さよなら ハイ に なっ た ふり し たって。 King Gnu 傘 歌詞&動画視聴

King Gnu 傘 歌詞

さよなら ハイ に なっ た ふり し たって

King Gnu 新曲『傘』 King Gnuの新曲『傘』が発表されました。 前作の『飛行艇』の発表から2か月も経っていないことも驚きだけど、さらに驚くべきことにまたしても名曲。 至高の1曲。 『傘』を聴いて感じたことは、恋愛で自分が思い描いていたような関係にはなれなかった人のリアルな日常。 ポップなラブソングだったら、失恋したことの深い悲しみだったり、パートナーに対する未練だったり、あるいは新しい恋に向けて立ち直ろうとする心情が詩になっているように感じるけれど、『傘』に感じるのは失意の中にいようが、なにが起ころうがやってくる日常。 残酷なまでの日常。 『傘』で歌われている世界は、繰り返して見ると胸焼けを起こすような救いのないもののように見えるけれど、メロディーと一緒に聴くと何回も何十回も聴きたくなる様な曲になっているのがking gnuのすごいところ。 気づいたら口ずさんじゃう中毒性。 ヅ ウェウェ チャッツチャチャチャ そんなking gnuの『傘』の歌詞について自分の感じたことや解釈について書いていきたいと思います。 Aメロ 3回目のアラームで ようやく起き上がれそうな朝 眠い目を擦りながら 顔洗って コーヒーを流し込め 恋人と思い描いていた様な関係にはなれなかった絶望。 そんなことお構いなくやってくる朝。 アラームが3回鳴って体は起き上がっても、頭は目覚めちゃいない。 コーヒーを「流し込む」のではなくて、「流し込め」。 自分で自分に命令してようやく目覚める朝。 絶望が服着て歩く。 Bメロ 運命なんてハナから 信じきれやしないよな 深読みのし過ぎばかりじゃ 満たされやしなくて もっと話したいんだ もっと近づきたいんだ 遠くで眺めていたくは無いよな どんな時だって ここはちょっと視点が違くて、恋人との関係性にまだ希望を抱いていた頃。 絶望する前。 勝手な深読みで不安は募るし、満たされない。 でもそんな時でも、もっと話したいし、もっと近づきたいと思っている。 気づけば恋人との間には曇りガラス。 いっそ壁が出来ていれば、相手のことは見えないのに、残酷にもそこにあるのは相手の輪郭だけを捉えることができる曇りガラス。 そして恋人には自分の声はもう届かない。 自分にできることは、そういう運命だと受け入れることだけ。 心の中は土砂降り。 あるのは絶望。 Aメロ ガラス片を避けながら 直行直帰 寝落ちる毎日さ 満員電車に息を潜め 鳴り響いたベルが発車の合図さ それでも続く日常の中で、すれ違う人達の中に見えるのはガラス片。 一見綺麗に映って見えるけど、いざ触ろうもんならケガをする。 これから誰かと新しい関係を築くことなんて出来ないんじゃないかと思えてくる。 そんな毎日の繰り返し。 自分を動かしているのは自分ではなくて、無機質に鳴り響く発車のベル。 Bメロ つないだ手確かめた 確かに僕らここに居たのさ 寄せては返す波の中を 必死に立っていたんだ ゴールなんかありはしないよな ただのレースとは違うよな 巷で流れるラブソングのようにはいかないね そんなクソみたいな世界でも確かに僕らはいたはずだけど、手を繋いでいたはずだけど、よく聴くラブソングのようには人生は流れていかない。 ましてやゴールなんて見えないし、終わりはない。 Cメロ 結局は愛がどうとかわからないよ未だに そう言い放った自分の頼りない背中を見た いくら日常を繰り返しても、どうすることが正しかったのかなんて分かりゃしない。 ただ1つ分かったことといえば、今の自分の背中はひどく頼りないということだけ。 それからKing Gnuで雨といえば、隠れた名曲、聴く映画こと『サマーレイン・ダイバー』も最高だから聴いてみてください。 tapiocajuice.

次の

土砂降りばかりの毎日も悪くないよ、King Gnu「傘」[しゅかしゅんYUNA Urock! 第45回]

さよなら ハイ に なっ た ふり し たって

U rock! 45回目になりました。 6月に入って早くも2020年の折り返しに向かっていますね。 お風呂上がりの扇風機は欠かせないのに、リビングのコタツはしまえないし、相変わらず羽毛布団にくるまって寝ている違和感だらけの部屋に住んでいます。 自分の心情によって表情を変えてくる雨は、歌詞になるとどのような化学反応を起こすのだろう。 今月は『雨』というテーマでいきましょう。 今週は King Gnuさんの「傘」を選曲しました。 King Gnu「傘」 King Gnuさんの曲を初めて聴いたのは、確か2年前の夏頃。 その時に初めて曲を耳にして興味を持ったんですが、なぜかイベント当日は観る事を諦めてしまいまして。 その時の自分の選択に、とても後悔しています(笑)。 今となっては紅白歌合戦に出演されたり、ラジオなんかでも沢山の方に声を届けてらっしゃる芸術そのもののような方々ですが、King Gnuさんの曲の中でもこの曲はとても好きな曲で。 イントロのミクスチャー感あふれるサウンドと、雨が表情や強弱を変えるように曲の節々にもそれを感じるところがタイプなんです。 MVでも雨が描かれていたりするわけですが、『雨』というテーマの1発目ながら、いわゆる天候によって空から降る『雨』は、この曲の歌詞には出てこないんです。 あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? 私のことすら見えていないあなたと、もう1度出会える可能性なんてどう考えても低いでしょう。 気のある人に振り向いてもらうだけでも運は味方についてくれないのに。 不安どころか、希望もだいぶ薄くなってしまうはずですよ。 そうやって、どうにか自分で解決しようとも目先のものに囚われすぎてしまった時、運命に身を委ねるという事があると思います。 それは自分への負担減少でもあり、優しさでもあります。 しかし、運命任せにしているという事は、まだどこか可能性を感じているんじゃないですかね。 まつ毛は伸びるしお腹だって空きますよ。 傘を差しかけてくれるような人が現れる運命を信じたっていいじゃない。 土砂降りばかりの毎日も悪くない。 誰かに会いに行く予定すらあれば、飛び起きることが出来るだろうに、それすらも。 無駄に早い時間にアラームを設定してみた昨晩の自分を憎む時、あります。 どうせ何も予定がないんだからさ。 なのに1分毎にアラームを設定したせいで、2度寝3度寝どころでは済まない回数目が覚める。 夢ではあなたに会えることがあるのにね。 あんなにいい人だったのに、、、なんで優しい人ばかりが??? なんていう現実があるとして。 それはその人の運命なんだよ。 なんて言っている人はよくわからない。 運命という言葉だけがポンっとのっけられているだけで、現実なんていくらでも変えられると思ってます、、、。 そうは言っても占いはめちゃくちゃ信じるタイプなのですが。 これはまた違うものなんですかね。 これは男女共にある感情だとは思うんですが、遠くで見つめていたいという感情は男性もあるのでしょうか? あまり異性の事はわからないのですが、女性目線だと(私的目線かもしれませんが)、遠くで見つめるというか、振り向いてくれるまで、とどまっておきたい時もあったりします。 その時の気持ちの揺れを確かめるというか。 試すような事はしたくないけれど、遠くで眺めていたい時もあるというのは女性ならではなんですかね。 この違い面白いです。 ---------------- さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? 運命に託していた希望ももう尽き果ててしまったような語尾がとても切ないですよね。 背景には雨が見えるし、自然と雨の音も聞こえてきます。 そういった、ブルーな気持ちから守ってくれるのが傘という事は、希望のようなものなんでしょう。 希望も持たずに外に出ているならば、あなたなんてとうてい見えるはずもないですし。 だけど逆も然り、希望を持てば土砂降りにはならない。 運命を味方につける。 それを強く教えてくれているような気がします。 どうでしたでしょうか。 天気予報に雨マークが多くなるのもそろそろですかね。 家を出る時は、雨を防ぐ傘だけでなく、自分を守ってあげる傘もお忘れなく。 ではまた。 You rock!!

次の

さよなら ハイ に なっ た ふり し たって

U rock! 45回目になりました。 6月に入って早くも2020年の折り返しに向かっていますね。 お風呂上がりの扇風機は欠かせないのに、リビングのコタツはしまえないし、相変わらず羽毛布団にくるまって寝ている違和感だらけの部屋に住んでいます。 自分の心情によって表情を変えてくる雨は、歌詞になるとどのような化学反応を起こすのだろう。 今月は『雨』というテーマでいきましょう。 今週は King Gnuさんの「傘」を選曲しました。 King Gnu「傘」 King Gnuさんの曲を初めて聴いたのは、確か2年前の夏頃。 その時に初めて曲を耳にして興味を持ったんですが、なぜかイベント当日は観る事を諦めてしまいまして。 その時の自分の選択に、とても後悔しています(笑)。 今となっては紅白歌合戦に出演されたり、ラジオなんかでも沢山の方に声を届けてらっしゃる芸術そのもののような方々ですが、King Gnuさんの曲の中でもこの曲はとても好きな曲で。 イントロのミクスチャー感あふれるサウンドと、雨が表情や強弱を変えるように曲の節々にもそれを感じるところがタイプなんです。 MVでも雨が描かれていたりするわけですが、『雨』というテーマの1発目ながら、いわゆる天候によって空から降る『雨』は、この曲の歌詞には出てこないんです。 あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? 私のことすら見えていないあなたと、もう1度出会える可能性なんてどう考えても低いでしょう。 気のある人に振り向いてもらうだけでも運は味方についてくれないのに。 不安どころか、希望もだいぶ薄くなってしまうはずですよ。 そうやって、どうにか自分で解決しようとも目先のものに囚われすぎてしまった時、運命に身を委ねるという事があると思います。 それは自分への負担減少でもあり、優しさでもあります。 しかし、運命任せにしているという事は、まだどこか可能性を感じているんじゃないですかね。 まつ毛は伸びるしお腹だって空きますよ。 傘を差しかけてくれるような人が現れる運命を信じたっていいじゃない。 土砂降りばかりの毎日も悪くない。 誰かに会いに行く予定すらあれば、飛び起きることが出来るだろうに、それすらも。 無駄に早い時間にアラームを設定してみた昨晩の自分を憎む時、あります。 どうせ何も予定がないんだからさ。 なのに1分毎にアラームを設定したせいで、2度寝3度寝どころでは済まない回数目が覚める。 夢ではあなたに会えることがあるのにね。 あんなにいい人だったのに、、、なんで優しい人ばかりが??? なんていう現実があるとして。 それはその人の運命なんだよ。 なんて言っている人はよくわからない。 運命という言葉だけがポンっとのっけられているだけで、現実なんていくらでも変えられると思ってます、、、。 そうは言っても占いはめちゃくちゃ信じるタイプなのですが。 これはまた違うものなんですかね。 これは男女共にある感情だとは思うんですが、遠くで見つめていたいという感情は男性もあるのでしょうか? あまり異性の事はわからないのですが、女性目線だと(私的目線かもしれませんが)、遠くで見つめるというか、振り向いてくれるまで、とどまっておきたい時もあったりします。 その時の気持ちの揺れを確かめるというか。 試すような事はしたくないけれど、遠くで眺めていたい時もあるというのは女性ならではなんですかね。 この違い面白いです。 ---------------- さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? 運命に託していた希望ももう尽き果ててしまったような語尾がとても切ないですよね。 背景には雨が見えるし、自然と雨の音も聞こえてきます。 そういった、ブルーな気持ちから守ってくれるのが傘という事は、希望のようなものなんでしょう。 希望も持たずに外に出ているならば、あなたなんてとうてい見えるはずもないですし。 だけど逆も然り、希望を持てば土砂降りにはならない。 運命を味方につける。 それを強く教えてくれているような気がします。 どうでしたでしょうか。 天気予報に雨マークが多くなるのもそろそろですかね。 家を出る時は、雨を防ぐ傘だけでなく、自分を守ってあげる傘もお忘れなく。 ではまた。 You rock!!

次の