ニュー シネマ パラダイス 楽譜。 ニューシネマパラダイスのイタリア語歌詞の楽譜は購入できますか。

ニュー・シネマ・パラダイス : 作品情報

ニュー シネマ パラダイス 楽譜

あり , Clarinet in Bb div. 第二次世界大戦直後のシチリア島。 その中の小さな村の映画館を舞台に、映画の魅力にとりつかれた少年と映写技師との心の交流の物語を描いた作品です。 音楽はエンニオ・モリコーネ(「愛のテーマ」のメロディのみ息子のアンドレア・モリコーネが担当)。 彼は映画音楽では「荒野の用心棒」「ミッション」「アンタッチャブル」「海の上のピアニスト」など、数多くの名作を手掛けていますが、その中でも「ニュー・シネマ・パラダイス」のサウンドトラックの美しさは格別だと思います。 その中から「ニュー・シネマ・パラダイス」「初恋」「愛のテーマ」の3曲を選び、メドレーに仕立てました。 このメドレーは、京都教育大学マンドリンクラブの委嘱により編曲したもので、2007年11月に第48回定期演奏会で初演されました(編成A)。 サウンドトラックCDを元に、マンドリン、ギターの音色を堪能できるアレンジにしました。 とにかくメロディが美しい曲ばかりで、それがまたマンドリンやギターの音色にぴったりでした。 さらに、マンドリンアンサンブルいずみからの依頼により、各曲を分けて組曲にした楽譜もあります(編成B)。 こちらのバージョンでは、初心者でも合奏に参加できるように技術的に易しくしました。 ヴィブラフォンなどの賛助打楽器がサポートにまわっています。 2009年3月のARTE MANDOLINISTICA京都公演では、このメドレーを大幅に加筆して、ARTEスペシャルアレンジとして、アンコール1曲目で演奏されました。 オプション扱いではなく、全体のアレンジに手を加えました。

次の

「ニュー・シネマ・パラダイス」の楽譜一覧

ニュー シネマ パラダイス 楽譜

あり , Clarinet in Bb div. 第二次世界大戦直後のシチリア島。 その中の小さな村の映画館を舞台に、映画の魅力にとりつかれた少年と映写技師との心の交流の物語を描いた作品です。 音楽はエンニオ・モリコーネ(「愛のテーマ」のメロディのみ息子のアンドレア・モリコーネが担当)。 彼は映画音楽では「荒野の用心棒」「ミッション」「アンタッチャブル」「海の上のピアニスト」など、数多くの名作を手掛けていますが、その中でも「ニュー・シネマ・パラダイス」のサウンドトラックの美しさは格別だと思います。 その中から「ニュー・シネマ・パラダイス」「初恋」「愛のテーマ」の3曲を選び、メドレーに仕立てました。 このメドレーは、京都教育大学マンドリンクラブの委嘱により編曲したもので、2007年11月に第48回定期演奏会で初演されました(編成A)。 サウンドトラックCDを元に、マンドリン、ギターの音色を堪能できるアレンジにしました。 とにかくメロディが美しい曲ばかりで、それがまたマンドリンやギターの音色にぴったりでした。 さらに、マンドリンアンサンブルいずみからの依頼により、各曲を分けて組曲にした楽譜もあります(編成B)。 こちらのバージョンでは、初心者でも合奏に参加できるように技術的に易しくしました。 ヴィブラフォンなどの賛助打楽器がサポートにまわっています。 2009年3月のARTE MANDOLINISTICA京都公演では、このメドレーを大幅に加筆して、ARTEスペシャルアレンジとして、アンコール1曲目で演奏されました。 オプション扱いではなく、全体のアレンジに手を加えました。

次の

【楽天市場】STAGEA・EL ステージ・セレクション(中級〜上級) Vol.4 〜ニュー・シネマ・パラダイス〜【エレクトーン

ニュー シネマ パラダイス 楽譜

あり , Clarinet in Bb div. 第二次世界大戦直後のシチリア島。 その中の小さな村の映画館を舞台に、映画の魅力にとりつかれた少年と映写技師との心の交流の物語を描いた作品です。 音楽はエンニオ・モリコーネ(「愛のテーマ」のメロディのみ息子のアンドレア・モリコーネが担当)。 彼は映画音楽では「荒野の用心棒」「ミッション」「アンタッチャブル」「海の上のピアニスト」など、数多くの名作を手掛けていますが、その中でも「ニュー・シネマ・パラダイス」のサウンドトラックの美しさは格別だと思います。 その中から「ニュー・シネマ・パラダイス」「初恋」「愛のテーマ」の3曲を選び、メドレーに仕立てました。 このメドレーは、京都教育大学マンドリンクラブの委嘱により編曲したもので、2007年11月に第48回定期演奏会で初演されました(編成A)。 サウンドトラックCDを元に、マンドリン、ギターの音色を堪能できるアレンジにしました。 とにかくメロディが美しい曲ばかりで、それがまたマンドリンやギターの音色にぴったりでした。 さらに、マンドリンアンサンブルいずみからの依頼により、各曲を分けて組曲にした楽譜もあります(編成B)。 こちらのバージョンでは、初心者でも合奏に参加できるように技術的に易しくしました。 ヴィブラフォンなどの賛助打楽器がサポートにまわっています。 2009年3月のARTE MANDOLINISTICA京都公演では、このメドレーを大幅に加筆して、ARTEスペシャルアレンジとして、アンコール1曲目で演奏されました。 オプション扱いではなく、全体のアレンジに手を加えました。

次の