フレディ ハバード。 青木高見(あんちゃん)のジャズ・コレクション・ウェブサイト / 【 Freddie Hubbard 】

ジャズトランペッター、フレディ・ハバードの名盤、名演を聴きまくる!

フレディ ハバード

略歴 少年時代、フレディ・ハバードはにおいて、とその兄弟を含む、数多くの音楽家たちと親交を結んだ。 ハバードのジャズのキャリアが本格的に始まるのは、1958年の進出からである。 ニューヨークで彼は、、、、、、、そして等と共演している。 彼は、影響力の強い演奏集団であった・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズにおける演奏によって有名になった。 その演奏は『モザイク』『ブハイナズ・デライト』『フリー・フォー・オール』等のアルバムに収録されている。 1960年代初頭、ハバードはに広範な録音を残している。 ブルーノート初登場にしてバンドリーダーを務めた『オープン・セサミ』を皮切りに、8枚のリーダー・アルバムを残し、28枚のアルバムにサイドマンとしてその名を刻んでいる。 それらの録音のほとんどは、同時代のブルーノートの多くの音源がそうであるように、今日では古典とみなされている。 オーネット・コールマンの『』、エリック・ドルフィーの『アウト・トゥ・ランチ』、の『』など、いくつかの初期のの古典となるアルバムの中にもハバードを見出すことができる。 しかし彼は、それらのフリー・ジャズの影響を受けながらも、完全にとらわれてしまうということは無かった。 1970年代に入ると、彼は率いるのメンバーとなった。 このバンドは、1940年代の、1950年代の、1960年代のフリー・ジャズを統合したとして知られるスタイルを開拓した。 ハバードの多くの優れた録音が、V. のメンバーとのコラボレーションから生まれた。 商業的なのアルバムが批判を呼んだとはいえ、1970年ごろの彼は、その炎のような、そしてメロディックなと驚異的なテクニックによって、リーディング・トランペッターとしての全盛期を迎えた。 おそらく、彼の最もよく知られた作品は、ヒットシングル「Red Clay」を含む、1971年にパラディウムでライブ録音されたからの『カリフォルニア・コンサート』(CTIオールスターズ名義)というアルバムであろう。 1992年、ハバードは長期にわたる健康状態の悪化と深刻な唇の故障から立ち直り、恒常的な演奏活動と録音活動に復帰した。 、心臓発作により逝去。 70歳没。 その他の共演者には、、、、、、、、、、、、、、、等が挙げられる。 ディスコグラフィ リーダー・アルバム• 『オープン・セサミ』 - Open Sesame 1960年、Blue Note• 『ゴーイン・アップ』 - Goin' Up 1960年、Blue Note• 『ハブ・キャップ』 - Hub Cap 1961年、Blue Note• 『グルーヴィー! 』 - Groovy! 『』 - Ready for Freddie 1961年、Blue Note• 『ジ・アーティストリー・オブ・フレディ・ハバード』 - The Artistry of Freddie Hubbard 1962年、Impulse! 『ハブ・トーンズ』 - Hub-Tones 1962年、Blue Note• 『ヒア・トゥ・ステイ』 - Here to Stay 1962年、Blue Note• 『ブレイキング・ポイント』 - Breaking Point! 1964年、Blue Note• 『ザ・ナイト・オブ・クッカーズ』 - The Night of the Cookers 1965年、Blue Note• Jam Gems: Live at the Left Bank 1965年、Label M• 『ブルー・スピリッツ』 - Blue Spirits 1966年、Blue Note• 『バックラッシュ』 - Backlash 1966年、Atlantic• Fastball: Live at the Left Bank 1967年、Hyena• 『ハイ・ブルース・プレッシャー』 - High Blues Pressure 1968年、Atlantic• 『ア・ソウル・エクスペリメント』 - A Soul Experiment 1969年、Atlantic• 『ブラック・エンジェル』 - The Black Angel 1970年、Atlantic• 『ザ・ハブ・オブ・ハバード』 - The Hub of Hubbard 1970年、MPS• 『レッド・クレイ』 - Red Clay 1970年、CTI• 『ストレート・ライフ』 - Straight Life 1970年、CTI• 『ソンミの歌』 - Sing Me a Song of Songmy 1971年、Atlantic• 『ファースト・ライト』 - First Light 1971年、CTI• 『スカイ・ダイヴ』 - Sky Dive 1973年、CTI• 『キープ・ユア・ソウル・トゥギャザー』 - Keep Your Soul Together 1973年、CTI• 『イン・コンサート Vol. 『イン・コンサート Vol. 『ポラール・AC』 - Polar AC 1975年、CTI• 『ハイ・エナジー』 - High Energy 1974年、Columbia• 『グリーム』 - Gleam 1975年、Sony Japan• 『リキッド・ラヴ』 - Liquid Love 1975年、Columbia• 『ウィンドジャマー』 - Windjammer 1976年、Columbia• 『バンドル・オブ・ジョイ』 - Bundle of Joy 1977年、Columbia• 『スーパー・ブルー』 - Super Blue 1978年、Columbia• 『ラブ・コネクション』 - The Love Connection 1979年、Columbia• 『スカグリー』 - Skagly 1979年、Columbia• Live at the North Sea Jazz Festival 1980年、Pablo• 『アウトポスト』 - Outpost 1981年、Enja• 『スプラッシュ』 - Splash 1981年、Fantasy• 『ローリン』 - Rollin' 1981年、MPS• 『キーストン・バップ』 - Keystone Bop: Sunday Night 1981年、Prestige• Keystone Bop Vol. 『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』 - Born to Be Blue 1981年、Pablo• 『バック・トゥ・バードランド』 - Back to Birdland 1982年、Real Time• 『スウィート・リターン』 - Sweet Return 1983年、Atlantic• 『バラの刺青』 - The Rose Tattoo 1983年、Baystate Japan• 『ライフ・フライト』 - Life Flight 1987年、Blue Note• Times Are Changing 1989年、Blue Note• Bolivia 1991年、MusicMasters• At Jazz Jamboree Warszawa '91: A Tribute to Miles 1991年、Starburst• Live at Fat Tuesday's 1991年、MusicMasters• 『マイルスに捧げる枯葉』 - Blues for Miles 1992年、Evidence• New Colors 2000年、Hip Bop• On the Real Side 2007年、Times Square• 『ウィズアウト・ア・ソング:ライヴ・イン・ヨーロッパ 1969』 - Without A Song: Live In Europe 1969 2009年、Blue Note.

次の

Wikizero

フレディ ハバード

略歴 [編集 ] 少年時代、フレディ・ハバードはにおいて、とその兄弟を含む、数多くの音楽家たちと親交を結んだ。 ハバードのジャズのキャリアが本格的に始まるのは、1958年の進出からである。 ニューヨークで彼は、、、スライド・ハンプトン、、、、そして等と共演している。 彼は、影響力の強い演奏集団であった・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズにおける演奏によって有名になった。 その演奏は『モザイク』『ブハイナズ・デライト』『フリー・フォー・オール』等のアルバムに収録されている。 1960年代初頭、ハバードはに広範な録音を残している。 ブルーノート初登場にしてバンドリーダーを務めた『オープン・セサミ』を皮切りに、8枚のリーダー・アルバムを残し、28枚のアルバムにサイドマンとしてその名を刻んでいる。 それらの録音のほとんどは、同時代のブルーノートの多くの音源がそうであるように、今日では古典とみなされている。 オーネット・コールマンの『』、エリック・ドルフィーの『アウト・トゥ・ランチ』、の『』など、いくつかの初期のの古典となるアルバムの中にもハバードを見出すことができる。 しかし彼は、それらのフリー・ジャズの影響を受けながらも、完全にとらわれてしまうということは無かった。 1970年代に入ると、彼は率いるのメンバーとなった。 このバンドは、1940年代の、1950年代の、1960年代のフリー・ジャズを統合したフリー・バップとして知られるスタイルを開拓した。 ハバードの多くの優れた録音が、V. のメンバーとのコラボレーションから生まれた。 商業的なのアルバムが批判を呼んだとはいえ、1970年ごろの彼は、その炎のような、そしてメロディックなと驚異的なテクニックによって、リーディング・トランペッターとしての全盛期を迎えた。 おそらく、彼の最もよく知られた作品は、ヒットシングル「Red Clay」を含む、1971年にパラディウムでライブ録音されたからの『カリフォルニア・コンサート』(CTIオールスターズ名義)というアルバムであろう。 1992年、ハバードは長期にわたる健康状態の悪化と深刻な唇の故障から立ち直り、恒常的な演奏活動と録音活動に復帰した。 、心臓発作により逝去。 70歳没。 その他の共演者には、、、、、、、、、ジュリアン・プリースター、、、、ジョー・チェンバース、ハロルド・メイバーン、等が挙げられる。 ディスコグラフィ [編集 ] リーダー・アルバム [編集 ]• 『オープン・セサミ』 - Open Sesame 1960年、Blue Note• 『ゴーイン・アップ』 - Goin' Up 1960年、Blue Note• 『ハブ・キャップ』 - Hub Cap 1961年、Blue Note• 『グルーヴィー! 』 - Groovy! 『』 - Ready for Freddie 1961年、Blue Note• 『ジ・アーティストリー・オブ・フレディ・ハバード』 - The Artistry of Freddie Hubbard 1962年、Impulse! 『ハブ・トーンズ』 - Hub-Tones 1962年、Blue Note• 『ヒア・トゥ・ステイ』 - Here to Stay 1962年、Blue Note• 『ブレイキング・ポイント』 - Breaking Point! 1964年、Blue Note• 『ザ・ナイト・オブ・クッカーズ』 - The Night of the Cookers 1965年、Blue Note• Jam Gems: Live at the Left Bank 1965年、Label M• 『ブルー・スピリッツ』 - Blue Spirits 1966年、Blue Note• 『バックラッシュ』 - Backlash 1966年、Atlantic• Fastball: Live at the Left Bank 1967年、Hyena• 『ハイ・ブルース・プレッシャー』 - High Blues Pressure 1968年、Atlantic• 『ア・ソウル・エクスペリメント』 - A Soul Experiment 1969年、Atlantic• 『ブラック・エンジェル』 - The Black Angel 1970年、Atlantic• 『ザ・ハブ・オブ・ハバード』 - The Hub of Hubbard 1970年、MPS• 『レッド・クレイ』 - Red Clay 1970年、CTI• 『ストレート・ライフ』 - Straight Life 1970年、CTI• 『ソンミの歌』 - Sing Me a Song of Songmy 1971年、Atlantic• 『ファースト・ライト』 - First Light 1971年、CTI• 『スカイ・ダイヴ』 - Sky Dive 1973年、CTI• 『キープ・ユア・ソウル・トゥギャザー』 - Keep Your Soul Together 1973年、CTI• 『イン・コンサート Vol. 『イン・コンサート Vol. 『ポラール・AC』 - Polar AC 1975年、CTI• 『ハイ・エナジー』 - High Energy 1974年、Columbia• 『グリーム』 - Gleam 1975年、Sony Japan• 『リキッド・ラヴ』 - Liquid Love 1975年、Columbia• 『ウィンドジャマー』 - Windjammer 1976年、Columbia• 『バンドル・オブ・ジョイ』 - Bundle of Joy 1977年、Columbia• 『スーパー・ブルー』 - Super Blue 1978年、Columbia• 『ラブ・コネクション』 - The Love Connection 1979年、Columbia• 『スカグリー』 - Skagly 1979年、Columbia• Live at the North Sea Jazz Festival 1980年、Pablo• 『アウトポスト』 - Outpost 1981年、Enja• 『スプラッシュ』 - Splash 1981年、Fantasy• 『ローリン』 - Rollin' 1981年、MPS• 『キーストン・バップ』 - Keystone Bop: Sunday Night 1981年、Prestige• Keystone Bop Vol. 『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』 - Born to Be Blue 1981年、Pablo• 『バック・トゥ・バードランド』 - Back to Birdland 1982年、Real Time• 『スウィート・リターン』 - Sweet Return 1983年、Atlantic• 『バラの刺青』 - The Rose Tattoo 1983年、Baystate Japan• 『ライフ・フライト』 - Life Flight 1987年、Blue Note• Times Are Changing 1989年、Blue Note• Bolivia 1991年、MusicMasters• At Jazz Jamboree Warszawa '91: A Tribute to Miles 1991年、Starburst• Live at Fat Tuesday's 1991年、MusicMasters• 『マイルスに捧げる枯葉』 - Blues for Miles 1992年、Evidence• New Colors 2000年、Hip Bop• On the Real Side 2007年、Times Square• 『ウィズアウト・ア・ソング:ライヴ・イン・ヨーロッパ 1969』 - Without A Song: Live In Europe 1969 2009年、Blue Note 出典 [編集 ]• 「 フレディー・ハバード」の表記もある。 Indianapolis Star 2008年12月29日閲覧 参考文献 [編集 ]• 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、132-133頁。 491555709X。 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、170,178,185,191,206,216,235,247,260。 4915557014。 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄『ジャズCDの名盤』文春新書、2000年、234-235頁。 4166601164。 外部リンク [編集 ]• (英語).

次の

追悼・フレディ・ハバード: ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ

フレディ ハバード

Freddie Hubbard tp フレディー・ハバード 略歴 フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名 : Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 フレディ・ハバードならではの音色、バイタリティある音色が特徴。 Open Sesame 02. But Beautiful 03. Gypsy Blue 04. All Or Nothing At All 05. One Mint Julep 06. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1960年6月19日の録音、ブルーノート 4040番、ファースト。 共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、テナーサックスがティナ・ブルックス、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス。 この作品はジャズ史の観点からは、60年代ジャズの幕開けを象徴する音と言っても過言ではない。 若干22歳の新人トランペッターの、パワーとセンスが開花した瞬間の記録でもある。 ジャケットは 「開け胡麻(ゴマ)!(Open Sesame! )」 と手を差しのべているフレディ・ハバード。 ここから新たな扉が開かれれるという意味にとれる。 ブルーノート社主のアルフレッド・ライオンの満足した顔が想像できる。 また、ベースのサム・ジョーンズ以外、知名度が低かったという、しかし、これ以降、全員が大きな躍進を遂げていく。 Asiatic Raes 02. The Changing Scene 03. Karioka 04. A Peck a Sec 05. I Wished I Knew 06. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名 : Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1960年11月6日の録音、ブルーノート 4056番。 共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。 ブルーノートの社主アルフレッド・ライオンは、フレディ・ハバードのファースト・アルバム 「オープン・セサミ (Open Sesame)Rec : June 19, 1960」 から間髪を入れずにセカンドをリリースさせた。 当時ブルーノートのトランペットは、マイルス・デイヴィスを頂点に、リー・モーガン、ケニー・ドーハム、ドナルド・バードを擁していたがフレディ・ハバードにも大きな期待をかけている。 その証拠に、当時最高といえる共演者をあてがった。 演奏は、まず、居並ぶトランぺッターに負けず劣らずの見事な内容といえる。 ファースト・アルバムを更にスケールアップした感じ、何しろ元気いっぱいがいい。 他のトランペッターの事など、ぜんぜん気にせず、チャキチャキのフレディ・ハバードの個性がグイグイ前に出てくる。 そうかといって、ケニー・ドーハムの曲を持ってくるあたり抜け目ない。 以下、演目の作曲者を明記した。 これにフレディ・ハバードが参加して、恩返し的演奏をしている。 Hub Cap 02. Cry Me Not 03. Luana 04. Osie Mae 05. Plexus 06. Earmon Jr. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1961年4月9日の録音、ブルーノート 4073番。 共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、テナーサックスがジミー・ヒース、トロンボーンがジュリアン・プリースター、ベースがラリー・リドレー、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。 この時期、驚異のスピードで躍進を続けるフレディ・ハバード。 その影にブルーノートのオーナー、アルフレッド・ライオンの思い入れを感じる。 編成で、ドラムがアート・ブレイキーだったら、もうジャズ・メッセンジャーズ。 しかし、ここではフィーリー・ジョー・ジョーンズなのでガラリと変っていい。 ベースのラリー・リドレーの参加は、インディアナ州インディアナポリス生まれの同郷だからだと勝手に想像してみる。 思うのは、この年の10月に、ピアノのシダー・ウォルトンとハバードの考えた新しいジャズが、ジャズ・メッセンジャーズ名義 「Mosaic」 で開花する。 ちなみにタイトルの話だが 「ハブ・キャップ Hub Cap 」 は車のホイールに取りつける金属製のカバーの事だが、ハバードとハブをシャレている。 Arietis 02. Weaver of Dreams 03. Marie Antoinette 04. Birdlike 05. Crisis 06. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1961年8月21日の録音、ブルーノート 4085番。 聴きどころは、コルトレーンのマッコイとエルビンの鉄板コンビに、テナー・サックスのウェイン・ショーターに尽きる。 同年の10月になんと二人は、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの 「Mosaic」 をリリース。 そう思うと前哨戦の様にも感じる。 ちなみに、マッキニーことキネア・ザワディの楽器 「ユーフォニアム」 は金管楽器の一種で柔らかく丸みのある音が特徴。 Caravan 02. Bob's Place 03. Happy Times 04. Summertime 05. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1962年7月2日の録音、インパルス・レーベルからのリリース。 共演者は、ピアノがトミー・フラナガン、テナーサックスがジョン・ギルモア、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがアート・デイヴィス、ドラムがルイ・ヘイズ。 録音当時、フレディ・ハバードはジャズ・メッセンジャーズに籍を置いていた。 そのさなかのインパルス・レーベルからのリリース。 ピアノがシダー・ウォルトン、トランペットがフレディ・ハバード、音楽監督とテナーサックスがウェイン・ショーター、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがジミー・メリット、ドラムがアート・ブレイキー。 このアルバムの編成と同じだが趣向の異なる三管セクステット。 勝手な想像だが、フレディ・ハバードがアート・ブレイキーとウェイン・ショーター抜きで表現したかった音かもしれない。 演奏は、ジョン・ギルモアの、ねばっこいテナーサックスと、サラリとしたトミー・フラナガンのピアノがいい。 これがブルーノートと違ったインパルスのボブ・シールの音になり成功したと思う。 You're My Everything 02. Prophet Jennings 03. Hub-Tones 04. Lament For Booker 05. For Spee's Sake 06. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1962年10月10日の録音、ブルーノート 4115番。 共演者は、ピアノのハービー・ハンコック、アルト・サックスがジェイムス・スポールディング、ベースがレジナルド・ワークマン、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス。 演奏は、驚異のスピードで突き進むフレディ・ハバードのチャキチャキの音、まさに 「Hub-Tones」。 この頃のフレディ・ハバードは、色々なミュージシャンと精力的に共演している。 ハービー・ハンコックとは 「Takin Off」 「Empyrean Isles」 「Maiden Voyage」 で無くてはならないトランペットとして共演。 果てはその縁で 「V. P」 までの長い付き合いになる事を、この時の二人は、まだ知らない。 Rec : May 2, 1963 02. Carnival Rec : March 11, 1963 03. Chocolate Shake Rec : March 8, 1963 10人のバイオリン 04. Dedicated to You Rec : May 2, 1963 05. Clarence's Place Rec : May 2, 1963 06. Aries Rec : March 11, 1963 07. Skylark Rec : March 8, 1963 10人のバイオリン 08. I Got It Bad And That Ain't Good Rec : March 8, 1963 10人のバイオリン 09. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1963年の録音、インパルス・レーベルからのリリース。 フレディ・ハバードのアンサンブル。 アレンジはウェイン・ショーター。 まず驚かされたのが豪華共演者による重厚サウンド。 演目の中に使用された楽器は、トランペットの四管、フレンチ・ホルン、フリューゲル・ホーン、トロンボーンの二管、チューバ。 そして、その楽器を操(あやつ)るアルトサックスのエリック・ドルフィー、テナーサックスのセルダン・パウエルなどなど。 新しい挑戦を次々と実行していくフレディ・ハバード、さぞ満足だったに違いない。 Breaking Point 02. Far Away 03. Blue Frenzy 04. D Minor Mint 05. Mirrors 06. Blue Frenzy alternate take 07. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1964年5月7日の録音、ブルーノート 4172番。 共演者は、ピアノがロニー・マシューズ、アルト・サックスとフルートがジェームス・スポールディング、ベースがエディ・カーン、ドラムがジョー・チェンバース。 ジャズ・メッセンジャーズを飛び出し、新しい仲間とレギュラー・ユニットを結成し臨んだ一枚。 今までの違うコンセプト、音にして、ここに新境地を聴くことができる。 メンバーは若干フリー色があって、飾らず、素朴で、ストレートなミュージシャンが集まっている。 フレディ・ハバードは60年代前後に、エリック・ドルフィーやオーネット・コールマンらのフリージャズにも積極的に参加している。 色々なフォーマットに飛び込むことで、技能を磨いてきた成果がここに出ている。 ジャケットの 「壊れたガラス」 は、ブレーキング・ポイントを誤ると事故を起こす例(たと)えだと勝手に思っている。 ジャズ喫茶が流行っていた頃、よくかかったアルバムでもある。 一機にあの時代の気分に誘(いざな)ってくれる。 Soul Surge 02. Blue Spirits 03. Outer Forces 04. Cunga Black 05. Jodo 06. The Melting Pot Bonus track on CD 07. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1965年と66年録音、ブルーノート 4196番。 従来のブルーノート No. 4196 NO. 84196番に、1966年3月5日録音の二曲が追加された盤。 この二曲が聴きたくて買い直した。 内容は全曲フレディ・ハバードの作曲、一枚で三ッのコンボが楽しめる。 内2つのコンボがフレディ・ハバードの渾身の四管アンサンブル。 これが従来からあった演目。 共演者は。 「 01 Soul Surge」「 02 Blue Spirits」 は、ピアノがハロルド・メイバーン、アルトサックスとフルートがジェームス・スポールディング、テナーサックスがジョー・ヘンダーソン、ユーフォニュームがキネア・ザワディ、ベースがラリー・リドレー、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス、コンガがビッグ・ブラック。 「 03 Outer Forces」「 04 Cunga Black」「 05 Jodo」 は、ピアノがマッコイ・タイナー、アルトサックスとフルートがジェームス・スポールディング、テナーサックスがハンク・モブレー、ユーフォニュームがキネア・ザワディ、ベースがボブ・クランショー、ドラムがピート・ラ・ロカ。 「 06 The Melting Pot」「 07 True Colors」 が未発表曲で、ピアノがハービー・ハンコック、テナーサックスがジョー・ヘンダーソン、バスーンがホージア・テイラー、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがエルヴィン・ジョーンズ。 聴けば聴くほどフレディ・ハバードの真髄に近づける。 一曲一曲、実によく練られている。 フレディ・ハバードの音色もメロディーもまさにウルトラC。 ただし、フレディ・ハバード・シリーズとして、最初にこれを聴いたら、それはもったいないかもしれない。 できる事なら、最初に「Open Sesame」あたりを聴いて、その次に60年から64年のアルバムを何枚か聴いた後に続いて聴くと、このアルバムの真価がわかる。 また、個性の強いピアニストが変わるだけでも、こんなに変わったイメージになるのも楽しい。 ちなみに演目の「Jodo」は浄土という曲。 日本をイメージした曲だそうだが個人的には、こんな曲名にあえてしなくてもいい。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます) コメント : アルバムはフレディ・ハバード、1965年と66年録音、ブルーノートからのリリースNo. 4196。 従来のブルーノート No. 4196 NO. 84196番に1966年3月5日録音の二曲が追加された盤。 この二曲が聴きたくて買い直した。 内容は全曲フレディ・ハバードの作曲、一枚で三ッのコンボが楽しめる。 内2つのコンボがフレディ・ハバードの渾身の四管アンサンブル。 これが従来からあった演目。 聴けば聴くほどフレディ・ハバードの真髄に近づける。 一曲一曲、実によく練られている。 フレディ・ハバードの音色もメロディーもまさにウルトラC。 ただし、フレディ・ハバード・シリーズとして、最初にこれを聴いたら、それはもったいないかもしれない。 できる事なら、最初に 「Open Sesame」 あたりを聴いて、その次に60年から64年のアルバムを何枚か聴いた後に続いて聴くと、このアルバムの真価がわかる。 また、個性の強いピアニストが変わるだけでも、こんなに変わったイメージになるのも楽しい。 ちなみに演目の「Jodo」は浄土という曲。 日本をイメージした曲だそうだが個人的には、こんな曲名にあえてしなくてもいい。 Red Clay 02. Delphia 03. Suite Sioux 04. Intrepid Fox 05. Cold Turkey 06. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1970年1月27日から29日の録音、CTIレーベルからのリリース。 フレディ・ハバード70年代の幕開けを象徴するかのような新鮮さがいい。 共演者は、エレピがハービー・ハンコック、テナー・サックスがジョー・ヘンダーソン、ベースがロン・カーター、ドラムがレニー・ホワイト。 演奏は、特にハービー・ハンコックが原動力になっている。 ハービーにとっても、70年代は変革期 「ヘッド・ハンターズ」 へ進化していく時期となる。 個人的には、聴くたびに感触が良かったり悪かったりと変わる、玉虫色の一枚。 難をいえば、ドラムがレニー・ホワイトでなく、イドリス・ムハンマドあたりだったら、もっとアンダー色が強まったと思う。 When You Wish Upon a Star 02. Poor Butterfly 03. My Romance 04. Rose Tattoo 06. Time After Time 07. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1983年12月9日・10日録音、日本の企画CD。 邦題タイトルは 「バラの刺青(いれずみ)」。 共演者は、ピアノがケニー・バロン、テナー・サックスがリッキー・フォード、ベースがセシル・マクビー、ドラムがジョー・チェンバース。 演目は、日本で人気のあるスタンダードを全てミュートで吹かせた。 感想は、全体が悲しいかな小粒。 レコード会社の売りたいがためのお仕着せが、小粒にさせてしまった。 「ハ~イ! 演奏しましたョ」 的が、マジでつらい。 ただ、流して聴けば豪華共演者がすごいので聴ける、が、やはりつまらない。 Topsy 02. Caravan 03. As Time Goes by 04. Black Orpheus 06. Love Me or Leave Me 07. All of You 08. Golden Earrings 09. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1989年12月10日・11日録音、日本の企画CD。 1983年 「The Rose Tattoo」 でも、懲りない日本人のお仕着せを、外人タレントに再度やる。 「嫌なら買わなきゃいいっじゃん!」 てかッ! ところが、フレディ・ハバードは好きなので、つい買ってしまった。 共演者は、ピアノがベニー・クリーン、アルトサックスがケニー・ギャレット、ベースがルーファス・リード、ドラムがカール・アレン。 おお、何とも素晴らしい豪華な共演者だ。 いったい、いくらお金を支払ったんだろ。 だが、当のフレディ・ハバードは、例によって、今ひとつ覇気がない。 「はい! いちょう演奏しました、お金、早くクダサ~イ!」 ほら、言ったこちゃない。 もう、完全、なめられている。 腹立ちまぎれに、もう一つ苦言を。 アルバムジャケットのデザインに関して。 日本におけるフレディ・ハバードのファンは他国に負けないほど多いと思う。 「The Rose Tattoo」 と 「Topsy」 は、我が国の企画でフレディ・ハバードの長い演奏活動の中でも後半の重要な位置をしめるものである。 にもかかわらず、このヤル気のないジャケットはっ、何だこりゃ! 自分のコレクションの中でも、おそらくワースト・ワンのジャケット・デザイン入り。 フレディ・ハバードの事を考えると、申し訳なくてホント、泣けてくる。 いっそのこと、海賊盤みたいに、白地にアルバム名だけタイプした方がよっぽどいい。 こんなジャケットしか作れない以上、世界からジャズ国日本が馬鹿にされても、しかたない。 The Thrill Is Gone 02. I'm a Fool to Want You 03. Gypsy Lament 06. Blues for Miles 07. Skylark 08. メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。 アルバムはフレディ・ハバード、1992年4月3日・4日の録音。 54歳のフレディ・ハバードがマイルスに捧げたトランペット。 ジャズ・トランペットの巨匠マイルス・デイヴィスは、この録音の前年1991年9月28日に亡くなった。 この時期、フレディ・ハバードは来日して 「キーストン・コーナー(東京原宿)」 に出演。 この録音は、その時のメンバーで収録された。 当初このユニットには、テナーのジョー・ヘンダーソンの参加が予定されていたと、ライナーにある。 もしアルバムにジョーヘンが加わっていたら、趣はだいぶ違っただろう。 しかし、ある意味、ワンホーンになったので満足。 それにしても、所持しているジャケット・デザインがダサい。 その為か、最近刷新された。 店で刷新されたジャケットを手に取って見た。 すると、いま所持している、ダサい青ジャケットが愛(いと)おしくなってくるから困ったものだが嬉しい。 (青木高見).

次の