バリュー 事件。 【5月11日】バリュージェット航空592便墜落事故と防犯対策を学ぶ

バリュージェット航空592便墜落事故

バリュー 事件

死刑囚の実像に迫る。 今月25日に最高裁で開かれる加古川7人殺害事件の被告人、藤城康孝(58)に対する上告審の判決宣告は日本の裁判史のひとつの節目になるかもしれない。 というのも、現在、死刑判決を受けて上訴(控訴もしくは上告)している被告人は藤城を含めて全国に14人いるが、藤城以外の13人は09年5月に始まった裁判員裁判で裁かれている。 つまり、藤城は上告を棄却されて死刑判決が確定すると、「旧裁判制度のもとで生まれた最後の死刑囚」になる公算が高い人物なのだ。 html】 筆者がこの藤城と収容先の大阪拘置所で面会したのは1年半以上前のことだが、その時のことは今でも忘れがたい。 深夜3時ころに被害者らが就寝中の家に侵入し、金づちで頭部を乱打したり、骨すき包丁でメッタ刺しにするという身の毛もよだつ凶行だった。 さらに藤城は7人を殺害後、「事件を報じるテレビに汚い家が映らないように」という特異な考えから自宅に火を放ち、全焼させる。 そして犯行後は自ら命を絶とうと車を運転して壁に激突させ、助手席に火をつける。 しかしガソリンに引火して一気に燃え上がり、驚いて車から逃げ出したために警察に捕まったのだった。 そして現在、最高裁の判決宣告も間近に迫っているのだが、筆者が藤城に関心を抱き、取材依頼の手紙を出したのは控訴審が終わって4カ月後ほどたったころだった。 ほどなく藤城から届いた返事の手紙には次のようにしたためられていた。 〈私は今一部の職員から挑発や嫌がらせを受け続け、精神的苦痛からとてもとても片岡様の望みに応じ兼ねます。 弁護士さんや視察委員会(... )に苦情の手紙を出すのが精一杯で、自分の裁判の事より職員からのいじめの方が気になるほどでして、誠に申し訳ありませんが、取材は辞退致したく思います。 〉 要するに取材を断られたわけだが、死刑か否かを争っている自分の裁判より気になる「職員からのいじめ」とは一体......。 改めて藤城への関心を深めた筆者は「いじめのことだけでも話を聞かせてほしい」と再度手紙を出し、大阪拘置所まで面会に訪ねたのだった。 Tシャツに短パンというラフな格好。 身長は160センチあるかないかという感じで、手足はやせ細っている。 それ以前に雑誌で見た写真では険しい顔つきだったが、この時は穏やかな表情になっており、印象を率直に記せば「芸人の間寛平に似た普通のおじさん」。 そうと知らなければ、大量殺人犯にはとても見えない人物だった。 藤城は面会室に現れた際、軽く会釈したものの、椅子に腰をおろし、アクリル板越しに筆者と向かい合うと、なんとなく落ち着かない様子だった。 しかし、強引に面会に訪ねた非礼を詫びつつ、手紙で訴えていた「職員からのいじめ」がどんなものなのかを尋ねると、ジェスチャー付きで切々と「いじめ」の被害を訴えた。 「弁当を買いますやろ。 職員がそれを(小窓から)房に入れる時、上下や横に揺するんで、中身がどっちかに寄ってるねん」 「わしが(房内の)トイレで用便しよったら、房の前の廊下を何度も行ったり来たりして、ジ~と見てくるんや」 「わしは病気の後遺症で言葉がちゃんとしゃべれへんのやけど、『そんなしゃべり方しかできんのか』と言われるねん」 たしかに藤城は滑舌が悪かったが、それを差し引いても、藤城の話は意味が分かりにくかった。 本人は、「弁護士にいじめのことを相談する手紙を書いたら、職員らに逆恨みされて、余計ひどいことになっとるんですわ」と真顔で言うのだが、どんないじめを受けているのかの具体的なイメージが全然湧いてこなかった。 藤城は事件前、近所の人たちが立ち話をしているだけで悪口を言われたと思い、突然怒鳴りつけるなどのトラブルを頻発させ、地域で怖がられる存在だったとされる。 裁判では第一審、控訴審共に完全責任能力があると認められたが、実はその判断は際どいもので、精神鑑定を行った2人の医師のうち1人は藤城が「妄想性障害」だという見解を示していた。 筆者は本人に会い、裁判では否定されているこちらの鑑定結果が実は正解ではないかという疑念を抱かざるをえなかった。 しかし藤城は翌日にもう一度面会に応じてくれたものの、それ以後は何度訪ねても面会拒否。 そして昨年12月、以下のようにしたためた、はがきをくれたのを最後に音信は途絶えたままとなった。 〈何度も手紙ありがとうございます。 片岡さんの心尽くしを受けておきながら誠に申し訳ないですが、面会は辞退致したく思います。 どうかお元気で頑張って下さい。 〉 「心尽くし」とは、おそらく筆者が最初に面会した際、飲み物などを差し入れしたことを言っている。 こういうことを律儀に気にするのも藤城の性質なのだろうと思った。 今年3月、最高裁であった最後の審理。 被告人の出廷は認められない最高裁の法廷で、3人の弁護人は改めて藤城が妄想性障害に陥っていることを主張し、死刑の回避を求めた。 しかし壇上の裁判官たちが心を動かされたようには見えず、死刑判決は覆らないのだろうと確信した筆者は複雑な思いにとらわれた。 精神的に変調をきたしていることがあれほど明らかな人物をこのまま死刑にするのもどうかと思う一方で、今も藤城本人にとっては自分がこのまま死刑になるか否かより、「職員からのいじめ」の方がはるかに重大な問題なのだろうと思ったからである。 (取材・文・写真=片岡健) あわせて読みたい•

次の

6078 バリューHRの株主優待と不正事件

バリュー 事件

会社側に送った請求書面によれば、マレーシアで開発・運用予定の立体駐車場の建設コストの一部が工事代金以外に使われたのではないかとする疑義、長崎営業所で工事原価の付け替えがあったこと、レンタル工事未払金勘定の残高に相手先などの内容が明確でない残高が存在していることについて、SVHが特別調査委員会を設置(2019年2月)。 特別調査委員会は十分な調査を行い、その役割を果たした。 にもかかわらず、鈴木氏ら3人の取締役は第三者委員会の設置が必要だと主張。 第三者委員会に報酬として3億2000万円を払ったが、第三者委員会の設置はそもそも不要で、報酬は不必要な金銭の流出だったというのが森岡氏の主張である。 3人の取締役が善管注意義務や忠実義務に違反したことは明白で、SVHに対する損害賠償責任を負っているとしている。 第三者委員会に支払った報酬の3億2000万円に、調査報告書を公表したことによる株価下落影響分から算出した13億8670万円を合わせた17億0670万円の損害賠償の提訴請求を森岡氏は行っている。 名誉毀損で約11億円の損害賠償を求める もう1つのアクションは、2020年2月5日に森岡氏が鈴木氏ら3人の取締役に対し、名誉毀損で11億3293万円の損害賠償を求めた通知だ。 第三者委員会の調査報告書が公開されたことで、森岡氏は名誉を著しく毀損されたとしている。 森岡氏の代理人である河合弘之弁護士がSVHに送付した通知文には、第三者委員会はもともとの調査対象事実の範囲と無関係に、森岡氏の資質を検証するなどとし、反市場的勢力でもない人物との交際関係であるとか、プライベートの携帯電話における女性との送信記録など個人のプライバシーに関わる事実関係を取り上げたこと、森岡氏の経営姿勢について一部の取締役等の意見のみを採り上げ、あたかも問題があるかのように指摘するなどしたことを挙げ、調査報告書の公表によって「通知人(森岡氏)が上場企業の経営者としての資質を欠くものと摘示・評論し通知人の名誉を著しく毀損することは明らか」としている。 また、反市場的勢力・反社会的勢力の密接交際者との交際であるとか、粉飾を指示したなどと調査報告書に記載したことについて、「全くの事実誤認であったことは、令和元年6月27日開催のSVHの株主総会においてスペースバリューホールディングス取締役も自認しています」としている。 東洋経済が入手した2019年6月27日の株主総会の録音記録によれば、「会社として、森岡前代表は反社会的勢力との付き合いがあると認定したのか」という株主の質問に対して、「会社独自の調査機能を持っているので、個別案件に関して調査を依頼しました。 われわれとしては『(森岡元代表の交友関係の中に反社会的勢力の)該当なし』と会社として定義しております」と回答している。 【2020年4月30日17時10分追記】 株主総会で「該当なし」と発言したとの記述について、これは総会の音源など複数の取材に基づいて記述したものです。 記事配信後、SVHが保有する音源の確認要請があり、取材の結果、総会の場で「該当があり」と聞こえる音声を確認しました。

次の

オリンパス、“物言う”外資系ファンドを経営に参画させるウルトラCで株価急騰

バリュー 事件

ヒカルにVALUでのインサイダー取引疑惑が浮上 2017年8月15日夕方頃、YouTuberのヒカルさんがビットコインを用いたトレードサービス『VALU』を使って起こした騒動が大炎上する事態に陥っています。 ことのあらましを簡単にまとめると、• 2017年8月10日、YouTuberヒカルがVALUを開始、同事務所(ネクストステージ)のラファエル、禁断ボーイズのいっくんも同じく開始する• 8月14日、ヒカルらがVALUを本格始動するとVALUの買いを煽るツイート(現在は削除済み)• ヒカルら3人のVALUは値上がりし、株主優待の内容発表を前にストップ高• 株主優待発表間近となった8月15日朝にヒカルのマネージメントをしている井川さんが保有していたヒカルら(ラファエル、いっくん)のVALUを突然全て売る• ヒカル、ラファエル、いっくんの全員が自身が持ってる全VALUを前日の終値で売り出す• ヒカルらが昨日の終値で売り出したことによりヒカルのVALUは大暴落• 最初の買いを煽るツイートを削除し、VALU内のアクティビティで「株主優待をやるとは一言も言っていない」と宣言• 結果的に、ヒカルらは多額の利益を得て(3人合わせて1億円近くと言われている)、反対に一連の騒動で損をしてしまった投資家が続出したことからインサイダー取引を指摘する声など批判が殺到している という流れになります。 ヒカル。 株主優待をやらないことを宣言。 VALU(バリュー)は、株式会社VALU(バリュー、代表取締役小川晃平)によって運営されているフィンテックサービス。 個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは自由に売買することができる。 取引は全てビットコインを用いて行われる。 wikipedia. アカウントはFacebook、TwitterおよびInstagramなどのSNSアカウントと連携させることができ、 株式の発行は、一定数のフォロワーがいる著名人のみが行うことができるようになっています。 ヒカルらがVALUを開始 事の発端は、2017年8月10日、ヒカルさんがVALUを開始したこと。 出典:VALU VALUの開始はヒカルさんだけでなく、ヒカルさんのNEXTSTAGEに所属するYouTuberである• ラファエル• いっくん(禁断ボーイズ) も同時に開始しています。 出典:VALU• 出典:VALU 正確に言えば、騒動の渦中にいるのはヒカルさんだけでなく、この3人全員となります。 ヒカルらがインサイダー取引まがいの売り抜けを図る そして問題が起こったのは、8月15日の朝。 その前日にヒカルさんはツイッター上にて、VALUの買いを煽るツイートをしていたため(現在は削除済み)、彼らの株を購入する投資家が続出し、彼らの値はストップ高の状態になっていました。 出典:Twitter そんな状態だったところで、8月15日早朝にヒカルさんが所属する事務所「ネクストステージ」の顧問であり、マネージメントなども務めている井川さんが保有していたヒカル、ラファエル、いっくんの株を全て売却という行動に出ました。 今日の朝一に筆頭株主である、ネクステージの井川さんが全てのユーチューバーの売り抜けてたからおかしいと思ったらこういうことか。 YouTuberがVALUで自分の株を全部売りに出してる。 いくら人気者だからといっても、これを喜んで買っちゃうような人はやばいと思う。 間違いなく3人が示し合わせてやってることだろうけど、これからどうするつもりなんだろ?意図が読めないなあ。 ここから面白いことできるのかなあ? — ピョコタン pyocotan 【注意喚起】YouTuberのヒカルさん、いっくんさんが前日のS高で持ち株全てを放出しました。 ラファエルさんにおいては本日のS高で全放出をされています。 購入及び売却する際には動きを見極めた上で動かれることを推奨致します。 ヒカルのVALUで死んだ 今日、優待発表するって言うから 今日のストップ高で買い入れてたら 昨日の終値で50000万VALU全部売ってきたw まだマイナス20万円表記だけど、もう売れないっしょ・・・ これ以外にラファエルも買っちゃったよ ヒカルは昨日の煽りTwitter消してるし — 羊飼い 投機家 hitsuzikai それと同時に、井川さんの行動と、ヒカルさんら本人の行動がインサイダー取引ではないかという疑惑が浮上し、ネット上は大炎上する事態となっています。 井川さんはインサイダー取引疑惑を否定 インサイダー取引疑惑を受けて、井川さんはVALUアカウントにて 「ヒカルから全部ファンに持ってもらいたいと相談されたので、自分の分も全て放出しました。 」 と疑惑について否定。 出典:Twitter また得た利益に関してもヒカルさんのために使用すると宣言しています。 騒動後、ヒカルがVALUでアクティビティ更新 一連の騒動後、ヒカルさんがVALUで以下の通り、アクティビティを更新して声明を発表しました。 (現在は削除済み) Valuの株でお金儲けをしようとする人が減ればいいなと思う。 本来のあるべきサービスの形じゃない現状が僕は非常に気持ちが悪いです。 ここは小銭稼ぎの場でしょうか? 大したことのない偽物たちがここではランキング上位にいます。 もちろん中には堀江さんのような本物もいますが多くは小ずる賢い手段で時価を釣り上げている見せかけの偽物です。 僕のバリューの購入者には3パターンいると思っていて、 1 単に僕のファンで純粋な支援をしてくれている人 2 僕のバリューで小銭稼ぎをしようとする人 3 なんとなく周りに流されて買った人 本来あるべき形は、 このバリュー側が望む形はどれだと思いますか? 僕は1だと思います。 僕からの株主優待には期待しないでください。 今のところ何も考えていません。 ただ、一つだけ、 僕はこれからも輝く続けることをお約束します。 そして最後に購入者のみなさんありがとうございます。 これからも宜しくお願いします。 出典:VALU どうやらヒカルさんの一連の行動は「僕のバリューで小銭稼ぎをしようとする人」を取り締まるためだったようで、 ツイッター上でも 「損する側に回っただけですよ。 」 「見返り求めるような人達のために何かをするのは嫌」 などの発言をされています。 そういうルール、サービスとわかって買ったんじゃないんですか? 利益を得る目的で。 そして誰かが損をするのを承知で。 損する側に回っただけですよ。 — ヒカル kinnpatuhikaru 開き直るんじゃなくて、インサイダー疑惑、VALUのTLにあなたが記したことの矛盾点、ツイッターでの買い煽り文章を消した件について釈明を求めています。 数多くのVALUホルダーの財産を毀損した上での説明責任は大人社会で当然のことだと社長のあなたはわかりませんか? — みずにゃん mizunyannyan バリューって見返り求めるサービスじゃないですよ。 それと何かする気はないというのは見返り求めるような人達のために何かをするのは嫌だという意思表示で、本当に何もしないわけではありません。 あとバリューでは現在インサイダーは適用されていないはずですが… まあ今後の僕に期待してください — ヒカル kinnpatuhikaru 「優待をつける」とは一言も言ってないと発言 さらに続けて、「優待をつけるなんか一言も言ってないんやけどな」とも発言。 優待をつけるなんか一言も言ってないんやけどな(笑) 嘘を拡散はやめてほしい。 あと、今回の一件に関しての意図や全貌は近いうちにお話しします。 ひとつ言えるのは僕はわざわざ数千万のために自分の信用を落とすような小銭稼ぎはしません。 応援してくださる方、そこはご安心ください。 出典:VALU しかし、この事に関しては、過去に優待情報として 「VALU保有者限定のオフ会orセミナー」 を追加していたことから矛盾するのではないかとの指摘があがっています。 出典:VALU 確かに「優待をつける」とは言っていませんが、間接的に優待があることを伝えているわけなので、これは騙されたと思う人が多いのも無理はないでしょう。 あとは、「 今回の一件に関しての意図や全貌は近いうちにお話しします。 」というヒカルさんの言葉も気になるところですね。 法的には問題はないとみられているが・・・ なお今回の一連の騒動ですが、通常の株式投資において同様の行動を行なった場合はインサイダー取引に該当して逮捕される可能性が高い案件ですが、VALUでは法が整備されていないため、法的には問題がないとみられている模様。 本日のVALU騒動。 ネクステの筆頭株主井川氏は売り抜けているあたりがかなり悪質。 株ならインサイダーで逮捕されているけどVALUは法が整備されてないからな。 というか過去にも詐欺行為してるやつに騙される方がアホだわ。 VALUよく知らんけど。 — 魚。 ヒカル• ラファエル• いっくん(禁断ボーイズ) の3名のVALUアカウントには 「このアカウントは、規約違反に該当している恐れがあります。 」の表記が表示されています。 出典:VALU ヒカル、ラファエル、いっくん、そしてボスの井川さんにまとめて規約違反の疑いがかかっている……。 では通称「赤帯」。 さすがのエンターテイナーですな! — イケダハヤト IHayato 当面の間は彼らのVALUアカウントは使い物にならないものとなりそうですね。 これはVALU側にも被害を与えてしまう騒動となってしまったのではないでしょうか。 ネット上ではヒカルらの行動に「詐欺だ」と批判が殺到して炎上 この騒動に対して、ネット上では 「詐欺だ」 という声が続々と相次ぎ、炎上する事態となっています。 ヒカルのVALUのあれ、規約違反というより詐欺事案だよな。 しかも、ヒカルさんは自身のツイッターにて、損をした人を煽るような発言を連発しています。 人生において開き直るってめっちゃ大事やと思う。 なんかあれば筋を通せやら、揚げ足とるのが今の当たり前やけど、 俺はなにか間違いを起こしてしまうのが人間やから仕方ない場合もあると思う。 度が過ぎてないこと以外は開き直っていいんじゃないかというのが持論。 嫌な事は寝て忘れようぜ! — ヒカル kinnpatuhikaru 一般人の浮気はどうでもいいけど、 有名人の浮気は盛大に叩かれる。 やってることは一緒やのにな。 世間的には有名税って言われてるけど、俺は有名税払う気ない。 ぜーんぶ開き直る(笑) 払いたい有名人だけ払ってればいい。 国から払えと言われたら速攻払います👍 — ヒカル kinnpatuhikaru 俺なんか毎日あちこちで色々言われまくりやから毎日開き直る日々やわ(笑) ほんまに嫌になったら開き直って 姿消すまであるからな。 気にしすぎ考えすぎ勘ぐりすぎは身体に毒かもな。 まあ、知らんけど。 — ヒカル kinnpatuhikaru 自分で言うのもなんやけど俺の影響力が凄すぎて度が過ぎてるように見えてるだけやと思う。 他の人が俺と同じことやっても全く問題になんかなってないから。 火種すら生まれない。 こんな人格やのに影響力ありすぎてすまん。 いや、こんな人格やから影響力を持ったんかな。 と今思った。 — ヒカル kinnpatuhikaru 度が過ぎてないこと以外じゃなく度が過ぎてること以外はの間違いやな。 訂正しときます。 あんまり突っ込まれてないからみんなも気付かなかったくらい分かりにくい間違い(笑) — ヒカル kinnpatuhikaru 一般人の浮気はどうでもいいけど、 有名人の浮気は盛大に叩かれる。 やってることは一緒やのにな。 世間的には有名税って言われてるけど、俺は有名税払う気ない。 ぜーんぶ開き直る(笑) 払いたい有名人だけ払ってればいい。 国から払えと言われたら速攻払います👍 — ヒカル kinnpatuhikaru とは言え、ヒカルさん自身が述べているように、すでにトップYouTuberにも関わらず、お金儲けだけのために今回の事案を起こしたとは考えにくいです。 普通に考えれば、「炎上商法で知名度を上げること」が目的のような気がしますが・・・ しかもタイミングとしては、ちょうどこの日、ヒカルさんはインタビュー記事にてヤフーニュースのトップも飾っています。 ヤフーニュースに載ってるらしいです。 取材されたのでおなじみのビッグマウスで回答しておきました。 — ヒカル kinnpatuhikaru まじか…すべての記事に載っとる(笑) 場違い感すごいな。 ありがとうございます! — ヒカル kinnpatuhikaru 偶然かもしれませんが、騒動を起こして注目を集めるには抜群のタイミングだったと言えるでしょう。 何はともあれ、近いうちに動画で説明してくれると思うので、そこに注目したいところです。 【追記】ヒカルが謝罪及び自社株買いを発表 2017年8月17日、ヒカルさんが自身の炎上騒動に対して、謝罪文を発表するとともに、一連の行動の意図、得た利益5465万円相当(2017年8月17日時点の円換算)を全て自社株買いに回すことを発表しました。 全てのビットコイン(5465万円相当)を使って自社株買いを行います! — ヒカル kinnpatuhikaru ヒカルさんの発表内容をまとめると、• 「優待を発表すると言って価格を吊り上げたこと」、「インサイダー取引をしている」という2点の情報に関してはガセ情報• もともとVALUをしていた理由は動画の企画の一環で、利益を得るつもりは一切ない• 井川さんはヒカルさんらのファンのためにVALUを売っただけ• 優待に関しては、ヒカルさんの株主だけに生配信で発表する となります。 どうやらネット上で指摘があがっている優待の画像に関しては、初期設定のものが出回ってしまっただけのようです。 株主優待に関しての画像ですが、これは1番下を見て頂ければ分かるように優待期限がバリュー販売前です。 初期設定の時のタイムラインの履歴が残っていただけで株主優待の欄には優待を書いたことは一度もありません。 これは間違いない事実なので強く否定します。 嘘の情報に振り回されないで下さい — ヒカル kinnpatuhikaru 冷静に考えれば、ヒカルさんがVALUを開始されたのは8月10日に対して、優待情報は2017年7月20日〜8月8日とそれ以前の日程が書かれているので、この言葉に偽りはないでしょう。 最後にツイッター上にて謝罪の言葉も述べられています。 そして、今回は僕の行動や言動により多くのファンや視聴者の皆さん、普段から関わってくださっている方々にご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。 お騒がせして本当にすみませんでした。 今後はこのような事がないようにしっかりと自分の行動に責任を持って活動していきます。 — ヒカル kinnpatuhikaru 最後に、 今回で改めて皆さんに支えられているなと感じました。 たくさんのリプやメッセージ、 全て読ませてもらっています。 とてもとても大きな励みとなりました。 本当にいつもありがとうございます。 感謝しても感謝しきれません。 ありがとう。 — ヒカル kinnpatuhikaru これで騒動が落ち着いてくれることを願いたいですね。

次の