知らなくていいコト 動画 5話。 知らなくていいコト|10話動画の見逃し配信や再放送を無料で見る方法!【吉高由里子主演ドラマ】

知らなくていいコト6話あらすじとネタバレや見逃動画無料視聴!pandora、Dailymotionは?

知らなくていいコト 動画 5話

ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。 しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。 そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。 尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。 翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。 その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!! (引用: 公式サイト) [ 第2話 ]まさか私があの殺人犯の娘だったなんて…!? 1月15日放送分 母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。 見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!? (引用: 公式サイト) [ 第3話 ]『殺人犯の父と対面! 』 ケイトは自分の真実に立ち向かう! 1月22日 放送分 殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。 春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。 (引用: 公式サイト) [ 第4話 ]尾高が衝撃告白! 父の殺人事件の意外な事実とはー? 1月29日 放送分 正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。 しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。 予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。 早速黒川くろかわ(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。 一方、編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。 岩谷は翌日春樹はるき(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。 そんな中、尾高おだか(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。 さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……! (引用: 公式サイト) [ 第5話 ]父の犯した殺人事件の動機が知りたい…! 抑えられないケイトは父の元へ… 2月5日 放送分 30年前に乃十阿のとあ(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高おだか(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。 未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのり(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。 ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわ(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。 近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、『孫を甘やかしすぎだった』という報道とは逆の証言にも行き当たる。 そんな中、編集部では連載班の小泉こいずみ(関水渚)が春樹はるき(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。 岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。 (引用: 公式サイト) [ 第6話 ]予告 2月12日 放送分 自分が杏南あんな(秋吉久美子)の娘だと乃十阿のとあ(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介さくらばようすけ(田村健太郎)の妻・和美かずみ(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香よしざわふみか(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。 翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?.

次の

今夜の『知らなくていいコト』最終回 柄本佑「話したいことがある」 吉高由里子を呼び… /2020年3月11日 1ページ目

知らなくていいコト 動画 5話

デメリット ・見逃し配信は最新話放送後7日間のみ ・7日間すぎた場合は遡って視聴する事が出来ない ・途中で広告が入る 広告が入るのってちょっとめんどくさいんですよね。 録画なら広告はスキップする事が出来ますが、TverやTBS FREEは広告を見なければ続きを視聴する事が出来ないんです。 ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。 しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。 そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。 尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。 翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。 その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!! 引用: ケイトの母親・杏南が、1話の最初で亡くなってしまったのは驚きました。 息を引き取る寸前に意味深な言葉を残していた点は、冗談にしてはタイミングが謎ですし、ケイトが発見した写真のこともあり真実が気になります。 ケイトの元彼の尾高は、ケイトから聞かされた母親の最後の言葉に対してもポジティブな発言をしていて素敵だなと思いました。 優しくて好感を持てましたが、ふとした表情に影を感じました。 過去にケイのト母親・杏南と何か話していた様子もあり、ケイトが知らない何かを知っているのではないかと気になりました。 自分の父親かもしれない人の名前を検索したときに殺人犯だと表示されたときのケイトの気持ちを考えると、とても胸が痛くなりました。 ケイトに別れを告げた春樹の苦しさも伝わってきました。 笑子先生、詐欺と分かっていてもその人のことを愛したのではないでしょうか。 1人で寂しかったから、誰かとの繋がりがほしかったのかななんて思いました。 詐欺はいけない事だけど、恋するのは自由ですもんね。 最初はその事を伝えようと否定的な意見から入ったケイトちゃん。 でも、自分が幸せを掴んで、恋する気持ちのワクワク感がわかって、笑子先生の気持ちを汲み取ってあげるのは優しいと思いました。 そして、笑子先生もそんな話を聞いてもらってスッキリしたのか国際ロマンス詐欺にもう関わらなくなったと聞いてよかったなと思いました。 でも、相手とのやりとりをするために、パソコン使ったり、スマホ使ったり、翻訳機使ったりする笑子先生は凄いなぁと思いました。 吉高由里子のかわいさで最後まで見てしまったという印象です。 ストーリー的には「ちょっとありえないのでは?」ということがいくつかありましたね。 お父さんがキアヌ・リーブスって、普通信じないでしょう。 「キアヌ・リーブスのマネージャー」と言いかけて亡くなったのでは?とか想像するのが自然な気がします。 その次には殺人犯の男性が候補に上がりましたが、彼が父親だとするにも証拠が少なすぎますよね。 そもそもケイトは出版社勤務のわりにはこれまで、自分の父親が誰なのか知ろうとはしなかったのでしょうか。 と、つっこみたくなるポイントはいくつかあったものの、ケイトの明るいキャラクターにひかれました。 プロポーズを撤回した恋人の春樹は今後も登場するんでしょうか。 元彼の尾高も、なに考えてるのかわからないようなところがひっかかります。 父親が誰なのかということと、乃十阿が起こしたという殺人事件についても気になるので次回以降も見るつもりです。 朝に何気ない話をしていたケイトと母親の杏南のごく普通の会話がホンワカしていた所から、突然亡くなってしまうという流れが現実的で重々しく感じられた所に、ケイトの父親がキアヌ・リーブスという冗談としか思えない事を話すのは肉親が母親の杏南しかいないケイトの寂しさを紛らわせるための優しさからだったと予想していたのに、行き着いたのが無差別殺人犯の乃十阿徹と判明するとはビックリ。 笑いを含む面白さで進む軽い物語ではなく予想外に重厚な内容だったんだなと気づかされました。 キアヌ・リーブスではなく殺人犯が父親とわかり、ケイトの心はドン底になり、春樹からの結婚を申し込まれて有頂天になる人間心理の救われる愛を示す言葉に心がホッコリしたのに、救った張本人の春樹が一転してケイトから預かっていた自宅の鍵を投げ捨てる行動と殺人犯の父親の遺伝が子どもにいく不安を話して、ケイトを奈落の底に追いやるとは人って残酷だなと思いました。 まさかの冒頭でキアヌ・リーヴスの名が出てくるとは思いませんでした。 シリアスで重いドラマかと思いきや、コメディとまではいかないものの少し息抜きのようなくすりと笑えるシーンもあって、見続けられそうです。 初回のゲストが倍賞美津子さんという、話の層が厚くなるなという直感が当たりました。 あまり期待してなかった分、よかったです。 小林薫さんや、柄本佑さん、佐々木蔵之介さんをはじめとした豪華な方々の演技も楽しみですし、いかにも口が悪くて強引そうなデスク役の山内圭哉さんや、何かいつも言いたげな同じくデスク役の小林きな子さんなどにも注目したいです。 主人公の過去をドラマを通して少しずつ明らかにしていくというのはよくある展開だと思うのですが、サイドストーリーになるのかも知れませんが、毎回のスクープの内容が濃ければ見続けたいなと思います。 ケイトの母親の杏南は、亡くなる直前に、父親はキアヌ・リーブスだとケイトに言いましたね。 あのキアヌが父親?普通は嘘に違いないと思うけど、杏南はテレビ出演もするような、映画評論家で美人で自慢の母親だし、もしかしたらそうなのかも?と思いますよね? 気になって遺品を調べてみたケイトでしたが、そんな中、ケイトは、杏南に贈られた指輪をみつけましたね。 でも、この指輪を見つけたことは、ケイトにとってよかったのでしょうか? キアヌが父親ではないと分かったことは、スッキリしたとは思いますが、杏南に指輪を贈ったのは元大学教授の殺人犯、乃十阿だと知ってしまったケイトでしたね。 落ち込むケイトに、殺人犯の子どもだとしても、ケイトが好きだと言った野中は、ケイトにプロポーズしましたが、後日、子どもがほしいからDNAが気になると言って、婚約はなかったことにした野中を器が小さい男だなー。 と思いました。 上げておいて下げるなんてケイトが可哀想でした。

次の

知らなくていいこと1話見逃し動画配信を無料視聴する方法!1/8放送分|mama♡sapu

知らなくていいコト 動画 5話

ケイトの父が乃十阿だということが掲載された雑誌が発売されてしまう 春樹は他社の記事にケイトの父が殺人犯・乃十阿徹だということをリークした。 世間では、襲撃事件の話題で持ち切りであり、ケイトの顔写真がテレビやネットで流れてしまっていた。 数日後、襲撃事件で腕を刺されていたため入院していたケイトは、無事に退院し、仕事復帰を果たす。 退院早々にネタ出し会議に参加したケイトは、早速ラーメン屋の偽装スープネタを提案し、取材に奔走するのだった。 そんな中、岩谷は石森副社長に呼び出され、世間を賑わせているケイトの異動の圧をかけられる。 ケイトがデスクに戻ると、岩谷はケイトに声をかけ、与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田の自殺でうやむやになったワイロ疑惑について調べるように命じる。 全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいたのだ。 岩谷はケイトに、石森副社長の圧を跳ね飛ばすため、何がなんでもこの右トップの大スクープネタの真相を暴くように指示するのだった。 ケイトはさっそく相田の自宅を訪ねるのだが、妻・依子からは取材を拒否されてしまった。 その夜、ケイトが自宅で一人でいると、入院中の尾高から電話がかかってくる。 尾高から明後日退院することが決まったと聞き、ケイトは安堵する。 尾高はケイトに「一人で怖くない?」尋ね、ケイトは「一人慣れてるから。 …前から人が歩いていると刺されそうな気になる時あるけど、家の中では平気。 心配しないで。 」と答える。 そんなケイトに「心配しないわけないじゃん。 」と告げるのだった。 翌朝、ケイトが出社すると、全員電話対応に追われ騒然としていた。 そして何故かケイトの方を皆が見る…。 ケイトが不思議に思っていると、岩谷がケイトに今日発売の他社の雑誌を見せる。 するとそこにはケイトの父が乃十阿だということと、ケイトの母・杏南と乃十阿は不倫関係だったことが書かれていたのだ。 呆然とするケイト。 春樹は顔面蒼白になっていた。 岩谷は春樹がリークしたのではと疑っていた 岩谷はケイトを会議室に呼び、これは真実かどうかと尋ねる。 ケイトが真実だと答えると、岩谷は皆の前に立ち、「皆!ここに書いてあることは本当だ。 でも我々の仕事は何も変わらない。 大事なのは、何も変わらないという姿勢だ!」と告げ、一同も「はい!」と答えるのだった。 その後、岩谷はまた石森副社長にケイトのことで嫌味を言われるが、岩谷はまるでひるまない。 そして週刊イーストの売り上げも絶対に下がりません、と宣言する。 ケイトは相田の家に取材に出かけるのだが、バスの中でもマフラーで顔を隠す。 相田の奥・依子はやはり取材には答えてくれない。 すると、他社の記者達がケイトを囲んでしつこく乃十阿のことを聞こうとする。 依子はその様子を家の中から見ており、ケイトを家に招いてくれる。 依子は以前犯罪者の家族として追われる立場になっていたので、ケイトを助けてくれたのだという。 そして、もう取材には来ないで欲しいと告げる。 頑なに取材を拒否する依子にケイトは「奥様、ご主人が亡くなる前に託されたものがありませんが?三ヶ月分の帳簿があるはずです。 ご主人の部屋を見せてください。 お願いします。 」と必死に頭を下げ、依子は捜索することを許可するのだった。 しかし手がかかりは見つからず…。 ケイトがデスクに戻ると、黒川から「夫婦の悩みの種は息子が阿呆だったということらしい」ということを聞き、明日改めてまた取材に行くと答える。 編集部の仲間は皆ケイトにいつも通りに接してくれることに、ケイトは涙を流す。 春樹はずっとケイトと顔を合わせないように逃げていた。 その夜、尾高の元に岩谷が行き、乃十阿徹のことを聞きに行く。 岩谷は春樹がリークしたのではないかと疑っていた。 尾高がケイトを命がけで助けた姿を見て、なんか不愉快になってしまったのではないかと推測する。 尾高は「だからってこんな雑誌にちくりますかね。 」と呆れたように言うが、岩谷は「闇に落ちる気持ちは俺にはわかるよ。 」と答える。 尾高が春樹をぶん殴る! ケイトがマンションに戻ると、よその家の人達がケイトの噂話をしており、とても帰れる雰囲気ではなかった。 ケイトは仕方なく会社の仮眠室に泊まる。 すると尾高から「ネットで自宅が晒されてるからしばらく俺のスタジオに泊まった方がいい。 鍵の場所知ってるよね?」とケイトを気遣うLINEが届く。 ケイトは尾高の優しさにまた涙を流すのだった。 翌日、ケイトは、依子の親の会社を訪ね、依子の両親から話を聞く。 亡くなった相田はとても真面目で良い人だったと答える。 そして相田が亡くなってから、潰れかけていた会社が持ち直し、景気が良くなったのだという。 するとその時、依子の母親のもとに電話がかかってきて、「孫が有名大学に受かった!」と喜ぶ。 海沢が相田に親の会社を立て直すことと頭の悪い息子を有名大学に入学することを条件に自殺を迫ったのだろうか…。 その頃、尾高は編集部に退院の挨拶に行っており、皆が歓迎する。 春樹だけは動悸が止まらず顔を洗いに行く。 尾高がいないことを確認しながら春樹が歩いていると突然会議室から手が伸びてきて引っ張り込まれる。 春樹を連れ込んだ相手は、尾高だ。 尾高は春樹を一発ぶん殴る。 刺された傷口が痛む尾高は「俺が背中刺されてて良かったな。 」と告げ、出ていこうとする。 そんな尾高に春樹は「もう二人で会わない方がいいですよ!尾高さんと真壁さんの不倫がバレたらもっともっと大変なことになりますから!はははは!」と歯茎から血を流しながら狂ったように笑う。 尾高は何も言わずに出て行った後、春樹は一人泣きじゃくるのだった。 帳簿は意外な場所に隠されていた! ケイトはその夜も会社の仮眠室に泊まろうとするのだが、岩谷から飲みに誘われる。 岩谷は「尾高とケイトはどうすんの?ケイトを庇ってあの女の刃を背中で受け止めた尾高を見て、編集部全員尾高はケイトに惚れてるんだなって思ったよ。 一度しかない人生だ。 自分の想い、大事にした方が良いんじゃないの。 」と告げる。 ケイトも、自分もそう思っているけど、尾高の奥さんと子供を見たら尾高に会い行けなかったことを話す。 そんなケイトに尾高は「奥さんと子供には悪いけど、尾高はケイトを選ぶつもりだよ。 やる時はやる男だよあいつは。 綺麗ごとはかえって奥さんを傷つける。 ケイトは自分の望む人生を手に入れるべきだ。 」と告げる。 ケイトは仮眠室で一人、意を決して尾高に電話をかける。 しかし尾高が出ることはなかった。 翌朝、ケイトは今日こそ帳簿を探そうと決意する。 するとひょんなことから、依子の飼っている犬には首輪がついており、その首輪に何か隠されているのでは、とピンとくる。 さっそくケイトは依子の自宅を訪れ、犬の首輪をとり、首輪にSDカードが埋め込まれているのを発見する。 パソコンに挿してみると、やはりそれは帳簿だった。 そしてそこには梅沢が3000万円の賄賂を受け取っていた証拠と、梅沢から残酷な選択肢を突き付けられたことが書かれていた。 相田はやむなく、家族を守るために、全ての罪を被って命を絶つと記されていた。 最後に、「表にだすかどうかはこれを見つけた人に委ねます。 」という一文で締めくくられていた。 「こんなことをするなら、なんで生きていた時に言ってくれなかったのかな。 」と泣きながら告げる依子にケイトは「ご家族の命が危険だと思われたのではないでしょうか。 」と告げる。 依子は「主人は命をかけて私と息子を守ったのですね。 あなたの雑誌で公にしてください。 」とお願いする。 ケイトは「公にしますと、息子さんの大学入試の取り消し、そしてご実家への援助も無くなるかもしれません。 」と告げると、依子は「構いません。 夫の最後の正義感を尊く思われなければ、妻であった意味がありません。 」とキッパリと答えるのだった。 そして、ケイトはこのことを掲載し、梅澤は逮捕された。 その後、石森副社長は、ケイトに手記を書かせろと岩谷に命じるのだった。 その頃、乃十阿は尾高と会っていた…。 「知らなくていいコト」8話 まとめ・判明したこと 「知らなくていいコト」8話みんなの感想と評判 カッコ良すぎた。 惚れた💕 でもあのケイトをおす台詞は嫌なフラグに感じた〰️。 このご時世、不倫を応援するのはめっちゃ叩かれるけど、ドラマだし、週刊イーストだし、尾高さんとケイトは結ばれて欲しい。 — Tako Tako49954343 尾高さんと、同じく柄本佑さんが演じた「平成細雪」の板倉が重なる。 板倉はほぼ下僕のように付き従うところがキャラ的に違うけど、大切な女をトコトン守るブレのなさと妙な色気は尾高そのもの。 で、どちらもカメラマン。 マジで結婚して子供作る前に気持ちに向き合うべきだったよなぁ…。 子供が実は尾高さんの子じゃないってんだったらアレだけど😕 — えりな pomesomanyan クロさんが福西くんを褒めた所とか、ケイトの気持ちに寄り添って話を聞いてくれた編集長とか、父親のことを知っても今まで通り接してくれる編集部の方々とか、ケイトの心配をしてくれる尾高さんとか、ケイトの周りには素敵な人が沢山いると思った。 ただし野中、てめぇはダメだ。 は登録後2週間無料なので 2週間以内に解約すれば無料 です。 テレビだけでなくスマホ、PCから見ることができます。 また、ケータイ支払いに対応しているので登録もすぐにできてしまいます。 最新の情報は配信サイトにてご確認ください。 テセウスの船• 恋はつづくよどこまでも• シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~• 知らなくていいコト• 病室で念仏を唱えないでください• 10の秘密• 麒麟がくる• スカーレット• 相棒18• ケイジとケンジ• アライブ がん専門医のカルテ• アリバイ崩し承ります• 科捜研の女19• 病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~• パパがも一度恋をした• ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~• 女子高生の無駄づかい• あなたの番です3• ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~• この男は人生最大の過ちです• 心の傷を癒すということ• コタキ兄弟と四苦八苦• やめるときも、すこやかなるときも• 伝説のお母さん• グラン• メゾン東京• ホームルーム• 僕はどこから• 駐在刑事 Season2• 来世ではちゃんとします• 絶メシロード• カエル男• ハイポジ• 今夜はコの字で• LINEの答え合わせ• 鈍色の箱の中で• シャーロック• SEDAI WARS(セダイウォーズ)• おしん• 相棒17• 田園ボーイズ• 面白南極料理人• 捜査会議はリビングで!おかわり• 大江戸スチームパンク• 大岡越前•

次の