アイヌ 模様。 アイヌ文様とは?魔除の呪術だった?アイヌ民族の「刺繍」が紡ぐものを調査! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

アイヌ文様フリー素材【モレウ】

アイヌ 模様

もくじ• アイヌ文様(模様)の意味 この不思議な模様はアイヌ模様といってアイヌの衣装などに使われる模様だそうです。 — 切手コレクター nLiqdpKI2RDGIuY アイヌ文様(模様)とは、アイヌの人たちが 身にまとう衣服に描かれていることで有名な模様のことです。 マキリ (小刀) など生活用具、儀式用具まで様々な道具に模様が描かれています。 北海道アイヌのマキリ マキリが欲しくて北海道縦断した道産子時代の逸物 握り心地、切れ味共に文句ない上にかっこいい!! 桜の皮が巻いてあるのがワンポイント — しぶはる 驫麤) no0side8no0side 江戸時代後期に、最も古いアイヌ模様についての記録がありますが、 いつ頃からあったのかはわからないほど古いものだそうです。 そのルーツについては様々な説がありますが、北海道の縄文時代の土器の模様や、サハリンの民族の模様とも似ていますが、 発祥 は不明でです。 発祥は不明ですが、代々アイヌ模様は受け継がれてきました。 女性は小さい頃から針仕事で模様を母親から教わり、男性は日常用具へ模様を掘ったりしてきました。 好きな異性に対しては、女性から男性へは テクンベ(手甲)・ ホシ(きゃはん)を、男性から女性へは メノコマキリ(女性用小刀)をそれぞれ心を込めて作ってプレゼントしていたそうですが、それらにもアイヌ模様が描かれています。 うちは推し刀というか、北海道のマキリが昔から大好きで、博物館にあると必ず見るんだけど、所持しているこのメノコマキリはすごくお気に入り。 抜けないので在銘かは分かりません。 北海道の伝説の刀 イペタムやクトネシリカ とか実装来ないかな〜、と日々祈ってます。 北海道アイヌと樺太アイヌ、そして北海道内の各地域によっても微妙な違いがあるそうですが、「 魔よけ」の意味があるという説が有力ということです。 例えば、衣服でいうと、襟元やすそ、背中などから悪い霊が入り込まないようにというような考えで、蜘蛛の巣から取られたような網目模様がつけられたそうです。 また、模様の隙間からも魔物が入らないようにと オホヤンケと呼ばれる突起物も描きます。 しかし、特に意味がないという人も中にはいるようです。 スポンサーリンク 文様と模様、そして紋様との違いって何? こちらも気になりますよね。 広い意味で一般的に使う場合は「模様」とし、特定の分野では慣用にあわせて「文様」と「紋様」を使い分けています。 解説 美術・工芸における模様の様式をさすことばとしては、「文様」という慣用が確立しています。 また、織物、染め物などの模様を「紋様」と呼ぶことがあります。 こうした使い方を踏まえたうえで、放送では次のように使い分けているそうです。 模様[モヨー]・・・ 「文様」「紋様」を含む広い意味で一般的に使う。 文様[モンヨー]・・ 美術・工芸における模様の様式をさす場合は「文様」と してもよい。 紋様[モンヨー]・・ 特定の分野で慣用が固定している場合に限って使う。 <例>ちょうの羽の紋様、小紋の紋様 スポンサーリンク アイヌ模様ブランド 二風谷の関根真紀さんがデザインしたアイヌ模様が、ものすごくお洒落な服になりました。 ファッションブランド・ELNEST CREATIVE ACTIVITYディレクターであり俳優でもある井浦新さんプロデュース。 かっこいいなあ! — 寮美千子 ryomichico アイヌ文様(模様)を自社ブランドに取り入れているものをネットで調べましたが、好みが多種多様なため、ここでは楽天のページでご紹介します。 のイメージはつくのではないでしょうか? スポンサーリンク アイヌ文様(模様)のデザイン 菅官房長官の マスク😷に記されてるのは モレウ(渦巻)[morew]? モ(ゆっくり) レウ(まがる) 渦の文様には「力」「パワー」という意味があるという。 ぐるりと巻いている形状の中に、 秘めた力が?! 謎… アイウシ(棘)[ay usi? ] — 響🤡ヒビキHIBIKI 浜松痴女性感フェチ倶楽部👠 888HIBIKI アイヌの文様(模様)のデザインは不思議なデザインです。 エキゾチックとでもいえばいいのでしょうか?心のスイッチに触れられたような、、そんな気分にさせられます。 伝承された法則があるようで、複雑な形状をしながらも規則性が見え隠れしています。 トゲのような、渦巻きのような、または、植物が絡まったかのような、生命の営みのような形状。 模様の基本になってるのは、本当に「 トゲ」であり「 渦巻き」とのことです。 デザインが与える、蔓の絡まったような印象はそのままで、間違ってはいないようです。 形を作っているベースはTwitterにあるようにたったの3つです。 渦巻を表す「モレウ」、トゲを表す「アイウシ」、 そして、目を表す「シキ(シク)」。 それだけです。 それぞれの模様に意味があります。 モレウ(渦巻)[morew] モ(ゆっくり) レウ(まがる)。 渦の文様には「力」「パワー」という意味があるといわれています。 ぐるりと巻いている形状の中に、秘めた力があります。 アイウシ(棘)[ay usi? ] アイ(矢) ウシ(突く)。 棘の文様は「いばら・たんぼ」などの棘を意味、 ツンツンした棘を内包することで、外敵や病気などから身を守る「魔よけ」の思いが込められているそうです。 星のようにも見えることから、空の星のようにやさしく見守るの意味があるとのこと。 以上の通り、基本になっている模様は単純ですが、それだけに組み合わせは自由で、表現は無限大です。 商用可能なフリー素材は、探した中では、が良かったのでご参考までご紹介します。 模様づくりは、アイヌ文化の活用を監修している 一般社団法人阿寒アイヌコンサルン(釧路市阿寒町)が協力しています。 アイヌ文化を発信しつつ、マスクの需要の高まりに対応しようというものです。 値段は2枚2200円です。 ポリエステル生地にデニム風のプリントを施してあり、魔除けの意味を持つアイヌ模様、ブランドロゴを配置していて2種類そろえています。 日テレ7は3月、岡山県井原(いばら)市で生産される「 井原デニム」のジャケットやパンツにアイヌ模様を入れた商品を製造することを企画し、発売を開始しました。 布マスクは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が高まっており、日テレ7はアイヌコンサルンの監修を受け、4月中旬から販売を始めています。 同社の担当者は「 デザインがかっこいいと好評。 マスク不足の力になれれば」と話しています。 購入については、で可能です。 中々格好良いですよ。 スポンサーリンク まとめ アイヌ文様(模様)の意味・ブランドやデザイン・アイヌ模様のマスクについて調べてみたというテーマでまとめてきました。 如何でしたでしょうか? アイヌ文)の意味は「 魔よけ」なので、いろいろなとこで活用できますね。 文化伝承という意味でも大切にしたいですが、デザインが今でも新しく感じて格好良いとか、お洒落とかいったコメントも多く調べている中でありました。 素晴らしい文化を後世に残していく一つの手段としてマスクの販売も良いアイデアですね。

次の

アイヌアート~貝澤珠美の世界~

アイヌ 模様

アイヌ文様の入った手作りの布マスクが北海道登別市役所の売店で売り出され、すぐに品切れとなる状態が続いている。 ししゅうの文様には「病気を体に入れない」という魔よけの願いを込めた。 マスク不足に加え、レアなお守りとして評判を呼んでいる。 市役所1階の売店に16日朝、1枚550円(税込み)で20枚を並べると10分ほどで売り切れた。 翌日からも入荷した10枚ほどがすぐになくなった。 「入荷前に来た人に整理券を配っています」と同店。 作っているのは登別アシリの会(芳賀美津枝代表)の会員7人。 先月初め、登別市議の一人から依頼されて作製したところ、口コミで評判となった。 マスク不足で困っている人の役に立てば、と販売を始めた。 マスクはシーチング生地とさらしの2種類。 アイヌ文様は10種類。 伝統のモレウ(渦巻き)やアイウシ(とげ)などを組み合わせている。 赤や緑、オレンジなど次々と色が変わるグラデーションと呼ばれる糸を使用。 輪をつなげた鎖のようなチェーンステッチで仕上げている。 芳賀代表によると、文様のとがった部分の角は病気を体に入れない魔よけ、一筆書きのように一本の糸での縫い取りは安全に家族が帰ってくるように、との思いが込められているという。 すべて手作りで1枚をししゅうするのに約1時間かかる。 ミシンで仕上げ、1日に1人がマスク3枚作るのがやっと。 日産20枚ほどのペースだ。 同会の直売も含め3日間で計約….

次の

美しいアイヌ文様からうかがえる、アイヌの文化や様々な思い

アイヌ 模様

今アイヌ文化が非常に注目されています。 北海道では「イランカラプテキャンペーン」と称して、アイヌ語やアイヌ文化の普及啓発活動を行い、この流れは着実に本州にも届きつつあります。 また、2020年には「民族共生象徴空間」として北海道白老町に「国立アイヌ民族博物館・国立民族共生公園」も誕生します。 アイヌ民族や彼らの伝統文化に興味を持つ人がどんどん増えてきているのです。 今回は、関東を中心としてアイヌ文化の伝承に携わっている 宇佐照代さんの作品を通して、アイヌ芸術の一つであるアイヌ刺繍の魅力についてご紹介します。 出身地の釧路地方に伝わる伝統衣装「 チヂリ」に身を包む宇佐照代さん アイヌ文様は魔除けの呪術だった? アイヌ民族は、 アイヌモシリ(北海道・樺太・千島列島など)と呼ばれる北の大地に一万年以上に渡って暮らし、独特の文化を築いてきた先住民族です。 アイヌ文化と聞いて、まず「アイヌ文様」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。 懐かしいようでもあり、新鮮な気もする、特別な魅力を持ったアイヌ文様。 その起源や意味について、詳しいことはまだ研究途上にありますが、 文様には魔除けの呪力があると信じられていたことはわかっています。 アイヌの子供たちは幼い頃から文様を描く練習をし、大きくなると男性は彫刻、女性は刺繍の技術を磨いて生活のあらゆるものにアイヌの伝統文様を施しました。 女性が担ったアイヌ刺繍は、 アミップ(衣服)、 マタンプシ(額飾帯)、 テクンペ(手甲)、 コンチ(頭巾)、 ホシ(脚絆)など衣類や装身具に施されることが多かったようです。 テクンペ(左)とホシ(右)(どちらも宇佐さんの作品)元々は日常生活で身に着ける作業用。 何が起こるかわからない大自然の中で生活を営んだアイヌは、文様の呪術力によって悪しきものを寄せ付けまいとしました。 マタンプシ(宇佐さん所蔵)刺繍装飾入りのマタンプシはかつては男性用で、髪が作業の邪魔にならないように縛るためのものでした。 女性はチェパヌプという黒い布を巻いていましたが、近世になって、女性も文様入りのマタンプシを着用するようになりました。 木綿の普及により花開いた刺繍技術 伝統的に、アイヌの衣装は動物の毛皮を利用した 獣皮や、魚の皮をつなぎ合わせた 魚皮、鳥の羽毛を用いた 鳥皮、そして植物を利用した 靭皮で織られていました。 しかし江戸時代後半、民衆の間にも木綿が普及するようになると、アイヌ民族の間でも木綿で着物が作られるようになります。 木綿布はアイヌ語で センカキ。 獣や魚の皮に比べて加工しやすい木綿布に出会うことで、刺繍技術の可能性はぐんと広がることになります。 アイヌ伝統の「木綿衣」に見られる三種類の刺繍 1.ルウンペ 「ル」はアイヌ語で「道」。 帯状にした布を折ったり曲げたりして、道を作るように文様を描いていきます。 木綿に限らず絹やメリンスなどの布を張り合わせ、刺繍もふんだんに施されてとても華やか。 手が込んでいて豪華なルウンペは、儀式などで主に晴着として着用されました。 ルウンペ(宇佐さんの作品) 2.カパラミプ 帯状にした布ではなく、大判の白い布を文様の形に切り抜き、木綿布に張り付けます。 布が豊富に手に入るようになった明治時代頃から作られるようになったといいます。 こちらも晴着。 カパラミプ(宇佐さんの作品) 3.チヂリ 布を張り合わさず、木綿布に直接刺繍を施したもの。 チヂリ(宇佐さんの作品) 左右対称のアイヌ文様は、布を半分に折り、糸で目印をつけることで作られていきます。 これは定規やコンパスがない時代、木の内皮の繊維で作られるアイヌの伝統衣装・ 靭皮衣(じんぴい)で培われた技術です。 この技術は材料が木綿に変わっても継承され、現代でも基本原則となっています。 一針に込められた静かなる祈り 刺繍の技術は、伝統的には母から娘へと受け継がれていく女性の仕事だったといいます。 アイヌの男性は年頃になると、自ら文様を刻んだ マキリ(小刀)を持って女性にプロポーズします。 そして女性は、自ら刺繍を施した テクンペ(手甲)を愛しい男性に贈るのです。 冬の間、女性は家族や恋人に危険が及ばないよう、一針一針に祈りを込めて手を進めました。 刺繍に要する集中力は並大抵のものではなく、一日何時間もできるものではない、と宇佐さんは言います。 アイヌ文様の「呪力」とは、魂宿る一針にこそあるのかもしれません。 テクンペ(宇佐さんの作品) アイヌ文様が奏でるカムイの物語 刺繍に見られる美しい模様は モレウ(渦巻紋) アイウシ(棘紋) シク(目紋)などの基本モチーフを組み合わせて構成されます。 それぞれの文様が具体的に何を表すのかについては議論が残りますが、一般的には自然事象の抽象化だとされています。 水の波紋や、炎、風のうねりなどです。 アイヌ文化では、森羅万象に カムイ(神)が宿るとされています。 大自然の営みの中に自らを組み込むようにして生きてきたアイヌ民族は、自然事象の変化や、自然が持つ人智を超えた力に非常に敏感でした。 文字を持たなかったアイヌ民族は、口承文学や、歌、踊り、刺繍や彫刻などの手仕事によってカムイとアイヌ(アイヌ語で「人」の意味)の世界の関わりを表現してきたのです。 文様にみる古い魂の記憶 渦巻文様のモチーフは、世界中さまざまな文化で見られる文様でもあります。 身近なところでは、日本の巴紋、雷紋、唐草紋、あるいは縄文土器にも渦巻文様のモチーフは多く出てきます。 また、アイヌ文化では、タラの木やハナマシなど棘のある植物には呪術性があると考えられていました。 日本文化ではヒイラギやサカキが神聖な木とされますが、これも古くから、植物の鋭い棘に霊力が宿ると信じられていたからです。 アイヌ文様に懐かしさを感じるのは、こうした古い古い魂の記憶が呼び覚まされるからなのかもしれません。 文様(一例)(宇佐さんの作品「カパラミプ」) カムイからの贈り物だから、大切に使う 伝統的なアイヌ民族の衣装は、獣皮衣や魚皮衣、靭皮衣など、大自然と共に生きてきた民族ならではの素材からできています。 糸には動物の背腱やアキレス腱、またイラクサの繊維を用い、針は大陸や本州との交易で入手したものを大事に使っていたといいます。 アイヌにとって自然の恵みは、カムイからの贈り物。 決して無駄にしてはいけない神聖なものとして、あますことなく大切に使いました。 また、モノを大切にするという考え方は、交易で手に入れる木綿が主な材料になっても受け継がれます。 直線裁ちの布を張り合わせて文様を作っていく技術や、継ぎ接ぎの多い衣装は、少しでも布を無駄にしないようにという知恵が生み出したものです。 裏地も美しいアイヌの刺繍 アイヌ刺繍の特徴の一つに、裏地の美しさが挙げられます。 刺繍の終わりに玉結びをせず、布の中に織り込んでいくので糸の終わりがどこにあるのかわかりません。 そのため裏を返してみると、表とはまた違う、刺し子のような魅力が現れます。 ここでも、 「 全ての布や糸を粗末にしない」という考え方が表れているようです。 カパラミプの裏面(宇佐さんの作品) アイヌの伝統的な知恵を現代に活かすために 取材にご協力いただいた宇佐さんは釧路出身で、10歳の時から東京に在住。 現在は関東に住むアイヌとして、日本国内はもちろん、台湾、韓国など世界を駆け巡りながらアイヌ文化を伝える活動をされています。 宇佐さんが刺繍技術を学ぶきっかけを作ってくれたのは、アイヌの活動家だったおばあさんでした。 おばあさんのそばで育った宇佐さんは、自然と ウポポ(アイヌ歌舞)をはじめとするアイヌ文化を身近に感じながら大人になったといいます。 宇佐さんが祖母から受け継いだ樺太アイヌのアミップ 「祖母が亡くなる直前のことですが、はじめて昔の事やアイヌ文化についての知識をいろいろと教えてくれました。 民族の誇りを持って生きてほしいって言われたんです。 それからですね、一生懸命いろんなこと勉強しはじめたのは。 刺繍をはじめたのもその頃です。 強く関心を持って、今も学び続けています」 宇佐さんの活動内容は刺繍のみならず、講演会、 ウポポ(アイヌ歌舞)の披露、 ムックリ(口琴)の演奏、アイヌ語によるアニメーション映画の声優、アイヌ語教室、そして編物教室まで、ジャンルを問わず多岐にわたります。 宇佐さんの刺繍作品には、伝統的な着物やテクンペなどに限らず、小物やバッグなど、日常生活で使用できるものがたくさんあります。 刺繍教室を開催する時も、コースターや巾着など、持ち帰ってすぐに使えるものにしているのだとか。 宇佐さんの刺繍作品(お姉さんと妹さんの作品も混在)ティッシュケース、小物入れ、バッグなど日常生活に活かせるものばかり! 「 いくら高度な技術を持っていても、気持ちがこもっていない刺繍はわかってしまいます。 へたっぴでも、魂のこもった一針で作られた作品が本物の刺繍なんです」 動物や草木の命、生活に使う道具までも、カムイの贈り物と考え、誠心誠意心を込めておつきあいする。 アイヌの知恵や世界観の表れである伝統文化には、現代人が学ぶべきことがまだまだたくさんあります。

次の