ロマサガrs 考察。 スタイル考察 SS UDXウルピナ

ロマサガRS攻略

ロマサガrs 考察

歴代『サガ』シリーズのキャラクターが登場するスマホ向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)』ですが、とくに人気が高いのが「七英雄」です。 「最終皇帝」や「七英雄」といった中二病心がくすぐられるパワーワードに加え、平和を獲得するための世界統一という胸アツな展開が人気を呼んだ『ロマンシング サ・ガ2』(1993年発売)において、世界を救った英雄と伝えられ、倒すべきボスでもあった七英雄のワグナス、ノエル、ロックブーケ、スービエ、ダンターグ、ボクオーン、クジンシー。 オンライントレーディングカードアーケードゲーム『LORD of VERMILION』シリーズ(2008年稼働開始)では各メンバーの設定が明かされたり、『インペリアル サガ』(2015年配信開始)で再登場したり、『ロマサガRS』が配信してからは1体ずつ順番で、Sスタイル獲得できる「襲来イベント」とSSスタイルが実装された「ピックアップガチャ」が開催されてきました。 本稿では、改めて「七英雄」とはどのような存在であったかを『ロマンシング サ・ガ2』を元に紹介します。 モンスターを倒した彼らは姿を消したが、いつか再び戻って来て世界を救うと語り継がれていました。 その通りに彼らは戻ってきますが、モンスターを使役して自身の欲望のために動く人類の脅威となったのです。 そんな時代に、小国「バレンヌ帝国」では全盛期の領土を回復するために、皇帝レオンが先頭に立って周囲のモンスターを駆逐していました。 ある日、レオンの元にやってきた謎の女魔道士は「七英雄」を警戒するように助言し、自らが認めた後継ぎに自身の能力を継がせる「伝承法」を伝えます。 最初は真に受けなかったレオンですが、モンスター討伐で帝都を留守にしている間に、攻め込んできた七英雄クジンシーによって長男ヴィクトールが命を落としてしまうのでした。 ここから最終皇帝まで続く、歴代皇帝と七英雄の長き戦いの幕が上がります。 七英雄は謎の女魔道士と同じく、かつて短命種である現代人を使役した古代人。 長寿なあまり、命を落とすことを極端に恐れる古代人にとっての天敵モンスターを駆逐した勇者7人は、七英雄として褒め称えられるも、その力を恐れられて別世界に追放されてしまいます。 長い年月を経て戻って来た七英雄の目的は、自分達を追放した古代人への復讐であり、かつて古代人が寿命を延ばすために用いた「同化の法」を改良し、モンスターと同化することでさらなる力を得たのでした。 妖精系・鳥系モンスターをメインに同化。 古代人の中でも貴族階級であるため、まさに別格の存在。 本人曰く、七英雄の中でも最強で、「浮遊城」を所有しています。 古代人を見つけるためにヤウダを支配しようと侵攻します。 バトルでは麻痺を引き起こす全体攻撃の「サイコバインド」や火・風・天の術法を使いました。 元々は、世界の平和のためなら自身の犠牲を厭わない精神性の持ち主だったようですが、世界を救った後に傲慢になったのか、モンスターと同化する「吸収の法」による悪影響なのか、皇帝の前に現れたワグナスは神にすらなろうとしていました。 龍系モンスターをメインに同化。 七英雄の中ではかなり紳士的な性格なのですが、妹であるロックブーケを大切に(溺愛)しているため、彼女を倒してからノエルと出会うと問答無用で戦いになります。 「カウンター」による反撃が強力で、力押しだけでは勝てない技巧派のイメージがあります。 『ロマサガRS』実装済みで、「ノエル襲来」にてSスタイル、ピックアップガチャにてSSスタイルが獲得できました。 SSスタイルでは、腕力補正が高く、全体攻撃「月影」の使い勝手が良好。 敵撃破時に確率で腕力上昇したり、敵攻撃時に確率で自身HPを回復したりするアビリティが強力です。 死霊系モンスターをメインに同化。 男性を魅了する「テンプテーション」が強力無比で、もしも男性キャラだけで組んだパーティーで挑んでしまえば、高確率で勝負にもならず全滅してしまうほどです。 ロックブーケ戦では女性キャラだけのパーティーで挑むのが強く推奨されていました。 こちらのクエストを進めると、モンスターと同化する前の古代人だった時のロックブーケの追憶を見ることができ、兄ノエルに「(戦場に立とうとせずに)花嫁修業でもしろ」と言われても、想いを寄せるワグナスの力になるために戦士になろうとする彼女の健気さを知ることができます。 その後のロックブーケを見るに、人は変われば変わるものだとしみじみ感じます。 描き下ろしのイラストは可愛いし、SSスタイルは通常とバレンタインVer. の2つが用意されていて、アタッカーとしてもジャマーとしてもかなり優秀な能力値です。 かなりプッシュされている気がするので、開発陣にも彼女のファンが多いのかもしれませんね。 残りのスービエ、ダンターグ、ボクオーン、クジンシーを紹介 《乃木章》.

次の

バルテルミー考察

ロマサガrs 考察

祝!1. 5周年記念 聖王とランス巡礼祭 第2弾開催中 フェスガチャ パウルス編 レオニードを語る• うわぁ、、、なんと言うか、、、うわぁ、、、 笑。 今までで一番ヴァンパイアっぽい?不気味さがありますね。 そしてヴァンパイアにこんなこと言うのもあれですが、ちょっと若い? 笑。 聖王の時代のレオニードであることを意識してですかね。 耽美さを残して貫禄を引いた様な感じ。 乱れ雪月花はロマサガファンみんなの待望だったでしょうが、私としてはレオニードの新スタイルも待望でした。 では見ていきましょう。 アビリティのヴァンパイアリンク。 今回のスタイルのオンリー性能の最たる部分はここかな?前回カタリナのことを書きましたが、あの後になるとインパクトに欠ける感じがありますが全然十分だと思います 笑。 他のスタイルが持っている吸収アビの回復を、他のキャラにもおすそ分け出来るアビですね。 狙った回復は出来ませんが、それでも自身の回復ついでに他も回復してくれるのは助かる場面も出てくるかもしれません。 託すの代用とまではいきませんが、下位レベル的な感じに働くかも?これ、倒れた仲間も対象になってたら便利でしたけどね。 吸血鬼からエナジーを分け与えられて立ち上がる、 そんな絵面を想像するとなんかソレっぽいじゃないですか 笑。 そしてホラー。 ロールはアタッカーですが、ジャマー要素を持ってきましたね。 この辺もレオニードっぽい。 ナイアガラバスターは二種特効のスタン付き。 んー、カタリナの風雪即意付けもそうでしたが、これも最初にレオニードが持ってきたかーという感じ。 最大覚醒で開幕から撃てますので、アビリティの強襲と合わせてダメージが期待できそうです。 攻撃を打陰の二属性に特化させたい場合、ジェントルタッチの継承もありますがあちらは威力A、回復のオマケがありますが開幕ではいらないですね。 ただ私は 雰囲気重視で継承させたいです 笑。 ブラッディパームは二属性でA6ループ出来る便利技ですね。 このパターンでナイアガラを練気掌にすることも出来ます。 まぁ普通にナイアガラor練気を使い分けるのが良さそうですね。 そんなトコですかね。 さて今回のレオニード、私的に一番盛り上がったのはアビでもスキルでもありません。 テキストフレーバーです!• レオニードがポドールイ伯爵になったのって魔王からの任命だったの!?これです!これこれこれです!私が大好物なのはこういうのです 笑。 ロマサガ3をやってた当時、なんかそういう設定があるらしいくらいのぼんやりしてた情報が、明らかになっていくこの感じ。 しかもテキストフレーバーは河津さん監修の元らしいですから!ふいに忘れちゃいそうになりますがこのゲーム、ロマサガ3の正統続編ですからね。 ロマサガ3では出しきれなかったアレやコレやをどんどん出していって欲しいです。 そんな感じで でわでわ皆様、良いロマサガライフを。

次の

『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

ロマサガrs 考察

SSエミリアの性能考察 エミリアは「器用さ補正値」が高く、アビリティも優秀な「超火力アタッカー」ですね。 まだ育成段階ですが、その「火力の高さ」を感じています。 では、まず「銃」自体が初実装なので、「銃」自体の性能も合わせてみていきます。 エミリアの長所 初の「銃」実装 リリース開始時から「マスターレベル」だけは用意されていましたが、ようやくの実装ですね! 「銃がどういう立ち位置の武器になっていくのか?」は、まだわかりませんが、エミリアは貴重な1人目なので入手しておきたいですね。 「銃」の特徴• 打属性• 遠隔攻撃• 器用さ依存 「銃」は体術や棍棒と同じ「打属性」です。 ただ、「遠隔攻撃」なので、 「後列の敵にも攻撃できる」 「直接攻撃に対するカウンターを受けない」 といったメリットがあります。 カウンター持ちのボスが来た場合、活躍しますね。 (すでに、エミリアイベントでの夢魔がカウンター持ちなのでエミリアが活躍) そして 「銃の攻撃力」は「器用さ依存」です。 器用さは「攻撃の命中率」にも影響しているので、「攻撃をミスしづらい=ダメージが高い」ですね。 特にメインクエスト10話あたりから「攻撃をミスする」ことが目立ってきたので、 「器用さの高さ(命中率の高さ)」は 「ステータス以上の恩恵」があります。 陣形相性 銃は「器用さ」依存なので、打属性でありながら「ハンターシフト」や「ホーリーウォール」での火力アップが狙えます。 陣形を組む際の「新しい選択肢」になりますね。 補正値とアビリティが優秀すぎる SSエミリアは• 「器用さ補正値」がトップクラス• エミリアが初です。 そんなエミリアは「弱点を突いた時の火力」がおそらく最強クラスです。 今まで実装されたキャラより1段階上の性能をしています。 威力SSSの「スウィートトラップ」 さらにエミリアは「威力SSSのスウィートトラップ」を覚えます。 「威力SSS」は「マキ割りダイナミック」「無明剣」に続いて3つ目。 打属性としては初。 エミリアの高い火力で威力SSSの「スウィートトラップ」が使えることが強いですね。 「天地二段」や「ブルクラッシュ」もそうですが、 「威力ABP6」をループ出来るのはかなり火力が高いです。 オート性能も高く、威力SSS技も持っているのは非常に優秀ですね。 エミリアの短所 BP回復アビリティがネック 「オート性能が高い」と書きましたが、「BP回復アビリティ」を持っているので、発動すると「跳弾、威力A」ではなく「集中射撃、威力D」を使ってしまいます。 技構成は優秀なのですが、オート時はちょっとかみ合わないですね。 手動ならば問題ないです。 「技が少ない」 今のところ「SS花嫁エミリア」しか発表されていません。 イベントで「Sエミリア」を配布という話もないですね。 技構成は強いし、火力も高い、しかし「デバフ」「状態異常」「全体攻撃」などが何もありません。 純粋な単体火力だけ。 強いけど「単体攻撃しかできない」ということが欠点です。 しかも「銃」自体が実装されているシリーズが少ないので、そもそも「銃技が多くない」です。 (ただ、それを補う程の火力はあると思います) わざわざ「銃を実装した」からには「これから増やしていく」とは思いますので、今後に期待です。 「打」は競合が強い 「打は体術が強いですし、最近だと「タチアナ」も強いですね。 火力もデバフも豊富です。 その中で「単体火力だけ」のエミリアがどれくらい活躍できるのか? 今後の追加スタイル次第ですね。 エミリアはぜひ欲しい! 現時点では「純粋な火力だけ」ですが、これから期待できるキャラクターです! 「ハーフアニバーサリーの目玉」として「エミリア」を出したということは 「運営も期待しているキャラ」ということでしょう。 しかも「エミリア」は「原作では色々なコスプレ」をするキャラなので、「限定スタイルが追加しやすい」です。 今はまだ「銃キャラもエミリアのスタイルも少ない」ですが、これから大きく化ける可能性は高そうです。 火力特化の「花嫁エミリア」にこれから追加される技を継承しても良いですし。 エミリアは、ぜひ引いておきたいです。 SSエミリア覚醒例• 集中射撃 BP4• 跳弾 BP6• BP回復が発動するとループが崩れますが、「現状はこれ」で良さそうです。 SSハリードの性能考察 限定ハリードは「嵐月」という新しい性能の技を覚えますね。 その使用感に触れながら紹介していきます。 限定SSハリードの長所 体力が高いディフェンダー 今回の「限定ハリード」は体力が高いディフェンダータイプです。 さらに アビリティの「自己回復」「被ダメージ軽減,中」を持っているので、その「堅さ」はかなりのものです。 プラチナハリードと比べて、 さすがに「火力は落ちる」ものの、 「生存率が非常に高い」ので、周回時の安定感は頼もしいです。 11話で火力を比べてみたところ、デミルーンのダメージが1,000位違いますが、 それでも「限定ハリードの方が安定しそう?」という印象を受けます。 「被ダメージ軽減」、「自己回復」、「BP回復でデミルーンを撃ち続けられる」からです。 デミルーン継承で使いやすく デミルーンBP4(覚醒)を継承すれば、失礼剣を封印して「デミルーンマシン」にできます。 「失礼剣でヘイトを上げる」こともタンク役として有用ですが、 「雷攻撃」という ハリードの「最大のメリット」を生かすために「デミルーン継承」が強いです。 (雷弱点をつける場合です) 「嵐月」のカウンター攻撃 「限定ハリード」の「最大の特徴」は「嵐月」の「カウンター」です。 「威力SS」(ハリードで唯一)• 「ファスト」で最速行動• 「1ターン目に使用可能」• 「カウンターにもアビリティ発動」(HP&BP回復)• 「カウンター時ダメージ軽減」• 「雷属性カウンター(デミルーン)」 これが「嵐月」のメリットです。 「ファスト」&「BP10(最大覚醒)」ということで「使用場所は選ぶ」のですが、 「刺さる場面ではかなり強い」です。 ただ 「カウンター効果が1ターンだけ」なので、「使用場所は選ぶ」という感じですね。 可能性を感じる新しい性能 いままでタンク役といえば「パリィ」でしたが、それとはまた違う「 新しい性能のディフェンダー」ですね。 オート性能も高く、手動での「嵐月」カウンターも強い。 クエストによっては「火力特化のプラチナハリード」に切り替える。 というように 幅広く活躍できるキャラクターになっています。 まだ初日ですが「裏道場の死合四」では「デザートランスハリード」でオートクリアしました。 私も初見は「使いづらそう」と感じたのですが、「可能性」を感じています。 ギュスターヴのような、万能キャラではないですが、刺さるクエストではかなり強いです。 ハリード覚醒例• 失礼剣 BP4• デミルーン BP4(継承)• 残像剣 BP9• 嵐月 BP10 1ターン目に「嵐月」を使った後は、「デミルーン」を使い続けます。 「 嵐月」のカウンターと、「デミルーンの雷属性」というハリードの最大の特徴を両立した形になります。 この覚醒だと「オートで残像剣を使ってくれない」ですが、プラチナハリードがいるならばそちらで。 私はこの覚醒で使っています。 Sファティーマの性能考察 「睡眠」の状態異常をもったジャマー。 新登場の技が2つ• マインドステア• 円舞剣 マインドステアは「眠り」 舞月は「攻撃&自己回復」 という優秀な技になっています。 アビリティの「睡眠付与」も優秀ですね。 Sスタイルでも中々使えそうですが、 「SSスタイル」が追加されたとき、真価を発揮するでしょう。 「ファティーマ」も「ハーフアニバーサリー」に出してくるほどですし、イラストが可愛い!という声も多いので、「SSスタイルが期待」できそうですね。 Aヴァルドーの性能考察 「ヴァルドー」はせめて「Sスタイル」で欲しかったですね。 すでに「Aスタイル」がいるので。 「タイガーブレイク」を覚えるのは嬉しいです。 ヴァルドー含め「主人公キャラ達」は、いずれ「SS」が追加されるのは間違いないでしょう。 まとめ 今回のガチャは 「すべて当たり」と言ってよいでしょう。 「エミリア」に関しては「1ランク上」といって良いほど火力が抜けていますし、「ハリード」もタンク役として「新しい可能性」が見えます。 ハーフアニバーサリーということで、性能を高めにしたのかもしれませんね。 ただ、「まだ第一弾」です。 「第2、第3弾」があると予想されるので、ここでガチャを引くか、これからに残しておくか?は難しい選択ですね。 おそらく「アセルス」「最終皇帝(女)」くるのでは??と予想されています。 迷っている方は新情報開示まで待っても良さそうです。

次の