山本寛 らきすた。 ヤマカンこと山本寛「オタクのためにアニメを作っていたのにオタクに叩かれまくるんで、オタクは犯罪者だと思うことにした」

ヤマカンこと山本寛「オタクのためにアニメを作っていたのにオタクに叩かれまくるんで、オタクは犯罪者だと思うことにした」

山本寛 らきすた

photo• 芸能 元乃木坂伊藤かりん「スピードに驚き」藤井棋聖祝福 []• 芸能 [7月17日 7:00]• 芸能 [7月17日 6:56]• 芸能 [7月17日 6:56]• 芸能 [7月17日 6:00]• シネマ [7月17日 5:23]• シネマ [7月17日 5:00]• 芸能 [7月17日 5:00]• 坂道 [7月17日 4:00]• 坂道 [7月17日 4:00]• 芸能 [7月17日 0:00]• AKB48 AKB柏木由紀、29歳の誕生日に配信限定ソロ公演 []• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• ジャニーズ V6井ノ原主演「特捜9」9話も好調12・7% []• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月16日 5:01]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ジャニーズ [7月11日 9:47]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 「映画泥棒」6年ぶり新CMはハリウッド級? []• シネマ [7月17日 5:23]• シネマ [7月17日 5:00]• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• シネマ [7月14日 15:30]• シネマ [7月13日 9:04]• シネマ [7月12日 21:11]• ドラマ 杉咲花、おちょやんクランクイン「現場にいる幸せ」 []• ドラマ [7月16日 15:33]• ドラマ [7月16日 13:47]• ドラマ [7月16日 12:28]• ドラマ [7月16日 10:25]• ドラマ [7月16日 10:06]• ドラマ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]•

次の

山本寛とは (ヤマモトユタカとは) [単語記事]

山本寛 らきすた

という強烈な一言と共に四話でのクビを通達、五話以降は武本康弘監督の下で制作されると発表した。 アニメ業界人としてのヤマカンを最初に世に知らしめた有名な事件。 しかし蓋を開けてみると出てきたのは全く評価しようのない駄作中の駄作で クソアニメとして観賞してみんなで愚痴り合うことすらできないほど中身の全くない、 なんでこんなものが覇権などと言われていたのか理解不能なSFもどきアニメだった。 当時は円盤売上全盛期だったにも関わらず第一巻DVDの売上は初週883枚という大惨敗、 名作揃いのノイタミナ枠で放映されたのに視聴率を全く稼げず、あまりの酷さにノイタミナ枠を打ちきり寸前にまで追い込む事態を作り上げた。 なのでヤマカンも大口叩いた以上これで引退するかと思われたが、知っての通りヤマカンなので 「アホどもが引退引退うるさいので引退撤回しまーす」などと意味不明な供述とともに引退を撤回しそのまま業界に居座った。 (WUG)とはavexが全国オーディションを開催して結成した七人の新人声優ユニットで、 発掘から育成まですべてavexの肝いりで行われ、彼女たちのユニット名を冠した オリジナルアニメでデビューさせるという相当に力の入ったプロジェクトとして発足した。 抜擢された理由は今もって不明だがヤマカンなのでアニメはそれはもう酷い出来で、 コミケで頒布予定だった0話を落とすわ、TV版に先駆けて公開するはずの劇場版を落としかけてTV版放映と同時公開になるわ、 キャラはずっと正面を向いているわ、脚本も御都合主義以前の意味不明な出来だわ、歌もライブも全くやらないわで、 当時鉄板だったアイドルアニメなのに全く話題にすらならず、某有名漫画家に 「アイマスとラブライブのランクが自動的にひとつ上がった」とまで酷評される悲惨な結果に終わった。 この後声優ユニットとしてのWUGは、ヤマカンのせいでスタートダッシュに失敗しながらも地道な活動で人気を得て、 またアニメもヤマカンを追放して板垣伸を監督にして「Wake Up, Girls! 新章」が制作されてそこそこ評判となり、 そして19年3月のさいたまスーパーアリーナの満員ライブを最後に惜しまれながら解散した。 一方ヤマカンはというとガールズからは徹底的に嫌われてたようで、TVアニメの放映前には他のスタッフに寄せ書きが贈られていたのに 監督であるはずのヤマカンはガン無視という異常事態を披露、 先日のファイナルライブではかつての主要スタッフでただ一人招待されずつべの生配信で発狂してガールズの悪口を言いまくっていた。 そういうとこやぞ。 これで宮崎駿みたいに桁違いの売上を稼げるなら話は別なのだが、ヤマカン作品はどれもこれも駄作ばかりで フラクタル以降お世辞にも商業的に成功したと言えるものは全くない。 なので関係者やアニメファンは皆、無能な上に働いてないヤマカンがどうやって生活しているのか疑問に思っていたが、 その疑問はある日ふたばちゃんねるに投下された「大阪のこの会社を調べてごらん」という情報で一気に氷解する。 その会社はヤマカンの実家で、登記簿には取締役としてヤマカンの名前が連ねてあったのだ。 同姓同名の別人かとも思われたが、登記簿に載っていた住所がかつてウルトラスーパーピクチャーズの登記簿に載っていた住所と同じで 紛れもない同一人物ということが確定。 ヤマカンにいちゃもんつけられてボコボコにして撃退した有名人、以下代表例。 ・小池一夫(子連れ狼などの原作者、超大御所) ・及川眠子(残酷な天使のテーゼなど、超大物作詞家) ・平野耕太(ドリフターズなど、超大物漫画家) ・黒川文雄(バーチャファイターを作ったプロデューサー) ・かば吉(本名浦谷千恵、レジェンドアニメーター) ・大破コナミ(本名鈴木俊二、レジェンドアニメーター) これはあくまで代表例です。 もっと知名度の低い人間や無名の一般人に絡む(そしてボコられて逃げる)ことも当たり前にありました。 これも検索すれば当たり前に出て来ることでしたが、ヤマカンのTwitterが凍結された今では togetterなどの記録に残っている有名人のやりとりぐらいしか当たることができません。 嗤えるネタだったのに残念です。 その記事の制作姿勢は色々問題点があるがそこは今は置いておいて、 サイトの性質上ヤマカンが起こした問題についての記事を投下することもしばしばあった。 それが気に入らなかったのかヤマカン、弁護士を使ってやらおん管理者の個人情報を抜き、 モザイクつきの調査書を当時まだ凍結されてなかったツイッターに上げて「黙らないと個人情報全部バラすよ?」という暴挙に及んだ。 ヤマカンの人間性を疑う卑劣にも程がある手段により、やらおんはこの後ヤマカンを記事で扱うことは殆どなくなったのだが、 しかしこの話にはまだ続きがある。 ヤマカンがやらおんを黙らせた一連の流れは当然バズられて色んな方面に拡散され、 「こいつに関わったら個人情報さらされる」とやらおん以外のどのまとめブログもヤマカンを扱うことを止めてしまい、 その結果、この事件以降ネットでのヤマカンの知名度は極端に下降、 無能なくせに注目されるのが大好き(注目の理由は問わない)なワガママ小僧ヤマカンはしばらくしてようやく事態の重大さに気付き、 まとめブログに対して記事にしていいですよなどと偉そうに持ちかけるも当然無視されてしまう。 これがきっかけでツイッターでの暴言癖が加速し、最終的には凍結という結末に終わったのはさっき説明した通り。 「なぜ?何のためにそんな事を書いた?」 そこで有志が過去数年分の写真を検証したところ、以下のような分析がなされた ・ ・ ・ ・ Wikipediaが編集されるまで、ヤマカンの身長に興味を持つ人間など誰もいなかった 役者でもアイドルでもなくアニメ制作者なのだから、デカかろうと小さかろうと 本来そんなことはどうでもいいのだから。

次の

山本寛 ニュース

山本寛 らきすた

大騒動必至! まったーーり、ゆるーーりな、リアルな日常芝居。 「泉こなた」と「柊かがみ」のコンビが業界をかきまわす! おたくな女の子「泉こなた」、のボケに突っ込む普通の女の子、「柊かがみ」を中心とした、 ゆるゆるーーーな、何でもない女子高生の日常を、面白おかしく描く、4コマ漫画を元にした斬新な作品。 「あ、それよくあるよねーー」と言った、共感できる出来事を素直に描いた生活芝居。 おたくな女の子・泉こなたのボケに突っ込む柊かがみを中心に、何気ない女子高生の日常を4コマ漫画風に描く。 第1話と第2話を収録。 他愛ない内容ですが、まったりした気分になれます。 イジメもないし、受験地獄もない。 引きこもりもニートもDVも、変なファンタジー成分もゼロ。 主人公はオタクですが、みんなに受け入れられている。 現実に疲れたら、オススメのアニメです。 「オタク」ってどんなの?って疑問も解決です。 おまけが付いていても、こればっかりは。 せっかく売れたんだから、全巻出たら、デジパックで廉価版出して欲しい。 いろいろ言う人もいるけれど、いいアニメです。 21世紀初頭の若者文化を記録に残す、てな点でも有意義です。 内容は好きなんです本当に・・・・・ 声優がドラマCDやゲームと違って違和感を感じましたが、2話目ぐらいからはそんなに違和感を感じなくなりました。 ただ、原作好きとして許せないのが、通常版を原作者の絵を使ったパッケージにするという事と、2話入りで6000円以上という高価格 大体のこういう作品欲しい人は限定版を買うのですよ・・・・・ 毎月6000円の出費は痛いです。 それも原作者の絵が好きな人は通常版も買えと言いたいのでしょうか? アニメの内容には星5つ付けたいのですが、商売っ気を出しすぎなこの商品に原点2です。 とりあえず限定版が気になるので、1巻を様子見で買って、続巻は限定版の内容が良ければ買いたいと思います。

次の