ペイペイ 機種 変更。 AndroidからiPhoneへの機種変更時にやっておきたいデータ移行

機種変更後の旧機種はどうする? 残すべきか下取りに出すべきか

ペイペイ 機種 変更

最近では、老若男女問わず幅広い世代にスマホが普及していますが、購入して最初に行うべき設定の多さや内容のややこしさに、困っている方もいるのではないでしょうか? 機種変更したときも同様で、初期設定に悩んだ結果、設定が完了しているのか分からない状態で使い続けている方もいると思います。 スマホを機種変更する場合には、店員が丁寧に初期設定を教えてくれたり、代わりに設定してくれたりすることもありますが、時間がなくて自力で設定しなければならないケースもありますよね。 そこで今回は、AndroidやiPhoneを機種変更したときに最初にやるべきことをご紹介します。 スマホ起動直後の設定 AndroidもiPhoneも同様で、スマホの電源を入れると最初に初期設定画面が表示されます。 まずは 初期設定画面に従って、必要最低限の情報を入力しましょう。 AndroidとiPhone、使用する機種でも内容が異なりますが、代表的な項目を紹介します。 1-1. 言語選択画面 言語選択画面が表示されるため、使用する言語(iPhoneの場合は利用する国)を入力します。 1-2. Wi-Fiネットワーク設定 Wi-Fiネットワーク設定は、利用するネットワークを選んで、パスワードを入力すれば完了です。 Wi-Fiネットワークを使用する予定がなかったり入力内容が確認できなかったりした場合、ひとまずはスキップして、後で設定することもできます。 ただし自宅など、インターネット環境がある場所で設定を進めている場合は、後から設定する手間を省けるため、ここでWi-Fiネットワーク設定をすることがおすすめです。 1-3. アカウント情報の設定 AndroidであればGoogleアカウント、iPhoneであればApple IDのアカウントを入力します。 これらのアカウントは、スマホを利用するにあたって必要なログインシステムです。 そのため、新規でスマホを持つ場合などは、アカウントを登録する必要があります。 機種変更の場合は、機種変更前のスマホでバックアップを取ったりデータを同期したりしておくことで、アカウント情報の設定後に、機種変更前のスマホで使用していたアプリやデータを復元することが可能です。 アカウントの設定については、以下で詳しくご紹介します。 Googleアカウント、Apple IDの設定 2-1. Androidの場合 2-1-1. Googleアカウントがある場合 以前もAndroidを使用していた、またはすでにGoogleアカウントを持っている場合はそのアカウントを使用できるため、設定が簡単です。 Gmailのアドレスとパスワードを入力して、その後に出てくる同意ボタンをタップすれば設定は完了します。 2-1-2. Googleアカウントがない場合 新たにアカウントを取得する場合は、アカウントの追加画面で「新しいアカウントを作成」をタップして作成を行います。 「新しいアカウントの作成」での設定項目は、以下の通りです。 ・名前の設定 デバイスやサービス上に表示される名前を設定します。 ・アドレス設定 アドレスとなる任意の文字列を入力します。 すでにアドレスとして登録されている文字列は使用できませんが、その場合は代わりとなる候補のアドレスを表示してくれます。 ・パスワード設定 セキュリティのために、他の方に推測されにくい8文字以上のパスワードを設定します。 ・利用規約などに同意 ショートメールを利用した「電話番号の確認」や「プライバシーポリシーと利用規約」への同意確認を行います。 「お支払い情報の設定」や「Google+」というGoogleが提供するSNSへの参加を促す画面が表示されることもありますが、いずれもスキップが可能です。 2-2. iPhoneの場合 2-2-1. Apple IDがある場合 Apple IDは、アプリの購入や無料ダウンロードなどのサービスを使うときに必要です。 すでにApple IDをお持ちの場合は、Apple IDの画面が表示されたら、IDとパスワードを入力してサインインしましょう。 利用規約に同意すれば設定は完了です。 2-2-2. Apple IDがない場合 Apple IDを持っていない場合は、Apple IDの登録画面で「無料のApple IDを作成」をタップします。 「無料のApple IDを作成」での設定項目は、以下の通りです。 ・誕生日、名前、メールアドレス(Apple ID)登録 誕生日(13歳未満は取得不可)、名前、メールアドレスの登録が必要です。 ここに入力した文字列がApple IDになります。 ・パスワード設定、秘密の質問 パスワードを設定し、パスワードを忘れてしまったときに必要となる秘密の質問を3つ設定します。 ・レスキューの設定、利用規約に同意 本人確認やパスワードのリセットに使用するApple IDとは別のアドレスを入力し、利用規約に同意して完了です。 携帯電話会社のID・パスワードの登録 docomoやau、SoftBankなど、携帯会社が提供しているサービスを利用するために、 各社独自のIDやパスワードの登録が必要です。 今までと同じ携帯のアドレスを使いたいときや、利用料金や各種設定の変更を行うときなどに必要となるため登録しましょう。 docomoは「dメニュー」、auは「au ID」、SoftBankは「My SoftBank」といった会社の名前がついたアプリがインストールされているため、そのアプリをタップすれば登録できます。 アドレス帳の移行 機種変更前の携帯に登録してある連絡先を新しいスマホに移行させたい場合は、アドレス帳の移行が必要です。 アドレス帳の移行の際に、事前にバックアップの準備ができる場合と、できない場合の移行方法をそれぞれご紹介します。 4-1. 事前にバックアップを準備できない場合 事前にバックアップを準備できない場合は、ショップで新しいスマホを購入するタイミングで、アドレス帳の移行について店員に相談してみると良いでしょう。 ショップにある機械を利用してデータ移行のサポートをしてくれたり、ショップのサービスとしてデータ移行を行ったりしてくれるはずです。 ただし、さまざまな条件によりデータ移行が難しいケースも考えられるため、できるだけ事前に準備を整えてから機種変更することをおすすめします。 4-2. 事前にバックアップを準備できる場合 ここでは事前にバックアップしたアドレス帳の復元方法を、バックアップ媒体別にご紹介します。 4-2-1. microSDカードの使用 事前に 古い携帯のmicroSDメニュー画面からアドレス帳のバックアップを行っておけば、新しいスマホにmicroSDを挿入することで、アドレス帳のバックアップから復元できます。 ただし、iPhoneはmicroSDカードに対応していないため、iPhoneからAndroidスマホ、またはAndroidスマホからiPhoneへ機種変更する場合は、microSDカードを使ったアドレス帳の移行はできません。 4-2-2. Googleアカウント、Apple IDのバックアップの使用 機種変更前のスマホで、GoogleアカウントやApple IDを利用してバックアップを取ったり、データの同期を事前に行ったりしている場合は、アカウントの設定後にアドレス帳が復元されます。 4-2-3. Googleアカウントの使用 iPhoneからAndroidスマホ、またはAndroidスマホからiPhoneへアドレス帳を移行する場合、Googleアカウントで連絡先を同期することで、アドレス帳の移行が可能です。 iPhoneでGoogleアカウントを追加して「連絡先」を同期することで、iPhoneでもAndroidスマホでも、Googleアカウントの連絡先から端末のアドレス帳にデータを移行することができます。 4-2-4. バックアップアプリの使用 機種変更や携帯電話会社の変更の際に役立つバックアップアプリが多く存在します。 バックアップアプリの使用も検討してみてください。 その他の設定 上記でご紹介した設定以外にも、機種変更をした際に設定しておくと、スマホが使いやすくなる設定があります。 ここでは、スマホが使いやすくなるさまざまな設定についてご紹介します。 5-1. ホーム画面の設定 不要なアイコンを削除したり、よく使うアプリのアイコンをタップしやすい位置に移動したりして、ホーム画面を使いやすい状態に設定できます。 5-2. 表示調整 文字の大きさや、液晶画面の照度や照明時間など、画面を見ていて疲れにくい設定に変更しましょう。 5-3. セキュリティ設定 スマホの紛失は思わぬタイミングで起きてしまうものです。 万が一のとき、スマホの中にある個人情報を第三者に見られないように、ホーム画面にセキュリティをかけたり、ロックを設定したりしておきましょう。

次の

機種変更時にPayPay(ペイペイ)のアカウント・残高を引き継ぐ方法 電話番号が変わるときは要注意

ペイペイ 機種 変更

登録した情報でログインする アプリを起動したら、画面下部に「ログイン」ボタンがあります。 赤枠から、ログインしてください。 ここを見逃すと、新規登録になってしまうので注意。 「ログイン」をタップすると画面が、ブルーに変わります。 PayPayに登録した「 携帯電話番号とパスワード」または「 Yahoo! JAPAN ID」でログインすることで、そのまま利用できます。 私は、Yahoo! JAPAN IDでログインする場合は、メールアドレスを入力すると、メールに確認コードが届きます。 メールに届いた確認コードを入力して、ログインをタップ。 「 携帯電話番号とパスワード」でログインする場合も、「Yahoo! JAPAN ID」でログインする場合も、新しい端末でSMS ショートメール 認証が必要みたいです。 PayPay ペイペイ から、SMS[ショートメール]に認証コードが届きました。 メールに届いた4桁の認証コードを入力して、完了です。 PayPay ペイペイ の引継ぎが、うまくできました。 残高も、残っていますね。 機種変更 電話番号変更あり 時のPayPay引き継ぎ方法 携帯電話番号を変更する場合も、変更前に使っていた情報を新しいスマホに引き継ぐことができます。 変更前のアカウントにログインできる場合 新しいスマホと旧スマホを用意しましょう。 旧スマホのPayPay ペイペイ アプリを開きます。 アプリ右下にある「アカウント」をタップします。 アカウント画面上部の「詳細を見る」をタップします。 「携帯電話番号」をタップすると、下のような画面になります。 「新しい携帯電話番号に変更する」をタップします。 PayPayアカウントのパスワード入力画面、またはYahoo! JAPAN IDのログイン画面が表示されます。 JAPAN IDのログイン画面 必要情報を入力し「ログイン」または「認証する」をタップします。 変更後の携帯電話番号 新しいスマホの番号 を入力し「携帯電話番号を確認してSMS送信する」をタップします。 新しいスマホにSMS[ショートメール]認証コードが届きます。 認証コードを表示されている画面に入力して「認証する」をタップすると、変更手続きが完了です。 旧スマホのアカウントにログインできない場合 継続したいPayPayアカウントにログインできない場合は、公式のカスタマーサポートに連絡が必要みたいです。 ・しばらくの間は、PayPayアカウントを解約した携帯電話番号には変更できません。 ・過去のご利用状況や登録情報は、変更後の携帯電話番号にログインのうえ確認してください。 変更前の携帯電話では確認できません。 同一アカウントで複数端末の利用はダメ? 私は電話番号は変えずに機種変更して引継ぎしました。 旧スマホのペイペイアプリを見てみると、まだ普通に使えそうな雰囲気です。 新スマホでも、旧スマホでも同じアプリ画面。 チャージすると、どちらの端末も残高が反映されるようです。 実際、Twitterなどを見ると 同一アカウントで複数台使えると言っている人がいます。 ・同一端末を用いて異なる2つ以上のPayPayアカウントでログインしてPayPayアプリを利用された場合や、 同一のPayPayアカウントで異なる2つ以上の端末へログインをしてサービスを利用した場合や、同一クレジットカードを異なる2つ以上のPayPayアカウントに登録してPayPayアプリを利用された場合には、調査を行い、当社が不正のおそれがあると判断した場合には 景品付与を行いません。 当該調査には時間を要しますので、上記の調査を経て景品付与を行う場合の付与時期は、当該決済の翌月20日より後になる可能性があります。 同一アカウントの複数端末利用があった場合は調査されて、キャンペーンのポイントがもらえなくなる可能性がある…。 PayPay、複数端末が不可で還元対象外になるぞというお知らせが来たので自分の中ではPayPayは終わりましたとさ。 2019年4月12日現在 うっかり旧スマホのペイペイを利用してしまって、不正とみなされたら嫌ですね… 旧機種をサブ機として利用予定の人は、間違えて利用してしまう前に、アプリをアンインストールしておいた方がいいかもしれません。 ・・・・・・ あれ?機種変更した時点で同一アカウント2台目ですね…。 同一アカウント2台目ですが、機種変更は…さすがに配慮してくれるか…?? ちょっと不安を残す記事になってしまいましたが…、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

PayPayを機種変更で引き継ぐ方法|電話番号変更時の注意点

ペイペイ 機種 変更

新しいスマホにPayPayアプリをインストールし、旧端末で利用していた電話番号の入力、またはYahoo! JAPAN IDでログインすることで引継ぎが完了します。 まずは新しいスマホにPayPayアプリをインストールしてください。 アプリをインストールすると、最初に新規登録画面が表示されます。 画面下にある「すでにアカウントをお持ちの場合 ログイン」をタップしてください。 すると次のようなログイン画面に移動します。 ログイン画面では、以前まで使っていた端末の電話番号とパスワードを入力し「ログイン」を押します。 旧端末がYahoo! JAPAN IDに紐づいていた場合は、「Yahoo! JAPAN IDでログイン」をタップします。 ログインを行うと、新しい端末にSMSで認証コードが送られてきます。 その認証コードをPayPayアプリの画面内に入力してください。 最後に「認証」をタップすると引継ぎは完了です。 これだけの操作だけで、以前から利用していたPayPay残高やアカウント情報がすべて引き継がれます。 ここでは、旧端末の操作と新端末の操作方法をお伝えしていきます。 引継ぎ時に旧端末が必要なので絶対に手元に残しておきましょう。 2-1.旧端末での新電話番号の登録 まずは、旧端末で新しい端末の電話番号を登録していきます。 旧端末でPayPayアプリにログイン後、画面下の「アカウント」をタップします。 そして、アカウントページ内にある「アカウント情報」を押してください。 次に、アカウント情報ページの画面下部にある「携帯電話番号」という項目をタップします。 そのなかに「携帯電話番号を変更する」というボタンがあるので、こちらをタップしてください。 上画像のようにログインパスワードが求められますので、いつも利用しているパスワードを入力しましょう。 すると、画面が「携帯電話番号の変更」へ移動します。 ここでは新しい端末の電話番号を入力してください。 入力が終われば、その下にある「携帯電話番号を確認してSMSを送信する」というボタンをタップします。 すると新しい端末にSMSで認証番号が送られてきます。 その認証コードをPayPayアプリの画面に入力します。 最後に「認証する」というボタンをタップすれば、新しい電話番号の登録は完了です。 次は、新しい端末でPayPayアプリにログインし、引継ぎの手続きを行っていきましょう。 2-2.新端末でPayPayにログイン ここからの流れは電話番号を変更しないときの手続きと同じです。 まず、新しいスマホにPayPayアプリをインストールしてください。 インストール後、新規登録画面の「すでにアカウントをお持ちの場合 ログイン」をタップします。 ログイン画面に移動するので、新しい端末の電話番号とパスワードを入力します。 すると、新しい端末にSMSで認証コードが届くので、PayPayアプリにそのコードを入力します。 これで機種変更時の引継ぎはすべて完了です。 3.PayPay機種変更時の注意点 機種変更を行ったときにPayPayを引き継ぐ場合、次の3つの注意点があります。 誤った方法で手続きを進めてしまうと、最悪の場合はうまく引継ぎできないこともあるので、引継ぎの作業を行う前に確認しておいてください。 3-1.アプリインストールは引継ぎが済んでから行うこと 機種変更時に電話番号が変わる方のみ、アプリをインストールするタイミングには注意しましょう。 PayPayは同一端末で複数のアカウントを重複して利用することができません。 そのため、旧端末で新しい電話番号を登録(先ほどの2-1の手順)する前に、新端末にアプリをインストールし、新規登録してしまった場合は、データの引継ぎができなくなります。 こうしたトラブルを避けるためにも、先ほどお伝えした手順通りに進めるようにしてください。 3-2.アカウントが重複するとポイントが付与されない 同一端末で複数のアカウントを持っていることは、PayPayの利用規約で禁止されています。 そのため、 アカウントの重複が確認された場合、キャンペーンポイントが付与されない可能性もあるので注意しましょう。 たとえば、機種変更時に電話番号が変わる場合、新しい端末でPayPayアプリに新規登録してしまったとします。 その後、旧端末に新しい電話番号を登録し、その番号でPayPayにログインすると、同一端末にアカウントが2つ作成された状態になります。 こうしたアカウントの重複があると規約違反対象となるため、どちらかのアカウントを削除することが必要です。 3-3.PayPayを解約しないこと PayPayを一度解約してしまうと、180日の間、その電話番号で再登録することができません。 そのため、引継ぎを行うときは、必ず旧端末のPayPayを解約しないように注意してください。 機種変更時にPayPayの引継ぎを行うときは、電話番号変更あり・なしにかかわらず、アプリを残したまま手続きを進めていけます。

次の