ソフトバンク ホークス。 2005年の福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークス(公式)(@HAWKS_official)

ソフトバンク ホークス

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• ニュース一覧 福岡ソフトバンクホークス• ニュース一覧 6月14日(日)• 6月13日(土)• 6月12日(金)• 6月11日(木)• 6月10日(水)• 6月9日(火)• 6月8日(月)• 6月7日(日)•

次の

売られて幸せな企業ソフトバンクホークス、年収1.5倍も:日経ビジネス電子版

ソフトバンク ホークス

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 仲津中学校時代は・行橋シニアに所属し、3年時に九州大会優勝を果たした。 1年秋からエースとなり 、・3年夏のは5回戦で・と7回まで投手戦を演じ、両者降板後にの弾で勝ち進んだ。 準々決勝ではのと無失点の投げ合いを演じていたが突然6回に2四球と崩れ、後続を断ったもののにより降板、代わった投手が打たれ0対1で敗戦し 、甲子園への出場は一度もなく終わった。 同年10月30日のでからドラフト2位で指名を受け入団し、12月16日に入団会見を行った。 入団時のは 123。 プロ入り後 [ ] (1年目)、のみに出場 、先発3試合で防御率3. 00、中継ぎ7試合で防御率1. 08だった。 、春季キャンプ紅白戦で登板機会を得たが 、へは出場できなかった。 2年目も二軍で過ごし、先発3試合で防御率7. 00、中継ぎ9試合でも防御率9. 14、さらに6、4と低迷した。 、三軍の出場が中心となり8試合に先発した。 二軍では3試合に先発して防御率3. 60だった。 シーズンオフの11月7日に育成選手制度の規定により自由契約となったが 、11月30日に再びソフトバンクと育成選手契約を結んだ。 、オフの1月に結婚。 体重を増量したことでフォームが安定した。 ウエスタン・リーグで5月度の月間MVP(6試合1完投3勝0敗防2. 35)を獲得し 、6月に二軍で初完封 するなど好投を続けたことで7月30日にされ、背番号は 13に変更された。 9月7日に初の一軍昇格を果たし、9月23日の対戦の9回5点ビハインドの場面でプロ初登板を果たして下位打線を3者凡退に打ち取った。 9月15日の敗戦処理2イニング登板後、9月17日に18日の対西武戦で先発予定だったが発熱により登板を回避したことで急遽代役に抜擢された。 9月18日に中2日でプロ初先発を果たしたが、毎回四死球を出し、2点援護を貰った直後ににタイムリー打を許し、3回1失点63球を投げ1点リードのまま降板となった。 なお同試合でチームは3連勝して2位・西武に1ゲーム差と迫った。 翌日9月19日に二軍降格となりそのままシーズンを終えた。 二軍公式戦では12試合に先発して11勝0敗、3完投2完封で防御率1. 34、中継ぎ5試合では防御率2. 57の成績を残し、最多勝利投手、勝率第1位投手(10割)のタイトルを獲得、優秀選手賞も受賞した。 なお防御率は逆転するための登板機会を得たものの失点し、同チームのには及ばず1. 44でリーグ2位となった。 10月6日ので先発したが4回に連続四球から崩れて先制点を奪われ敗戦投手となった。 オフにはのに派遣され、11月9日から11月29日までの3試合に先発し、防御率9. 95、0勝1敗だった。 、春は3月1日のとの強化試合に登板と期待されたが、3点リードの6回に下位打線を3者凡退に打ち取ったものの、7回に4連続四球から逆転負けの原因を作り 、開幕は二軍となった。 4月4日に一軍昇格したが登板機会が無く4月11日に抹消 、5月1日に再昇格したものの、5月6日の対戦の6回3点ビハインドから登板して2イニング目に押し出し四球で点差を広げ、1試合のみで5月13日に二軍へ降格した。 9月6日に再昇格して無難な投球をし、9月26日の対戦で7回2点ビハインド一死一塁の登板機会を得たが、2イニング目の8回に3失点し 、翌日9月27日に二軍降格となりそのままシーズンを終えた。 二軍では起用法が安定せず、先発10試合で2勝5敗、防御率4. 86、中継ぎ7試合で防御率1. 42だった。 、8月20日に一軍へ昇格したが、登板機会がないまま翌日8月21日に抹消され、一軍出場が無いままシーズンを終えた。 二軍では先発3試合で2勝1敗、防御率3. 79、中継ぎ30試合では防御率2. 45、1. 34だった。 、春季キャンプから新監督のにアピールを続け、オープン戦では7試合10イニングを投げ、2安打1四球無失点の完璧な内容で初の開幕一軍を勝ち取った。 3月29日の対千葉ロッテ戦の5回無死一三塁、プロ入り後初めて同点の場面で起用されたが連続タイムリーで2者ともに生還させ救援失敗となった。 4月7日の対楽天戦で8回二死満塁、再び場面から登板してをファーストゴロに抑えて切り抜けたが8回につかまり一死満塁とした所で降板、後続をが抑えた事でプロ入り初ホールドを挙げた。 5月3日の対オリックス戦の8回2点ビハインドの場面で登板して3者凡退に抑えての逆転三塁打を呼び込み、7年目にしてプロ初勝利を挙げた。 、春季キャンプから右肘の張りを感じ、3月12日の練習試合で右肘の痛みを訴え、離脱。 4月に右肘のを受けたため、シーズン中の復帰は絶望となった。 、上記手術からのからのスタートとなったが、5月14日に行われたとの三軍戦において、1年2ヵ月ぶりに実戦復帰した。 6月2日に行われたウエスタン・リーグ・対戦において、二軍公式戦復帰登板を果たし 、一軍公式戦の出場機会は無かったが、二軍戦において中継ぎ投手として16試合に登板、18回を投げ、防御率2. 00の成績を残す。 、宮崎春季キャンプの時点では実戦への復帰は7、8月を目処にしていたが、との離脱というチーム状況から実戦復帰を前倒しし 、4月10日にで行われた対戦において、2015年10月1日以来3シーズンぶりの一軍公式戦登板を果たす。 6月24日にで行われた対戦では、プロ10年目にして初セーブを挙げる。 シーズンを通してやとして35試合登板し、1勝0敗4ホールド1セーブ、防御率5. 34の成績を残す。 シーズンオフの12月1日、福岡ヤフオク! ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万円アップの年俸2,000万円 金額は推定)でサインした。 、5月28日の対オリックス戦で7年ぶりに先発で登板し、敗戦投手となったものの4回1失点だった。 そして7月5日には対オリックス戦で6回1失点と好投し、先発として初勝利を挙げた。 また先発ローテーションの谷間などで、先発登板ながら3、4回程度を投げて降板するのような役割も果たすなど、全部で8試合に登板した。 セットポジション時、投球動作に入ってから捕手が捕球するまでの時間が1・1秒を切り、筑波大大学院に通う投手コーチのの修士論文でと共に取り上げられた。 また、マウンド度胸も評価されている。 ドラフト指名後に挙げた目標とする選手は。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 3 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 28 6. 0 4 0 4 0 2 3 0 0 1 1 1. 50 1. 33 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 43 9. 0 11 0 6 0 1 3 1 0 6 6 6. 00 1. 89 44 0 0 0 0 6 1 0 5. 857 229 52. 2 51 3 23 0 3 28 1 1 21 19 3. 25 1. 41 35 0 0 0 0 1 0 1 4 1. 000 144 30. 1 33 3 19 1 6 17 2 0 19 18 5. 34 1. 71 8 8 0 0 0 1 4 0 0. 200 165 38. 1 40 6 16 0 0 15 0 1 19 17 3. 99 1. 46 通算:5年 95 9 0 0 0 8 5 1 9. 615 609 136. 1 139 12 68 1 12 66 4 2 66 61 4. 03 1. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2012 ソフトバンク 3 0 3 0 0 1. 000 2013 5 0 5 0 2 1. 000 2015 44 5 9 1 0. 933 2018 35 3 9 0 1 1. 000 2019 8 3 9 0 0 1. 000 通算 95 11 35 1 3. 979• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ] 投手記録• 初登板:2012年9月13日、対18回戦()、9回表に4番手で救援登板・完了、1回無失点• 初奪三振:2012年9月15日、対21回戦()、7回裏にから見逃し三振• 初先発:2012年9月18日、対23回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、3回1失点で勝敗つかず• 初勝利:2015年5月3日、対9回戦()、8回裏に3番手で救援登板、1回無失点• 初セーブ:2018年6月24日、対オリックス・バファローズ11回戦(京セラドーム大阪)、12回裏に7番手で救援登板・完了、1回無失点• 初先発勝利:2019年7月5日、対オリックス・バファローズ13回戦()、6回1失点 打撃記録• 初打席:2015年6月5日、対1回戦()、7回表にから見逃し三振 背番号 [ ]• 123 (2009年 - 2012年7月29日)• 13 (2012年7月30日 - ) 登場曲 [ ]• 「何かひとつ」 feat. 「BRAVE IT OUT」(2014年)• 「Break Free」(2015年)• 「Calavera」Klaas (2016年)• 「BOOMBAYAH(JP Ver. )」(2018年)• 「虹」(2019年 - ) 脚注 [ ] []• 2020年12月30日閲覧。 オフィシャルサイト 2008年12月16日. 2012年7月31日閲覧。 2008年7月20日 日刊スポーツ• 2008年7月23日• 2017年12月25日閲覧。 2010年2月17日 日刊スポーツ• NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月25日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月25日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構• プレスリリース 2011年11月30日配信 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト• 福岡ソフトバンクホークス 2012年6月10日. 2012年7月31日閲覧。 2012年6月9日 日刊スポーツ• 福岡ソフトバンクホークス 2012年7月30日. 2012年7月31日閲覧。 - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年9月13日• 2012年9月17日 日刊スポーツ• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年9月18日• 2012年9月18日スポニチ Sponichi Annex• NPB. jp 日本野球機構• 2012年9月26日 日刊スポーツ• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• 2012年10月6日 日刊スポーツ• 2012年度プエルトリコウィンターリーグ マナティ・アテニアンズ成績• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• 2013年3月1日スポニチ Sponichi Annex• 2013年3月1日 日刊スポーツ• 2013年5月1日 日刊スポーツ• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2013年9月26日• NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月25日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構. 2017年12月25日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2015年3月29日• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2015年4月7日• 2015年5月4日 日刊スポーツ• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2017年5月14日. 2017年11月2日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2017年6月1日. 2017年11月2日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構. 2017年11月2日閲覧。 西日本スポーツ 2018年12月1日. 2019年3月24日閲覧。 西日本スポーツ 2018年4月11日. 2019年3月24日閲覧。 西日本スポーツ 2018年6月25日. 2019年3月24日閲覧。 日刊スポーツ 2019年5月28日. 2020年2月28日閲覧。 日刊スポーツ 2019年7月5日. 2020年2月28日閲覧。 日刊スポーツ 2019年12月3日. 2020年2月28日閲覧。 日刊スポーツ 2015年1月23日• 2008年7月10日スポニチ Sponichi Annex• 日刊スポーツ 2015年7月9日• 2015年3月29日• 2008年11月12日スポニチ Sponichi Annex• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月5日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト.

次の

福岡ソフトバンクホークスニュース一覧

ソフトバンク ホークス

ホークスが福岡を拠点としてから今年で30年目。 球場周辺はファンや買い物客でにぎわう ソフトバンクが球団を買収に名乗りを上げたのは2004年。 「オーナー企業の業績悪化などで先行きが不透明になっていた時に買収の発表を聞いた。 社員にとっては待望の知らせだった」。 総務部長の深町俊宏氏もこう話す。 2人はダイエー資本時代から球団・球場に関連する企画・営業に関わってきた。 当時、球団オーナーだった小売り大手のダイエーは業績が悪化し、産業再生機構からの支援を受ける状態だった。 球団関係者の間では「チーム名は産業再生機構ホークスになるのか?」といった冗談が半ば真剣味を帯びて噂されるほど、社員は不安がっていたという。 球団経営と並んで、球場・ホテル・商業施設の通称「3点セット」はダイエー資本の別企業が運営していた。 こちらでも03年に業績悪化のため投資会社の米コロニー・キャピタルに施設を売却。 当時、吉武氏と深町氏は、コロニーの関連会社で球場関連の仕事を続けていた。 球団がソフトバンクに買収された後の05年2月、後に球団と合併する企画・営業会社の福岡ソフトバンクホークスマーケティングが設立。 2人は出向社員として働き、同年12月には正式に移籍した。 「やっぱり資金の使い方が全然違う」と吉武氏は話す。 例えば、ホークスは「鷹の祭典」というファンにユニフォームを配布するイベントを続けているが、過去には「ユニフォーム代を出してくれるスポンサーを見つけなければ企画が通らなかった」(吉武氏)。 それがソフトバンク傘下に入ると、「何も言われずにイベント開催が続けられた」(同) 自費興行も増えた。 球場をお化け屋敷にする「お鷹の呪い」や音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS」などを開催。 赤字になってしまうイベントもあったが、ソフトバンクは挑戦したこと自体を評価してくれた。 こうして地域が活気づくと、球場を借りる企業も増え、球場利用料などの収入も増えていった。 法人顧客の幅も広がった。 例えば球場に出す広告スポンサーは、親会社のつながりが影響しやすい。 ダイエー時代にはスーパーに商品を出すような食品や日用品業界の関連会社が中心だったが、ソフトバンク傘下になってからは通信機器などのハイテク産業、通信を使ったサービス業など幅広い業界が広告主に加わった。

次の