も と ちゃん クビ。 フワちゃん、無名時代の“衝撃過去”!10回連続でバイトをクビ「愛読書はタウンワーク」

めちゃイケ「クビ」三ちゃんの「悪い部分」 ナイナイ岡村が暴露した驚きの「上から目線」: J

も と ちゃん クビ

もくじ• blog. so-net. 』新メンバーオーディションに合格して番組へのレギュラー入りを果たし、一躍世間の注目を集めました。 その後、めちゃイケの企画で『みちのくプロレス』の練習生として入団するも、わずか1年足らずで逃亡し、企画そのものが破綻します。 このころから「めちゃイケに三中はいらない」といった批判も集まるようになり、同時に視聴率の低下していためちゃイケは、苦肉の策で三中さんをお笑い芸人として育てる新たな戦略を打ち出しました。 こうして2016年2月、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに『芸人』として所属することになった三中さんは、番組レギュラー存続を賭けた『視聴者参加型の国民投票』を受けることとなったのです。 akb48matomemory. 昔からヤラセ疑惑の多いめちゃイケやフジテレビのイベントということもあり、視聴者からは「感動的な合格を演出して三中を芸人として有名にするつもりなんだろう」といった見方も多かった中、まさかの『不合格でクビ』という結果には多くの人が驚きました。 しかしここで番組での結果発表前に『めちゃユル』のWebサイト上で「三ちゃん不合格残念会」と表示されていたことを指摘したユーザーが現れ、ここから一気に『クビがヤラセだった』という疑惑が浮上してきたのです。 blogimg. テレビってのはやらせなんだよ。 やらせの中にも予測できないサプライズや楽しみが無いとね。 だからフジテレビはダメなんだ。 元々『ヤラセ疑惑』の多かっためちゃイケやフジテレビということもあってか、視聴者からは批判というよりも「やっぱりか」という諦めの意見も多く、中にはクビになった三中さんに対して「イジメだろ」といった擁護コメントも見られました。 jp 今回は、めちゃイケの三中元克さん(三ちゃん)のクビ騒動にまつわるヤラセ疑惑と、ネット上のコメントをまとめてみました。 かつては時代を先取る人気番組として名を馳せた『めちゃイケ』も、いよいよ堕ちるところまで堕ちてしまったということなのでしょうか? 長年めちゃイケを応援してきたというファンからも、今回ばかりは「残念だ」という落胆の声も多く集まっているようです。 現在では『打ち切り』の噂も持ち上がっているめちゃイケは、果たして今後どんな展開で世間からの注目を集めるのか? また、めちゃイケの視聴率復活の可能性はあるのか? 今しばらくは、まだまだ世間の注目を集めることになりそうです。 【関連記事】 たんぽぽ川村(ナイスバディ)とTENGA社長の交際報道に集まったネット上の声.

次の

「チコちゃん」もクビ?岡村の「コロナ炎上」に公開謝罪も懸念される「最悪事態」

も と ちゃん クビ

タレントののお腹の子どもの父親と言われている、キッズユーチューバーグループ「プリンセス姫スイートTV」の「もとちゃん」がグループを脱退したことが明らかになった。 騒動の発端となったのは、加藤紗里が12日に動画配信チャンネル「コレコレ」が行った生放送の中で、お腹の子どもの父親について、「プリンセス姫スイートTV」の「もとちゃん」であることを口を滑らせて認める形に。 その後、加藤はツイッターで「本当にわざとではありません」としつつ、反省していることを明かしていた。 翌14日には、もとちゃんが別チャンネルの中で、加藤について2年前から交際していたものの、不倫関係はなかったと説明。 また、「プリンセス姫スイートTV」の「ママ」は公式ブログで、今回の騒動について事実関係を調査することを明かしていたが、15日には「調査結果」として、本人の言い分以外に事実関係を明らかにできなかったことを報告した。 しかし、「もとちゃんの言い分に、私が疑問を持つ部分がいくつもあったため、私の判断によりプリンセス姫スイートTVのメンバーからもとちゃんを外すことを決定いたしました」と、もとちゃんは「プリンセス姫スイートTV」から脱退するといい、本人にもその意向があったとのこと。 「それにともない、もとちゃんが出演している動画を削除いたしました」とチャンネルからすでに動画は削除されており、「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していた。 もとちゃんの脱退に、ファンからは「クビは素直に悲しい…」「動画削除まですることなかったのに…お気に入りの動画も削除されちゃった」「クビってやりすぎじゃない? 」といった声が聞かれているが、一方では「そんな無責任な人は子ども向けチャンネルにふさわしくなかった」「クビの対応は妥当だと思う」「加藤紗里が暴露しなかったら何食わぬ顔でチャンネルにいたと思うとぞっとする」といった声も見受けられた。 処分については賛否集まっているものの、大人の事情により急に動画削除や脱退を突き付けられた、チャンネルファンの子どもたちの気持ちを慮る声も多く見受けられた。 princess-hime-suite.

次の

フワちゃん発達障害の噂の真相!じつは超天才で全て演技だった!?

も と ちゃん クビ

5月23日(土)の同番組では、大人気芸人・フワちゃんの無名時代のエピソードを紹介した。 彼女はもともと、YouTubeで注目を集める前はアルバイトをしながら芸人になることを目指していた。 当時はさまざまな職に就いてはクビになる、ということを繰り替えし、なんと10回連続バイトをクビになった経験も。 同じ仕事を10分とつづけられずにすぐ職場からいなくなったり、フレンドリーな接客をはき違えてタメ口で接客したり、ありえないミスを連発。 商品をつまみ食いして大目玉を食らったこともあったそう。 仕事へのやる気はあるのに、空回りしてうまくいかない…。 そんななか、最後の望みをかけて洋食レストランのバイトに応募。 「このお店こそちゃんとやり遂げるぞ!」と熱い想いで面接に行ったフワちゃんは、ここで運命を変える出会いをはたした。 当時の様子について語ってくれた。 「面接の時間に来なくて、遅刻したんですよ。 『はい』しか言わない。 『話聞いてねぇな~こいつ』って感じでした」 しかも、そのときのフワちゃんのいでたちは、驚きのヒョウ柄パジャマ。 いったいなぜ採用したのかというと…。 「 『将来の夢があるの?』って聞いたら、食い気味に『芸人です!』って。 なりたいものがあるんだなと」 永瀬さんは、「夢を持っている人」をアルバイトの採用基準にしていたため、この発言でフワちゃんへの印象が『なんか興味あるかも』に変わったのだとか。 こうして興味本位で採用されたフワちゃんだったが、働いてみるとやっぱり失敗つづき。 皿を1日3皿割るのは当たり前。 遅刻につまみ食い、タメ口など、それまでの総集編のようなミスを繰り返してしまう。 しかし、永瀬さんはどんなにミスをしてもフワちゃんを雇いつづけた。 フワちゃんを唯一クビにしなかったのだ。 怒られても泣きながら本気で謝るフワちゃんの姿を見て、結局許してしまったのだ。 「謝り方がちゃんとしていた。 それに弱くて」 フワちゃんを雇いつづけた理由は、失敗しても何度も這い上がるひたむきさに心奪われたから。 その後、「独特の個性を前面に出すべき」という永瀬さんのアドバイスを受け、フワちゃんはYouTubeで人気が爆発するなど、夢への道を一気に駆け上がっていった。 大ブレイクへ導いてくれた恩人・永瀬さんに対しては「 迷惑かけちゃったけど、心のなかでは恩返ししたいと思っていた」「 数えきれないくらい感謝してる!」と正直な思いを語っていた。

次の