都市伝説 2020 バッタ。 「やりすぎ都市伝説」でも話題の蝗害、農地を焼き尽くすような、その被害は想像を絶する“地獄”。イナゴは食えてもバッタは食えません!

「やりすぎ都市伝説」でも話題の蝗害、農地を焼き尽くすような、その被害は想像を絶する“地獄”。イナゴは食えてもバッタは食えません!

都市伝説 2020 バッタ

奥田さんが都市伝説の虜になったきっかけを教えてください。 小学生の頃に、ずっと『ニュースステーション』(テレビ朝日系列、1985〜2004年放送)を観ていたので、その頃からニュースを調べるのは好きでしたね。 ニュースを調べていると、「実は首相は……」とか、ちょこちょこと都市伝説めいた話が出てくるんです。 それがおもしろくて、小学5年生くらいの頃には、いとこのお兄ちゃんと都市伝説関係の本を読んでいました。 あと、当時『週刊少年マガジン』(講談社)で連載されていた『MMR マガジンミステリー調査班』(講談社)という、未確認飛行物体や超常現象を追う漫画は全巻揃えていましたし、『月刊ムー』(学研プラス)は今でも愛読しています。 中学生と高校生のお兄ちゃんだったんですが、都市伝説系のおもしろそうな本が(家に)たくさんあったんです。 僕は姉しかいないので、いとこのお兄ちゃんの家に遊びに行くのが楽しくて。 子どもでしたから、その根拠は全然覚えてないんですけど、その言葉のインパクトが大きくて「うそやん! 今まで見てきたものは何も信じられないじゃないか!」ってなって。 とくにお好きな都市伝説のジャンルはあるんですか? すでに起きた事実と、それとは別の出来事が実はつながってる、みたいな都市伝説が好きですね。 「実はあのことと、このことは関係してるねんで」みたいな。 何も関係ない出来事のように見えて、蓋を開けてみると……っていう。 「うおー!」ってなります。 それくらいめちゃくちゃ有名なニュースというか……。 ところが今年は、ケニア、エチオピアから紅海を越えてサウジアラビアへ移動してたんですよ。 「あれ? 紅海越えてる。 ということはもう、ケニア、エチオピアの食物を食べ尽くしてるやん! 例年にない動きをしてる。 もしかしたらこれは、向こう10〜20年、起こらないことが起こるかも」と。 ちょうどその頃、『やりすぎ都市伝説』の手見せ(オーディション)があったんです。 その時に、もともと用意していた都市伝説を全部お話ししたんですが、スタッフさんに「もし何か他にあれば」と尋ねられたので、ちょうど調べていたバッタの大量発生について話したんです。 それが大ハマリして出演できたんですが、実はびっくりしていたんです。 「みんな、バッタのこと知らんのや……」と。 僕にとっては、当たり前のことを話しているような感じだったので。 いくつか説があるようなのですが、ある説では、バッタって他のバッタと脚やお尻がぶつかると、めちゃくちゃイライラするそうなんです。 それで凶暴化し、胴が短くなり、羽が長くなり、脚が長くなるという謎の変異をして、風に乗れば100kmくらい移動できる体になると言います。 僕が思うにバッタは、人間でいうと眉間にクッとシワが寄るくらいのテンションで、胴が短くなったり脚や羽が伸びたりする、みたいな感じだと思うんですが。 僕の名前というよりは、「バッタが無理」「1匹でも無理やのに大量発生だなんて」という人がたくさんいました。 僕が『やりすぎ都市伝説』で話したバッタは第1波なんです。 今、インドやパキスタンにいるのは第2波なんですよ(6月16日(火)現在)。 僕が話していた当時のバッタはパキスタンまで入ったんですが、ヒマラヤ山脈を越えられず、パキスタン、インドを迂回して中国に入る前に息絶えたようです。 しかし、バッタは卵を生みながら移動しているので、それが今大量に孵っているという。 しかも第1波より多い数です。 今、インド、パキスタンまで来ていて、中国に入ろうと思えば入れる状態にあると思うんです。 中国も危惧して、水際でバッタを止めるため、国境付近にバッタを食べるアヒル部隊を10万羽派遣したそうなんですが、アヒルにパキスタンの水が合わず撤退となってしまったようです。 これからもバッタの大群から目が離せませんね。 もし中国を横断できて韓国とかに来ちゃうと、北九州はすぐそこですから。 ロシアのほうへ抜けるか、韓国から日本に渡るのか、動きが予想できない。 なんとかしたいところですが、僕らには今のところ打つ手はありません。 では、孫正義さんについてのお話ですが……孫さんはカリスマ経営者と思われていますが、実は経営だけじゃなく、天才開発者であり、天才経営者なんです。 だから高校生の時に会社を興そうと思いついた時、アポなしで日本マクドナルド株式会社の藤田社長に会いに行くんですね。 なんとか藤田社長と話せて「会社をやろうと思うんですが」と尋ねたら、藤田社長が「今からはコンピューターじゃないか」みたいな話で終わったらしく、その話を聞いて孫さんはアメリカへ留学してインターネットを学ぶんです。 でも家にデスクトップパソコンがどーんとあるのではなく、もっと1人1台、誰もがインターネットを使えるようなコンパクトなもののような気がする……というので、その時にスティーブ・ジョブズに直に会いに行っちゃうんです。 で、スティーブ・ジョブズに「インターネットが普及するにしても、デスクトップでもノートパソコンでもないと思う。 もっとコンパクトなものだと思うんだけど、世界でそれを一番はじめに作るのはあなただと思うから会いに来た」と話したところ、スティーブ・ジョブズは「君はクレイジーだね!」と言いながら、自分の作業部屋からiPhoneの試作機を持ってきて「君の言っているのはこれだ」と言ったそうなんです。 さらに「これを発表したら、世界中から何千という人が僕のところに挨拶に来るだろうけど、君が一番最初だ」と。 iPhoneってスティーブ・ジョブズが亡くなるまで、ソフトバンクでしか買えなかったでしょう? 実はその裏には、そういうかっこいい天才の男同士の約束があった、という素敵な物語です。

次の

”バッタ”が大量発生?やりすぎ都市伝説2020で語られた衝撃の都市伝説とは

都市伝説 2020 バッタ

未来を予言する伝説のカード…? あなたは、「イルミナティカード」という予言のカードをご存知だろうか。 イルミナティカードは、1995年に発売されたカードゲームである。 実は、このカードに書かれていることが、数年後の現実世界で実際に起こっていると、都市伝説で語り継がれているのだ。 実際に、未来のことを予言したと思われるカードをみてみよう…胸に置いておいてほしいことは、このカードは1995年に発売されたということだ。 つまり、カード制作時点では、2001年に起こる9. 11テロは知りようがないのだ。 同じ日に航空機が突っ込んだとされている、アメリカ国防総省の庁舎「ペンタゴン」が炎上する様子を表すカードもある。 ここまで来ると、本当に予言しているとしか思えない。 イルミナティカードには他にも、2011年の東日本大震災や2016年トランプ米大統領就任を表すものもあるらしい。 このカードには、常識では考えられないような秘めたるパワーがあるのだろうか…われわれはすごいものを見てしまった気がするぞ。 これが預言者というものか… ……………… ……………… ……………… ちょっと待って。 このカード予言しているように思えるけど…いっぱーい作っているカードの中の、ほんの一部がたまたま当たってるだけじゃね?この9. 11のも、事故っぽいものが描かれているのはわかるけど、「2001年9月11日にアメリカでテロが起こる」ってことを予言しているわけじゃないし…ていうかこのカード全部、イルミナティカード信者が無理やりあとづけしてるだけじゃね!? 冷静になってみると、ひじょーーーーーにうさんくさい感じがする。 そこで、イルミナティカードは本当に未来を予言しているのか、もしくは無理やりこじつけているのか、検証してみよう!!! 東日本大震災を予言? まずは、先ほども述べた2011年の東日本大震災での福島第一原発事故を予言しているというものだ。 そのカードがコレ。 これは確かに、3. 11で津波に襲われ、福島第一原発が起動停止になった事故と合致している。 やはり、イルミナティカードは未来を予言しているのだろうか!!! …だが、ちょっと待ってくれ。 確かにこのカードには、原発や津波について描かれている。 だがこのカードのどこに、「2011年」に「福島」で起こると書かれているのだろうか。 これでいいなら、たとえば「2005年」に「イタリア」で地震が起こり、津波や原発事故が起こっていたとしても、「予言していた」と言うことができるじゃないか。 これが予言といえるのか…? 同じような考えに陥る、もう一枚のカードがあった。 これは地震発生器が、3. 11を引き起こしたことを表している。 …これも別に東日本大震災の記載ないから、どこの地震にも当てはまるよね?てか、そもそも地震発生器ってなによ。 起こる可能性が高いことを書いてるだけじゃん。 だがこれだけでも、予言だ!と言い張る、イルミナティカード信者がいるのが、ある意味怖いポイント。 将来起こることも!? そして、予言であるのだから、今後の未来を予知している と信者が言い張る カードももちろんある! 日本の将来に関するカードを、2枚厳選してみてみよう。 まずはこちら。 このカードは横浜が壊滅状態になることを予想している…らしい。 そのホテルが「ヨコハマ グランド インターコンチネルホテル」だ。 んー確かに似てるけど… 当ホテルは、本日8月20日に開業24周年を迎えました。 これもひとえに皆さまの日頃のご愛顧とご支援によるものと、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。 今後も新たな発見と感動をご提供できるよう、更なるサービスの向上に努めてまいります。 … さんの投稿 でもこういう感じのホテルなら他にもあるんじゃない? たとえばほら。 これはドバイにある「ブルジュ・アル・アラブ」というホテル。 これも似てるよね。 やっぱ横浜限定じゃないような気がする…信者は、横浜が危ない!と言い張っているが… 極めつけはこのカード。 和光本店ね。 確認してみよう。 どれどれ… おー確かに似ていますねー。 でも有名なイギリス・ロンドンの時計台も、結構似てると思うけどなー。 で、なんで2020年とわかるんですかね? 前面に描かれている人々が着ている服の色が、赤・青・黄・緑・黒であるので、五輪を表している。 さんの投稿 …………… …………… 無理やりすぎやしませんかね!? これはこじつけにもほどがあるでしょ!服の色ってなったら、だいたい赤とか青とかになるでしょ!絵を描くときに、紫とか灰色の服をチョイスする方が驚きだよ!!! しかもオリンピックだったら、2012年にロンドンでもあったよね。 なのに、東京ピンポイントなんて…もうわけがわからないよ… 信じるものは救われる!…のか? だが信者は、「これはヤバイ」「東京壊滅だ」と口々に言い合っている。 信じる者は救われるのだろうか… …筆者はあまり信じられない。 2020年には、心のどこかにこの話をおきつつ、東京オリンピックを純粋な気持ちで楽しんでいるだろう。 このようにイルミナティカードは、予言していると言われればそのような気もするが、冷静になってみると信じがたい要素がたくさんでてきた。 何にせよ結果は2020年になってみないとわからない。 東京の街はイルミナティカードの予言のように壊滅状態になるのか、それとも平穏の中東京オリンピックが開催されるのか。 信じるか信じないかは、あなた次第だ。 参照元:、Facebook、Pinterest この記事を友達にシェアしよう!

次の

「やりすぎ都市伝説」テラーが明かす“バッタ大量発生”のその後「僕らに打つ手はない」|ニフティニュース

都市伝説 2020 バッタ

4,000億ものバッタが中国国境へ 新型コロナウイルスの次は 「バッタ」が中国へ迫っている。 古くから「蝗害(こうがい)」といわれ中国やヨーロッパでは「天変地異」や「神々の怒り」の一種とされるなど神格化されるくらいの被害をもたらしてきました。 すでにケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 ソマリアでは2020年2月に 「国家非常事態宣言」を宣言しました。 私たち日本人には想像がつかないかもしれませんが、昔の話ではなく、 2020年現在の話です。 国連に バッタの専門部署があるほどバッタの被害は深刻な問題と捉えられています。 パキスタンとインドではこの バッタの大群により一時休戦との情報もあります。 昔から中国でもいくつかの戦争がバッタにより、休戦となったという記録が残っているほどです。 現在、インドのラジャスタン州という所まで、このバッタの大群が迫っています。 正確にはまだ中国大陸には到達していませんが、目前に迫っているという感じです。 パキスタンとの 国境地域です。 体調は約5cmくらいで、日本のバッタの緑色のイメージではなく、黄色っぽい色をしたバッタです。 まさに生息地はアマゾンのバッタです。 正解! — のぞみん nozomi56345634 今回大量発生してるのはこのサバクトビバッタで体長は大きくて6、7cmほどです。 あなたが言ってるのは2013年7月29日に「planet hopper」と投稿された大型のバッタです。 嘘ってバレるんですよ? — ソルアギウス soruagiusu1 この大きなバッタはアマゾン生息の別のバッタなのでこれが4,000億匹の大群で移動している訳ではありません。 サバクトビバッタの特徴としては• 自分と同じ体重の量の植物を食べる• 1日にかなりの距離を移動できる• 短期間で繁殖する というものがあります。 食べるものがなくなると 共食いするようになり、共食を避ける為に逃げたサバクトビバッタが先頭となり群れが移動しているとも言われています。 距離にして1日150kmも移動するそうです。 その億を超える数で長距離を移動しながら、草や農作物などを食べるので、食糧危機になるのですね。 サバクトビバッタのまとめ 現在までの情報をまとめると、まだ中国国境までは到達しておらず、日本へは海を渡らなければならないので、 日本に限定すれば直接的な影響はまだなさそうです。 ネットで出回っている大型バッタもデマなので騙されないようにしましょう! 新型コロナウイルスが中国から発生し猛威をふるっているので、やはり過敏になる所はありますね。 しかし、世界的に見れば、大きな問題ではあるので、今後注目が必要な 「サバクトビバッタ」です。 また新しい情報があれば追記したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の