爆発 的 に 広がる こと。 2050年、世界人口は爆発的に増える説と減る説、どちらが正しいのか?

2050年、世界人口は爆発的に増える説と減る説、どちらが正しいのか?

爆発 的 に 広がる こと

日本の気候は、「四季」から「三季」になってしまったのだろうか。 今年は、全国各地から深刻な雪不足が伝わる記録的な暖冬だった。 酷暑や集中豪雨をはじめ、年間を通じて異常気象を感じるようになった。 おそらく、地球温暖化が大きく影響しているのだろう。 温暖化は二酸化炭素の大量排出が要因とされる。 すなわち、世界人口の激増が大きく影響しているということだ。 世界人口がこのまま爆発的に増加していったならば、人類には悲劇的なシナリオしか待っていないこととなる。 人口推計の予測には大きな差異がある しかしながら、そうと決まったわけでもなさそうだ。 こうした専門家たちの見立て通りならば、悲劇的シナリオは大幅な書き換えが可能だ。 だが一方で、国連の人口推計は、2050年を越えても、人口が増え続けるという見通しを示している。 なぜ、予測にかくも大きな差異が生じるのか。 理由は、前提をどう置くのかによって結論が大きく異なるためだ。 そこには、さまざまな思惑が入り込み易いからである。 「人口推計は、経済見通しなどとは違って、唯一、予測可能である」とよく言われる。 地球に既に生まれ落ちた人数は確定しているのだから、それはその通りだ。 しかし、ひとりの女性が未来において何人の子どもを産むかどうかは未知数である。 つまり、出生率という変数をどう考えるかで、将来の人口予測はいかようにも変えられてしまうのだ。 政権の思惑により高く見積もられてきた出生率の未来予測 人口推計は通常、3つのパターンで提示される。 出生率を高めに見積もった高位推計から、無難な見通しを前提とした中位推計、低めに見積もった低位推計だ。 過去の実績をみると、低位推計が実際の値に近かった、というケースが多い。 日本においても、出生率の未来予測は高めに見積もられがちだった。 なぜなら、年金財源の将来見通しを計算する際の前提値の1つとして用いられてきたからだ。 同じように国連による世界推計にも、たとえば貧困問題への注目を集めたい、などの思惑があったのではないか。

次の

爆発的に広がる中国での「日本料理屋」の出現!

爆発 的 に 広がる こと

アウトブレイク outbreak : 限られた地域のある集団に、感染症が大流行すること 「アウトブレイク」の意味を詳しく アウトブレイクとは、ある集団内で爆発的に感染症が伝染することを意味する言葉です。 特に、その地域においてこれまで見られなかった感染症が、あるとき突然流行するような事態を指します。 限られた地域で、爆発的な速度で感染症が広がるアウトブレイクは、致命的な被害をもたらします。 このような理由があるため、各国は衛生管理に力を入れ、アウトブレイクの勃発を防ぐ手立てを行なっています。 カタカナ語のアウトブレイクは「感染症の集団発生」という意味です。 そのため、「アウトブレイク」の対象は感染症に限らず、ブームになる事象全てが対象になると考えていいでしょう。 アニメや映画・ドラマなど、日本のカルチャーの中には、急速にブームになるコンテンツが存在します。 このようなブームになったコンテンツに対して、「〜がアウトブレイクした」などと表現することがあるのです。 一昔前まで、天然痘の アウトブレイクは起こってもおかしくなかった。 最新アニメが始まるたびに、新しい アウトブレイクが発生する• 「〜がアウトブレイクする」という使われ方をすることもありますが、基本的には名詞として使います。 よって、「〜がアウトブレイクする」は「〜が流行する」と言い換えた方が、より一般的といえるでしょう。 「アウトブレイク」と「パンデミック」の違い アウトブレイクとよく似た言葉として、「パンデミック」があります。 どちらも非常に似た意味を持つ言葉ですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか? ここからは、「アウトブレイク」と「パンデミック」の違いについて解説していきます。 まず、「アウトブレイク」は限られた地域において、感染症が爆発的に広がることを意味します。 つまり、アウトブレイクは比較的狭い範囲での「大流行」を意味するのです。 これに対して、「パンデミック」は世界的に感染症が広がることを意味します。 よって、「パンデミック」は「アウトブレイク」の範囲を世界規模に広げたものとなります。 このように、「アウトブレイク」と「パンデミック」には流行する範囲の面で違いがあります。 しかし、具体的にどの程度の範囲を超えたら、「アウトブレイク」が「パンデミック」になるのかは明確ではありません。 まとめ 以上、この記事では「アウトブレイク outbreak 」について解説しました。 しかし、だからといって予防を怠ると、インフルエンザなどの感染症にかかってしまいます。 夏は体を冷やし過ぎず、冬は喉を痛めないように気をつける。 このような予防を徹底することで、年中健康のまま過ごすことができるでしょう。

次の

新型肺炎の爆発的広がりを防げ!事前に受けておきたいワクチン一覧|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

爆発 的 に 広がる こと

「経路不明」の感染が広がり始めた 新型コロナウイルスが東京や札幌、名古屋、和歌山などで「経路不明」の感染が広がり始めた。 本来は米国のように感染源である中国からの旅行者を全面阻止する水際作戦が大切だが、現在も湖北省と浙江省以外の個人旅行者は日本に自由に入国して旅行できるし、実際にしている。 そして中国では湖北省・浙江省以外にも新型コロナウイルスが蔓延しているのだから、日本にウイルスが入ってくるのは当たり前だ。 我が国の防疫のトップである厚労大臣は、頭の中がお花畑なのでまともな対策は期待できない。 大臣が防護服は必要ないと言った端から検疫官が感染している。 国内の感染の広がりを受けて閣僚から「こんなに身近に広がっているのは驚き」との発言が伝わっている。 こんな対策で感染が広がらないと思っている閣僚の頭の中の方が驚き!(笑) 東京で感染が確認されて4日後には12万人が感染 国立感染症研究所感染症情報センターのシミュレーションで、東京で国内初感染が確認されて4日後には12万人に感染し地方の主要都市にも感染が広がることがわかっている。 すでに東京や札幌、名古屋、和歌山などで「経路不明」の感染が確認されたので、現在上図の6日目から10日目のフェーズに移行中であると考えられる。 水際での防疫に完全に失敗したので、今から中国からの旅行者を制限してもあまり意味はない。 2月14日には「第一線で活躍する感染症の専門家の方々を構成員とする専門家会議を設置」と発表したが、それまでは「防護服不要」のお花畑大臣が対策を指揮してきた。 設置が1ヶ月遅い。 そして専門家会議で練りに練って対策を打ち出した。 「人混み避けて」! 速報「人混み避けて」! 「人混み避けて」とか・・・ そして新型コロナウイルスの対策に153億円を投入するそう。 日本人にそんなことさせる前に、中国からの旅行者をさっさと税関で阻止しろ!(心の叫び) あ~あ、こういうバカたちのためにまた私たちの消費税が消えていく(涙) いやしかし、防疫で最も有効なのは感染者と接触しないことです。 人混みを避けることです。 それ本当。 でも、仕事もあるし、買い物もあるし、通勤通学もあるし、いったいどれだけの人が「人混みを避ける」ことができるのか?まぁほとんどの人には無理だわな。 オリンピックはない ちなみに私はオリンピックはないとみている。 現在60カ国が中国との出入国を禁止している。 もちろん新型コロナウイルスが蔓延しているからだ。 日本も水際の防疫に失敗し、現在蔓延中だから、当然ながらこの60カ国は日本への出入国も禁止する。 そんな状況でオリンピックができるわけがない。 一カ国(中国)を出入国禁止にするのと、日本が60カ国から出入国禁止にされるのとどちらが日本にとっていいことなのですかね? そんなことも今の政権には判断できない(涙) まぁ国内で感染が広がり始めた今となってはすべてが遅い。 いつか感染するもとの考えて対策をせざるをえない状況に 残念ながら日本は水際の防疫に失敗した。 できるだけ人ごみを避けることは大切だし、マスクや手洗いも大事だ。 しかし、マスクをしていた検疫官が感染しているようにマスクも気休めのようだ。 そのマスクさえ今入手できない。 私たちは通勤通学や買い物など、人混みを完全に避けて生活することができない。 通常の日本人はいつか感染するもとの考えて対策をせざるをえない状況になってきた。 米医療サイトmedRxiv掲載「2019年の中国における新しいコロナウイルスの発生の疫学と臨床的特徴」 2月11日に米国の医療ウェブサイト(中国疾病管理予防センター、PLA軍医科学アカデミーの微生物学および疫学研究所、フロリダ大学、およびフレッド・ハッチンソンがん研究センターを含む、14の中国および外国の科学機関によって執筆)によると、 ・患者のほぼ半数が50歳以上(47. 7%)であり、20歳未満の患者は最も少ない ・高齢男性における重度肺炎の診断の遅れが死亡率の大幅な増加と関連する ・新型コロナウイルスの致死率は約3. 06% ・男性患者の死亡率は女性患者の死亡率の3倍以上(男性4. 45%女性1. 25%) ・次の3つの特性のいずれかを満たすと、患者の死亡率が増加:60歳以上、男性、重症肺炎 ・最高の死亡率は、重度肺炎の高齢男性で、死亡率は9. 47% ということだ。 男性というだけで死亡率3倍!(涙) 日本人1億2千万人に全員感染しても3%で360万人が死ぬだけ、逆に言えば1億1千6百万人は生き残る。 大勢に変化なし! ということでがんばって参りましょう! 特に女性は死亡率1. たいしたことないぜ! 97%に入るよりも3%に入る方が遥かに難しい。 だから実態はもっと悪い可能性がある。 ビタミンCをしっかりとろう すべてのウイルスに感染したとき、人間の身体は免疫をフル稼働させるために大量のビタミンCを消費することがわかっています。 今は柑橘のおいしい季節。 日本のおいしい柑橘や野菜をサラダにしてたくさん食べよう! 二次災害の懸念 中国では都市封鎖が行われており、道路が封鎖されたため物流が止まって農家が生産した野菜を出荷できずに廃棄されており、飼料が届かず家畜が餓死している。 旧正月の国民大移動の時期に封鎖が重なったため、自宅に到達できずこの寒天にホームレスになっている人も大量に発生している。 武漢では停電が発生し、水道も断水しているそう。 つまり、「新型インフルエンザ以外」の原因で食料不足で、食品が高騰し、今後は餓死などの影響もでる可能性がある。 何しろ14億人の国で道路も、港湾も閉鎖されて物流が止まってしまい仕事もなくなり、給料ももらえないのだから。 こういう「新型インフルエンザ以外」の原因で、3%以上に亡くなる人が増えたり、生活に困る人が出てくる可能性がきわめて高い。 我々日本人は冷静に行動し、こういう二次災害は防いで参りたい!.

次の