ショパン 革命 の エチュード。 ピアノ初心者がショパンの「革命のエチュード」を弾く方法

辻井伸行 ショパン 12のエチュード

ショパン 革命 の エチュード

ショパンが演奏旅行でを離れていた際、ロシア帝国からの独立を目指した革命が失敗し、故郷のワルシャワが陥落したとの報を受けて作曲されたとされる。 『革命』というタイトルはが命名したもの。 1833年に出版された『12の練習曲 作品. 10』は、1829年から1832年にかけて作曲され、フランツ・リストに捧げられた作品。 中でも『』と、この『第12番革命』が特に有名。 演奏技術と初見に関しては比類なき能力を誇っており、どんな曲でも初見で弾きこなしたと言われ、いまだに彼を超えるピアニストは現れていないとすら言われている。 ただし、ショパンの『練習曲 作品10』だけは初見で弾きこなせなかった。 その影響で、リストはパリから突如姿を消してしまう。 数週間後に現れたリストは見事に全曲を弾きこなし、ショパンを驚嘆させたという。 このことから、ショパンはリストに『練習曲 作品10』を捧げたとされている。

次の

ピアノ初心者がショパンの「革命のエチュード」を弾く方法

ショパン 革命 の エチュード

ショパン:エチュードOp. 10の概説 Op. 10は自身のピアノ協奏曲第1番Op. 11を演奏するために作られました。 つまり、Op. 10の練習曲はショパン自身の練習曲でもあったわけです。 10を全て弾ければ、ピアノ協奏曲第1番が弾けるかどうかは不明…。 またこの練習曲集はリストに献呈されました。 ショパンがリストに見せた途端、リストはそれを弾きだしました。 初見の天才でもあったリストは、弾けない作品なんてほとんどなかったのです。 しかしどっこい。 この練習曲集はリストをもっても弾くことができなかったと言います。 「1週間待ってくれ!1週間後に必ず弾けるようにしてみせる!」とリストは言いました。 本当に1週間後に弾けるようにしてしまったみたいですよ。 10の第1曲目、Op. 10-1の冒頭をご覧ください。 こちらは左手の「ド」を基音とする倍音列で構成されています。 和声の神童、ショパンから和音の基礎となる倍音列を献呈されたリストの心情はいかほどのものであったでしょうか。 10-1ハ長調 右手の広範囲にわたるアルペジオ みんな大好き「革命」です。 高校生まではこれを弾いてもコンクールは通るのですが、大学生では無理ですね。 でも名演が出来る自信のある人は、ショパンコンクールでも弾いちゃうんですよ。 よく衝撃的な出来事があったときにCMやバラエティ番組で使われますが、和音自体はそんなに衝撃的ではないのです。 ただの属7の和音。 まとめ ショパン作曲練習曲Op. 10は、自身のピアノ協奏曲第1番ホ短調Op. 11を演奏するために作られたエチュードです。 10で練習したテクニックは、かならずコンチェルトで生かされます。 アルペジオ、パッセージはもちろん、ポリフォニーにも精通したOp. 10はJ. バッハに由来するのでしょうか? 合わせて読みたい.

次の

ショパン『エチュード』の難易度について。ピアノ練習方法も紹介

ショパン 革命 の エチュード

ショパン:エチュードOp. 10の概説 Op. 10は自身のピアノ協奏曲第1番Op. 11を演奏するために作られました。 つまり、Op. 10の練習曲はショパン自身の練習曲でもあったわけです。 10を全て弾ければ、ピアノ協奏曲第1番が弾けるかどうかは不明…。 またこの練習曲集はリストに献呈されました。 ショパンがリストに見せた途端、リストはそれを弾きだしました。 初見の天才でもあったリストは、弾けない作品なんてほとんどなかったのです。 しかしどっこい。 この練習曲集はリストをもっても弾くことができなかったと言います。 「1週間待ってくれ!1週間後に必ず弾けるようにしてみせる!」とリストは言いました。 本当に1週間後に弾けるようにしてしまったみたいですよ。 10の第1曲目、Op. 10-1の冒頭をご覧ください。 こちらは左手の「ド」を基音とする倍音列で構成されています。 和声の神童、ショパンから和音の基礎となる倍音列を献呈されたリストの心情はいかほどのものであったでしょうか。 10-1ハ長調 右手の広範囲にわたるアルペジオ みんな大好き「革命」です。 高校生まではこれを弾いてもコンクールは通るのですが、大学生では無理ですね。 でも名演が出来る自信のある人は、ショパンコンクールでも弾いちゃうんですよ。 よく衝撃的な出来事があったときにCMやバラエティ番組で使われますが、和音自体はそんなに衝撃的ではないのです。 ただの属7の和音。 まとめ ショパン作曲練習曲Op. 10は、自身のピアノ協奏曲第1番ホ短調Op. 11を演奏するために作られたエチュードです。 10で練習したテクニックは、かならずコンチェルトで生かされます。 アルペジオ、パッセージはもちろん、ポリフォニーにも精通したOp. 10はJ. バッハに由来するのでしょうか? 合わせて読みたい.

次の