首 しこり。 ”首のしこり”とは、場所、病気について。”首のしこり”は怖い?怖い”首のしこり”の見分け方。

首のしこりが気になる!動くと痛みが!首にできるしこりの種類と原因を徹底解説

首 しこり

首のしこり 山﨑 洋大 (耳鼻咽喉科やまざきクリニック) 首にしこり(腫瘤)がある場合、何科を受診すればよいのか分からなかったという言葉をよく耳にします。 実は首の腫れやしこりは耳鼻咽喉科の領域です。 首のしこりの多くはリンパ節の腫れであり、その他の原因として唾液腺や甲状腺の腫れ、先天的な嚢胞のこともあります。 多くは口やのどの癌の転移やリンパ節の悪性腫瘍です。 顎の下の唾液腺(顎下腺)、耳の下の唾液腺(耳下腺)の腫れは、唾液の成分でできた結石が詰まったり、腫瘍ができたりして腫れることがあります。 首の中央の腫れは甲状腺のことがあります。 多くは甲状腺腫で良性のものですが、時折悪性のものが混在しています。 嚢胞は腫瘤の内部が液体で満たされているもので、通常は無害で特に治療の必要はありません。 首の嚢胞の一部は先天的なもので、胎児期より存在しているものもあります。 代表的なものには正中頸嚢胞、側頸嚢胞があります。 首のしこりで非常に硬く、動きの悪いしこり、新しくできたもの、徐々に大きくなるもの、高齢者で見られるものは注意が必要です。 いずれのしこりでも、数日以上続いている場合は最寄りの耳鼻咽喉科に受診し、診察を受けましょう。 かぜやのどの痛みなど明らかな感染源がある場合は、すぐに検査が必要になることは稀ですが、悪性が疑われた場合は、病院の耳鼻咽喉科・頭頸部外科において画像検査や生体検査を行う必要があります。 (2018. 25).

次の

首のしこりはどう対処する?~首の粉瘤の治療法と対処法を徹底解説~

首 しこり

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

首コリをほぐす裏ワザ!やさしく「胸鎖乳突筋」をほぐすべし

首 しこり

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の