科学科・電気工学科)を設置。 (昭和40年)4月1日 - 工学部経営工学科・機械工学科新設、薬学部薬学科を薬剤・衛生薬学科に改称。 (昭和41年) - 野田校舎(現在の野田キャンパス)が竣工し、本年のみ工学部の一部を置く。 (昭和42年)4月1日 - 野田校舎に (数学科・物理学科・建築学科・工業科学科・電気工学科・経営工学科・機械工学科)を設置 、薬学部薬剤・衛生薬学科を薬学科に改称。 (昭和50年)4月1日 - 理工学部土木工学科新設。 (昭和51年)4月1日 - 神楽坂校舎に工学部の夜間部として工学部第二部を設置 、理工学部情報科学科・応用生物科学科新設。 (昭和52年)• 神楽坂に新1号館を建設。 創立100周年記念式典を挙行。 (昭和62年)4月1日 - 長万部校舎に (電子応用工学科・材料工学科・生物工学科)を設置。 (昭和63年)4月1日 学校法人名を「学校法人東京理科大学」へ変更。 平成 [ ]• (元年)5月 - 野田校舎に生命科学研究所を設置• (平成3年)4月1日 - 野田校舎に基礎工学研究科を設置。 (平成5年)4月1日 - 久喜校舎竣工。 久喜校舎に (経営学科)を設置。 (平成9年)4月1日 - 久喜校舎に経営学研究科を、野田校舎に生命科学研究科を設置。 (平成13年) - 英語表記を Science University of Tokyoから Tokyo University of Scienceに変更する。 (平成14年)4月1日 - 理学部第一部応用数学科を数理情報科学科に改称。 (平成15年)4月1日 - 薬学部が神楽坂校舎から野田校舎に移転。 (平成16年)• 専門職大学院を設置。 7月 - 九段にある旧の土地・建物を取得(九段校舎)。 神楽坂キャンパスが2校舎体制になるため、他の「校舎」表記を「」とする。 (平成18年)4月1日 - 薬学教育6年制移行により、薬学部薬学科(6年制)・生命創薬学科新設。 理工学部電気工学科を電気電子情報工学科に改称。 (平成21年)• - 葛飾区と新キャンパス用地約30000の土地譲渡契約を締結。 4月1日 - イノベーション専攻 開設• (平成23年)4月1日 - 薬学部薬学科(4年制)、製薬学科廃止。 (平成25年)• 4月1日 - 葛飾区に葛飾キャンパス完成。 工学部第一部工業化学科と経営工学科を除き、神楽坂キャンパス九段校舎の工学部は葛飾キャンパスに移転。 6月 - 野田キャンパスに研究センターを設置。 (平成28年)• 3月23日 - 久喜キャンパス閉鎖。 3月24日 - 神楽坂キャンパス富士見校舎使用開始。 4月1日 - 経営学部と経営学研究科が久喜キャンパスから神楽坂キャンパス富士見校舎へ全面移転。 工学部第一部を工学部に改称。 工学部経営工学科を情報工学科へ改組、経営学部ビジネスエコノミクス学科を新設。 (平成29年)4月1日 - 理学部第一部数理情報科学科を応用数学科に改称 、理工学部工業化学科を先端化学科に改称。 令和 [ ]• (2年)• 3月12日 - による影響で、4月8日に予定されていた2020年度入学式の中止を決定。 4月1日 - 工学部建築学科に夜間主社会人コースを新設。 基礎データ [ ] 葛飾キャンパス 現在のキャンパス [ ] 神楽坂キャンパス 神楽坂校舎 [ ]• 使用学部:理学部第一部(応用物理学科を除く)、理学部第二部、工学部工業化学科• 使用研究科:理学研究科(応用物理学専攻を除く)、工学研究科工業化学専攻• 使用附属施設:大学本部、、数学体験館、森戸記念館、ナノサイエンス・テクノロジー研究センター• 所在地:1-3• 交通アクセス:から徒歩3分 1 - 3、6 - 9号館は狭い土地に建ち並ぶビル群となっている。 校舎間のはほとんどのように利用されている。 図書室は1号館の9 - 11Fにある。 これらの校舎がある場所からを市ヶ谷方向に進んだ場所に、5号館(化学科研究室・体育館)、10号館(化学科実験室)、11号館(ターミナル室)がある。 10号館はとのほぼ中間に位置し、のがの橋を渡った目の前にある。 各建物は迷路のような連絡通路で結ばれている。 からの間は旧本社を取得したことに伴い、九段校舎との2校舎体制となっていた。 4月に薬学部校舎が野田に移転、跡地に5号館を新設したのを皮切りに再構築計画が進行中であり、当初は - に2・3・7・8・9号館を解体し、それに引き続き跡地に新2号館を新築する予定 であった。 しかし、所在地であるが3月31日に施行した建築物の絶対高さ制限規定によって、制限を大幅に越える新2号館の建築計画は頓挫し、計画開始から2年半ほど経った9月現在も工事は9号館の一部を解体するに留まっている。 計画の大幅な遅れから、学生や地元の商店街にも深刻な影響が出始めているため、新2号館・学生会館の計画を縮小、の工場跡地に土地を取得し新たなキャンパスを建設した。 その第1段階として葛飾区が実施する大学誘致事業に応募、誘致大学に選定された。 神楽坂キャンパス 富士見校舎 [ ]• 使用学部:経営学部• 使用研究科:経営学研究科• 所在地:東京都1-11-2• 交通アクセス:から徒歩8分、から徒歩10分 元々はが入っていた「東京富士見ビル」を全面賃借し,2015年に改修した上で使用を開始。 教養科目は神楽坂キャンパスを使用し、専門科目については富士見校舎を使用する。 経営学部の研究室および階段教室、図書室、食堂などを併設。 理科大経営学部の特徴は、数量的・計量的な解析を中心とした科学的なアプローチによる重視の経営学部である。 グランプリ(2005年以降 やSTOCKリーグ 2003年以降 に応募しており、第12回日銀グランプリでは東京理科大学経営学部が最優秀賞を受賞している。 就職においても、が発行・編集する『就職に強い大学』2012年度版の,学部別就職率ランキングで全国1位となった。 また、2013年度版の『就職に強い大学』でも学部別就職率ランキングで全国1位となった。 葛飾キャンパス [ ]• 使用学部:理学部第一部応用物理学科・工学部(工業化学科を除く)・工学部第二部・基礎工学部(二年次以降)• 使用研究科:理学研究科応用物理学専攻・工学研究科(工業化学専攻を除く)・基礎工学研究科• 使用附属施設:なし• 所在地:東京都6-3-1• 交通アクセス:、から徒歩8分 「神楽坂校舎」の項で述べたとおり、2013年4月に葛飾キャンパスが設置された。 この場所は中川工場跡地である。 大学を隣接する公園と一体化させ「パーク型キャンパス」をコンセプトに、地域住民や学生が集い憩う空間を目指す。 遊びながら科学を理解できる「未来わくわく館」が併設されている。 野田キャンパス [ ]• 使用学部:工学部(のみ) ・ 理工学部( -)・基礎工学部( - )・ 薬学部( -)• 使用研究科:理工学研究科( -)・薬学研究科( -)・基礎工学研究科( - 2012年)・生命科学研究科( -)• 使用附属施設:グラウンド(-)、総合体育館(-)、セミナーハウス(-)、創立100周年記念図書館野田分館(-)、情報メディアセンター(-)、計算科学フロンティア研究センター(-)、赤外自由電子レーザー(IR-FEL)研究センター(-)、先端材料研究センター(-)、森戸記念体育館(2002年-)、ゲノム創薬研究センター(2002年-)、21世紀COE火災科学研究センター(-)、DDS研究センター(2005年-)、ホリスティック計算科学研究センター(2005年-)、コミュニケーション棟(2005年-)、量子生命情報研究センター(-)、ナノ粒子健康科学研究センター(2006年-)、ポリスケールテクノロジー研究センター(2006年-)、カナル会館(2006年-)、光触媒国際研究センター(2013年-)• 所在地:2641(一部は西深井に所在)• 交通アクセス:徒歩5分 野田市南部、沿いにあるキャンパス。 グラウンドや体育館、宿泊施設なども完備されている。 講義棟や薬学部キャンパスなど新しい施設も多い。 大学では当キャンパスをリサーチパーク型キャンパスと位置づけており、再構築に伴って様々な研究施設が建設されている。 野田校舎の附近にはという宗教法人の建設物が設置してある。 に校地(およびに購入し、農業理科学科が置かれ、同学科廃止後グラウンドとなっていた)の売却益をもとに、87,491 の土地を購入し、に運動場の造成が完了。 に1号館(講義棟)を竣工し、同年までに171,652m 2、度までに572,679 m 2の校地を取得した。 には、隣接する山林約60,000m 2のを同窓会が取得し寄贈された(理窓会記念自然公園)。 まではの北東側もキャンパスの一部(自動車練習場)であったが、朝の連続ドラマ『』の屋外セット地として利用された後、野田自動車検査登録事務所となった。 に基礎工学部(2 - 4年次)と基礎工学研究科が葛飾キャンパスに移転。 4月に、薬学部及び薬学研究科を野田キャンパスから葛飾キャンパスに移転予定。 長万部キャンパス [ ]• 使用学部:基礎工学部(1年次、 -)• 使用研究科:なし• 所在地:字富野102-1• 交通アクセス:から徒歩15分 基礎工学部の1年次は全寮制(4人部屋)の長万部キャンパスで過ごす。 この長万部キャンパスがあるため、長万部町の年代別人口比率では18 - 19歳の分布が飛び抜けて高くなっている。 をもって、基礎工学部の改組とともに1年次の全寮制教育を終了する予定である(長万部キャンパスは、国際化のための教育の場として活用 )。 過去に存在したキャンパス [ ] 神楽坂キャンパス 九段校舎 [ ]• 使用学部:工学部(工業化学科を除く)・工学部第二部( - )• 使用研究科:工学研究科(工業化学専攻を除く)( - )• 所在地:東京都千代田区1-14-6• 交通アクセス:から徒歩1分 7月、九段にある旧の土地・建物を取得し設置された。 2012年3月末、工学部の葛飾キャンパス移転につき、閉鎖。 久喜キャンパス [ ]• 使用学部:経営学部( - )• 使用研究科:経営学研究科( - )• 所在地:下清久500• 敷地面積:136,070m 2• 延べ床面積:16,456m 2• 交通アクセス:からで10分・徒歩約30分 1993年に開設された。 久喜市はキャンパスを誘致するために、用地取得や校舎建設のため30億円の補助金を拠出、また周辺道路を約10億円かけて整備した。 2011年7月、東京理科大学側から久喜市に、久喜キャンパスから神楽坂キャンパスへの全面移転を希望していることが伝えられた。 その後、両者の間で協議が行われたが、2012年6月、2016年度より経営学部2年生から4年生までを神楽坂キャンパスに移す方針であることが明らかになり 、2014年(平成26年)7月には2016年(平成28年)3月末で閉鎖して経営学部と経営学研究科を神楽坂キャンパス全面的に移転する方針を固めた。 久喜駅から西に約2. 7 地点に位置し 、キャンパス付近は水田や畑が多く存在する農業地域である。 校舎は3階建て(一部2階建て)、A棟からE棟までが、それぞれ「凹」の字のように建てられ、各棟および図書館はシームレスに行き来できた。 また敷地内には園がある。 東武鉄道と東日本旅客鉄道の久喜駅の西口から東京理科大学久喜校舎まで無料のスクール・バスが運行されていた。 また、校舎内においては全館禁煙とされており、喫煙者は建物の外側に設置してある灰皿附近においてのみ喫煙が可能であった。 久喜校舎における経営学研究科、経営学部のみで実施されている学園祭を「久喜祭」として毎年11月頃に実施していた。 2016年3月末、経営学部の神楽坂キャンパス富士見校舎移転につき、閉鎖。 徽章・ロゴマーク [ ] アインシュタインによって確立された一般相対性理論を図案化したものであり、太陽の重力によって曲げられる光の軌道を模式的に描いている。 また、ロゴマークは徽章をベースに、創立125周年の際に制定されたものである。 イメージキャラクター [ ] 創立125周年を記念して公式イメージ・キャラクター「坊っちゃん」と「マドンナちゃん」が制定されている。 これはの小説『』に出てくる主人公及び「マドンナ」に因むものである。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 組織は、以下の通りである。 学部 [ ] による学科の略は、(例・応用数学科= Ouyou Sugaku)、または英訳(例・建築学科= Architecture)の頭文字などから採られている。 大学内部ではこの英字略称を使用することが多い。 理学部について、大学はその第一部と第二部をそれぞれ独立した学部として扱っており、学部長以下の教学組織を完全に分離している。 本項の記述もその見解に従う。 ただし、の認可は、同一学部内の第一部と第二部として下りている。 したがって政府関係の研究会や評議会・諮問会議などでは第一部と第二部の区別なく「東京理科大学理学部教授」などと表記される。 理学部第一部• 数学科 (S科)• 物理学科 (B科)• 化学科 (K科)• 応用数学科 (OS科)• 応用物理学科 (OB科)• 応用化学科 (OK科)• 理学部第二部• 数学科 (2S科)• 物理学科 (2B科)• (2K科)• 工学部• 建築学科 (A科)• 工業化学科 (C科)• 電気工学科 (E科)• 情報工学科 (i科)• 人間・情報工学コース• システム数理工学コース• 機械工学科 (M科)• 工学部第二部(2016年4月以降学生募集停止)• 建築学科 (2A科)• 電気工学科 (2E科)• 経営工学科 (2i科)• 薬学部• 薬学科 (YP学科)• 生命創薬科学科 (YM学科)• 理工学部• 数学科 (MA科)• 物理学科 (PH科)• 情報科学科 (IS科)• 応用生物科学科 (BS科)• 建築学科 (AR科)• 先端化学科 (CA科)• 電気電子情報工学科 (EE科)• 経営工学科 (IA科)• 機械工学科 (ME科)• (CV科)• 基礎工学部• 電子応用工学科 (TE科)• 材料工学科 (TM科)• 生物工学科 (TB科)• 経営学部• 経営学科 (MS科)• ビジネスエコノミクス学科(BE科) 学部の再編 [ ]• 2018年7月22日の理事会にて学部の再編をすることが決定された。 基礎工学部の再編計画について• 基礎工学部による長万部キャンパスの利用は、2020年度までとする。 2021年度からは、葛飾キャンパスにおいて新学部として4年間の一貫教育を行う。 基礎工学部及び基礎工学研究科は、2021年4月に学部名称の変更を行う。 変更後の名称は、「先進工学部」及び「先進工学研究科」とする。 2023年4月に、先進工学部に「物理工学科」を設置する。 理学部第一部応用物理学科は、2022年度入学者を最後に、学生募集を停止する。 長万部キャンパスの国際教育の拠点化について• 2021年4月に、国際的な経営を学ぶためのコース 1学年約120名を予定 を経営学部に開設する。 同コースの1年次教育は、長万部キャンパスで全寮制教育として行う。 2022年4月に、留学生を対象としたコース 1学年約80名を予定 を理工学部に開設する。 同コースの1年次教育は、長万部キャンパスで全寮制教育として行う。 2018年2月21日の理事会にて学部の再編をすることが決定された。 4月に、薬学部(薬学科及び生命創薬科学科)及び大学院薬学研究科を野田キャンパスから葛飾キャンパスに移転する。 基礎工学部の学部名を変更し、理学部第一部応用物理学科を物理工学科(仮称)に改組転換し統合する。 また、4月に、機能デザイン工学科(仮称)を新設し5学科体制とする。 改組後の基礎工学部は、1年次の長万部キャンパスにおける全寮制教育を解消し、葛飾キャンパスにおいて4年間の一貫教育を行う。 長万部キャンパスは、国際化のための教育の場として活用するべく検討を進める。 理学研究科• 数学専攻• 物理学専攻• 化学専攻• 応用物理学専攻• 科学教育専攻• 総合化学研究科• 総合化学専攻(2018年度より学生募集停止)• 分子集積・分子科学コース• 合成・反応有機化学コース• 機能・生体材料化学コース• エネルギー・環境化学コース• 工業化学コース• 科学教育研究科• 科学教育専攻(2017年度より学生募集停止)• 修士課程のコース• 数学コース• 理科コース• 工学研究科• 建築学専攻• 電気工学専攻• 経営工学専攻• 工業化学専攻• 機械工学専攻• 薬学研究科• 薬学専攻 (博士後期課程のみ)• 薬科学専攻• 理工学研究科• 数学専攻• 物理学専攻• 情報科学専攻• 応用生物科学専攻• 建築学専攻• 先端化学専攻• 電気工学専攻• 機械工学専攻• 土木工学専攻• 国際火災科学専攻• 基礎工学研究科• 電子応用工学専攻• 材料工学専攻• 生物工学専攻• 経営学研究科• 経営学専攻• 技術経営学専攻(専門職学位課程 )• 生命科学研究科• 生命科学専攻• イノベーション研究科(博士後期課程のみ)• イノベーション専攻 (2018年より学生募集停止)• 国際火災科学研究科• 火災科学専攻 (2018年度より学生募集停止) 専攻科 [ ]• 理学専攻科• 数学専攻 附属機関 [ ]• (神楽坂)• 附属図書館• 神楽坂図書館• 富士見図書室• 野田図書館• 長万部図書館• 葛飾図書館• 森戸記念館(神楽坂)• セミナーハウス(野田)• 学生支援機構• 学制支援センター• キャリア支援センター• 秋山仁の数学体験館(神楽坂)• 理科大サイエンス道場(葛飾)• なるほど科学体験館(野田)• 総合教育機構• 教育開発センター• 教職支援センター• 理数教育研究センター• 情報科学教育センター• 総合研究機構 2005年11月に研究体制を強化するために設置された。 研究部• 研究部門• エコシステム研究部門• 次世代研究部門• 山岳大気研究部門• インテリジェントシステム研究部門• 量子生命情報研究部門• フロンティア研究部門• 長万部地域社会研究部門• イメージングフロンティア研究部門• 先端情報通信研究部門• マクロ・熱国際研究部門• ナノカーボン研究部門• バイオオルガノメタリクス研究部門• 未利用熱エネルギー変換研究部門• 科学研究部門• 分子連関相乗系研究部門• 先端都市建築研究部門• アカデミック・ディテーリング・データベース部門• トランスレーショナルリサーチ部門• 医理工連携研究部門• と数学解析研究部門• とDDSの融合研究部門• 技術研究部門• 先端デバイス研究部門• アグリ・バイオ工学研究部門• ものこと双発研究部門• 超分散知能システム研究部門• 脳学際研究部門• 先進農業エネルギー理工学研究部門• 現代と異分野連携研究部門• エコシステム研究部門• 次世代データマイニング研究部門• 量子生命情報研究部門• 創薬フロンティア研究部門• 長万部地域社会研究部門• イメージングフロンティア研究部門• トランスレーショナルリサーチ部門• ウォーターフロンティアサイエンス研究部門• 研究センター部• 火災科学研究センター• 赤外研究センター• 戦略的物理製剤学研究基盤センター• 科学総合研究センター• 戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター• 先端技術研究開発センター• 研究センター• 国際研究センター• 研究センター• 研究技術部• 研究機器センター• 社会連携部• 開発プロジェクト• 共同利用・共同研究推進部• 火災安全科学研究拠点• 光触媒研究推進拠点• 研究戦略・産学連携センター• 企画管理部門• 研究戦略部門• 研究・支援部門• 地域連携・事業化推進部門• データサイエンスセンター• 生命医科学研究所• 生物学研究部門• 研究部門• 研究部門• 分子病態学研究部門• 発生及び研究部門• 実験動物学研究部門• 研究部門• 共同研究部門• 客員研究部門• 国際化推進センター• 環境安全センター 研究 [ ] ノーベル賞 [ ] 2015年にを受賞したは東京理科大学理学研究科を1963年に修了し、を1970年に取得している。 2018年10月時点、としては唯一、私立大学の学位を持つ。 21世紀COEプログラム [ ] として、1件のプロジェクトが採択されている。 機械、土木、建築、その他工学系 先導的建築火災安全工学研究の推進拠点 グローバルCOEプログラム [ ] として、1件のプロジェクトが採択されている。 機械、土木、建築、その他工学 先導的火災安全工学の東アジア教育研究拠点 私立大学学術研究高度化推進事業 [ ]• を中心とする先導的配向材料の開発と高機能化• キラルマテリアル研究センター 先端技術実証・評価設備整備事業(産学官の「技術の橋渡し拠点」整備事業) [ ]• 光触媒国際研究センター 大学教育の国際化推進プログラム [ ]• 先端的国際連携支援• グローバル時代に活躍する理工系人材の養成 産学官連携戦略展開事業 [ ] 戦略展開プログラム• 国際的な活動の推進 創造的産学連携体制整備事業補助金(創造的産学連携事業) [ ]• 複合領域『群』創造的活用ネットワーク構築(幹事校) 大学知的財産本部整備事業 [ ]• 東京理科大学科学技術交流センター RIDAI SCITEC 大学教育の国際化加速プログラム [ ] 国際共同・連携支援(総合戦略型)• 33件の申請があり、私立大学では唯一採択された(6件採択)• 総合的な国際連携に基く理工学教育拠点形成 先端研究施設共用イノベーション創出事業 [ ]• 赤外自由電子レーザー共用による先端計測分析技術研究拠点形成 学術フロンティア推進事業 [ ]• ナノ・バイオ界面技術の創成とその応用• 医療基盤科学技術創出拠点の形成• 安全安心のための物質科学研究拠点• 薬物の患部への効率的送達との軽減を目的としたナノの設計と調製• を中心とした生命の秩序的制御メカニズムの総合的解析• 技術による次世代記録媒体作製技術および四次元流体計測技術の開発• ハイテク・リサーチ・センター整備事業• から見る情報と生命の研究• をターゲットにした新規薬物送達システムの開発、特に慢性難治性および治療を目的とした経肺吸収製剤の開発、並びに低性治療法の開発• キラルマテリアル研究センター• 有機及び無機先端材料、特に材料、材料あるいはハイブリッド材料の合成・物性機能の分子レベルでの解明、材料の組織化による素子開発• 高度光利用グリーン科学技術研究センター 光環境解析プロジェクト 太陽光エネルギー変換プロジェクト 光応答物質創製プロジェクト• 計算機仮想空間内実験プラットフォームの構築と先端計算科学の開拓• 高機能新素材の合成と解析• 学術フロンティア推進事業• アトミックテクノロジーを基点とした物質・材料研究の新展開 - ポリスケールテクノロジーの創出 -• ナノ粒子の健康影響の解明とその克服に関する研究• 制御性リード化合物の創製• アプローチによる計算科学の新展開• 社会連携研究推進事業• R の実用化開発• 先端技術実証・評価設備整備事業(産学官の「技術の橋渡し拠点」整備事業• ナノサイエンス・テクノロジープロジェクト 教育 [ ]• 特色ある大学教育支援プログラム 2003年度• 全寮制に基づく全人的教養教育• 資質の高い教員養成推進プログラム 2006年度• 理数教員養成におけるSTCプログラム開発• 現代的教育ニーズ取組支援プログラム 2006年度• 全人的教養教育の新たな展開-科学者としての良心を持ち、創造的知性を備えた人材の育成-• 地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム 2006年度• 全国的薬学教育グリッドの構築• 理数学生応援プロジェクト 2007年度• スーパーサイエンティスト育成プログラム• 女子中高生の理系進路選択支援 2008年度• 「科学のマドンナ」プロジェクト• 専門職大学院等における養成教育推進プログラム 2008年度• コンセプト・フィールド・ダイナミクス教育• 大学教育・学生支援推進プログラム 2009年度• 今が大切 就職支援活動を中心とした創造的な人材育成プログラム• 「サイエンス・リーダーズ・キャンプ」 2013年度• SSHレベルの総合指導力養成 〜体験を通して身につける授業実践力〜 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ] 「」を参照 大学関連組織 [ ] 同窓会・校友会 [ ] 本学同窓会・校友会組織は「 」と称し、各界で活躍する21万人の卒業生と大学とを結びつけている。 「東京物理学校同窓会」として(明治22年)4月15日に設立され、(昭和24年)7月8日に学制改革により新制大学として東京理科大学となったと同時に同窓会の名称を理窓会とした。 関連企業 [ ]• 学生生活 [ ] 学園祭 [ ] 学園祭は「 理大祭」と呼ばれており、神楽坂地区・葛飾区地区・野田地区にて11月に開催。 長万部については10月に「キャンパス祭」を開催している。 また、葛飾地区理大祭は、・物産展などの葛飾区や企業と連携した企画や、大学の立地条件を活かした外部とのコラボレーションを積極的に実施している点を初め、体育館や講義塔の1フロア全体を使用した理系大学ならではの実験教室も子供連れで賑わっている点が評価されている。 2016年学園祭グランプリでは準グランプリを獲得している。 対外関係 [ ] 地方自治体との協定 [ ]• まちづくり研究所設立協定(締結)• 夏目漱石『坊っちゃん』をゆかりとした文化交流、科学啓発等に関する協定(締結)• 連携事業に関する協定(締結)• 東京都葛飾区• パートナーシップ協定(締結)• 千葉県野田市教育委員会• 埼玉県教育委員会 他大学との協定 [ ]• 協定(締結)• (図書館の相互利用協定)• 包括連携協定• (締結)• (締結)• (締結)• (締結)• (締結)• (締結)• (締結)• (締結)• 国際学術交流協定• アジア• 、、、、、(部局間協定・理学部第一部、理学部第二部)、、、、、(部局間協定)、、西北工業大学、南京理工大学、鄭州大学、昆明理工大学• ハイデラバード大学、チャウダリーカランシ大学• 、スラバヤ工科大学• 、(部局間協定・経営学部)、(部局間協定・火災科学研究センター)、、、、、(部局間協定・光触媒国際研究センター)、(部局間協定・MIP)• マレーシア工科大学• 、、、(部局間協定)、(部局間協定・生命科学研究科)• ベトナム国立建設大学(部局間協定)• SMEAG• オセアニア• 、、、、、、、(部局間協定)• ラテンアメリカおよびカリブ海諸国• パレルモ大学• リオグランデドノルテ国立大学• ヨーロッパ• 、アッパーオーストリア応用科学大学• ベラルーシ工科大学• オールボー大学• (部局間協定)• 、、、アンジェ大学(部局間協定・基礎工学部、基礎工学研究科)• 、、ヴィスマール専門大学、レーゲンスブルク応用科学大学、イエナ応用科学大学、オストバイエルン・レーゲンスブルク工科大学• 、、ローマ・トル・ヴェルガータ大学• アルスター大学• 、ニコラス・コペルニクス大学• ブカレスト工科大学、ヤシ工科大学• モスクワ電力工学研究所(工科大学)• ハエン大学• ルネル大学、(国際化推進センター間)、(部局間協定・火災爆発研究センター)• アフリカ• カディ・アイヤード大学• ダマンフール大学 他研究機関との協定 [ ]• ドイツ連邦材料試験研究所 BAM (部局間協定)• (部局間協定・総合研究機構火災科学研究センター)、ミネタ交通研究所(部局間協定)• ブラジル産業財産庁(部局間協定・イノベーション研究科)• ICN the Catalan Institute of Nanotechnology• ブルガリア科学アカデミー• インド国立化学研究所 姉妹校 [ ]• () 産学連携・大学発ベンチャー [ ] 研究戦略・産学連携本部を設けており、技術など大学にあるシーズを使うやの起業を支援している。 「東京理科大学発」の称号は許可制で、終了もある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 学問体系として、代数学系、幾何学系、解析学系、確率論・統計学系、数学教育系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、地球・宇宙系、原子核・素粒子系、物理教育・生物系、物質系(理論)、物質系(実験)があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、有機化学系、無機化学系、物理化学系、化学教育系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、情報数理系、統計数理系、計算数理系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、量子物理系、数理・統計物理系、先端デバイス物理系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、有機化学系、無機化学系、物理化学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、解析学系、代数学系、幾何学系、位相数学系、確率論・統計学系、離散数学系、教育数学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、原子核・素粒子物理系、宇宙物理系、理論物理系、固体物理系、生物物理系、原子物理・粒子線物理系、物理教育系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、有機化学系、無機化学系、物理化学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、計画系(第1部門)、環境系(第2部門)、構造系(第3部門)があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、無機・分析化学系、有機化学系、物理化学系、化学工学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、通信・情報系、エネルギー・制御系、材料・エレクトロニクス系があり、研究室もそれらに分かれている。 コースには3年次から所属する。 学問体系として、熱・流体工学系、材料・構造力学系、知能機械・機械力学系、設計・製法系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、設計・意匠計画系、環境・防災系、構造・材料・施工系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、材料・エレクトロニクス系、エネルギー・制御系、通信・情報系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、情報工学系、数理工学系、信頼性・質管理工学系、人間工学系、マネジメント系があり、研究室もそれらに分かれている。 2004年のおよびの改正による薬学教育6年制への移行に伴い、2006年度から薬学科(6年制)、生命創薬科学科(4年制)の2学科に改組された。 2017年度までの生命創薬科学科入学者は、大学院薬学研究科の修士課程を修了し、不足科目の追加履修を一定期間内に行い厚生労働大臣の個別認定を経た後に、薬剤師国家試験の受験資格が与えられる [ ]。 学問体系として、創薬科学系、生命薬学系、環境・衛生薬学系、医療・情報薬学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、創薬科学系、生命薬学系、環境・衛生薬学系、医療・情報薬学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、解析学系、幾何学系、代数学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、宇宙物理学(理論)、宇宙物理学(実験)、核・素粒子(理論)、核・素粒子(実験)、物性物理学(理論)、物性物理学(実験)、光物理学があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、基礎数理情報系、応用数理情報系、計算機科学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、細胞生物学領域、分子生物学領域、生化学領域、生物有機化学領域、生物物理学領域、環境生物科学領域がある。 学問体系として、計画・設計系、構造系、環境系、材料・防災系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、有機・高分子化学系、物理化学・化学工学系、無機・分析化学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、エネルギー・制御・環境系、情報・通信・コンピュータ系、エレクトロニクス・物性・材料系、電気電子情報工学コース(認定コース)がある。 研究室は3系に分かれている。 学問体系として、情報システム系、生産システム系、社会システム系、経営数理系、管理システム系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、材料力学系、材料科学系、メカトロ系、加工学系、熱・流体系、流体力学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、電子デバイス系、情報通信系、計測・制御系、計算機システム系、学際系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、材料物性工学系、無機材料工学系、有機材料工学系、半導体材料工学系、材料プロセス工学系、複合材料工学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、遺伝子工学系、植物・環境工学系、再生・発生工学系、細胞工学系、免疫工学系、構造生物学系、生物有機化学系があり、研究室もそれらに分かれている。 学問体系として、経営領域、マーケティング領域、会計ファイナンス領域、情報マネジメント領域があり、研究室もそれらに分かれている。 専門分野として、代数学、幾何学、解析学、確率・統計がある。 「研究の中心領域」として、代数学、幾何学、解析学、確率・統計がある。 教員も、代数学、幾何学、解析学、確率・統計という専攻部門に分かれている。 「学ぶ分野」として、素粒子物理学、宇宙物理学、凝縮系物理学、応用物理学、地球物理学、生物物理学がある。 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員も、素粒子物理学、凝縮系物理学、応用物理学、宇宙物理学、地球物理学、生物物理学という専攻部門に分かれている。 「学びの中心領域」として、物質科学とその応用、光物理とその応用、知能・知覚・情報物理がある。 教員は、物性物理学、応用物理学、地球物理学、宇宙物理学という専攻部門に分かれている。 建築計画学部門、建築環境学部門、建築構造学部門がある。 教員は、建築計画学部門、建築環境学部門、建築構造学部門、建築数理学という専攻部門に分かれている。 通信・情報系部門、エネルギー・制御系部門、材料・エレクトロニクス系部門がある。 教員も、材料・エレクトロニクス、通信・情報、エネルギー・制御という専攻部門に分かれている。 人間・情報工学部門、システム数理工学部門、医薬統計部門がある。 教員も、人間・情報工学、システム数理工学、医薬・統計という専攻部門に分かれている。 専門分野として、「材料力学及び材料工学」、「流体工学及び熱工学」、「機械力学及び自動制御」、設計工学があり、自分の専門分野の科目を一定数履修することが求められている。 教員も、材料力学、「流体工学及び熱工学」、「機械力学及び自動制御」、設計工学という専攻部門に分かれている。 教員は、創薬科学、生命薬科学、医薬科学という専攻部門に分かれている。 創薬科学分野、生命薬科学分野、医薬科学分野がある。 教員も、創薬科学、生命薬科学、医薬科学という専攻部門に分かれている。 だが、薬学研究科・博士後期課程の学生募集要項によると、教員は、創薬科学、生命薬科学という専攻部門に分かれていることになっており、医薬科学はない。 科目は、構造数理、空間数理、基幹解析、数理解析、「共通」(修士課程のみ)という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、構造数理、空間数理、基幹解析、数理解析といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルでは、理工学研究科数学専攻のページに記載されている「共通」以外の科目は、「専門分野」と「基礎科目」に分かれているが、「共通」の科目については科目区分が無記名となっている。 教員も、構造数理、空間数理、基幹解析、数理解析という専攻部門に分かれている。 修士課程の科目は、核・素粒子・宇宙物理学 理論、実験 、物性物理学 理論 、物性物理学 実験 、光物理学 実験 、「共通」、博士課程の科目は、理論物理学、実験物理学という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、核・素粒子・宇宙物理学 理論、実験 、物性物理学 理論 、物性物理学 実験 、光物理学 実験 といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルでは、理工学研究科物理学専攻のページに記載されている「共通」科目(6科目)のうちの4科目以外は、「専門分野」と「基礎科目」に分かれている。 前記4科目については科目区分が無記名となっている。 「共通」科目の残り2科目は「専門分野」に組み込まれている。 理工学研究科物理学専攻のページと2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員は、核・素粒子・宇宙物理学、物性物理学、光物理学という専攻部門に分かれている。 修士課程の科目は、数理解析、応用情報、統計数理、計算機数学、人工知能、ソフトウェア環境、言語処理系、生命情報学、離散数学、計算理論、応用確率統計という専門分野(部門)のほか、無記名の3科目群に分かれている。 博士課程の科目は、基礎数理情報、応用数理情報、計算機科学という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、数理解析、応用情報、統計数理、計算機数学、人工知能、ソフトウェア環境、言語処理系、生命情報学、離散数学、計算理論、応用確率統計といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルでは、理工学研究科情報科学専攻のページに記載されている無記名の2科目群以外の科目は、「専門分野」と「基礎科目」に分かれているが、前記2科目群の科目については科目区分が無記名となっている。 無記名の残り1科目群の科目は、「専門分野」に組み込まれている。 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員は、応用情報、数理解析、統計数理、計算機数学、ソフトウェア環境、(修士課程のみ)、言語処理系、生命情報学、離散数学(修士課程のみ)、計算理論(修士課程のみ)、応用確率統計(修士課程のみ)という専攻部門に分かれている。 なお、理工学研究科情報科学専攻のページにある教員一覧は修士課程と博士課程に分けて記載していないが、専攻部門は修士課程の学生募集要項のものと同じものになっている。 修士課程の科目は、細胞生物学領域、分子生物学領域、生化学領域、生物有機化学領域、生物物理学領域、環境生物科学領域という専門分野(部門)のほか、無記名の科目群に分かれている。 博士課程の科目は、分子細胞生物学、生命機能学に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、細胞生物学領域、分子生物学領域、生化学領域、生物有機化学領域、生物物理学領域、環境生物科学領域といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルでは、科目は、「専門分野」、「基礎科目」、無記名の科目群に分かれているが、無記名の科目群は、理工学研究科応用生物科学専攻のページのものと必ずしも一致していない。 教員は、生体物質化学、分子生物学、腫瘍生物学(博士課程のみ)、微生物分子生物学、環境情報生物学、生物物理学、分子細胞生物学、生物有機化学、酵素学、神経科学、生命動態学、微生物生態学、発生生物学、生体情報化学(修士課程のみ)、分子生化学、ウイルス生命科学、分子遺伝学、コンピテーショナルグライコミックス、食品機能生化学(修士課程のみ)、化学療法学(修士課程のみ)、時間生物学(修士課程のみ)、分子腫瘍学(博士課程のみ)という専攻部門に分かれている。 なお、理工学研究科応用生物科学専攻のページでは、前記のうち、分子細胞生物学、分子腫瘍学という名称は見られない一方、生物化学・生物物理学、生化学・生物物理学、医科学という名称が見られる。 また、修士課程と博士課程に分けて記載していない。 修士課程の科目は、建築計画学、建築設計学、建築史学、都市計画学、建築構造学、建築構造力学、建築材料学、建築防災安全工学、建築環境工学という専門分野(部門)のほか、無記名の科目群に分かれている。 博士課程の科目群は、建築・都市計画学、建築歴史意匠学という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、科目区分として「基礎科目」と「専門科目」のみが記載されている。 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員は、建築計画学・建築設計学(修士課程のみ)、「建築計画学、都市計画学」(博士課程のみ)、建築史学、都市計画学(修士課程のみ)、建築環境工学、建築防災安全工学、建築構造学(修士課程のみ)、建築構造力学、建築材料学(修士課程のみ)、「建築後続学、建築材料学」(博士課程のみ)、地震工学という専攻部門に分かれている。 なお、理工学研究科建築学専攻のページの教員一覧では、建築計画学・建築設計学、「建築計画学、都市計画学」、「建築後続学、建築材料学」という名称は見られない一方、建築計画学という名称が見られる。 また、修士課程と博士課程に分けて記載していない。 科目は、通信工学、通信・ネットワーク工学、画像情報工学、知能制御工学、制御工学、電力工学、電子回路システム工学、電気材料物性工学、半導体工学という専門分野(部門)のほか、無記名の科目群に分かれている。 博士課程の科目は、エネルギー・環境・制御工学、物性・デバイス・回路工学、情報通信工学という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、通信工学、通信・ネットワーク工学、画像情報工学、知能制御工学、制御工学、電力工学、電子回路システム工学、電気材料物性工学、半導体工学といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルでは、理工学研究科電気工学専攻のページに記載されている「共通」以外の科目は、「専門分野」と「基礎科目」に分かれているが、「共通」の科目については科目区分が無記名となっている。 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員は、通信・ネットワーク工学、通信工学、画像情報工学、電力工学、知能制御工学、制御工学(修士課程のみ)、電子回路システム工学、電気材料物性工学、半導体工学という専攻部門に分かれている。 なお、理工学研究科電気工学専攻のページにある教員一覧は修士課程と博士課程に分けて記載していないが、専攻部門は修士課程の学生募集要項のものと同じになっている。 修士課程の科目は、材料力学、材料学、流体力学、熱工学、機械力学、設計・加工学という専門分野(部門)のほか、無記名の科目群に分かれている。 博士課程は、材料力学、材料学、流体力学、熱力学、機械力学、設計・加工学という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、材料力学、材料学、流体力学、熱工学、機械力学、設計・加工学といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルでは、理工学研究科機械工学専攻のページに記載されている無記名の科目群の科目以外は、「専門分野」と「基礎科目」に分かれているが、無記名の科目群の科目は一切記載されていない。 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員は、材料力学、材料学、流体力学、熱力学、機械力学、設計・加工学(修士課程のみ)、機械設計学(博士課程のみ)、加工学(博士課程のみ)という専攻部門に分かれている。 なお、理工学研究科機械工学専攻のページの教員一覧の専攻部門では、設計・加工学、機械設計学、加工学の名称が見られない。 科目は、土木構造学、土木動構造学、土木材料学、水工学、地盤工学、環境工学、交通施設計画学、地球環境工学という専門分野(部門)のほか、無記名の科目群に分かれている。 博士課程の科目は、構造学、防災学、環境学、計画学という専門分野(部門)に分かれている。 ただ、修士課程履修モデルでは、「専門分野」は科目区分の一つとされており、土木構造学、土木動構造学、土木材料学、水工学、地盤工学、環境工学、交通施設計画学、地球環境工学といった下位区分は示されていない。 また、履修モデルは5つ示されており、うち4つでは、それぞれ全科目が「基礎科目」と「専門分野」に分かれている。 残り1つでは、理工学研究科土木工学専攻のページに記載されている無記名の科目群の科目以外は、「基礎科目」と「専門分野」に分かれている。 同時に、構造学、防災学、環境学、計画学という専門分野(部門)での区分も示されている。 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)によると、教員は、修士課程では、土木動構造学、水工学、地盤工学、環境工学、コンクリート工学、交通計画学、地球環境工学、維持管理工学、社会基盤学、鉄道計画学、博士課程では、構造学、防災学、環境学、計画学という専攻部門に分かれている。 なお、理工学研究科電気工学専攻のページにある教員一覧は修士課程と博士課程に分けて記載していないが、専攻部門は修士課程の学生募集要項のものと同じになっている。 修士課程の科目は、電子デバイス、計算機システム、情報処理、計測・制御、共通という専門分野(部門)に分かれている。 教員は、電子デバイス、情報処理、計測・制御、バイオ・ナノテクノロジー専攻融合分野(修士課程のみ。 電子応用工学専攻の教員以外に、生物工学専攻、材料工学専攻の教員で構成)という専攻部門に分かれている。 なお、電子応用工学専攻のページにある教員一覧は修士課程と博士課程に分けて記載していないが、専攻部門は博士課程の学生募集要項のものと同じになっている。 修士課程の科目は、材料物性工学、半導体材料工学、無機材料工学、有機材料工学、材料プロセス工学、システム材料・複合材料工学、共通という専門分野(部門)に分かれている。 教員は、材料物性工学、半導体材料工学、有機材料工学、無機材料工学、システム材料・複合材料工学、材料プロセス工学、バイオ・ナノテクノロジー専攻融合分野(修士課程のみ。 材料工学専攻の教員以外に、生物工学専攻、電子応用工学専攻の教員で構成)という専攻部門に分かれている。 なお、材料工学専攻のページにある教員一覧は修士課程と博士課程に分けて記載していないが、専攻部門は博士課程の学生募集要項のものと同じになっている。 修士課程の科目は、細胞工学、免疫工学、発生・再生工学、植物生物工学、ゲノム工学、生体高分子工学、生体物質化学、共通という専門分野(部門)に分かれている。 教員は、発生・再生工学、植物生物工学、ゲノム工学、生体高分子工学、生体物質化学、免疫工学、バイオ・ナノテクノロジー専攻融合分野(修士課程のみ。 生物工学専攻の教員以外に、材料工学専攻、電子応用工学専攻の教員で構成)、環境工学という専攻部門に分かれている。 なお、生物工学専攻のページにある教員一覧では、前記のうち、バイオ・ナノテクノロジー専攻融合分野が記載されていない一方、細胞工学、腫瘍分子生物学が記載されている。 修士課程の科目は、会計学、経営管理、経営情報、共通という専門分野(部門)に分かれている。 修士課程履修モデルでは、会計学、経営管理、経営情報という3分野に分けてモデルを提示している。 教員も、会計学、経営管理、経営情報という専攻部門に分かれている。 修士課程の科目は、分子生物学、免疫生物学、生命情報科学、分子病態学、時間生物学、免疫実験動物学、共通という専門分野(部門)に分かれている。 教員は、分子生物学、免疫生物学、生命情報科学、分子病態学、時間生物学、免疫実験動物学、画像診断学(修士課程のみ)、腫瘍医学(修士課程のみ)、医学物理学(修士課程のみ)、動物疾病制御(修士課程のみ)、免疫システム動態(修士課程のみ)という専攻部門に分かれている。 なお、生命科学専攻のページにある教員一覧は修士課程と博士課程に分けて記載していないが、専攻部門は修士課程の学生募集要項のものと同じになっている。 科目は、コンセプト・プロトタイピング、イノベーション・ロジック、知的財産マネジメントという専門分野(部門)のほか、演習科目に分かれている。 教員も、コンセプト・プロトタイピング領域、イノベーション・ロジック領域、知的財産マネジメント領域という専攻部門に分かれている。 修士課程の科目は、火災の基礎理論・実践領域、設計実務型火災安全技術領域、行政実務型火災安全技術領域、共通という専門分野(部門)に分かれている。 出典 [ ]• 石川啄木全集 第5巻. 東京:. 1978. 白秋全集 2. 東京:. 1985. Nobelprize. org 英語• 東京理科大学• 馬場錬成『物理学校-近代史のなかの理科学生-』ラクレ• 東京理科大学 大学院進学者数• 東洋経済オンライン• ARWU• The Times Higher Education Alma Mater Index 2017• 1949年(昭和24年)4月20日文部省告示第52号. 1951年(昭和26年)4月18日文部省告示第11号「私立学校法附則により財団法人がその組織を変更して学校法人となる認可」• 1951年(昭和26年)7月27日文部省告示第34号「津田塾專門学校等の廃止認可」• 1958年(昭和33年)4月14日文部省告示第423号. 1960年(昭和35年)2月23日文部省告示第25号. 1962年(昭和37年)3月3日文部省告示第63号. 1967年(昭和42年)3月2日文部省告示第52号. 1976年(昭和51年)1月26日文部省告示第6号「大学及び短期大学の設置並びに大学の学部及び短期大学の学科の設置を認可した件」• 1987年(昭和62年)3月7日文部省告示第23号「大学、短期大学、大学の学部、短期大学の学科及び大学の学部の学科の設置を認可した件」• 『』第18317号、29ページ「学校法人名変更のお知らせ」、1988年(昭和63年)3月14日• 『』 千葉日報社 : p. 朝刊 13. 1989年5月19日• 1991年(平成3年)4月18日文部省告示第42号「大学院及び大学院の研究科の設置を認可した件」• 1993年(平成5年)3月31日文部省告示第43号「大学、短期大学、大学の学部、短期大学の学科及び大学の学部の学科の設置を認可した件」• 1997年(平成9年)3月24日文部省告示第49号「大学、短期大学、大学の学部、短期大学の学科、大学の学部の学科、短期大学の学科の通信教育の開設及び大学院並びに大学院の研究科の設置を認可した件」• 『千葉日報』 千葉日報社 : p. 朝刊 16. 2003年4月13日• 『千葉日報』 千葉日報社 : p. 朝刊 9. 2013年6月13日• 東京理科大学• 東京理科大学• - 東京理科大学新聞会、2009年3月12日• 日本銀行• 『』2019年2月22日(ニュースな科学面)2019年4月2日閲覧。 記事内の地区別世帯人口数 富野(ウチ 理大生)• 『』 日刊建設工業新聞社. 2014年7月14日• 『読売新聞』 2012年6月19日. 2012年6月19日閲覧。 [ ]• 『』 2012年6月19日. 2012年6月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年6月19日閲覧。 東京理科大学 2017. ENJOYTOKYO• 『日本経済新聞』• 東京理科大学(2020年3月4日閲覧) 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• (2016年3月18日)2018年7月7日閲覧• 『東京理科大学報』第177号、2010年4月26日• - 東京理科大学、2004年7月6日• 2015年12月8日, at the. 東京理科大学. 2018年5月29日閲覧。 博士後期課程履修モデルによる• 博士後期課程)による• 修士課程履修モデル、博士後期課程履修モデルによる• 修士課程履修モデル)による• 博士後期課程履修モデルによる• 修士課程履修モデル、2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程)による。 修士課程履修モデルによる• 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• 修士課程履修モデルによる• 修士課程履修モデルによる• 修士課程履修モデルによる• 2015年入学生用の薬学研究科・博士課程の学生募集要項による• 修士課程履修モデルによる• 2015年入学生用の修士課程の大学院学生募集要項による• 理工学研究科数学専攻のページによる• 理工学研究科数学専攻のページと2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• 理工学研究科物理学専攻のページによる• 理工学研究科情報科学専攻のページによる• 理工学研究科応用生物科学専攻のページによる• 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• 電子応用工学専攻のページによる• 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• 材料工学専攻のページによる• 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• 生物工学専攻のページによる• 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• 経営学専攻のページによる• 経営学専攻のページ、2015年入学生用の大学院学生募集要項による• 生命科学専攻のページによる• 2015年入学生用の大学院学生募集要項(修士課程、博士後期課程)による• イノベーション専攻のページによる• 学生募集要項による• 火災科学専攻のページによる• 松山市• 葛飾区• 東京理科大学• 川口市• 筑波大学• 日本医科大学• 女子美術大学 参考文献 [ ]• 東京物理学校『』1930年• 東京理科大学『平成16年度版学園生活』• 馬場錬成『物理学校;近代史の中の理科学生』中公新書ラクレ、、 Wiki関係他プロジェクトリンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、に関するメディアがあります。 ウィキソースに の文部省告示文があります。 (技術士会)• (大阪銀杏技術士会)• (学園技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (技術士会 )• (技術士会)• (慶應技術士会)• (技術士会)• (芝浦技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (中大技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (望星技術士会)• (蔵前技術士会)• (技術士会)• (柏門技術士会)• (技術士会)• (理窓技術士会)• (技術士青葉会)• (技術士会)• (同志社技術士会)• (ごきそ技術士会)• (桜門技術士会)• (水元技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (技術士会)• (技術士会稲門会)• 原虫病研究センター• 生体調節研究所• 放射光科学研究センター• 先端酵素学研究所• 海洋コア総合研究センター• 発生医学研究所• 熱帯生物圏研究センター• みらい医療推進センター• 自然・環境科学研究所天文科学センター• 先端医療技術開発センター• パネルデータ設計・解析センター• 発達障害医療研究所• 脳科学研究所• 生物資源ゲノム解析センター• 先端数理科学インスティテュート• 風工学研究センター• 三遠南信地域連携研究センター• 中部高等学術研究所国際GISセンター• 総合医科学研究所• アート・リサーチセンター• 舞台芸術研究センター• 文化ファッション研究機構• 日本常民文化研究所• JGSS研究センター• ソシオネットワーク戦略研究機構• 赤ちゃん学研究センター.

次の