ワイ モバイル から ソフトバンク へ 乗り換え。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え!初期費用(手数料等)を3,000円に抑えよう

[裏技]ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてもキャッシュバックなどを貰う方法

ワイ モバイル から ソフトバンク へ 乗り換え

ソフトバンクショップでまとめて手続き可能• 乗り換え手続きが簡単になった• 乗り換えの特典(キャッシュバックなど)をもらえる そもそもスマートフォンやiPhoneの 乗り換えって、毎月の料金を安くしたりキャッシュバックをもらうためにやる人が多いんです。 auからドコモに乗り換えたり、ソフトバンクからauに乗り換えたりって感じで。 と、新しいスマホやiPhoneの本体代金が0円になることもあるんですよ。 でもスマホの乗り換えをするときの大きな壁が 手続き時間の長さと 面倒くささなんですよ。 スマホ1台に1時間… 長いところだと2時間かかったりするので、家族まとめてやったりすると半日以上使っちゃうんですよね。 ただ2018年から正式に ソフトバンクショップでワイモバイルを取り扱うようになって、乗り換えなのに 手続きがかなり楽になりました。 乗り換えの手続きに必要な予約番号も、わざわざ別のショップに行って取る必要もないですし、手続きが楽なのにキャッシュバックももらえると! 自宅のインターネットを毎回変える必要もなくなるので、乗り換えのときの面倒な作業がだいぶ減りますよ。 乗り換えでキャッシュバックをもらおう! 他社乗り換えなら、ソフトバンクで 2年縛りなしプランに乗り換えがオススメですよ。 ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、手間が少なくて簡単っていうだけじゃなくて、普通だとありえない割引ももらえるからなんですよ。 キャンペーンの詳細は、このあと紹介する 格安でiPhoneを使う2つの方法の中でみてくださいね。 乗り換えでキャッシュバックをもらおう! 他社乗り換えなら、ソフトバンクで 2年縛りなしプランに乗り換えがオススメですよ。 ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換え• ワイモバイルのままiPhoneを購入 どちらも新しいiPhoneにするための 手続きが必要になります。 少しでも安いスマホ料金にするためには、 ワイモバイルに残るか ワイモバイルからソフトバンクに変えるのがベストですよ。 1つずつじっくりと解説していきますね! その1:ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えをしてiPhoneを購入 ワイモバイルを使っているあなたが、できる限りおトクに新しいiPhoneを買う方法… それは ワイモバイルから ソフトバンクに乗り換えをして iPhoneを分割で購入する。 ちなみにこの方法は 初期費用で高額な支払いをしたくない人向けです。 (毎月の金額を少しでも安くしたいあなたは、この次の 【その2】を読んでくださいね!) キャンペーンを使ってワイモバイルからソフトバンクに乗り換え可能! スマホの解約や乗り換えにつきものなのが、 の違約金ってやつですよね。 いろいろな会社に乗り換えをするときにも、 違約金や 手数料はほぼ必ず発生します。 乗り換えをするときにかかる費用: 解約手数料(違約金): 9,500円+税 転出手数料: 3,000円+税 ですが、2019年1月時点で行なっているキャンペーンの中にというのがあります。 これを使うとワイモバイルからソフトバンクへの変更時に 解約料、 転出手数料の 約13,000円分ほどの手数料がまったくかかりません。 さらに 転入(ソフトバンク側でかかる)手数料がかからないという太っ腹ぶり!! ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム|条件• ワイモバイルの スマホプラン(S・M・L)のどれかにはいってること• ワイモバイルで1年以上契約をしていること• ソフトバンクで指定のスマホ(最近の機種なら全て対象)に変えること あなたが ワイモバイルからソフトバンクに変えるときに特別なキャンペーンを使うと、 各種手数料(初期費用)を払わずに新しいiPhoneを買うことができます! そしてソフトバンクに乗り換えたあとも、スマホの利用料から 毎月1,000円の割引が2年間はいる 特典もついてきますので、通常よりも安い利用料金になります。 ワイモバイルからソフトバンクへ変えてキャッシュバックをゲット! ワイモバイルと ソフトバンクは 同じ会社というイメージを持つ方も多いですよね。 同じ会社だと乗り換えではなくて機種変更になっちゃうから、キャッシュバックはないんじゃないかと思いましたか? 実は ワイモバイルからソフトバンクへの機種変更でも 乗り換え対象になるんです! しかも上記の番号移行プログラムと一緒に乗り換えの特別割引やキャッシュバックをもらうことができます。 あなたがiPhoneを買うときに、 乗り換えキャッシュバックをもらって iPhoneの本体代金を安くしたり、 毎月の利用料金を安くすることができるんですよ! ちなみに高額キャッシュバックと格安料金の方法については、で紹介しています。 気になる方は読んでくださいね。 【関連記事はコチラ】 >>> その2:ソフトバンク乗り換え6ヶ月後にワイモバイルへ 本気で携帯代を安くしたいなら、この裏技をぜひ使ってください。 [その1]でお伝えしたワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えが完了したら、6ヶ月間はそのまま使い続けます。 6ヶ月後… ソフトバンクからワイモバイルへ SIMカードだけの契約で乗り換えをしましょう。 なぜならSIMカードだけの契約でワイモバイルにしたとき、あなたの携帯代は 3,000円近くまで減らせるからです。 ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるときにやっておくべきことがあります。 基本的にやっておくことは他社への乗り換えと同じです。 今使っているiPhoneやスマホがそのままで、中に入っている SIMカードを入れ替えるだけで手続きが完了します。 面倒であればこの方法はやらなくても損はしません。 ただ、ソフトバンクで6ヶ月、1年以上使っても 割引が消えてしまうので安くはなりませんよ。 ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えたように、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えて格安で最新スマホを使っちゃいましょう!• SIMフリーiPhoneを一括で買うと毎月の使用料が抑えられる あなたがワイモバイルの契約をした理由は 毎月の利用料金を下げるためですよね。 新しいiPhoneを買うためにソフトバンク、ドコモ、auに契約を戻してしまうと、どうしても毎月の利用料金は少し高くなってしまいます。 (だいたい1,000円〜2,000円くらいは高くなります。 ) そしてもしワイモバイルで新しいiPhoneを買おう(機種変更)と思うと、機種が古いのに(iPhone 7とかSE) 機種代金を結構取られるので、毎月のスマホ料金も高くなるんですよね。 なのでワイモバイルで古いモデルのiPhoneの買うのはあまりオススメしません。 SIMフリーのiPhoneを一括で買って使うということは、ワイモバイルで今使っている契約をそのままにして、SIMカードを差し替えるだけです。 つまり毎月のスマホ利用料金はまったく変わりません。 ワイモバイルでSIMフリーのiPhoneを使うと 利用料金は格安のままで、 最新のiPhoneを使えるようになるんですよ! ネットショッピングで買えばiPhoneの契約や面倒な乗り換えの手続きがない 「SIMフリーのiPhoneを使うときは中のSIMカードを差し替えるだけ」とお伝えしましたよね。 新しい機種にしてもワイモバイルでの手続きがないのは、忙しいあなたにとってはかなり良い情報ではないですか? iPhoneを買ったあとにやることは、 新しくかったiPhoneにSIMカードをいれるだけです。 ワイモバイルからソフトバンクへの変更例• 基本プラン:980円()• データ定額:6,500円(50GBプラス)• 1年おトク割: -1,000円• 番号移行PG: -1,000円• おうち割: -1,000円• 前述したを試してもらえれば、月額料金は上記からそこまで変わらないはずですよ! ただし、割引の中には 期間限定のものがあるので、ずーっと同じ金額で使えるわけではありません。 乗り換えでキャッシュバックをもらおう! 他社乗り換えなら、ソフトバンクで 2年縛りなしプランに乗り換えがオススメですよ。 とはいっても数万円もするお金を払うのってやっぱり大変ですよね。 ソフトバンク、au、ドコモは分割払い(24回 or 48回)ができるのに、そのお金を一括でまとめて払わなければいけない・・・。 なので、おトクに買う方法 【その1】と 【その2】と 【その3】のどれがあなたにできそうか を想像してみてください。 そして金額的に大丈夫だなと感じる方でやってみるのがオススメですよ! ちなみにソフトバンク、au、ドコモはiPhone XR分割の本体代金を一括で計算すると100,000円ほど。 (約10万円って・・・パソコン買えますねw) 対してAppleから一括で買うと、iPhoneの本体代金は3社よりも安い85,000円ほどで販売されています。 ) 本体のスペックとか品質はもちろん変わらないので、心配する必要はまったくありませんよ。 分割にして割引が入るから 誤魔化されている感じがありますが、一括で計算すると SIMフリーiPhoneを買う方が 少し安くなるんですよ! 【番外編2】ワイモバイルからソフトバンクはウェブ申込み! 他社のりかえで特典をもらえれば、あなたの携帯代は数千円以上安くなります。 同じ会社で機種変更をするよりも 家族でまとめてソフトバンクに乗り換える方が、はるかに携帯代の節約につながるんですよ。 しかも今はケータイの買い換えにショップに行く必要すらありません。 ウェブ上で手続きを完了させられるので、あとは 新しいスマホにデータ移行するだけです。 ウェブ上で見積もりと相談をする• 料金とスマホの機種を確定させる• 手続き(スマホが届く)• データ移行• 完了 乗り換えでキャッシュバックをもらおう! 他社乗り換えなら、ソフトバンクで 2年縛りなしプランに乗り換えがオススメですよ。 どちらを選ぶかは今のあなたのお財布の状況によるはずです。 ボク個人としては、SIMフリーのiPhoneを買って大切に2年間使う方がオススメです。

次の

ワイモバイルからソフトバンクへのりかえで最大39,500円相当おトク|ソフトバンク移行窓口|Y!mobile

ワイ モバイル から ソフトバンク へ 乗り換え

UQモバイル 一番おすすめするのはUQモバイルです。 ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換える方は非常に多いです。 UQモバイルはワイモバイルと同じくらい 通信速度が速く、料金プランも似ています。 さらにデータ繰り越し可、節約モードが使えるなど、 ワイモバイルより優れた点も多いです。 Ymobileと同等に速度が速い• 余ったデータは繰り越し可能• 低速モードでも最大1Mbps• かけ放題をつけるか選べる• WEB限定キャッシュバック中• 最大10GBまでのプランしかない• データシェア不可• 10分かけ放題付ならYmobileが安い UQモバイルは、ワイモバイルに並んで私が最もおすすめする格安SIMキャリアでもあります。 かけ放題をつけるか選べる UQモバイルの料金プランは以前はワイモバイルとよく似ていましたが、2020年6月に改定されいくつか違いが出ました。 UQモバイルのメインプラン「スマホプラン」は、S・Rの2つの容量から選びます。 10分かけ放題を付ける場合はワイモバイルのほうがお得ですが、 不要な方はUQモバイルの方がお得になります。 また、オプション扱いなので月によって付けたり外したりも可能です。 通信速度は同等に速い UQモバイルは ワイモバイルと同じくらい通信速度が高速です。 格安SIMでは ワイモバイルとUQモバイルの通信速度は圧倒的で、あとから解説するBIGLOBEモバイルよりも速いです。 これまでワイモバイルを使っていた方も、UQモバイルの通信速度なら問題ないでしょう。 プラン ワイ モバイル UQ モバイル 3GB 128kbps 300kbps 10GB 1Mbps 1Mbps 14GB ー プランSはUQが速い 3GBまで使えるプランSは、どちらも速度が大きく制限されます。 しかし、 ワイモバイルは最大128kbpsなのに対し UQモバイルは最大300kbpsです。 どちらも遅いのは遅いですが、UQモバイルの方が若干速いですね。 もちろん、UQモバイルの最大300Kbpsなので動画をはじめWEB・SNSの画像表示なども遅延します。 ですが、速度制限時でも最大300Kbpsは格安SIMではかなり速いです。 プランM・Rは両方1Mbps 一方、 プランM・RはワイモバイルもUQモバイルも最大1Mbpsで通信できます。 1MbpsならSNSやWEBサイトの閲覧は問題ないですし、動画も420pまでなら詰まらずに視聴できます。 「中には720pでも快適だった!」という口コミもあります。 どちらも最大1Mbpsで使い放題なので、両者に差はありません。 しかし、次に解説する「節約モード」の有無で大きな違いが出ます。 速度切り替えで容量節約 UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。 これは、データ通信を節約モードに切り替えると、 通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。 例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して高速通信で快適に楽しむ、といったことができます。 節約モードにしているときも、プランSなら最大300Kbps、プランRなら最大1Mbpsで通信が可能です。 プランRの場合、ワイモバイルは容量を使い切らないと最大1Mbpsになりませんが、UQモバイルは容量が余っている段階でも節約モードにすることで最大1Mbpsで通信できます。 よって、 普段から容量を節約することで高速通信容量を温存できるのです。 ワイモバイル UQモバイル 通信速度の 切り替え 不可 可 店舗はあるがまだ少ない ワイモバイルは全国に1,000店舗以上あるのが大きなメリットでした。 UQモバイルも 全国に店舗があるのがメリットです。 しかし、 店舗数はワイモバイルに比べてまだまだ少ないです。 ワイモバイルで店舗をよく利用されていた方は、ご自身の自宅や職場の近くにUQの店舗があるか確認しましょう。 ただし、キャリアメールは月額200円の有料オプションで、他社で購入したiPhoneでは使えません。 限定キャッシュバック中 では、UQモバイルに新規契約または他社からの乗り換えでSIMのみを契約した場合に、 キャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です。 このキャンペーンが適用されるのは 公式サイトのみで、店舗では実施していません。 必ず下記のバナーから申し込んでください。 月額2,980円でデータ使い放題・通話し放題の衝撃的な価格が魅力です。 ただしデメリットも多く、乗り換え時には注意が必要です。 2,980円でデータ使い放題• 1年間料金無料はかなりお得• 通信速度は速い• 自社エリアがまだ狭い• iPhoneの動作保証なし• サポート体制がまだ未整備 最大のメリットは料金の安さと、1年間無料になるキャンペーンのお得さです。 一方、使える端末やエリアに大きな制限があります。 サポート体制はまだ十分でないため、 自分で色々調べて解決できる方でないと使いこなせないでしょう。 料金プランはかなり安い 楽天モバイルの最大のメリットは料金プランの安さです。 料金プラン「UN-LIMIT」の特徴と料金は以下のとおりです。 月額2,980円• 自社回線通信ならデータ使い放題• パートナーエリアは月5GB (速度制限後は最大1Mbps)• 国内通話無料• 最低利用期間・違約金なし 自社回線エリア内なら データ容量が使い放題、国内通話もかけ放題で月額2,980円はかなり安いです。 大手3キャリアのように家族割や光回線とのセット契約が不要で、1人で契約してもこの料金で契約できます。 もちろん最低利用期間や違約金はありません。 もちろんまだまだエリアが狭い・使える端末が少ないなどの注意点はありますが、このサービス内容でこの料金は破格です。 大手3キャリアからの乗り換えはもちろん、格安SIMからの乗り換えもおすすめです。 詳細: 月額料金は1年間無料 さらに楽天モバイルでは現在、 先着300万名は1年間月額料金が無料になるキャンペーンを実施中です。 前章で解説したサービス内容が1年間無料で使えるのはかなりお得です。 首都圏や愛知・大阪などに住んでいる方の多くは既に自社回線が使えますので、データ使い放題で1年間無料です。 地方にお住まいの方はパートナー回線をローミングするため月5GBまでしか使えませんが、それでも月5GBが無料で使えるのはお得です。 さらに、5GBを使い切っても最大1Mbpsで通信できます。 パートナー回線エリアの方は色々と制限があるためメインで使うのは難しいかもしれません。 しかし、DSDV対応のスマホやeSIMが使えるiPhoneを買って、 月5GB無料のサブ回線として活用するのもおすすめです。 これまでの楽天モバイルのMVNOサービスは、ドコモ・auから回線の一部を借りて運用するサービスでした。 そのため、お昼や朝・夕方の通勤時間帯には速度が低下していました。 しかし、現在は自社回線を使っています。 そのため、 通信速度もドコモ・au・ソフトバンクと変わらないくらい速いです。 エリアの問題はあるものの、時間帯により回線が混雑して速度が遅くなるということはありません。 使いこなす難易度は高い ここからは楽天モバイルの注意点です。 楽天モバイルはまだまだ発展途上の段階で、ドコモ・au・ソフトバンクと同レベルのサービスを提供できる状態にはありません。 最大の弱点は通信エリアです。 楽天モバイルは自社回線を使ったデータ通信が使い放題なのが最大のメリットです。 しかし、自社回線の基地局はまだ全国的に整備されていないため、 東名阪を中心とした一部地域でしか自社回線の通信を利用できません。 詳細: 自社回線エリア以外は「パートナー回線エリア」と呼ばれ、auの回線を借りて運営していますが、使えるデータ容量は月5GBまでに制限されます。 毎月のデータ使用が月5GB以内なら問題ありませんが、それ以上使う方は自社回線エリアが広がるまではおすすめできません。 iPhoneの動作保証なし また、 使える端末が限られるのもデメリットです。 現在楽天モバイルで正式に使えることが確認されているのは、「」と「」のみです。 まだまだ機種が少ない上に、 iPhoneが含まれていません。 のですが、保証対象外です。 またいろいろな制限もあります。 いずれはiPhoneも使えるようになると思いますが、しばらく時間がかかるかもしれません。 詳細: サポートなど未整備な面も 楽天モバイルはサービスが開始したばかりで、まだまだ未整備な点があります。 特にサポート面は諦めたほうが良いでしょう。 ワイモバイルは全国に店舗があり、困ったときに駆け込めるのがメリットでした。 一方、楽天モバイルは全国に店舗が増えているものの、ワイモバイルに比べると圧倒的に少ないです。 また、問い合わせが殺到しているためか、サポートセンターの電話が繋がらない、チャット・メールでの返信が遅いという声が多いです。 なにか問題があったときに自身で調べて解決できる人でないと、しばらくは使えないと思います。 詳細: 楽天モバイルについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。 料金を更に抑えたい方や、スマホでYoutubeをたくさん見たい方におすすめです。 BIGLOBEモバイルはドコモ回線・au回線が選べますが、KDDIの傘下に入ってから au回線の速度がかなり速くなりました。 料金プランもシンプルで安く、 キャンペーンが豪華なことが魅力です。 au回線は通信速度が快適• 最大30GBのプランが選べる• エンタメフリーでYoutube見放題• 料金はワイモバイルより安い• キャンペーンがかなり豪華• 店舗はない• お昼は速度が落ちる au回線は通信速度が快適 ワイモバイル・UQモバイルほどではありませんが、BIGLOBEモバイルのau回線も 格安SIMの中では速度が快適です。 私の速度計測では、 通常時はワイモバイルと同等の速度が出ています。 お昼の混雑時の落ち込みはワイモバイルよりも大きいですが、それでも他の格安SIMよりは快適です。 これまでワイモバイルを使っていた方も、お昼の1時間だけ我慢すれば違和感なく使えると思います。 また、しており、実際はさらに安く契約できます。 キャンペーンの豪華さは格安SIMでトップクラスです。 最低利用期間や違約金もありませんので、一度BIGLOBEモバイルを試してみて、だめだったら他社に乗り換えるのもありだと思います。 30GBまでのプランが選べる ワイモバイルは最大14GBまでのプランしか選べませんが、 BIGLOBEモバイルは20GB・30GBのプランも選べます。 データを良く使う方や動画を見る方はBIGLOBEモバイルがおすすめです。 また、YoutubeやAbemaTVなどを見る方は次章のエンタメフリーで見放題にもできます。 エンタメフリーが人気 BIGLOBEモバイルでは、 「エンタメフリー」というオプションが非常に人気です。 このオプションをめあてに契約される方も多いです。 エンタメフリーは、Youtubeなどの動画・音楽ストリーミングが月額480円で見放題(カウントフリー)になるオプションです。 特にYoutubeをよく見る方は大変お得になるので、最近契約者数がかなり増えています。 詳細: お昼の通信速度は落ちる BIGLOBEモバイルは通常時の通信速度はワイモバイルやUQモバイルと同等です。 しかし、 お昼の通信速度はワイモバイル・UQモバイルよりも遅いです。 (1Mbps以下) 会社勤めをされている方で、12時~13時にスマホをよく使う方は注意が必要です。 ただし、この時間さえ我慢すればあとの時間は比較的快適です。 ドコモ回線はおすすめしない BIGLOBEモバイルはドコモ回線・au回線が選べますが、 おすすめはau回線です。 ドコモ回線も遅くないのですが、au回線ほど速くないのでおすすめできません。 スマホプランを契約されている方は、 契約から24か月目~26か月目の3か月間が契約更新月です。 この3か月間なら、他社に乗り換えても違約金(契約解除料)はかかりません。 この3か月間を逃すと2年の契約が更新され、契約更新月が訪れるのが2年後になりますので注意してください。 スマホベーシックプランならいつでもOK 一方、2019年10月から開始したスマホベーシックプランは最低利用期間・違約金がないプランです。 そのため、 いつ乗り換えても違約金はかかりません。 逓減型解除料にも注意 さらに、ワイモバイルでスマホ端末をセールやアウトレットなどで購入した場合にはさらに注意が必要です。 スマホ端末をタイムセールやアウトレットなどで購入した方が契約更新月以外に解約・転出すると、 通常の契約解除料に加えて「逓減型解除料」がかかる場合があります。 逓減型解除料(ていげんがたかいじょりょう)とは、契約した月から月を経過するごとに違約金が減っていくタイプの契約解除料です。 <逓減型解除料の一例> セールやアウトレットで購入し「逓減型解除料」がかかっている場合は、必ず契約更新月に乗り換えましょう。 予約番号 発行方法 備考 店舗 受付は20時まで 電話 Ymobileのスマホから116 または0120-921-156 (9:00~20:00) 取得した予約番号には15日間の有効期限があり、15日以内に乗り換え手続きを完了させなければなりません。 また、乗り換え先の格安SIMごとに「〇日以上残っていないと受付できない」という制限があります。 取得後はすぐに乗り換え手続きをしましょう。 端末はSIMロック解除しよう 現在使用しているスマホ端末を乗り換え先で使う場合には、 事前にYmobileでSIMロック解除をしておきましょう。 SIMロック解除とは、スマホ端末を他のキャリアでも使えるようにする作業です。 SIMロック解除は店舗でも可能ですが、My ymobileで手続きすれば無料です。 詳細: ワイモバイルから他社への乗り換えはこちら 以上、ワイモバイルから乗り換える場合のおすすめキャリアの紹介でした。 UQモバイル・BIGLOBEモバイル(A)は格安SIMの中でも通信速度が快適です。 また、少々難易度は高いですが月額2,980円で使い放題・かけ放題の楽天モバイルもおすすめです。 ただしキャリアによって特徴・メリット・デメリットがありますので、本文をよく読んで乗り換えてください。

次の

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え(MNP)で限定割引が可能に!Y!mobileからのお乗り換えで63,720円もおトク!

ワイ モバイル から ソフトバンク へ 乗り換え

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え(番号移行)に考慮すべき3つの初期費用 ソフトバンクモバイルユーザーがY! mobile ワイモバイル へ乗り換える場合、以下3つの初期費用を想定しておかなくてはいけません。 契約事務手数料(ワイモバイルへ支払い):0円または3,000円• MNP転出手数料(ソフトバンクへ支払い):3,000円• 契約解除料(ソフトバンクへ支払い):0円または9,500円 3つの初期費用について、順番に説明しますね。 契約事務手数料 ワイモバイルの 「契約事務手数料」は 3,000円です。 初回の料金に合わせて請求されます。 オンラインでの申込みならこれだけですが、実店舗ですと、さらに別の手数料を課している場合があるようです。 申込み時に明細をきちんと確認するようにしましょう。 ワイモバイル公式オンラインストア限定のキャンペーンです。 乗り換えと同時に新しい端末ご購入予定の方はお得ですね。 ワイモバイルに乗り換え後も同じ携帯番号を使い続ける方は、MNP(携帯番号ポータビリティ)を利用します。 ソフトバンクにMNP転出の依頼をするとともに、手数料を支払います。 MNP転出が完了した日、つまりワイモバイル回線が開通した日を含む請求月にソフトバンクから請求がきます。 MNP予約キャンセルや有効期限切れの場合、手数料はどうなる? MNP予約をキャンセルした場合や有効期限が切れてしまった場合はMNP転出手数料は発生しません。 というのも、MNP予約番号を取得しても、まだMNPが完了したわけではありません。 ワイモバイル回線が開通した時点でMNP完了となります。 ですから、 MNP予約をキャンセルした場合や有効期限切れの場合は手数料を支払わなくてOK。 なお、MNP予約番号の 有効期限は15日間です。 この間に乗り換えが完了しない場合は失効します。 契約解除料(いわゆる違約金) まず、皆さんが一番気になる 「契約解除料」いわゆる「違約金」について。 また、 新料金プランに変更した場合も契約解除料 無料です。 以前は契約更新月以外の解約は契約解除料が9,500円必要でした。 データ定額サービスと合わせて「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」といったサービス名で提供されています。 新料金プランに対応した「ウルトラギガモンスター+」や「ミニモンスター」を契約した方、料金プランを変更した方は契約解除料0円でソフトバンクを解約できます。 契約解除料0円なら契約更新期間を待たなくても気軽に解約できますね。 *年間契約があるプランから「基本プラン」に変更した当月に解約すると契約解除料が発生します。 該当する方はプラン変更の翌月以降にワイモバイルへ乗り換えましょう。 ご注意くださいね。 ソフトバンク契約更新期間の確認方法 ご自分の契約更新期間がいつのなのかチェックしておきましょう。 確認方法は簡単です。 この「更新期間」内にワイモバイルへ乗り換えれば、違約金は発生しません。 新料金プランに変更すれば契約解除料無料に ソフトバンクの旧料金プランで定期契約を結んでいる方は、 新料金プランに変更することで契約解除料を無料にすることができますよ。 My Softbankからオンラインで手続きできます。 料金プランの変更方法は以下の記事を参考にどうぞ。 変更当月に乗り換えてしまうと、契約解除料9,500円が発生します。 料金プラン変更が反映されるのは翌月です。 最後に ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え(番号移行)の具体的な手続きについては、こちらの記事にまとめています。 あわせてご覧ください。

次の