井 の 中 の 蛙 大海 を 知らず。 「井の中の蛙大海を知らず」の意味とは?意味や使い方を解説!

井(い)の中(なか)の蛙(かわず)大海(たいかい)を知(し)らず

井 の 中 の 蛙 大海 を 知らず

広い世界があるのに狭い世界のことしか知らず、知識や見聞が狭くなっていることを指します。 この言葉は日本のものではなく、中国で生まれたものです。 荘子という中国の思想家の「秋水篇」という作品に書かれていた一文が由来となっています。 基本的にはネガティブな言葉として使われることが多くいです。 また、日本にこの言葉が入ってきてから追加された言葉があり「されど空の深さを知る」と続けて読むこともあります。 「井の中の蛙大海を知らず」の意味 「井の中」とは井戸の中のことを指します。 井戸の中の蛙は井戸の中の世界しか知らず、外には大きな海が広がっていることを知らないまま、井戸の中の世界を全てだと思っているということです。 つまり、自分の視点や考え方が全てだと思い、他の視点や考え方があるということを知らない、見識や見聞が狭くなっているとう意味になります。 「井の中の蛙大海を知らず」の使い方 世間知らずな行動や発言、考え方の人を比喩するときに使うことができます。 世間知らずであることを知らないというになります。 また、固執した意見や考え方を持ち、他からの意見を受け入れない人にも使えます。 基本的にはネガティブな言葉になるため、良い場面では使用することはありません。 面と向かって言うことはやめましょう。 「井の中の蛙大海を知らず」の例文 彼は頭も良く、発言が得意で私たちを引っ張っていく存在ではあるが少し無理やりなところがあります。 そんな彼は私たちと話し合いをするときに、まるで自分の意見が全てかのような態度を取り出すのです。 彼よりも良い意見が他では出ていたことを話しても、自分の偏った意見が正しいと思い込み押し切ってしまいました。 これが「井の中の蛙大海を知らず」なのかと思いました。 「井の中の蛙大海を知らず」のまとめ 「井の中の蛙大海を知らず」とは広い世界があるのに狭い世界のことしか知らず、知識や見聞が狭くなっていることを指します。 基本的にネガティブな意味として使用するもので、固執した視点や考え方に縛られていて、他の視点や考え方があることを知らない人に使用する言葉です。 どんな時でも自分の考えがあるように、他の考え方もあるということを忘れないようにしたいものですね。

次の

【井の中の蛙大海を知らず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語・英語)

井 の 中 の 蛙 大海 を 知らず

「井の中の蛙大海を知らず」とは 「狭い世界での知識にとらわれ広い世界でのことを知らない」「見識が狭い」という意味です。 「いのなかのかわずたいかいをしらず」の読みます。 「井の中の蛙」「井蛙(せいあ)大海を知らず」「井蛙」などと略されることもあります。 「井の内の蛙」や「井底の蛙」と表現されることもあります。 よくある分野で経験を積んで「私は何でも知っている」と粋がる若者に諭す場合に使われている場面を目にします。 「井の中の蛙大海を知らず」は「荘子」の「秋水篇」が由来です。 原文では「井蛙不可以語於海者、拘於虚也。 」ですが、現代語に訳すと「井戸の中の蛙と海について語ることができないのは、虚のことしか知らないからだ。 」と書かれています。 直接ではありませんが、近い表現ですよね。 この一文が由来となり「井の中の蛙大海を知らず」と表現されるようになりました。 ネガティブな意味で使われることの多い「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあることをご存知でしょうか? 「井の中の蛙大海を知らず」「されど空の蒼さを知る」という言葉に繋がります。 続きの文はは日本に伝わってからつけられたと言われています。 「されど空の蒼さを知る」以外にも「されど天の高きを知る」「されど地の深さを知る」「ただ天の広さを知る」などがあります。 どれも「狭い知識で、広い見識はないけれど、自分の得意分野であればよく知っている」とポジティブな言葉に変わります。 不思議な言葉ですよね。 類語は「鍵の穴から天覗く」です。 「狭い知識で広い世界のことを考える」という意味になります。 最後に例文です。

次の

井の中の蛙大海を知らずについてガチ考察してみた。

井 の 中 の 蛙 大海 を 知らず

自分の狭い知識や見解に囚われ、他に広い世界があることを知らないで、得々と振る舞っている者のことを蛙に喩えた言葉。 類似のことわざ• (せいあ)• 坎井(かんせい)の蛙(あ)• 井底の蛙• 夏の虫雪を知らず• (げい)• 類似の英語のことわざ• The frog in the well does not know the ocean. (井の中の蛙大海を知らず) 出典について 「-秋水」「 井蛙不可以語於海者、拘於虚也」[井蛙(せいあ)は以って海を語るべからず、虚(きょ)に拘(なず)めばなり(井戸の中の蛙に海のことを話しても分からないのは、狭い場所にこだわっているからである)] 寓話。 井桁に足を掛けていた蛙が東海に住む亀に向かって「私はこの古井戸を独占し、居ながら青天を望むことが出来る。 君もここへ入ってみなさいな」と自慢した。 亀は井戸に入ることも出来ず、大海の広さについて話して聞かせた。 蛙はただ驚き、亀は蛙の見識の狭さに呆れた。 参考:黄河の水神の「河伯(かはく)」は秋になると水かさを増し美しくなる黄河の流れを得意げに見渡しながら流れに身を任せ、渤海へと出た。 河伯は渤海の広大さを見て驚くと共に、黄河の流れを得意に思っていた自分の見識の狭さを恥じ。 河伯はそのことを包み隠さず渤海の神「若(じゃく)」に話すと、若は河伯にこう言った。 「井の中の蛙は海の事を話しても分からない。 なぜなら蛙は自分の住む井戸の中を全てと思い込み海を知ろうとしないからだ。 しかし、自分の見識の狭さを知った君とは海のことについて語り合える。 」 蛇足:「井の中の蛙大海を知らず」に続く言葉とするものがある。 後の人が付けたものと考えられるが、定かではない。

次の