君に届け 29巻 ネタバレ。 君に届け26巻のネタバレと感想!あらすじと無料試し読みも!

【完結】君に届け 最終回 ネタバレ感想まとめ【ついに最終話】

君に届け 29巻 ネタバレ

もしかしたら逆転あるかと思いましたが、結果は23巻でレビューしたとおりになってしまいました。 でもね、ここまで丁寧に描かれてきたあやねの初恋はここからがスタートなんじゃないかって思うんですよね。 私は以前に、あやねとピンは正反対で、自分に真っ直ぐ突き進むピンに憧れのような気持ちを抱いてると書きました。 でも、今のあやねはもう失敗を恐れて冒険できない過去の彼女じゃない。 そしてそれを他の誰よりもピンが一番判ってる。 もう会えないんだよね 言っただろ 俺はいつでも味方だよ 何があってもだ 私にはこれからの2人を想像した時、並んで楽しそうに話す姿しか想像できなかった。 だからあやねのことも含みで本巻はハッピーな一冊だったな、と。 くるみの出番は少なかったけど、しっかりといいところいただきました。 詩乃は前からいい奴だったけど、彼女の複雑な心境も上手く描かれていました。 高橋はあやね以上に人の気持ちを感じ取る洞察力が優れていて、怪しい同人誌に結実してて面白かったです。 そして、クラスのみんなの中での爽子の存在が伝わってきて、うん、良かったねと思いました。 卒業式まで描かれた本巻、ラスト一巻で何が描かれるのか見届けたいと思います。 表紙にかなりドギマギさせられました…! 少し前からまとめて買っていて、前回買ってたのが26巻(あやねちゃんが恋心を自覚したところ)だったので、 「もしやネタバレ…!?」 と表紙だけでかなり悶々としました(笑) 以下、ネタバレです。 全巻までのピンの反応で、気持ちに気付き「困惑」していることは予想できていました。 嬉しいでもなく、驚いてばかにするでもなく…生徒を思ってこそだと考えると困るのは当然の反応だけど、あやねちゃんを応援していた身としては切ないものがありました。 「ピンはいい先生だよ」の伏線部分もあって、フラれることは安易に想像できるのに、 「何でもいい、可愛いと思ってるでも思わず顔を綻ばすでも何でもいいから希望がないわけじゃないって思わせてほしい!」と、あやねちゃんに完全リンクして淡い期待を抱いてしまいました(泣) 告白の時も、「いつ言うんだ、いつ言えばいいんだ!」とページをめくるごとに思わず息を止めてしまうほど。 なのでピンの「ねーよ!!」に内心超がっかり(笑) …冷静に考えると、絶対何回か可愛いと思ったことがあるし、生徒の中でもあやねちゃんを特別視していたことはわかるのに、 それをあえて言わない。 態度にも出さない。 つれない…!つれないよピン!! あやねちゃんの「完全玉砕だあ!」に「そんなことないよ!ピン絶対女として意識してるよ!」と叫びたくなりました…!! あやねちゃんに、すごい頑張ったんだよって、0じゃないんだよって(そんな事言われても困ると思うけど)、物語の中に入って彼女に言いたい気持ちです(笑) だけど、ピンは本当にかっこいい。 答えは欲しかった「好き」ではなく、「信頼」という言葉で、男女としては遠ざけるけども、しっかり背中を押すピンの行為には涙が止まりません。 くやしいので、「あやねちゃんがあなたを変えるきっかけを作ったんだ!思い知りやがれ!」とピンにも念を送りたい(笑) いつぞやの「男は告白された日にはその子のことしか考えられねーよ」という言葉を、唯一ピンが残した希望の伏線だと思って満足することにします。 まだ終わっていませんが、とても背中をおされる漫画でした。 進路を決めるときに、ピンみたいな先生がいてくれたら今は違ったのかなとセンチメンタルにもなりました。 でも、『君に届け』という漫画が、私にとっての先生みたいな存在になりました。 特に、告白前の、 「みんな結果を求めてなくて」 「最初にふられるなら ピンがいいわ」 にはっとさせられました。 変わりたい、成功させたい…と結果を求めるあまりに怖気付くことって誰しもあると思います。 彼らが輝いているのは、それ以上にただそれをしたいから、好きだから、などのごくシンプルな理由です。 無理そうだから辞める、とならないのは、結果よりも大事なことがあるということ。 言われてみれば当たり前だけど、「結果を求めない」は目からウロコでした。 話前後しますが、恋愛面では、 ふられるってわかってても、想いがこぼれ出してしまうときって、恋をしていたらどうしても訪れると思うのです。 私はあやねちゃんみたいに自分に自信が持てないタイプなので、爽子や風早、ちづちゃんと龍達を見ていると「私は本当に人を好きになったことがあるのだろうか」「私はやりたいことできているんだろうか」と、漫画のキャラクターですが羨ましく思っていました。 あやねちゃんが大丈夫なら、私も大丈夫。 と、あやねちゃんからは勇気をいっぱいもらいました。 もちろん、爽子や風早にも。 ありがとうの気持ちでいっぱいです。 まとめて10冊ずつ程度に買っていてので、 ほかの方が仰ってたような中だるみは一切感じることなく、むしろ彼女達の成長は目を見張るほど、あっという間に大人になっていて、とても惹き付けられる漫画でした。 最終巻、受験結果が怖くもありますが、 どんな結末だとしても、「彼女たちは大丈夫」と安心させてくれるキャラクターたちだと信じています。 どんな未来が描かれるのか、とても楽しみです。

次の

君に届け 第29巻

君に届け 29巻 ネタバレ

あらすじ 冬休みはクリスマス&初詣の季節でも あります。 でもって高校3年、最後の追いこみで 大切な時期でもあるのですねw 終業式の日、ピンは冬休みの注意事項を 口うるさく言って解散しました。 あやねが密かにピンに 本気の片思いしていることを 知ってしまった爽子と千鶴は、 ついついチラ見してしまうのでした。 風早と爽子は学校帰りにファミレスで ささやかながら、二人だけのクリスマスを 祝っていました。 帰り道で大晦日の夜から初詣に行く 約束もして別れました。 一方、千鶴と龍は龍の家で恋人同士の 初めてのクリスマスパーティーを 楽しんでいました。 あやねはと言えば、塾帰りに 軟派されているところに、まさかのピンが 現れて駅まで送ってもらったのでした。 ピンは前髪をおろして軟派に行く途中 だったのですが・・・ 笑 それぞれのクリスマスです。 12月31日の大晦日、千鶴はあやねに 初詣のお誘い電話をしていました。 爽子たちも合流する予定です。 ピンにもと「びきり可愛い子が来るから、 朝の9時に初詣に参加」 と無理やりの約束を取りつけました。 大晦日に妻子を連れて帰省してきた 龍の兄の徹に、 千鶴はかつて失恋した経緯がありました。 あらためて今は龍と付き合っていると 報告すると、とても喜んでくれたのでした。 やがてとっぷりと日は暮れて、 爽子と風早の初詣の待ち合わせの時間が 近づいてきました。 しかし外は大荒れの吹雪になっていました。 『こんな天気では今夜の初詣は無理だろう ・・・しかしプレゼントは渡したい!』 (今日は爽子の18歳の誕生日なのです) そう思って電話してみた風早でしたが、 ケータイが通じないので心配になって 急いで待ち合わせの場所へと 行ってみました。 吹雪の中、雪まみれで立っている人影は やっぱり爽子でした。 風早の家の方が近いので取りあえずそっちに 避難することにして、爽子を連れて行くと 風早のお母さんにこの雪では帰れないから 今日は泊まって行くように言われました。 布団とパジャマまで用意してもらって 今夜はお泊りすることになった爽子は、 寝る前に風早の部屋にきて炬燵に入って おしゃべりをしていました。 お母さんから 「おかしなことはしないように」と、 釘を刺されていた風早でしたが、 久しぶりにゆっくりと二人で過ごす時間は やっぱり嬉しいものです。 ドキドキしながら手をつないだり キスしたりして、 それから意を決した風早からの 誕生日プレゼントが渡されました。 それは可愛いハートのモチーフの 指輪でした。 ところが指輪は少し小さくて 爽子の右手の薬指には入らないのです。 かなり苦戦したあげくピッタリ入ったのは 左手の薬指でした! この指の意味に気がついて動揺した爽子が はずそうとすると、それを止めた風早は 「そこでいいんだ。 いつか もっとちゃんとしたの渡すから!」 まさかのプロポーズじゃないですか!! うれしくて泣き出してしまう爽子でした。 翌朝、お母さんが爽子の様子を見行くと、 爽子の布団はまっさらのままでした。 血の気が引く思いで息子の部屋を覗くと、 炬燵で並んでうたた寝している二人を 見つけてホッとするお母さんでした。 二人は千鶴たちとの初詣の待 ち合わせ場所にやってきました。 そこにはもう千鶴たちが来ていて、 ほどなくあやねもやって来ました。 千鶴に無理やり呼ばれたピンも来ています。 これはピンとあやねを会わせる千鶴の 計略でした。 恥ずかしいけど嬉しくてたまらいあやねは、 ピンのことばかり見ています。 めちゃめちゃ可愛いい女の子になってる あやねを見て爽子も嬉しくなって しまいました。 お参りを済ませた帰りに、ピンはみんなに ジュースを奢らされてぶつくさ言いながら ひとりづつ手渡ししていました。 ところが一番最後のあやねのところで 小銭が無くなってしまたのです。 「それなら合格したらご褒美に何か ちょうだい」と言いかけて、 「消しゴム一個ちょうだい」と 言い直すあやねにピンは言いました。 「考えといてやる!絶対、合格しろよ!! 」 「うん・・・がんばる!! 最後に記念写真を撮りました。 帰り道を歩きながらそれぞれの胸の中には この3年間のいろいろな出来事が 浮かんでいました。 橋の上まで来た一同は誰からともなく、 「合格するぞー!! 」 と、叫んでいました。 いよいよ受験本番に突入です! 詳しくはこちらもご覧ください.

次の

君に届け 29巻を電子書籍で試し読みではなく、無料で全部読めます。

君に届け 29巻 ネタバレ

あひるの空 18巻 ネタバレ こんばんわ、美月です。 日向武史さんの人気コミック 「 あひるの空」をレビューします。 2004年から少年マガジンに連載。 13年目に突入したロングベストセラーを今さらながら、 読み始めました。 ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。 先に本編をという方、こちらから無料お試し読みをどうぞ。 「 あひるの空」で検索してみてください。 ここからは 18巻 のネタバレ&感想 (濃いネタバレ含みます。 ご注意ください) 横浜大栄との試合のさなか、円はというと他校の司君とデートをしていました。 迷ってしまった円は司君と同調し、2人は付き合うことになります。 みんなの憧れでもある円は、思春期における複雑な気持ち真っただ中ですね。 鷹山に抜かれベンチに戻った空は、同じ体格なら対等だと思ってた自分のおごりだと、まだ先は遠く長いことを実感します。 「ゾーン」に入ったトビは、不破が自分より上だという事実を受け入れ、極限下での産物もしくはセンスとしか言いようのない「 ひざを抜く」シュートでスリーポイントを決めます。 モキチと百春のリバウンドからの速攻でまたもスリー。 横浜大栄がタイムアウトを取り、188センチの峯田を投入。 鷹山と不破、峯田の連係プレーで加点を許します。 第4クオーター残り3分、逆転は不可能だと分かる点差になりました。 同好会設立の条件は試合に勝つこと、厳密には負けても誰かが顧問を引き受けてくれたら問題はないようですが、 果たしてそれで空達が納得できるかどうか。 トビがチームの為に変わり、それに動揺した不破の一瞬の隙を千秋が見逃さず4本目となるスリーポイントを決めます。 空が入り、ベストメンバーになりますが、静が千秋に残りの1分でおまえらの現在地を教えてやると言い、そこから1人で12得点を決めてしまいます。 力の差を見せつけられながらも最後まで諦めずに走りますが、無情にも試合終了となり 119対74で横浜大栄に敗れました。 試合後校長室に呼ばれた百春が戻ってきて、同好会の設立を認めてもらったと部員に話します。 負けてしまったので、素直には喜べない部員たちですが、ここがスタート地点と思い奈緒も入れた9人で頑張ることを誓います。 それと同時に酒巻は奈緒に、このチームは強くなると言い、横浜大栄はクズ高をあとにします。 無事同好会の設立を果たしたクズ高バスケ部。 今後の目標も明確になり、来年のインターハイに向けてまた練習をする毎日が始まります。 でもそろそろ一勝してほしいところですね 笑 本編はコチラでどうぞ。。。 「 あひるの空」で検索してみてください。

次の