キッチン ブリーチ 濃度。 くらしリズム キッチンブリーチ 600ml

マイキッチンブリーチ

キッチン ブリーチ 濃度

【使用量の目安】5Lの水に30ml キャップ約1杯強• 【漂白 除菌・消臭 】30分くらい 汚れのひどい時は少し長めに 浸したあと水ですすぐ。 【除菌 除臭 】2分くらい浸した後、よく水ですすぐ。 まな板、食器 茶碗、カップ、哺乳びん等 、きゅうすの場合• 【使用量の目安】5Lの水に50ml キャップ約2杯• 【漂白 除菌・消臭 】30分くらい 汚れのひどい時は少し長めに 浸したあと水ですすぐ。 【除菌 除臭 】2分くらい浸した後、よく水ですすぐ。 食器用スポンジの場合• 【除菌 除臭 】2分くらい浸した後、よく水ですすぐ。 冷蔵庫、食器棚の場合• 【除菌 除臭 】液に浸した布を絞って拭いた後、水拭きする。 【使えるもの】• 【試し方】目立たない部分に濃いめの液をつけ、5分ほどおいて黄変するものには使わない。 【復元方法】• 樹脂加工された繊維製品が黄変した場合は、市販の還元系漂白剤で元に戻ります。 繊維や材質自体が変色して黄ばんだものは、漂白剤でも戻りません。 使用上の注意• 有毒ガスが発生して危険。 破裂することがある。 脱色することがある。 また、ガスが発生するので獣毛のハケやブラシ等は使用しない。 応急処置• こすらずすぐに流水で15分以上洗い流し、眼科医に相談する。 異常が残る場合は皮ふ科医に相談する。 包装容器の材質 キャップ:PE ボトル:PE ラベル:PP.

次の

ブリーチを薄めた消毒液でウイルス対策。トイレ、玄関、洗濯機も

キッチン ブリーチ 濃度

消毒・除菌に使用するために薄める際の参考にしてください。 神戸物産「業務スーパーキッチンブリーチ」約4. 野菜・果物・食品加工等の殺菌、食品に触れる厨房器具の除菌・漂白に。 洗剤ではとれないシミ・茶しぶ・プラスチック製品の黒ズミを落とし、バイ菌を取り除いてイヤなニオイを消します。 ライオンの塩素系漂白剤、購入時の注意点 「ニューブリーチ」は次亜塩素酸ナトリウム濃度が、サイズごとに違います。 5kg、5kg、18kgは6%。 20kgは12%です。 Amazonでも100円で販売されています(2020年3月11日現在) 【ミツエイ「キッチンブリーチS」商品説明文】 ・漂白・除菌・除臭ができる台所用漂白剤 ・ふきん・まな板の雑菌を除菌 食器、まな板などの除菌・除臭が出来る台所用漂白剤。 つけ置き洗いで茶渋・黒ずみ・ふきんのシミもスッキリした白さに。 Amazonでも112円で販売されています(2020年3月11日現在) 【ロケット石鹸「マイキッチンブリーチ」商品説明文】 お台所の衛生・漂白に。 ふきん・茶碗・まな板に。 茶しぶ・シミを漂白し、バイキン・ニオイを除きます。 [洗浄と漂白] 台所用洗剤では取り除けないふきんのしみ・食器の茶しぶ・プラスチック容器の黒ずみなどをキレイに落とします。 [除菌と消臭] ふきん・まな板・ゴミ入れなどについている雑菌・悪臭をしっかり取り除きます。 カネヨ石鹸「キッチンブリーチ」の塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)は5. カネヨ石鹸「キッチンブリーチ」…塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)約5. 大手メーカーではないメーカー(失礼)の中では、もっとも塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)が高かったです。 【カネヨ石鹸「キッチンブリーチ」商品説明文】 お台所のまな板、調理用具等の除菌・除臭・漂白に。 ただし、ホームページ上に「」という記事がありましたので、それを元に濃度を計算しました。 【2020年4月13日追記:2020年4月9日花王はハイターの濃度について見解を発表しています】 「キッチンハイター」と「ハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されていますが、生産からご使用までの期間や、保管されている環境などによって、次亜塩素酸ナトリウム濃度が低下している可能性があります。 花王「ハイター」「キッチンハイター」次亜塩素酸ナトリウム濃度計算式 下記表の中央を元に割り出します。 検証のために引用しています。 (2020年3月17日に電話で問い合わせました) 神戸物産「業務スーパーキッチンブリーチ」塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)は4. jikobukken.

次の

メーカー別ハイター ブリーチの濃度一覧【塩素系漂白剤】花王 ミツエイ 第一 ロケット カネヨ ライオン 業務スーパー AEON

キッチン ブリーチ 濃度

ノロウイルスシーズンということもあり、普段、ペットや金魚、熱帯魚用に使っていた塩素消毒液の濃度を、もう一度正確に確かめてみることにした。 うちでは、や(洗濯・衣類用)の次亜塩素酸ナトリウム消毒液で、猫用品や水槽の消毒、メンテナンス用具の消毒などをしている。 普段は500mlのペットボトルにハイター、ブリーチを適当に少しだけ入れ、100均で買ったスプレーキャップを付けて使っている。 以前は0. 1パーセントの濃度をきちんと量って消毒液を作っていたが、段々面倒になって、終には目分量になってしまっていた。 しかし、よくよく調べてみると、日常の清掃・消毒に使う分には、消毒液の濃度は0. 1パーセントも必要ではなく、次亜塩素酸ナトリウム0. 02パーセントで足りるらしい。 そこで、ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度を調べようとラベルを見回すのだが、何故か何パーセントであるかが書いていない・・・。 色々調べた結果、ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は約5パーセントであることが判明()。 正確には、製造段階ではもう少し濃度は高いらしいが、時間の経過や開封により、塩素濃度も少しずつ減るのだとか。 ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度が5パーセントということは、つまりは250倍に薄めれば0. 02パーセントの濃度になるわけだ。 たったの2ミリリットル。 今までは結構ドボドボと入れていた。 大さじ1杯ぐらい入れていた気がする・・・。 かなりな高濃度。 スプレー後に水洗いしていたとはいえ、よく事故が起こらなかったなって感じだ。

次の