ミネラル ウォーター 効果。 ミネラルとは?意外と知らないミネラルの効果と含まれる食品

ミネラルウォーターは軟水?硬水?美容効果とおすすめ硬度比較

ミネラル ウォーター 効果

「ダイエット効果」が期待できる 痩せるためには運動や食事の改善などさまざまな方法があります。 ですがこれらの方法は人によっては、好きでもない運動をしなければならない、食べたいものを我慢しなければならないといったストレスによる反動が考えられます。 ストレスなくダイエット効果を得る方法の1つとして、ミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。 ミネラルウォーターを飲むと血流が良くなり新陳代謝もアップし、基礎代謝が上がるためダイエットに効果的と言えます。 硬水を飲むとより効果的に もちろんどのミネラルウォーターであってもダイエットに効果的と言えます。 ここでよりダイエット効果を、ミネラルウォーターを飲むことで引き出したいというのであれば、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている 「硬水」を選びましょう。 水を飲むことで血流が良くなることはすでにおわかりだと思います。 血流が良くなることで、カラダの隅々の細胞まで酸素や多くの栄養素が届けば細胞が活発に働き、必然的に代謝が良くなるのです。 「便秘解消効果」が期待できる 便秘に悩まされる方は多くいます。 便秘となってしまう原因には、胃の中に水分が足りず、便が硬くなり排泄できない、食物繊維の摂取量が少なく便を外へ押し出せないなど、その方の生活習慣などによって異なりがあります。 異なりがあるとはいえ、ミネラルウォーターを飲むことで便秘の改善効果が期待できます。 とくにおすすめなのが「硬水」のミネラルウォーターを飲むこと。 カルシウムやミネラルウォーターといったミネラル成分が豊富に含まれているため、快便・便秘の解消を促します。 常温で飲むことがポイント 便秘解消でミネラルウォーターを飲む場合、常温で飲むようにしましょう。 腸は冷えるとストレスにより、逆に便秘をひどくさせる可能性があります。 腸により効果的に、便を促すために必要な水分・栄養素を届けるためには常温が鉄則です。 常に腸内で水不足を起こさないために、こまめに飲むことを心がけ、とくに朝起きてすぐは腸の吸収率が非常に高い状態のため、ミネラルウォーターでの水分補給を忘れないようにしましょう。 高血圧予防に期待できる 血圧とは心臓から送り出される血液が血管壁を押す圧力のことを言い、圧力が強いほど高血圧となり悩まされている人は多くいます。 高血圧となると、血管が圧により裂け脳卒中などを引き起こす可能性があるため危険と言われています。 高血圧となる大きな原因は血管癖に塩分やコレステロールなどがたまること。 これら不要物が血管内に蓄積されていくと、血流が悪くなり血管壁は硬く・厚くなり動脈硬化となってしまうのです。 これらの改善にミネラルウォーターがとても効果的と言われています。 高血圧の原因となる塩分やコレステロールなどの溜まりは、ミネラル成分を程よく摂ることで体内の血液循環を良くし、排泄へと向かわせてくれます。 高血圧予防としてミネラルウォーターを飲まれる場合には、カルシウムの含有量の多いものがおすすめです。 まとめ 今回はほんの一部ではありますが、ミネラルウォーターを飲むことで期待できる効果・効能を紹介させていただきました。 他にも得られる効果はたくさんあります。 水分補給をする際には、ミネラルウォーターを積極的に飲むことをおすすめします。

次の

ミネラルウォーターの効果とは?9つの健康のメリットとは?

ミネラル ウォーター 効果

ミネラルウォーターといいますが、果たしてミネラルって何のことなのでしょうか。 水道水とは何が違うのでしょうか? ヨーロッパでは、ミネラルが含まれていないものは、ミネラルウォーターとは呼べません。 どのようなミネラルがどのくらい含まれているかはとても大切なのです。 含まれるミネラルの種類や量によっても健康効果が変わるので、ミネラル分のチェックは重要です。 市販されているミネラルウォーターには、• カルシウム• マグネシウム• カリウム• ナトリウム の4つは商品ラベルに記載されています。 それ以外にもとくに含有量がすぐれたミネラルは記載されていることもあります。 たとえば、の場合は、「エネルギー 0 、タンパク質・脂質・炭水化物 0、ナトリウム 11. 9mg、カルシウム 0. 02mg、マグネシウム 0. 02mg、カリウム 0. 30mg」と表示されています。 カルシウム 人の体の中で最も多く含まれているミネラルがカルシウムです。 体内の1. 5%を占め、その % は骨や歯を形成し、1%は筋肉や神経や体液に含まれます。 この1%で血液の凝固を防いだり、筋肉の収縮を促したり、酵素を活性させたり、心臓の動きを正常にしたりしています。 カルシウムは、日本人が最も不足しているミネラルでもあります。 日本の水は軟水が多いため、カルシウムの含有量が少ないからだと考えられています。 カルシウムが不足すると骨粗鬆症、動脈硬化、高血圧などの生活習慣病、イライラなどの精神的不安定を引き起こします。 しかし、過剰摂取は脱力感と食欲不振を招く要因になります。 マグネシウム カルシウムの対になる存在がマグネシウムです。 カルシウムが体内で働くのを助け、骨から溶け出すのを防ぎます。 マグネシウムが不足している状態では、カルシウムの摂取量をいくら多くしても、体内のミネラルバランスが崩れるだけで意味がありません。 カルシウムとマグネシウムの理想的な摂取率は2対1です。 また、マグネシウムには、腸の中の水分を便に集め、軟らかくする働きがあるので、便秘解消の効果が期待できます。 カリウム カリウムはヒトの細胞内液に溶け込み、浸透圧を調整する働きがあります。 カリウムは筋肉の収縮や神経伝達に不可欠なもので、体液の正常なバランスや体内の四倍を調整してくれます。 また、ナトリウムを摂りすぎた場合に血圧が異常上昇をしないように調整します。 食品にも多く含まれており、簡単に摂取できます。 しかし、排泄されやすいので、意識的に摂取することが大切です。 ただし、過剰摂取は腎機能障害や不整脈の原因になるので注意です。 ナトリウム ナトリウムというと、塩化ナトリウム(塩)が思い浮かびます。 ナトリウムは体液の浸透圧を正常に保ち、カルシウムやほかのミネラルの代謝を助けます。 特にカリウムとの関係性は重要で、ナトリウムとカリウムが相互に働かないと神経伝達がスムーズに行われません。 ナトリウムは摂りすぎると高血圧やむくみの原因になりますが、不足すると神経痛や熱けいれん、神経に異常をきたすなどの恐れがあります。 しかし、普段の食事で摂取量は十分満たされているため、意識的に摂る必要はありません。 セレン ビタミンEの約500倍の抗酸化力をもつミネラルがセレンです。 セレンには活性酸素を除去する働きがあるため、がん予防、老化予防、動脈硬化予防などの効果があります。 亜鉛 体内の酵素や細胞が正常に働くためには欠かせないミネラルのひとつが亜鉛です。 たんばく質や炭水化物の代謝、ホルモン活性、皮膚や骨格の発育や維持、学習能力の向上、抜け毛防止、アルコール性肝硬変の改善などの効果があります。 また、活性酸素を抑制するので、がん予防にも効果が期待できます。 亜鉛不足は、肌や毛髪、爪などにトラブルを引き起こし、味覚障害になる可能性もありますので、意識的に摂取するようにこころがけましょう。 サルフェート ミネラルと硫酸基が結合した硫酸塩のことをサルフェートといいます。 もともとは温泉の成分です。 サルフェートは、ヨーロッパの地層に含まれていることが多く、クールマイヨールやエバーなどのヨーロッパのミネラルウォーターに多く含有しています。 また、温泉水をボトリングした超硬水のミネラルウォーターに多く含まれています。 サルフェートは、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを尿と一緒に排出する働きなど、血液中の有害化合物や老廃物を体外に排出し、新陳代謝を高める作用があります。 さらに、便秘解消、利尿作用、美肌効果、デトックス効果、ダイエット効果もあるといわれ、特に女性は意識して摂りたいミネラルのひとつです。 シリカ(ケイ素) 地球の約60%を占めるケイ素の酸化物がシリカです。 シリカは骨、血管、皮膚、歯、毛髪、爪などの栄養に欠かせない栄養素です。 特に多く含まれるのは皮膚で、コラーゲンの生成を助ける働きをするため、コラーゲンのあるところには必ずシリカが存在します。 子どもの成長を助け、老化抑制に効果を発揮し、さらには美容効果も期待できます。 シリカが不足すると、乾燥肌、シワが増える、骨折しやすくなる、抜け毛・薄毛になるなどの影響が出ます。 食品では玄米や粟に多く含まれていますが、食べる機会が減ったために、シリカ不足になっている人が多いです。 シリカはミネラルウォーターから摂ることが最も手軽で効率的な方法でしょう。

次の

ミネラルウォーターの種類と効能

ミネラル ウォーター 効果

美容と健康のためにミネラルウォーターを生活に取り入れる方法は、これまでに数々のメディアで話題になったはず。 ダイエットや体質改善、長寿の秘訣としても取り扱われることの多くなったミネラルウォーター。 しかし、そんなミネラルウォーターにも違いがあるって知ってました?水であれば、何を飲んでも美容と健康に効果的というわけではありません。 ミネラルウォーターは大きく4つの種類に分類できる。 ・ ナチュラルウォーター…地下水源から採取された水全般のこと。 基本の処理以外は手を加えられずに飲まれる水。 ・ ナチュラルミネラルウォーター…ナチュラルウォーターの中で、特に地中でミネラル分を多く含んだ水。 ・ ミネラルウォーター…ナチュラルミネラルウォーターを基とし、さまざまな加工・調節が施された水。 ・ ボトルドウォーター…地下水以外の水。 腸内の清浄、ダイエット効果 ミネラルウォーターの中でも、特に腸内の清浄やダイエットに効果の高いとされるタイプは、硬水といわれるミネラルウォーター。 その違いは、水の中に含まれるミネラル分の量によって定められ、一定量以上このミネラルが含まれているものを、硬水と呼ぶ。 特に、マグネシウムが多く含まれている硬水は、便秘気味で体重の減少も少ないという人にはオススメ。 腸内にたまった便を柔らかくしてくれる効果が高く、体に余分な脂肪がつく前に、体外に排出してくれる効果が期待できる。 美肌効果 ミネラルウォーターを取り入れて美肌効果を実感したいなら、軟水を日常的に摂取する方法が好ましい。 軟水は硬水と違い、含まれているミネラル成分が少ない分、体への吸収も早いことから、血液の循環を助けたり、一緒に摂取されたビタミンや栄養素を体に素早く行き渡らせてくれる効果がある。 そのため、定期的に軟水のミネラルウォーターを摂取することで、血行を良くし、肌のくすみやシミ、しわの対策に適している。 むくみ解消 ミネラルウォーターで、むくみの解消をしたいなら、硬水を取り入れるのがオススメ。 特に、新陳代謝を促す効果の高い、カリウムを多く含む硬水を選択するのがベスト。 むくみの原因となる塩分を体の外に排出するのに、もっとも効果を発揮してくれるカリウム。 それを多く含んでいるミネラルウォーターを取り入れることで、日々の食生活を変えなくても、体内で調節してくれるという嬉しい特典も。 しかし、むくみは水の飲み過ぎが原因ともなることがあるので、摂取量には注意が必要。 一度にたくさんの量を飲むよりも、こまめに体にチャージしてあげる感覚で続けることが重要ポイント。 新陳代謝アップ ダイエットや美肌といった、トータル的な美容を目指すのなら、なんといっても自身の新陳代謝の率をアップさせることが重要。 それを実現してくれるのもミネラルウォーターの魅力的な効果のひとつ。 特に、軟水とは違い、ミネラル成分を多く含み、人間の体本来の働きをより活性化させてくれる、硬水は新陳代謝アップに大変効果的。 ただし、日本人の性質上、硬水に体が慣れていない場合が大半と考えられるため、いきなり普段飲む水をすべて硬水に変えるのはNG。 1日2リットルを目標に、軟水7:硬水3の割合で、ミネラルウォーターを摂取し、代謝をアップさせ、汗や尿で体の毒素を出来るだけ外に出すよう心がけることが大切。 おわりに ミネラルウォーターの違いを見極めて、狙った美容効果を実感する方法、いかがでしたか? 水にもさまざまな種類があり、また日本と海外でも販売されているミネラルウォーターには、微妙に違いがあったり、含まれている成分によってその効果も微妙に変わってくるもの。 自分の体に合った、継続できるミネラルウォーターを見つけることも重要。 ぜひ参考にしてみて。 写真:We Heart It 文:CELESY Writer 菜都未.

次の