しまじろう 英語。 しまじろうと一緒に英語を学ぶベネッセの英語教室ビースタジオ:Benesse BE studio

しまじろうの英語の口コミは鵜呑みにしてはいけない!実際に体験

しまじろう 英語

adsbygoogle []. 「English」は2か月に一回しか教材が届かないから、お財布には優しいけど、子供に興味を持続させるためには親も努力する必要がありますね。 息子と久しぶりに一緒にDVDを見たら、とっても楽しく英語の踊りを踊ったり、夢中で楽しく見てくれました。 毎日みたいなと思たんだけど、DVDが結構長くてボリュームたっぷりでした。 一度見ると最後まで見ないと息子が納得しないので、毎日見るのは無理かな…。 それとも、「ほっぷEnglish」1月号のDVDは1年のまとめの号(&すてっぷEnglish宣伝号)だから特別長いのかな? まあ、ボリュームがある分にはお得ですよね。 Contents• 「ほっぷEnglish」も、もう終わり 「ほっぷEnglish」は船でしまじろうが色んな島を旅しながら英語のお勉強をすると言う内容でした。 うちは前回の11月号から始めて、まだ2号しか届いてないので、船の旅がもう終わっちゃうのが残念ですね。 船の船長キャプテン、女の子のケリー、亀のマスコットのローリーともっと旅したかったな。 大人でも楽しめる夢いっぱいの世界感 「こどもちゃれんじ」の世界感って、子供心を掴むためにいろいろ工夫されていて、バッチリうちの子は心を掴まれちゃってるんだけど、親である私も、その手抜きのない作りに魅せられちゃってました。 こんな素晴らしい教材を与えられてる今の子供たちって幸せだなーて、ちょっと嫉妬してしまいます。 3月号から始まる「すてっぷEnglish」もどんな設定なんだろうって今から楽しみでもあるんだけどね。 「こどもちゃれんじEnglish」はポップなカラーで楽しい夢いっぱいの雰囲気が、ふつうの「こどもちゃれんじ」より好きですね。 しまじろうの英語の声優はダレ? 「こどもちゃれんじEnglish」はいい内容のDVDだとは思うんだけどひとつ気になる事があります。 しまじろうが英語を話すとき、あからさまに声が別人なんですけど…。 しまじろうの声が日本語と英語で違う違和感 息子は気にならない様子だけど、私は気になります。 日本語と英語が混じったお話だから、いつものしまじろうの声が英語になると急に変わるから、しまじろうがしゃべったって認識できないんです。 自分の英語の勉強もかねて一緒にDVD見てるのに、声で混乱して以降しばらくのお間は発音を気にして見る事を忘れちゃいます。 けど、どんなに頑張っても日本人だし、英語の教材ではネイティブの発音が聞けないと意味ないですよね。 だから、声が別人になるのは仕方ないし、息子には声の変化は気にならないみたいなのでいいのかなと思ってます。 子供は声ではなくて内容で誰が話してるか判断出来ているみたいなんですよね。 不思議なんですけど、子供の目線も考えながらDVDを作っているベネッセの事なので、映像に工夫があるんでしょうね。 しまじろうの英語の声はネイティブスピーカー 英語のしまじろうの声優さんについては名前は公表されていませんが、ネイティブスピーカーであることはパンフレットなどにも書かれています。 大人なのか?子供なのか?も不明なんだけど、私は、ネイティブの子供かな?と漠然と思ってます。 でも、ローリー役の人は多分子供じゃなくて大人だと思うので、それと似てると思う声だってことはしまじろう役の人も大人なのかな…? しまじろうの歌は別人が歌ってた!? そして、しまじろうの英語の声優さんについて調べていたら、別の発見をしてビックリしました。 しまじろうの日本語の歌を歌ってる人って、しまじろうの日本語の声を担当している南央美さんじゃないんだって!! 歌はなんと!松本 さちさんと言う方歌っているらしいです。 私は完全に声がしまじろうだし、しまじろうだと思ってたんだけど、別人だったなんて信じられない! 半信半疑だったんだけど、別人と言う情報を知った上で、よく聞いてみたら、「違うかも??」って思いました。 まとめ う~ん、しまじろうの世界って奥が深いのね。

次の

オンラインレッスン「しまじろうTALK」|こどもちゃれんじEnglish|しまじろうの英語(えいご)教材

しまじろう 英語

もくじ• 英語ペラペラになって欲しい そもそも普通の「こどもちゃれんじ」もやっていたのですが、なぜ英語版も始めたのか? それは教育です。 小学生からも英語授業が始まっており、確実に今以上にグローバルになってくことしか見えない未来で、英語に強いことが武器にならないはずがありません。 英語ができない=仕事がない=いっぱい稼げない といっても過言ではないと思います。 それくらい英語は大事。 日本語話せたって世界で1億人ちょいとしかコミュニケーション取れないですが、英語なら一気に30倍くらいの地球人と意思疎通ができるようになりますからね。 ネット上でこのブログのように日本語で発信するよりも、たとえ同じ内容だとしても英語なら見られるチャンスが30倍にも膨らむわけです。 三つ子の魂百までとも言いますし、なるべく早くから英語に触れさせることで、英語を勉強するのではなく「英語を自然と体得している」状況に期待していたのです。 年間一括払いでスタート ということで、家族会議の結果、1年間がっつりスタートしてみることになりました。 まずは1年くらいは英語に触れさせたいというのと、月払いではなく年間払いすると、特典がもらえるというのも理由でした。 もともとうちの子はしまじろう大好きだったので、親としては「これは!」と思って申し込んだのですが、いざ渡してみるとそんなには喜んでませんでした笑 まあそんなもんですよね、親が良かそうと思ったことが全て喜ぶとは限らない。 SPONSORED 効果はビミョー。 というか、ほぼなし? 2ヶ月に1回DVDが届いて、英語の歌などを見ながら楽しんでいくのですが、、、 効果はそこまでなかった。 と思っています。 日常の中で英語っぽい言葉が増えるわけでもなく。 そもそも普通のちゃれんじのDVDは何度も見たがるのに、英語のは2回目は見たがろうとはしませんでした。 届いた日に1回見たらそれで終わり。 届いたおもちゃも数日遊んだら終わり。 色々と時期的なタイミングやら原因などはあると思うのですが、1番の原因は登場キャラにあるのではないかと思っています。 こどもちゃれんじEnglishには主要キャラである、• トリッピー• ミミリン• にゃっきー• ガオガオさん などが 一切出てこないのです! しまじろうはもちろん出てくるのですが、あとは謎の「ビーピー」とかいう全然かわいくない赤いモンスターみたいなのがメインキャラなんです。 世間の子どもたちの反応はわかりませんが、うちの子は全然このビーピーの馴染んでません。 だから何度もDVDを見たがらないのかもしれません。 英語版のコンサートも行ったのですが、当然登場キャラがしまじろうとビーピーくらいだったので、全然楽しめてませんでした。 途中退出したくらいです。 リアルの英会話教室を検討中 今のとこは継続利用はしないつもりです。 効果を実感しないからですね。 ディズニーの英語教材とか、ほかのキャラが出てくるようなのならDVDでもありかもですが、今はリアルの実店舗、英語教室がいいのではないかと思ってます。 世の中には数多くの英語教室があるので良し悪しが今のところは判断できませんが、などでリサーチしながら、うちの子が楽しんで英語に触れられるような環境を探したいと思います。 ちなみに文部科学省が定めるなんてのが、各都道府県別にあるんです。 日本が国際競争力をさらに付けるために、ビジネスの場でもガラパゴスにならないよう、国が本腰を入れてるってことですね。

次の

【しまじろうDVD】英語で歌うエマお姉さん役の女性は誰?可愛いと話題!

しまじろう 英語

教材は年齢に合わせて2ヵ月に1回ご自宅にお届け お子さまの年齢を お選びください• 小学校までの英語学習を支える カリキュラム 小学校入学までの5年間で将来にわたって英語を学ぶ原動力となる「英語が大好き!」という気持ちと、「英語でコミュニケーションする力」の土台を育てます。 お子さまの年齢に ぴったりの教材を都度お届け お子さまがちゃんと使いこなせるように、そのときのお子さまの年齢・発達を考えてお子さまの興味を引き出す英語教材を、そのときに合った量と内容でお届けします。 続けやすい 価格・お届けペース 英語は続けてこそ身につきます。 無理なく取り組み続けられるように、教材は2カ月に1回のお届け。 ふれる語彙数は 中学校より多数 中学校でふれる語彙数が約1,200語に対して、講座内でふれられる語彙数は1,870語。 幼児期だからこそたっぷり英語にふれる環境をつくります。 学習効果を高める セット教材 聞くだけでは身につかないのが幼児の英語。 DVDでインプットし、玩具でインプットしたものを実際に使う体験をしBOOKで定着させ、『使える英語力』を身につけます。 幼児期の学習を支える 専門家の監修 幼児の英語学習に必要な多角的な観点を踏まえて、専門家が監修。 ネイティブスピーカーの発音にこだわり、幼児期の語彙・英語表現を厳選した、幼児のための教材です。

次の