いないないばぁ 放送事故。 一青窈 いないばぁ 歌詞&動画視聴

「いないいないばあっ!」が中国で大人気のワケ

いないないばぁ 放送事故

0~2歳児向けの番組「いないいないばあっ!」が、今、アジア各国に「輸出」され、人気を博している。 0~2歳児を対象にしたEテレの人気番組「いないいないばあっ!」。 踊りや歌、人形劇などで成り立つこの番組に、わが子もそれはそれはお世話になった。 オープニング音楽が流れたとたん、どんなに泣いていても番組の世界に引き込まれたものだ。 今、その「いないいないばあっ!」が、中国、ベトナム、ミャンマーで放送されている。 独自のキャラクターなど「お国柄」も取り入れて 2017年1月からベトナムで吹き替え版が放送され、2017年7月には中国でも、完全ローカライズ版の放送が始まった「いないいないばあっ!」。 アジア諸国での人気は好調で、今年8月からはミャンマーでも放送開始。 アジアの子どもたちを次々と魅了する理由を、ベトナム・ミャンマー担当の演出・奥富健善氏はこう語る。 「そもそも、これらの国で未就学児のみを対象にした幼児番組がこれまでなかったのが人気の大きな理由でしょうね。 ベトナム国営放送に初めて教育専門チャンネルが開局したのが3年前。 海外アニメの吹き替えなどはあっても、同じくらいの年齢の子どもが実際に登場する乳幼児向け番組はなかった。 ベトナムでは、0歳から6歳くらいまでがそろって楽しんでくれていますよ」 子どもにうけるものをいちばん知っているのは子どもたちだ。 「中国での放送は、上海のある制作会社の男性が日本在住時に『いないいないばあっ!』に夢中になっている子どもの様子をみて、いつか中国でも放送したいと考えたことがきっかけ」と、プロデューサーの鈴木知子氏。 「ただし吹き替え版ではなく、親近感を持たせるために、出演者は全員中国の人でやりたいと。 現地の子どもたちをオーディションして、スタジオ撮影や家庭でのロケを行い制作されています」 本記事は『東京人』2019年10月号(9月3日発売)より一部を編集して転載しています(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします) べトナムでも、放送2年目からはオリジナルのネコのキャラクター「ミャオミャオ」を開発・制作し、ベトナム各地を訪れるキャラバンロケも現地で撮影するなど、オリジナルの部分が多くなった。 現在制作中のミャンマーは、スタジオ設備が整っていないこともあり、自然の中でのロケが中心だ。 各国のカラーやオリジナリティーを出しながらも、日本側は番組の質を維持するよう、制作のサポートや監修を行っているという。 「どの国の制作スタッフにも日本で研修を受けてもらいますし、こちらも現地に出向いて勉強会をしたり、とくにはじめは制作の指導もしていました。 新キャラの『ミャオミャオ』もデザインはベトナムチームに任せつつ、人形は日本の工房で作るなど、技術的なフォローもしています」(奥富氏).

次の

トイレで生配信するアイドルSTU48の石田 みなみさん、生放送中にナプキンを晒すwwwwwww

いないないばぁ 放送事故

2018年12月25日放送分回答です。 もし気に入った回答などありましたら、コメントで書き込みましょう。 皆様が選んだ回答を更にまとめた記事を後日作ります。 サンタさんが思い出す子供の頃のクリスマスのエピソード 自分の親がサンタだったあるあるで 自分の家もそうだった事にショックを受けた事 んだっしゃこら コカ・コーラ社が俺を赤く染めた やなせ 寝たふりしてたらおとうさん来て2代目襲名決意する ちんすけ もうあげてたからな 2科目 よその家はカラフルな服着てるのになんでうちだけあの色 やなせ トナカイ肉が固くて噛み切れない んだっしゃこら カーネルサンダースは親友だった やなせ サンタとて子供やぞ 来いよ ちんすけ 仏教徒だったので特になし んだっしゃこら ワクワクしててボタン一つかけ違いしていたのも 今となってはいい思い出 んだっしゃこら お父さんがプレゼント配りに回ってた後つけて 欲しいプレゼント持ち帰ってた ちんすけ m-1大井競馬場で敗者復活戦 名無し ガゼル呼んでた ちんすけ 汚い靴下を枕元に吊るしてた! ゆうひろパパ オトンとオカンが夫婦喧嘩の時、プレゼント投げ合ってた やなせ プレステお願いしたのに雀牌置いてあって親の神経疑った ちんすけ 痩せたサンタが煙突から入ろうとしてノーブレーキで落下。 メタボは大事だと思った 名無し プレゼントのお菓子大事に取って置いたら兄貴に食われてた やなせ 森でトナカイが物凄い交尾してるのを目撃 名無し NHKで「その時、歴史が動いた」やってた 名無し 翌日のご馳走のトナカイ ちんすけ ワシ 二歳でヒゲ生えてない? ちんすけ 日テレで「知ってるつもり!? 」もやってた ゆうひろパパ 街へ行くと看板を持ったサンタがあふれていたが、 あれは仲間ではないと教えられた 名無し いないないばぁー! 赤ちゃんサンタ「フォッフォッフォッ」 ちんすけ 全校生徒は300人だけど3年生は1人の高校あるある 焼きそばパンとビックルを いつも誰かのために買いに走るのが日課 名無し 校長も普通に不作の年とか言う ちんすけ 昨年99人留年した 名無し 夜中にテレビで放送された 2科目 外では学年1位の成績と自慢 名無し 定期テストの成績はいつも参考記録 ゆうひろパパ 大学受験のプレッシャー半端ない 名無し グレようにもグレようがない 2科目 卒業式のこと見せしめって呼ぶのやめろ 名無し 進学塾だけが心のよりどころ 名無し 集合写真で右上の楕円にいる ちんすけ なんで組主任4人おんねん 名無し 体育の時間はいつも校庭のランニング 名無し 校長も1人 名無し 二年生が授業してる後ろで 反対向いて授業する離島の学校スタイル ちんすけ お昼は校長室で食べる3年生 ゆうひろパパ 校長「インフルエンザにより三年生は学級崩壊しました」 生徒「そらそやろ」 名無し 全国に500人程度しかいない、 暗黒の2016年の生き残りの1人。 名無し 勝ち上がった 名無し 先生がスマホでゲーム 名無し 大きい食管こぼすな ちんすけ 3年生だけど敬語 名無し 二年生も1人だ 名無し 卒業式はなくに泣けない! ゆうひろパパ しかもケニアからの留学生 名無し あらゆる部長だ 名無し たまに2組で授業やってみたりする 名無し 1年のときに全ての感情が死んだ ちんすけ もう学校に住んでる やなせ でも、短距離で全国1位やろ? 遺伝子やん!才能やん!全国の陸上部やる気無くすわ! 名無し 風邪で休むと学校で噂になる 名無し 先生も普通に はい二人組作って〜 言う ちんすけ 月刊「天国』に付いてくる付録 天使の輪が出来るシャンプー 名無し 樹木希林のサイン ゆうひろパパ 天使のはね ランドセルって原価大丈夫か? 名無し 地獄めぐりツアーのパンフレット 名無し 六文銭 ちんすけ 里芋用皮むき機 名無し 三途の川下り優待券 ゆうひろパパ 志村けんの神様生写真 名無し 応募者全員サービスの免罪符 名無し 蓮の花饅頭 名無し ちょっと肉ついたちっちゃい羽 ちんすけ キリストの絵つけたら宗教戦争起きた 名無し 下に垂らすと「ミニカンダタ君」がいそいそ登ってくるオモチャ 名無し フランダースの犬DVD 名無し 24巻で完成する霊柩車セット ゆうひろパパ せつこのおはじき 名無し 別冊で地獄4コマ劇場がついてた。 ペンネーム変えてるけど蛭子くさい 名無し 行けると思うなよタオル 2科目 地域振興券 名無し 正しい六道輪廻の仕方 名無し 針とラクダ 名無し 携帯用クモの糸 名無し 毎週ついてくるパーツを組み立てると オデコにつけるポッチ出来上がる ちんすけ 月刊「三途の川の渡り方」 ユタカ 正しい終活の仕方の冊子 ゆうひろパパ 白さと香りのニュービーズ 名無し 毎号集めてあなたも浸かろう! 札束風呂用模擬紙幣(36回シリーズ) ぷぅ 考えるのをやめたあの人は今 やなせ つい買ってしまうと地獄行きが確定するエロいパンティー ちんすけ サッカーの審判が出したピンクカードの意味 今晩OK 名無し これはピンクのカードです、どう?の意味 名無し 今日からなでしこジャパンね ユタカ 一晩付き合ってくれたらレッド見逃す 2科目 17枚でイエローカード 名無し タイキック確定 名無し 林家ペーパー子と密室1時間の刑 キャーーハッハッハ ユタカ 間違えた んだっしゃこら 臓器提供 名無し ごめん見てなかった ちんすけ ポケットに入れたまま洗濯して薄まった 2科目 試合後にロッカールームで待ってる 名無し ナイスボケ! んだっしゃこら 僕の汗、酸性です 名無し アディショナルタイムは例の部屋でね 待ってるよ💛 ユタカ 1発勝利! ゆうひろパパ モーツァルト視聴券 名無し しかもこれだけカードスリーブに入れてやがる ちんすけ 今のプレーは出川を超えた んだっしゃこら 次から気をつけるのよ 2科目 円朝30分サービス券 名無し 延長 名無し カルガモの親子通るからちょっとタイム 名無し セレッソ大阪入団 ユタカ R18 名無し めくって当たりが出たらもう1枚 名無し ロスタイム45分の意味 ゆうひろパパ 2枚集めたらピンピンね ユタカ 松木安太郎うるさい 名無し 2枚で退場 ちんすけ 悪目立ちしたいだけで特に意味はない んだっしゃこら 今のプレイ。 審判的にはピクリと来ましたね。 名無し 「ゴールインラブ」 とかやめとけ ユタカ 「スローインラブ」 とかしつこい ユタカ お気に入りの選手が倒された 2科目 気分でかえてみただけ 名無し PKの意味を勘違いしてた ユタカ デッキから適当にとっただけ ちんすけ お待ちかねティッシュタイム 名無し ピンクカードに書かれてる電話番号に電話すると おすわり5万のお姉ちゃんのいる店に誘導される やなせ 「あ!これいつもグラビアの袋とじ開ける時に使ってるカードやった!」 ぷぅ 笛吹いたがプレー止める程じゃなかった時の保身 んだっしゃこら 徴兵 名無し 「大人電話相談室」に寄せられる相談 今の旦那と別れたいという面倒くさい系 んだっしゃこら 夏休みが終わります、会社に行きたくありません、とか行けや 名無し 腰痛が……とか然るべき場所に聞け 名無し 終活の仕方がわかりません。 ゆうひろパパ 「どうして空は青いんですか?」 「ん?あおいそらがどうしたって?」 ぷぅ なんでセクシー女優は名前を変えれば新人扱いなんですか? 名無し こども電話相談室ではどんな質問していますか? とかちゃんと視聴しろ んだっしゃこら ケツの穴に入れたラグビーボールが出て来ません、 とかそこまでの大人は求めてないねん 名無し 大人の事情って何ですか? ゆうひろパパ 麻美ゆまさんの力になりたいんですが? どの作品を買えば良いのですか? 名無し 僕の声が聞こえますか?というホラーっぽさ出してくる んだっしゃこら アイドルっていくつまでアドルって判断されますか? 名無し ワシなんの相談で電話したんやったかいな 2科目 大人「夏には冬が恋しくなり冬には夏が恋しくなるとけどどうしてですか?」 先生「歌手になりなさい」 んだっしゃこら 年金手帳を無くしたんですがどうしましょう? ゆうひろパパ 48歳、フリーター、年収200万円、身長165cm、体重87kg、 彼女いたことありませんが結婚したいです……とかシンドイ 名無し 猿馬見れんだろ大会はどこで行われてますか?は一回ググれ んだっしゃこら 嫁が幾つになっても子供なんだからぁって言っておいて 大人なんだからって言います。 どちらが正しいのでしょう 名無し 「え、うわ、マジでつながった、すっげー!」 といういたずら電話かかってきた んだっしゃこら 取り次いだ瞬間からハァハァ言ってる ぷぅ 「孫が事故おこして100万円振り込まなきゃいけないんですね?」 「はいATMまで行ったらまた電話してくださいね」 みずあな カルロスゴーンです、とかこっちでも滑りにくるな 名無し オレオレ オレだけど とかどこに電話しとんねん ユタカ 財務整理 名無し 闇金ウシジマくんという漫画に完全に僕が登場しています。 著作権、肖像権などで作者にいくらかもらえますか? 名無し 誰か私の保釈金払ってくれませんか ぷぅ 「もしもし?オレオレ、今交通事故に遭っちゃって慰謝料払わなくちゃいけなくて…」 んだっしゃこら すみません カツ丼1つ ユタカ 逆電してね んだっしゃこら 「逆にさー」って言うほど逆じゃないですよね ・・・・・・で? ユタカ 娘から靴下一緒に洗わないでと言われます。 僕は一緒に洗って匂い付けさせて欲しいです。 1年にパシらせたマジモンの骨っこ持ってきたぜ! 名無し 俺もお前らと一緒だよ。 社会という名の檻に閉じ込められてるのさ。 江永 今流行りのエリマキトカゲ売ってくれ! んだっしゃこら 血倭倭どこ? 名無し 女子のふりして女子校に通ってた男子が男子だとバレた理由 教員用の男子トイレに入った んだっしゃこら 声がわり 名無し くしゃみがオッサンぽかった んだっしゃこら 立ちション見られた んだっしゃこら 卒業式で「僕達」「「「「「私たちは」」」」」 校長「待て待て待て」 名無し しゃべり方が どんだけ~~! やっすー 羽根付きのやつ買ってきて~言われて餃子買ってきた 江永 なんかよくわからん血液検査の果てに 名無し ブルマでテント 名無し 水泳の授業の水着姿でキュッキュッボンした 名無し ツーブロだったから やっすー 男性恐怖症の田中さんが男子に触られて失神したから んだっしゃこら 十字架に貼り付けられ、男子と認めるまで火あぶりにされた 名無し 水泳の授業で鼻血ででもた やっすー 男子バレー部創設した 江永 戒名、男のやつやん 名無し すね毛処理のし忘れ んだっしゃこら 通学の自転車めっちゃ速い 2科目 女子すぎる 名無し 「ナプキン貸して」と言われて 高級レストラン用のナプキン渡した 名無し 喧嘩を止めるときに男の腕力がつい… やっすー 意味のある会話しかしない 江永 オオイヌノフグリに異常に反応してる やなせ みんな16歳の話ししてるのにこいつだけ18歳の話 名無し 精子臭い 名無し パズドラのランクでバレた やっすー 球速150km超えた 名無し 趣味だった露出が抑えきれなくなった んだっしゃこら すね毛がおさえきれなかった やっすー ネカマしてた んだっしゃこら 北極で流しそうめんしたときに起こったトラブル ホッキョクグマが行列作ってた んだっしゃこら さすがに釘は打てなかった やなせ そうめんの賞味期限切れてるやんけ 名無し 「北極なのに難局…」とかやめとけ ユタカ 箸持たれへん 2科目 そうめんつららとなって食いしん坊の舌をつらぬいた 名無し 凍るでしょ?凍るでしょ?の期待に反してスルスル流れた 名無し 北極寒すぎてそうめん食う気が起きない んだっしゃこら 流す人が上で凍ってる 2科目 ヒヤスンジャー出現 ユタカ タロとジロに横から食われた やなせ そうめんがN字に流れる 名無し 借金多すぎて口座が凍結された ユタカ イワトビペンギンまで流れてくるな 名無し 外務省からのガチ説教 名無し 環境汚染しやがったと帰国後総スカン喰らった んだっしゃこら ポールシフト 名無し 南極でも流しそうめんしたくなってきた んだっしゃこら ピンクの麺入ってないメーカーじゃん 名無し 「流れに乗るウェー」「口で吸えーデン」 とかやめとけ ユタカ 食欲が湧かない 名無し シロクマが上の方で全部食べて流れてこない 2科目 栄養失調で皆倒れた 1週間連続はやりすぎた 名無し トドとホッキョクグマに喰われた、文字通り人の方 んだっしゃこら 薬味忘れてボコボコにされた 2科目 ピンクのやつ争奪戦 江永 環境に流されない自己が確立されたそうめんですよ やなせ 漂流そうめんと漂流隊員になった 名無し 防寒着忘れてた んだっしゃこら 取り損ねたそうめんを下でシロクマが口で受けてて…ギャァアア!! やっすー 滑ってくる皇帝ペンギンが 流し装置の足場をスコーンスコーンと破壊していった 名無し 「それ冷や麦やで」とかそんなのえぇねん ユタカ 途中で詰まったのでクラシアン呼んだら8000万円請求された 名無し サラリーマンに転職したカウボーイがやりがちなこと ちょっとした事ですぐに銃を抜く んだっしゃこら 観葉植物としてサボテン飾る 名無し 相手の名刺を撃ち抜いた んだっしゃこら 最後にサイコロ投げてその日の自分の業務の点数つける、 とかそれ違うカウボーイだ 名無し 馬で営業行く 2科目 ドアノブ回さないでドアに体当たり 江永 社長に投げ縄投げる 名無し 遅刻してきた後輩の首にロープをくくりつけて引きずり回す 名無し デニムで出社すな言うてるやろ 2科目 靴についてるギザギザでピザをカットした んだっしゃこら ホワイトボードのスケジュール表のとこに「放牧」と書いて外回り行く 名無し ライバル社員に牛乳奢って「砂利はこれでも飲んでろ」言う 名無し 「あいつとは牛が合わない」って言う ユタカ 昼間から酒あおっている んだっしゃこら 秘書に「メス牛」って言うなや ユタカ タイピングでも早打ち 江永 褒められると「イーーーヤッホーーー!」と叫ぶ んだっしゃこら 上司に怒られるたびに反対側に5歩歩いてから振り返りざま発砲 名無し エレベーター乗るたびに「ハイヨー!シルバー!」とうるさい 名無し 回答に困るとカウボーイハットを深くかぶり目線をそらす んだっしゃこら ノートパソコン指でクルクルまわして腰にスチャ!て収める やなせ サラリーマンに辟易して次に 保安官っぽい警察官に憧れてまた転職した んだっしゃこら 「この前実家帰ったんでお土産買ってきました。 これみんなでどうぞ!」と 丸まったワラみてーなの渡してくる 名無し ホームシックでテキサスに帰りたがる んだっしゃこら こんな科学教師は体育教えてろ 人体模型のモデルが明らかに山田勝己 名無し てこの原理を腕ひしぎ十字固めで教える んだっしゃこら ドップラー効果を校庭で走りながら実演する んだっしゃこら マグヌス理論専門 江永 ガスバーナーを使う実験で 火はマッチではなく自分で木を擦って火を作ってそれを配る んだっしゃこら フレミングの法則の三本指で両目と鼻の下の人中をすぐ突いてくる 名無し 公式覚えるのが苦手 名無し 「ヤモリやイモリはこうやって壁に張り付くんだぞ」と実演して見せた んだっしゃこら ジャージに白衣入れてる 名無し 怒って塩酸かける 名無し カエルの解剖の前にカエルにステロイド射ってた 名無し 覚え方が元素体操 江永 ちょっとそこの教師!馴れ馴れしく触れみんぐよ! やなせ 等速直線運動でマラソンしてる 名無し 私語してると試験管投げてくる 名無し 理科準備室に謎の理由で先週辞めた 生徒から人気のあった体育教師らしきホルマリン漬けが発見された 名無し ずっと竹刀持ってる 名無し アンモニア直で嗅ぐ 名無し リトマス試験紙の賛成をチャンピォンコーナー、 アルカリ性を挑戦者コーナーと呼ぶ 名無し 余ったやつと実験する 名無し 全力疾走した後の吸うN2とO2とCO2は美味いだろと言う んだっしゃこら.

次の

ドラマ「伝説のお母さん」第3話が話題!マミートラック回!感想・反応まとめ【前田敦子・玉置玲央・井之脇海・大地真央】 : つぶちゃん~Twitterまとめ~

いないないばぁ 放送事故

「ほらほら、手緩いわよ。 最初の威勢はどうしたのかしら!」 「チィッ……」 ガギン、と一層重々しい金属音が鳴り響く。 激しい衝撃が手首に掛かり、フェイタンは既に半壊している 鋸 ノコギリ を右手から取り落とした。 立て続けに迫り来る足甲の一撃を左手に握った鋸で逸らしつつ、至近距離から口に含んだ毒針を敵の顔面に吹きかける。 だが、敵の少女はあろうことかそれを避けることなく受け止めた。 「姑息な手ね。 そんなものこの私には通用しないわ」 毒針が眼球に突き立ったことでカオルは反射的に目を瞑るが、もう一度瞬きした後には針の姿は影も形もなくなっていた。 まるで眼球そのものが針を呑み込んでしまったかのように。 これには流石のフェイタンも目を剥いて驚きを露わにする。 しかし身体は驚愕する思考とは裏腹に恙なく動作を完了させた。 瞬きによって相手の視界が閉ざされた僅か一瞬の隙を衝き、カオルの腹部に強烈な前蹴りを叩き込む。 フェイタンの狙いとしては、敵に攻撃を加えつつ蹴りの反動で距離を取る目論見があった。 しかし予想に反して返ってきたのは宙を漂う羽毛を叩いたような、まるで手応の感じられぬものだった。 消力 シャオリー。 極限の脱力と体捌きによって敵からの攻撃を受け流す中華の術理である。 尋常な打撃ではカオルが操るこの技を破ることはできない。 それこそウボォーギンの〝 超破壊拳 ビッグバンインパクト 〟レベルの大打撃でもなければ掠り傷すら負わせることはできないだろう。 ぐるん、とカオルの身体が蹴りの威力に逆らうことなく靡く。 その回転を威力に変え、速度を乗せた蹴りをカウンターとしてフェイタンに叩き込んだ。 「ぐぅッ……!」 咄嗟に交差させた腕でそれを受ける。 華奢な見た目からは考えられない程の威力が乗ったその一撃はミシミシと骨を軋ませ、小柄なフェイタンを豪快に吹き飛ばした。 このように攻撃を 消力 シャオリー によって往なされ反撃を食らうのはこれが初めてではない。 既に数度に渡って繰り返された光景だった。 その度にフェイタンは押し寄せる踵の斬撃や足甲の殴打を防御する必要に迫られていたのだ。 こうもフェイタンが防戦一方となっているのには理由がある。 何よりも大きいのは彼が現在、満足な武装もなくこの場にいることだろう。 そもそも本来はフランクリンの〝 俺の両手は機関銃 ダブルマシンガン 〟によって適当に会場内のマフィアを一掃し、競売のお宝を適当に掻っ攫って帰るだけの予定だったのだ。 加えて変装のために普段のゆったりとした服装から着替える必要があったということもあり、常ならば当然のように身に帯びている暗器の殆どを装備していなかった。 今フェイタンが持っているのは「何となく持っていないと落ち着かないから」という理由で仕込んできた最低限の拷問器具ぐらいのものである。 鋸などまだマシな方だ。 鋏やプライヤで一体どう戦えというのか。 だがよりにもよって敵は攻撃性と俊敏性に定評のある超攻撃的アルターエゴ、それも追加で謎の中国武術を修めた属性の渋滞事故のような少女であった。 刀を振らせたら右に出る者はいない白兵戦のエキスパートたるノブナガをして、「やりづらい相手」と言わしめたヒソカをほぼ一方的に敗北寸前まで追い詰めた実力は伊達ではない。 兎にも角にも相性が悪いと言わざるを得ない相手だった。 無論のこと格闘戦だけがフェイタンの攻撃手段ではない。 彼は〝 許されざる者 ペインパッカー 〟という与えられた痛みに応じてオーラを増強させる〝発〟を有しているが、この能力は自身を中心に広範囲へと無差別に破壊を及ぼす。 このような敵味方入り乱れる乱戦の中では扱いづらい技なのだ。 そんな中で配慮もなしに〝 許されざる者 ペインパッカー 〟など撃っては却って味方を窮地に追い込みかねなかった。 しかも、そこまでしたところで敵に有効打を与えられる保証もない。 普段のフェイタンであればそれでもお構いなしに怒りに任せ〝 許されざる者 ペインパッカー 〟からの〝 太陽に灼かれて ライジングサン 〟で敵を焼き尽くすのだが、フランクリンの念弾を悉く跳ね返した 一方通行 アクセラレータ の存在が重く圧し掛かっていた。 味方を巻き込んでまで放った必殺技が跳ね返されては目も当てられない。 攻めの 消力 シャオリー による超打力が加わった蹴撃は一発一発が重く鋭く、それがフェイタンと同等以上のスピードで押し寄せるのだ。 フェイタンとて強化系に次ぐ強化倍率を持つ変化系の能力者でありその身体能力は決して低いものではないが、カオルは彼の持ち味において上を行っている。 それに不可解なこともある。 フェイタンの勘違いでなければ、どうにも先程から徐々にカオルから感じられるオーラの強度が上昇を続けているように感じるのだ。 それと比例するようにただでさえ厄介な攻撃の威力と速度に拍車が掛かり、ますますフェイタンを劣勢に追い込んでいく。 「……とんだ夜になたものね」 黒髪が翻り、銀の残光を引いて刃が迫る。 凄絶な笑みを浮かべる少女の猛攻を捌きながら、フェイタンは吐き捨てるように悪態をついた。 「でえええぇぇぇりゃあああぁぁぁ!!」 ぶおん、と颶風を巻いて剣が虚空を切り裂く。 がおん、と豪風を上げて馬上槍が空気を抉る。 ある種の芸術性すら感じさせる快楽の少女の身のこなしとは正反対に、その少年の立ち回りからはおよそ洗練さといったものを感じ取ることはできない。 道場剣法以下、良くて路上の喧嘩殺法レベルの低水準な剣捌きと槍使いだった。 だがそんな稚拙な技量とは裏腹に、篭められた膂力は是巨人の如し。 滅多矢鱈に振るわれるそれは、なまじ合理性が欠如しているが故に行動を予測しづらい。 これまで出会ったことがないタイプの手合いを前に、手練れの糸使いであるマチはどうにも攻めあぐねていた。 だが、その不規則な剣筋と幼げな見た目に不釣り合いな怪力に翻弄されていたのは最初の内だけだ。 観察していれば攻撃の癖というものは徐々に浮き彫りになっていく。 それにマチとて旅団内の腕相撲ランキングで十三人中六位の腕力の持ち主である。 そのパワーは強化系のアストルフォに大きく劣るものではなく、彼女の卓越した念糸捌きを以てすれば近付かせることなく捕縛することも難しくないだろう。 では何故こうもアストルフォを相手に碌に攻められずにいるのか。 その原因は彼が右手に握る馬上槍にあった。 厳密にはその馬上槍の先端で輝く黄金の穂先である。 まるで芸術品のように壮麗な拵えのそれが身を掠めようとする度、マチの本能が激しく警鐘を鳴らすのだ。 彼女の勘は幻影旅団の中でも時に行動指針の一つとして頼りにされる程度には仲間からの信頼が高く、マチ自身も己の勘に一定の信用を置いていた。 勘などおよそ論理的とは言い難いスピリチュアルなものだが、実際にこの第六感に窮地を救われたことも一度や二度ではない。 ならばあの槍には何かがある。 マチはそう確信し警戒を強めていた。 (何もないところから取り出したのを見るに、恐らくあの剣と槍は念の産物。 つまりこの 坊 ・ や ・ の系統は具現化系。 具現化系ならどんな仕掛けが潜んでいても不思議じゃない……普通に考えるのなら具現化系のパワー不足を補う何らかのブースト効果だけど、どうもそんな感じじゃなさそうね) マチの予想は半分的中していた。 アストルフォが手にするのは宝具『 触れれば転倒 トラップ・オブ・アルガリア !』。 残念ながらオーラの具現化によるものではないが、そんなことがこの世界に生きるマチに分かる筈もない。 そしてこの槍は一つの特殊能力を持っていた。 それは槍の真名が示す通り「穂先に触れた相手を転倒させること」である。 伝説においてカタイの王子アルガリアから受け継いだ(意訳)これは、武器としての殺傷力は通常の槍の域を出ない。 しかし穂先に宿る魔法の力によって触れられたが最後、効果が続く限り延々と転倒し続け起き上がれなくなってしまうのだ。 当然ながら一瞬の油断が命取りになる戦場の只中で足を取られてしまうことの脅威は計り知れない。 マチの第六感は実に正しく働いていたと言えよう。 もし僅かにでも接触したならその時点で機動力の大部分を喪失し、その戦力は激減。 まさに俎上の鯉、アストルフォの手によってあんなことやこんなこと(意味深)をされてしまうことは確定的に明らかだった。 だがいつまでも攻めあぐねているようでは埒が明かない。 それに下手に時間をかけていてはヒポグリフが帰ってきてしまう恐れもある。 (あの魔獣はかなりヤバいね。 動 ・ 画 ・ で ・ 見 ・ た ・ あ ・ の ・ 速 ・ 度 ・ で ・ 動 ・ き ・ 回 ・ ら ・ れ ・ た ・ ら ・ 目 ・ も ・ 当 ・ て ・ ら ・ れ ・ な ・ い ・ よ ・ ) そう、何を隠そうマチはカオルとアストルフォが投稿する動画のリスナーであったのだ。 常に生放送を追っているような熱心なリスナーではないが、 仕事 盗み のないオフの日の暇潰しとしてお世話になっていたりする。 加えて彼女はどちらかといえばカオルよりもアストルフォのファンであり、彼が登場する生放送のアーカイブや動画はだいたいチェック済みであった。 故にアストルフォが男の娘であることは承知しているし、「ヒポグリフと行く空の旅」も当然のように閲覧を済ませていた。 多くの視聴者の性癖を歪ませた最初の十五分間も、多くの視聴者を恐怖のどん底に叩き込んだ伝説の五分間も身を以て体験済みである。 まさか騎手も可愛い顔してこれ程のやり手だとは思わなかったが。 技量に関しては取り立てて見るところはないが、オーラの練りと怪力、敏捷性においては目を見張るものがある。 だが、一流の念使いであるマチからすればまだまだ荒削りだ。 付け入る隙は幾らでも見出せる。 豪快に振るわれる剣槍を躱しつつ、マチは自然な立ち回りでアストルフォの立ち位置を誘導していく。 「悪いけどあんたにこれ以上付き合ってる余裕はないんでね。 ウボォーの援護に行きたいし、ここらで終いにしようじゃないか」 そう嘯き、マチはぐっと腕に力を篭める。 マチが引き寄せたのは、目視が困難なほど細く絞られた念糸である。 彼女の指先から伸びる糸の先は今も元気に槍を振るうアストルフォの足下に繋がっており、彼はまんまと予め垂らされていた糸の罠のど真ん中へと誘導されたのだ。 〝隠〟を使うまでもなく目に見えぬほど細く、しかし鋼のように強靭な念糸は一瞬でアストルフォの足を絡め取った。 完全に攻撃することしか頭になかったアストルフォは〝凝〟どころか足下への警戒も怠っており、彼はあっと言う間に足を取られ転倒してしまう。 「あいたぁ!」 よもや自分が転倒することになるとは露ほども思っていなかったアストルフォは、受け身を取ることもできず強かに後頭部を強打する。 まだまだマチの手番は終わらない。 彼女はアストルフォの足を奪うや、続け様に念糸による拘束を仕掛ける。 まるで蜘蛛の糸のように複雑に絡み合った念糸は瞬く間にアストルフォの全身を締め上げ宙吊りにしてしまった。 「んぎっ……!?」 「頑丈なのが裏目に出たね。 もう少し脆ければ一思いに首を落としてやれたのにさ」 憐れにも蜘蛛糸に絡め取られたアストルフォは苦しげに呻く。 その首にはマチの細く強靭な念糸が幾重にも巻きついており、ギリギリと音を立てて強く締め上げていた。 ただの人間か並の念能力者であれば、マチの言う通り糸の鋭さに耐え切れず首が切断されていたことだろう。 だがなまじ頑丈だったばかりに糸は食い込むばかりで切断には至らず、気道を絞められたアストルフォは呼吸ができず苦しみに喘ぐ結果となった。 確かにマチは動画投稿者としてのアストルフォのファンだが、旅団の仲間と天秤に掛けられるほど入れ込んでいるわけでもないし、一度敵となった者に情けを掛けるような甘さとは無縁の性格だった。 むしろ画面越しに眺めるだけだった相手が、手を伸ばせば届くような距離で苦しむ表情を見れるなど役得であるとすら考えていた。 別段異性を痛めつけることに快感を覚えるような倒錯的な嗜好を持っているわけではないが、相手がアストルフォほどの美少年(美少女?)ともなれば話は別だ。 人間とは誰もが美しいものを破壊することに大なり小なり悦びを見出す生き物である。 特にマチは稀代の大悪党幻影旅団の一員であるからして、そういう嗜好に対する理解は人よりあった。 何となれば共感もできるぐらいである。 目尻に浮かぶ涙、紅潮する頬。 苦痛に歪む表情すらその美貌を損なうことはなく、むしろ普段の天真爛漫な活発さとのギャップにより儚げな可憐さを際立たせる。 ビューティフル。 マチは思わず舌なめずりをした。 もはや彼女も立派に性癖を歪まされた一般リスナーであったが、本人にその自覚はなかった。 だが残念かな、彼はヘルシングが誇る二大問題児の片割れであり、アーカードが匙を投げるようなスピード狂である。 念糸で首を絞められた程度で止まってくれるのなら世話はない。 刹那、アストルフォの姿が消え失せる。 まるで霞か幻であったかのように跡形もなく、蜘蛛糸の虜となっていた筈の少年はマチの視界から消失した。 目を見開く。 万力のような力で絞めつけていた念糸が対象を失って地面に落ちる。 ただ不可視となっただけではない。 文字通り存在ごと消滅したのだ。 でなければマチの拘束から逃れられる筈もない。 その肩にポンと何者かの手が置かれた。 いないないばぁ、と言わんばかりに屈託のない笑みである。 反射的に肘打ちを叩き込んでいた。 マチの腕に鼻柱を折るグシャリという生々しい感触が伝わり、アストルフォは「ぐぇぇ」と呻いて吹き飛んだ。 「 Peek a boo いないないばぁ! 」 故に、更に背後から打ち込まれたそれは全く慮外の一撃だった。 足を根元から吹き飛ばさんばかりの強烈な薙ぎ払いが横合いからマチを襲い、彼女は為す術なく足を掬われ激しく転倒した。 痛みに声を上げることすらできないほどの衝撃が襲う。 目を白黒させるマチが見上げる先には、確かにたった今吹き飛ばした筈のアストルフォが悪戯げな笑みを浮かべて佇んでいた。 マチは僅かに首を動かし、視線だけを背後に向ける。 そこには確かに顔面を強打され涙目で鼻を押さえるアストルフォの姿がある。 再度視線を正面に戻す。 二人に増えたアストルフォが肩を組んで立っていた。 「!?!?!!??」 「わははー! どうだ見たか! これがボクの禁じられた最終宝具!」 「『 分別なき偶像暴走 クレイジートリップ・ドライブアイドル 』だ!」 説明しよう! 『 分別なき偶像暴走 クレイジートリップ・ドライブアイドル 』とは、要するにアストルフォが『HELLSING』のシュレディンガー准尉のようになる能力である! ……真面目に解説すると、これはアストルフォがライダーとして召喚された場合に使用可能なヒポグリフの力を生身で発動するものである。 どこにでもいるしどこにもいない、虚数的存在となって敵陣を撹乱することができる。 具体的に言うと、アストルフォが多重分身となる上に、本物がいたりいなかったりいても攻撃を食らわなかったりする。 更に最悪なことに、一定時間が経過するとアストルフォは倍々ゲームで増えていく。 百人近いアストルフォがワイワイキャーキャー暴れる様は一部サーヴァントにとっては悪夢のようだとか。 その様を見て「アストルフォきゅんカワイイヤッター!」などと喜んでいられるのはセレニケか訓練されたリスナーだけだ。 よほどアストルフォと素の実力が隔絶しているような大英雄でもない限り、虚実入り混じるサーヴァントの群れが大挙して押し寄せるなど悪夢としか言いようがない。 しかも最悪なことに、増えたアストルフォは全員が宝具を所有している。 何せどれも本物でありどれも偽物だ。 嘘も本当も、生も死も、この宝具発動中に限り全て意味のないものとなる。 全てが虚構であり全てが真実なのだから、全てのアストルフォが『 触れれば転倒 トラップ・オブ・アルガリア !』を持っていたって何も可笑しなことはない。 つまりはそういうことだ。 混乱している間にも更に数を増やし六人となったアストルフォたちが一斉に槍の穂先をマチへと向ける。 六つの切っ先が自身を照準したことで辛うじて正気を取り戻したマチは慌てて立ち上がろうとする。 マチはまるで丁寧にワックスがけされた床を新品の靴下で踏んだ時のように滑って転んだ。 だがそれはあり得ないことだ。 ホールの床には隈なく 天鵞絨 ビロード が敷き詰められており、滑らかさとは無縁の材質でできていた。 そもそも『 大海嘯七罪悲歌 リヴァイアサン・メルトパージ 』の洪水で水浸しにされ、 壊れた幻想 ブロークンファンタズム の爆炎で炙られたホールの床は散々に砕かれ砂礫に塗れているのだ。 マチほどの戦士がうっかり滑って転ぶなどある筈がない。 もし僅かにでも身動ぎすれば眼前の 槍衾 やりぶすま は直ちにマチの身体を貫くだろう。 「つーかまーえた!」 「ッ!」 がっし、と背後から腕を回される。 視線を向ければ鼻先を赤く腫らしたアストルフォがマチを羽交い絞めにし、ニヤニヤと笑っていた。 アストルフォの身体が密着し、男のくせに石鹸と花の香りのような芳香を漂わせマチの鼻腔を擽る。 だが当然ながらそんなことに意識を傾ける余裕などあるわけもなく、彼女は自身の生殺与奪を敵に握られた事態に全身を総毛立たせた。 勘に頼らなくても分かる。 コイツ絶対碌でもないこと考えてる。 「被告! 幻影旅団!」 「被告! マチ=コマチネ!」 「判決は!」 「 擽刑 くすぐりのけい !」 「 擽刑 くすぐりのけい だ!」 『擽刑! 擽刑! 擽刑! 擽刑! 擽刑!』 十人のアストルフォが刑罰を言い渡す。 判決、 擽刑 くすぐりのけい。 内容は言うまでもなかろう。 一人が背後から羽交い絞め。 四人が『 触れれば転倒 トラップ・オブ・アルガリア !』の穂先を突き付けて牽制。 残る八人(また増えた!)のアストルフォたちの手が一斉にマチへと伸びた。 「ちょ、や、やめっ……あははははは! やめて死ぬあははははははは!」 「こちょこちょこちょ~」 「君がッ! 泣くまでッ! 擽るのをやめないッ!」 「泣いてもやめないッ!」 マチは暴れて何とか拘束を引き剥がそうとするも、アストルフォの腕は万力のような力で彼女を押さえつけて離さない。 というか全くびくともしない。 女性離れしたマチの腕力を以てしても僅かに拘束を緩めることすらできなかった。 いくら何でも不可解だ。 相変わらず足は不自然なまでに地面を掴むことはなく、一向に立ち上がれる気配はない。 擽りによって意識を集中できず念糸を形成することもできない。 抵抗の術を失ったマチの情けない悲鳴が響き渡った。

次の