充電の減りが早い。 MacBookの充電減りが早い?Macのバッテリーチェック方法と長持ちさせる方法

スマホの充電がすぐなくなる原因と対処法!電池の減りが早い時は設定を確認!

充電の減りが早い

バッテリーに異常がある• アプリのバックグラウンド処理が大きい• プッシュ通知を設定している• 位置情報サービスを利用している• インターネット接続を頻繁にしている• Bluetooth機器に接続している• 動画や音楽を再生する 以上のiPhoneの充電の減りが異常に早い原因のうち、2. は通信を行うため、これらの頻度が高いとバッテリーが劣化してしまう恐れがあるのです。 iPhoneの減りが早い時にチェックすべきポイント バッテリー消耗の大きいアプリを使用している iPhoneではさまざまなアプリを利用できますが、バッテリーの消耗が大きいアプリはiPhoneの充電の減りを早めてしまう原因になってしまいます。 バッテリー使用状況の大きいアプリを確認してみてください。 バッテリーの消耗が大きいアプリで不要なものがあれば、アンインストールしましょう。 「バッテリーの状態が悪くなっている」とは、たとえば 「バッテリーの状態が80%」である場合、フル充電をしても「新品のiPhoneの80%程度しか充電ができない状態」になっているということです。 充電の減りが早いと感じたら、一度バッテリーの状態を確認してみましょう。 電池の消耗が大きいiOSバージョンになっている iPhoneのソフトウェアであるiOSの中には、電池消耗の大きいバージョンがあります。 iPhoneの充電の減りが早いと感じたら、現在のiOSバージョンを確認し、電池消耗の大きいバージョンかどうかを確認してみてください。 アプリのバージョンが古い iPhoneにインストールされているアプリのバージョンが古いと、 充電の消耗が早くなってしまう確率が高くなります。 App Storeのアップデート情報を確認し、アプリのアップデートをこまめにするようにしましょう。 対処方法 iPhoneの調子が悪いと感じた場合、まずは自分で行える次のような対処法を試してみてください。 低電力モードにしている間はメール受信やダウンロードなどの機能が制限されるため、注意してください。 使用時以外は電源をオフにする iPhoneを使用する時以外は電源をオフにしておくことで、充電を長持ちさせられます。 外出先などで充電ができない場合、この方法は非常に有力な方法です。 iPhoneをはじめとする 精密機器は、著しく暑すぎる場所や、寒すぎる場所での使用は好ましくありません。 また、暑い場所から寒い場所へ、寒い場所から暑い場所への急な移動も避けてください。 急激な温度変化は故障の原因にもなります。 まとめ 今回は、iPhoneの充電の減りが早い原因と対処法について解説しました。 iPhoneは高性能で便利ですが、消耗品であるため、毎日長時間繰り返し使うことによるバッテリーの劣化は避けることができません。 できるだけバッテリーを長持ちさせて快適にiPhoneを利用できるように、日々工夫してみてくださいね。

次の

iPhoneの電池の減りが早い方必見!バッテリーを長持ちさせる充電節約術27選

充電の減りが早い

「 なんだか最近、MacBookの充電消耗が早いな…。 」と感じている人も多いのでは?僕が購入した2016年モデル(キーボードがペチペチになったモデル)はまだまだ新しいと思われがちですが、もう発売から2年が経過しようとしています。 また、最近を購入し「 大事なパソコンだから、バッテリーにも負担無いように使いたいな!」と思っている人も多いでしょう。 僕も最初はそう思って大事に大事にしていました…。 でも、パソコンのバッテリーはどうしても弱ってしまうもの。 パソコンのバッテリーって目に見える場所にないので、 今どんな状態かを調べる事ってできませんよね?バッテリー状況を目視確認ってなかなか出来ません。 実は、MacBookのバッテリーは意外と簡単に今の状態を調べることができるんです。 今回はMacBookのバッテリー状況を調べる方法、またバッテリーが劣化する原因についてご紹介。 MacBookのバッテリーに不安を抱えている方、ぜひこの記事を読んでみてください。 スッキリしてもらえると思います。 「このMacについて」からバッテリー状況を確認する 実は、MacBookのバッテリー状況を確認する方法は2通り。 まずはMacBookユーザーの多くが知っている方法からご紹介します。 まずはMacBookの左上にあるリンゴマークをクリック。 すると、上の画像のように「このMacについて」といった項目が表示されます。 ここをクリック。 この画面では自分のMacBookのmacOSのバージョンやハードウェアのスペックを確認出来ます。 ソフトウェアのアップデートがここから出来るって知ってましたか?Macファンの人は、他のMacを見たときにまずこの画面を確認しますよね。 今回はバッテリーの状況を確認するので、左側の「 システムレポート」をクリック。 するとちょっと文字が細かくて難しい雰囲気の画面が。 左側の「電源」をクリックすると、右側にバッテリー関連の情報が表示されます。 赤枠で囲んである「状態情報」というところを確認すると「状態」という項目が確認できるでしょう。 ここに表示されているのが、 現在のバッテリー状態です。 僕のMacBook Proは「正常」と表示されていますね。 1年間かなり酷使してきましたが、よかったよかった。 表示される状態は4種類 僕のMacBook Proは 正常と表示されていましたが、実はこの状態には4種類あります。 正常と表示されているのが標準状態。 正常 バッテリーは正常に機能しています。 間もなく交換 バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して低下しています。 メニューバーに表示されるバッテリー状況を定期的に確認し、バッテリーの状態に気を配っておいてください。 今すぐ交換 バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して大幅に低下しています。 コンピュータを使い続けても安全面に支障はありませんが、充電能力の低下のせいで作業効率が悪くなるようであれば、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。 バッテリーの交換修理 バッテリーは正常に機能していません。 適正な電源アダプタに接続している間は Mac を問題なくお使いいただけますが、できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。 ここに表示されるバッテリー状態は上の4種類。 つまり、正常と表示されている以外の場合は何かしらの問題があるということ。 「 今すぐ交換」という状態にならない限りバッテリー交換の必要はないのですが、なんとなく気持ち悪いですよね。 「間もなく交換」の状態になったらバッテリー交換、修理、本体の入れ替えを念頭に入れる必要があるかもしれません。 メニューバーのバッテリーマークから調べる 最初に、バッテリー状態を確認するには2通りあると紹介しましたが、実はMacのメニューバーからも簡単に確認できます。 メニューバー上の真ん中あたりを確認すると、バッテリーマークが表示されていますよね。 と、このままではバッテリーの状態を確認することはできません。 一度、このバッテリーメニューを閉じましょう。 で、キーボードの 「option」キーを押しながら、メニューバーのバッテリーマークをクリック。 すると、画像のようにバッテリー項目の一番上に 「状態」の項目が。 ここでバッテリー状態の確認が出来ちゃうんです。 さっきみたいにMacのシステムレポートを確認する必要もなく、バッテリー状態が確認できます。 ここにも先ほどと同じような4種類の状態が表示されるので、ここで「間もなく交換」と表示されている場合はバッテリーに注意。 バッテリーの充放電回数には上限がある バッテリー状態を確認した画面で、「 充放電回数」という項目があります。 実はこれ、MacBookを何回充電したかを数えた数字なんです。 この充放電回数が一定数を超えると、MacBookのバッテリーは消耗しだします。 つまり、MacBookのバッテリー寿命は年月だけで決まるのではなく、この充放電回数によって消耗していくんです。 また、充放電回数の上限数は各MacBookのモデルによって異なります。 詳しくはに記載されています。 僕が使っているMacBook Pro2016は充放電回数の上限が 1,000回。 1,000回充電するとバッテリーが使えなくなるわけではなく、消耗が始まるということです。 今は224回なので、あと800回か…。 と言っても、僕は 1年間ほどMacBook Proを毎日使って充放電回数224回。 ということは5年は持つって感じですね。 普通の人だともっと低い数字になると思いますので、あまり頻繁に確認する必要はないでしょう。 MacBookのバッテリーは劣化しても交換できるので安心。 Apple公式サイトにはMacBookバッテリーの交換費用が記載されています。 機種 修理価格 MacBook Air (11インチ、13インチ) 12,800円 MacBook Pro (13インチ、15インチ) 12,800円 MacBook (12インチ) 19,800円 MacBook Pro Retina (13インチ、15インチ) 19,800円 ということで、もし僕が使っているMacBook Pro2016年モデルのバッテリー交換をする場合は19,800円。 バッテリーの減りが早いな。 と思い、この記事の方法でバッテリー状態を確認した方も多いかもしれませんね。 でも、ほとんどの人はバッテリー状態「正常」なのでは?僕もちょっと減りが早いなと思っていたんですが、バッテリー状態は正常。 実はバッテリー減りが早くなる原因というのはバッテリー状態だけではなく、 MacBook自体の使い方も影響します。 特に、常にスリープ状態で使用している方は要注意。 パソコンはアプリを立ち上げているとメモリを消費します。 メモリを消費するということは、それだけバッテリーの電力を使用するという事。 つまり電池が減ります。 常にスリープ状態で使用していると、常にメモリがバッテリーを消費していくので、すぐに充電がなくなります。 僕の周りには.

次の

スマホが熱くなる、電池の減りが早い|アプリか本体どちらが原因か?

充電の減りが早い

最終更新日: 2020年04月21日 「iPhone 8を最近買ったばかりなのに、充電の減りが早い・・・」と頭を抱えている方いませんか。 これはiOS11がリリースされたタイミングでよく見られた不具合なようで、iPhone 8ユーザーから「何故か買ったばかりなのに充電の減りが早い!」といった声がたくさん聞かれました。 iPhone 8のバッテリーは消耗品なので、確かに長く使っていると充電の減りが早いなと感じることは多いですが、そこまで、使っていないのに、iPhone 8の異常に充電の減りが早いなと思っている人は、消耗していること以外の原因が考えられます。 そこで今回は、iPhone 8ユーザーの方で、異常に充電の減りが早い方に向けて、原因や対処法をご紹介していきます。 iPhone 8の充電の減りが早い時の原因と対処法 -1-1-4 iPhone 8のほとんどは、デフォルトの状態だと自動ロック時間が30秒になっています。 しかし、何かの拍子にここが、「なし」になってしまい、充電の減りが早いと感じることがあるので、iPhone 8ユーザーの人で、充電の減りが早い人はしっかりと確認してみてください。 対処法2 iPhoneを強制終了する これは、どんな不具合が起きても一度は試して欲しい対処法です。 iPhone 8の充電の減りが早い時の原因と対処法 -1-2-1 以上の方法で、強制終了することが出来るので、試してみると、もしかしたら、充電の減り方が変化するかもしれません。 iPhone 8ユーザーの方で、充電の減りが早いと感じる方は、上記のように自動ロックの設定を確認したり、強制終了をしてみることも重要ですが、まず、手動でしっかりとロックする癖をつけると、充電の減りが早くなる原因が、自動ロックが原因であることが少ないので、しっかり確認する癖をつけましょう。 低電力モードにすると、バッテリー消費の大きい動作を制限してバッテリー持ちが改善されます。 iPhone 8で充電の減りが早い人は、ぜひ低電力モードを試してみてください。

次の