ミシェル ボース 結婚。 ミシェル・ペトルチアーニ

人気海外ドラマ「HAWAII FIVE

ミシェル ボース 結婚

放送期間 2010年9月20日 2010-09-20 - 2020年4月3日 2020-4-3 番組年表 関連番組 『 HAWAII FIVE-0』(ハワイファイブオー、 Hawaii Five-0)は、2010年から2020年に放送されたの。 1968年から1980年にかけて放送されていた『』のリメイク版である。 オリジナル版と同じ放送局のにて、2010年に放送を開始。 オリジナル版と同様を舞台とし、州内で起こる犯罪に立ち向かう特別捜査チームの活躍を描く。 アメリカ合衆国では、オリジナル版の初回が放送された1968年9月20日から42年後の2010年9月20日月曜日に放送がスタート。 2020年4月3日に最終第10シーズンの2時間スペシャルをもって完結した。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年1月) 内の島々で起こる凶悪犯罪に立ち向かう、ハワイ州知事直轄の特別捜査班の活躍を描く。 チームは元のスティーヴ・マクギャレットをリーダーに、殺人事件から誘拐、テロまで多岐にわたって捜査する。 シーズン1の第一話でリーダーに就任したスティーヴは、チームメンバーとして、彼の父親であるジョンの殺害事件の捜査をしていたホノルル市警の刑事ダニー・ウィリアムズ、元刑事で嘗てジョンの相棒だったチン・ホー・ケリー、チンのいとこでホノルル市警察の新米巡査、コノ・カラカウアの3人を選んだ。 チームの通称「ファイブ・オー」はアメリカ50番目の州、スティーブのアメフトのユニフォームの番号に由来する。 シーズン1第3話で試合ビデオを観ていたコノがチーム名に相応しいと言ったことで決まった。 公式名ではないのにも拘わらず、一般の人々(観光客も含む)がファイブ・オーの名前をどうして知っているのかは不明である(なお、シーズン3の終盤で全米ネットのTV番組で彼らの活躍が伝えられ、明確に名前が周知される事になった)。 各エピソードは、主に犯罪が行われているシーンまたは死体の発見から始まり、州知事の捜査依頼を受けて捜査が始まる。 チームは知事室の権限により犯罪現場への立ち入り許可と警察の協力を受けられる。 基本的には一話完結のストーリーだが、シーズン1ではそれとは別に展開される2つの大きなエピソードがある。 一つは第1話で描かれたスティーヴの父・ジョンの殺害事件、及び刑事を引退したジョンが未だに捜査を続けていたという事柄についてである。 ジョンがスティーヴに「チャンプ」と言い残した後で殺され、スティーヴはチャンプと書かれた父の工具箱に入っていた捜査ファイルを見つける。 一緒に入っていた手紙はウォー・ファットに関するもので、それは自動車爆弾で爆死したスティーヴの母との関連性を示していた(オリジナル版では事故死)。 ジョンはいつか息子が捜査を引き継いでくれるだろうと証拠品と共にそれを隠しており、スティーヴは両親の死の謎に迫る。 もう一つはチン・ホーのホノルル市警での金銭の汚職容疑である。 チンは元々優秀な警官だったが、掛けられた汚職の疑いを晴らせず依願退職させられていた。 スティーヴは生前に父が最も信用していたということでチン・ホーをチームに迎え、チンの潔白を証明するために事件と並行して真実を追う。 卒業後、に5年、に6年在籍した経歴を持つ。 彼の名前はでによって亡くなった祖父からきている。 父ジョンが殺害され、その葬儀でハワイに戻った際、ハワイ州知事から知事直属の特捜班設立を要請されFIVE-0を結成。 リーダーとしてチームを指揮する一方で、父の死の謎を追う。 決め台詞は「ぶち込め、ダノ!(Book'em Danno! ハワイ生まれであるが、実際にハワイで暮らした期間はそれほど長くはないと思われる。 15歳で父がスティーブを守るために本土に行くことになる が、交友範囲は広く、ネイション・オブ・ハワイの人間とも交流があり信頼もされている。 自宅前がビーチなのでよく出勤前に一泳ぎしている模様。 プライベートではだらしない面が目立ち、特に金銭面においては仲間らと食事に行ってもめったに金を払うことがなく、稀に自分が奢ると言いながら、土壇場で財布を忘れたなどと言って結局、他人に支払わせている。 あらゆる武器の扱いや戦術に精通しており、とを流暢に話せる。 正義感が強く仲間思いな人物だが、その反面、直情的で向こう見ずなところがあり、捜査中に協力を拒んだ質屋のドアを手榴弾で爆破するなど破天荒な行動をとることも。 シーズン1第12話、チンが拉致されて爆弾を首に取り付けられ身代金を要求された際には、知事らに金の用意を拒まれると、コノと共に警察の証拠保管庫から証拠物件である現金を秘密裏に強奪して身代金に宛てるなど、仲間のためとはいえ重大な法令違反を犯したこともある この一件は後にコノが懲戒処分を受ける原因となった。 のサム・ハンナとはシールズ時代の同僚であり友人である。 使用拳銃は当初(初期型)、シーズン1途中から同P226E2にタクティカルライトを装着したものを使用、シーズン2以降は同P226 NavyにX300を装着して使用。 突入時にはサブマシンガンや等を携行する。 シーズン5以降はも使用する。 愛車はネイビーブルーの1500クルーキャブZ71だが、捜査中に乗っていることは稀で、主にダニーのカマロを運転している 本人いわく「自分で運転しないと酔う」らしい S5-1。 他に父の形見の1974年式マーキュリー・マーキーを所有。 ホノルル市警の刑事。 以前は市警に勤務していたが、元妻のレイチェルが娘のグレイスとハワイに引っ越した事により、溺愛する娘を追ってホノルル市警へ異動、自らもハワイに移住した。 ジョン・マクギャレットの殺害事件を担当しており、捜査中にスティーヴと鉢合わせしたのがきっかけで、FIVE-0のメンバーになった。 仕事人間で都会好きなためにハワイの生活に慣れず(ハワイに来た初日にホームシックになっている)、いつも島でネクタイをしている(シーズン2以降はネクタイをしなくなった)。 ニックネーム「ダノ」は、小さい頃のグレイスが舌足らずで「ダニー」と言えなかった事から来ている。 離婚調停により、グレイスの親権を得た。 基本的には常識人であり、日頃は破天荒な捜査手段をとりがちなスティーヴを諫めたり、もしくは呆れたりするのが常である。 が、キレた状態になると丸腰の犯人に発砲したりするなど、ダニー自身も突拍子もない行動をとることがある(チンから「スティーブ化しているぞ」と言われたことがある)。 グレイスが誘拐される事件が起きて以降は誘拐事件に対しては特に厳しく、犯人や容疑者に対しては暴力行為も辞さない(スティーヴも止めはするが、一時的にバッジやベストを預かるという形で事実上黙認している)。 シーズン1では全く海に入るシーンが無かったため、スティーブに泳げないと思われていたが、実際は溺れている人を救助できるほど泳ぎは達者で少年時代に海難事故で友人を亡くしたトラウマから海に入らなかったことが明かされた。 物事を悲観的に考えることが多くスティーブにそれを指摘され、口論となることが多い。 唯物論者を自認しており(「実際に目にしたものでも信じない」とまで言っている)、ハワイの土着信仰に対して無頓着な姿勢に周囲の者を困惑させたり怒りを買うことがある。 だが幽霊などの超自然的なものに臆病な様子を見せることがある。 シリーズ途中から、の設定が追加された。 との熱狂的なファンでもある。 使用拳銃は当初は、シーズン1の途中から。 突入時にはや、を使用する。 愛車はパイロット版ではガンメタリックのGT5. 0、第2話目からはシルバーのRSに乗り換える。 その後この車はシーズン4第1話で爆破され、次のエピソードからはブラックの新型カマロSSにかわる。 カマロはスティーヴがよく運転しているが、ダニーがスティーヴの態度に対して不機嫌になり、車中で言い合いになるのが定番となっている。 『』シーズン3第21話のクロスオーバーエピソードにゲスト出演している。 ルー・グローヴァー Lou Grover 演 - 、吹替 - シーズン4第1話より登場。 アメリカ本土から異動してきたホノルル市警察の隊長。 着任早々、FIVE-0本部の立てこもり事件の突入を指揮する。 スティーヴとは顔合わせ当初から仲が悪く、その破天荒で無責任な行動(仲間を救うためとはいえ、スティーヴはルーが護送中だったテロリストを強奪した)から彼を危険人物と見なし、スティーヴが知事から全権を委任されたことについて知事に不満を爆発させていた。 が、スティーヴとはコンビを組んだ後に和解した。 その際自分がかつてシカゴでもSWAT隊長をしており、ある人質事件の説得に失敗し、人質(子供)と犯人の両方を死なせてしまった事が原因で心に傷を負い、逃げるようにシカゴから去って、ホノルル市警察のSWATに配属されたことを明かす。 スティーブ曰く、シカゴ市警察では本部長を目指していたとの事。 本人はシカゴでは出世コースに乗っており、15年で巡査からSWAT隊長になったと言っている事から、警官としては非常に優秀であると思われる。 それから事あるごとにFIVE-0の犯罪捜査に協力していたが、シーズン4最終話にて、娘を人質に取られてやむなく犯人の言いなりになる、という警官としては許されない行動を取り これは結果的に、初対面時にスティーヴが行ったことと同様の行動をとったことになった 、事件解決後に責任をとって辞職。 後にスティーヴの根回しによってFIVE-0にスカウトされる。 シーズン5よりレギュラー。 シーズン6においてシカゴ市警察の同僚で友人だったクレイを横領で逮捕した結果、以後、古巣であるシカゴ市警察の職員たちとは険悪な仲になっている。 またシーズン6では、逮捕したクレイに自らが警察学校を卒業したばかりの頃に関わったFBI主導の潜入捜査の情報を漏らされ、それが原因でマフィアに狙われるなど、危険な目に合う事も少なくない。 使用拳銃はキンバー ウォーリアを主に使用 突入時にはタクティカルライトを装着。 突入時にはセミオートマチックショットガンを使用する。 ジェリー・オルテガ Jerry Ortega 演 - 、吹替 - シーズン4第3話「秘められた宝」より登場した、チンの高校時代の同級生であり友人。 秘密結社や陰謀説などオカルトに詳しい変わり者だが、自宅に現れた中国人工作員を返り討ちにして逆に身分を調べ上げるなど、工作員顔負けの情報収集能力も持っている。 スティーヴの父親の新たな情報を発見するなど、その知識を生かしてFIVE-0に捜査協力。 シーズン4では準レギュラーであったがシーズン5よりレギュラーとなり、様々な会社に就職活動を試みながら協力を続ける。 シーズン6より、FIVE-0のコンサルタントとしてホノルル市警の地下にオフィスを設け、そこを情報収集の拠点とする。 ただし、当初はあくまで協力者の立場であり、FIVE-0のバッジは支給されておらず(警察や軍での訓練を受けていない民間人であるため)、本人はそのことに不平を漏らしていたが、シーズン7後半にてFIVE-0への貢献から特別にバッジが支給され、晴れて正規メンバーとなった。 シーズン9より防弾ベストを着て現場に出るなど活動を広げている。 元々は実家で家族と暮らしていたが、家族が引っ越しを行うのを機にチンの家に居候になっている。 シーズン7からはFIVE-0本部に泊り込みするようになり、その後ハワイを離れたマックスの家を借りて住むことになった。 タニ・レイ Tani Rey 演 - ()、吹替 - シーズン8第1話より登場。 ポリスアカデミーでは優秀な候補生であったが、理不尽な教官への暴行やカンニングなどで放校処分となりライフセーバーとして働いていたところをFIVE-0にスカウトされる。 いくら止めても犯罪に手を出す弟に手を焼いている。 カマコナ Kamekona 演 - 、吹替 - (シーズン3より「杉野田ぬき」に改名) ハワイ式かき氷屋「ワイオラ・シェイブ・アイス」及びエビ料理屋台「カマコナズ・シュリンプ・トラック」を経営。 元は前科のある犯罪者だったが、現在は足を洗って裏社会にも精通するとしてFIVE-0に協力する。 ヘリコプターを分割払いで購入して観光産業をはじめたり、新メニューの試食 ダニー曰く、味は期待しない方がいいらしい など次々と突拍子もないことを思いついてはFIVE-0メンバーのもとに駆けつけてくる。 FIVE-0の事件解決の打ち上げがカマコナズ・シュリンプ・トラックで行なわれることもある。 『』シーズン1第18話にゲスト出演している。 愛車は。 デューク・ルケラ Duke Lukela 演 - ()、吹替 - 時折現場で顔を合わせるホノルル市警巡査部長。 演じるデニス・チュンは旧作でチン・ホーを演じていたカム・フォン(本名:カム・フォン・チュン)の息子である。 ノエラニ Dr. Noelani Cunha 演 - ()、吹替 - マックスの後任の検視官。 シーズン7から登場し、マックスがアフリカに移住した後はレギュラーとなる。 マックスとは打って変わって常識的な人間であり、FIVE-0のメンバーや協力者の応急処置をする際は呆れながらも対応している。 であり、クルーズ船の捜査に向かうヘリコプターの中ではずっと不安そうにしていた。 ジュニア・レインズ PO2 Junior Reigns,USNR 演 - ()、吹替 - シーズン8第2話より登場。 アメリカ海軍予備役二等兵曹。 元シールズの隊員で、海軍を除隊しFIVE-0に入りたいと申し出るがスティーブからは当初はポリスアカデミーを卒業してからでないと駄目だと断られ、彼の勧めでアカデミーに通い始めるが、以後も度々FIVE-0に協力することとなり、その際の活躍が認められ、シーズン8中盤に正式にFIVE-0のメンバーとなりバッジが支給された。 経歴から他のメンバーと違いスティーヴの捜査手段には疑うことは無い。 用のシェルターで寝泊まりしていたのをスティーヴに見つかり、以後スティーヴの家に居候している。 アダム・ノシムリ Adam Noshimuri 演 - 、吹替 - ヒロ・ノシムリの長男。 父親のヒロが死亡(当初は偽装であった)したことで、の家業を継ぐ。 シーズン2の中盤よりコノの恋人となり、コノのために組織をまっとうな物にするべく活動していたが、コノには隠し事をしがちになったため、不審に思われていた。 シーズン3終盤にて、組織の健全化のための活動が弟であるマイケルらから反感を買い、派閥争いに発展。 そしてコノを殺害しようとしたマイケルと争った挙句に、彼を殺害してしまう。 マイケル一派からの報復を逃れるためにドリスの手引きでコノと共に中国へ旅立つ。 シーズン4前半ではコノと共に香港に潜伏していたが、追っ手によってコノが危険に晒されるのを防ぐためにあえて捕まる。 その後取引して切り抜けるも、コノらに迷惑をかけまいと姿をくらませる。 マイケル一派がすべて逮捕され本人も安全となったことで、コノによってアメリカ本土のシアトルに潜伏しているのを発見され、ハワイに戻った。 以後コノとは同棲し、シーズン5最終回にて結婚する。 シーズン6序盤でFIVE-0に対して恨みを持つガブリエルの陰謀に巻き込まれ、銃で撃たれて重傷を負う。 回復するものの、再びガブリエルの策略で嗾けられたヤクザの手下2名に殺害されかかり、返り討ちにするがそれが原因で殺人犯となり、司法取引などの結果、懲役18ヵ月の刑を受けハワイの刑務所で服役することになるがシーズン7第5話「判定」にて仮釈放されている。 シーズン8にて当初はアメリカに渡ったコノについていったが、一時的にハワイに帰省した際にヤクザ絡みの犯罪捜査等、複数の捜査に協力することになり、スティーヴよりFIVE-0への正式な協力を求められ、承諾。 シーズン8中盤にメンバーとして活動し、その後に再び本土に渡った。 シーズン9第6話でハワイに帰省し、本土に渡ったコノとは「仕事が全て! 」と彼女の方から切り出され離婚したとアダム自身が語った。 酒に溺れて自暴自棄になっているときにスティーブにFIVE-0に誘われ、正式なメンバーとなる。 ベストと銃器を装備して突入作戦に従事するなどより活動を広げている。 過去の主要レギュラー [ ] チン・ホー・ケリー Chin Ho Kelly (シーズン1-7) 演 - 、吹替 - 元ホノルル市警察の刑事。 及びの血を引いている。 スティーヴの父親・ジョンの嘗ての相棒であり、ジョンからは最も信頼されていた。 刑事在職中に金銭の横領容疑をかけられたが、自らの信念のため一切の釈明をせず辞職。 その後州の警備員として働いていた所をスティーヴにスカウトされ、FIVE-0のメンバーとなる。 幅広い人脈と情報力でチームに貢献するも汚職警官としてのレッテルは貼られたままであり、捜査に関わった警官やチンが逮捕した犯罪者からは憎悪の対象として見られることが多い。 然しシーズン1終盤、彼の叔父が叔母の医療費を調達するために横領し、そのことを知ったチンが叔父を庇うような形で辞職したという真相が明らかとなる。 同時に叔父の横領が露見しそうになり、チンは自前で現金を用意し自身の横領の証拠として提出してまで叔父を庇うが、横領された現金の通し番号と違う紙幣だったため、結果的にその行動によって自分の潔白を証明してしまう事となる。 本人が望まなかったとはいえ、過去の罪が冤罪であると周知された結果、シーズン1最終話にて上司の計らいもあり、巡査部長級の刑事から警部補へ昇進し警察に復職する。 寡黙でクールなイメージであるが、ITオタクっぽい面もあり、シリーズ当初では証拠品の破損したコンピューターデバイスを修復したり、本部のコンピューターシステムが一新された際はアップグレードされたスペックを嬉しそうに説明する場面がある。 シーズン2では以前付き合っていたマリアと復縁して結婚したが、その直後デラーノ一味によってマリアを殺害される。 シーズン6の終盤で母親を殺された少女サラがマリアの姪であることが分かり、身元引受人となる。 シーズン7では紆余曲折を経て彼女を養子に迎える。 シーズン7終盤、連邦捜査官のロバート・コフリンよりサンフランシスコにおける新しい捜査班のリーダーの仕事を持ち掛けられ、恋人となったアヴィとサラと共に移住し、FIVE-0より離れたことがシーズン8で語られる。 高校時代はにバンド、数学クラブ等に参加、アメフトではエースでをしており、スティーヴに全ての記録を抜かれるまではハワイ一の選手だった。 使用拳銃はシーズン1では、シーズン2以降はR シーズン3からは突入時にタクティカルライトを装着。 突入の際にはショットガンを携行する。 愛車はブラックのLT及び。 『』シーズン3第21話のクロスオーバーエピソードと『』シーズン1第18話にゲスト出演している。 コノ・カラカウア Kono Kalakaua (シーズン1-7) 演 - 、吹替 - チン・ホーの従姉妹。 プロサーファーだったが怪我のために引退し、警官を目指してポリスアカデミーに通う。 アカデミーの卒業直前にFIVE-0の潜入捜査に参加し、その功績が認められ警官になると同時に正式にメンバーとなる。 女性ながら腕っぷしが強く射撃の名手。 FIVE-0メンバー中最年少であるが気が強く、押しも強い。 情報屋から情報料を要求された際、「私より給料が多いでしょ」と同行していたダニーに支払わせている。 また、潜入捜査でマイクロビキニを着せられそうになった際も自前の水着を着ると言って、ビキニをスティーブに投げ返している(彼女が着るかどうかルーとスティーブで賭けをしていた)。 しかし男性の裸に対する耐性はなく、全裸になった男性を目の前にした時は慌てて顔をそらし逃げられそうになっている。 捜査中に口説かれることが多く、参考人や容疑者の取り調べ中に口説かれることもある。 シーズン1第12話にて、人質となったチンの身代金を用意するためにスティーヴと共に証拠保管庫から現金を奪ったところ、その姿を近隣住民に見られてしまい、シーズン1最終話で懲戒免職の処分を受けてしまう。 それからしばらくFIVE-0と疎遠になるが、シーズン2第5話でフライヤー警部 後述 の命令でデラーノ一味に潜入するための偽装工作だったと判明。 デラーノの潜入捜査終了後、表向きの懲戒免職を取り消されFIVE-0に復帰する。 シーズン2中盤よりヤクザの息子であるアダム・ノシムリと交際、然し隠し事をしがちなアダムには不信感を持っていた。 そしてシーズン3の終盤、アダムの実弟であるマイケルの陰謀に巻き込まれ、殺人の嫌疑をかけられる。 嫌疑を晴らすための証拠を手に入れるもマイケルに襲われ、殺されかけたところをアダムによって救われる。 だがその結果、アダムはマイケルを殺害し一味から報復を受けそうになったため、コノは彼を守る決意を固め、FIVE-0の助けの下でアダムとともに中国へ逃亡した(演じるグレースが妊娠したため、仕事を減らす必要があった)。 アダムを狙う刺客の脅威が去った後には、再び現場復帰を果たす。 シーズン5最終回にアダムと結婚した。 シーズン7における少女人身売買事件に関わったことで義憤に駆られ、アメリカ本土の人身売買組織撲滅のためにシーズン7最終話に誰にも告げずに本土へ渡り、そのままFIVE-0を去る。 シーズン8にてアダムより彼女の活動が語られるがシーズン9第6話にてアダムから仕事を優先する為に離婚した事が語られた。 他にポリスアカデミー卒業時にスティーヴからKelTec PF-9を贈られている。 突入時にはや等を使用する。 愛車はレッドのLTZ RS。 シーズン7からはレッドからブルーへ変更。 サーフィンに行く際はビーチが自宅から近いため、自転車を利用。 マックス・バーグマン Dr. Max Bergman 演 - 、吹替 -。 天才と評されているが、ニュース番組が怖くて観られなかったり、ピアノ プロ級の腕前 を弾いてウォーミングアップをするなど変わった性格をしている。 その医療技術は高く、シーズン2第1話では刑務所で重傷を負いつつも脱走したスティーヴを自宅で発見し、治療を施している。 ハロウィーンの日にはの映画の配役をしたり、FIVE-0内で映画鑑賞会を計画したりとかなりのであり、中でもシリーズが大好き。 事件で知り合い、交際を始めたサブリナという恋人と後に結婚している。 シーズン1ではセミレギュラー、シーズン2よりレギュラー。 シーズン6の終盤からに3か月ほど従事し、シーズン7中盤において検視官を辞職。 医者としてサブリナと共にアフリカに移住することになり、FIVE-0の面々に見送られてハワイを去る。 愛車はオレンジの「キューベル」、ナンバーは「WARP9」だったがシーズン2第1話でダニーのカマロを試乗して気に入り、同シーズン第8話で集めていた化石とののコレクションを売ってイエローのカマロを購入、ナンバーは同じく「WARP9」。 HEROESで共演したがシーズン2エピソード8にゲスト出演した際には、マックス(マシ・オカ)が、グレッグ・グランバーグに対して「確か前にどこかであってる」との台詞がある。 ロリ・ウェストン Lori Weston 演 - 、吹替 - 元分析官・のプロファイラー。 シーズン2から懲戒免職の処分を受けたコノの後釜として登場する。 暴走しがちなFIVE-0のお目付け役として、新知事の命令でFIVE-0のメンバーに加わる。 が、同シーズン中盤にて新知事からお目付け役であるべき立場を忘れてFIVE-0のやり方を黙認していることを責められてFIVE-0か本土に戻るか選択を迫られ、FIVE-0を辞めて本土の国土安全保障省に戻っていった。 シーズン3からレギュラーとして登場。 スティーヴには食事をご馳走してもらうなどする代わりに、秘かに軍の情報を提供している(当初はこれは違法行為であったが、上官の許可を貰ったためか最近では堂々と情報を流している)。 元同僚に探偵としてスカウトされたため海軍を辞職。 その後コノがアダムを匿うためにFIVE-0を去り、元同僚も探偵の任務中に射殺されてしまったため、コノと入れ替わる形でFIVE-0メンバーになる。 コノが復帰した後もFIVE-0のメンバーとして活躍していたが、シーズン4終盤で、かつて軍在籍時にアフガニスタンで親身になった現地民家族の子供がテロリストに誘拐されて行方不明になり、捜索のためにアフガニスタンへ向かう。 当初はスティーヴと共に向かったが探し出せず、単身でアフガニスタンでの捜索を続ける。 後に救出には成功するも引き続き現地の村を守るためにアフガニスタンにとどまり、現地の教師として生きることを選んだため、一度破局。 その後、シーズン6序盤でハワイに再びやってきてスティーヴとよりを戻すと思われたが、アジアにおけるボランティアの仕事を続けたいと彼の元を去る。 実はボランティアの仕事は嘘で軍に復職しており、CIAに関わる極秘作戦に従事していることがシーズン6後半に露呈する。 愛車はミントブルーの1973年型C3。 準レギュラー [ ] ウォー・ファット Wo Fat 演 - 、吹替 - 武器商人やテロリストとも関係する犯罪組織の首謀者。 スティーヴの両親の死に関わっている。 警官に変装しての暗殺など、一流の殺しの腕を持つ。 格闘術のスキルも持ち合わせ、劇中、スティーヴと格闘戦を行うこともある。 シーズン1では知事を殺害してその罪をスティーヴになすりつけ、一時的とはいえ刑務所に入れる。 シーズン2ではジェナを利用してスティーブを北朝鮮までおびき寄せて拉致し、スティーヴの母親であるドリスすなわち工作員「シェルバーン」の情報を手に入れようとする(シェルバーンがドリスであることが判明するのはシーズン3)。 その後大阪に潜伏していたところを逮捕され、ハワイに移送されるがシーズン3でデラーノ一味の協力によって脱獄。 シーズンを重ねるごとに様々な犯罪に手を付け、政治家の拉致、暗殺を行おうとするなど計画が大胆かつエスカレートしてきている。 シーズン3終盤に偽札の原板を狙っていたところをFIVE-0に捕捉され、ヘリコプターで逃走を図るが撃墜されて重傷を負い、病院に送られる。 その後、顔に大やけどを負った状態でハワイの刑務所に最高レベルの監視下で収監され、本土の刑務所に移って服役していたがシーズン4最終話にて再度脱獄し、ハワイに舞い戻る。 シーズン5中盤でスティーヴを拉致し、死闘の末に射殺された。 ジェナ・ケイ Jenna Kaye 演 - 、吹替 - シーズン1の中盤より登場。 の分析官で、恋人の敵であるウォー・ファットを追ってハワイへ。 後にFIVE-0のアシスタントとなる。 恋人が生きていて、その所在を知っているとウォー・ファットに吹き込まれ、彼の駒にならざるを得なくなる。 シーズン2中盤にスティーヴを騙して北朝鮮に呼び出し、ウォー・ファット一味に拉致させるが、結局恋人は死亡。 最後はスティーヴを助けるために居場所の情報を流したためウォー・ファットに射殺されてしまう。 アヴィ・ダン Abby Dunn 演 - 、吹替 - シーズン6の中盤より登場。 サンフランシスコ市警察の捜査官でFIVE-0の捜査を参考にするために臨時のFIVE-0メンバーになる。 後にチンと恋仲になるが、実は連邦捜査官のロバート・コフリンがFIVE-0へスパイとして送り込んだ人物だった。 しかしチンを優先したのでFIVE-0のメンバーを降りざるを得なくなる。 ガブリエルの一件後はホノルル警察の警官として勤務している。 その後、サンフランシスコの捜査班にスカウトされたチンと共にハワイを去る。 ジョー・ホワイト Joe White 演 - 、吹替 - 海軍少佐でスティーヴの元上官。 スティーヴの父の旧友でもある。 シーズン2から登場。 スティーヴとの仲も良好であったが、単独行動が多く秘密主義でもあり、ウォー・ファットとスティーヴの父との関連の秘密を中々話さないことからスティーヴに不信感を持たれる。 しかしスティーヴが北朝鮮でウォー・ファット一味に拉致された際は、FIVE-0やSEALSの仲間と共に奪還のために向かい、その結果、責任を取る形で軍を除隊。 また、ヒロ・ノシムリの死を偽装するなどの工作を働き、それを知らない息子のアダムから狙われるなどウォー・ファット絡みの出来事で徐々にハワイでの身動きがとりづらくなり、シーズン2中盤にハワイを去る。 以後もたびたび登場し、スティーヴらに情報を提供するなどして協力していた。 シーズン9にて過去に中東で行った暗殺作戦で殺害した相手の息子にスティーヴらと共に命を狙われ、自身のセーフハウスで暗殺部隊と交戦した際に被弾し、命を落とす。 ヴィンセント・フライヤー Vince Fryer 演 - 、吹替 - シーズン2より登場するホノルル市警察内部調査室所属の警部。 デラーノが悪時に手を染めるまでの相棒であり、デラーノが元警官で組織した犯罪者集団の存在が明るみに出た時に調査を開始。 別件で告発されていたコノを形式上懲戒免職にして、デラーノの組織に潜入させていた。 当初はFIVE-0の方針に反発し、独断でコノを潜入捜査をさせていたことでスティーヴやチンの怒りを買うが、最終的には協力してデラーノを逮捕する。 警部という階級ながら現場主義であり、突入の先陣を切ることもある。 非常に強面の人物で、熱血漢で犯罪者に対して容赦のない姿勢を持ち、デラーノ逮捕後もFIVE-0に協力して合同捜査を何度か行うこととなる。 シーズン2最終話にて、デラーノ一味の雇った殺し屋によって殺害されてしまう。 しかし、1発の銃弾を受けただけでは死なず、死亡する直前に殺し屋に発砲、重傷を負わせてFIVE-0に手がかりを残した。 使用拳銃はの。 フランク・デラーノ Frank Delano 演 - 、吹替 - シーズン2より登場するホノルル警察の元警官。 自分と同じように警察を追われた悪徳警官たちを集め、犯罪組織を結成している。 フライヤー警部の元相棒。 スティーヴやフライヤーらによってシーズン中盤に逮捕されるが、シーズン2最終話にて殺し屋を雇ってフライヤーを殺害。 更にコノを拉致してチンを脅迫し脱獄、その後マリアを殺害する。 シーズン3第1話にて警察署に侵入して麻薬を強奪し、その販売ルート確保のためにウォー・ファットの脱獄を支援するが、麻薬の運搬中にFIVE-0に捕捉され、銃撃戦の末に最後はチンに射殺される。 パット・ジェームソン Pat Jameson 演 - 、吹替 -。 ジョンの葬儀に戻ったスティーヴにFIVE-0の結成を要請。 実は裏でウォー・ファットらと関わりを持っていたが、陰謀により殺害される。 サム・デニング Sam Denning 演 - 、吹替 - シーズン1は副知事、シーズン2から知事。 ジェームソン前知事と異なり、FIVE-0に法の遵守を求める。 シーズン4第8話に登場し以降は登場せず、シーズン7から新任の州知事になったため、この間に辞任したとされる。 レイチェル・エドワーズ Rachel Edwards 演 - ()、吹替 - ダニーの元妻。 グレイスの母親であり、ダニーと交代で子供の面倒を見ている。 ダニーとの第二子の妊娠が発覚したのでよりを戻そうとするが後にスタンの子供であることが分かり、その後はラスベガスへと移住する。 しかし、シーズン5にて第二子が実はダニーの息子であることを告げる。 スタン・エドワーズ Stan Edwards 演 - レイチェルの現在の夫で、ダニーの娘グレイスの養父。 エリック・ルッソ Eric Russo 演 - 、吹替 - シーズン3第12話で初登場。 ダニーの甥であり、定職に就かずニュージャージーでトラブルを起こしてハワイに来た。 性格はかなりのお調子者で女好きだが、感性の鋭いところがある。 ダニーの叱責と捜査への協力から自分を見つめなおし、鑑識になることを決意。 シーズン6からは正式に鑑識としてハワイで働くことになる。 性格はあまり変わってはいないが、鑑識の仕事には真剣で場所をそれなりに弁えるようになっている。 グレイス・ウィリアムズ Grace Williams 演 - ()、吹替 - ダニーの娘で、モンキーと呼ばれて溺愛されている。 彼女の名前は、と同じ日にニューヨークで殺害されたダニーの元相棒の女性警官にちなんでいる。 シーズン7よりルーの息子であるウィルのガールフレンドとなる。 ウィル・グローバー Will Grover 演 - 、吹替 - ルーの息子。 シーズン7よりダニーの娘であるグレイスのボーイフレンドとなる。 メアリー・アン・マクギャレット Mary Ann McGarrett 演 - ()、吹替 - スティーヴの妹。 シーズン1第4話より登場。 シーズン4第7話では女の赤ん坊を養子にし、死んだ父ジョンに因んでジョーンと名付けた。 ドリス・マクギャレット Doris McGarrett 演 - 、吹替 - スティーヴの母。 シーズン3から登場。 過去にウォー・ファットの陰謀によって爆死したと思われていたが、実際は生きており、日本のにある某所に匿われていた。 その正体はウォー・ファットが恐れている「シェルバーン」のコードネームを持つ元CIAの工作員。 スティーヴとの再会の後、彼の家に居候するようになる。 しかし、スティーヴに内緒で別の作戦を遂行したり、ウォー・ファットに接見したりするなど目的を明かさずに行動するため、スティーヴには不信感を抱かれている。 チャーリー・フォン Charlie Fong 演 - ()、吹替 - ホノルル警察の法科学者。 コノとは幼馴染の関係にあたる。 チャーリー曰くファーストキスの相手がコノだった。 マリア・ウインクラフト Malia Waincroft 演 - 、吹替 - ホノルル病院の小児科医。 チンの元婚約者だったが汚職警官としてのレッテルを貼られ警官を辞めた時に婚約は破棄されていた。 その後捜査で病院を訪れた時に再会し寄りが戻り結婚に至るが、デラーノ 前述 に殺害される。 ガブリエル・ウェインクラフト Gabriel Waincroft 演 - ()、吹替 - チンの幼馴染でマリアの弟。 シーズン4より登場。 麻薬や武器密売などを行っている犯罪組織のボスで一度はチンに逮捕されるがチンを追い詰めようとしていたレックスを利用して脱獄。 シーズン6においてファイブ・オーの主要敵対者となる。 アダムを罠にはめて刑務所送りにするなど暗躍するがハワイを牛耳るヤクザやマフィアなどの商売敵を一掃しようとしてFIVE-0に妨害されたためにそれらの組織を敵に回し、追い詰められていく。 シーズン6終盤に手下をすべて失った後に潜伏先に入り込んできた麻薬中毒者に撃たれて重傷を負い、FIVE-0に確保されるがその傷がもとで死亡した。 サン・ミン・スー Sang Min 演 - 、吹替 - のメンバー。 シーズン1でスティーヴらに逮捕されるが脱獄。 その後ウォー・ファット絡みのヤクザからの報復を恐れて自ら出頭する。 シーズン3で刑務所の騒ぎに乗じて再び脱獄するがシーズン5に捕捉される。 出所後も捜査に協力をしたり、命を救ってもらう等、FIVE-0と関わりを持ち続ける。 粗野な性格でしばしば軽口を叩いて周りを呆れさせることも多いが、FIVE-0の関係者の冠婚葬祭にはメッセージビデオを送るなど律儀な面もある。 自身の特徴的なヘアスタイルに妙にこだわりをもっていて、髪を触られることさえ嫌う。 離別した妻子に未練を持っているが、再会はせずに密かに見守っている。 ヴィクター・ヘス Victor Hesse 演 - 、吹替 - ウォー・ファットの手下でスティーヴの父を殺した犯人。 その後、ウォー・ファット一味に口封じで殺されるのを恐れ、冤罪で逮捕されたスティーヴを脱獄させるなどFIVE-0に協力するようになるが、結局ウォー・ファット自らの手によって殺害される。 ヒロ・ノシムリ Hiro Noshimuri 演 - 、吹替 - 日本人のやくざの首領。 アダムとマイケルの父親。 ウォー・ファットとの関わりを断つためにジョーに依頼して死を偽装するが結局露呈し、日本にて殺害される。 マイケル・ノシムリ Michael Noshimuri 演 - 、吹替 - アダムの実弟。 殺人罪で収監されていたが、服役を終えハワイに現れる。 警官であるコノと付き合っている上にやくざ稼業を健全な物にしようとするアダムに反発し、自身の証人をコノから盗んだ拳銃で殺害して罪をなすりつけようとするなど暗躍。 自身の派閥を作り、アダムを排除して自分が組織の長になろうとする。 シーズン3最終話にてコノを殺害しようとした際に止めに入ったアダムと揉み合いになり、銃の暴発で死亡。 マモ・カヒケ Mamo Kahike 演 - ()、吹替 - スティーヴとは旧知の仲である、レンタルサーフショップを営むハワイの知恵袋的な老人。 演じるアル・ハリントンは、旧作ではシーズン5以降にFIVE-0のメンバーになったベン・コクアを演じていた。 ローラ・ヒルズ Laura Hills 演 - 、吹替 - シーズン1第4話「脱獄犯」に登場した公安局の新任連絡官。 ジェームソン知事の下で働いている。 シーズン1の終盤で自動車に仕掛けられた爆弾で死亡。 ギャビー・アサノ Dr. Gabrielle "Gabby" Asano 演 - 考古学者。 ダニーの恋人で博物館に勤務している。 海外調査のためにハワイを離れることが多く、最終的に仕事を優先してダニーとは破局する。 ビリー・ハリントン Lt. Commander "Billy" Harrington 演 - ()、吹替 - 元海軍。 キャサリンの元恋人。 除隊後は民間の調査会社をキャサリンと共に始めるがシーズン4第5話「倒れたヒーロー」でキャサリンと不倫の張り込み中に射殺されてしまう。 プア・カイ巡査 Officer Pua Kai 演 - ()、吹替 - シーズン3より登場する若い巡査。 ロバート・コフリン Robert Coughlin 演 - ()、吹替 - シーズン6後半より登場する連邦捜査官。 ガブリエルに殺害されたレックス・コフリンの弟。 チンの内情を探るためにアヴィをFIVE-0の臨時メンバーとして送り込むが、チンと恋仲になってしまい失敗する。 シーズン6の終盤でガブリエル拘束のためにアヴィを通じてFIVE-0の捜査に協力。 その後は和解したようで、サンフランシスコの新しい捜査班のリーダーとしてチンに話を持ち掛け、アヴィと一緒に住むように提案する。 フリッパ Flippa Tupuola 演 - ショーン・モクアヒ・ガーネット、吹替 - カマコナのいとこ。 シュリンプトラックを手伝ったり、パーティーに顔を出したりしている。 カマコナとのストライキの交渉として自分のシュリンプトラックを持つようになったが、シーズン8のある事件で全焼してしまう。 その他 [ ] ジョン・マクギャレット John McGarrett 演 - 、吹替 - スティーヴの父。 ホノルル市警の警察官。 チンは彼の相棒であった。 シーズン1第1話「チーム結成!」の冒頭でヴィクター・ヘスによって殺されている。 以降、各シーズンにおいて回想シーンで登場している。 アンクル・チョイ Uncle Choi 演 - シーズン3第11話「ガーディアン」に登場したチンのおじ。 FIVE-0の事件解決に一役買っている。 ミンディ・ショー Dr. Mindy Shaw 演 - ()、吹替 - S5-1で初登場。 ジョンズホプキンス大学卒業後、マックスの指導下におかれる新人。 マックスは事前にダニーのことを「皮肉屋で、人間嫌いで短気な相棒」などと警告したが、かわいいと評している。 以後6回の登場がある。 ゲスト出演 [ ] 演 - 本人、吹替 - 「」三代目「和の鉄人」で、ホノルルを含め日・米・インドに自身のレストランを7店舗持つ。 シーズン1第20話「父の想い」に本人役でゲスト出演。 また、シーズン6第14話でも出演。 シーズン5第11話「盗まれた名画」にも再度登場、カマコナが料理対決に出場するためマクギャレットを通して修行を依頼される。 始めは断ったが対決相手が出店を狙っていた場所を取り合ったことのあるチョイだと知り引き受ける。 ウォルトン・ドーキンス Walton Dawkins 演 - 、吹替 - シーズン1第4話「脱獄犯」に登場した服役中の凶悪犯。 収容されている州刑務所から看守を人質にして脱走した。 ケージ巡査部長 Sergeant Cage 演 - 、吹替 - シーズン1第8話「信念」に登場した内務調査官。 ダニーの元相棒・メッカの汚職疑惑の調査を担当していた。 レニー・シンクレア Renny Sinclair 演 - 、吹替 - シーズン1第22話「燃えた愛憎」に登場した著名なグラビアカメラマン。 撮影の休憩時に入ったトレーラーハウスごと焼殺される。 マーク・ダンカリー Mark Dunkerley 演 - 本人、吹替 - CEO。 登場はシーズン2第15話「過去から来た男」で、ハワイアン航空機内で連邦捜査官が殺された際に本人役でゲスト出演。 本人のコメントによれば登場シーンは3テイクで撮影終了したという。 ハワイアン航空はオープニングに機体映像の使用を許可するなどドラマ制作に協力している。 オーガスト・マーチ August March 演 - 、吹替 - シーズン2から登場した悪名高い密輸業者。 30年間服役後に出所しており、今はオアフに住んでいる。 2度FIVE-0に捜査協力を依頼される。 演じたエド・アズナーはオリジナル版でもマーチ役でゲスト出演している。 当該エピソードではフライヤー警部の回想としてオリジナル版の映像が挿入されるという演出が行われた。 ジェシー・ビリングス Jesse Billings 演 - 、吹替 - シーズン2第18話「ラジオDJ殺人事件」に登場したトレジャーハンター。 トニー・アーチャー Tony Archer 演 - 、吹替 - シーズン2第18話「ラジオDJ殺人事件」に登場した被害者の友人で、元NY市警所属だった探偵。 演じているジェームズ・カーンは、ダニー役スコット・カーンの実父である。 ビリー Billy 演 - 、吹替 - シーズン3第6話「ある一日」にて、ダニーの回想シーンに登場するニューアークのマフィア。 かつてダニーがニューアークで警官をしていた頃、彼の同僚の刑事であるグレイスを殺害し、ダニーの反撃によって死亡している。 Behati Prinsloo 演 - 本人、吹替 - ファッションモデル。 シーズン3第9話「死の願い」に本人役でゲスト出演。 ファッションショー出演のためハワイを訪れていたが、ホテルの部屋でストーカーに殺されそうになったところを駆け付けたダニーに助けられる。 カート・ストーナー Curt Stoner 演 - 、吹替 - シーズン3第15話「復讐の薬きょう」に登場する両腕が義手の殺し屋。 ポール・デラーノ Paul Delano 演 - 、吹替 - フランク・デラーノの兄。 シーズン3第13話「無法地帯」にて、弟の死の報復のためにチンを拉致する。 演じるダニエル・ボールドウィンは、フランク・デラーノ役ウィリアム・ボールドウィンの実兄。 フレディ・ハート Freddie Hart 演 - ()、吹替 - ジョー・ホワイトからともに訓練を受けたスティーヴのシールズ時代の同僚で親友。 妻子持ち。 3年前、スティーヴと二人で極秘任務にあたり、その最中に戦死した。 エル・コンドル El Condor 演 - 本名:エステバン・ルナ。 シーズン4第1話「新たな疑惑」に登場したテログループ「民族解放運動(NLM)」のリーダー。 イアン・ライト Ian Wright 演 - 、吹替 - シーズン4第8話「思わぬ相棒」に登場した天才ハッカー。 シーズン4最終話「宿敵再び」にも登場する。 デボラ Deborah "Deb" 演 - 、吹替 - シーズン4第9話「感謝祭の訪問者」に登場した、スティーヴとメアリーの伯母。 元歌手。 脳腫瘍を患っており、治療を受けている。 シーズン5第8話「被害者の罪」にて医療センターで知り合ったレナードと結婚した。 シーズン6第12話にて眠るように息を引き取った。 デイビッド・トリヤマ David Toriyama 演 - 、吹替 - シーズン4第10話「父に捧ぐ」に登場した日系人。 年老いた退役軍人を殺害しようとしていた。 レックス・コフリン Rex Coughlin 演 - 、吹替 - シーズン4第13話「チンの過去」に登場する内部調査官。 チンから聴取をとる。 シーズン5にてチンを追い詰めようとガブリエルを刑務所から出し、司法取引を行おうとするがガブリエルにそれを利用され、殺害されてしまう。 ロイ・パリッシュ Roy Parrish 演 - 、吹替 - シーズン4第14話「父と娘と」に登場する殺人の容疑者。 裁判所で終身刑を受けた直後に脱走する。 クララ・ウィリアムズ Clara Williams 演 - 、吹替 - シーズン4第15話「心の壁」から登場したダニーの母。 エディ・ウィリアムズ Edy Williams 演 - 、吹替 - シーズン4第17話に登場したダニーの父。 ケイラニ・マクア Keilani Makua 演 - 、吹替 - すみれ シーズン5第3話「ラスト・ブレイク」に登場するサーファー強盗三人娘の一人。 エリー・クレイトン Ellie Clayton 演 - ミラ・フォークス、吹替 - シーズン5第5話「父の遺した捜査」に登場した地方検事代理。 スティーヴが墓参りの為パンチボウルを訪れた時に父・ジョンの墓に花を供える彼女に出会う。 実はジョンが担当した強盗殺人事件の被害者の娘であり、工具箱に残されていたマッチが被害者である彼女の父親が経営していたバーのものだと知ったスティーヴは捜査を引き継ぐことを決意する。 事件解決後も逮捕状の発行などでFIVE-0に協力している。 Eric Dickerson 演 - 本人、吹替 - 元アメリカンフットボールの選手でシーズン5第6話「ハロウィーンの惨劇」でスティーヴが事件解決後にオフで訪れた釣具店で偶然出くわす。 スティーヴがメールで送った2ショットの写真を見たアメリカンフットボールファンのダニーは「冗談だろ?」と驚く。 レナード・カッサーノ Leonard Cassano 演 - 、吹替 - シーズン5第8話「被害者の罪」に登場する元エンジニアを装ったマフィアの弁護士。 重度の白血病を患っており、医療センターでデボラと知り合ったことが縁で婚約、結婚する。 シーズン6第12話で病死したことが語られる。 サンジート・ダーワン検視官 Sanjeet Dhawan 演 - ()、吹替 - シーズン5第9話「狙った大穴」に登場するハワイ島駐在の検視官。 マックスの知り合いでお互いある因縁をもっている。 ハリー・ブラウン Harry Brown 演 - 、吹替 - シーズン5第10話「夢破れて」に登場する元刑事の探偵。 シーズン7第20話にも登場する。 リチャード・シェリダン Richard Sheridan 演 - 、吹替 - シーズン5第10話「夢破れて」に登場する株のブローカー。 Sam Choy 演 - 本人、吹替 - ハワイ生まれのシェフでハワイだけでなく、グアムや東京に店を構える複数のレストランの経営者。 シーズン5第11話「盗まれた名画」に登場する。 ジェラルド・ハーシュ Gerard Hirsch 演 - 、吹替 - シーズン5第11話「盗まれた名画」に登場する鑑定士。 シーズン6以降もたびたび登場し、警察向けの清掃会社に転職。 捜査に数度関わることになる。 ジェフ・モリソン Jeff Morrison 演 - 、吹替 - シーズン5第14話「失われた犯人」に登場する入国捜査官。 JC・デッカー JC Dekker 演 - 、吹替 - シーズン5第14話「失われた犯人」に登場するモリソンに潜入捜査に協力していた服役囚。 オデル・マーティン Odell Martin 演 - 、吹替 - シーズン5第14話「失われた犯人」に登場する非合法組織と繋がりがある床屋。 シーズン5第19話「早朝の銃撃戦」にも登場する。 父親が弁護士で自身も弁護士資格を持っている。 シーズン6では殺人の容疑をかけられたサン・ミンの弁護を担当した。 その後も弁護依頼が来るようになり、理髪店兼弁護士として生活している。 Michelle Sung Wie 演 - 本人、吹替 - シーズン5第16話「業火」にてマクギャレットにゴルフを教えるプロゴルファーとして登場する。 キャシー・ミルウッド Kathy Millwood 演 - 、吹替 - シーズン5第16話「業火」に登場するの捜査員。 ジェイソン・ダクレア Jason Duclair 演 - 、吹替 - シーズン5第16話「業火」に登場する放火魔。 シーズン6にも登場する。 ルース・テネンバウム Ruth Tennenbaum 演 - 、吹替 - シーズン5第17話「張り込み」に登場するダニーらが張り込みを行うアパートの住人。 クレイ Clay 演 - 、吹替 - シーズン5第20話「第六感」に登場するルーの旧友。 シーズン6にも登場し、ルーより横領行為を糾弾され、逮捕される。 リッチー・マロイ Richie Malloy 演 - 、吹替 - シーズン5第24話「獲物」に登場するバウンティ・ハンター。 シーズン6以降もたびたび登場する。 NCIS:LAより [ ] 詳細は「」を参照 ケンジー・ブライ Kensi Blye 演 - 、吹替 - シーズン2第6話「グッド・ファイト」にゲスト出演。 NCIS:LA捜査官。 また、シーズン2第21話「感染」(『』とのクロスオーバーエピソード前半)にゲスト出演。 G・カレン G. Callen 演 - 、吹替 - ロサンゼルス支局OSP(Office of Special Projects、特別捜査官現場対応チーム)主任。 ダニーから捜査協力を要請された際、事件に自身と因縁の深いコメスク一族(後述)が絡んでいることを知り、ハンナと共にハワイを訪れる。 サム・ハンナ Sam Hannna 演 - 、吹替 - NCISロサンゼルス支局OSP上級捜査官。 コメスクがNCISの監視対象となっていることに加えシールズ時代のスティーヴの友人であることから、ダニーより電話で直接捜査協力要請があり、カレンと共にハワイ入りする。 ドラクル・コメスク Dracul Comescu 演 - ()、吹替 - 『NCIS:LA』本編でOSPにより壊滅させられたルーマニア系マフィア=コメスク一族の生き残り。 殺人事件の現場に指紋が残っていたことから捜査線上に浮かび、天然痘ウイルスの取引のために姿を現す。 エピソード [ ] 詳細は「」を参照 シーズン エピソード 米国での放送日 初回 最終回 24 2010年9月20日 2010-09-20 2011年5月16日 2011-5-16 23 2011年9月19日 2011-09-19 2012年5月14日 2012-5-14 24 2012年9月24日 2012-09-24 2013年5月20日 2013-5-20 22 2013年9月27日 2013-09-27 2014年5月9日 2014-5-9 25 2014年9月26日 2014-09-26 2015年5月8日 2015-5-8 25 2015年9月25日 2015-09-25 2016年5月13日 2016-5-13 25 2016年9月23日 2016-09-23 2017年5月12日 2017-5-12 25 2017年9月29日 2017-09-29 2018年5月18日 2018-5-18 25 2018年9月28日 2018-09-28 2019年5月17日 2019-5-17 22 2019年9月27日 2019-09-27 2020年4月3日 2020-4-3 製作 [ ] 2010年10月21日にCBSは Hawaii Five-0シーズン1を24話発注したと発表した。 2011年5月15日にはシーズン2の発注が行われ、CBSは2011年6月28日にシーズン2が2011年9月19日月曜日からスタートすると発表。 放送 [ ] この番組はアメリカではで2010年9月20日に初放送された。 のとNTVでアメリカ合衆国と同時刻に初放送された。 他に数か国で放送されており、その中にはも含まれており、、『』枠にて2015年9月29日から12月4日までシーズン1・シーズン2が、2016年2月9日から3月14日までシーズン3が、2016年9月28日から12月6日までシーズン4・シーズン5が、2017年5月29日から6月30日までシーズン6が、2018年1月30日から3月6日までシーズン7が放送された。 でも2017年7月30日 深夜 から2017年12月25日 深夜 までシーズン1が放送された。 また、では2017年2月23日からシーズン1〜シーズン5が放送されている。 2019年6月からシーズン6が放送予定である。 脚注 [ ] []• AXN. 2014年8月11 日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2015年12月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 吹き替え版と違い、原語版ではCath(キャス)のほかCat(キャット)とも呼ばれる。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年7月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 AXN. 2014年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月6日閲覧。 ハワイアンタウンズ. 2019年11月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (英語)• - (英語) 日本語• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ東京) YouTube• 前番組 番組名 次番組.

次の

復縁しない!「HAWAII FIVE

ミシェル ボース 結婚

先日、人気海外ドラマ「HAWAII FIVE-0」から降板することが伝えられたチン・ホー・ケリー役のダニエル・デイ・キムが、自身のフェイスブックページを通じて声明を発表。 降板にあたっての想いを明かした。 今秋よりアメリカでシーズン8が放送予定の「HAWAII FIVE-0」は、1968年から12年にわたって放送された往年の人気刑事ドラマ「ハワイ5-0」のリメイク作品。 コノ・カラカウア役グレイス・パークと共に、シーズン8を前に降板することとなった。 主要キャスト降板という大きなニュースにファンが動揺するなか、ダニエルが自身のフェイスブックページを通じて声明を発表。 「平等への道のりは容易ではない」と、今回の降板騒動にあたっての想いを綴っている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 全文掲載 「HAWAII FIVE-0」について、ファンへメッセージ 皆さんへの連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。 しかし、皆さんと同じように、私も家族や友人らと忙しく独立記念日のホリデーを過ごしていました。 ホリデーから戻り、これ以上時間を無駄にしたくないと思っています。 多くの方がすでにニュースを聞いたとは思いますが、残念ながらそれは事実です。 私自身、 シーズン8に向けて スケジュールを空けていましたが、CBSとの間で新しい契約内容に合意に至ることができませんでした。 そのため、これ以上続けることはできないと、苦渋の決断を取ることになりました。 お別れを述べることを悲しく思いつつも、感謝の気持ちでいっぱいです。 スタッフや脚本家たち、そして番組に携わる関係者すべての方に感謝しています。 この一連のプロセスの中、ずっと支えになってくれたキャストの皆さんには特に感謝の気持ちでいっぱいです。 この7年間、キャストとスタッフの皆さんは僕にとって第2の家族のような存在でした。 シーズン8以降の成功をお祈りしています。 そして、エグゼクティブプロデューサーのピーター・レンコフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、そしてCBSの皆さんにも感謝しています。 チン・ホー・ケリーというキャラクターに命を吹き込むために、私を信頼してくれました。 アジア系のアメリカ人俳優として、このような機会を得ることがいかに難しいことかを知っています。 ましてや、チン・ホー・ケリーのようにしっかりと作りこまれた3次元のキャラクターを演じられる機会は滅多にないことです。 彼のことを心から恋しく思うことでしょう。 私の家族と私自身が心から愛する場所を代表しているということが、チンというキャラクターをより特別なものにしています。 地元のコミュニティーの方々へ、マハロ ヌイ ロア ハワイ語でありがとう。 最後に、ファンの皆さんに感謝します。 皆さんのメッセージに目を通しました。 その言葉がどれほど私にとって重要な意味を持つか、言葉では言い尽くせません。 「HAWAII FIVE-0」の成功があったのは、皆さんのおかげであることを私は決して忘れません。 世界中の皆さんと個人的にオンライン上で交流できたことは、私がこれまでに経験した中で最高の喜びの一つでした。 これから皆さんと一緒に旅を続けられないことを残念に思います。 最後に、この移り変わりは難しいとは思いますが、この失意の瞬間の先にあるものを広い視野で見ていきましょうと皆さんに伝えたいです。 平等への道のりは容易なものではありません。 しかし、将来に期待してほしいのです。 私は将来が楽しみです。 「HAWAII FIVE-0」は、力強いシーズンを経てこの先も続いていきます。 私には近い将来、新しい俳優の仕事が待ち受けていますし、プロデューサーとして、私の会社3ADにとって最初の番組「THE GOOD DOCTOR」が、ABC局で今秋放送を迎えます。 皆さんには是非観て頂きたいです。 他にもたくさんのことを楽しみにしていてほしいですし、今後皆さんに報告できることでしょう。 アロハ、ありがとうございます。 独立記念日おめでとう! ーDDK ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 7年に渡って応援してきてくれたファンに長文を綴ったダニエル。 彼自身にとっても番組を離れることは辛い決断だったようだが、彼の気持ちは既に明るい未来に向かっているようだ。

次の

高身長セクシーモデル女優『ハワイ5-O』グレイスパークの結婚や旦那、出産休業など画像あり

ミシェル ボース 結婚

レベッカ・ゴードン医師とボビー・トラン医師がカンダハル飛行場にあるNATOの「ロール3」医療部隊に転属。 負傷兵を治療するかたわら、さっそくロケット砲攻撃の洗礼を受ける。 2006年。 敏腕外傷外科医のレベッカ・ゴードン少佐と新米医師のボビー・トラン大尉が、カンダハル飛行場にあるNATOの「ロール3」多国籍医療部隊に転属してくる。 アフガニスタン南部唯一の高度外科医療施設だ。 飛行場のはずれにベニヤ板と帆布とテープで建てられたロール3病院は、上空を飛行機が通過するたびに揺れるまにあわせの建物だった。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 重傷のイギリス兵を救おうとしたレベッカは、手術で血液製剤の備蓄を使い果たしてしまう。 その兵士は仲間による発砲で負傷した可能性があった。 被弾した重傷の兵士をボビーとともに手術したレベッカが輸血製剤を使い果たしてしまったため、マークス大佐はやむなく基地スタッフに献血を募る。 ペダーセンが負傷兵のチームメートに銃撃戦の状況を尋ねるが、どうも話が合わない。 マークスはレベッカを士気向上担当責任者に任命し、基地スタッフ向け親睦パーティの手配を命じる。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 脳神経外科医のサイモン・ヒルは無許可で救命ヘリに便乗し、敵の攻撃を受ける。 レベッカはサイモンに代わって脳の手術をやらなければならなくなる。 救命ヘリが物資輸送任務に出かけると知ったサイモンは、自分の農場を見にいくため便乗。 しかし予想外の砲撃を受けたあげく、弾の破片で重傷を負った米兵を救助するため寄り道を余儀なくされる。 ボビーとレベッカが担当した脳出血のルーマニア人民間人は、直ちに脳神経手術を行わないと命がない。 サイモンは帰着が間に合わず、ヘリから携帯電話でレベッカに指示を出して手術させる。 ボビーとペダーセンは、不眠症に悩んでいるという米空軍士官を診察。 その士官は、空軍の戦略にかかわる重要な作戦任務を控えているという。 マークス大佐は休む間もなく過熱暴走のCTスキャナーと格闘し、無断外出のサイモンを叱責し、空軍士官に苦渋の診断を下す。 市民の結婚パーティが戦火に巻き込まれ、多くの負傷者がロール3病院に搬送された。 レベッカは行方不明になっている花嫁を捜し出そうと手を尽くす。 母国の妻から気になる電話を受けたマークスは、ペダーセンに相談。 レベッカはボビーと共にペダーセンのカウンセリング・セッションに参加するが、つい本音をしゃべりすぎてしまって落ち込む。 民間人の結婚祝いがタリバンとの市街戦に巻き込まれ、アフガニスタン人の新郎と出席者たちがロール3病院に担ぎ込まれる。 ペダーセンは負傷した女性たちの手当てを手伝うためクリニックへ赴き、レベッカは新婦の行方を捜す。 ボビーは大尉としての権限で、部下を率いて作戦任務を終了するまで検査を待ってほしいという曹長に休養を命じる。 さらに、お偉方との電話会議での受け答えでマークス大佐を感心させる。 レベッカは、人気者だった兵士の遺志をなんとか実現しようと、病院の規則に反して奔走。 その努力が報われ、彼女は「手柄」を上げることができるのか。 サイモンの私生活についてさまざまな噂が駆けめぐる。 レベッカはサイモンに「ボビーの成功をうらやんでいる」と打ち明け、その気持ちをペダーセンに相談する。 ボビーの研究を手伝うことになった看護師のスージーは、彼に好意を抱く。 一方、イギリスから頻繁に電話を受けているサイモンの様子を見て、同僚たちの間にさまざまな憶測が駆けめぐる。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. ある兵士の死に関して厳しい調査を受けるレベッカ。 薬を与えなかったことが彼の死につながったのではと思い悩む。 カンダハル空軍基地で、「カバブ大食い競争」が開催される。 会場に向かう途中のレベッカは、ヘリ救命士のフォードとメーラに出くわし、長距離のフライトに出発するところだと聞かされる。 操縦士の米空軍大尉レイ・ラドフォードは出発前に興奮薬が欲しいと言うが、レベッカは職業倫理上それはできないと断る。 一方カバブ大食い競争の会場では、細菌まみれの肉を介して胃腸炎患者が続出するという悲惨な状況に。 てんやわんやの中、救命ヘリ墜落というショッキングな知らせが届いた。 負傷したレイ、フォード、メーラがストレッチャーで運ばれてくる。 航空医官とマークス大佐は、レイの命を救おうと懸命に処置。 ボビーが助かる見込みのほとんどない患者を救おうと決意したため、医師団と看護師たちの対立が深まる。 この溝を乗り越えることができるのか、それともロール3病院の医師と看護師が決定的に敵対してしまうのだろうか。 民間バスと軍用車の衝突事故が発生し、数名の負傷者がロール3病院に搬送された。 ボビーが担当したのは、重度のやけどを負った女性。 生存可能性ありという彼の判断は、経験豊富なウィル・ロイヤル看護師長の意見と真っ向から対立する。 望みがないと考えたウィルは、無駄な延命に看護の人手を浪費せず死なせるべきだとマークス大佐に進言するが、大佐とレベッカはともにボビーの決断を支持する。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 2つの世界の板挟みとなり苦悩するヴァンズ。 軍病院の仲間たちと、タリバン兵との疑いをかけられ負傷して運ばれた幼馴染みの友人、ヴァンズはどちらを選ぶのか。 爆破テロの容疑者が負傷して搬送され、スタッフは神経をとがらせる。 その容疑者カマールは、ヴァンズの幼馴染だった。 マークス大佐はヴァンズにカマールと接触するなと命じるが、ヴァンズは真実を知りたい一心で嗅ぎ回り、カマールに発砲したアフガン国軍の兵士がやはり幼馴染のサルマンであることを知る。 カマールは無実を主張し、サルマンはカマールこそ爆破犯だと言う。 ヴァンズはどちらを信じるべきか分からず、2人の間で揺れ動き思い悩む。 さらにロケット攻撃の混乱に乗じてカマールが脱走したため、軍警察はヴァンズに逃亡幇助の疑いをかける。 ヴァンズを心配するマークス大佐にも、なすすべがない。 重傷の兵士を本当の意味で救えるのは、医学か信仰か。 イモンと従軍牧師の間に緊張が高まる。 重傷で運ばれたダウムズ軍曹の治療にあたるサイモンと、かたわらに付き添う女性従軍牧師プロテル。 サイモンは過去への罪悪感と怒りに苦しんでいるところで、プロテルも信仰心を失いかけていた。 脊椎損傷で四肢麻痺の恐れありと言われたダウムズは、プロテルを呼んで神を信じさせてくれと懇願する。 一方のサイモンは罪悪感の反動で、ダウムズが腕を使えるよう危険な手術に挑戦させてくれとマークス大佐に頼む。 ダウムズのそばを離れないと約束したプロテルは、手術に立ち会ってサイモンの奮闘を見守る。 はじめは軽口を叩いていた2人だが、やがて医学と信仰をめぐる辛辣な議論に。 爆発で負傷したマークス大佐に代わり、レベッカがトリアージの責任者に。 一刻を争うプレッシャーの中で、大佐の意思にそむいてでも方針を貫き通そうとする。 思い悩むレベッカを慰めたのは、意外にもサイモンだった。 旧ソ連軍の掩蔽壕をクリニックに転用できないかと、廃墟を訪れたマークス大佐と工兵のフィッツハロルド大尉(フィッツ)。 一見安全と思えた建物だったが、不発の仕掛け爆弾をうっかり爆発させてしまう。 大佐は軽傷、フィッツは崩れた建物の鉄筋で串刺し状態に。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 女性クリニックが襲撃され、サミゼイ少佐、レベッカ、ペダーセン、スージー、パムが危険にさらされる。 そのショックも癒えないまま、ロール3病院のスタッフは負傷した襲撃犯の命を救うため奔走することに。 いつものように女性クリニックを訪れたレベッカとペダーセン。 看護師のパムとスージーも同行し、診察室ではサミゼイ少佐が通訳を務めていた。 そこへサミゼイ少佐の命を狙う殺し屋が現れたため、レベッカはやむなく銃を取って、その男に重傷を負わせる。 プロの医師として、直ちに自分が撃った男の応急処置を開始するレベッカ。 サミゼイに向けられた銃弾は狙いが外れ、病院側スタッフ1名の命を奪っていた。 仲間の死を知ったロール3病院のスタッフ達はショックを受ける。 レベッカとボビーは懸命に私情を抑え、友人を殺害した男の治療に当たらねばならない状況に。

次の