ポケモン剣盾カビゴン。 【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン剣盾カビゴン

どうも、しんま13です。 今回もポケモンソードシールド(通称剣盾)の育成論を書いていきます。 今回紹介するのは、ねむカゴ型のカビゴン。 初代から悪魔的な強さを誇っていたカビゴンは今作でもその凶悪さは健在。 対戦で勝ちたい人はぜひとも使っていただきたい型です。 カビゴンの基本スペック【種族値やとくせいなど】 まずはカビゴンの基本スペックを見ていきましょう。 カビゴンの種族値 HP 160 攻撃 110 防御 65 特攻 65 特防 110 素早さ 30 ・ タイプ ノーマル ・ とくせい 「めんえき」「あついしぼう」 ・ 夢とくせい 「くしんぼう」 合計種族値は540。 高いHPと高い攻撃力を誇り、とくせいがあついしぼうであれば氷技と炎技を半減させるというチート仕様。 技範囲も広く、三色パンチを全て習得可能で、あくびやアンコールなども覚えるため補助型として活躍させることもできます。 高い耐久と高い攻撃力に加えて技範囲の広さから、相手からすれば何をしてくるのかわからない奴でもあります。 自分もカビゴンは初代から愛用しており、バトル用としても旅パとしても十分すぎるほど活躍してくれました。 そんなカビゴンの育成論として今回紹介するのが記事タイトルにもある通りねむかご型。 ひたすらのろいで積んでいき、体力が減ってきたらねむるで回復し持たせているカゴのみで起き、後は大マックスしてひたすら殴るという戦法。 理想は3積み、最低でも2積みはしておかないと十分な破壊力を得られないの注意。 努力値は全て耐久に振っている上に、のろいでBが上がっており、とくせいあついしぼうで氷と炎は半減。 並大抵のアタッカーじゃこのカビゴンを落とすことはできません。 相手にカビゴンを処理できるポケモンがいないとまさに相手は詰みです。 しかもカビゴンは大マックスするとHPが2倍になるので実数値で534にまで上昇します。 笑えるくらい強いです。 なぜ技を「アームハンマー」と「ヘビーボンバー」にしているのかというと、大マックスすると大スチルと大ナックルになり、前者はBを1段階上げ後者はAを1段階上げられるので、仮にのろいの積みが足りない状態で大マックスを切ることになってもAとBを上げられるので強いという理由で採用しています。 実際問題のろいや眠っている暇がない対面は頻繁にあり、そういう場面では先に大マックスを切ってAとBを上げていくという方針に切り替えた方が勝率は格段に上がります。 大マックス権とカゴのみを失った後でもBが上がってれば眠るは回復ソースとして十分活用できるので、この技構築はマジで強いです。 カビゴンが強く出れる相手 カビゴンが強く出れる相手として真っ先に思いつくのがミミッキュ。 ミミッキュが一回つるぎのまいで舞った状態でじゃれつくをされても確定で2発は耐えます。 そしてのろいを一切積んでなくてもヘビーボンバーで1発で落とせます。 その他だと、ウォッシュロトム、ヒートロトム、リザードンなどに対してはカビゴンは強いですね。 カビゴンが勝てない相手(逃げた方がいい相手) 基本的にカビゴンは不利対面がそこまでなく、誰に対してもそれなりの活躍をしてくれます。 というのも不利対面でも高い耐久と覚える技が豊富なため全然リカバリーできてしまうのです。 HPに全振りしているバンギラス相手でもばかぢからで乱数ですが1発で落とせますしね。 (まあバンギラスも結構な確率で格闘技を覚えているので返り討ちにあうかもしれませんが) ただ、攻撃力が高い相手と状態異常にしてくる相手には弱いです。 というも、このねむかご型のカビゴンはのろいを積むこと前提なので、のろいを詰めないと火力不足。 攻撃の実数値は130ですからね。 相手の攻撃力が高いとのろいを積む暇がないし、状態異常にしてくる相手ものろい積みを妨害されてしまいます。 例えばドラパルトが相手の場合、のろいを一回も積んでない状態だとドラパルトのドラゴンアロー2発で落とされます。 状態異常に関しては、マシェードなどにきのこほうしを撃たれると、そこでカゴのみが発動してしまうのでのろいで積みまくってねむるで回復からの大マックスというルートが切れてしまいます。 そこらへんはプレイングでカバーしていくしかありません。 カビゴンの技候補 ねむるとのろいは確定ですがアタック技に関しては環境の変化や特定の刈りたい相手がいる場合に応じて好きに変えていいと思います。 以下が候補技。 1つ目の候補は「 かみくだく」。 対ドラパルト用。 のろいを積んでない状態でも確定2発で落とせます。 2つ目の候補は「 かみなりパンチ」。 対ギャラドス用。 乱数ですが1発で落とせます。 その他にはアーマガア、ドヒドイデなどに対しても有効打になりえます。 3つ目の候補は「 すてみタックル」。 タイプ一致で威力が180になりのろいを積んだカビゴンにとって強力なメインウェポンになります。 ただドラパルトやミミッキュに対しては効果がないので個人的には微妙・・・。 4つ目の候補は「 からげんき」。 おなじみ状態以上の時に威力が2倍になる技です。 やけど対策のために。 受け回しパーティーに対しては選出を避けた方がいい ドヒドイデやヌオーなどの受け回し系パーティーが相手の場合、このカビゴンの選出を避けた方がいいかもしれません。 というのも、ドヒドイデもヌオーも両者くろいきりを覚えるためこちらの能力変化を無効化にしてきます。 なのでそもそものろいを積めないという状況が発生するため、一切Aに振っていないこのカビゴンじゃ相手の受けを崩すことができなくなります。 カビゴンと相性が良いパートナー のろいで積んでいくスタイルのカビゴンであればオーロンゲがめちゃくちゃ相性いいです。 というのもオーロンゲはひかりのかべとリフレクターを張れるので、壁を張った後にひたすらのろいを積みまくるというルートが作れるのです。 ガチでカビゴンで勝ちにいくことを考える場合オーロンゲはベストパートナーになりえるでしょう。 そのほかの相性がいいパートナーといえば、カビゴン唯一の弱点である格闘技をケアできるトゲキッスやミミッキュドラパルトなど。 のろいを安定して積むために、マシェードなどで眠らせてからカビゴンにつなぐのもアリですね。 実際にねむカゴカビゴンをランクバトルで使ってみた感想 結論から言うと、のろいを積めれば鬼のように強い型ですが、上位勢が相手だと中々のろいを積ませてもらえませんでした。 なので、あまり活躍の機会なし・・・。 これに関してはただ単に僕のプレイングが下手ということもあると思うのですが、やはりのろいを積むためにはカビゴンに対して打点がない相手とうまく合わせて対面させるとか、マシェードで相手を眠らせてから積むといったように、ちゃんと考えた上で立ち回らないといけないなあと思いました。 というわけでねむかご最強カビゴンを活かすために、補助型エルフーンを育成したので、こちらの育成論も合わせてお読みください。 参考記事: ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】ねむカゴ最強カビゴンの育成論を紹介!【ソードシールド】... でした。 youkenwoiouka.

次の

『ポケモン ソード・シールド』カビゴン(キョダイマックスのすがた)の詳細をチェック!【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾カビゴン

構築経緯 カビゴン+高火力 耐久値や耐性の弱いポケモンは相手ポケモンへの繰り出しが不安定で、いかに相手の行動と噛み合うかのピーキーな勝負となってしまいがちです。 しかし、 現環境随一のクッション性能を持つカビゴンを一度経由し安全な状況を作ってから繰り出すことで、そういったポケモンの不安定さを補って活躍させることができると考えました。 そこで、相手のポケモンを「あくび」で動かして自身の後続のポケモンを場に出しやすくできる 残飯型のカビゴン を軸とし、相方となるアタッカーとして行動時のリターンが特に高い 鉢巻型のガラルヒヒダルマ 、 眼鏡型のドラパルト 、 キョダイリザードン の3体を採用しました。 持ち物「こだわりメガネ」や特性「ごりむちゅう」といった拘り効果のある相手に対して、「まもる」や「みがわり」といった技で相手の技を確認・固定すること。 これを行うことで、次ターンの相手の選択肢が『同じ技』『交代』『ダイマックス』の3つに絞れるため、それに合わせた行動をすることで優位状況を作ることができる。 対ガラルヒヒダルマ 鉢巻型のガラルヒヒダルマを使うと、相手のガラルヒヒダルマに対して「こだわりスカーフ」を警戒して交代しなければならなくなり、後手後手の試合となってしまいます。 そこで、対面で居座ってきたならば「ジャイロボール」で倒す事ができ、交代されても「ステルスロック」で削りを入れられる タスキ型ナットレイ を採用しました。 後続のミミッキュの「かげうち」で倒しやすくなるというのもありますが、 ガラルヒヒダルマは強烈な択ゲーを仕掛けてくるポケモンなので、その回数を減らせるという点で「ステルスロック」は対策として非常に優秀です。 個別解説 カビゴン 特性 あついしぼう 性格 わんぱく 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:4 実数値 267-130-128-x-130-51 技 からげんき ヘビーボンバー あくび まもる 調整意図 HP:振り切り B:特化 S:端数(ミラー意識) 解説 アタッカーの着地をサポート このパーティには耐久値、耐性の弱い ガラルヒヒダルマ や「ばけのかわ」を残したい ミミッキュ など、交代際に相手の攻撃を被弾したくないポケモンが多く採用されています。 これらのポケモンを繰り出したい場合は、 一度このポケモンを経由して「あくび」を使い相手の『攻撃』の選択肢を取り除くことで安全に場に出すことができます。 ガラルヒヒダルマ 特性 ごりむちゅう 性格 ようき 持ち物 こだわりハチマキ 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 181-192-75-x-75-161 技 れいとうパンチ ばかぢから じしん とんぼがえり 調整意図 HP:端数 A:振り切り S:最速 解説 非ダイマックスで超火力 特性「ごりむちゅう」に加えて持ち物「こだわりハチマキ」の2要素で火力を底上げしているため、1回の行動で得られるリターンが他のどのポケモンよりも高いです。 また、 このポケモンはダイマックス権を使わず試合を動かせるため、中盤以降、相手のダイマックスに合わせてこちらもダイマックスができるようダイマックス権を温存することができます。 ドラパルト 特性 すりぬけ 性格 おくびょう 持ち物 こだわりメガネ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 163-112-96-152-95-213 技 りゅうせいぐん シャドーボール 10まんボルト かえんほうしゃ 調整意図 B:端数 C:振り切り S:最速 解説 非ダイマックスで高火力 このポケモンもヒヒダルマ同様、 ダイマックスせずとも相手のポケモンを縛って 試合を動かすことができます。 素の攻撃力はあまり高くありませんが、広い技範囲で弱点を突ける相手が多いため、メガネ型を警戒していない相手には開幕から数的有利を取れることもあります。 リザードン(キョダイマックス) 特性 もうか 性格 おくびょう 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 153-80-99-161-105-167 技 かえんほうしゃ ぼうふう りゅうのはどう ふるいたてる 調整意図 B:端数 C:振り切り S:最速 解説 最強技「キョダイゴクエン」 キョダイマックスリザードンの専用技「キョダイゴクエン」は リザードンが倒れた後もその効果が残るため、一度でも使えれば非常に高いリターンを得ることができます。 「ステルスロック」のようにスリップダメージで確定数を変動させることができるため、 後続のミミッキュやドラパルトで相手を一掃する展開の補助となることが多いです。 リザードンの専用キョダイマックス技。 炎タイプのポケモンはこの定数ダメージを受けず、通常のダイマックス技である「ダイバーン」のように天候を晴れ状態にすることはできない。 数少ない崩し枠 持ち物「ラムのみ」+技「ふるいたてる」により本パーティで不足している受け構築への回答を確保しています。 また、昆布型カバルドンなどのステロ欠伸展開を阻止できる催眠耐性を備えたポケモンでもあります。 性質上誰とでも殴り合えるポケモンであるミミッキュが数少ない不利ポケモンを克服した型なので、 選出して腐ることがほとんどありません。 ナットレイ 特性 てつのとげ 性格 のんき 持ち物 きあいのタスキ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:164 特攻:0 特防:92 素早さ:0 実数値 181-114-189-x-148-22 技 ジャイロボール はたきおとす ステルスロック やどりぎのタネ 調整意図 HP:振り切り HB:ステルスロック定数ダメージ+攻撃2段階上昇「いのちのたま」持ち142 252 ミミッキュの「ダイホロウ ゴーストダイブ 」を確定耐え D:余り S:ジャイロボールの威力最大化のため最遅 解説 強引に居座れる「きあいのタスキ」 高耐久のポケモンであるナットレイに「きあいのタスキ」を持たせるのは一般的には相性が悪いとされています。 しかし、 あえてセオリーに逆らうことで、ナットレイを早期的に処理しようと出てくるガラルヒヒダルマやトゲキッスを想定外から大きく削ることができます。 前回の構築のようにメインコンセプトではないため「ステルスロック」を選ぶ優先度は低いですが、 サイクル戦を拒否する手段として相手を選んで使用します。 ガラルヒヒダルマの圧力で相手のダイマックスを誘発させ、「とんぼがえり」で逃げつつカビゴンでターンを消費させることでダイマックスをやり過ごすという動きをよく取ります。 ナットレイ の「はたきおとす」や「ステルスロック」が役立つことの多いマッチアップなので、それを利用した崩しのルートを選出画面で想定することが重要です。 おわりに 今回はPWT 12で優勝した構築を紹介させていただきました。 前回のサイクルに重きを置いた構築とは異なり、最低限のサイクルから攻めに移るものとなっています。 スペックの高いポケモンを多く採用している分、出来ることが多く行動の選択肢が広い構築です。 前回の寄稿からさほど期間を空けずにこのような結果を出せたことはとても嬉しいのですが、 参考にさせていただいた方々の原案の完成度の高さによるところが大きいです。 この場を借りてお礼申し上げます。 また新しい構築を組みあげられるように頑張ります。 (澤村) 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイカビゴンの型紹介!①はらだいこ②のろい③のろいねむカゴ④とうせんぼうTOD【カビゴン育成論】

ポケモン剣盾カビゴン

現環境では物理アタッカーが多いため、努力値を防御に振ることで特殊と物理に対応した安定した立ち回りが可能になります。 また、現環境ではどくどくを使ってくるポケモンが少ないので、性格はめんえき以外であればどの特性でも問題ありませんが、使用率の高いリザードン、ウィンディ、火ロトム、ガラルヒヒダルマの対策を考えている場合はあついしぼうが安定でしょう。 アイアンヘッド 確定技 フェアリータイプの弱点を突くことができます。 ダイマックスすれば防御を1段階強化することもできます。 のろい 選択技 攻撃と防御を上げる積み技として採用するのもありです。 素早さが下がってしまう点は注意しましょう。 のしかかり 選択技 ノーマルのタイプ一致技として採用 ばかぢから 選択技 高火力のかくとう技で現環境に刺さりやすく、ミラーマッチの場合でもアドバンテージを取れます。 アームハンマー 選択技 ばかぢからで攻撃や防御を下げたくない場合はアームハンマーを採用しましょう。 だたし素早さが下がってしまう点と命中が90である点は注意が必要です。 ほのおのパンチ 選択技 現環境に刺さりやすいほのお技 与ダメージ計算 攻撃の性格補正あり、種族値が攻撃に252振ってあるカビゴンのじしんで対象のポケモンが何発で落ちるかを掲載しています。

次の