透水 性 アスファルト 舗装。 【アスファルト舗装】透水性舗装の施工方法

【アスファルト舗装】透水性舗装の施工方法

透水 性 アスファルト 舗装

道路や駐車場の舗装アスファルトが使われている理由 道路や駐車場には、コンクリート舗装よりもアスファルト舗装の方が多く使われているということをご存知でしたか? アスファルトが良く使われるのには理由があります。 まずは、アスファルトの用途と使用されやすい理由についてご紹介します。 様々な用途で使用されているアスファルト 本来アスファルトとは石油を精製してとれた重質油のことで、JIS規格があります。 それに骨材や砂などを混合したものをアスファルト混合物と呼びます。 アスファルト混合物(アスファルト合材)は骨材の粒度によって区分され、「密粒度」「細粒度」「開粒度」などに分かれています。 さまざまな種類があり、それぞれ用途ごとに長所があります。 ・道路舗装材…アスファルトに砂利や砂、フィラーなどを混合したアスファルト・コンクリートで、舗装に用いられます。 水とアスファルトを界面活性剤を使って混合させたものです。 ・乳剤……道路舗装の基層や表層の施工のとき、防水効果や接着促進のために使います。 ・防水材……平屋根の防水工事に使われます。 繊維にアスファルトを浸透させたアスファルトフェルトや、ゴムなどを加えた改質アスファルトがあります。 ・緩衝材……和式の便器を埋め込んだ部分の衝撃緩和などのために使われています。 路や駐車場に多く使われている理由 道路の舗装にアスファルトが多く使われる理由については、いくつかの長所が関係しています。 ・工事費が安い ・騒音が起きにくい ・水をよくはじく ・施工してから固まるまでの時間が早い 経費も安くなり、工事が早く終わるうえ、施工後の状態も良いという特徴があり、とても優れモノなのです。 しかし、そんなアスファルトにも欠点はあり、耐久性はコンクリートにかないません。 アスファルトはコンクリートよりも消耗が激しいため、五年に一度程の頻度でオーバーレイという工法で補修を行わなければなりません。 上層部を削り取り、その分新しいものを上乗せします。 アスファルトはときに街並みを味気ない景観に変えてしまうため、石畳などが残る場所には使われにくい傾向にもあるようです。 最近ではアスファルト混合物を使った大理石や石畳風の舗装材も生まれるなど、もとの材料の機能性や強みを生かす工夫がされています。 道路に使用されているアスファルト舗装の種類 アスファルト塗装というと、黒くてどろどろした工材をたんに地面に敷くだけだと思っていませんか? 実は、アスファルトには塗装の方法にもさまざまな種類があります。 意外に奥が深い、アスファルト道路の塗装の種類について見ていきましょう。 県道や市道で多く使われている密粒度アスファルト舗装 日本国内の県道や市道のほとんどで使われている舗装方法です。 施工が簡単なので工期を短縮することができ、コストカットにつながります。 また、維持管理・補修も簡単といった点でもコストが低く済み、舗装には手軽な工法になります。 駐車場などに広く使われています。 高速道路や国道で多く使われている排水性アスファルト舗装 上部に透水性のアスファルト、下部に非透水性のアスファルトを敷き、その2つの層の間を雨水が通って排水されるという仕組みです。 水のせいでタイヤと地面との摩擦が起きづらくなりハンドルやブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象の防止にもなります。 走行安全性が上がるうえ、車内のロードノイズを軽減させることもできます。 山道や事故の多い場所で使われている高密度ギャップアスファルト舗装 事故の多い交差点や山道などに使われる工法です。 加熱アスファルト混合物という、ギャップ粒度を配合した特殊なアスファルトを使っています。 ギャップ粒度とは様々な大きさの材料を混合してスベリの抵抗を高めるもので、それにゴムや樹脂を加え、さらに滑りづらくなっています。 ブレーキをかけた時の停止距離が短くなるのが特徴です。 歩道や駐車場などで使用されているアスファルト舗装の種類 歩道や駐車場などに使われているアスファルト舗装は、車道に使われているものと少し違います。 普段何気なく歩いている道の下にも、生活や環境の問題に対応した画期的な手法で引かれたアスファルトがあるのです。 どのような工夫がされているのか見ていきましょう。 水分が地中へ還元される透水性舗装 透水性アスファルト舗装は、排水性舗装と似て非なる工法です。 コンクリートは密度の高い材料ほど耐久性が高く高質とされていますが、この透水性舗装ではあえて粗い材料を使いアスファルトに隙間を生むことによって雨水をしみこませ、地面の下へ浸透させることができます。 比較的安価に施工でき、雨水を地面の下に逃がすことができるので側溝などの氾濫防止や水たまりの防止などに効果的です。 一方、勾配がある場所では、アスファルト下に浸透される雨水が土壌を洗い流すことによって、強度不足になる可能性もあります。 水分の蒸発で気温上昇を抑える保水性舗装 補水性舗装では、水分を吸収する材質をアスファルト内部に重鎮します。 雨が降るとアスファルトの中に浸みこんだ水分が材質に吸収されます。 雨が止んで気温が上がると、吸収された水分が蒸発する仕組みです。 打ち水などと同じ気化熱によって路面温度の上昇を防ぐことができるというのが大きな特徴です。 郊外よりも都市部の気温が異常に高くなるヒートアイランド現象は、アスファルトやコンクリートが熱を溜め込むことで引き起こされると言われますが、この方法で緩和できる可能性があるとも考えられています。 道路、駐車場、公園まで幅広い用途があります。 バリエーション豊かなたカラーアスファルト舗装 顔料や着色した石などを混ぜ合わせた舗装をカラーアスファルト舗装といいます。 本来無機質な色合いのアスファルトを着色することによって、景観がよくなるだけでなく、高速道路などで路線の区別のためにも活躍しています。 トンネル内でよく使われる白色の他、赤・黄・緑などさまざまな色合いがあります。 また、薄層舗装というものを普通の塗装の上にかけることによって着色をする方法もあります。 こちらもカラーバリエーションが豊富で、ソフトな歩行感や耐衝撃性、すべりにくいといった特徴もあります。 まとめ 道路を作るうえでアスファルトがなぜ主要な材料になっているのか理解していただけましたか?.

次の

使用用途にあった舗装の種類について、これを読めば完全理解!!

透水 性 アスファルト 舗装

概要 [ ] 通常、舗装材料に用いられるやはその耐久性の観点からが小さく密実な材料ほど良質とされていることもあり、基本的にはほとんど水を通さない。 しかし、敢えて空隙を与え、水を通しやすい構造とすることでを舗装面にためず、地下に浸透させることでをなくすことを目的としたものが 透水性舗装である。 アスファルト舗装の場合、粗の割合を高めると共に、粒度にギャップを持たせることで空隙率を高くした開粒度アスファルト混合物を使う。 これによりアスファルト舗装が状の多孔質構造となり、透水性を持たせることができる。 この時、通常のアスファルト混合物の様にストレートアスファルトを用いることもあるが、高い空隙率のために低下した耐久性を補うため、粘度の高い改質アスファルトを使用することも多い。 アスファルト舗装以外では、舗装も透水性を持つ。 透水性舗装は雨水を地下に浸透させることを目的とするが、この場合は路床や路盤も透水性を持つことが前提となるため、路盤に透水性の高い材料を用い、場合によっては路床と路盤の間に透水性を高めるためのフィルター層(砂など)を挟む必要がある。 しかし透水性の高さと支持力が相反することから、一般的には車道には不向きである。 このため、車道では透水性舗装を表層のみに使い、基層を通常の透水性のない舗装材料として舗装内で雨水を舗装内に仕込んだ排水溝、またはへ処理する構造としていることが一般的である。 これが 排水性舗装である。 舗装表面が多孔質 porus であることが前提となるため、排水性舗装と透水性舗装を統合して「 ポーラス舗装」(ポーラスアスファルト舗装、舗装)と表現することもある。 では、高速道路に用いた排水性舗装を 高機能舗装I型と称している。 利点 [ ]• 歩行者への水跳ねを抑制する。 路面に雨水が滞留しないため、やを防ぐことができる。 荒い路面が維持され、すべり抵抗性が高い。 雨水による光の乱反射が軽減され、夜間照明や前照灯による車線区分線等の視認性低下が緩和される。 地下水として直下の地中に浸透させることで、排水路などの負荷を軽減することができる。 空隙が大きく蓄熱性が小さく、夏場は一般のアスファルト舗装よりも表面温度が低くなる特徴から 、都心部のの緩和に効果がある。 空隙により走行音が分散されるため、騒音の軽減につながる。 このため、排水性舗装は 低騒音舗装でもある。 欠点 [ ]• 空隙内に、が詰まることから数年で機能低下が起こる(このような機能低下の対策として、高圧洗浄とバキューム装置を備えた専用車両が開発されている)。 が走行をする道路では空隙がつぶれ、機能低下が生じる。 このような現象は、走行車両の速度が遅いほど生じやすい。 通常の舗装補修で用いられるパッチング(破損部分だけを補修する手法)では、空隙をつぶしてしまうため、補修時には全面的な舗装の打ち換えが必須となる。 車両の走行時のロードノイズの増大。 特に、アルミホイール。 脚注 [ ].

次の

アスファルト舗装工事

透水 性 アスファルト 舗装

排水性舗装とは 排水性舗装はアスファルト舗装の1つです。 表層に水が浸透しやすい多孔質な排水性アスファルト混合物を敷き、その下の基層の方には水を通しにくい物質を敷きます。 地面に水を透過させるわけではなく、表層と基層の間を水が流れるようにして、その水を排水処理施設に排水させます。 排水性舗装のメリット 排水性舗装を施すことで、雨が降った時の車のハイドロプレーニング現象の防止や水はね、水たまり、水しぶきを防ぐ効果があります。 また騒音をやわらげる効果もあり、さらに雨天時に見えにくい区画線の視認性向上の効果もあります。 それだけでなく排水性舗装は適度に摩擦があるのでブレーキが効きやすく、通常のアスファルトと比べ安全性に長けています。 排水性舗装のデメリット 排水性舗装は表層に隙間があるため、その間に石や草、砂や泥が詰まることがあり、機能低下が起こります。 とくに高速道路では、大型車両が多く通り、速度も速いためその負荷で隙間が埋まってしまうということがあります。 修繕の際には、普通のアスファルトと同じ方法でやってしまうと、隙間が埋まってしまうため、全面的に舗装をしなおす必要があります。 通常のアスファルト舗装と比べると維持費も高くなります。 透水性舗装との違い 排水性舗装とは別に透水性舗装というものがあります。 透水性舗装と排水性舗装との違い 表層は排水性舗装とあまり違いはありません。 同様に水を透過させるための隙間があり、多孔質のアスファルトを敷いています。 異なるのはその下の基層です。 透水性舗装は地面に水を透過させるために基層も水を透過させるものを敷いています。 つまり、透水性舗装は表層も基層にも水が浸透します。 その後水は地面に吸収されていきます。 透水性舗装の特性 歩道や駐車場、公園などで多くみられ、排水性舗装のようにゴム樹脂を使用しないため比較的低価格で舗装できます。 しかし、耐久性に欠けるため多く車が通る高速道路や幹線道路には向いていません。 近また年はガラス素材のものも開発されており、環境を考慮した設計のものを公園などでも見かけることが多くなりました。 植生するのに適している舗装といえ、地面の中の生態系が自然に近い状態になるので、環境改善の効果が期待されています。 寿命は15年以上にも及ぶものもありますが、時間の経過とともに成分が凝固し頑丈になっていくというものもあるなど特性はさまざまです。 真夏でも表面温度が低くなり、ヒートアイランド現象を和らげる効果もあります。 排水性舗装がよく採用されている場所 排水性舗装は、耐久性もあり排水性もあるので、その特性を生かし様々な場所に使用されています。 ・高速道路や幹線道路 ・国道 ・とくに安全が必要になる場所 (坂が多く勾配が急な場所、雨が降ったときに事故が多い場所、追い越し車線、急な減速が必要となる場所) 上記の場所に多く使用されています。 カラーコーティングも可能なので、注意を引くような舗装が必要になる交差点や車両出入り口、サービスエリアやバスレーンにも使用されています。 排水性舗装の耐久度 排水性舗装はどのくらい耐久度があるのでしょうか。 耐水性舗装は季節や地域によっても耐久性に違いがあります。 雪が降る地域ではタイヤにチェーンをつけることが多く、その結果表層のアスファルトが削れやすくなります。 それだけでなく、季節では冬が舗装の性質上、劣化しやすくなります。 アスファルト舗装と比べ排水性舗装は隙間があるので雑草が生えてきやすいというデメリットがあります。 植物が生えてきてしまうと舗装が盛り上がってしまい、道路にでこぼこができてしまいます。 舗装の寿命が短くなってしまう原因となりがちです。 排水性舗装は時間の経過や使用状況によって隙間が埋まってしまうことがあります。 メリットを活かすためには、隙間を塞がないように定期的なメンテナンスが必要です。 排水性舗装専用のバキュームや機械が開発されており、隙間の異物を取り除くのに使えます。 まとめ このように排水性舗装は単に水を除くだけでないので、さまざまなところで使われています。 透水性舗装と排水性舗装でデメリットを埋めあうかたちで施工されているのを目にすることができるでしょう。 より安全に快適に歩行や走行ができるように工夫されているのです。 騒音を防ぐ機能は排水性舗装が有効といわれています。 舗装をお考えの方はどのようなものがいいか業者に相談してみてはいかがでしょうか。 アスファルト工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の