生 クリーム 冷凍。 生クリームが余った時の保存方法や期限は?ホイップしてから冷凍してみた

余っても大丈夫!生クリームを冷凍保存するときのポイントと解凍法

生 クリーム 冷凍

スポンサーリンク 生クリームの冷凍保存そのままできる? 使い切れず残った生クリーム。 冷蔵庫に入れておいてもそんなに長持ちしないし困ったものです。 でも、生クリームはそのまま冷凍保存できます。 植物性でも動物性でも、脂肪分に関係なく冷凍できます。 生クリームの冷凍保存する方法 開封したパックごと冷凍しても大丈夫ですが、私は製氷機などで小さく分けて冷凍しています。 凍ったら製氷機から外してジップロックやタッパーに入れて冷凍庫に入れておけば場所も取りません。 パスタやクリームシチューに大さじ1ほど欲しいときに塊のまま必要なだけポンと入れられて便利ですよ。 ただし、 そのまま冷凍したものは、解凍して泡立ててもホイップクリームにはなりません。 料理やケーキ生地に入れて使いましょう。 泡立てた状態の生クリームの冷凍は? ケーキやスイーツのトッピングとしてホイップしてしまった場合も、その状態で冷凍保存できます。 専用の絞り袋やビニール袋、タッパーなどに入れた状態で冷凍してもいいですし、小分けした状態で冷凍してもいいです。 しぼり袋に入れて冷凍しておくと、使うときにとっても便利です。 それ以外は、私はクッキーくらいの大きさになるようスプーンですくってトレーに並べて冷凍します。 写真のような状態で、ラップなどかけずにそのまま冷凍庫に入れます。 ステンレスのトレーやアルミホイルの上の方が少しでも早く冷凍できるような気がします。 そのままでは場所を取るので固まったらまとめて袋やジップロックに入れて冷凍庫にしまっておきます。 これで、このままコーヒーに浮かべたり、解凍してケーキの飾り付けに使ったり、ビスケットに挟んだり、パンケーキにトッピングしたり、フルーツ盛り合わせの上に乗せてパフェっぽくしたり、使い道は様々です。 スポンサーリンク 前もって使い道を決めて、そのサイズで冷凍しておくといいですね。 生クリームを冷凍して解凍する方法 冷凍した生クリームは自然解凍します。 そのまま冷凍した場合も、ホイップして冷凍した場合も同じく自然解凍です。 ただ、夏の暑い日は一気に溶けてしまうので、心配な場合は冷蔵庫でゆっくり解凍するといいですね。 解凍時間は小分けしたサイズや量、生クリームの種類によりますが、氷が解けるのと同じようなイメージでいいでしょう。 (実際には違うでしょうが、大まかな目安として、です。 ) 製氷機などで小分けにしてあるものを熱い料理に使う場合は、そのまま入れちゃっても大丈夫です。 例えばクリームシチューやカルボナーラのアクセントにひと塊入れるだけ、なら、熱い具材の中にポチャンと入れちゃえばOK! 私が最近ハマっているのは、トーストにホイップした生クリームを乗せてチョコレートシロップや蜂蜜を掛けて食べること。 ホイップした生クリームの冷凍を前日の夜から冷蔵庫に入れてゆっくり解凍しておくと、朝食時間にはちょうどいい感じに溶けていますよ。 生クリームを冷凍した場合の賞味期限は? さて、冷凍保存した生クリームはどのくらい持つのか。 せっかくの生クリーム、少しでも美味しい状態で食べたいですもんね。 1~2ヵ月あれば何かと使う機会はあるでしょう。 ただ、すっかり忘れてた!なんてこともありえるので、忘れないように。 生クリームだけでなく、ケーキだって冷凍保存! >> 生クリームの冷凍保存そのままできる?解凍方法と賞味期限に注意 まとめ 冷凍ではありませんが、残った生クリームが200gくらいなら冷凍しなくても2人前(パスタ160g~200g)のなんちゃってカルボナーラが出来ちゃいます。 作り方は簡単。 ベーコンと玉ねぎを炒めて、そこに生クリームを投入。 ひと煮立ちしたら茹でたパスタを入れて絡めるだけ。 ちょっと濃厚すぎるなと思ったら茹で汁を多い目に入れてもいいです。 卵もチーズもなくてもコッテリしたカルボナーラが簡単に作れますよー。

次の

業務用に超絶便利!飲食店におすすめの冷凍生クリーム銘柄4選

生 クリーム 冷凍

冷凍生クリームは、手間がかかって管理も大変なクリーム類を気軽に導入できるというので、これまで諦めていたデザート類をメニュー化できると喜ぶ人が多い画期的なアイテムだよ。 今回は、使いやすくて保存がラクなおすすめ業務用食材・冷凍生クリームのおすすめ人気銘柄をご紹介します。 まずは業務用生クリームの仕入れ形態の種類と、それらがどんな飲食店に向いているかといった活用法について解説します! 生クリームの仕入れにはどんなタイプがある? 『クリーム(生乳・牛乳のみが原料)』および『乳または乳製品を主要原料とする食品(生乳・牛乳に安定剤などの添加物が加えられたもの)』を仕入れる場合には、煮込み料理のコク出し、本格製菓、ちょっとしたデザート作りやドリンクのトッピングなど、さまざまな目的があるはず。 生クリームの濃度や成分についてもさることながら、使用頻度や希望する保存方法等により、仕入れ形態にもこだわってチョイスすれば、厨房での動線はよりスムーズで快適なものになるでしょう。 そこで、便利なものがいっぱい!生クリームの仕入れ形態の種類をご紹介します。 コーヒーホワイトナーは、フタ付き小カップに入った個包装タイプもカフェ・喫茶店などで便利ですが、小さな容器に入れて提供するスタイルのお店には、やはり紙パックがベスト。 生クリームを紙パックで仕入れるのに向いている飲食店は、とにかく毎日生クリームを一定量以上、豊富に使用するお店。 スイーツショップやデザートに力を入れているお店、そしてコーヒー・紅茶などのオーダーが多いお店も該当するでしょう。 メリットは常温管理が可能な点(ただし冷暗所に限ります)、そしてホイップの必要がない点です。 スプレータイプの生クリームを仕入れるのがおすすめの飲食店は、まず冷蔵収納できるスペースが少ないお店、そして人手が少なく、ホイップする時間をカットしたいお店、さらに、生クリームの出番がさほど多くないお店、といったところ。 ドリンクに浮かべたり、デザートのトッピングにしたりと、さっと使えて便利な反面、あまり使用頻度が高いと、コスト高になってしまいます。 冷蔵庫に1~2本入れておく程度なら収納場所にも困らないので、緊急用のストックとしてもおすすめ。 よく冷やした牛乳を混ぜてホイップするだけで簡単にホイップクリームが仕上がる便利アイテムです。 先ほどご紹介したスプレータイプ同様、常温管理ができるのが大きなメリットの1つ。 もうひとつのメリットは、生クリームが必要な場面や、仕入れ量が予測しにくいお店にとって非常に便利な点です。 小分け個包装タイプの製品なら、少量ずつをホイップクリームにでき、あとは常温で長期保存ができます。 そして、記事の後半でご紹介する冷凍生クリームも近ごろ非常にニーズが高まっている仕入れ形態。 ぜひなじみの卸売業者様とご相談のうえ、自店にぴったりの生クリームを仕入れてどんどん活用しましょう! 超絶便利!飲食店におすすめ冷凍生クリーム銘柄4選 さまざまな形状の生クリームがありますが、近ごろ飲食店でひっぱりだこなのが冷凍生クリーム。 便利で美味しく、保存・管理もラクとあって仕入れない手はありません。 使用条件が合う飲食店なら、ぜひこの記事を参考にして冷凍生クリームを仕入れてみてくださいね。 おすすめの人気銘柄をご紹介します! 森永乳業 サンモアホイップ 絞り袋に入った便利な冷凍生クリームの代表的銘柄のひとつ、サンモアホイップ。 独自の製法によるなめらかなホイップクリームが、パフェ・クレープ・ケーキといった飲食店でおなじみのデザートを美味しく彩ります。 ちょうど良い甘さやしつこくない後味にも定評アリ。 冷凍でもやわらかい即戦力で便利なことこのうえなく、コスパもGOOD!チョコレート味・抹茶味もあり、フルーツ・アイス等仕入れれば、すぐにパフェをメニュー導入できます。 口どけが良く、繊細なクリームが手間をかけずに提供できるおすすめ品です。 冷凍保存できる便利さ、冷蔵庫に放置して自然解凍できる便利さ、手持ちの容器を使用しなくて良い便利さ。 こうした便利さと安定した美味しさが何よりのメリット。 さらに、高い脂肪分のリッチなタイプや、やわらかめのタイプ、カスタードミックスタイプなど、用途・目的に応じたチョイスができる点もポイントです!ホワイト以外にもチョコレート・マロンを展開しています。 コスパも凄い。 ターナーフード ターナーホイップ (業務用卸売価格は卸売業者様にご確認くださいね) cotta ボンホイップクリーム 濃厚な味わいで人気右肩上がりのボンホイップ。 幅広い世代に喜ばれるコクのあるクリームが、さまざまなデザートやドリンクに華やぎをプラスしてくれます。 ボンホイップクリームは、プレーンタイプ以外にもイチゴ・チョコ・バナナ・マロン・ピーチ・瀬戸内レモンなど、豊富なテイストが揃っているのも飲食店には嬉しい限り。 さらに、あっさりした味わいのアメリカンタイプもあり、料理の幅が広がりそうです。 バラエティ豊富なソフトクリームミックスやソフトクリームカップであまりにも有名です。 この日世の冷凍生クリームも非常にクオリティ高いおすすめの製品。 まろやかなスタンダードタイプ(S)と甘さ控えめタイプ(L)、そしてコク深い高乳脂肪タイプ(EX)と、わかりやすい3タイプがラインアップされているシンプルな品揃えもGOOD! ソフトクリームメーカーならではのバツグンの食味センスとバランスよいホイップ具合に、リピーターが続出しています。 というのも、食材リサーチでフルーツを調達して銘柄ごとに食べ比べる場合などに、パフェやフルーツサンドなどを試作してみることもあるからなのです。 編集部は飲食店ではないので、紙パックタイプの生クリームですと、なかなか手間や管理が面倒。 そんな時は冷凍タイプが非常に重宝します! しかし、冷凍生クリームは、コスパ的にも品質的にも、生クリーム・ホイップリームを頻繁に使う飲食店にこそ向いている食材と言って良いでしょう。 最近深刻化している人材不足のお悩み解消にも役立ちそうですよね。 今回も最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。 美味しくて便利な業務用生クリームで、皆様のお店がもっともっと盛り上がることを祈っています!ワタベンでした。

次の

生クリームが余った時の保存方法や期限は?ホイップしてから冷凍してみた

生 クリーム 冷凍

ですが、ケーキ用に生クリームを買っても、 使いきれずに余ってしまうこと、ありませんか? 生クリームってそんなに頻繁に使うものじゃないし、 使いきれなかった場合に 日持ちもしないので困りもの・・・。 ということで! 今回はそんな生クリームの 上手な保存方法を紹介します。 それではどうぞっ 目次• 生クリームの冷凍保存について 「 生クリームって結構日持ちするでしょ?」 と思うかもしれませんが、実は生クリームに記載されている賞味期限は、 「 開封していない場合」 の賞味期限。 たしかに 開封していない場合は冷蔵庫で1、2ヶ月保存可能ですが、 一回開けてしまうと、途端に足がはやくなり、 2~3日ですぐに傷んでしまいます。 なので基本、生クリームは 開けたらすぐに使い切るのが理想。 が、どうしても 余ってしまう場合もありますよね。 「 あらら、じゃあやっぱり早めに何とか消費するしかないのね~」 と、思うかもしれませんが、実はちょっとした裏技 ? があります。 文明の利器、 冷凍庫の登場です! というのも、余った生クリームも ホイップしてしまえば、冷凍保存が可能なのです。 でも、具体的にどうすれば良いのか。 次は生クリームの 冷凍保存方法をチェックしてみましょう。 泡だて器で七~八分立てのホイップを作り、 ホイッパーや密封ビニールに包んで冷凍保存するだけ。 ちなみに、後でまたいっぺんに使うアテがあるならこれでOKですが、 飲み物や料理に使うなど、ちょっとずつ使いたい。 そんな場合は 製氷皿や 金属トレーにホイップクリームを出し、 ラップで密封して冷凍保存すると便利ですよ。 「 おお、その手があったか~」 とさっそく冷凍保存をする前に、一つ 注意点! ホイップした生クリームを冷凍だけならば簡単なのですが、 解凍する時に ひと手間必要だったりします。 それでは次に、生クリームの解凍方法をみていきましょう。 そこで、ここでは冷凍生クリームの おすすめの使い方をご紹介していきましょう~。 ホイップして冷凍した生クリームは解凍後に、 ケーキやクッキーの材料として使うのがおすすめです。 リッチな風味を出したいならぴったりですよ! また、 シチューや パスタに入れたり、ボルシチの表面に浮かべるのも良いですね。 熱い液体の熱でじわじわと解凍されるので凍ったまま、ココアにポンと乗せてます。 生クリームは 液体のままでは冷凍保存 できない• 生クリームは ホイップしてしまえば冷凍保存が 可能 ということでした~。 どうしてもお菓子などを作ってるとそちらに目がいってしまい、 余った生クリームは 忘れられてさよならというのがいつもの流れでした。 しかし、必要分量だけ使うのではなく全部ホイップしてしまい、余った分は冷凍保存しておくことで今回紹介したような 二次利用が可能になってくるわけですね。 今回は以上です。 参考になりましたら幸いです。

次の