サーチナ。 サーチナ (ポータルサイト)

サーチナ・ファイナンス

サーチナ

13億人という世界で最も大きな人口を抱える中国は、ゆっくりですが大きく変わりつつあります。 中国人の訪日観光ブームも一度火が付くとなかなか静まる気配がありません。 今日はすれ違っただけだった中国人と、明日は話をすることになるかもしれません。 いったい、どんなことを考えている人たちなのか、日々のニュースを手掛かりに、理解を深めることができます。 手軽に、いつでも中国ニュースに触れられる「サーチナ中国トピックス」アプリをご活用ください。 中国の最新情報を お届け!• 中国の時事、フィンテック、経済、社会の情報を提供します。 「サーチナ中国トピックス」では、以下のカテゴリーでニュースを提供しています。 時事 中国のニュースを幅広く伝える総合カテゴリです。 日本を旅行して感じた日本の印象、中国で活躍する日本企業の動き、日本の自衛隊に対する中国の警戒感、中国の住宅事情など、ジャンルを問わず、様々な切り口で切り取った中国の「今」をニュースとして伝えています。 サーチナの中国ニュースをチェックする上では、このタブがもっとも便利です。 中国フィンテック アリペイやウィーチャットペイなど、日本で普及してきたスマホQR決済など、中国はフィンテック(金融に関するテクノロジー)先進国の1つです。 中国でのフィンテック事情を紹介するとともに、日本のフィンテックについても情報を提供します。 社会 中国人から見て、日本の社会は、どのように映っているのでしょう?日本と中国の文化の違いによってお互いに感じる驚きや称賛、違和感などを伝えるニュースです。 訪日中国人観光客が大きく増えて、日本に関する話題が中国では活発です。 日本のアニメや芸能、スポーツなどの話題もあります。 経済 世界の工場として大きな発展を遂げた中国では、現在は国民の所得も増え、巨大な消費マーケットとしての成長を続けています。 そんな中国の経済事情を伝えるニュースを届けます。 世界最大の自動車市場、スマホ市場などの側面を持つ中国では、日本製品も高品質を背景に人気があります。 日本経済 主に日本のマーケット(株式や外為取引など)、そして、中国市場に関するニュースをお届けしています。 中国関連投信情報• 日本国内で運用されている中国に投資する投資信託を一覧で確認できます。 話題の記事• ユーザーから多くのコメントを寄せられたニュースを紹介します。

次の

サーチナ中国トピックス―iPhone/Android用アプリ|サーチナ

サーチナ

概要 [ ] 在日中国人の()がに開設した「中国情報局」が前身。 株式会社サーチナの設立は、9月1日。 サイト開設10周年の7月、サイト名も旧称の「中国情報局」から会社名同様の「サーチナ」に変更された。 とニュース配信契約を結んでいる。 中国経済、情報の配信をはじめ、日本最大の中国情報サイト として知られる。 2月10日、がサーチナ全株式の7割弱を保持していた創業者の端木などから全株式の75. 従来より4. SBIグループとなる。 これによりSBI側から計4人の取締役が派遣された。 6月、端木が引退し常務取締役のが新社長に就任。 2月、代表取締役・朝倉智也が新社長に就任、有田は子会社である新秦商務咨詢 上海 有限公司()の代表として上海事業に注力 する。 7月、商号をSBIサーチナ株式会社に変更。 9月、モーニングスターにより吸収合併され法人としては消滅したが、ポータルサイトとしてのサーチナはモーニングスターにより引き続き運営されている。 沿革 [ ]• 1998年 6月 前身の「中国情報局」開設。 1999年 9月 株式会社サーチナ設立。 2001年 9月 中国版会社情報「中国企業情報」出版(2007年版で終了、出版事業から撤退)。 2002年 9月 「」設立()• 2004年 4月 で配信スタート。 2004年11月 Yahoo! ファイナンスで配信を開始。 2005年 9月 の公募案件『中国企業の与信管理FS調査』を受注。 2006年 2月 「中国市場での企業ブランド戦略」定期刊行スタート(と共同)。 2007年 4月 マスコットデザインの日本公募を担当。 2008年 8月 (CHINA. ORG. CN)と提携。 日本語公認サイトを開設。 2009年 4月 ・ジャパンと提携。 2010年 2月 の傘下入りする。 2011年 3月 の翌週に、中国人ユーザ5515名と合わせて義援金630万円を寄付。 銀座4丁目交差点に震災支援の中国語映像放映。 2012年 7月 SBIサーチナ株式会社に商号変更。 2012年10月 モーニングスターが親会社となる• 2014年 2月 新秦商務咨詢(上海)有限公司の全株式を譲渡。 2014年 9月 モーニングスターが吸収合併し、解散。 2015年 9月 ヤフーニュースから提携契約を解除される。 事業内容 [ ] ファイナンス事業 、、市場の株価、市況、銘柄動向、株式ランキングなどのコンテンツや関連業務システムを国内証券会社や大手ポータルサイトにASPとして提供。 中国版会社情報『中国企業情報』の出版など(出版事業からは撤退)。 現在、日本株や FX 、 CFD 、新興国情報も取り扱う。 メディア事業 ポータルサイト「サーチナ」(旧・中国情報局、2008年7月に改称)の運営。 政治、経済、社会、IT、金融、地域など多岐にわたる中国関連情報や、日本株、新興国市場、アジアなどに関する情報を配信。 日本の出版社から、サーチナ総合研究所著として多数の中国関連の書籍を出版している(例:『知らないではすまない中国の大問題』 アスキー新書 162 )。 論調 [ ] サーチナ側は政治的スタンスについて、あくまでも「中立」であり中国政府機関との資本的関係はないと主張しており、自社サイトにおいても「日本の一企業として、日本の法令に遵守するのはもちろん、当社の中国に対する立場も、日本政府の立場と同一のものを堅持いたします」と言明している。 創業以来前半までは、同社の主要ニュースソースは中国国営通信社のであり、独自の取材網を持つわけではなかったため、中国政府の見解が記事に反映されていた。 2008年後半以後、現地通信社の翻訳記事が減少し、中国や各国の対日観、日本・中国・韓国ので検索回数の多いワードを紹介する記事、人気サイトの動向を紹介する的な記事が目立つようになり、同社の事業概要ページにもからミドルメディア展開による媒体力の強化を今後も推し進める旨の発表がなされた。 サーチナが独自で展開している中国のオンライン市場、国内動向について定期的に自社調査を行い、レポートを発信している。 最近では中国だけでなく、韓国・北朝鮮などの情報も配信し、のニュースも配信するようになっている。 経済・ビジネス情報も豊富で、への記事配信も行っている。 以前は中国株ニュースだけであったが、現在では日本株、FX・為替に関するニュースも配信する。 、「やの(的な)ニュースが増えている」ことを問題視され、から提携契約を解除された。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• サーチナ. 2020年4月14日閲覧。 週刊ダイヤモンド 起業人インタビュー pp. 2010年4月6日閲覧。 SBIホールディングスによる人事発表• サーチナによる人事発表• 日経BP• プレスリリース• チャイナネット• モーニングスター 2012年10月11日. 2015年3月22日閲覧。 モーニングスター 2014年7月23日. 2015年3月22日閲覧。 2009年5月31日. 2010年4月6日閲覧。 2010年4月6日閲覧。 2010年12月10日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

サーチナ中国トピックス―iPhone/Android用アプリ|サーチナ

サーチナ

概要 [ ] 在日中国人の()がに開設した「中国情報局」が前身。 株式会社サーチナの設立は、9月1日。 サイト開設10周年の7月、サイト名も旧称の「中国情報局」から会社名同様の「サーチナ」に変更された。 とニュース配信契約を結んでいる。 中国経済、情報の配信をはじめ、日本最大の中国情報サイト として知られる。 2月10日、がサーチナ全株式の7割弱を保持していた創業者の端木などから全株式の75. 従来より4. SBIグループとなる。 これによりSBI側から計4人の取締役が派遣された。 6月、端木が引退し常務取締役のが新社長に就任。 2月、代表取締役・朝倉智也が新社長に就任、有田は子会社である新秦商務咨詢 上海 有限公司()の代表として上海事業に注力 する。 7月、商号をSBIサーチナ株式会社に変更。 9月、モーニングスターにより吸収合併され法人としては消滅したが、ポータルサイトとしてのサーチナはモーニングスターにより引き続き運営されている。 沿革 [ ]• 1998年 6月 前身の「中国情報局」開設。 1999年 9月 株式会社サーチナ設立。 2001年 9月 中国版会社情報「中国企業情報」出版(2007年版で終了、出版事業から撤退)。 2002年 9月 「」設立()• 2004年 4月 で配信スタート。 2004年11月 Yahoo! ファイナンスで配信を開始。 2005年 9月 の公募案件『中国企業の与信管理FS調査』を受注。 2006年 2月 「中国市場での企業ブランド戦略」定期刊行スタート(と共同)。 2007年 4月 マスコットデザインの日本公募を担当。 2008年 8月 (CHINA. ORG. CN)と提携。 日本語公認サイトを開設。 2009年 4月 ・ジャパンと提携。 2010年 2月 の傘下入りする。 2011年 3月 の翌週に、中国人ユーザ5515名と合わせて義援金630万円を寄付。 銀座4丁目交差点に震災支援の中国語映像放映。 2012年 7月 SBIサーチナ株式会社に商号変更。 2012年10月 モーニングスターが親会社となる• 2014年 2月 新秦商務咨詢(上海)有限公司の全株式を譲渡。 2014年 9月 モーニングスターが吸収合併し、解散。 2015年 9月 ヤフーニュースから提携契約を解除される。 事業内容 [ ] ファイナンス事業 、、市場の株価、市況、銘柄動向、株式ランキングなどのコンテンツや関連業務システムを国内証券会社や大手ポータルサイトにASPとして提供。 中国版会社情報『中国企業情報』の出版など(出版事業からは撤退)。 現在、日本株や FX 、 CFD 、新興国情報も取り扱う。 メディア事業 ポータルサイト「サーチナ」(旧・中国情報局、2008年7月に改称)の運営。 政治、経済、社会、IT、金融、地域など多岐にわたる中国関連情報や、日本株、新興国市場、アジアなどに関する情報を配信。 日本の出版社から、サーチナ総合研究所著として多数の中国関連の書籍を出版している(例:『知らないではすまない中国の大問題』 アスキー新書 162 )。 論調 [ ] サーチナ側は政治的スタンスについて、あくまでも「中立」であり中国政府機関との資本的関係はないと主張しており、自社サイトにおいても「日本の一企業として、日本の法令に遵守するのはもちろん、当社の中国に対する立場も、日本政府の立場と同一のものを堅持いたします」と言明している。 創業以来前半までは、同社の主要ニュースソースは中国国営通信社のであり、独自の取材網を持つわけではなかったため、中国政府の見解が記事に反映されていた。 2008年後半以後、現地通信社の翻訳記事が減少し、中国や各国の対日観、日本・中国・韓国ので検索回数の多いワードを紹介する記事、人気サイトの動向を紹介する的な記事が目立つようになり、同社の事業概要ページにもからミドルメディア展開による媒体力の強化を今後も推し進める旨の発表がなされた。 サーチナが独自で展開している中国のオンライン市場、国内動向について定期的に自社調査を行い、レポートを発信している。 最近では中国だけでなく、韓国・北朝鮮などの情報も配信し、のニュースも配信するようになっている。 経済・ビジネス情報も豊富で、への記事配信も行っている。 以前は中国株ニュースだけであったが、現在では日本株、FX・為替に関するニュースも配信する。 、「やの(的な)ニュースが増えている」ことを問題視され、から提携契約を解除された。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• サーチナ. 2020年4月14日閲覧。 週刊ダイヤモンド 起業人インタビュー pp. 2010年4月6日閲覧。 SBIホールディングスによる人事発表• サーチナによる人事発表• 日経BP• プレスリリース• チャイナネット• モーニングスター 2012年10月11日. 2015年3月22日閲覧。 モーニングスター 2014年7月23日. 2015年3月22日閲覧。 2009年5月31日. 2010年4月6日閲覧。 2010年4月6日閲覧。 2010年12月10日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の