ミルクボーイ つかみ セリフ。 ぺこぱは何が面白い?つまらない・面白くないし嫌いなのになぜ人気?|newstyle

漫才の「つかみ」の重要性とは?話を始める時に積極的に入れたい!

ミルクボーイ つかみ セリフ

松本了解しました。 今夜M1です》 2019年12月22日『M-1グランプリ2019』決勝当日に審査員の松本人志は、そんなツイートをした。 5040組という史上最多の出場者の中から、3回の予選と、準々決勝、準決勝を勝ち抜き決勝に進出した9組。 うち7組は決勝初進出というフレッシュな顔ぶれ。 そのぶん、優勝候補筆頭と目された和牛、バラエティー番組で大活躍中のカミナリやミキを含む決勝進出経験のある5組、そして四千頭身などすでに売れっ子といえる若手芸人も、敗者復活戦にまわるという波乱が起きていた。 決勝が始まる4時間前。 たった一枚の決勝への切符をかけて、テレビ朝日前の野外ステージ六本木アリーナで熾烈な戦いが行われた。 例年、番組の冒頭やどこかのコーナーで敗者復活する1組が誰なのか発表されていたが、今年は笑神籤(えみくじ)で出番が決まったときに発表され、アリーナからスタジオに移動し、すぐに決勝漫才をするというシステムに変更。 決勝進出が決まってからネタ合わせをしてる暇はない。 敗者復活組にとってはより過酷な状況となった。 そのため、敗者復活組は全員、決勝本番でくじがひかれる瞬間までアリーナで待機。 気温は10度を切り、雨も降り始めた中、ドキドキが続く。 残り1組、誰が決勝に駒を進めるのか。 午後6時34分、決勝のオンエアが始まった。 前年度の勝者である霜降り明星がチャンピオンに決まった瞬間のVTRが流れる。 優勝後に出演した番組は450本以上。 賞金1000万円というのも高額だが、その向こう側には賞金よりも貴重なチャンピオンの称号と、生活を一変するほどの稼げる仕事が待っている。 審査員の紹介が終わり、いよいよコンテストが始まる。 まずは、ファーストステージ。 上位3組がファイナルステージに進出。 4位以下は敗退となる。 Mの文字のセットからトップバッターのニューヨークが登場。 まず会場の雰囲気をつかんだのは、2番手に登場したかまいたち。 かまいたちは山内健司と濱家隆一が2004年に結成したコンビで、漫才やコント、バラエティー番組もすべてできるハイレベルなオールラウンダーだ。 『キングオブコント2017』(TBS系)では優勝を飾っており、史上初のM-1との二冠を狙う。 USJとUFJの言い間違いを相方のせいにおしつけるという、彼らがここ何年もやっている自信のネタ。 安定の展開。 観客もコンテストであることをしばし忘れ、大きな笑いがおきる。 後半はわけのわからないレトリックを言うという高度なボケに突入しても、会場の笑いはどんどん大きくなる。 660点という高得点がついた。 とたんに、空気は一変する。 「敗者復活からあがってくるのは誰か?」 ということに、注目が移った。 日が落ちさらに冷え込む六本木アリーナ。 決勝会場に入れなかったファンたちが大勢つめかけ、結果を待っている。 5位〜16位まで発表され、上位4組に、アインシュタイン、和牛、ミキ、四千頭身が残った。 司会の今田が決勝に復活するたった1組を読み上げる。 視聴者投票650095票。 2位のミキに20万票近くも差をつけた、文句なしの勝ち上がり。 和牛が今年はどんな漫才をやってくれるのか。 「待ってました!」そんな空気ができあがった。 CM明けには即、登場となった。 和牛は水田信二と川西賢志郎が2006年に結成したコンビ。 M-1が復活した2015年に決勝進出し、「実力はあるが地味」と言われ続けた彼らがこれをきっかけに注目されるようになる。 2016年から3年連続で最終決戦に進出し、抜群の漫才を見せながら、ずっと2位というM-1史上にない成績を続けている。 大きな拍手がおこる中、和牛がステージに登場した。 挨拶後の2度目の拍手に「ありがとうございます」と応える余裕まであり、なめらかに漫才に突入。 不動産屋と部屋探しするネタ。 役としてボケて、役としてつっこむという、和牛が得意とするコント漫才。 シーンがコロコロと変わるのに、イメージをキチッと構築。 後半はツッコミが、狂気に転じていく新しい展開もあった。 キャッチーな言葉やポーズも飛び出て、観客を沸かせていく。 結果、652点。 審査員のナイツ・塙宣之がつぶやいた。 それを上まわる点数をたたき出した。 彼らはこれまでローカルなネタ番組にもほとんど登場したこ とがない。 おそらく観客や視聴者の多くが「ミルクボーイって誰?」と思った ことだろう。 「コーンフレーク」というワードを30回以上も繰り返しながら、テンポのいいやりとりに、センスのいいツッコミワードが飛び出て、どんどん笑いが大きくなる。 結果、681点。 M-1史上、最高得点。 客席からどよめきが起きる。 揺さぶられたなぁ。 これぞ漫才というのを見せてもらった感じがしました」(松本人志) この時点で1位ミルクボーイ、2位かまいたち、3位和牛。 関西で芸歴をスタートしたこの3組がファイナルステージ進出か! と思われた。 ところが、これで終わらないのが今回のM-1の恐ろしいところだった。 天真爛漫に田渕章裕がボケまくり、メガネのきむが翻弄されるというスタイルはファンも多く、優勝候補の一角と目されていた。 しかし、結果は632点。 それでもやりきり、なんとかまとめたところが、多くの舞台を踏んでいる地肩の強さだ。 この時点で、ファイナルステージ進出候補は変わらず。 最後のぺこぱを残すのみとなった。 最後の出番となったぺこぱは結成11年。 着物を着たり、ローラースケートを履いたり、いろんな漫才の形を模索。 『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の企画・コーナー「おもしろ荘へいらっしゃい!」で優勝したが、そこからも所属していた事務所のお笑い部門が閉鎖されたり と、苦節の日々を過ごしてきたコンビだ。 松陰寺太勇はブルーのアイシャドウに目張り、逆立て髪型で、頭を振って登場。 M-1にはふさわしくないキャラクター漫才かと思わせておいて、個性あふれる新しい漫才を展開。 本当は怒ってツッコミをするところ、相手を受け入れるポジティブな発想転換していく。 会場が騒然となった。 ぺこぱがファイナルステージ進出、和牛の敗退が決まった。 控室レポートをしていた麒麟・川島明がM-1後にネット配信された番組で、舞台裏の様子をこう語った。 ぺこぱはお年寄りに親切にしたいというネタで、ポジティブ転換ツッコミをまた繰り出す。 「間違いを認められる人間になろう」などと、道徳の教科書のようなことを言いながら笑いをとっていく。 かまいたちは、山内が「トトロを見たことない自分は凄い」と強引な価値観を言い出すネタ。 言葉のトーン、間、リズムを自在に操って、15年のコンビ歴の腕を見せつける。 観客に質問し、手をあげさせるというM-1では珍しいシーンもあった。 ミルクボーイは、大ウケしたファーストステージと同じ構造で、今度は最中を何度も連呼しながら、どんどん笑いをかっさらう。 最中を揶揄(やゆ)しながら、「俺たちよりも最中の方がテレビ出てる」と自虐も笑いに変えていく。 金のトロフィーを握りしめる相方の横で、ミルクボーイ内海が言った。 嘘です、こんなもん。 夢、夢、夢」 たとえ無名でも面白い漫才をすれば、王者になれる。 それがM-1ドリーム。 駒場は大阪のボディビルコンテストで優勝したことがあるほどのマッチョ体形で、内海はぽっちゃり体形に角刈りがトレードマークだ。 「テレビの地上波で漫才をするのは今年初めて」で、所属は吉本興業大阪本部だが、大阪の劇場支配人すら最近までその存在を知らなかったという無名の存在だった。 結成当初から、現在の原型のような漫才をして少し注目されたものの、その後は鳴かず飛ばず。 2010年の第10回大会の後、『M-1グランプリ』が開 催されなくなったこともあり「道を見失った」という。 内海は趣味のギャンブルにはまり、駒場は呑み歩くなど、新ネタを作らずに、たまにある仕事をこなすだけの時期が4、5年続いた。 ところが、2015年にM-1が復活し、出場するようになってからまた漫才への情熱がよみがえってきた。 2017年には、それまでおしゃれな髪型をしていた内海がいきなり角刈りにカット。 見てくれなど振り捨てて漫才に性根を入れる決意をしたという。 さらに昨年、平成生まれの霜降り明星がM-1最年少優勝をはたしたことで、本気がもう一段加速した。 アルバイトをしながらの生活だったが、それ以外の時間は趣味も呑みの誘いもすべて絶って、ストイックにネタづくりと稽古に没頭。 劇場出番すらあまりなかったため、「漫才ブーム」というライブを自ら開催し、腕を磨いてきたのだった。 今年のM-1では、予選から「コーンフレーク」のネタを披露し大躍進。 生で見た人の中では評判となっており、第1回M-1ファイナリストであり、ラジオの裏実況を担当したユウキロックは「優勝候補」とまで推していたぐらいだった。 決勝では期待以上の漫才を披露し、大本命のかまいたちやダークホースのぺこぱを退け、優勝となった。 評価のポイントはいろいろあるだろうが、当日の爆発っぷりは文句なしのいちばんだった。 観客を引き込むテクニック。 見事にミルクボーイならではの「笑いのツボ」を発見し、優勝を勝ち取った。 M-1優勝ネタ以外にも、いろいろなパターンのネタがあるということなので、これからどんどん披露してくれることだろう。 真裏には全日本フィギュアスケート選手権の男子フリーの生中継があり、21時からは木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』がプレ最終回20分拡大版で放送されていた。 人気コンテンツが並ぶ中、お笑い番組がどれだけ戦えたのか。 翌日、M-1グランプリの視聴率が発表された。 平均視聴率は関東17. 2%、関西26. 7%、最高視聴率は関東21. フィギュアスケートの平均視聴率は16. 2%、『グランメゾン東京』は11. (ビデオリサーチ調べ・関東地区) 数字だけが高かったのではない。 その後インターネットでも感想が行き交い、M-1の熱気は続いた。 ミルクボーイが連呼したコーンフレークは、多くの人の食欲を刺激したのか、売り切れが出たという。 それほど漫才頂上決戦は人の心を動かした。 生放送で4分漫才というルールのもと、自分たちが編み出した新しい笑いの方程式を披露し、大きな笑いの渦をまきおこした。 こんな笑いもあったのかという新発見も多数誕生。 また、漫才中のみならず、審査員とのやりとりや敗退が決定するわずかなトーク時間ですら、貪欲に笑いを取りにいき、番組を盛りあげた。 審査員、スタッフ、関係者、一丸となって、M-1のため、笑いのために動いている。 それでもちゃんと笑いを取り観客を温め、番組に繋いでいるのだ。 審査員も真剣勝負だ。 ときに厳しい意見も言うが、それも笑いにつなげ、コンテストとしての番組を盛りあげる。 無邪気に笑って心の底から漫才を楽しみ、審査評が始まると、辛口コメントも出演者の次の可能性に繋がるように話をまわしていく。 アシスタントの上戸彩は女神のように愛らしく笑い、人も場も癒した。 スタッフはスタジオにいるカメラマンまでがビシっとジャケットを着用。 わずかな休憩時間に、次に出演するコンビの身長に合わせてマイクの高さまで調整する。 出番は笑神籤で決定という過酷な状況を芸人に課している分、徹底的な芸人ファースト、芸人リスペクトの精神が貫かれている。 すべてが笑いのため、M-1成功のため、ひいてはお笑い業界を盛り上げるために。 関わる者すべてがワンチームとなり、M-1という唯一無二なお笑い番組を作り上げ、視聴者に届けた。 2019年はお笑い界にとって、笑えない状況も多かった厳しい年であった。 しかし、M-1グランプリ決勝の日、作り手は思う存分、笑わせた。 そして見た者は心おきなく笑った。 笑うということがどれだけ貴い瞬間か、心底味わえた幸せな一夜だった。 番組の最後に松本人志は「数年前なら誰が出ても優勝してたんじゃないかというぐらいのレベルでした」と戦士たちに声をかけ、最後はこう締めくくった。 素晴らしかったです」 松本人志 2020年のM-1に向けて、すでにネタ作りに入ったコンビもいるだろう。 また、かまいたちなどのラストイヤー組はM-1を巣立ち、次のステージに向かっていく。 和牛も「今年最後だと思ってやった」と発言し、今回を持って卒業する意向だという。 M-1が素晴らしい大会なのは間違いないが、M-1ばかりがお笑いではない。 M-1放送のない364日も、 お笑いに関わる者たちは、テレビで、ラジオで、劇場で、あるいはネットの世界で、ウケるかウケないか、日々、真剣勝負は続くのだ。 著作に、 お笑い界の現場で2年半密着取材をした『ダウンタウンの理由。 』 、テレビ番組のクリエイターにインタビューした『視聴率の戦士』 、女性たちの意見を聞いた『40代からの「私」の生き方』 などがある。

次の

ミルクボーイM1ネタ『コーンフレーク』の台本・セリフの文字起こし(M1グランプリ決勝ネタ)

ミルクボーイ つかみ セリフ

Contents• ぺこぱは何が面白い?本当に人気なの? そもそも、 ぺこぱは本当に面白いのでしょうか。 ネット上の声を拾ってみました。 ぺこぱが「つまらない・面白くない・嫌い」という声 まずは、 ぺこぱが「つまらない・面白くない・嫌い」という声を拾ってみました。 ぺこぱ?全然面白くない。 新しい?どこが?突っ込まない漫才っていろんな人がやってると思うが。 — く ろ HobrMkPhjuoP9be ぺこぱ 最初からすべりすぎて、つかみから失敗してる。 そのままのノリでつまらないナルシストのノリが続いて見てるだけで苦痛という漫才にしてはちょっとひどい感じだった。 いままで一番ひどい。 ただ理由もなく「面白くない」とコメントする方も結構いらっしゃいます。 ぺこぱのボケ(シュウペイ)が面白くない ぺこぱ、ボケがクソつまらないのにツッコミが面白い。 ボケいらないんじゃないの。 — あおさびまる BlueRabbitMof 冷静に見たらボケの方死ぬほどつまらないぺこぱ — なよ スタンド使いになりたい tumo400700 ぺこぱシュウペイさんのボケは、 セリフが少なく、少しこれまでとタイプの違うボケですよね。 やはり好みの別れるところなのではないでしょうか。 ぺこぱが面白くないのは私だけ? ぺこぱについては、 「面白くないのは私だけなの?」と心配するようなコメントもありました。 ぺこぱ面白くない。 ぺこぱ松陰寺さんの言葉を借りれば、 「笑いの好みも人それぞれだ。 気にするな」と言ったところでしょうか。 和牛は2019年のM-1で敗者復活戦で決勝に出たものの、ファイナリストには上がれませんでした。 それを恨んでM-1ファイナルに出たぺこぱのことも「嫌い」「面白くない」と言っているという噂があるようです。 どちらにせよ、ぺこぱが本当に面白ければ、これまで「ぺこぱ嫌い、面白くない」と言ってきた人も 気を変えるでしょう。 「笑いの好みは人それぞれ」でいいのではないでしょうか。 面白くないと思ってたけど好きになった ぺこぱ最初クソつまらないかと思ったら 地味に笑ってしまって悔しい — 透 torufate ぺこぱ面白くないと思いきや、じわじわとくるのほんと好き。 後からじわじわくる漫才もあるのですね。 ぺこぱが好きというコメント ぺこぱを 「好き」とコメントする方もたくさんいらっしゃいました。 ぺこぱを好きな人と嫌いな人、どちらが多い? では、ぺこぱさんを好きな人と嫌いな人、どちらが多いかと言うと… 正直な所、 SNS上では「好き」とコメントされる方のほうが多いです。 メディア出演も増えているので、やはりぺこぱさんは 世間で人気な芸人さんなのでしょう。 ぺこぱは何が面白い?ファンが好きなポイント では、 ぺこぱが「面白い」と言うファンは、 ぺこぱのどこが好きなのでしょうか。 ぺこぱのファンが ぺこぱを面白いと思うポイントについて、ご紹介します。 ぺこぱの新しい漫才が面白い 最近のお気に入り芸人さんは ぺこぱ! ノリ突っ込まないの面白いんだよなぁw — ごどめ バカラ専門OnlineCasino elrai553 僕の中ではダントツのM1王者 その風貌とオーバーアクションからは想像できない優しい笑いに癒される。 近年問題となっている働き方改革や自動車のA I化など社会の動向もネタに盛り込みながらも爆発的な笑いを誘う。 近年には珍しい本物のエンターテーメントに出会えた気がした。 — ZORO DRAW95353002 ぺこぱの漫才は、ツッコミも「シンプルに突っ込むのかと思いきや全肯定する」という、 新しい形の漫才なんですよね。 一見ボケが松陰寺さんでツッコミがシュウペイさんなのかな?と見えるのが、 実は逆というのもインパクトあり。 ぺこぱは、ネタの中に 「働き方改革」やジェンダーなど 社会問題も盛り込んでいて、「そうそう!」と思わず共感もしてしまうのがまた面白いところ。 ぺこぱは、「ただ騒いで盛り上げるだけ」ではない、 新鮮で深い内容の漫才が魅力です。 ぺこぱの漫才は、見ていて「そっか、そんな風に考えて良いのか」と、なんだかホッとさせてくれます。 今は、「自分はこれでいい」と 自己肯定感につながるような漫才が求められる時代なのかもしれません。 人柄やコンビ仲の良さに見ていてホッとする ぺこぱ、見てるだけで癒される。 ネタはもちろん松蔭寺さんのセリフも面白い、コンビの仲良さも微笑ましいし、松蔭寺さんのあったかで優しく器が大きいのがわかる言動も、全てがいい。 こんな芸人さん、人を見る事、笑う事がメンタルに凄くいい。 どんどんこんな素敵な人を見聞きする事は大事。 — 昔の私と今の私。 メンタルと身体の回復。 人生は考え方次第。 MRI70473339 ぺこぱ、ネタではキザキャラの松陰寺さんが素ではかわいいポンコツで、ネタではアホっぽくてヤバそうなボケのシュウペイさんが実は割としっかりしててトークもできるっていうパワーバランス逆転のギャップに加えトークも面白くて2人仲良いの沼すぎる — 碧 1d41rkb1w ぺこぱは、ネタだけでなく、 コンビの仲の良さ、人柄の良さなど、「見ていて癒やされる」とコメントされる方が多いです。 バラエティでも、ボケで暴走するシュウペイさんを、松陰寺さんが冷静に突っ込んでフォローしていくんです。 悪くないだろう• 時を戻そう• 間違いを間違いと認められるようような人になろう。 間違いはふるさとだ、誰にでもある。 一方的に悪い訳がない。 もう誰かのせいにするのはやめよう• 出来ない時は出来ないと言おう。 「できない!」• 休憩は…取ろう。 日本人は真面目で勤勉だけど、休憩を取らなさすぎだ。 働き方を変えていこう。 ありえな…くもない。 そんな時代はもうすぐそこまで来てる• 知らねー…んだったら教えてあげよう。 知識は水だ。 独占してはいけない• 個性は、背筋だ。 伸ばしていこう。 愛は雲だ。 いろんな形がある︎︎ こういった名言を、 日常のイライラする場面で活用している方が増えています。 その人気は、 日めくりカレンダーにもなるほど! 毎日ぺこぱ届きました😆 芸能人のカレンダーを買ったのは実は初めて! 優しく背中を押して応援してくれる言葉が沢山!辛くても頑張ろうって思える。 2020年の忘年会には、ぺこぱの全肯定漫才が流行りそうですね。 「悪くないだろう」「時を戻そう」などは、 2020年流行語大賞に選ばれるかも!? ぺこぱの何が面白いか|まとめ 以上、 ぺこぱの何が面白いかをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。 笑いあり、日常のイライラを癒やす効果もあり、見ているだけで元気になれるぺこぱ。 今後も注目していきたいと思います!.

次の

お笑いギャグ・フレーズ全集・あ〜お

ミルクボーイ つかみ セリフ

お笑いギャグ・フレーズ全集・あ〜お お笑いギャグ・フレーズ全集 【あ】 アーア!(志村けん) 「8時だヨ!全員集合」の少年少女合唱団で、志村けんがハードな曲に合わせて発する。 アーダーモースーテーペイッ!(島崎俊郎) 「オレたちひょうきん族」の中で、ヒップアップのリーダー島崎俊郎が扮したアダモステのお馴染みのギャグ。 腕を振り上げて一言。 「あんたなんか知らないよ。 フン!」という意味。 あーのね、おっさん、わしゃカーナワンヨ(高瀬實乘) 俳優でコメディアンの高瀬實乘のギャグ。 映画の中のセリフで、昭和10年ごろブレイクし、約10年間流行した。 ああ…時が…見える…(ラーメンズ 片桐仁) ラーメンズの「タカシと父さん」というコントの中の、片桐仁のギャグ。 出典はアニメ「機動戦士ガンダム」のララァ・スンのセリフ。 あーども!(底ぬけAIR-LINE) 底ぬけAIR-LINEのひとネタ終えたときのフレーズ。 ああ腹減ったー(花紀京) 吉本新喜劇で、花紀京が腹いっぱい食べたあとのお決まりのセリフ。 ア〜ホ〜(平参平) 吉本新喜劇の平参平のギャグ。 右手を力なく振り下ろす動作で発する。 アーマーミー、ユーヤーユー(ザ・ドリフターズ) 「8時だヨ!全員集合」の学校コントのセリフ。 元は英語の代名詞の変化「I・my・me・you・your・you」。 アーンポーンターン!(とんねるず) アイアムヘラクレス、アイライクプロテイン(サバンナ 八木真澄) サバンナの八木真澄のギャグ。 アイシンクソー思うべな!(矢島工務店) 「とんねるずのみなさんのおかげです」で、とんねるずとチェッカーズがコントで結成したバンド矢島工務店の掛け声。 アイラブミー(明石家さんま、2002年) 明石家さんまのフレーズ。 自分自身を好きだと公言する彼の性格を表す。 あい〜ん(志村けん) 志村けんのギャグ。 あごを出したおかしな顔で、腕を前に出したポーズで発する。 後年、岡村隆史や堂本剛らによって発掘され、志村の代表的なギャグとなった。 本人によると、これは威嚇の表現だという。 愛情、友情、年賀状(星セント・ルイス) 星セント・ルイスのフレーズ。 青島だあ!(青島幸男) 「シャボン玉ホリデー」番組中の、青島幸男のギャグ。 赤あげて、白あげないで、赤あげて(ナンセンストリオ) ナンセンストリオの手旗信号のネタ中のお決まりのフレーズ。 赤信号みんなで渡ればこわくない(ビートたけし) ツービートの漫才の中で、日本人を風刺したビートたけしの標語風のフレーズ。 あがってま〜す(竹中直人) 竹中直人扮するフォーク歌手・中津川ジャンボリーくんのフレーズ。 緊張状態を告白したもの。 赤の他人です(木村進) 吉本新喜劇で、木村進が他人のふりをするときのセリフ。 アカン言うてんのにとっとと止めたらどないやねんな!(山田スミ子) 吉本新喜劇での山田スミ子のセリフ。 突然キレる。 アカン、指がアゴに引っかかってもうた(辻本茂雄) 吉本新喜劇の辻本茂雄のギャグ。 右手の指をアゴにあて考えているうちに指が離れなくなる。 アキラです、フゥ!(ネプチューン 原田泰造) ネプチューンの原田泰造がホストのアキラを演じる時のスカしたセリフ。 握手サバイバル!(サバンナ 八木真澄) サバンナ八木真澄のギャグ。 あけて、しめて、あけて、しめて、あけて、しめたら入れな〜い(吉田ヒロ) 吉本新喜劇で、吉田ヒロが扉を開けて入ってくるときのギャグ。 朝起きたら家なかった(サバンナ 八木真澄) サバンナ八木真澄のギャグ。 アジャパー(伴淳三郎) 俳優・伴淳三郎の、出演映画の中のセリフ。 「アジャ」は驚きを表す山形弁で、「アジャパー」は「びっくりした」というような意味で使用。 「アジャパー」を冠した映画も作られた。 汗ばむわ〜(山田花子) 山田花子のエロティックなフレーズ。 あ、そ〜れそ〜れ〜(宇野ポテト) 元ポテト・フライの宇野ポテトのギャグ。 あたしに惚れるなよ!(山田花子) 吉本新喜劇で、男性の登場人物に向かって山田花子が発する、彼女のキャラクターならではのギャグ。 あたり前田のクラッカー(藤田まこと) 1962年に開始した時代劇コメディー「てなもんや三度笠」での藤田まことの定番のセリフ。 毎週、番組の最初で、「あっしは泉州は信太の生まれ、あんかけの時次郎」と名乗り、 妨害する男を突き飛ばして言う。 「おれがこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」と、スポンサーである前田製菓のクラッカーとの引っ掛け言葉。 アチーッ!(竹中直人) 熱っつう(花紀京) 吉本新喜劇の花紀京のセリフ。 熱燗を飲むだけ飲んで「熱っつう」と言う。 熱う熱う熱う(高石太) 吉本新喜劇の高石太の代表的なギャグ。 腹這いで床の上を滑った後、腹を触りながら発する。 あっ、こんなところに水たまりが(木村進) 吉本新喜劇の木村進のセリフ。 架空の水たまりを飛び越える前に言う。 あっそう(板東英二、2002年) 板東英二のフレーズ。 相手の話を冷たくあしらうように言う。。 アッと驚くタメゴロー!はっはっはっ、何?(ハナ肇) 「巨泉・前武ゲバゲバ90分!!」でのハナ肇のフレーズ。 ヒッピー姿のハナ肇が、テレビを見ながら「アッと驚くタメゴロー!」と驚き、笑った後、「何?」テレビを見つめ直す。 大ヒットし、レコード化もされ、「為五郎」の名のついたハナ肇主演映画が作られた。 アッホ!(坂田利夫) 坂田利夫のギャグ。 ピンクレディーの「UFO」のフレーズのもじりで、ふりも同じ。 あなた知らないの、ホホホーン(ルーキー新一) ルーキー新一の代表的なギャグ。 口に手を当てて発する。 あなたのお名前なんてぇの?(トニー谷) トニー谷の一世を風靡したフレーズ。 「兄貴ー!」「待たせたな」(コント赤信号) コント赤信号のお決まりのセリフ。 コントで、2人のメンバーがリーダーの渡辺正行を呼び、渡辺が応える。 アニマル〜!(アニマル梯団) アニマル梯団の登場ギャグ。 両腕で上下に顔を囲むようにして発する。 あのコは誰と電話殺到(松本人志) ダウンタウンの松本人志のフレーズ。 テレビで売り出し中の女性アイドルについて、視聴者からテレビ局へ多数の問い合わせがあるというケースに、自分を例える。 あのさ、僕さ、あどっこいさ(チャーリー浜) 吉本新喜劇のチャーリー浜のギャグ。 あのよ(明石家さんま) 「恋のから騒ぎ」のさんま愛の説教部屋で、明石家さんまが登場するときの一言フレーズ。 あは〜ん、いや〜ん、やめて、いやいや、ああっ、スキャンティーが…ギャー(木村進) 吉本新喜劇で、木村進が一人二役に入り込んでいくときのセリフ。 誰かと目が合い「ギャー」と叫ぶというオチ。 「あはは うふふ 三人元気にかおだして にこにこにっこり笑ったら 心はいつでも青空だ どこから どこまで 青空だ あはは うふふ えへへの おほほで あははのは ぼくらはお笑い三人組」。 クイズ問題のシンキングタイムに入るときなどに、横を向いて片足を前後に動かしながら口ずさむ。 あばよ!(柳沢慎吾) 「ねるとん紅鯨団」芸能人大会での柳沢慎吾の捨てセリフ。 以後彼の持ちギャグとなる。 アブドミナルアンドサイッ!(なかやまきんに君) なかやまきんに君のギャグ。 アヘアヘウヒハ、アヘウヒハ(間寛平) 吉本新喜劇で、性的に興奮した時に発せられる間寛平のギャグ。 短く「アヘアヘ」とも。 1の坂田利夫のギャグ。 アホちゃ〜う(末成由美) 吉本新喜劇の末成由美のギャグ。 「アホじゃない?」の意味。 アホちゃいまんねん、パーでんねん(明石家さんま) 「オレたちひょうきん族」で、明石家さんまの扮した怪人パーデンネンが登場する時のギャグ。 アホボンちゃう!(内場勝則) 吉本新喜劇で、アホのボンボン役に扮した内場勝則が、「おまえアホやろ」と言われて答えるときのセリフ。 「アホちゃうよ」とも。 アホンダラアホンダラアホンダラ…(帯谷孝史) 吉本新喜劇で、恐面のキャラクターに扮した帯谷孝史の罵倒ギャグ。 「アホンダラ」を何回も繰り返す。 アメマ(間寛平) 間寛平の代表的なギャグ。 意味はまったくない。 アメママンというキャラクターや、アメマバッジなどのグッズが作られた。 あらアンタ知らないのバカね、オホホ(坂田利夫) コメディNo. 1の坂田利夫のギャグ。 ありがトーマスだよ〜(おさる) おさるのギャグ。 「ありがとう」と言おうとして、手を汽車のポーズに、機関車トーマスになる。 ありがとさ〜ん(坂田利夫) コメディNo. 1のアホの坂田こと坂田利夫のギャグ。 両手を使った振りがある。 ありがとさんさんサンキューベンジョマッチ(坂田利夫) コメディNo. 1の坂田利夫のギャグ。 感謝の意。 あるある探検隊!(レギュラー) レギュラーのギャグ。 行進しながら連呼する。 あれえ?(ザ・ぼんち おさむ) ザ・ぼんちのおさむの漫才中のギャグ。 橋幸夫の物真似とセット。 あれ?何やったかなあ、えーと…(井上竜夫) 吉本新喜劇で、井上竜夫が「えーと…」と考え込むうちに眠ってしまう。 無機物に対して話しかける。 シュール極まりない。 あんたかてアホやろ、うちかてアホや、ほなさいなら(ハナ肇) ハナ肇の代表的なフレーズ。 あんだってか(志村けん) 「ドリフ大爆笑」などでの志村けんのセリフ。 相手に聞き返すときに発する。 あんたはあれか!(村上ショージ) 村上ショージのフレーズ。 通常、明石家さんまの「どれやねん!」というツッコミが入る。 【い】 イ〜!?(内場勝則) 吉本新喜劇の内場勝則のギャグ。 驚きの「え〜」の意味。 すぐに驚かず、しつこく引っ張った後に発せられる。 いいじゃなーい(晴乃チック・タック) いいセンいってる(クレイジー・キャッツ) 植木等が使ったフレーズで、大流行した。 いいからいいから(植木等) 植木等主演の映画「ニッポン無責任時代」の中で使い、流行したフレーズ。 映画の中で、植木等の無責任な行動を止めようとする人に言う言葉。 言いたいこと言ってら、ヘイヘイ(うつみ宮土理、吉田日出子など) EですかんD(野性爆弾 川島邦裕) 野性爆弾の川島邦裕のギャグ。 イーッヒッヒッヒ(木村進) 吉本新喜劇の木村進のギャグ。 前かがみになり、口に手を当てて発する。 いーとまきまき、いーとまきまきひいてひいてとんとんとん(加藤茶、志村けん) 「8時だヨ!全員集合」での、加藤茶と志村けんのギャグ。 求人タイムズのCMの真似。 いい夢見ろよ!(柳沢慎吾) 「あばよ」と同じく、「ねるとん紅鯨団」の芸能人大会での柳沢慎吾の捨てセリフ。 いいんじゃないっスか(南原清隆) 「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」の「加納さんの屈辱」のコーナーでの、南原清隆扮する加納さんのフレーズ。 「加納さんのいいんじゃないっスか」という曲にもなった。 ちなみに「加納さんの屈辱」の元は「カノッサの屈辱」(フジテレビ)という深夜番組。 いいんですかぁ?(明石家さんま、2002年) 明石家さんまのフレーズ。 ちょっと性的な事柄に、いやらしく了解を得るように言う。 イェイイェイ!(キングコング) キングコングの登場ギャグ。 「キングコングで〜す」と言い2人がダブルピースで片足を挙げる。 イエーイ(松鶴家千とせ) 松鶴家千とせのフレーズ。 イエス・アイ・ドゥ(坂田利夫) コメディNo. 1の坂田利夫のギャグ。 イエスマンいらんねん(明石家さんま、2001年) 明石家さんまのフレーズ。 さんまの言うことにいちいち賛同する周りのタレントに対して言う。 いかりやを叩いて殺せ(志村けん) 「8時だヨ!全員集合」の学校コントでの志村けんのセリフ。 「石橋を叩いて渡る」をもじったもの。 生き〜よ〜(横山たかし・ひろし 横山たかし) 横山たかし・ひろしのたかしのフレーズ。 子供のような声で2回繰り返される。 石井ちゃんです!(やるせなす 石井康太) やるせなすの石井康太の自己紹介ギャグ。 いずこへ(チャーリー浜) 吉本新喜劇のチャーリー浜のギャグ。 「どこへ」の意味。 いただき(村上ショージ、明石家さんま) 村上ショージが、他人のウケた言葉を自分のものにしようとメモを取るような仕草をしながら発するセリフ。 明石家さんまも使用している。 1ドル2ドルクイコンドル(ネプチューン 堀内健) ネプチューンの堀内健のギャグ。 「クイコンドル」で食い込む真似をする。 1、2、3、ひゃ〜(さまぁ〜ず 三村マサカズ) 三村マサカズのギャグ。 元はアントニオ猪木の「1、2、3、ダー」。 ひゃ〜と力なく終わる。 1、2、3、4、やったぜ加トちゃん(加藤茶) 「8時だヨ!全員集合」での加藤茶のギャグ。 一生懸命やったのに!(千秋) 千秋のギャグ。 「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」の中で完成した。 いった〜何すんのん(あのねのね 原田伸郎) いったんCMでーす(コージー冨田) 元はタモリの、番組がCMへ移るときの口癖。 コージー冨田が彼の物真似をするときに用いた。 イッちゃってます(片岡鶴太郎) 片岡鶴太郎の造語で、思考回路のおかしい人を指して表した。 「いっちょめ」は「一丁目」の意。 いつまでもあると思うな愛と金(宮川大助・花子) 宮川大助・花子の漫才中の名フレーズ。 いつもより余計に回っております(海老一染之助・染太郎) 海老一染之助・染太郎のネタ中のセリフ。 命!(TIM) TIMの代表的なギャグ。 手を広げ片足をあげ、体全体で漢字の「命」の字を作る。 今の江戸が、東京といった頃のことでございます(古今亭志ん生) 今は男や(桑原和男) 吉本新喜劇で女性役の桑原和男が、今は男に戻っている、と女性に対して言うフレーズ。 意味ないじゃん!(明石家さんま) 明石家さんまのギャグ。 「明石家マンション物語」の中で「意味なし教」というコーナーも作られた。 元々は目薬のCMのセリフで、さんまが使い始めたのは、「さんまのからくりTV」で素人の男性が使ったものをいただいたもの。 いや〜まいったまいった(加藤茶、仲本工事) 「8時だヨ!全員集合」で、加藤茶と仲本工事がうしろを向いて後頭部を2回叩きながら言うフレーズ。 いや〜ん、いや〜ん(ルーキー新一) ルーキー新一のギャグ。 乳首を両手でつまみ、体を左右に振りながら発する。 イヤ〜ン、バカ〜ン、ウッフ〜ン(林家木久蔵) 林家木久蔵のギャグ。 「イヤ〜ン、バカ〜ン、そこはお乳なの」ともいう。 いや〜んバカンス娘たちよ!(村上ショージ) 村上ショージのギャグ。 「ばかん」と「バカンス娘」を掛けている。 イヨ〜(南喜代子) 吉本新喜劇での南喜代子のあいさつギャグ。 相手と「イヨ」と軽いあいさつを繰り返しているうちに大声で叫ぶ。 いらっしゃ〜い(桂三枝) 「新婚さんいらっしゃい」での桂三枝のお決まりのセリフを、太平サブローが物真似でデフォルメしたことから、桂三枝の持ちギャグとなった。 いらんことを言うな(ますだおかだ 増田英彦) ますだおかだの増田英彦が岡田圭右のボケを注意するときのセリフ。 いろいろあらあな(東京ぼん太) 東京ぼん太の漫談の中のフレーズ。 「いろいろあるだろうな」ということ。 祝!(TIM) TIMがめでたいときに披露する体を使ったギャグ。 レッド吉田の「しめすへん」に、ゴルゴ松本の「あに」で「祝」。 【う】 う〜ん、譲二ショック(島木譲二) 吉本新喜劇の島木譲二のギャグ。 ショックなことがあったときに使う。 上から呼んでも下から呼んでも三笑亭笑三(三笑亭笑三) 三笑亭笑三のつかみのキャッチフレーズ。 うえ〜っ(ジャリズム 渡辺鍾) ジャリズムの渡辺鍾のフレーズ。 感極ったときなどに使った。 ウェスポン!(TIM レッド吉田) レッド吉田のフレーズ。 意味なく発する。 ウエルカム腕噛むどこ噛むねん!(村上ショージ) 村上ショージの持ちギャグ。 ウケんねん(明石家さんま) 明石家さんまのフレーズ。 失礼なことをネタにした時に、笑いのためだという意味で言い訳っぽく言う。 結婚生活をネタにして前妻の大竹しのぶに文句を言われた時に使ったという実話に基づく。 ウソよね〜(松本人志) 「ダウンタウンのごっつええ感じ」での松本人志のギャグ。 ギャグとしてはやり始めたころ、使うのを止めた。 歌奴ちゃん(三遊亭歌奴) 三遊亭歌奴(現三遊亭円歌)のギャグ。 訴えてやる!(ダチョウ倶楽部) ダチョウ倶楽部のギャグ。 ひどい仕打ちをされたとき、相手に向かって3人揃って発する。 ウッヒッヒッヒ(チャーリー浜) 吉本新喜劇で、チャーリー浜がエッチなことを想像するときの笑い声。 ウハウハウハウハ、喜ぶよ(南利明) 南利明の、オリエンタル・スナック・カレーのCMのセリフ。 浦部粂子ですよ〜だ(片岡鶴太郎) 「オレたちひょうきん族」で、片岡鶴太郎が浦部粂子の物真似をするときのセリフ。 「よ〜だ」と語尾を伸ばすのが特徴。 うれCY!(おさる) おさるのうれしいときのギャグ。 手で「C」「Y」の文字を作る。 うれしかるかる(笑福亭仁鶴) うん、うまい。 けんちゃんの健康牛乳(加藤茶、志村けん) 加藤茶と志村けんのCM撮影コントのセリフ。 加藤が牛乳を飲んだあとこれを言うが、監督の志村けんにダメ出しされ何度も飲まされる。 「加トちゃんの健康すいか」なども。 うんこちんちん(加藤茶) 「8時だヨ!全員集合」での加藤茶のギャグ。 うんばらば〜(間寛平) 間寛平のギャグ。 意味は不明。 【え】 えー!(村上ショージ) 「痛快!明石家電視台」のクイズコーナーで、正解のわかる明石家さんまの、「おれ答え知ってるもん」という言葉に対する村上ショージのリアクション。 ええかげんにせえfor me!(FUJIWARA 藤本敏史、サバンナ 高橋茂雄) FUJIWARAの藤本敏史とサバンナの高橋茂雄の合同ギャグ。 よく通るいい声という特徴を生かしたギャグ。 ええでええで、ええでー(高石太) 吉本新喜劇での高石太のフレーズ。 エーリオーット(明石家さんま) 明石家さんまの映画「E. 」のE. のものまね。 えげつな〜(岡八郎) 吉本新喜劇の岡八郎のセリフ。 「大変だ」という意味。 え、そんなんできるんですか?(内場勝則) 吉本新喜劇の内場勝則のセリフ。 エッチッチ(島木譲二) 吉本新喜劇の島木譲二のギャグ。 人差し指を突き出しながらのセリフ。 NHK邦楽百選の時間です。 北、東、南、西。 方角百選でした(タモリ) Fなんてつくの藤子不二雄さん以来やからね(明石家さんま) 明石家さんまの頻出フレーズで、女性の胸のサイズがFカップと知ったときに言う。 えらいことになりにけり(花菱アチャコ) 花菱アチャコが1953年ごろ、映画の中で使用したフレーズ。 「大変なことになった」という意味。 偉くなくとも正しく生きる(エンペラー吉田) 「たけしの元気が出るテレビ」でのエンペラー吉田のフレーズ。 エリザベスと呼んで(山田花子) 吉本新喜劇で、山田花子が自己紹介するときのギャグ。 エンジョイ!エンジョイ!(サバンナ 八木真澄) サバンナの八木真澄のギャグ。 エンジョイプレイ(ガレッジセール) ガレッジセールのフレーズ。 体を斜めにして片手を挙げる。 【お】 オイッス!(いかりや長介) 「8時だヨ!全員集合」のコントが始まる前に、いかりや長介が観客に呼びかけるときのあいさつ。 おいど、まいど(横山プリン) おいどん、牛丼、西郷どん(村上ショージ) 村上ショージの3段の言葉遊びギャグ。 おいらルパ〜ン三世〜(栗田貫一) 栗田貫一がアニメのルパン三世(声:山田康雄)の物真似をするときのセリフ。 山田氏の死後、本当にルパンを担当することになった。 往生しまっせ(大木こだま・ひびき 大木こだま) 大木こだま・ひびきのこだまの持ちギャグ。 お・う・ち(ヒップアップ 川上泰生) 「オレたちひょうきん族」の「E. 」をパロディにした着ぐるみキャラいーてふのセリフ。 中に入っていたのはヒップアップの川上泰生。 オーギリギリのファイブミニッツ!(レッド吉田、2001年) レッド吉田の一発ギャグ。 「内村プロデュース」で披露。 大阪名物とっちゃん叩き(坂田利夫) コメディNo. 1の坂田利夫のギャグ。 おーっと!超特Qという名のお笑いエキスプレス、そろそろ発車の時刻となりました(ユリオカ超特Q) ユリオカ超特Qのネタの締めのセリフ。 おーみーごーとー(中原理恵) 「欽ドン!良い子悪い子普通の子」で良い妻を演じた中原理恵が、萩本欽一扮する夫を誉めるときのギャグ。 オーメン!(西川のりお) 西川のりおのギャグ。 アーメンのもじり。 風呂場の戸から顔半分だけ出す仕草で、母親に対する恥ずかしさを表現する。 奥さん、ええ仕事しまっせ(西川のりお) 奥さん、見なはれ見なはれ(西川のりお) 怒ったぞー(ザ・ぼんち おさむ) 怒っちゃいけねえ、怒っちゃいけねえよ(ちゃんばらトリオ) 怒っちゃヤーよ(志村けん) 志村けんのギャグ。 ひじをつきだしながら、いかりや長介に対して発せられた。 怒りないなー(林家小染) 芸人グループザ・パンダのメンバーとしてブレイクした林家小染のフレーズ。 「ヤングOH! 」で発せられた。 怒るでしかし(横山やすし、太平サブロー) 横山やすしの口癖。 太平サブローが彼を真似るときに口にし、定着した。 お下劣ね(トニー谷) トニー谷のフレーズ。 1953年ごろ民放ラジオで発せられ流行した。 おこんばんは(トニー谷) トニー谷のあいさつのフレーズ。 1953年ごろ民放ラジオで発せられた。 おさいなら(トニー谷) トニー谷のフレーズ。 1953年ごろ民放ラジオで発せられた。 「さようなら」の意。 おさむちゃんで〜す(ザ・ぼんち おさむ) ザ・ぼんちのおさむの自己紹介ギャグ。 おじゃましまっす(南州太郎) 漫談家・南州太郎のおなじみのフレーズ。 おじゃましまんにゃわ〜(井上竜夫) 吉本新喜劇で、井上竜夫扮するおじいさんのギャグ。 「おじゃまします」の意味。 オシャ、マンベ(由利徹) 由利徹の代表的なギャグ。 手の平を股にあて、開くようにして言う。 おっくんです(境田晃一) 「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」での、おっくんこと境田晃一の自己紹介の時のセリフ。 棒読みで発する。 オッケー牧場(ガッツ石松) ガッツ石松のギャグ。 「オッケー」と、決闘で有名なOK牧場の掛け言葉。 おっさんアホか(間寛平) 吉本新喜劇での間寛平のギャグ。 相手をしげしげと眺めたあと発する。 お父さんなんでウサギの目は赤いの?寝てないから!(TIM レッド吉田) TIMのレッド吉田のギャグ。 「寝てないから」を変なアクセントで大声で言う。 男なんてシャボン玉(島田珠代) 吉本新喜劇の島田珠代のギャグ。 ひどい仕打ちをされた後、宙を見ながら発する。 おとなじゃーん(木梨憲武) 「とんねるずのみなさんのおかげです」の学校コントでの木梨憲武のフレーズ。 宮沢りえも言っていた。 おなかぺコリーナ(FUJIWARA 藤本敏史) 「吉本超合金」でのFUJIWARA藤本敏史のギャグ。 おならじゃないのよ、おならじゃないのよ、空気が入っただけ(石橋貴明) 「とんねるずのみなさんのおかげです」でのとんねるずの石橋貴明のギャグ。 お願えしますだ、お代官様(池乃めだか) 吉本新喜劇で、池乃めだかが困った時のお願い事をするときのセリフ。 ナイスバディーの女性を表現している。 おはようガッテン(ブラザース 石割博之) ブラザースの石割博之のギャグ。 江戸っ子風に右手を出して言う。 おはようござんす(ブラザース 谷口聡) ブラザースの谷口聡のギャグ。 江戸っ子風に右手を出して言う。 お晩でやんす(野沢那智) おひさしブリーフ(ダンディ坂野) ダンディ坂野の初めの挨拶。 ダジャレで、「ブリーフ」で股に両手をやる。 おヒッププリリンコンのモリリン・マンロー(トニー谷) トニー谷のフレーズ。 1953年ごろ民放ラジオで発せられた。 「ヒップのプリプリしたマリリン・モンロー(のよう)」の意。 覚えてるでぇ(笑福亭鶴瓶) 笑福亭鶴瓶のフレーズ。 記憶にない人にも「覚えてるでぇ」と愛想する鶴瓶のキャラクターを、鶴瓶の周囲が茶化したもの。 覚えといてネ!(はなわ) はなわのフレーズ。 「姓は塙、名は直樹」と自己紹介の後に付け加える。 お前さん今夜もかい、あたぼうよ(間寛平) お前それはないだろう(志村けん) 志村けんのフレーズ。 お前はない、あっても言うな、聞きたない(大木こだま・ひびき 大木こだま) お前もがんばれよ(ジミー大西) ジミー大西のギャグで、「がんばれよ」と言われての返答。 おまちー(明石家さんま) 「オレたちひょうきん族」でおまち娘に扮した明石家さんまのギャグ。 おみやげおみやげ(西条凡児) 「凡児の娘をよろしく」での西条凡児のフレーズ。 おめでとうございます!(海老一染之助・染太郎) お正月などのめでたい時期に登場する海老一染之助・染太郎の決めセリフ。 おもしろくも何ともないじゃねえか(三波伸介) お求めやすいお値段でございます(松尾伴内) 「痛快!明石家電視台」で、松尾伴内が自前の衣装の値段を聞かれたときのフレーズ。 おや、まあ、なんざんしょ(明石家さんま) 「オレたちひょうきん族」で若旦那役の明石家さんまのセリフ。 小山ゆうえんち〜(桜金造) 桜金造の、親指を鼻にあて、手の平をひらひらさせながらのギャグ。 およびでない?およびでない?こりゃまた失礼いたしました!(植木等) 「シャボン玉ホリデー」から出たギャグで、植木等がオチに使うフレーズ。 場違いなキャラクターとして登場した植木等が状況に気づき、上のセリフを言うと、全員がコケる。 オヨヨ(桂三枝) 桂三枝のフレーズ。 「パンチDEデート」で使用。 驚いた時に使う。 お礼のプゥ(間寛平) 間寛平のギャグ。 お礼を言うときに握りっぺの真似をする。 俺がネクタイ外したらどうなるか知らんぞ、身長と一緒なんや(池乃めだか) 吉本新喜劇での池乃めだかのフレーズ。 ネクタイを外し、伸ばして身長と比べてみせる。 俺、体弱いねん(島田紳助) 紳助・竜介の島田紳助のフレーズ。 「ヤングおー!おー!」などで多用された。 俺の実家は右、ウソ逆(サバンナ 八木真澄) サバンナの八木真澄のギャグ。 俺たちに明日はない、キャッシュカードに残はない(星セント・ルイス) おわかりかな(藤村有弘).

次の