スマホ ガラス コーティング おすすめ。 【液晶コーティング剤】保護フィルムよりも強力保護?!おすすめ6選

最近人気でおすすめなiPhone・スマホのガラスコーティングのメリット・デメリットを販売員目線でチェック致します。

スマホ ガラス コーティング おすすめ

スマホのコーティング剤ってホントに効果あるの? 新しいiPhoneが発売されましたね! みなさん買いました!? さすがに値段が高すぎて、ボクはスルー予定です……。 それはいいとして、新しいスマートフォンを買ってきたら、まずはキズや画面割れ防止のために、保護シートを貼り付けるという人も多いんじゃないでしょうか。 こんな、保護シートあまり好きじゃない派のボクが最近気になっているのが「ガラスコーティング剤」! 液晶画面に直接液体を塗り込んでコーティングするだけで、画面がメチャクチャ丈夫になるという夢のアイテムらしいんですが……ホントにそんなことあるの!? ……というわけで買ってきました、ガラスコーティング剤「PIKAPRO(ピカプロ)」! 中身はこんな感じ 「汚れ落としクリーナー」「ガラスコーティング剤」「コーティング用水」「仕上げ用紙」……いろいろ入ってますね。 コレでスマホをコーティングして、たたいたり落としたりして効果を試したいところですが、さすがに自分のスマホで試すのはイヤだ! ……と駄々をこねたところ、編集部でジャンク・スマホを用意してくれました。 さすが「価格. com」、太っ腹! 予算の関係で、だいぶ古めな「iPhone 4s」ですが……懐かしい! この30ピン端子、久々に見ましたよ 思った以上に簡単にコーティングできるけど…… さて、この「iPhone 4s」をコーティングしていきましょう まずは「汚れ落としクリーナー」……ウエットティッシュみたいなもので画面をきれいに拭いていきます。 それから、乾いた不織布で水分を拭き取るんですが……その不織布は付属していない! 不織布の代わりに、新品のマスクでもいいそうなので、マスクで拭き取りました 続いて本番! 「ガラスコーティング剤」です この「ガラスコーティング剤」の量がメチャクチャ少ない。 内容量0. 5cc! 2,500円(参考価格)もしたのにッ! コレで効果がなかったら怒るでしかし。 一応、0. 5ccで3台分のスマホをコーティングできるらしいですけど、一度開封したら保存がきかないので、一気に3台分塗らなきゃならないという……。 付属の「施工用シート」に「ガラスコーティング剤」を染みこませて…… 細かく円を描くように塗り込んでいきます さらに「コーティング用水」の染みこんだシートで画面全体をぬらして 最後に「仕上げ用紙」で水分を拭き取ります これで1回分のコーティングは終了! この作業を3回繰り返して重ね塗りすれば完成です。 いろいろやることがあるのでややこしいですが、作業自体は簡単。 こんなのでホントにコーティングできているのかな? 見た感じ、厚みも何も変わっていないように見えますが……? というのも、この「ガラスコーティング剤」は、画面の上に硬い膜を作るわけではなく、表面を化学変化させることによって硬くする仕組みらしいのです。 なので、初めて施工しても塗りむらなどはナシ。 これでホントに丈夫になっているのなら、メチャクチャうれしいですが……どうなんでしょうか!? カッターで画面をひっかく! コーティング剤は塗ってから数日乾かしたほうが硬くなるとのことなので、数日後にいよいよ実験してみることに。 比較用に3台の「iPhone 4s」を用意しました 見た目じゃほぼ区別がつかないですが、左から「裸のiPhone」「保護シートを貼ったiPhone」「ガラスコーティングしたiPhone」となっています。 「保護シート」は明らかに手触りが違いますが、「裸」と「ガラスコーティング」は触った感じでは区別がつかず、若干「ガラスコーティング」のほうが滑らかな手触りになっているかな……という程度。 「ガラスコーティング」には指紋汚れなどを防ぐ効果もあるそうなんですが……、コレも気持ち指紋がつきにくいかなーくらいの効果。 もちろん、ベタベタ触れば指紋はつきます。 ……ちゃんと丈夫になってるのかな? 「保護シート」はちょっと厚みのあるガラス製のものですよ! まずはカッターで画面をひっかいてみましょう かなり力を入れてグリグリしたにもかかわらず、3台ともほぼ無傷! 裸のiPhoneだけ、うっすらと跡がついていますが…… 意外と裸状態のままでも丈夫ですね。 さすがiPhone、優秀だ! アスファルトの上に落とす! 続いて落下実験です。 スマホを落っことして、画面を割ってしまうというケースが一番多いんじゃないでしょうか? ボクの肩の高さ(約140cm)から、アスファルト舗装された地面に落とします! バシーンといい音をさせて地面にたたきつけられるiPhone。 ジャンクとはいえ心臓に悪い……。 それでは、アスファルトに激突したiPhoneの運命はどうなったんでしょうか!? 裸のiPhoneは見事に画面バッキバキになっちゃってますが、「保護シート」「ガラスコーティング」の2台は生き残っている! 「保護シート」のほうは、シート部分に若干ヒビが入っちゃってますが 「ガラスコーティング」はほぼ無傷。 マジか!? 角のあたりにガッツリ打ち付けられた形跡はあるんですけどね 「保護シート」のほうはともかく、「ガラスコーティング」は予想以上の頑丈さを見せてくれました。 あんな液体をチョロッと塗り込んだだけで、ここまで効果があるとは。 驚きです。 ハンマーでぶったたく! 最後に「これはムリだろ」というハードな実験を。 ハンマーでぶったたく! スマホをハンマーでたたかれるシチュエーションというのが想像できませんが、コレに耐えられるようなら、本当にスゴイぞ。

次の

iPhoneのガラスコーティングのメリット・デメリット!効果は?

スマホ ガラス コーティング おすすめ

逆に、見た目の変化が無いって事はスマホ本来のデザインのまま使えるって事になるのでiPhoneみたいにデザインが好まれるスマホとは相性が良いのです。 ちなみに、見た目の違いは 「光沢感が2割り増し」な感じです。 実際使用前、使用後で輝きが増してます。 お客様によっては 「なんか艷やかになった気がする」って反応をされます。 気がつくレベルでの変化なので実際に光沢度はあがってます。 見た目の違いはそこくらいです、厚みはナノレベルなのでフィルムやガラスフィルムと違って何かあるって感じはしないです。 後は、滑りが良くなってたり、指紋がつきにくくなるコーティングがされている場合もあります。 フィルムやガラスフィルムはベゼル部までカバーするタイプだとどうしてもケースによっては干渉して同時に使用できないタイプがあります。 以前に、ガラスフィルム貼っていた時で欠けた場合は、マステ貼って使ってたりしましたが、面倒になり通常のフィルムに戻ってしまいました。 ガラスコーディングはコーティング自体が欠けたり割れたりはせず、しっかりガードするか本体ごとダメージを受けるかになります。 なので、コーティングのみがポロポロ欠事は無いので、 落とした場合は助かるか、本体ごと割れるかになるので、ガラスフィルムのようにちょっと欠けたり割れたりしたら買換して張替えが無いのは良いかと思います。 そしてなによりほぼ失敗が無いのが良いです。 ガラスフィルムは「 埃が入る」「 気泡が抜けない」「 そもそもガラスフィルムに傷がある」等、施工に失敗したり、フィルムに不良があったりしますが、ガラスコーティングにはそれが無いです。 実際にガラスコーティングするまでは、埃が入ったらやり直しできないじゃんって思ってましたが、大きな埃をしっかり落とせば、細かい埃は見当たらない状態になります。 コーティングに練り込まれるのか?それもとナノサイズなので埃より薄い膜だからなのか不明ですが、100回以上塗ってますが、埃を見かけたことは無いですし、失敗した事は無いです。 もちろん施工方法を間違ってしまっては駄目だと思いますが、最初にちゃんとクリーニングして大きな埃はちゃんと落として施工方法を間違わなければ、誰でもできるかと思います。 個人的には非常に楽なので、全部ガラスコーティングにして欲しいです。 ガラスフィルムとか酷いとロット不良で5回以上貼り直しするパターンがありますからね。 光沢タイプは写真や動画が非常に綺麗に見れるのがメリットですが、画面に映り込みが入り目に負担がかかるのがデメリットです。 ネット見たり、動画やゲームを多様する使い方でしたら光沢で良いかと思います。 施工に失敗はほぼ無いのですが、使用後に傷が付いてしまった場合は、ガラスフィルムのように剥がして新しいフィルムを貼ると言事ができないのです。 現状は、一度コーティングしたら2〜3年はそのまま使用になります。 剥がしたり溶かしたりする事ができないので、そのまま使用する事になります。 ガラスフィルムよりも傷が付きにくいとは言え、全く傷が付かないわけではないので、小キズを気にするような神経質な人には向かないです。 小キズが付いても本体についてないからOKな人は大丈夫かと思います。 まぁ、ケースやカバーすれば問題ないですが、両面にコーティングして本体の素のデザインを楽しみたい人は注意が必要かと思います。 しかしながら、上記のメリットを考えると価格相応の価値はあるかと思います。 キャリアに下取りに出すとか歴代のスマホは保管する人は問題ないですが、売って買う人にはちょっと注意が必要です。 大手量販店でガラスコーティングサービスはあるのか? ネットでガラスコーティングを検索すると、まぁ出てくるのですが、コピーがちょっとスピリチュアルな感じでぶっちゃけちょっと胡散臭い感じがするので、遠慮してしまった人は多いかと思います。 しかしながら、実際に試してみると割と良いので、安心できる場所でやってもらうのも良いかとおもますので、調べてみたところ。 ビックカメラでやっているようです。 タブレットやパソコンはもうちょっと高いようです。 提携してるのはここのようですね。 ちょっとコピーがあれですが、店員さんに聞いたところ、見た目は変わらないですがちゃんと守ってくますよっとの事です。 コーティングされたデモのスマホをガリガリしましたが大丈夫そうでした。 ネットで購入するのが心配、自分で施工するのは自身が無い人は、大手におまかせするのが良いかと思います。 ホームページには記載が無いので店舗によってやってるやってないがあるかと思いますので事前に問い合わせてみると良いです。 追記:AppleWatchに非常におすすめ スマホはマットな画面が好みなのでコーティングはしませんでしたが、AppleWatchをガラスコーティングしてみました。 AppleWatchは腕にはめるので常に剥き身状態であちこちぶつけるリスクが高いです。 しかしながら、AppleWatchにフィルムはガラスを貼ると違和感がはんぱないのでちょっと微妙です。 そこで、見た目が殆ど変わらず、強度が飛躍的に増すガラスコーティングは非常に相性が良いと考えたのです。 以前使用していた、 AppleWatch series2はそのまま使用していたので2年経過したら、 普通に画面は傷だらけになっておりました。 まぁ、あちこちガンガンぶつけてたのでしかたないところです。 今回、AppleWatch series5 に買い替えた際にAppleWatchをガラスコーティングしてみました。 毎日、腕にはめて普通に使用していたので、以前どうよう部屋の中や店舗であちこちガンガンぶつけておりましたが・・・・・。 ガラスコーティングをした結果、5ヶ月使用してもほぼ傷は無いです。 画面を消灯させると右下の方にかすかな傷が見るかなって程度です。 まぁ、ガラスコーティングの効果はちゃんとあるのかと感じております。 個人的にはAppleWatchはそのまま使うのが好きなので、ケースやフィルムは貼らずにガラスコーティングがおすすめです。 まとめ 個人的には、光沢タイプが好みの人には非常におすすめです。 見た目は変わらずしっかりスマホをガードしてくれて、ケースを選ばない為、自由度が高いです。 YouTubeでも動画がありますが、実際に営業の人がコーティングしたスマホにボールペンやカッターでガリガリやっても傷つかないので、ガラスフィルムと同等かそれ以上の安心感はあります。 価格はちょっと高めですが、安物ガラスフィルムを何度も買い換えるんだったら安心のガラスコーティングを試してみるのも非常におすすめだと思います。 わたしは、非光沢のマットタイプが出たら、iPhoneとiPadにやりたいと思います。 そんで、Apple Watchは光沢で問題無いので新モデルに買い替えたらガラスコーティングをする予定です。 今のは結構傷が付いちゃってるんですよね。 スマホフィルムの貼り方はこちらに記事にしてますのでよろしければ御覧くださいませ。

次の

ハルトコーティング - スマホを守るガラスコーティングをドコモショップで試してきました。ドコモ契約なしでも施工可能(かのあゆ)

スマホ ガラス コーティング おすすめ

スマートフォンは画面をタッチすることで動くので汚れたり、落として割れたりしてしまいます。 その画面保護と言えば、保護フィルムを貼るのが一般的でした。 ですがスマホコーティング剤とは、 スマホの画面割れや傷などから守るための塗装剤のことです。 従来の ガラスフィルムや耐衝撃ケースなどに代わる新しいスマホの破損対策として注目されています。 塗るだけでも強度が増すほか、ケースを使用して大きくなっていたことを解消してくれるなど、大きく役立っています。 そんなコーティング剤を 硬度、 タイプを基準にランキング形式で紹介します。 大事なスマートフォンを保護すると共に、見た目も損なわない新しいアイテムで、今までと違うスマートフォンを持つのはどうでしょうか。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. どんな傷にも負けない強靭な構造です。 爪や鍵などでひっかけても傷がつきません。 また水、湿気、油からも保護し、 細菌の防護率は99. 9%です。 そして 液体のため、ガラス画面のスマートフォン全機種に施行が可能です。 これが一つあれば全てのデバイスを保護します。 極めつけは、 世界の第三試験機関が認める品質で、幾つもの認定機関が硬度テストを実施しています。 引っ掻きや押し込みなど様々なテストを行っても、デバイス表面に傷などのマーキングは見られない「お墨付き」を獲得しています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. 1回のコーティングで半年前後効果が持続し、1本で約1年分の容量です。 またプロ仕様のケミカルなので、綺麗さと施工しやすさで、艶と防汚力を兼ね備えています。 効果は 汚れがつきにくくなり、 汚れても簡単に落とせるようになります。 表面がなめらかになるので、指が驚くほどなめらかに滑ります。 初めてで失敗するのが嫌だと思う方におすすめです。 そして掃除後に施工を繰り返すたびに、 皮膜の厚みが成長します。 なのでクリア層の凹凸も滑らかに、艶と超撥水から滑水へと 成長するコーティング剤です。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 汚れと傷、気泡やホコリの混入もなく端末を保護します。 指紋が付きにくくなり、抜き取りやすくなります。 スマートフォンの指すペリが滑らかになります。 撥水効果が優れた、水をはじくことのできる性質で、画面の保護が可能です。 また 透明度が向上し、よりきれいで鮮明な液晶になり曇り止め防止にもなります。 このコーティング剤は、1回塗りで200ナノメートルと非常に薄い膜です。 膜自体は、 鉛筆硬度4H~9Hの硬度を持ってます。 コーティング剤は、重ね塗りが可能なので、 少しでも傷防止力を上げたい場合は複数回の重ね塗りがおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. この商品は 塗って拭き取るだけの30秒施工です。 さらにムラにもならず、 すぐに効果が現れます。 そして効果は永久に持続します。 画像ではカッターナイフで傷をつけていますが、施工しているのとしていないでは、見てもすぐに分かります。 また その他にも、防汚、曇り止め、潤滑、透明度向上、指紋軽減、割れ耐性向上の効果もあります。 評価、売り上げとも人気ということが分かるように、どちらも高い評価を受けています。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 商品名• ScreenGlassCoating for SmartPhone• クリスタルガード グラスアーマー• スマホまもる君• ナノ リスタルアーマー• G-POWER P. コーティング&クリーナー• クリスタルアーマー• ガラスコーティング• Glasis MRAND• ピカプロ3ポイントコーティング• ガラスコーティング剤OZONE• 液体ガラスフィルム• PHONE SHIELD• ナノコーティング ガラスフィルム• ナノ液体保護• 自動車コーティングの技術• 売上も人気のひとつ• 抗菌に力を入れている• 塗りやすいタイプ• セルフクリーニング効果を発揮• お得なセット• 新成分配合で滑りやすさを復活• ブルーライトカット• 世界で初めて最高硬度10H• 安全性を持っているコーティング剤• 業界初のダブル効果• トンカチで叩いても割れない強度• 成長するコーティング剤• お墨付きの商品• 一本で複数の効果• 2080円 税込• 1631円 税込• 2000円 税込• 880円 税込• 3770円 税込• 1390円 税込• 1980円 税込• 2000円 税込• 4980円 税込• 6599円 税込• 3000円 税込• 2490円 税込• 1000円 税込• 800円 税込• 750円 税込• 10H• タイプ• ペーパー• スティック• スプレー• スプレー• スプレー• スプレー• スティック• 商品リンク•

次の