瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ。 崇徳院(すとくいん)|子供と愉しむ百人一首:百人一首の意味を知ろう

【百人一首講座】瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ─崇徳院 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ

【2003年2月5日配信】[No. 時間の過ぎゆく速さにはいつも驚かさ れます。 暦の上ではもう春なんですね。 それにしても1月下旬から寒さが特に厳しくなり、依然として 雪が降ったり凍るような風が吹いたりしている毎日です。 山に掛かる雲も、輪郭がぼやけ、綿菓子のような形のをよく見 かけるようになりました。 輪郭があいまいなのは、雪を降らせる 雲の特徴。 山頂部は激しい雪が降っていることでしょう。 今は全国的にインフルエンザが大流行しているようですし、と ても春に近づいた様子がない、というのが正直なところ。 しかし気がつくと日の暮れがすこしづつ遅くなっています。 そういうところに、かすかな春の気配を感じる、といったとこ ろでしょうか。 長い不況が続いており、海外ではテロや戦争の噂まであります。 今の時期は誰しもに厳しい「冬」にもたとえられるでしょうが、 長い冬は暖かい春への準備だとも言えるでしょう。 月の半ばごろ からは、梅の便りも届くでしょうし。 暖かい春を目指して準備を 怠りなく過ごしたいものです。 最終回は、鳥羽天皇の第一皇子・崇徳院が詠んだ再会を待つ一 首です。 しかしまた1つになるように、愛しいあの人と今は分かれて も、いつかはきっと再会しようと思っている。 「〜を+形容詞の語幹+み」 と続くと、「〜が・形容詞・なので」と理由を表す言葉になりま す。 ここでは「川の瀬の流れが速いので」という意味です。 【岩にせかるる 滝川(たきがは)の】 「せかる」は「堰き止められる」という意味の動詞「せく」の未然 形で、後に受動態の助動詞「る」が付きます。 「滝川」は、急流とか激流という意味です。 上の句全体が序詞で、 下の句の「われても」に繋がります。 【われても末(すゑ)に】 「われ」は動詞「わる」の連用形で、「水の流れが2つに分かれる」 という意味と「男女が別れる」という意味を掛けています。 「ても」は逆接の仮定で、「たとえ〜したとしても」という意味で すので「2つに分かれてたとしても後々には」という意味になります。 【逢はむとぞ思ふ】 「水がまたひとつに合う」のと「別れた男女が再会する」の2つの 意味を掛けています。 「きっと逢いたいと思っている」という意味 です。 1119〜1164) 鳥羽天皇の第一皇子で、1123年に5歳で天皇の位を譲り受けまし た。 18年の在位の後に近衛天皇に譲位し、鳥羽上皇(本院)に対 し新院と呼ばれました。 鳥羽上皇の死後、後白河天皇との間で、 後の天皇にどちらの皇子を立てるかで対立。 戦となります(保元 の乱)が破れ、讃岐(現在の香川県)に流され、45歳で没しまし た。 在位中に藤原顕輔に『詞花和歌集』を編纂させています。 定家の父) に命じて編纂させた「久安百首」に載せられた一首です。 山の中を激しく流れる川の水が、岩に当たって堰き止められ、 岩の両側から2つに分かれて流れ落ち、再びひとつにまとまる。 その様子を離ればなれになった恋人への想いに重ねて詠う激しい 一首です。 「障害を乗り越えても必ず逢おう」という気持ちが込められてお り、激しく燃えさかる情熱と、強烈な決意のようなものが感じら れます。 しかし歌の作者・崇徳院は、18 年間位についたものの、当時の鳥羽上皇に強引に譲位させられま す。 さらに息子・重仁親王を天皇にと願ったものの、やはり上皇 の考えで後白河天皇に位を奪われます。 そして上皇の死後、後白 河天皇と、どちらの皇子を天皇にするかで争って破れたのが「保 元の乱」でした。 後世には、崇徳院の不遇な生涯とこの歌を結びつけ、強引に譲 位させられた無念の想いが込められている、と解釈する研究者も います。 それほど激しい想いを感じさせる歌でもあります。 崇徳院は乱に破れて讃岐国松山(現在の香川県坂出市)に流さ れた後、後白河天皇を呪い、ヒゲや爪を伸び放題に伸ばして恐ろ しい姿になりました。 調べに訪れた朝廷の使いは「生きながら天 狗と化した」と報告し、また今昔物語では西行が讃岐を訪れた際 に怨霊となって現れます。 しかし、戦乱の世を知らない我々は、離れば なれになった恋人との再会を誓う歌として詠むのがロマンチック でしょう。 拉致問題で北朝鮮から帰還した人々も、一時は今生の 別れを覚悟したかもしれません。 しかし、生きてさえいれば、ま た喜ばしい再会がめぐってくることもあるでしょう。 この一首は、そういう希望を詠んだ歌ではないでしょうか。 崇徳上皇が流された讃岐の地は、現在の香川県坂出市。 瀬戸内海 を望む海辺の街で、本州と四国を結ぶ、瀬戸大橋の基点です。 坂出市の崇徳上皇ゆかりの史跡には、流された上皇が暮らした 「雲井御所」(林田町)や、遺体が葬られた白峯山などがあります。 最近は、コシがあって柔らかく、しかも100円ほどで食べられる 「讃岐うどん」がブームのようです。 古の別離に想いをはせなが ら、グルメ旅行に訪れられるのも一興でしょう。 ここで一応終刊号とさせていた だきます。 最後までご愛読いただいた約1100人の読者の皆様、ありがとう ございました。 崇徳院のように怨霊にはならないでしょうが、 一抹の寂しさはございます。 しかし、分かれてまたひとつに合す る滝川のように、またいつの機会かお目にかかることを期待し、 皆様が健やかに日々を過ごされることを希求しております。

次の

【百人一首 77番】瀬を早み…歌の現代語訳と解説!崇徳院はどんな人物なのか|百人一首解説サイト

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ

崇徳院 すとくいん 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ せをはやみ いわにせかるる たきがわの われてもすえに あわんとぞおもう 意訳 流れの速い川が、岩で二つに分かれても、またその先で一つの流れに戻るように、例え、今二人が別れても、いつかは再び一緒になろうと思うのだ。 歌の種類 恋 『詞花集 恋上229』 決まり字 せをはやみ いわにせかるる たきがわの われてもすえに あわんとぞおもう 語呂合わせ 背割れ(せ われ) 人物 崇徳院(1119年7月7日-1164年9月14日) 曽祖父は白河上皇。 父は鳥羽天皇。 母は待賢門院璋子。 在位は1123年3月18日 — 1142年1月5日 今は別れても、いつかは 崇徳院は、産まれる前から幸せの薄い人でした。 鳥羽天皇は息子の崇徳院を、叔父子と呼び、愛しませんでした。 崇徳院には、母璋子と曽祖父白河上皇との間の子ではないかという噂があったのです。 余談ですが、藤原忠実は璋子の素行に噂ありとして、長男との縁談を断り、白河上皇の怒りを買っています。 ともかく、白河上皇は璋子を孫の鳥羽天皇に嫁がせ、崇徳院が産まれます。 そして、崇徳天皇は5歳で、20歳で譲位させられた鳥羽天皇に代わり帝位につきます。 しかし、白河上皇の崩御すると、鳥羽上皇はさっそく23歳の崇徳天皇を3歳の異母弟を譲位させたあげく、この天皇が夭折すると、次は崇徳院の同母弟(後白河天皇)を据えました。 そして、その皇太子には後白河天皇の皇子をつけたのです。 崇徳院が、院政を継ぐ可能性は完全になくなったのです。 鳥羽上皇が亡くなったのをきっかけに保元の乱が勃発します。 敗れた崇徳院は讃岐に流され、生きながらにして悪霊となり、8年後世の中を呪いながら亡くなりました。 読み上げ.

次の

百人一首 崇徳院(すとくいん)77番歌 小倉百人一首辞典

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ

【現代語訳】 瀬が早いために岩に遮られる滝川とおなじように、たとえ一度は別れ別れになっても、行末はかならずまた逢おうと思う。 【解説】 山の中を激しく流れる川の水が、岩に当たって堰き止められ、岩の両側から2つに分かれて流れ落ち、再びひとつに合流して流れていく。 その様子を離ればなれになった恋人への想いに重ねて詠う激しい一首です。 厳しい試練を乗り越えても必ず逢おう、という気持ちが込められており、激しく燃えさかる情熱と、強烈な決意のようなものが感じられます。 崇徳院とは、どんな人物?? 鳥羽天皇の第一皇子で、1123年に5歳で天皇の位を譲り受けました。 18年の在位の後に近衛天皇に譲位し、鳥羽上皇に対し新院と呼ばれました。 鳥羽上皇の死後、後白河天皇との間で、後の天皇にどちらの皇子を立てるかで対立し、戦となります。 崇徳院が破れ、讃岐に流され、45歳で没しました。 在位中に藤原顕輔に『詞花和歌集』を編纂させています。 まとめ! 上の句 瀬を早み岩にせかるる滝川の 下の句 われても末にあはむとぞ思ふ 歌人 崇徳院(1119~1164年) 決まり字 せ 決まり字数 1 収載和歌集 詞花和歌集.

次の