ご 承知 ください。 ご了承いただきの意味と使い方・目上の人には失礼にあたるか

「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

ご 承知 ください

「ご了承ください/ご了承下さい」とは? 「ご了承ください」にはそもそも、どういった意味があるのでしょう。 まずはその意味から詳しく解説します。 相手に理解・了解を得るための表現 「ご了承ください」は、相手に理解や了解を得るために使う表現です。 「了承」とは、相手の言い分や事情について納得し、受け入れること・招致すること、という意味があります。 この「了承」に尊敬の「ご」をつけることで、「どうかご理解いただき、受け入れてください」という意味になります。 あらかじめ納得してほしい時に使う 「ご了承ください」は、こちらの事情について納得してほしい場合に使う表現で、これから起こることに対して使うものです。 契約締結時などによく使う表現で、これから交わす契約内容について「先に理解しておいてくださいね」と言いたい場合にもよく使います。 後になって食い違いが無いようにしたい話題に使える表現です。 目上の人にはあまり使わない 「ご了承ください」はよく見聞きする表現ですが、目上の人には不適切な表現です。 「受け入れてください」という「了承」の意味に、「ください」の持つ一方的なニュアンスが加わることで、相手に強制的に承諾させるような雰囲気が生まれるためです。 不快に思う人もいるため、取引先など目上の人にそのまま使うのは避けたほうが無難です。 「ご了承ください」の最も多い誤用ですので、気をつけましょう。 「ご了承ください」の使い方と例文 「ご了承ください」は場合によっては失礼にあたることのある表現ですが、実際にはどう使えばよいのでしょう。 ビジネスシーンでの使い方を、例文を交えて紹介します。 「あらかじめご了承ください」とすることが多い 「ご了承ください」は、「あらかじめ(予め)ご了承ください」という表現をよく使用します。 「あらかじめ(予め)」とは、前もって・先だって、という意味の言葉です。 たとえば、• 当店ではクレジットカードは使用できません。 あらかじめご了承ください。 明日はお休みをいただいておりますので、対応できません。 あらかじめご了承ください。 といった使い方ができます。 「ご了承ください」という表現が、まだ始まっていないことに対して事前に承諾を得る表現ということもあり、「あらかじめ」とセットで使う例が多いようです。 「宜しくご了承ください」は丁寧さをプラス 「あらかじめ」の他に、「宜しく(よろしく)」を頭につけることもあります。 「宜しく」には、良いように・適当に・当然・ぜひとも、などの意味がありますが、この場合は特定の意味を持つというよりは、丁寧なニュアンスを出す言葉として使用されています。 たとえば、• 土日祝日は休業日です。 よろしくご了承ください。 といった具合です。 意味を当てるとするならば、「良いように」という意味になり、こちらの事情に添うように理解し受け入れてください、という意味です。 「ご了承くださいませ」も意味は同じ 「~くださいませ」という表現は、「ご了承」に限らずビジネスシーンで時折目にする表現です。 意味は「ご了承ください」と同じですが、語尾を「ませ」とすることで柔らかい表現となっています。 大変申し訳ございませんが、土曜日は17時までの営業となりますのでご了承くださいませ。 などという風に使います。 言葉の柔らかい響きから丁寧な印象を受けますが、意味は「ご了承ください」と同じですので、目上の人には使わないほうが無難です。 「~くださいませ」はやや女性的な響きを持つため、男性が使うことに違和感を覚える人もいるようです。 メールでよく使うフレーズには企業差がああるように、「~くださいませ」についても、男性は使用しない企業や全社的に使わないという企業もあります。 「ご了承ください」の類語表現 「ご了承ください」という表現はビジネスでよく見聞きしますが、類語表現もいくつかあります。 類語は「ご理解」「ご容赦」など 「ご了承ください」の類語には「ご理解ください」や「ご容赦ください」があります。 ただし、いずれも少しずつニュアンスは異なります。 「ご理解ください」は、わかってください・察してくださいという意味で、「ご了承ください」の言い換え表現としても使用可能です。 一方、「ご容赦ください」は何らかの過失に対して大目にみてください・許してください、という表現です。 相手に理解を求めるだけでなく、反省・謝罪の念が入る点が大きなポイントです。 「ご承知おきください」も類語 「ご了承ください」の類語には、「ご承知おきください」もあります。 「ご承知おきください」は、あらかじめ知っておいてください・理解しておいてください、という意味です。 「ご了承ください」の言い換え表現としても使うことができます。 ただし、厳密に言うと、「了承」には「納得している」というニュアンスが入るのが相違点です。 「承知」は、納得しているかどうかは問わず、単に「知っている」という意味で使うこともできます。 目上の人にも使える「ご了承ください」の敬語表現 「ご了承ください」が目上の人には好ましくない表現であることは先述した通りです。 では、目上の人にはどういった表現が正しいのでしょう。 「ご了承の程お願い申し上げます」が丁寧 「ご了承ください」を敬語にすると、「ご了承の程お願い申し上げます」となります。 「ください」ではなく、「お願い申し上げます」とすることで敬意を表することができます。 また、単に「ご了承願います」という表現も使用可能です。 上司などには「ご了承願います」でも十分ですが、取引先などより丁寧な表現にしたい場合は、「ご了承の程お願い申し上げます」がおすすめです。 「ご了承くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承の程」という表現の他にも、「ご了承くださいますよう」としてもOKです。 「~くださいますよう」とすると、柔らかい雰囲気がプラスされます。 他にも「ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします」といった表現もあります。 「ご了承いただけますでしょうか」は二重敬語 「ご了承ください」という場合に、相手に確認するように疑問形にすることがあります。 この場合、よくある間違いが「ご了承いただけますでしょうか」という表現です。 丁寧な言い回しに聞こえますが、「~いただけますでしょうか」という表現は、「ます」と「です」が重複する二重敬語になっています。 正しくは、「ご了承いただけますか」となりますので、注意しましょう。 「ご了承ください」を英語でいうと? 最後に、「ご了承ください」を英語で表現した場合のフレーズについても紹介します。 英語では「understanding」を使う 英語で「ご了承ください」という場合には、どういえばよいのでしょう。 英語では「understanding(理解)」を使い、日本語の意味をもう少しかみ砕いて表現します。 Thank you for your understanding in advance. (事前にご理解頂き感謝します)• We appreciate your understanding. (ご理解に感謝申し上げます) また、「どうか~ください」という意味のkindlyを使い、• We kindly ask for your understanding. (何卒ご理解の程お願い申し上げます) という表現をすることもあります。 まとめ 「ご了承ください」はビジネスシーンで広く使用されていますが、一方的・強制的なニュアンスもあることから、「ご了承願います」や「ご了承の程お願いいたします」といった表現がベターです。 「ご理解ください」や「ご承知おきください」など言い換えに使える表現もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

「ご了承ください」とは?正しい意味と使い方

ご 承知 ください

ご承知おきくださいの意味とは? ご承知おきくださいとは知っておいてほしい要望を意味する敬語表現 ご承知おきくださいとは知っておいてほしい要望を意味する敬語表現です。 ご承知おきくださいという言葉はビジネスでよく使われる敬語表現であり、何かを依頼する時や周知をする時に、物事をスムーズに進めるのに役に立ちます。 そのため、知っておいて損はない言葉であると言えます。 またご承知おきくださいという表現については様々な言い換え表現も存在しており、それらを状況に合わせて使い分けていく必要があります。 ここではご承知おきくださいの関連表現と類語の使い方も併せて紹介をしていきます。 ちなみに「承知」という言葉に広げると、ビジネスだけではなく日常生活においても様々な表現を使います。 下記関連記事では「重々承知しております」という言い回しについて説明しています。 こういった一つ一つのパターンを見ていくことで表現力が格段にアップしていきますので、下記の記事も是非読んでみましょう! ご承知おきくださいは相手方が知っていることに予め念を押す意味もある ご承知おきくださいは相手方が知っていることに予め念を押す意味もあります。 ご承知おきくださいという言葉は相手方に承知することをお願いする表現です。 「承知いたしました」という言い回しは、了解や了承を相手に伝える敬語表現ですが、ご承知おきくださいという言葉は逆を意味しています。 そのため「ご承知おきください」と相手に伝えた時に了承の意味合いを示す相手の返答は「かしこまりました」という返答と「その点も重々承知しております」といった、すでに分かっているようなパターンもあります。 ご承知おきくださいという言葉は未知の内容だけではなく、既知の内容にも使いますので覚えておきましょう。 例えば「来月から社内は全面禁煙になります。 ご承知おきください」という形で使います。 この周知が突然の周知かどうかはこの一文だけでは分かりませんが、決定事項であり当然に知っておいて欲しい内容を伝えています。 全面禁煙を予め知っている人にとっては問題はないかもしれませんが、例え知らずに驚いて反対をしても、こういったアナウンスがすでにされている状況では覆らないことでしょう。 このようにご承知おきくださいという表現は、知っておいて欲しい要望を広く伝える場合によく使われます。 例えば「先日もご連絡いたしましたが、来週の社員旅行は宿泊施設の火災により延期となっておりますのでご承知おきください」といった形で使われます。 以前に周知があったと伝えているので、既知であることが前提になっています。 予め相手方に対して念を押す場合の使い方にしても、情報の周知が未知である人を含むアナウンスであっても、基本的に「ご承知おきください」と伝えている場面では反論がないことが前提になっています。 もしも反論ありきの場合や、反論が出る可能性が想定される場合にはこういった表現は使わない方が良いでしょう。 この表現は「フライトは明日の午後でございます。 お含みおきくださいませ」といった形で使われます。 お含みおきくださいという表現に置き換えることで丁寧な印象が増す表現となります。 ご承知おきくださいを目上の人に使う場合には、そのままでも使えるのですが「お含みおきください」などといったより丁寧な表現を使うことで、相手方からの印象が格段に良くなります。 この表現は「資料のデータは昨年のものを使用しておりますので、お含みおきのほどお願い申し上げます」といった使い方をします。 「お含みおきください」よりもさらに丁寧な印象が強い表現になっています。 ご承知おきくださいという表現は大勢の前で使うことも少なくありません。 そのため、こういった状況ではできる限り丁寧な表現を心がけた方が相手の印象が良くなり、プレゼンや周知の説得力が増すことでしょう。 逆に個別の場合には、相手や状況に合った表現を細かく選択していく必要があります。 この表現は「今回の研修につきましては事前にお知らせしました通り、即日レポートの提出が必要であることをお含みおき願います」といった形で使われます。 非常にフォーマルな印象が強い言い回しが実現する表現です。 この表現は「来月はノー残業月間になりますので各位ご承知おき願います」といった形で使われます。 目上の方に対して使っても印象のいい言い回しですが、全体に対する周知で使ってもいい印象を与える表現と言えます。 例えば「この度は事故によりダイヤに遅れが生じております。 お急ぎのところご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、ご認識のほどお願い申し上げます」という形で使うことができます。 「お含みおき」という表現の方が丁寧に感じるかもしれませんが、大事な情報なのでご認識を使い、相手方に対して失礼がないようにお願い申し上げますという表現で丁寧さを強めている表現です。 情報の内容によっても、表現を使い分けると相手方とのコミュニケーションに対してプラスに作用しますので覚えておきましょう。 この表現は「本日は進行に遅れが生じておりますことをご容赦ください」という形で使います。 理由を添えて「ご承知おきください」という表現で遅れを伝えることができるのですが、このような表現を使った方がいい場合もあります。 「ご承知おきください」と「ご容赦ください」は、「ご容赦ください」が許しを乞う表現となっており単独の言い回しで比較すると違った意味合いになりますが、相手に了承を得る言い回しとしては言い換え表現に分類することができるので、こういった使い分け方も覚えておきましょう。 表現力の幅が広がります。 この表現は「資料に若干不鮮明な部分がございますがご容赦願います」という使い方をします。 基本的に過失の内容が軽微で、相手の許しが得られることを前提とする場合のみに使う表現です。 この表現は「本日は19時には席を外しますが、ご了承願います」といった形で使います。 目上の方の中でも関係性が取れている方だけに絞って使った方がいいでしょう。 他の表現に比べると少し強制的なニュアンスがある表現です。 この表現は「今回の記念品につきましてはデザインはランダムになっておりますのでご承知おきいただきますようお願いいたします」という形で使えます。 様々な言葉と一緒に使える汎用性の高い表現になっています。 この表現は「発送にお時間をいただき申し訳ありませんが、ご了承いただきますようお願いいたします」という形で使われます。 少し強制感のある表現ですが、対応の選択肢がないような状況では進んで使いたい表現です。 この表現は将来に起こるような出来事に対して使いたい表現です。 例えば「明日10時に弊社のスタッフがお伺いいたしますのでご認識おきいただきますようお願いいたします」といった形で使います。 この表現はビジネスメール等においてフォーマルな印象を与えますので、関係性が薄い相手に使いたい表現です。 例えば「休日につきましてはメールの返信が遅くなる場合がございますのでご承知おきいただきたく存じます」といった形で使うことができます。 この表現は相手方に対して「承知」という言葉を使う表現の中でもやわらかく伝わる言い回しです。 「配送が遅れる場合がございますがご承知おきいただけたら幸いです」といった形で使います。 ご承知おきくださいという言葉自体が押しつけがましさを含む表現なので目上の人に使う場合には十分に配慮すべきでしょう。 「ご了解ください」はその配慮に欠ける表現です。 また「了解です」が目上の人に対して失礼な敬語に該当しますので、この表現も失礼に当たります。 この表現もビジネス感に欠ける表現であり、ご承知おきくださいという表現やもしくはそれよりも丁寧な表現に置き換えた方がいいでしょう。 また、使用頻度が少ない言葉で違和感を持つ人も少なくないのでわざわざ使う必要はないでしょう。 ご承知おきくださいを上手に使いこなそう! ここではお含みおき願いますをはじめとした言い換え表現等、ご承知おきくださいの使い方に関して幅広く紹介してきました。 ご承知おきくださいには様々な言い換え表現がありますが、知っておいて損がない頻出表現だけに絞ってまとめています。 馴染みのない表現は覚えるまで読み返し、実践で使えるようにしておきましょう!.

次の

「ご了承ください」のビジネスメールでの正しい使い方!意味や類語、英語表現もあわせて解説

ご 承知 ください

「ご承知おきください」の意味・使い方 「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください」 「ご承知おきください」の意味は、 「あらかじめ知っておいてください・ご理解ください」となります。 「承知」には、「事情などを知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」といった意味があります。 「ご承知おきください」の「〜ておく」という表現は、「前もって何かをする」「そのままにする」という意味があります。 「ご〜ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 「承知」は謙譲語の「承る」という文字が含まれているため、謙譲語だと思いがちですが 実は謙譲語ではありません。 「ご承知おきください」は「(これから行うことについて予め)承諾しておいてください・ご理解ください・そのための準備をしておいてください」といった意味合いになります。 「ご承知おきください」は尊敬語だが、目上の相手に使うのは不適切! 「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使います。 「ご承知おきください」は文法的に正しい表現であり、尊敬語になります。 しかし「ご承知おきください」は「知っておいてください」といった意味です。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 したがって、 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 また「承知」に謙譲語「承る」の「承」が含まれているため、「承知」は謙譲のイメージが強い言葉になってしまいます。 謙譲語は自分を謙って相手に敬意を示す敬語なので、 相手の動作に対して使うのは誤りで失礼にあたります。 目上の相手にふさわしい敬語表現の言い換え・類語 「お含みおきください」は「ご承知おきください」の代わりに使える 「含みおく」は 「心に留めておく」「ある状況を考慮に入れる」「念頭におく」という意味です。 つまり、 「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解してください」「心に留めておいてください」という意味になります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。 「含みおく」のみであれば「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができます。 これが「お含みおきください」となると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に 念を押すようなニュアンスが含まれます。 「お含みおきください」のみでも十分意味は伝わりますが、 「お含みおきくださいますようお願い申し上げます」「お含みおきくださいますと幸いです」などとすると、より丁寧な表現になります。 「お含みおきください」は尊敬語「お」+丁寧語「ください」で成り立っているので、目上の相手に対して使うことができる言葉です。 「ご承知おきください」は「お含みおきください」に言い換えることができます。 また「お含みおきください」には、 「公にできない事情があるからどうか察してください」という意味もあります。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧もしくは内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。 相手に不快感を与えるような言い方にしないよう気をつけましょう。 ・明日より1ヶ月入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・本日は大雨の影響により、運行状況が悪くなっております。 目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきください。 注文はネットでお受けできますが、商品の発送は休業明けになるのでお含みおきください。 「何卒お願いいたします」は「お願いします」と思う気持ちをより強く表す 「何卒(なにとぞ)」は、 「どうにかして」「なんとかして」という意味合いで、相手に対して強く願う気持ちを表しています。 「何卒」は、「どうか」「どうぞ」よりも改まった言葉です。 時代劇などで、「何卒!」と目上の人物に懇願しているシーンがありますが、現在では「何卒」単体ではあまり使われなく、後に「よろしくお願いいたします」などといった言葉を付けます。 「何卒」は、公式の場における挨拶やスピーチ、手紙やビジネス文書でよく用いられます。 「お願いします」と思う気持ちをより強く表したい時に、「何卒お願いいたします」と使うことができます。 「何卒お願いいたします」は、丁寧な表現のため目上の相手に対して使うことができ、お願いや依頼をした後の締めの言葉として使うことがほとんどです。 ただ「どうか何卒お願いいたします」「どうぞ何卒お願いいたします」などと、「何卒」と「どうぞ」「どうか」は一緒に用いることはできないので気を付けましょう。 ・恐れ入りますがご理解のほど何卒お願いいたします。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう何卒お願いいたします。 ・お忙しいところお時間を頂戴できますことを深く感謝申し上げます。 明日の会議につきまして、何卒お願いいたします。 「ご了承願います」は相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回し 「ご了承願います」は自分が行ったことに対して、 「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「ご了承願います」は、 尊敬語の「ご」+「承諾する」を意味する「了承」+「願う」の丁寧語「願います」が組み合わさった表現です。 「ご了承願います」は「どうかご理解いただき、受け入れてくださいますようお願いします」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味が含まれます。 「ご了承願います」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承願います」は、口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われます。 ただ「ご了承ください」も尊敬語となりますが、単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があります。 目上の相手や取引先などに対して使う場合は、 「ご了承願います」「ご了承のほどお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 ご了承願います。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 予めご了承くださいませ。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 「ご容赦ください」の意味は「過失に対して大目に見て欲しい」 「容赦(ようしゃ)」は 「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は、「過失に対して大目に見て欲しい」という意味になります。 「ご容赦ください」は、自分の失態に対して相手に「どうか許してください」というお願いを込めて使います。 「ご容赦」は「ご了承」とよく似た言葉ですが、意味は大きく違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 また「ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 ・当時は混雑が予想されるので、お車でのご来場はご容赦ください。 ・こちらは数量限定商品のため、数に限りがございます。 売り切れの際はご容赦願います。 ご理解の上ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 「ご承知おきください」の他に使うべきではない言い回し 「お知りおきください」は上から目線に感じられることがある 「お知りおきください」も正しい文法の敬語表現です。 しかし「ご承知おきください」と同様に「知っておいてください」といったことを目上の人に対して使うと 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 目下の者が、目上の人に対して「知っておいて」ということ自体が失礼にあたります。 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 「ご了解ください」も上から目線に感じられることがある 「ご了解ください」も正しい文法の敬語表現です。 しかし「ご承知おきください」などと同様に、目上の人に対して「了解しておいて」と言っていることになります。 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 「了解してほしい」ことを伝える場合は「ご了承のほどお願い申し上げます」などと使うようにしましょう。 その他の間違いの多い目上の人に使う敬語表現 敬語は相手に敬意を示すときに使う言葉です。 しかし敬語を間違った表現で使ってしまうと相手に失礼な印象を与えてしまいます。 そこで間違って使うことの多い敬語の正しい表現について紹介します。 「させていただく」という表現は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」は、文化庁では「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 つまり、 「〜させていただく」は、相手からの要望があった場合にのみ使うことができる表現なので、相手から頼まれていないときに使ってしまうと失礼に当たります。 しかし相手にいちいち許可をとっているか確認することは難しいです。 そこで代わりに使うことができるのが、 「〜しております」「〜いたします」という言葉です。 「〜しております」は、行動が継続・進行していることを表す丁重語になります。 「〜いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立つ丁寧な表現になります。 「〜しております」「〜いたします」は相手に許可を得ている、得ていないと関係なく使うことができるので非常に便利に使える言葉です。 「取り急ぎ」は急用でも失礼のないように用件を伝えられる言葉で、簡略化した言い回しでもあります。 「取り急ぎ」は、「十分な対応や準備は整っていないけれど、特に急ぐべきこととして」という意味になります。 「取り急ぎ」は「準備が整っていない」という意味を含むので、本来目上の相手に対して使うには失礼に当たります。 「取り急ぎ」を「まずは」と言い換えることによりフォーマルな印象になり、「申し上げます」は「言う」の謙譲語なので、自分を謙った表現になります。 「どうしますか」は日常会話で使用する際は問題ありませんが、ビジネスシーンで使うとなると軽い表現に聞こえてしまいます。 「どうしますか」をビジネスシーンで使うときは、 「いかがでしょうか」「いかがなさいますか」と言い換えます。 「いかがでしょうか」の「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞で、「でしょうか」は「だろうか」の丁寧な表現で、また「いかがなさいますか」の「なさる」は「する」の尊敬語になります。 「どうしますか」は相手に疑問をそのまま聞いているようなイメージですが、「いかがでしょうか」は、 相手に改まって尋ねるというイメージです。 目上の相手に対して使うには「いかがでしょうか」が適切な表現になります。 「了解」という言葉は、尊敬語でも謙譲語でもないので、同等もしくは目下の者に使うようにしましょう。 「了解しました」は「了解」+「しました」で丁寧な言い方になりますが、軽い印象を与えてしまうため、目上の相手に「了解しました」と使うのは失礼にあたります。 「了解」「了解です」も然りです。 目上の相手に使ってはいけない言葉ですが、親しい間柄であれば目上の者に使っても許される場合があります。 目上の相手に対して使えない「了解しました」の代わりに使えるのが、 「かしこまりました」になります。 「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉をお承る」という意味の謙譲語です。 「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」という意味になります。 「かしこまりました」は、謙譲語「畏る(かしこまる)」+丁寧語「ます」なので丁寧な言葉になります。 「かしこまりました」は丁寧な表現なので、主にお客さまや取引先などに対して使用するのが良いです。 「かしこまりました。 「参考になる」には、 「自分の考えの足しにする」「相手を評価する」というニュアンスが含まれます。 また「参考になりました」は相手からすると、「参考になる程度だったのか」と思われてしまう可能性があります。 そこで「参考になりました」の代わりに使えるのが 「勉強になりました」になります。 「勉強」は、「良い経験となった」「役に立った」という意味です。 つまり、 「勉強になりました」と言うことで、「学ぶことができて感謝申し上げます」という意味合いを強く表すことができます。 また、「今回こうしてアドバイスを受けることができ大変勉強になりました。 今後に役立てたいと思います」といったように、助言のおかげで知識が身についたことや、今後の活動に活かして行きたいといった旨を伝えることで相手に好印象を与えることができます。 「ご承知おきください」の英語表現 「ご承知おきください」の英語表現を見ていきましょう。 ビジネスシーンなどでフォーマルに「知っておいてください」と言うときに最適な表現は、 ・Please note that... をご承知おきください) ・We hope you understand that... などになります。 この「note」は学習ノートのノートではなく、動詞で「... を覚えておく」を意味します。 その他にも、もう少しカジュアルな表現ですと、 ・Please keep in mind that... ・Please be aware that... 日常会話で使う程カジュアルな表現だと、 ・Give a thought. (ちょっと考えておいてよ) ・Just think about it. (同上) それでは例文です。

次の