朝 すっきり 起きる 方法。 あなたの朝が変わる! 「目覚め」解明SP

素晴らしい朝の目覚めを手に入れる・7つの快適、早起き術!

朝 すっきり 起きる 方法

小学生になっても、朝なかなか起きられない子どもも少なくありません。 ここでは子どもの睡眠時間や起床時間のデータと共に、スッキリ目覚めるための起こし方についてもご紹介していきます。 朝起きにくい原因や起きやすい環境作り、病気についても触れています。 朝起きにくい小学生のお子さんとの生活の見直しの参考にしてくださいね。 小学生の就寝時間と学校のある日の起床時刻は?起こし方にも影響が! 朝起きられない原因に、入眠時間が遅くなっていることが挙げられます。 さらに睡眠時間が短いこともあり、 朝起こしてもなかなか起きないという子どもも増えています。 文部科学省の平成 26 年度「家庭教育の総合的推進に関する調査研究」によると、小学生の平日の起床時刻は• 午前6時30分から7時より前に起きる子どもが41. 午前6時30分から7時より前に起きる子どもが41. 午前6時から6時30分より前に起きる子どもが29. 3% となっており、約7割の子どもが午前6時から7時の間に起きることがわかっています。 しかし午前8時より遅く起きる子どもの場合、朝食を食べない子が約3割でこの割合は増加傾向にあります。 就寝時間については、午後10時までに寝る子どもが49. 2%と約半数です。 午後11時以降に就寝する子どもは14. これは高学年になると塾に通っている子どもも増えるため、遅くまで起きているという背景も影響しています。 しかし 午後11時まで起きている子どもも36. 全体的に遅くまで起きているうえに、学校への登校時間に間に合わせるため睡眠時間自体も少ない傾向にあります。 このことから、できるだけ早く入眠するようにすること、良質な睡眠を確保する環境作りが大切だとわかります。 また生活リズムを整える朝の起こし方と、朝ごはんを食べる習慣も身につける必要がありそうです。 小学生にベストな朝の起こし方は?親は起きやすい環境を整えよう! 小学生の朝の起こし方は、まず 起きやすい環境を整えることです。 カーテンを開けて窓を開け、朝の光を取り入れる 人の体内時計は24時間より少し長めに設定されています。 この体内時計のリズムを24時間に調整するのに最適な方法は日光を浴びることです。 日光を浴びることで睡眠リズムやホルモン分泌、体温調節が正常に整っていきます。 そのためカーテンを開けて朝日をしっかり浴びるようにすることが大切なのです。 「起きなさい」の声掛けは優しく、目覚めやすい音楽をかける 夜間や朝方は、自律神経は副交感神経が優位に働きます。 これは身体がリラックスモードに入っているということです。 この副交感神経を交感神経モードへ緩やかにシフトさせることで、急激な血圧や心拍数の上昇を抑えることができるのです。 そのためには、声掛けは優しくするようにします。 なかなか目覚めない子どもにはアップテンポの曲をかけるなどし、緩やかに自律神経のスイッチが切り変わるようにしていきます。 朝ごはんを食べられるように準備する 子どもの脳を活性化させるためには、夜間寝ている間に使われたエネルギーを補給する必要があります。 脳がしっかり目覚めるためには、不足した栄養分を補い午前中に活動できるようにする必要があるのです。 食事をすることで睡眠中に下がっている体温も上昇します。 さらに食べ物を食べて咀嚼することで顎関節の筋肉を動かします。 顎の筋肉を動かすことで、脳に刺激を与え目覚めやすくなるのです 小学生が朝、起きてから慌てないための下準備と起こし方を一緒に考える 朝の起こし方と共に考えたいのは、 起きてすぐ慌てずに行動できるように準備を行うことです。 翌朝のことを心配せずにぐっすり眠るうえでも前日の準備は必要不可欠です。 前日中に翌日の時間割や持ち物、着替えの準備をしておく• 朝の支度に「どのくらい時間がかかるか」「何をするのか」をルーティン化しておく• 出かける前のルーティンの時間+10分の余裕を持った起床時間を決める• 起床時間から平均睡眠時間を逆算し、入眠時間を決める• 自分で起きられるように目覚まし時計のセットを習慣づける など、小学生のうちに生活習慣を整えるうえで必要な行動を親子で話し合いましょう。 子どもの将来的な自立を促せるように、一緒に考えるのがポイントです。 小学生なのに朝起きないのは起こし方だけが問題ではないことも 小学生が朝起きられないのは、 起こし方以外にも生活リズムの乱れや病気が原因である可能性も考えられます。 朝すっきりと起きられない生活習慣の乱れ 生活習慣の乱れは、午前中眠気を感じる、ぼーっとする、イライラするなどの一日の体調や機嫌にも悪循環を生みだします。 午前中気分が悪い• 立っていると気分が悪い• 少し動いただけで動機や息切れがしやすい• 頭痛や食欲不振がある などが挙げられます。 個人差もありますが、適度な運動や水分補給、投薬治療で改善されることがあります。 朝なかなか起きられない場合には小児科での診察も検討してみてください。 朝の過ごし方が小学生の一日の過ごし方に反映。 だから起こし方が大切 子どもが朝、快適に目覚めるためには、前日の過ごし方が大きなポイントとなります。 また朝の起こし方も子どもの一日の調子に影響します。 毎日の規則正しい生活リズムが、子どもの身体や心を作っています。 朝の起こし方や、前日の過ごし方を見直し、質の良い睡眠の確保と、朝すっきり起きることができるような環境作りから始めてみませんか。

次の

朝起きられないのはスマホが原因かも?朝スッキリ起きる方法を眠りの専門家に聞いてみた│#タウンワークマガジン

朝 すっきり 起きる 方法

朝早く起きる方法!気持ちよく楽に目覚める術 まずは、朝起きるのがしんどい!という方向けに、できるだけ 気持ちよく快適に起きる方法をご紹介します。 朝起きる時間を念じる「おまじない」 ありがちな方法ですが、わたしが実行してみて意外と効果があったのが、この「おまじない」方法です。 やり方は超簡単!夜寝る前に起きる時間を念じるだけですが、 何時間後に起きるのかも念じておくのがコツです。 「明日の朝は6時に起きよう!今から5時間眠って起きよう!」 などと、一度確認してから眠るだけですが、指定した時間に自然と目が覚めることが多くてびっくりです。 なんのリスクもなく無料でできますので、試してみて損はない方法です。 寝起きのごほうび「おめざ」 目覚まし時計が鳴った瞬間、「いやだ、起きたくない!」「寒い!だるい!」「会社行きたくない!」などと ネガティブ思考でいっぱいになっていませんか? ネガティブ思考は起きる力を減退させてしまいます。 逆に、「楽しい1日がはじまる!」「大好きなおめざがある!」などとポジティブなことを考えるとドーパミンが出て目が覚めます。 特に 嗅覚や味覚を刺激するとドーパミンが出やすくなります。 【ドーパミンが出るおめざ例】 ・枕元にヤクルトを置いておいて飲む(水やオレンジジュースなどでもOK) ・枕元にガムを置いておいて噛む(飴でもOK) ・起きたらスタバに行こうと思う(楽しいことを考える) ・タイマー付コーヒーマシンを使う(匂いがベッドまで届くように) ・タイマー付アロマランプスピーカーを使う(音・光・香がベッドまで届くように) 3. 毎日同じ時間に起きて「体内時計維持」 平日は早起きしていても、休日は「寝貯め」とばかりに10時すぎまで寝ていたりしませんか? 寝不足が続いている場合も、長時間睡眠や二度寝はせずに いったん起きるのが体内時計維持のために重要です。 休日の朝も平日と同じ時間に一度起きて太陽を浴びてから、 昼寝や仮眠で睡眠時間を補うのがコツです。 15分~20分程度の仮眠を1日1回~3回くらい摂るのがベストですが、16時頃までなら1時間程度寝てしまっても問題ありません。 スポンサーリンク 朝スッキリ起きる方法!絶対に必ず目覚める術 次に、そんな生ぬるいことでは起きられない!という方向けに、以下の荒業をご紹介します。 「目覚まし時計」を遠くに置く 大音量の目覚まし時計を、ベッドから起き上がらなければ止められない場所に置く方法です。 しかし、私の場合は大音量にビックリしすぎて、さらに急に立ち上がった不快感で 逆に寝込んでしまいそうになりました。。。 しかし、 とにかくいったんベッドから出るには有効な手段ですので、乱暴でもかまわない方は挑戦してみてもよいでしょう。 「強烈な光時計」で起きる 目覚まし時計に頼った起き方として、個人的におすすめなのは 音より光です。 光も「ギャー!!目、目がぁ!!」となりますが、大音量にビックリさせられた時の不快感よりはかなりマシです。 太陽が昇っていない早朝でも、 明るい光で目覚めると、寝つきもよくなるという実験結果もあります。 目覚まし時計としては、かなり値段が高くてビビりますが、快適な睡眠と起床を得たい方にはオススメの一品です。 「起き上がれない」方への最終手段 ・音でも光でも起きられない! ・ガムを噛んでもコーヒーやアロマを焚いても目覚めない! ・起きあがるのが地獄のようにつらい! そんな限界にキテいる方の「最終手段」をご紹介します。 ベッドが起きても自分は起きられずに、うずくまってまた寝てしまうのではないか?という心配もありますが、 「自力で起き上がらなくて済む」というのはスゴイ進化です。 起き上がった状態で、伸びをしたり「おはようございます!!」と大声を出したりするとなお効果が高まります。 冬の朝寒くて起きられない!なら温めればいいじゃない? 最後に、「冬の朝が特にしんどい!」「寒くてベッドや布団から出られない!」という方向けに、暖かく起きられる方法をご紹介します。 一言で言うと、「温めればいいじゃない?」ってだけなんですが^^; 7. 部屋を暖める 当たり前ですが、部屋を暖めれば寒くありません。 エアコンのタイマーがあれば問題ないですが、タイマー付の暖房器具がない場合は、 タイマー付電源が、安くて何にでも使えておトクです。 ダイヤルタイマーで、電源からタイマーをかけておけば、 すべての電気機器がタイマー付に早変わりします。 オンタイマーとオフタイマーどちらも設定できて便利です。 厚着をして寝る 寝るときはなるべく薄着のほうが熟睡できると言われていますが、フリースなどの柔らかい素材なら多少厚着していても気にならない方も多いのでは? 着て寝ると毛玉ができやすいので、ユニクロなどの安い品で十分です。 私の場合は、 上はフリース、下はボアパンツを履いて寝ています。 身体がヌクヌクの状態で目覚めれば、多少の寒さは怖くなくなります。 着替えの服をあたためておく 部屋を暖めておけば寒さは多少はマシになりますが、意外と盲点なのが 着替えの服が冷えていて、「ヒャッ!」となることです。 このような小さなストレスが起きられない原因になっていることもありますので、着替えの服は夜のうちに 布団の中に入れて一緒に寝ておくのがオススメです。 着替える服が決まっていて、しかも温まっているとだいぶ違いますよ。 朝起きるまとめ 気持ちよく起きるというのは、 人類永遠のテーマと言えるほど解決が難しい問題ですが、上記の方法を試していただければ、少しは快適な起床に近づけると思います。 あまりにも起きられない!という場合は、疲労がたまりすぎていたり、うつ病などの可能性もあります。 本気で起きられなかったら、 いっそ会社や学校を1日休むという最終奥義もありますので、ムリしすぎずに健康第一で朝を迎えてください。

次の

早起きの方法12選!冬も朝スッキリ目覚める!

朝 すっきり 起きる 方法

朝ごはんを食べると、やる気や集中力がUP! 連日、暑い日が続いています。 寝苦しくて、カラダの疲れが取れない……と言う人も多いのでは? ただでさえ、夏バテ気味で疲れやすいこの季節。 夜はしっかり眠って朝はすっきり目覚めたいものです。 今回は、朝起きてすっきりするための方法をご紹介します。 朝起きたら、まずはカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。 ストレッチは、低血圧で寝起きが悪い人にもオススメ。 布団の中で寝たままでもよいでしょう。 伸びをしたり、寝たまま足を曲げて胸に抱えたり、膝を立てて左右に倒したりするだけでもカラダが動き出します。 最後に、カラダに貯まった悪いものを吐き出すつもりで、息を吐きながら「はぁー」と声を出してみましょう。 冷たすぎる飲み物は胃腸に負担をかけるので常温がよいでしょう。 カラダがリラックスしてゆったりとした状態です。 朝はなるべく早く交感神経を目覚めたいもの。 そこで、シャワーを浴びることをオススメします。 時間は短めの5分以内がベストです。 また便秘を解消する効果もあります。 歩くことでひらめいたりヒントを得られることもあります。 また他にもカロリー消費、骨を強くする、血行をよくする、生活習慣病などよい効果がたくさん。 また太陽の光を浴びるので、体内時計もリセットされます。 通勤の10分でも効果があります。 朝、すっきりと目覚めて、1日を能率よく有意義に過ごしたいもの。 できることから始めてみましょう。

次の