転職先 辞めたい。 転職先の会社をすぐ辞めたいと思っている人へ。【経験談あり!】

ドラッグストアからの転職先は豊富!社員を辞めたいなら

転職先 辞めたい

ページコンテンツ• 社内SEを辞めたい理由は? パソコン教室じゃねえんだよググレカス! 社内IT関連の「なんでも屋」「便利屋」 IT企業ではない会社の情報システム部署として、 ネットワーク含め社内のIT関連はすべて担当するのが社内SEです。 システムに関する全ての事をやらなければならないため、 PCのセッティングからWordやExcelの操作方法など、 便利屋扱いで気軽に呼び出されるケースも多々あります。 「起動しない」と緊急で駆けつけたら、電源が抜けていたという笑えない話も珍しくありません。 初心者向けパソコン教室並みに、 社員をお客様扱いして懇切丁寧に対応しなければならないことも社内SEあるあるです。 社内の電子機器はPCからコピー機まで PCや社内ネットワークなどシステム周辺だけでなく、FAXや電話・会社携帯 スマホ からコピー機まで、 社内の電子機器関連はすべて担当することになります。 社内に他に詳しい人や上司、先輩がいない場合は、全て自分で対応しなければならず、 守備範囲は本当に幅広くなってしまいます。 SEとは名ばかりで、 社内ヘルプデスク業務しかしてないというケースもあるでしょう。 PCならまだしも、社内中のコピー機の紙詰まり対応ばかりに駆り出されて一日が終わったときは、本当に空しくなります。 夜間や休日でも対応に追われる システム障害やウィルス感染など、緊急時は時間を問わず即対応しなければならないこともあります。 サポートデスクとして 夜間休日でも携帯を持たされ対応を求められることもあり、気持ちが休まらない日々が続きます。 電話対応で済めばよいですが、相手がトラブルの内容説明が正確にできず意味不明で、 結果的には足を運ぶ羽目になることも少なくありません。 休日や夜間に呼び出されることが頻繁にあると、本当に辛いですね。 苦情に耐えられない 社内SEにとって、客先である ユーザーは自社内の社員なので、 エンドユーザとの距離が近すぎるのも難点です。 自社の社員からのクレームや苦情の対応は、精神的にキツイ部分が多々あります。 システム障害時など、相手は気軽に「まだ?」「いつまでかかる?」など、しつこく聞いて来られたりして余計に作業が進みません。 ストレス過多で日々胃痛がしますね。 上層部のエライ人からの問い合わせなどは 相当なプレッシャーになります。 社内からの要求が多く、仕事量が増える 自社内のシステムを開発したりする場合、 実際にかかる工数など具体的に分かる人がいないのも、困る部分です。 かなり難しいことでも簡単にできると思われているケースも多く、思いつきの案件を短い納期で依頼されることもあります。 気軽に「こんなシステムほしい」と要求される、 仕様変更を簡単に口にするなど、 イラッとさせられることも頻繁にあるでしょう。 質のよい仕事をしても評価が低い 情報システム部門は社内のコスト部門で、社内評価が高いのは客先と直接対応する営業や企画など、稼ぐ部署です。 利益を生まないバックオフィス部署である社内SE職は、どうしても評価されにくいです。 IT分野に関して分かる人がおらず、 質の良いシステム開発をしても誰にも認められない、 正当な評価が受けられないのも寂しいです。 スキルアップが望めない 社内システムの保守管理、社内対応や開発だけでは 新しい技術を吸収できない、 スキルアップできないという焦りもあります。 自社システム開発でも上流を担当するだけで、現場仕事はベンダーに外注する企業も多々あります。 新しい技術を習得してスキルアップしたという実感が得られず、 自らのスキルが錆びついていくような不安感に襲われる社内SEも少なくありません。 仕事についていけない 社内SEは 業務範囲が幅広く、 社内のIT関係全ての業務をこなさなければならないので、 知識やスキル不足の人はついていけません。 アプリ開発知識しかない場合、ネットワーク関係の業務ができないなど、 自分のスキル不足を痛感して辛くなります。 今まで経験してきた業務とは全く違う仕事も多く、専門用語も微妙に違い、慣れるまでは結構大変です。 社内SEがスキルを生かして転職できるおすすめの転職先は? エンジニアとしてスキルアップできる転職先 WEBエンジニア Web系エンジニア職は、 自社サービスのシステム開発から運用まで行うケースが多く、 上流から下流までの幅広い業務経験が役立ちます。 社内SEで養われた、 エンドユーザの立場に立って考えられるスキルが生かせるのも魅力です。 インフラエンジニア 社内のLANやネットワーク保守管理、インフラ・ネットワーク構築のスキルが生かせる仕事です。 大規模なインフラ整備の経験があれば、かなり有効です。 SIer 社内システム開発での 上流工程経験、企画開発スキルを生かして 上流エンジニア職へ転職できます。 スキルのブラッシュアップをしておらず、技術力が停滞している場合は、下流の下請け現場は向きません。 ハードドル高めですが大手の元請けSIerを狙いましょう。 システム開発から足を洗いたい人向けの転職先 ITコンサルタント 社内システム開発時の ヒアリングや要件定義スキルなど、 ITコンサルタントに流用できるキャリアです。 自分で 業務の問題を見つけ、提案してシステム化できるスキルを活かして、キャリアアップが可能です。 経営的視点スキルも必要です。 IT講師 幅広いITの知識、社内サポートやヘルプデスク業務で習得した 初心者対応能力などを活用しましょう。 一般人への研修や指導をする IT講師への転身もできます。 IT営業(技術営業) 社内システム開発の際の 現場ヒアリングやコミュニケーション能力が生かして、 IT系営業職、提案営業などへ転職するケースもあります。 技術的なIT知識とITに不慣れな人との橋渡しができるスキルは、本当に貴重です・ WEBディレクター Webサイトの企画から制作、コンテンツ運営・管理まで、プロジェクトの指揮、コントロールなどをする監督のような仕事です。 社内システム開発で培った、 プロジェクト進行管理・品質管理スキルが生かせます。 インフラ整備業務で得た ネットワークスキルも強みになります。 社内SEからの転職、求人選びに失敗しないために 開発エンジニアに戻りたい場合も、開発以外のIT職に転職したい場合も、 転職の成否は転職先次第 求人案件次第 です。 自分のキャリアを有効活用して、優良な転職先を見つけるためにも、 IT業界に強いエージェントに相談するのがおすすめです。 新卒時にも利用する人が多いマイナビが運営していて、20〜30代のITエンジニアの支援に特化しています。 マイナビエージェントとは違って、 エンジニア専門のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、業界内の事情に精通しています。 業界ならではの悩みへの相談や、こだわり条件への対応もしてくれます。 大手企業からベンチャー企業まで幅広く取り扱っていて、人事との繋がりも深いので、 配属先についての情報や労働環境などの詳しい情報も事前に知ることができます。 doda IT転職エージェントサービス 日本最大級のスケールを誇る転職エージェントです。 求人情報 非公開含む が約10万件で、給与水準が高いハイクラス求人も充実しています。 エンジニア職だけでなく、デザイナーやディレクターなど クリエイター職種の求人も多く、ゲーム業界のバックオフィス職種もいろいろ揃っています。 dodaには、IT・Webエンジニアに精通したキャリアアドバイザーが在籍し、的確なアドバイスで事前にミスマッチを防いでくれます。 中小企業が多いですが、 おもしろい企業の求人案件も見つけることができます。 人気の高い、社内SEの求人も充実しています。 また スカウトを受けたり、適性検査を受けたり、求人検索以外にもIT業界向けの転職成功ガイドが充実していて、自分の市場価値や企業の内情など、レアな情報収集にも役立ちます。 求人は全国対応で拠点も全国にあり、Uターン・Iターン転職にも役立ちます。 IT・Web業界の転職におすすめの転職エージェント・転職サイト30社を比較してランキング形式で紹介しています。 ITエンジニアとして年収アップ転職したい人、IT業界から異業種転職したい人、未経験でIT業界に転職したい人それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。 まとめ IT転職では人気の社内SE職ですが、向き不向きもありますし、辛いことも多々あります。 社内SEから脱却したいケースも少なくないでしょう。 長く社内SEをやっていると、どうしても最新技術には疎くなっていますし、転職先は限られてきます。 バリバリの エンジニアに復帰して活躍するのは、少々難しいかもしれません。 社内SEからIT講師、インフラエンジニアやWEBディレクターなど、 キャリアとスキルを流用して少し斜めにずらした転職先を選ぶこともよいでしょう。 まずはキャリアカウンセリングを受けて、 スキルとキャリアの棚卸しをしてください。 保有スキルを活用して、失敗しない転職先・マッチする求人案件を探すために、転職エージェントを積極的に利用しましょう。 社内SE職とは別の、新しい世界が目の前に広がる可能性もあります。

次の

「測量士を辞めたい…」転職先はどうする?経験者に聞いた

転職先 辞めたい

大卒の場合:約19万 高卒の場合:約15万 このくらいが基本給としては平均です。 派遣や契約社員ともなれば話は別ですが、それでも多いとは決していえない金額ですね。 薬剤師の年収の場合は一般社員よりも大きく上回りますが、病院で勤務するよりはるかに下回ってしまいます。 ドラッグストアの場合、どれだけ売上を上げても給与に反映されることはなく、またボーナスが約2か月ちょっとしか出ない企業もありました。 そもそも成果がボーナスに反映されることがないため、モチベーションを保つのも大変です。 言い換えれば、「売上の低い店の店長」「売上が好調な店の店長」の評価が同じ、ということもありえるので働く側からすれば非常に不満となるところです。 お客さんからのクレーム対応• レジ業務と商品管理の兼任• 第2類医薬品、第3類医薬品など一般用医薬品の接客• 美容部員とのやりとり など、特に人間関係が複雑なため、そのせいで辞めたいと思ってしまう人もたくさんいます。 ドラッグストアの社員は、レジに入ったり発注をしたり、商品の補充なども全てしなくてはならず、重い物を運んだりと体力的にハードな側面もあります。 そして他の小売と一番異なる点は「 接客機会の多さ」です。 一般用医薬品について尋ねられることが多く、そのたびに仕事が中断されます。 中には「そこまで悪化しているなら病院へ行ってください」と言いたくなるようなお客さんもおり、 お客さんの質の悪さもストレスの1つですよね。 また化粧品コーナーも非常に広く、資生堂やカネボウなどの美容部員とのやりとりも必要です。 同じ店内でも美容部員たちはドラッグストアの社員ではなく、化粧品会社の所属です。 そのため「仕事をどこまで任せるのか」「こちらがどこまで関与するのか」ということでもトラブルになりやすく、女性社員の場合はカウンセリングの対応をしなければならない場合もあります。 こうした複雑な業務のせいで「辞めたい」と思ってしまう人が多いのも事実です。 転職しようと思ったきっかけ そもそも薬の成分には興味がないんだよね。 カタカナが多くて頭に入らない… という人の場合は何度受けても落ちてしまうため、資格に合格できないことを苦に思い、ドラッグストアから転職をしていく人もいます。 パートやアルバイトとの人間関係のストレス ドラッグストアは女性従業員の比率が高い業界です。 社員に関しては男女比が半々くらいですが、パートやアルバイトなどは8割以上が女性です。 女性が多いと、女性同士で人間関係が複雑になったり、 若い女性社員の場合は自分よりも年上の女性従業員から嫌がらせを受けることもあります。 また男性社員は、女性従業員のそうした問題を解決しつつ店舗運営をしていく必要があり、特に若い男性社員には扱いにくい問題も多々あるため、大きなストレスになってしまい転職を決断する人も大勢います。 キャリアアップに不安を感じる ドラッグストアは今が全盛期です。 市場規模も大きくグループ会社間の競争も激しいため、店舗数自体は飽和状態。 これから待遇がよくなるということはまずないでしょう。 仕事内容としては、一般医薬品の販売については知識を得られます。 ですがレジ業務や商品の品出しなど、社員でなくてもできるような仕事内容が多く、手に職が付くかといわれれば「No」と言わざるを得ません。 そのため 就職して3年目に医療事務の仕事へ転職しました。 大学卒業後西日本にあるドラッグストアへ就職しました。 最初は楽しく働けていたのですが、わずか半年で転勤となってしまったこと、女性のパートさんからの嫌がらせが激しく、また同期が次々と退職していったこともあり、いつしか転職を意識するようになりました。 何から始めればいいのかわからなかったので、とりあえずエージェントに登録してサポートしてもらったり、自分に合う業界を探してもらいました。 ゆっくり進めていたので半年ほどかかりましたが、同じく医薬品を扱う企業の事務へと転職することができました。 登録販売者には合格していましたが、今後のことも考えて実務経験がちょうど2年になったところで転職しました。 製薬会社の営業職へ転職• ドラッグストアからドラッグストアへ転職• ドラッグストアから異業種・他業界への転職 どちらも可能ですよ。 ドラッグストアから他のドラッグストアへ転職 ドラッグストアから別のドラッグストアへ転職する例もあります。 この場合は正社員ではなく、契約 派遣 社員としてドラッグストアAで働いていた人が、正社員としてドラッグストアBに転職するというパターンが多いですね。 正社員で別のドラッグストアに転職したい、という場合も同じです。 知識もあり即戦力となるので同業他社へは転職しやすいですが「ドラッグストア」という環境に不満があるなら、転職しても再び辞めたいという気持ちが出てしまう可能性があります。 ドラッグストアから医薬品営業職へ転職 ドラッグストアは一般用医薬品があり、社員であれば登録販売者などである程度の知識があるはずです。 そのため製薬会社との相性が良く、また営業職であれば比較的給与も高い傾向にあります。 当たり外れはありますが、経験を活かせるという意味ではおすすめの職種です。 小売の経験を活かして他業界へ転職 ドラッグストアは小売です。 商品の発注や管理、従業員の教育などこれまでにいろんな経験をしているはずです。 「その経験を活かせる企業がどこなのか」を気づかない人が多いですが、他の業界でも小売の経験が活かせる場面は多くあります。

次の

信用金庫から転職するなら?辞めたい理由とおすすめの転職先

転職先 辞めたい

理由1.ノルマが厳しい MRの仕事は訪問件数のノルマがあり、日々プレッシャーを感じる人が多くいます。 訪問しようとしても、「こんなに頻繁に来てもらわなくていい」と言われてしまうことも。 以下のように、決算期前のMRのノルマが更に厳しいというツイートも見られました。 顧客無視の仕事はMRの目を死んだ魚に変える。 非常に社員の幸福度を下げる。 こんな現状を根底から変革させたい。 — 秋山祐哉|ipsum inc. ノルマ達成のために顧客無視の営業をして罪悪感を感じることもあり、MRを辞めたい原因になっています。• 理由2.医師やMSとの人間関係に疲れた 医療のトップである医師と、MS(卸販売担当者)に気を遣いつづけることにMRは疲れてしまいます。 いくらMRが勉強して知識を得ても、医療の知識では医師に敵いません。 「君が、なにを知ってるんだ?」と言われてしまうと、それ以上何も言えなくなってしまいます。 以下に、医師のMRに対するツイートをご紹介します。 MRさんと初面会、ツブテロール貼付剤、クラリスロマイシンをプロパガンダされる、貼付剤を乱用する医師でありたくない、小児の外来で抗菌薬適性使用を考えるとクラリスロマイシンが第一選択になる患者さん少数、どちらも使用数は極めて少数でごめんなさいと謝る、MRさんは好い人、薬が嫌いでもない — はらともくに haratomokuni このように、医師の治療方針と合わないことでMRの業績が伸びないこともあります。 また、MSとの関係をこじらせると顧客の情報が入ってこなくなり業務に支障が出ることも。 なぜなら、ベテランのMSは顧客(医師や病院関係者)とつながりが深いため、「あの病院はこんな医薬品が気になっている」といった、MRの営業に役立つ様々な情報を持っているからです。 医師やMSとの複雑な人間関係が、MRを辞めたい原因になっていると言えます。 理由3.長時間勤務がつらい MRは長時間勤務になることが多く、体力が続かないという声もよく聞かれます。 MRの1日の流れは下記の通りです。 朝早くからMSと打ち合わせ• 医師と面会をするために病院へ ( 医師の空き時間に面会が行われるため、診療時間後まで待たされるケースも多い)• 病院の訪問後に帰社して事務作業 MRは、医師の都合に合わせなければならない仕事のため、どうしても毎日長時間勤務になってしまいます。 以下のような、MRの長時間勤務に関するツイートが見られました。 MR職給料わりと良いし待遇も良いし一時期憧れてたけど勤務時間長いし勉強三昧やしわたしには向いてないと悟ったよね — みずきてぃー crew21uw 銀行も本当につらいようで、MRと銀行員の二人は毎日泣きながら勉強していたそうだ。 勤務時間外でも仕事の為に費やす時間が長い。 業務時間以外にも仕事に関わることが多く、プライベートの時間が確保できないことも、MRを辞めたい原因になっています。 理由4.MRの将来性が不安 MRとして将来働き続けられるのか、将来への二つの不安が悩みの原因になっています。 それは「この激務を何十年も続けられると思えない」という不安が一つ。 もう一つは、ネットが普及したことで薬に関する情報が手に入りやすくなり、「MRが必要なくなるのでは」という不安です。 以下のように、MRの将来性に関するツイートが見られました。 製薬業界に10年いた MRの在り方や市場価値は 確実に変わった 業界も大きく変わっている にも関わらず 給与面のみで勘違いさせた情報が 出回り よく調べずに、そこだけを見て 「良い職種だ」と選択しようと するのは危険 MRに限らずだが、将来性を含めて 自分で見極める力を持つべき — グローカル姉 働キャリ方改革の人 glocaleducate このように、MRの存在価値が変わってきていることが将来性の不安につながっています。 「将来性がないなら、今のうちに辞めようか」とMRが思うのは避けられないことです。 理由5.転勤が多い MRは転勤が多く生活が安定しない仕事です。 「担当の病院とようやく良い関係を築けた」と思った矢先に、転勤を命じられることもしばしばあります。 以下のような、MRの転勤についてのツイートがみられました。 MRとして不安に感じていることを綴ります。 賛否あると思いますので、教えてください。 【全国転勤】 全国転勤があり、居住地が定まらない。 ライフプランが立てにくく、元々首都圏出身の人にとってはきつい。 新人であればある程度友人関係もできるが、中高年での異動は大変。 単身赴任のリスクもある。 — ほしのMR luv4ua このように、転勤が多いとライフプランが立てにくいため、MRを辞めようか悩む原因になっています。• 理由6.休日の勉強会や講演会が苦痛 MRは休日に新薬の勉強会や講演会があることも、辞めたい原因になっています。 新しい薬の勉強会は平日の夜や休日に実施されますが、営業に必要な知識を得るためには出席しなければなりません。 また土日や祝日に催される担当医師の講演会や研究発表会への参加も、医師との接点を作るために必要なことです。 以下に、講演会に関するツイートをご紹介します。 他のMRが集客に全く関わらないエリアだったのと、ずっと集客は大丈夫と言い張っていた。 「大丈夫」という認識がヤバい。 集客0講演会は稀に聞くことあるのであるあるかも。 — たいすけ MR MRdesugosujikan このように、せっかく実施した講演会が集客ゼロということもあります。 「何のために休日も頑張っているんだろう」という思いが、辞めたい気持ちにつながっています。 2.MRを即刻辞めるべきケースとは?悩み別の対処法を解説! MRを辞めたい理由のタイプ別に、悩みの解消法をご紹介します。 今すぐ辞めたほうがいい場合には、会社の辞め方の記事もご案内しています。 ぜひ参考にしてください。 【MRを続けた方がいい人の特徴】• MRの仕事にやりがいを見つけられる• 次の仕事のステップだと割り切れる 以下のように、MRの仕事に対する考え方のツイートがみられました。 好きな先生に10回訪問するよりも、嫌いな先生に1回でも訪問する方が処方は確実に伸びます。 MRの仕事は好かれるよりも嫌われないことの方が重要ですから。 あなたが医師を嫌ってることはその態度、言動から既に医師に伝わってます。 業績や年収がアップすることで、MRのやりがいが見えてくる可能性もあります。 また、次のようにMRの経験が他の仕事で強みになるというツイートもみられました。 今の職で接する機会の多い経営者の人って、キャラクターが医師と似てる。 けど、ものすごくストレートな表現をすると、話してて医師より頭良い人があまりいないので、営業的な側面だけ見れば成績出せてるMRの人はやり易いと思う。 ソーシング以降はまた変わるんだろうけど、感覚的に間違えてないかな。 — こし yosi0813 このように、MRは高い営業力が身に付く仕事のため、勤務を続けていれば自身のスキルアップに大いに役立つでしょう。 もし、まだMRとして営業実績を残せていないのであれば、しばらくMRを続けてから転職することを考えてみて下さい。 転職をした方がいいケース 以下のように、MRを続ける限り解消できない理由で辞めたいのであれば、転職をおすすめします。 【医療機器メーカーのおすすめポイント】• メーカーごとの営業領域がほぼ決まっているため競争が少ない• コンプライアンスがMRのときより緩いので仕事がしやすい• MRが扱う医薬品と違い、医療機器は値引きができるため営業がしやすい• 自社の医療機器の知識があれば営業できるため、MRほど勉強時間が必要ない 【医療機器メーカーの注意点】• 男性が多い職種なので、男性社会が苦手な女性は気をつける必要がある• 平均年収は543万円でMRの年収より低い 以下のように、医療機器メーカー(機械屋)に転職した人のツイートが見られました。 MRの時 医師とコメディカルで話す割合7:3くらいだった。 機械屋に来て 割合が5:5くらい。 かといって医師と話す時間はMRの時よりさらに長くなってる。 待つ時間が減って会ってる時間が長くなったんだな。 打ち手が多くなった分、営業が面白くなった。 コメディカルと仲良くなるって楽しいですよね。 — aorta medical device sales medicaldevice00 このように、医療機器メーカーの仕事を楽しいと感じている、元MRの方もいます。 医療機器メーカーへの転職は、営業として医療業界の仕事に関わりたい方におすすめです。 医療系の人材紹介・派遣会社 医療系の人材紹介・派遣会社は、MRの経験を活かすことができます。 以下に医療系の人材紹介・派遣会社に転職する際のポイントをまとめました。 【医療系の人材紹介・派遣会社のおすすめポイント】• MRや医療関係者に共感できるため、転職希望者に寄り添ったサポートができる• MR時代に培った営業先を、人材派遣会社のクライアントとして活かせる• 医療関係は人手不足のため、人材紹介の需要は高く仕事が安定している 【 医療系の人材紹介・派遣会社の注意点】• 転職成功件数やクライアントの獲得など、ある程度のノルマ(売上計画)がある• 平均年収は313万円(メディカル・化学・食品系の人材サービス)でMRの年収より低い このように、MRの仕事で得たスキルを活かし、安定したニーズがある状態で働けることが魅力の転職先です。 製薬企業向けの広告代理店 製薬企業向けの広告代理店では、MRの経験を活かすことができます。 主な業務内容は、MR時代にも関わりの深かった「医薬品」を紹介するパンフレットの作成や、講演会を設定し、取り仕切ることなどです。 以下に製薬企業向けの広告代理店の仕事に転職する際のポイントをまとめました。 【製薬企業向けの広告代理店のおすすめポイント】• MRで身に付けた医療の知識や講演会設定の経験を活かせる• ノルマがないのでプレッシャーが少ない 【製薬企業向けの広告代理店の注意点】• 平均年収は430万円(広告代理店)でMRの年収より低い MR時代に「このパンフレット、もう少しこうするといいんだけど…」など、歯痒く思っていたことを、そのまま仕事に活かせる転職先と言えます。 薬剤師 調剤薬局、ドラッグストアなどで薬剤師として働くのもおすすめです。 MRで得たコミュニケーション力は、ドラッグストアで薬を購入する方の相談に乗る際にも役立ちます。 以下に、薬剤師の仕事に転職する際のポイントをまとめました。 【薬剤師のおすすめポイント】• 薬剤師免許を活かせる• MRで得たコミュニケーション力を活かせる• 病院、調剤薬局、ドラッグストアなど幅広い転職先がある 【薬剤師の注意点】• 平均年収は504万円(薬剤師)でMRの年収より低い 以下のような、薬局長の仕事に関するツイートがみられました。 薬局長やって良かったこと ・医師や地域の方と話す機会がある ・強制的に法律の勉強をする ・MRやMSさんが情報をくれる ・店舗の担当者を決めれる ・店舗のカラーを出せる ・本社の方針はあるが、上司は現場にいないので実際は好きにできる 無視できる笑 ・経営の触りだけ学べる — くるぞう 薬局薬剤師、病院薬剤師 Plt17man このように薬剤師の仕事は、MRよりも自分のライフスタイルに合わせやすく、自由度の高い働き方ができると言えるでしょう。 MRの高年収をキープできる転職先 次に、MRに負けないくらい高年収の転職先をご紹介します。 転職したいけど、年収が下がるのは不安という方におすすめです。 医療経営コンサルタント会社 医療系のコンサルタント会社は、高年収を狙える転職先です。 以下に、医療経営コンサルタントに転職する際のポイントをまとめました。 【医療系コンサルタントのおすすめポイント】• MRで培った医師とのコミニュケーションスキルを活かせる• 多くの病院、クリニックを訪問したMRの経験から経営改善のポイントに気づきやすい 【医療系コンサルタントの注意点】• さっき商談で、その話の上手さはMRの時に身に付けたのか、と言われましたがどうなんでしょう。 MRの時なんて雑談嫌いでほとんどしてないし。 話の上手い下手ってよくわかんねぇな。 説明の上手い下手は分かるけど。 — こし yosi0813 このように、コンサルタント会社への転職なら、MRの経験を活かせる上に、高年収を保てるというメリットもあります。 生命保険会社の法人営業 高額のインセンティブを狙うなら、生命保険会社の法人営業がおすすめです。 なぜなら、MRの営業スキルを最大限に活かして高年収につなげることができるからです。 以下に生命保険会社に転職する際のポイントをまとめました。 【生命保険会社の法人営業のおすすめポイント】• 平均年収は406万円だが、大企業相手の契約をとることで多額のインセンティブが得られる• MR時代のプレゼンテーション能力や、市場分析力を活かせる 【生命保険会社の法人営業の注意点】• 法人営業は実力の高い精鋭ぞろいのため、競争が激しい 以下のような、生命保険の法人営業に関するツイートがみられました。 生保の法人営業では、保険のメリットと経営者の思考が相反する場合が多い。 そこのギャップを埋めるロジックを立てられるかどうかが、腕の見せ所。 — Shuyiro A28337556 このように、一筋縄ではいかない業務ですが、MRで得たスキルを駆使して高年収につなげることができる転職先と言えます。 他社のMRに転職 他社のMRへの転職は働く環境を変えることができ、同じ職種のため年収をキープできます。 今の会社の人間関係や、やりがいが感じられないといった理由でMRを辞めたい場合におすすめです。 また、CSO(Contract Sales Organization)に所属し、 コントラクトMRとして働く方法を選ぶこともできます。 以下にコントラクトMRに転職する際のポイントをまとめました。 【コントラクトMRのおすすめポイント】• 希望の勤務地で働くことができる• CSO社内での管理職になると年収アップできる 【コントラクトMRの注意点】• 働く製薬会社が変わるので、勉強をやりなおす必要がある(2~3年で製薬会社が変わる)• 製薬会社に直接雇用されているMRにある住宅補助が、コントラクトMRにないことが多いため、総合的に見て年収が下がることもある このように、転勤が一番の悩みで年収をキープしたい場合は、コントラクトMRがおすすめです。 MRの女性におすすめの転職先 MRの女性が働きやすい転職先をご紹介します。 結婚・出産などのライフイベントが多い女性でも、続けやすい仕事を厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。 調剤薬局 薬剤師免許を持った女性MRは、調剤薬局への転職がおすすめです。 以下に、調剤薬局に転職する際のポイントをまとめました。 【CRAのおすすめポイント】• MRの時とちがい、医師から新薬開発のパートナーとして扱ってもらえる• 営業職ではないのでノルマがない 【CRAの注意点】• 薬剤師やMR以外の医療関係者などCRA希望者が多く競争率が高い• 平均年収は528万円(臨床開発・治験)でMRの年収より低い 転職サイトによると、CRA業界では女性を積極的に採用しており、結婚・出産後も働ける環境が整っているといいます。 以下のように、CRAに転職した方のツイートもみられました。 昨日から新しい会社で仕事が始まった。 CRAというのもあって、MRと違ってガツガツした雰囲気はない。 しばらくは内勤やけど、早く外勤できるようになりたい。 — イズタニ ヘルスケアセールス hirotempa このように、女性が多く、比較的穏やかな環境で働けることがCRAの魅力といえます。 4.MRが転職するなら転職エージェントを活用しよう MRからの転職には、転職エージェントを活用することがおすすめ。 なぜなら転職エージェントでは、MRの経験を活かせる職業や、あなたの希望の働き方ができる企業を探してもらえるからです。 この章では、MRのあなたに特におすすめの3つの転職エージェントをご紹介します。 【MRにおすすめの転職先】• 医療機器メーカー• 医療系の人材紹介・派遣会社• 製薬企業向けの広告代理店• 薬剤師• 医療経営コンサルタント会社• 生命保険会社の法人営業• 他社のMRに転職• 調剤薬局• CRA 臨床開発モニター MRの仕事が多忙で転職活動に手が回らない、という方は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょう。 以下に、MRの転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 転職エージェント 特徴 豊富な求人から転職先をえらべる 女性MRの転職を効率よくできる 厳選された求人から転職先をえらべる ぜひ転職エージェントを活用して、MRを辞めたい悩みを解消してください。

次の