運転 代行 キャッチャー。 運転代行

東京の運転代行なら東京すぐ代行におま!タクシー料金同額&24営業割増なし&高速料金なしの運転代行は【東京すぐ代行】にお任せ!

運転 代行 キャッチャー

だからトラックの運転代行はその両方が必要だと思われたのですが…。 「えっ、なにそれ?」なニュースがあった。 以下は11月1日付け時事通信の記事の一部だ。 運転代行業者を誤認逮捕=トラックは「想定外」-愛知県警 愛知県警は1日、客を乗せるために必要な第2種免許を持たない者が運転代行業務を行ったとして、男性2人を逮捕したのは誤認だったと発表した。 トラックの代行運転で摘発したが、道交法にトラックの代行運転を取り締まる規定がないことが分かったという。 県警によると、9月11日に同県小牧市の運転代行会社が中型トラックを代行運転。 運転したアルバイト男性(24)は中型トラックの免許はあったが、第2種免許がなかったため、県警は10月28日、この男性と業務を指示した社長(50)の2人を道交法違反などの容疑で逮捕した。 しかし同31日、検察官の問い合わせで問題が浮上。 道交法が規定する「代行運転普通自動車」にトラックは含まれないと判明した。 立法の際、トラックの運転手が代行運転を利用することは想定されていなかったためとみられる。 もう20年前のことになるが、うっすらと、あるいはくっきりとご記憶の方も多いだろう、1999年11月に東名高速でとんでもない重大事故があった。 常習的に飲酒運転をしていた大型トラックが乗用車に激突、炎上させ、3歳と1歳の女児を焼死させたのだ。 これをきっかけに、飲酒運転に対する社会的な非難がものすごく高まった。 代行運転を利用する人が増えたらしい。 当時、代行運転をダイレクトに規制する法律はなかった。 そこで2001年6月「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」(以下、代行業法)が制定された。 施行は翌年6月。 さぁ、ここから先が、警察官も間違うくらいややこしいのである。 簡単に解説しよう。 とくに交通取り締まりを日々おこなう警察官諸氏にとって大事なことですよ。 代行業法第2条の定義では、同法がいう「代行運転自動車」(いわゆる顧客車)にはトラックも含まれる。 代行業法は国土交通省が所管する法律だ。 制度については国交省が仕切るわけだ。 ところが、運転免許については警察庁が仕切る。 警察庁が所管する道路交通法(以下、道交法)がカバーする。 その道交法の第85条第12項に、意外なことがさらっと規定されている。 代行業法が定義する「代行運転自動車」は「普通自動車に限る」と。 ・代行業法 = トラックも含む ・道交法 = 普通自動車のみ 普通自動車に限った「代行運転自動車」について、道交法は「代行運転普通自動車」という長ったらしい名称を与えてもいる。 そして道交法の第86条第5項がこう定めている。 「代行運転普通自動車を運転しようとする者は、普通第二種免許を受けなければならない。 」 代行運転で普通車を運転するには第2種免許が必要。 イコール、代行運転でトラックを運転する場合、第2種免許は不要なのである! 逮捕された24歳のアルバイト男性は、中型免許はあったが第2種免許はなかった。 それでも顧客車がトラックならぜんぜんオッケーなのだ。 逮捕した警察官も、上司の警察官も、道交法をよく読まなかったのか。 いや、読んだけれども「代行運転自動車」とか「代行運転普通自動車」とかややこしくて、頭に入らなかったのかもしれない。 というか、検察官はよく気づいたものだと感心する。 なーんて偉そうに言っている私も、今回じっくり調べてみるまで知らなかった。 道交法が改正されるたび改訂版が出る。 古い版を見ると、道交法にこうした規定が加えられたのは、代行業法が誕生したのと同じ2001年6月。 当時、代行運転はタクシー営業に「近似している面が多くみられる」などの事情があったそうだ。 「トラックで出かけて飲酒した帰りに代行運転を頼む」ということを当時は想定しておらず、現在の警察官たちの認識も変わっていなかった、そういうことなのだろう。 (今井亮一) by カテゴリー : , タグ : ,.

次の

自動車運転代行業の義務と主な禁止行為/長野県警察

運転 代行 キャッチャー

どんな車種の車も自由自在に操る運転代行のドライバー。 熟練した運転技術に加えて、お客様の愛車をお預かりする為には、特定の免許が必要となっています。 では、運転代行のドライバーにはどんな免許が必要なのでしょうか。 お客様の車を運転代行するために必要な普通自動車第2種免許 運転代行でお客様の車を運転するドライバーには、普通自動車第2種免許の取得が義務付けられています。 普通自動車第2種免許とは、タクシーやハイヤーの運転手にも求められる免許です。 昔は、運転代行のドライバーには普通自動車第2種免許は必要ありませんでした。 しかし、自家用車と同じ、普通自動車第1種免許だけでは、事故やトラブルが多かった為、2004年から、運転代行でもお客様の車を運転するドライバーには普通自動車第2種免許の取得が義務付けられるようになりました。 一方、お客様の車についていく随伴車の運転は、今も普通自動車第1種免許のみのドライバーでも可能です。 第2種免許の取得には、最低でも3年以上の運転経験が求められます。 だから、第2種免許を所持するドライバーは、第1種免許のみのドライバーに比べて、運転が丁寧且つ正確です。 80%以上のドライバーが普通第2種免許を保有 さくら代行では80%以上のドライバーが、普通自動車第2種免許を保有しています。 普通自動車第2種免許が本来求められていない随伴車の運転であっても、場合によっては第2種免許を所持したドライバーが担当します。 運転経験も豊富な第2種免許を持つドライバーは、お客様の車の運転を担当するドライバーの気持ちも実体験としてわかるため、より丁寧で行き届いたサービスを提供できます。 20%のドライバーは大型自動車第2種免許も保有 普通第2種免許の保有者が多いさくら代行のドライバーですが、大型自動車第2種免許を保有するドライバーも20%程度います。 大型自動車第2種免許とは、観光バスや路線バスを運転できる免許です。 大型第2種免許の試験では安全確認が特に重視されます。 いくら運転がうまくても、安全確認ができないドライバーはまず免許を取得できません。 大型第2種免許は、時間もお金もかかる免許ですので、ドライバーは違反をするような乱暴な運転はまず行いません。 実際の運転代行では、バスなどの大型自動車は運転しませんが、大型第2種免許を持つドライバーは普通車を運転させても、その技術は一級品です。 80%以上のドライバーが普通第2種免許を保有。 高い運転技術と丁寧な接客サービスなら、大阪の運転代業者、さくら代行までご連絡ください。 カテゴリー: ただいまコメントは受け付けていません。

次の

運転代行料の仕訳

運転 代行 キャッチャー

続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。 いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。 免許所持者でお酒を飲まれる方なら、運転代行を一度は利用されたことがあるのではないでしょうか。 そんな運転代行業は、昨今の飲酒運転の厳罰化などを理由に需要が高まっています。 そんな時代の中で、運転代行業をやってみたいと思う方もいるのではないでしょうか。 しかし、「運転代行業って資格や申請ってすごく難しそう」と思いますよね。 このコラムではこの先、運転代行業を開業してみたいけど、どうしたらいいかわからないという方のために運転代行業をおこなう方法を説明していきます。 ぜひ役立ててください。 「安全運転管理者」が必要!運転代行業のスタートに必要な資格・申請 運転代行業を開業するにあたって、準備しなければならない資格や申請があります。 普通自動車第一種免許所持者は、その後ろをついていく社用車を運転するために必要な免許です。 お客様の車を運転する場合は、普通自動車2種免許の資格が必須になります。 以下に掲げる要件に当てはまる方は安全運転管理者になることができないので、注意してください。 申請の際には、必要な書類があります。 登記事項証明書 ・インターネットで申請して法務局で取得 ・インターネットで申請して郵送にて取得 ・法務局の窓口にて取得 損害賠償責任保険の書類 ・お客様の車への補償として、対人なら8,000万円以上、対物と車両なら200万以上の契約が必要になるので注意してください。 申請手数料 ・各都道府県で多少変わりますので注意してください。 認定申請書 ・警察署にて申請書をもらってください。 戸籍謄本または妙本 ・各役所にて取得してください。 車検証(コピー) ・社用車の車検証です。 安全運転管理者の運転管理経歴書 ・自動車運転免許センターにて取得できます。 過去2年分を用意してください。 安全運転管理者の住民票写し ・各役所にて取得してください。 約100万円強で開業できる!運転代行業の開業資金とその内訳 運転代行業を開業する際、初期費用がどの程度かかるのかよくわからないと思います。 実は運転代行業は、比較的低コストではじめられるビジネスなのです。 ほかにも宣伝費用が40万円程度、初期人件費が15万円~25万円程度かかります。 トータルで130万円程度になりますが、条件次第で変動する可能性があります。 集客が難しい?運転代行の集客方法とは 開業する際には、集客に対する戦略が必要になってきます。 集客に関しては、ホームページや飲食店に対して営業をかける方法があります。 しかし、運転代行業のインターネットを利用した集客は意外とすくなく、あまりメジャーではありません。 なぜなら、昔ながらの付き合いなどで、飲食店ではここの運転代行業者と決めている飲食店もあるからです。 そのため、運転代行業を開業してすぐだと集客に苦労することもあるでしょう。 ビジネスにおいて、人脈は非常に大切です。 運転代行業開業後は、飲食店を回り、利用してもらえるようがんばりましょう。 しかしながら、インターネットを利用した集客がすくないと述べたのですが、最近の利用者はインターネットを利用して探そうとする方が増えてきています。 そのため、インターネットでの集客を充実させることで競合を一歩リードできる可能性があるのです。 ホームページなどを充実させて、インターネット上からでも手配できるようにすることで、集客力を格段にあげることが可能になります。 さまざまな方法を使って、効率的に集客することを心がけていきましょう。 運転代行業にもフランチャイズはある!そのメリットとは 今はいろいろな業種でフランチャイズ展開している企業がありますが、実は運転代行業もフランチャイズを利用して運転代行業を開業することができます。 運転代行業をフランチャイズで開業する際には、いくつかのメリットがあるので解説していきましょう。 フランチャイズのブランド力やノウハウは、経営初心者にとって非常にありがたいものです。 運転代行業の開業の際は、フランチャイズでの開業も選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。 まとめ 現在、非常に需要のある運転代行業は非常に魅力的ですね。 開業にあたっての初期費用のコストも抑えることができるのではじめやすい業種ではないでしょうか。 運転代行業を開業するためには、資格や申請などの必要性があります。 しっかり確認して漏れのないように取得・申請しましょう。 開業・経営に不安のある方は、フランチャイズを利用することをおすすめします。 フランチャイズであれば個人で開業するよりも簡単にはじめられます。 また、本部の経営ノウハウ、知名度があるので開業当初からも安定した集客が望める可能性も高いでしょう。 これから運転代行業を開業したいという方は、ここまで書いてきた内容を参考に個人で開業するかフランチャイズ開業するのか検討していただき、ぜひ開業に向けて役立ててくださいね。

次の