雨 ニモマケズ。 雨ニモマケズ)

雨ニモマケズ:宮澤賢治の自戒の言葉

雨 ニモマケズ

執筆から発表まで [ ] の嘱託を務めていた賢治が壁材のセールスに上京して再び病に倒れ、の実家に戻って闘病中だった秋に使用していた黒い手帳に鉛筆で記されていたものである。 冒頭部のページ上部に青鉛筆で「11. 」の書き込みがあることから、同年に執筆したと推定されている。 全166ページの手帳は全体として自省とその当時の賢治の願望が綴られた内容となっており、本作は51ページ目から59ページ目にかけて書かれている。 この手帳は今日、研究者からは「雨ニモマケズ手帳」と呼ばれる。 賢治の生前には手帳自体の存在が家族にすら知られておらず、本作も未発表のままであった。 この手帳が発見されたのは、賢治が亡くなった翌2月16日に東京・新宿で開催された「宮沢賢治友の会」の席上である。 この会合には、招かれた賢治の弟・が賢治の遺品である大きな革トランク(上記の壁材セールスの際にも使用した)を持参していた。 席上、参加者の誰かがこの革トランクのポケットから手帳を取り出し他の参会者にも回覧された。 その模様を、同席していた詩人のが後に「この手帖がこの夜のみんなの眼にはじめてふれた事については疑いがないように私は思う」と書き記している。 手帳の横にある鉛筆を入れる筒部分には、法華経への帰依をうたった短歌が書かれたメモが細く丸めて入れられていた。 没後1年を記念した1934年9月21日付の『』夕刊の学芸第八十五輯「宮沢賢治氏逝いて一年」に「遺作(最後のノートから)」と題して掲載された。 続いて7月、の「人類の進歩につくした人々」(編)に収録された。 この間、1934年 - にかけて最初の「宮沢賢治全集」(文圃堂)が刊行されているが、こちらには本作は掲載されていない。 1936年11月には花巻に本作を刻んだ詩碑()が建立され、刊行の児童向け作品集「風の又三郎」(羽田書店)への収録などによって広く世に知られるようになる。 手帳は、2007年7月 - 同年10月に賢治の描いた絵画などとともに国内各所で公開された。 手帳の公開は1995年と1996年の公開から12年ぶりとなる。 2011年4月11日、のにおいて、の犠牲者を悼むための宗派を超えた追悼式が開かれ、サミュエル・ロイドIII世大聖堂長により本作が英語で朗読されている。 評価・解釈 [ ] 「雨ニモマケズ」論争 [ ] 前から戦中にかけて賢治の研究・紹介を行った哲学者のは、主としてテーマ的な側面から本作を高く評価し、賢治に対する「偉人」的評価の象徴として本作を捉える流れを先導した。 これに対して戦後、賢治の置かれた社会的立場と文学性を踏まえた評論を行った詩人のは本作について「ふと書き落とした過失のように思われる」と評し否定的な立場を表明する。 、谷川が雑誌『』に寄稿した「われはこれ塔建つるもの」の中で中村の論考を批判、中村も『』に反論「再び『雨ニモマケズ』について」を掲載したことから、世間ではこれを「雨ニモマケズ」論争と称した。 それぞれの内容は同年刊行された両者の単行本(谷川は『宮沢賢治の世界』(法政大学出版局)、中村は1955年版の増補改訂となる『定本・宮沢賢治』(七曜社))にも収録された。 この「論争」は賢治の作品の受容においてどの点を重視するかという差に帰するものであり、研究史の上では(個々の著作自体の意義とは別に)積極的な意義を持つものではなかった。 中村は2012年に刊行した回想録で「不毛な論争だった」と述べている。 「ヒデリ」か「ヒドリ」か [ ] 最初の発表時から「ヒデリノトキハナミダヲナガシ」とされている箇所は、手帳の原文では「ヒドリノ……」と書かれている。 これは清六はじめ、歴代の全集編集者が誤記とみなして校訂してきたものであるが、後半に花巻農学校での賢治の教え子の一人が「農家にとって日照は喜ぶべきものであり、『ヒドリ』は日雇い仕事の『日取り』を意味するもので『日雇い仕事をせざるを得ないような厳しい暮らしのとき』と原文通りに読むべきである」との説を提起した。 これに対しては、「校本宮澤賢治全集」の編集者で草稿調査を行った詩人のが以下のような、校訂の根拠を提示した。 他の詩で「ひど」と書いて消し、「ひでり」に直しているものがある。 賢治には「デ」を「ド」に誤記する書き癖があった。 次の行「サムサノナツハオロオロアルキ」と対照にならず、本作の他の箇所でも多用されている対照の手法からここだけはずれてしまう。 確かに農家にとって日照は重要であるが、過剰な日照による旱魃へのおそれは賢治も複数の作品で取り上げている。 研究者の間ではこの説明に沿って「ヒデリ」(日照り)への校訂がほぼ定着しているが、愛好者のレベルでは「ヒドリ」と読むべきだという人が存在している。 それらの中には、「日取り」とは異なる根拠で校訂を不要とする以下のような見解がある。 「デ」と「ド」の誤記という見解について賢治の他の文章にそのような箇所があったとしても、手帳がそうであったとは言えないとするもの。 手帳の本文をみると、何箇所かに修正が入っている。 この指摘に対しては、入沢康夫は、この手帳全体について行われた手直しは書きながらのものだけで、後から見直して行った修正はないと推測される(他の箇所で「諸仏ニ報ジマツマント」(正しくは「諸仏ニ報ジマツラント」)という誤記がそのままになっている)ことを指摘している。 冷夏と旱([訓]ひでり)を「対応」させるのが妥当だという説明について、「ヒドリ」でも十分対応しているとするもの。 下記のような岩手県在住者の証言がに地元紙『盛岡タイムス』に掲載された。 猛暑・炎熱によって目の炎症になることを「ヒドリマゲ」とも言い、今でも電気溶接者などが使用している。 方言の解釈は、その土地の風習風土から生まれた言葉(方言)や通称の土地名などを熟知していないと正しい意味がくみ取れないものであり、他県の賢治研究者は方言の発音語呂を共通語に結び付けて意味を重ね合わせて自己流に解釈された見本であると、賢治の生前を知る宮沢清六・の両名が明言した。 ただしこの証言に関しては、長らく賢治全集の編集に深く携わった宮沢・森の両名がなぜ全集等に掲載された本作においてそのような表記を採用(もしくは変更)しなかったのかという説明がない。 玄米四合 [ ] が少なくなってきた現代日本人にとって四合は多すぎると思われることが多い。 しかし、戦前までの日本の労働者はわずかな副食物で大量の米飯を摂取する食習慣であった。 一例として、のでは「白米六合」を食わせることになっていて(の大量発生から改められた)、当時のの食事規定では一回の食事につき主食として3食とも麦飯2合、副食として朝食は汁物(味噌汁・澄まし汁など)と漬物、昼食および夕食は肉や魚を含んだ少量のおかず一品(献立例をあげると、「アジフライ一枚に塩ゆでキャベツ」)と漬物である。 太平洋戦争終戦直後の1947年(昭和22年)ののに当作品が掲載されている。 「日本の食糧事情から贅沢と思われる」という理由からの統制下にあった CIE の係官は一度掲載を却下したものの、その後「四合」を「玄米三合」に変更することを条件として許可したとされている。 国定教科書は賢治の遺族の了解をもって、の編集によって三合に変更された。 延男は賢治の作品を改ざんするのは忍びなかったが、係官は当時の食料事情を持ち出してきたことから、同意するに至った。 は1965年に発表した連載小説『』の中で、戦時中の出来事という設定で国家が国定教科書を作る際に、当作品における玄米四合を三合に書き換えたエピソードを含めて、「国家がそんな改ざんをすれば、いずれ子供たちは国の発言を信用しなくなる」と批判する女性と、「そのような流言蜚語は罪である」と咎める「その筋の人」を登場させている。 法華経の精神 [ ] 「東ニ病気ノコドモアレバ/行ッテ看病シテヤリ/西ニツカレタ母アレバ/行ッテソノ稲の束ヲ負ヒ」のように労をいとわず手助けをし、「ミンナニデクノボートヨバレ/ホメラレモセズ/クニモサレズ」とあるのは、『』のの精神を表していると指摘されている。 なお詩句の最後の箇所である59ページ目(「ホメラレモセズ」から末尾まで)は手帳の見開き右のページとなっており、同じ見開きの左のページ(60ページ目)に「南無無辺行菩薩/南無上行菩薩/南無多宝如来//南無釈迦牟尼仏/南無浄行菩薩/南無安立行菩薩」というが記されている。 中央の「南無妙法蓮華経」の行は、他の行よりやや字粒が大きくなっている。 詩碑、派生作品など [ ] 詩碑 [ ] 羅須地人協会跡に立つ雨ニモマケズ詩碑(花巻市) 賢治の死去から3年後の1936年11月21日に、賢治が独居自炊した内の別宅()跡に本作の詩碑が建立された。 賢治の作品としては最初の文学碑である。 冒頭部分ではなく、「野原ノ松ノ」以下の後半部分を、生前より賢治を評価していたがした。 ただし脱漏があることが後に判明し、戦時中から花巻に移住していた高村自身の手でに追刻されている。 詩碑の下には文圃堂版の全集や賢治の遺骨の一部も納められている。 このうち遺骨については当時賢治の独立した墓碑がなく(現在の墓碑ができたのは宮沢家が改宗した)、その代わりという意味合いもあった。 現在、花巻市で「賢治詩碑」というとこの碑を指し、バス停留所の名前にもなっている。 1951年以降、毎年賢治の命日である9月21日の夜に碑前で「賢治祭」が行われている。 なお、この詩碑以外にも本作を刻んだ文学碑は全国に複数存在している。 映画・アニメ [ ] にが制作・上映した賢治の伝記映画にタイトルとして用いられた。 詳細はを参照。 楽曲 [ ] 本作品に曲を付けて歌とする試みも行われている。 著名な音楽家によるものを挙げる。 「11月3日」:作曲。 の再結成アルバム『戦争と平和』に収録。 「雨ニモマケズ」:宇佐元作曲による2006年のシングル。 「ワカンナイ」:本作をモチーフにして作詞。 厳密には本作に対するである。 アルバム『』に収録。 「」:間奏で本作品の一部分を引用。 「無懼風雨」(「不要輸給心痛」):2011年4月、で行われた東日本大震災被災者支援チャリティコンサート「」のテーマソング。 『』第6楽章「雨にも負けず」:本作品がこの楽章の歌詞となっている。 2012年11月23日、コンサートホールにて初演。 「」:デビュー前に業界で配布されたデモテープ「」に収録された「It's BAD」では、本作をモチーフにしたラップ詞が歌われたが、発表されたのヴァージョンでは歌詞の大半が書き替えられた。 アルバム「雨ニモマケズ」:作曲の「雨ニモマケズ」収録(2019年)。 その他 [ ] やなどのみやげ物に印刷されたり、方言をはじめとする数多くの改作やパロディが作られている。 賢治の大甥が主宰する出版社「林風舎」では、賢治の研究資料の一つとして手帳のレプリカを製作し宮澤賢治記念館などで販売している。 これは本作が賢治の筆跡でそのまま印刷されている他、鉛筆入れの短歌も再現されている。 関連文献 [ ]• 入沢康夫『「ヒドリ」か、「ヒデリ」か - 宮沢賢治「雨ニモマケズ」中の一語をめぐって』書肆山田、2010年• 『宮沢賢治「雨ニモマケズ手帳」研究』、1996年 脚注 [ ]• 永瀬清子「『雨ニモマケズ』の発見」『宮沢賢治研究』11号(宮沢賢治研究会、)。 のち『文芸読本 宮澤賢治』(河出書房新社、)に再録• 2011年4月12日14時0分、NHKニュース『ワシントン 犠牲者追悼の祈り』• 谷川徹三『雨ニモマケズ』生活社、(のち講談社学術文庫に収録)、『宮沢賢治』要書房、ほか。 中村稔『宮沢賢治』書肆ユリイカ、。 その後数次の増補改訂を経て最終版は(筑摩書房)。 66 - 84• [ ]• 2004年9月14日付『盛岡タイムス』「」に掲載された在住男性の証言。 文中「森佐一」とあるのは森荘已池の本名。 歴史群像シリーズ「帝国陸軍 戦場の衣食住」• 大本泉は『作家のごちそう帖』(. 122)で玄米四合は約2100キロカロリーで、農作業など体を動かす男子としては3500キロカロリーはあっていいはずで、決して多くはないという。 『宮沢賢治研究資料集成 第12巻』pp. 349-350• 森本正昭『響き合う共生社会へ:障害者を支援するための本』パレードブックス、2007年、200ページ• 佐藤清「財団法人宮沢賢治記念会のあゆみ」『修羅はよみがえった』宮沢賢治記念会、2007年、p. 308• 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 - - 手帳の写真版を含む新校本全集第13巻を典拠としており、「ヒドリ」や末尾の「南無妙法蓮華経」など手帳の原文に基づいている(での本文は校訂が施された新校本全集第6巻が典拠)。

次の

今週のお野菜情報

雨 ニモマケズ

鳥やリスと同じ時間に目が覚めるから、夜早く眠くなる。 自然と早寝早起きできる。 後ろは山、前は海だから、アクティブになる。 住めば住むほど元気になる。 かわいい店がいっぱいで毎日寄り道したくなる。 気持ちが豊かになる。 神社巡り、カフェ巡り、ケーキ屋巡り、雑貨屋巡り。 いろいろ巡るから頭がよくなる? コンビニ弁当はもうやめて、鎌倉レンバイで買ってきたピチピチの野菜でちゃんとしたご飯が食べたい。 サーフィンも始めたい。 ビーチヨガもやってみたい。 朝早くから甘縄神明宮の掃除をしている近所のおばあさんにちゃんと挨拶してから仕事に向かいたい。 こうやってふつうに、 当たり前のことが当たり前にできる人間になりたい。 そうありたい。

次の

雨ニモマケズ(宮沢賢治) | あらすじ文庫

雨 ニモマケズ

「雨ニモマケズ手帳」のレプリカ 『雨ニモマケズ』は、大正時代の作家・詩人である宮沢賢治の書いた詩である。 現代の我々からすれば『雨ニモマケズ』は、誰もが知る名作といっても良いだろう。 しかし、『雨ニモマケズ』は実は人に発表するために書かれた詩ではない。 賢治が自分の手帳に書いた、いわばメモ書きのようなものの一部なのである。 この手帳が発見されたのは賢治が亡くなった1年後…とある出来事がきっかけで偶然に見つかり、世に広まったのだ。 『雨ニモマケズ』が記された手帳は一体どのように発見されたのか、その手帳には何が書かれていたか。 『雨ニモマケズ』を読むだけでは見えない、手帳の中身にまつわる雑学を書いていこうと思う。 ちなみに、宮沢賢治は急性肺炎で亡くなったといわれている。 この時点であの有名な『銀河鉄道の夜』も『風の又三郎』も未発表の状態であったのだ。 創作活動をしていた時期はこれらの原稿を、大きなトランクに詰め込んで持ち歩いていた。 …後に見つかる『雨ニモマケズ』の手帳はこのトランクから見つかることとなる。 賢治が亡くなった年の11月。 生前に面識はなかったものの同人誌などを介して賢治と交流のあった、 「蛙の詩人」として有名な草野心平が賢治の死を悼み、『宮沢賢治追悼』という本を刊行した。 この『宮沢賢治追悼』の刊行の後に心平は、宮沢清六と同人誌繋がりで賢治と交流のあった高村光太郎、そして、賢治の死後に彼を知って強く感銘を受けたという小説家の横光利一らとともに、 昭和9年10月に文圃堂(ぶんぽどう)という書店から初の『宮澤賢治全集』を刊行したのである。 生前は無名作家であった宮沢賢治が大きく注目されるきっかけを作ったのは心平や清六、その他少数の賢治ファンたち。 彼らの必死な布教活動あってのことだったのだ。 関連雑学 手帳はトランクのポケットから見つかった 手帳が見つかることとなる発端は、この全集の発行よりも数ヶ月前の昭和9年2月に会合を開くことになったことだ。 「第一回宮沢賢治友の会」と銘打たれ、東京の新宿にあった「モナミ」という喫茶店にて行われた。 ちなみに、会合には『ごんぎつね』で有名な新美南吉といった、我々も知っているような作家も参加していたという。 清六はこの会合の準備でトランクの原稿の整理をしていた時、 内ポケットがあることに気付き、中を見ると革張りの黒い手帳が出てきたという。 そう、これが「雨ニモマケズ手帳」が賢治以外の人の目に触れた瞬間だったのである。 清六は岩手から賢治のトランクに原稿を詰め込み、上京してきた。 会合中に手帳が見つかるとは…まさにジャストなタイミングだな。 清六は原稿と共に会合の参加者にこの手帳を公開したところ、参加者たちは大いに盛り上がったそうだ。 内容は賢治の信仰していた法華経に関する記述や手記といったものであったが、やはり『雨ニモマケズ』の存在は強かったのだろう。 同年9月には手帳に書かれていた『雨ニモマケズ』が岩手日報にて初めて活字化された。 それ以降は心平の宮沢賢治関連書籍や学校の教科書などに掲載され、どんどん一般にも知られていったのである。 書かれた時期は手帳の内容から察するに賢治が病で苦しんでいた頃である。 東京で発熱したことを最初のページで書き始めてから、以降は前述したような法華経のお題目や、父親と母親に関する手記が多く書かれている。 「再ビ東京ニテ発熱」の解説ページ 「雨ニモマケズ手帳」はトランクのポケットから出てきたとさきほど書いたが、実は手帳の他に、別のものが入っていたのである。 それは賢治が家族に宛てた2通の遺書。 なぜかトランクのポケットに入ったままになっていたのだ。 この遺書を清六が発見したのは東京の会合が終わり、岩手へ戻ってきてからである。 この遺書は、手帳の内容と賢治の病が関係していることを考える手がかりになった。 遺書の日付と、手帳のはじめのページに書かれた走り書きの日付が繋がっているのだ。 手帳の走り書きには「 昭和六年九月廿(にじゅう)日、再ビ東京ニテ発熱」という内容が大きく記されている。 賢治は昭和6年9月19日に、当時働いていた石灰工場の製品のセールスのために岩手から東京へ向かい、翌20日には「八幡館」という宿に泊まった。 「ホメラレモセズ」の部分の解説ページ 『雨ニモマケズ』の最後には「 ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハナリタイ」と、書かれている。 この一文が印象に残っている方も多いのではないだろうか。 実は『雨ニモマケズ』は、続きがあるのだ。 手帳の9ページ分を使って書かれたこの詩の10ページ目には「南無妙法蓮華経」と大きな文字で書かれている。 これは、日蓮宗の「大曼荼羅(だいまんだら)」というものを書き写したものである。 この「雨ニモマケズ手帳」のあらゆるページに「南無妙法蓮華経」の文字がたくさん登場するが、これは賢治が法華経を深く信仰していたからだ。 手帳に限らず童話などにも法華経の教えの影響は色濃く出ている。 筆者自身は、賢治関連の本を読んで法華経のことを知ったのだが、 法華経にはいわゆる「自己犠牲」の精神の教えがあるという。 『雨ニモマケズ』なら「東ニ病気ノコドモアレバ…」といった描写が人のために動こうとする、法華経の精神を表しているといってもいいだろう。 また、「ミンナニデクノボートヨバレ…」という部分の「デクノボー」は「常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)」という仏様を指しているといわれている。 この仏様のように自身が人々から迫害されるようなことがあっても、人のために祈り続けたいという賢治の理想が読み取れる。 「土愚坊(デクノボウ)」の手記の解説ページ ところで、 この手帳には『雨ニモマケズ』と関連しているのではないかと思われる「土愚坊(デクノボウ)」という手記が、『雨ニモマケズ』の数ページ後に書かれている。 これは劇の構想を練ったものであるとされる。 賢治は教師時代に『飢餓陣営』といった劇の脚本を書き、上演していたこともあるのだ。 「土愚坊」のタイトルの横に小さく「 ワレワレカウイフモノニナリタイ」と書かれている。 どこかで聞き覚えのあるフレーズだ。 第四景には「老人死セントス」、第五景には「ヒデリ」とも書かれている。 「南ニ死ニサウナ人アレバ…」「ヒドリノトキハナミダヲナガシ…」 あらゆる部分で『雨ニモマケズ』と共通した箇所が存在しているのだ。 『雨ニモマケズ』は、劇の構想前のアイデアとして書かれた走り書きという可能性もある。 「塵点の劫」の紙片の解説ページ 手帳にはペンホルダーがついており、折って丸めた紙片が刺さっている。 この紙片も賢治の言葉が書かれていた。 「塵点の劫」というのは果てしなく長い年月のことを指している。 この紙片の塵点の劫は、法華経という宗教の誕生から、賢治が今生きている時代までの長い時間のことと考えられる。 簡単にいうと、 法華経という宗教が誕生し、長い月日を巡って賢治自身がこの教えと出会えたことに喜びを感じているという意味になるそう。 賢治は生涯、自分の言葉を通じて法華経の教えを人々に伝えていきたいと考えていた。 母にあるとき自身の原稿を見せ、「この童話は、ありがたい仏さんの教えを、一所懸命に書いたものだんすじゃ。 だからいつかはきっと、みんなでよろこんで読むようになるんすじゃ」と語っていた。 賢治は遺言として父親に『国訳妙法蓮華経』という経典を千部刷り、知人友人に配ってもらうように頼んだ。 この経典のあとがきに、「 お経を手にとった人物が仏様の教えに触れ、最上の道を歩むことができるように願うことが私の生涯の仕事である」という言葉を残している。 それが、 賢治と同じ岩手県花巻市に住んでいた、斎藤宗次郎という人物だ。 彼はお寺の子として生まれた。 しかし、教師として働いていた時にキリスト教と出会い、クリスチャンになる。 大正時代のクリスチャンは「耶蘇(やそ)」と呼ばれ、差別される存在だった。 キリスト教徒になった宗次郎も迫害の対象だ。 嫌がらせをうける日々が続き、ついに最悪なことが…。 9歳となる宗次郎の娘が耶蘇の子供と言われ、腹を蹴られたことで亡くなってしまうという事件が起こる。 なんと痛ましい…!子供に手を上げるのは最悪だぞ…。 宗次郎は娘を亡くし、苦しみながらも祈り続けた。 どんなに辛く苦しくとも、「愛をもって人に仕える」というキリスト教の教えに、宗次郎は従い続けたのだ。 雨の日でも風の日でも困った人がいれば助け、病気の人がいれば見舞いに行き、祈り続けたのである。 まるで『雨ニモマケズ』そのものを体現したかのような人物だ。 どんなにひどい目にあっても人のために尽くそうとする姿は「デクノボー」の常不軽菩薩と同じ。 迫害され続けながらも、諦めずに人々に尽くし続けた宗次郎は、ある時東京へ引っ越すこととなる。 見送りなど誰もいないであろうと思いながら駅へ向かうと、そこにはたくさんの人々が宗次郎を見送りに来ていたという。 宗次郎の行いが、次第に人々の心を動かして行った結果である。 その見送りの群衆の中に、宮沢賢治もいたのである。 賢治とは宗教について語り合ったりするなどの交流もあったそうだ。 そこで賢治自身も宗教の壁を超えて、宗次郎の宗教観念になにか感じるものがあったのかもしれない。

次の