年金 手帳 再 発行 料金。 年金手帳がない!紛失した場合の再発行手続き・料金!|おじさん達のブログ

年金未払い、年金手帳の再発行について

年金 手帳 再 発行 料金

年金手帳を紛失した場合の再発行手続き 年金手帳に関する質問で最も多いのが、「年金手帳を持っていないのですが、どうしたらいいですか? 」という質問です。 年金手帳があろうがなかろうが、今までの年金記録に影響はありません。 しかし、「年金の受給手続きをする場合」「就職した場合」「退職して第1号被保険者になった場合」など、人生の転機ごとに年金手帳は必要であり、必ず1冊持っておかなければなりません。 まずは、本当にないか確認し、なければ『年金手帳再交付申請書』を年金事務所に提出してください。 『年金手帳再交付申請書』の提出先• (住所地の市区町村役場)• (会社経由もしくは自ら会社の地域の年金事務所。 郵送の場合は事務センターでも可)• (配偶者の会社の地域の年金事務所、郵送の場合は事務センターでも可) 第1号被保険者の場合は、市区町村役場経由で年金事務所において手続きするため、再発行までに約3週間ほど掛かります。 第2号被保険者と第3号被保険者は、身分証明できる書類を持って自ら年金事務所で手続きすれば、即日、再発行可能です。 このように、年金手帳の再発行は面倒であり、場合によっては会社に迷惑を掛けるので、紛失しないようにしっかりと管理してください。  年金手帳2冊ある場合どうすれば良いか? 年金手帳は1人1冊ですが、中には2冊、3冊と持っている人がいます。 それは、紛失して再発行手続きし、新しい年金手帳を手にした後に、古い年金手帳が見つかったからです。 年金手帳を2冊以上持っている場合は、中に記入されている基礎年金番号を確認してください。 この基礎年金番号が一緒であれば、特に問題はなく、一番新しい年金手帳を利用し、古い年金手帳は保管なり返還なりすると良いでしょう。 問題は、基礎年金番号が異なる場合で、再発行する際にしっかりと手続きしなかったため、別の新しい基礎年金番号が割り振られてしまい、年金加入記録が分散してしまっています。 この場合は、『基礎年金番号重複取消届』に所持しているすべての年金手帳を添付して、年金事務所に提出してください。 その他、年金手帳に関する質問 よくある年金手帳に関する質問とそれに対する回答は、次のとおりです。

次の

年金手帳がない!紛失した場合の再発行手続き・料金!|おじさん達のブログ

年金 手帳 再 発行 料金

年金手帳を失くしたことに気づいたら、再発行しますよね。 再発行するまでは、お分かりだと思います。 しかし料金は、どのくらいかかるでしょう? 中には、料金がかからないと思っている人もいると思います。 私事ですが、年金手帳ではないのですが行政センターにとある書類を取りに行きました。 予め調べてなかったのもよくなかったのですが、窓口に言われるまで料金がかかると知りませんでした。 その時初めて「書類の申請すると、料金がかかるんだ。 」と思いました。 いざその場で言われると、焦りますよね。 数百円だとは思いますが、書類によって値段が違うかもしれません。 そんな失敗がないためにも、年金手帳を再発行した時の料金を知ってほしいと思います。 年金手帳を再発行した時、手数料などの料金はかかるの? 年金手帳は、郵送などでなければ年金事務所で受け取ることになります。 そのとき市役所みたく証明書を取りに行ったときと同様に、いくらかかかるのだろうか? 再発行した時、手数料などかかりません。 必要書類を年金事務所の人に提出し、後は年金手帳を貰って終わりとなります。 料金はかからないので、安心して下さい。 年金手帳以外の事で、料金がかかることもある。 先ほど年金手帳を申請してもらうまで、料金はかからないと言いました。 確かにかかりません。 それ以外の事にかかります。 年金事務所に行く時、近場の人なら徒歩で行けます。 ですが、遠い人はどうしますか? 年金事務所に行く時間を予約してて、間に合わない。 そんな時、自分で車があり運転できるなら問題ありません。 しかしそうでなかったら、タクシー呼んで年金事務所まで行くことになると思います。 その他バス停が年金事務所の近くにあれば、バスで行くこともあると思います。 こういった、交通費がかかります。 ちなみにバスで行く場合は、行き・帰りと乗ると思われる時間をメモしておきましょう。 またはバス会社のHPをみると、乗る場所から行く場所を検索すると時間が出てきます。 それをメモあるいは、印刷して持っておくと便利だと思います。 社会保険労務士事務所は、手続きや相談も無料 年金事務所で年金手帳を申請してもらうまで、無料と先ほどお話ししました。 実は社会保険務士事務所では、相談や手続きが無料で受けれるそうです。 無料でやってくれるのは、嬉しいですね。 ただ地域により、もしかしたら無料でないことがあるかもしれません。 無料だと思ったのに、そうでなかったら損をしてしまいます。 もし出向くのであれば、無料で相談や手続きができるかを電話などで確かめることをお勧めします。 社会保険労務士事務所に行きたいけど、どこにあるのか分からない人がいると思います。 自分が住んでいるところにあるのか、あるいは少し離れた電車で行かないとならないのか? そんな方のために、こちらから探せます。 都道府県や目的別で探すことができます。 参考になれば、嬉しく思います。 年金手帳を郵送する際に、かかる料金は? 一人暮らしをしている子供から、「年金手帳を送ってほしい」 そういわれる夫婦がいました。 封筒に入れて、郵便局から送ることになりますよね。 年金手帳を入れるのに、長形3号封筒が妥当かと思います。 普通郵便であれば、重さが約30gなので50g以内だから94円で送ることができます。 しかし普通郵便だと、何かトラブルがあったとき何も保証がないので危険です。 というのも、年金手帳ではありませんが以前私が友人に普通郵便で送ったことがあったのです。 そしたら紛失してしまったのか、届かなかったと連絡が入りました。 郵便局で聞いても「保証がないから、どうすることもできない」と言われました。 友人曰く、間違えて配達の人が他の家の郵便受けに入れたのだろうと。 よくある苗字だからと。 そして住所や名前を確認せず、開けてしまい友人宅に届けずそのまま。 憶測ではありますが、友人は田舎の方に住んでいてその地域ではそういうことがよくあるそうなのです。 年金手帳が、上記のようなことがあったら大変ですよね。 だからゆうパックセキュリティサービスや書留で送った方が良いかと考えます。 ゆうパックセキュリティサービスは、引き受けから配達までの過程が記録されます。 もし届かなかったら、差出人が申し出れば損害賠償額内で全額賠償してもらえます。 書留は、一般と簡易書留があります。 一般の方は、問い合わせ番号が貼られます。 これにより、配達状況が把握できるのです。 もし届かなかったりしたら、実損額を賠償してくれます。 簡易書留は、ほぼ一般書留に近いです。 ですが賠償額が、5万までと制限があるのです。 あと一般書留より、少し料金が安いです。 まとめ 1. 手数料は、かからない。 年金事務所の場所を、把握しておこう。 社会保険労務士事務所でも、無料で手続きができる。 年金手帳を郵送する際は、書留がゆうパックセキュリティサービス 市役所や行政センターなど、証明書など貰う時いくらかかかります。 だから年金事務所で、年金手帳を貰う時も多少かかるのかと思いました。 無料なのですね。 正直、驚きました。 無料で、手続きや申請ができるのは助かりますよね。 その他社会保険労務士事務所に至っては、相談から手続きまで無料でできるのです。 社会保険労務士事務所は資格を持った人が、個人でやっているところが多く感じます。 年金事務所より社会保険労務士事務所がもし自宅近くなどにあれば、そちらで相談や手続きしても良いのではと思います。 いくら無料とは言えども、何度も年金手帳は失くさないよう気を付けましょう。 自分の財産が記されている手帳です。 大事に保管して、必要の時すぐどこにあるか分かるようにしておいて下さいね。 sa0o4i8.

次の

年金手帳が紛失した再発行できる?場所は?代理人は大丈夫?

年金 手帳 再 発行 料金

年金手帳を失くしたことに気づいたら、再発行しますよね。 再発行するまでは、お分かりだと思います。 しかし料金は、どのくらいかかるでしょう? 中には、料金がかからないと思っている人もいると思います。 私事ですが、年金手帳ではないのですが行政センターにとある書類を取りに行きました。 予め調べてなかったのもよくなかったのですが、窓口に言われるまで料金がかかると知りませんでした。 その時初めて「書類の申請すると、料金がかかるんだ。 」と思いました。 いざその場で言われると、焦りますよね。 数百円だとは思いますが、書類によって値段が違うかもしれません。 そんな失敗がないためにも、年金手帳を再発行した時の料金を知ってほしいと思います。 年金手帳を再発行した時、手数料などの料金はかかるの? 年金手帳は、郵送などでなければ年金事務所で受け取ることになります。 そのとき市役所みたく証明書を取りに行ったときと同様に、いくらかかかるのだろうか? 再発行した時、手数料などかかりません。 必要書類を年金事務所の人に提出し、後は年金手帳を貰って終わりとなります。 料金はかからないので、安心して下さい。 年金手帳以外の事で、料金がかかることもある。 先ほど年金手帳を申請してもらうまで、料金はかからないと言いました。 確かにかかりません。 それ以外の事にかかります。 年金事務所に行く時、近場の人なら徒歩で行けます。 ですが、遠い人はどうしますか? 年金事務所に行く時間を予約してて、間に合わない。 そんな時、自分で車があり運転できるなら問題ありません。 しかしそうでなかったら、タクシー呼んで年金事務所まで行くことになると思います。 その他バス停が年金事務所の近くにあれば、バスで行くこともあると思います。 こういった、交通費がかかります。 ちなみにバスで行く場合は、行き・帰りと乗ると思われる時間をメモしておきましょう。 またはバス会社のHPをみると、乗る場所から行く場所を検索すると時間が出てきます。 それをメモあるいは、印刷して持っておくと便利だと思います。 社会保険労務士事務所は、手続きや相談も無料 年金事務所で年金手帳を申請してもらうまで、無料と先ほどお話ししました。 実は社会保険務士事務所では、相談や手続きが無料で受けれるそうです。 無料でやってくれるのは、嬉しいですね。 ただ地域により、もしかしたら無料でないことがあるかもしれません。 無料だと思ったのに、そうでなかったら損をしてしまいます。 もし出向くのであれば、無料で相談や手続きができるかを電話などで確かめることをお勧めします。 社会保険労務士事務所に行きたいけど、どこにあるのか分からない人がいると思います。 自分が住んでいるところにあるのか、あるいは少し離れた電車で行かないとならないのか? そんな方のために、こちらから探せます。 都道府県や目的別で探すことができます。 参考になれば、嬉しく思います。 年金手帳を郵送する際に、かかる料金は? 一人暮らしをしている子供から、「年金手帳を送ってほしい」 そういわれる夫婦がいました。 封筒に入れて、郵便局から送ることになりますよね。 年金手帳を入れるのに、長形3号封筒が妥当かと思います。 普通郵便であれば、重さが約30gなので50g以内だから94円で送ることができます。 しかし普通郵便だと、何かトラブルがあったとき何も保証がないので危険です。 というのも、年金手帳ではありませんが以前私が友人に普通郵便で送ったことがあったのです。 そしたら紛失してしまったのか、届かなかったと連絡が入りました。 郵便局で聞いても「保証がないから、どうすることもできない」と言われました。 友人曰く、間違えて配達の人が他の家の郵便受けに入れたのだろうと。 よくある苗字だからと。 そして住所や名前を確認せず、開けてしまい友人宅に届けずそのまま。 憶測ではありますが、友人は田舎の方に住んでいてその地域ではそういうことがよくあるそうなのです。 年金手帳が、上記のようなことがあったら大変ですよね。 だからゆうパックセキュリティサービスや書留で送った方が良いかと考えます。 ゆうパックセキュリティサービスは、引き受けから配達までの過程が記録されます。 もし届かなかったら、差出人が申し出れば損害賠償額内で全額賠償してもらえます。 書留は、一般と簡易書留があります。 一般の方は、問い合わせ番号が貼られます。 これにより、配達状況が把握できるのです。 もし届かなかったりしたら、実損額を賠償してくれます。 簡易書留は、ほぼ一般書留に近いです。 ですが賠償額が、5万までと制限があるのです。 あと一般書留より、少し料金が安いです。 まとめ 1. 手数料は、かからない。 年金事務所の場所を、把握しておこう。 社会保険労務士事務所でも、無料で手続きができる。 年金手帳を郵送する際は、書留がゆうパックセキュリティサービス 市役所や行政センターなど、証明書など貰う時いくらかかかります。 だから年金事務所で、年金手帳を貰う時も多少かかるのかと思いました。 無料なのですね。 正直、驚きました。 無料で、手続きや申請ができるのは助かりますよね。 その他社会保険労務士事務所に至っては、相談から手続きまで無料でできるのです。 社会保険労務士事務所は資格を持った人が、個人でやっているところが多く感じます。 年金事務所より社会保険労務士事務所がもし自宅近くなどにあれば、そちらで相談や手続きしても良いのではと思います。 いくら無料とは言えども、何度も年金手帳は失くさないよう気を付けましょう。 自分の財産が記されている手帳です。 大事に保管して、必要の時すぐどこにあるか分かるようにしておいて下さいね。 sa0o4i8.

次の