サンジ 誕生 日。 サンジの誕生日前(年の差シリーズ)

#ゾロサン #サンジ 2020サン誕

サンジ 誕生 日

「麦わらの一味」のコックで、週刊少年ジャンプで開催されるキャラクター人気投票では常に上位にランクインするサンジ。 レディに対しても丁寧な物腰で接するほか、料理の腕や戦闘での実力も中々のもの。 そんなサンジですが、初登場からときどき、謎めいた描写が見られます。 サンジの経歴(コミックス第82巻まで) まずはここで、サンジの経歴をまとめてみます。 0歳 北の海(ノースブルー)に、ヴィンスモーク家の三男として生まれる。 父親はヴィンスモーク・ジャッジで、兄2人とヴィンスモーク・ヨンジという弟、さらにヴィンスモーク・レイジュという姉がいる。 10歳 客船オービット号にコック見習いとして乗船、このとき既にオールブルーを夢としている。 海難事故にあい、85日間の漂流ののち生還。 ゼフとともに海上レストランを立ち上げる。 19歳 海上レストラン「バラティエ」を出て、麦わらの一味に加入。 エニエス・ロビーの事件後、7700万ベリーの懸賞金がかけられる。 シャボンディ諸島でバーソロミュー・くまに飛ばされて以降は、カマバッカ王国で「攻めの料理」を学ぶために修行に励む。 21歳 麦わらの一味へ再合流。 ドレスローザでのドフラミンゴ壊滅と同時期に懸賞金が1億7700万ベリーにアップ。 ビッグマムの35女シャーロット・プリンとの結婚話が持ち上がり、本人いわく、結婚を決めた人物と「ケリ」をつけるためにホールケーキアイランドへ向かう。 大きなポイントは、こういったものでしょうか。 これらの経歴をもとに、サンジの謎について考えてみようと思います。 疑問1:幼少期に「うそつきノーランド」を読んだ!? ジャヤでモンブラン・クリケットと出会う直前のこと。 島に上陸した麦わらの一味は、 「うそつきノーランド」の童話と出会います。 絵本を開きながら、聞いたことも無いといった表情を浮かべる一味。 でも麦わらの一味で唯一、「うそつきノーランド」の童話を懐かしがっていたのがサンジでした。 おそらくサンジは幼少期、しかも北の海(ノースブルー)に住んでいたころに「うそつきノーランド」を読んだものと見て間違い無いのでしょう。 そのように考えてみると、 オービット号の海難事故の回想シーンでは、まるでサンジが女性好きかどうかが分からないような描写となっています。 幼少期からすでに女性好きだったら特に「隠された謎」のようなものは無いでのしょう。 ただし! 幼少期のあと、もう少し成長してから女性に興味を持ったのであれば、サンジに 「影響を与えた人物」がいるのかも知れません。 サンジが興味を持った女性その人か、あるいは現在のサンジと同じくらいに女性好きの男性キャラが裏に隠れているのかも知れない、ということです。 ここで、その影響を与えた人物が男性だとして、 ゼフを疑ってみます。 でも、どうやらその可能性は限りなく低いようです。 サンジとの初対面となったクック海賊団船長の頃から、ゼフは硬派な印象を受けます。 しかも、コミックス6巻では、女性にデレデレするサンジをよく思わない発言をしています。 そんなことから、 サンジの女性好きのルーツは、少なくともゼフで無い可能性が高いと考えられます。 だから、幼少期のサンジは、 女性に慣れていなかったと解釈するのが良いと思うんです。 サンジの女性好きは「本能的」「生まれつき」みたいなものだったんですよね。 でも幼少期のサンジは、女性好きや女性思いな大人サンジとは程遠いものだったんです。 ハンコックの苦しんでいる理由を察したニョン婆が、東の海(イーストブルー)に伝わることわざとして、こんな言葉を挙げています。 この 「恋はいつでもハリケーン」が、東の海(イーストブルー)で昔から使われていた言葉だったことが発覚したと言って良いでしょう。 ということは、 サンジの女性好きは、東の海(イーストブルー)に来てからハッキリと表れた性格である可能性が浮上します。 「あれは覇気ってヤツだな」じゃない。 可能性が少しでもある人物を挙げるなら、イワンコフかイナズマでしょうか。 このことから2人は(少なくともイナズマは)覇気使いでない可能性が高いでしょう。 もっとも、サンジの元々の戦闘能力が高いため、カマバッカ王国の修行の中で誰かに教わるでもなく、覇気のうちどれか一つくらいは身につけていたのかも知れません。 でも!! 「身につけた」のと「知っている」のとでは違います。 少なくとも、21歳になったサンジは覇気の存在を知っています。 モトバロを覇王色の覇気で気絶させたとき、多くが「気絶の理由」に心当たりが無いようでしたから。 そういう理由から、 サンジが覇気について知ったのは「麦わらの一味に加入してからカマバッカ王国に飛ばされるまでの間」ではないものと思われます。 そうすれば、可能性は大きく分けて 「麦わらの一味加入前」または「カマバッカ王国での修業時」のどちらかに絞られるでしょう。 さっき挙げたデュバルとの闘いのシーン。 ルフィがモトバロを気絶させたシーンで、ウソップやフランキーだけでなく、世界の歴史を探求しているロビンでさえ、覇気のことを知らないようです。 一方でサンジはデュバルを倒すことに目が行って、覇気の話に加わっていません。 なのに2年後、しっかりと覇気の知識を披露してくれています。 覇気について知ったのが「麦わらの一味加入前」なのか「カマバッカ王国での修行時」なのか。 もしも「麦わらの一味加入前」だとしたら「サンジと東の海(イーストブルー)で出会った、女性好きの誰か」が覇気使いなのかもしれません。 麦わらの一味の前にフクロウが現れて、ロビンに 「海楼石」の手錠をかけたことを一味に話しました。 スモーカーの十手の先に海楼石が仕込んであるという話から、 海楼石が能力者の能力を奪う効果があるということを知りました。 でも、サンジとチョッパーはそこに居合わせていません。 アラバスタ編では、オリの外にいましたからね。 なのでチョッパーは当然かのごとく、海楼石についてナミに尋ねています。 でもサンジは、エニエス・ロビー編でフクロウが一味の前に立ちはだかったシーンで、海楼石について聞かなくても話について行けていない印象はありません。 この回の中でサンジは、 悪魔の実の能力者がカナヅチになることを、ゼフに言われて初めて知ったと思われる描写があります。 悪魔の実と海楼石、そして悪魔の実図鑑。 シュラとの戦いに敗れたガン・フォールを一味で手当てしながらの、ゾロとサンジの会話です。 魚人島から浮上してきて、いよいよ新世界の航海を始めた麦わらの一味。 もっとも、サンジ21歳時点(ルフィ19歳時点)で知っていることですから、カマバッカ王国の2年間のうちに、電伝虫の緊急信号を知ったのかも知れません。 革命軍幹部のイワンコフのそばに居たんですから、なおさら可能性ありそうですよね?? いずれにしろ、知っていた。 パンクハザードで出会った錦えもん。 最初は、ローに斬られてバラバラの状態でした。 でも、パズル状態だった錦えもんの顔がまぁまぁ元の形に戻ってきたとき、すでにサンジは気付いていたようです。 錦えもんが、ワノ国の侍であることに。 気付いたきっかけは、錦えもんのチョンマゲだった様子。 根拠も少しあるんです。 それが「天竜人に対する認識」なんです。 でも、だいたい合っている。 天竜人が負のイメージを持つ行動で、海軍大将が動き出す。 これは、パッパグの説明も、サンジの認識も一致していると考えて良いでしょう。 じゃあ、ですよ? サンジは、天竜人の話を「誰から」「どうやって」聞いたのでしょう?? まず、第497話から第501話までのストーリーの中で、サンジに対して誰かが直接、 「あのな、天竜人に何かしたら海軍大将がな…」 と説明したシーンは、筆者の調べでは見当たりませんでした。 なにも、警戒するのは天竜人に限った話ではありません。 そもそも、チャルロスがはっちゃんを銃で撃つようなことが無ければ、天竜人に手を出す可能性も限りなく低かったはず。 そういった急な状況で、誰かがサンジに「天竜人という人達」の説明をしていたとは考えにくいのです。 サンジが天竜人の情報に接する機会があったとか。 シャボンディ諸島編では「首輪」でしたけどね。 デビス・ディアスっていう海賊が、天竜人の奴隷になっていて、はめられていましたね。 脱走しようとしたら爆発してしまった。 そこにもサンジはいませんでした。 でも、2年経ったホールケーキアイランド編。 サンジ自身が腕に同様のものをはめられて、とりあえず「全く知らない」ではなかったんですね。 はめられて、油断はしていたようです。 シャボンディ諸島の奴隷にはめられていたのが「首輪」で、ここでのサンジがはめられたのが「腕輪」という違いはあります。 ということは、サンジは天竜人の首輪や腕輪も、麦わらの一味と行動を共にする以外の時間に、知り得ていたのでしょうか?? これまでのストーリーの中でも、敵の策略を破るために、ルフィを含む「本隊」と別行動をとることが多かったサンジ。 その中で、ルフィを中心に描かれたメインストリームの中で「何だそれ?」と扱われてきたものの中でも、サンジがもともと知っているものが発覚するかもしれません。 この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。 この記事の分類.

次の

10月3日の誕生花 サンジソウ(三時草)の花言葉「永遠にあなたのもの」、午後3時に爆ぜるように咲くハゼラン(爆蘭)の「真心」

サンジ 誕生 日

第931話「おそばマスク」 それにしてもカラーはブラックだったかぁ。 イチジたち兄弟は 髪の毛の色がそのまんまイコールで戦隊カラーになってましたのでサンジは「イエロー」かと思ったがブラックでした。 これはサンジだけ 血統因子の改造が失敗し普通の人間として生まれたので、もしも成功してたら サンジの髪の毛は黒色だったということでしょうか。 なんにしてもこれで5色判明。 レイジュが「 ポイズンピンク」、イチジが「 スパーキングレッド」、ニジが「 デンゲキブルー」、サンジが「 ステルスブラック」、ヨンジが「 ウインチグリーン」。 サンジの「腹にくくった1本の槍」 サンジの信念を見たな 「四皇」との戦いだ… 意地はって人を救えねぇ状況もあるかも知れねぇ。 プライド捨てりゃ救える命もあるかもしれねぇ…。 サンジはまだまだ「ヴィンスモーク家」「ジェルマ66」へのわだかまりがある感じですね。 普通に嫌っていました。 とはいえ嫌悪感は大分少なくなったというか。 以前のサンジならば絶対に使わなかったでしょう。 同時にWCI編では見られなかった成長というか変化がある。 それが腹にくくった 「1本の槍」ってヤツです。 <関連記事> 「腹にくくった1本の槍」はゼフが説明していました。 海賊の戦場じゃ一瞬でも死に臆したらモロくくずれる。 ルフィにはためらいがない。 生きるための装備で信念であると。 これが サンジには足りてないってズバリ指摘してました。 66話「噛み殺した槍」 くだらない理由でその槍を噛み殺してると。 「死ぬことは恩返しじゃないぞ!」(59話)、「バカかお前っ!そういう勝手なことするなァ!」(137話)って、サンジの弱点で良さでもあった自己犠牲精神のアンサーを見た(ような気がした)。 もちとん女性を蹴らないゼフの矜持は持つでしょうけど、「意地をやめて人を救う」「プライド捨てて人を救う」こそ幼少期にゼフからやってもらったことでもある。 「ステルス」って能力 全身に背景を投影し目に映らなくなる!! サンジの能力は「ステルス・ブラック」通り姿が消える能力でした。 透明人間になれる「スケスケの実」とほぼ同じ能力。 サンジが幼少期に憧れた夢がジェルマの科学で叶う!なんて皮肉! そして「透過」能力で気になることは3点だ。 ・女湯を覗くイベント ・対シリュウもあり得る ・ニジの「ステルス」は何だったんだ? うむ。 サンジはワノ国編が終了したら、サニー号で ナミさんやロビンの入る女湯を覗くイベントが描かれる事は間違いないでしょう(笑顔)。 夢が広がりますね! 本家「スケスケの実」を食ってたアブサロムから シリュウへ能力は移っています。 「麦わらの一味」と「黒ひげ海賊団」は対になってて、海賊王を巡る戦いのラスボスともいえる相手。 剣士っぽかったシリュウと相対するのはゾロで決まりという見方だったけど、透視能力者同士でサンジもあり得るな。 <関連記事> そしてサンジにレイドスーツこっそり渡したニジ。 こいつ レイドスーツ無しで「ステルス」って技を使って姿を消してました。 どういうこっちゃねん? 840話 サンジ相手にレイドスーツ装備せずに「ステルス」「ヘンリーニードル」って技を披露してました。 普通に解釈すれば、ニジは素の力で(血統因子改造) 消えられる技があるようにしか見えませんでした…。 レイジュとイチジとヨンジが「ステルス」使えるかは知らんが、 少なくともニジは素で消えられるよね。 サンジの「ステルス・ブラック」は 「ブラック」ならではの必殺技って感じがまったくしないでござる。 まあ、ニジがサンジに「3」のレイドスーツをこっそり渡してたってことは、元からニジが持ってたので、 実は840話で下にブラックのスーツ着こんでたって可能性もあるが…(無理があるよー)。 それともサンジに血統因子が現れず、父・ジャッジは当初の予定から狂ってしまったので、「消える能力」をニジに後発的に与えたとか? さすがは「古代種」 ページワンの強さ 百獣海賊団は「大看板」の3人と「飛六胞」の6人が最強幹部。 (真打ちにホーキンスもいるので一概には言えませんけどね)。 ページワンは「飛六胞」の一角なので、かなりヤベー実力者なのは間違いない。 普通にページワン自身も強者なんでしょうけど、ローの 「さすがは古代種」って言い方がちょっと気になりました。 だって流石は「飛六胞」でなく、悪魔の実の方を言ってるからね。 『ワンピース』では様々な「悪魔の実」能力者がいます。 そんな中でも特に能力者として秀でているのはロギア系が追及されてました。 ロギア系を食うだけで超強くなれるみたいな。 同じように「古代種」も希少で食うだけでパワーアップできるニュアンスですね。 「幻獣系」はもっとヤバさそう。 一旦別れるサンジとロー達 「サンジVSページワン」は継続。 その間にホーキンスやドレークなども来るだろうし、騒ぎが大きくなる前に「えびす町」へ避難するロー&ウソップ&フランキー。 ま、サンジ自身が前回「お前ら先に行け」って言ってましたしね。 ステルス能力あればサンジ一人で逃げるのは楽勝でしょう。 また、「えびす町」にはゾロがいるので、ロー達はそっちで合流するのかな。 なかなか面白い組み合わせになりそうで楽しみ。 ゾロはえびす町にはじめて訪れた反応だったけど(まあゾロだし)、数週間先にワノ国に潜入してたロー達はえびす町を知ってる感じですね。 「ワノ国」の鎖国は数百年 ロビン 芸者としてオロチの屋敷に潜入したロビン。 ガサ入れをします。 そこで 「何百年も閉ざされた国」「ポーネグリフを生み出した国…石は必ずある」と述べてました。 むむむ、引っかかるな。 ワノ国がいつから鎖国してるか一切不明でしたが初めて語られましたね。 何百年って期間らしいです。 800年前はやはり開かれた国だったのでしょうか? <関連記事> 1000年以上前にズニーシャに歩けって命令した(と思われる)、800年前にポーネグリフを作った光月家の先祖。 800年前に開かれた国だったとしたら「ある巨大な王国」と戦った「20の連合王国」の一つだった可能性がより高まってくる。 ワノ国風っぽい五老星はやはり(先祖か自身が)ワノ国出身? ワノ国風の天竜人最高権力者「五老星」 うーむ…ドレスローザと同じように、国の元首が天竜人となりマリージョアへ移転したので統治してた国で後発的に元首誕生ってシステムが同じだったら、 五老星ハゲの一族(もしくは本人)がワノ国を治めており、マリージョアへ移住すっからって光月家が将軍になったと可能性は微レ存だ。 オロチ御庭番衆 オロチ御庭番衆 ロビンのガサ入れに何しとんじゃ!って現れた「オロチ御庭番衆」。 どうやら彼ら はワノ国では常識というか有名人のようで、忍者がいて当たり前なのに不審な動きするとか余所者かなって言い回ししてます。 隊長含めて11人。 奇しくも尾田っちがアシスタントしてた『るろうに剣心』の隠密御庭番衆(蒼紫、般若、式尉、ひょっとこ、癋見、翁、操、黒尉、白尉、増髪、近江女)と同じ人数なのはリスペクト的なものでしょうか。 女性が2人いるけど あんま可愛くないので心の琴線に触れませんでした。 いや三味線持ってる子は逸材なのかもしれんが。 また、923話でルフィを応援してた(?)忍者はいないな。 ヤツはオロチ&カイドウに敵対する側だったのだろうか…? <関連記事> オロチ御庭番衆の評価は保留!「将軍直属忍者部隊」ってのは、オロチ政権から結束されたのか、元から将軍直属だったのかがちょい引っかかるかな。 記憶喪失のビッグマム おれは…誰だい? なに これ…? キングに滝へ突き落されたビッグマム海賊団。 「カイドウ&オロチの軍勢」VS「麦わら一味&ハート海賊団&ワノ国同心&ミンク族」の大決戦に向けて 邪魔になったので一旦退場させた…という訳では無さそうです。 ワノ国に到着したビッグマムは記憶喪失になっていました。 これは今後の「討ち入り」に向けてどう繋がるんじゃろ。 まず、記憶無いとはいえクッソ化け物の四皇の一人なので、 うまいこと騙して懐柔して味方にできないだろうかってこと。 最大の懸念事項だった(酔っぱらっても戦闘能力最強)「対カイドウ」でよくねーか?流石にルフィが相対するでしょうけど、この 記憶が無いジョーカーのような駒は色んな意味で反則じゃぞい。 ビッグマムとカイドウは伝説「ロックス」に所属してたっぽいので、ワノ国編の出番は必ずあることは予想できたが…記憶喪失ってどうなるかまるで読めんわい!どう動かすのでしょうか。 <関連記事> 味方に引き込むのか、「討ち入り」が終わるまでどっかに隠れててもらうのか、それとも他にどえらい展開への布石なのか。 ビッグマムに関してはまったく予想できん。 どさくさに ビッグマム本人だけでなくナポレオンの記憶も無さそうだ。 うーむ、まったく先の展開が読めん。 面白い!まる。

次の

隠れた謎キャラ!サンジは何でも知っている?【ワンピース伏線考察】

サンジ 誕生 日

秋が深まる頃、厚みのある濃い緑の葉のわきにつぼみをたくさんつけ、橙黄色の4つに分かれた小花がふくよかな香りを漂わせながら、まとまって咲きます。 10月1日の誕生花は、千里先まで届くといわれるオレンジ色の香り高い花、キンモクセイ(金木犀)。 花の名は、漢名の木犀の音読みで、黄金色の花色と、樹皮が動物のサイ(犀)の皮膚に似ていることから名づけられました。 花言葉「謙遜」は、香りのすばらしさに対して花が控えめであることからつけられています。 花言葉「気高い人」「高潔な人」は、雨が降ると芳香を惜しむことなく潔く花を散らせることからきています。 花言葉「思い出の輝き」は、秋を彩る花木の黄金色に輝く花色からつけられたのでしょう。 公園では、キンモクセイの花が終わって散ったあと、木の下が金色のじゅうたんにおおわれています。 9月の終わり頃になると、ご近所の塀越しや玄関わきの鉢植え、ブロック塀上に仕立てられた高生垣のキンモクセイがオレンジ色の花を一斉に咲かせ、甘い香りで誘います。 キンモクセイの香りは強く、一度にたくさんの花が咲くので、香りの量も多く、思いもかけぬほど遠くで咲く花から広がって届くそうです。 モクセイ科モクセイ属、耐寒性常緑小高木、原産地:中国 別名:タンケイ(丹桂) キンモクセイ(金木犀)の花言葉:謙遜、高潔な人、気高い人、初恋、変わらぬ魅力、思い出の輝き、陶酔。 キンモクセイ(金木犀)の誕生花:10月1日、10月6日、10月7日、11月2日、11月24日 流通時期:苗木を秋~春に見かけます。 、、、、、、、、さんにあります。

次の