キングダムネタバレ 634 確定。 キングダムネタバレ最新話649話【確定速報】考察感想+画バレ+本バレ休載

キングダム639話ネタバレ確定!遂に始まる騰軍による列尾攻め!そして李牧は斬首刑! | 8ラボ(はちらぼ)

キングダムネタバレ 634 確定

精鋭のみの部隊だけに動きが速い。 後方を攻められて対応せざるを得なくなる。 動きを止めて迎撃する李牧軍。 17日目の夜を迎えてしまう。 急ぐ李牧軍は一部を鄴に向かわせる。 18日目の朝に到着するが疲弊する李牧軍。 ゼノウと雷土の軍を前に葬り去られる。 倒しきれない李牧軍。 鄴はすでに限界で内側から民衆の暴徒化。 結果的に門が開いてしまい、李牧の敗北と鄴の陥落が決する。 で史実と同じ精鋭展開となりました。 史実では鄴攻めは9つの城を陥落させた後で、 桓騎と楊端和を置いて王翦のみで閼与を攻めます。 これに関しては鄴攻めの史実とキングダムが一致した瞬間と言えます。 飛信隊と玉鳳隊と飛信隊を含めた精鋭部隊が李牧の後方に迫っています。 鄴陥落までは即日で決するのではないかと予想されます。 それを信じている王翦もまた、見えてはいませんがとんでもない求心力を持つ人格者なのではと感じます。 鄴内部の食糧は無くなり、民衆が門を開けようと押し寄せています。 今はまだ火災が少し起こる程度の内部崩壊ですが、 このまま状況が悪化すればイナゴの民衆は暴徒と化すでしょう。 疑心暗鬼の心は「 余所者である自分たちだけ食べれていないのでは?」と邪推しそうなものです。 桓騎軍の誘い文句 桓騎軍は外から「 一般人を殺さない」と言い続けています。 実際に城を叩かれた後も王翦の言葉によって、秦国軍は民衆を逃がす策を講じています。 その言葉も真実であると感じても何ら不思議はないでしょう。 今ある状況まで計算に入れた上での民衆に対しての扱いだとすれば、王翦のシミュレーションは李牧を超えているのではと思えます。 李牧も想像の上なのだとすれば、どんな解放術を見せるのでしょうか。 李牧も想定の範囲内か 当たり前の話ですが、 李牧は今の軍力で桓騎軍を倒せると考えています。 また後ろから王翦軍が追撃してくる事も想定の範囲と言えるでしょう。 但し、 兵糧の限界は感じているので空腹状態で士気が完全ではない軍と考えているかもしれません。 当初8万8千の軍での戦いでしたが、それが減りに減って、今では7万以下程度ではないかと思えます。 だとすれば、 多くとも1. 5万程度の兵力で向かっているのでしょう。 もしそうだとするなら、李牧軍の軍勢から見れば 本当に5分の1や6分の1程度の数になるでしょう。 桓騎軍が重要になるか 王翦軍が 小規模の精鋭で機動力重視の追撃を行うのも李牧の想定外かもしれません。 完全に布陣する前に届けばそれなりのダメージを与えられるはずです。 但し、それだけでは 李牧の大軍を倒し切る事は出来ません。 李牧の首を取れれば、勝利となりますが史実を見てもここで李牧の死亡はありえません。 もし門が解放の前に相手しまって、 桓騎軍がその民衆を狙い撃ちするのだとすれば李牧からすれば一つの和解タイミングと言えます。 蹂躙されて民衆を殺されるよりも鄴の明け渡しを選ぶ気がしてなりません。 信と蒙恬と王賁の活躍 鄴攻めで重要な役割を担うのは信と蒙恬と王賁でした。 それを昌平君も示唆していたのが分かります。 元より想定していない事態に向けて、 飛信隊と楽華隊と玉鳳隊には独立遊軍の形で経験を積ませています。 想定していない事態が必ず降りかかる。 故にそこで重要になってくるのが、瞬間瞬間の的確な現場判断だ。 その能力を高く培う為にお前達三隊は小隊の内から独立遊軍という特別な権限を与えられている。 -昌平君- キングダム46巻より 朱海平原でも相当な貢献をしていましたが、最終の鄴陥落に関してもこの3人が活躍するはずです。 元より朱海平原で李牧軍が敗北する事になった原因は、この三人の実力の見誤りにあったと言えます。 蒙恬ではなく麻鉱を討った李牧。 更に趙峩龍や尭雲が信と王賁に討たれるという現実もありました。 最後の最後で想定外だった龐煖の登場があれど、信に敗れています。 ここからの鄴の最終の戦でも、また三隊による想定外が巻き起こるのではないかと予測出来ます。 果たして最終戦の開始、キングダム634話で何が起こるのか。

次の

キングダム635話ネタバレ!鄴陥落で李牧逃亡!桓騎に驚く信と王翦の決断は?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

キングダムネタバレ 634 確定

31日間の無料期間と600Pがもらえる! 前回のキングダム【第633話】のあらすじ 鄴は、食糧難により民の暴動が始まっていた。 周囲では、桓騎軍が鄴の陥落を待っている。 一方で、鄴を目指す李牧軍。 秦軍は少数の精鋭隊を作り、李牧を追うことになっていた。 キングダム【第634話】の確定ネタバレ 追いついた精鋭隊 急いで鄴を目指す李牧軍。 すぐ後ろでは、王翦率いる精鋭隊が兵士を倒し始めている。 李牧軍に比べて王翦軍は少数。 人数が少ないだけに、前進するスピードが速い。 すぐに追いつかれてしまった。 本来であれば、精鋭隊を片付けてから進みたいところ。 しかし、すでに十七日目。 鄴の陥落がいつ起きてもおかしくない。 李牧は精鋭隊には目もくれず、先を急いだ。 李牧の予想通り、鄴城内はパニック! 空腹に耐えかねた人々が、外へ出ようと門へ押し寄せる。 必死にくい止める兵士。 鄴が秦軍に奪われたら、趙国の未来が危うい。 兵士は一般人の行動を罵倒する。 だが、一般人からすれば、兵士は民のことを考えていない。 いつも自分のことばかり。 一般人の不満は爆発! 槍を向ける兵士に対して、武器を持って門へと突進する。 暴動は、鄴城主の 趙季伯にも報告されていた。 鎮圧のため武力を用いるのは仕方がない。 趙季伯は心から焦っていた。 燃える周囲のお屋敷。 難民兵の暴動。 さすがにもう限界だろう。 邯鄲軍でも李牧軍でもいい。 一刻も早く誰か助けに来て欲しいと、城主は嫌な汗を流していた。 騒がしくなって来た城内。 城外で待つ桓騎。 何も言わず不敵な笑みを浮かべていた。 李牧軍の動き 王翦軍の動きを止めるため、後方で戦う李牧軍の殿 しんがり 隊。 ところが、糸凌によって一網打尽。 一瞬で倒されてしまった。 李牧軍の動きは、決して遅かったわけではない。 十六日目には、鄴まで半日で着くところまで来ていた。 しかし、ここから王翦軍によって急激に減速。 殿隊でくい止めたいところだったが、倉央と糸凌によって心臓部まで邪魔され、思うように進めないでいた。 このまま進み続けても危険だ。 鄴の周りでは桓騎軍が待ち構えている。 大打撃を受けては、いくら李牧軍といえど桓騎軍を討つことはできない。 李牧は足止めを決意。 全軍を停止させ、王翦軍を殲滅させる動きに出た。 李牧軍は左右へと丸く広がり、中に入って来た倉央軍を仕留めようとする。 すぐに反応した倉央。 蒙恬と王賁もすぐに対処。 急いで後方へと下がる。 気づくのが遅かったのは飛信隊! 軍師として成長した河了貂といえど、まだ蒙恬の王賁の判断には追いつけていないようだ。 李牧の首を狙う気満々の信。 周りに説得されて、慌てて後方へと逃げる。 李牧の反転包囲戦によって、逃げ遅れた一部の王翦兵がやられた。 しかし、気づく者が多かったせいで、 王翦軍に大打撃を与えるまでにはいたらない。 悔しがる李牧。 王翦は 「それでいい」と、余裕の表情であった。 待ち構えていた桓騎軍 繰り返される李牧軍と王翦軍の攻防。 十七日目に突入し、鄴に着かずに夜を迎えてしまった。 食事をすませる飛信隊。 のんきに食べてて大丈夫だろうか? 信の予想は的中。 李牧軍は 夜襲を仕掛けてきた。 夜襲によって、王翦軍は一気に後退。 距離があいてしまった。 その隙に李牧軍は夜でも前進。 鄴を目指す。 そして、 十八日目の早朝。 李牧軍はようやく鄴に辿り着いた。 外から見る限り、鄴はまだ陥落していない。 おそらく、桓騎軍も動いていないだろう。 李牧は桓騎軍に奇襲するように指示。 ところが、部下はなにかに気づく。 鄴の前に現れた隊列。 李牧軍の前に立ちはだかるのは、 ゼノウ一家! 桓騎の指示で待ち構えていたのだ。 しかし、躊躇しているヒマなどない。 李牧軍は本軍を待たずに、力技で突破しようと前進。 左右の傅抵とカイネに号令。 後方の紀彗軍も急ぐように指示していた。 少し離れたところでは、桓騎が見向きもせず笑う。 「フッ、バカが」 李牧軍は休まず走り続けたため、もうヘトヘト。 対して、ゼノウ一家の強さは絶大。 次々と李牧軍の兵士をなぎ倒していく。 手駒の差 紀彗軍と戦っていた王翦軍。 すると、紀彗軍が突然前方へ走り出した。 李牧軍へ合流するためだろう。 王翦の元には、部下から桓騎軍と李牧軍が交戦中と報告が入る。 慌てる部下に対して、王翦は一切焦っていない。 「 もう慌てずともよい」 余裕の王翦。 李牧軍はすでに疲弊している。 優秀な李牧といえど、今の状態で桓騎に勝つなど無理だろう。 李牧の作戦では、朱海平原にて秦軍を殲滅。 そのあと南下して鄴を解放する予定だった。 だが、その戦略は 前半で失敗した時点で破綻している。 李牧軍は王翦軍を倒すこともできず、逃げたに過ぎない。 では、 なぜ李牧軍は朱海平原で負けたのか? 王翦の問いかけに、部下は意気揚々と「李牧よりも王翦様の才覚が勝っていたから」と豪語する。 ところが、王翦は否定。 李牧と王翦の軍略はほぼ互角。 むしろ、先に秦軍は亜光と麻鉱を失った。 戦局だけみれば、李牧の方が上かもしれない。 王翦は言い切る。 「 手駒の差だ」 確かに、王翦軍は将を2人失った。 だが、李牧軍は尭雲と趙峩龍を失っている。 蒙恬・王賁・信の若き三人の活躍があったからこそ、軍の力は衰えるどころか神がかった粘りと強さを見せた。 三人の戦いぶりが、李牧の作戦を狂わせたのである。 もちろん、自国の邯鄲軍が動かなかったことも大きいだろう。 それでも、 持っていた駒の違いが勝敗を分けた要因だった。 必死に桓騎軍と戦う李牧軍。 ところが、目の前で驚くべき光景が飛び込んでくる。 ゆっくりと動き始めた城門。 ついに開門。 難民が一斉に外へと走り出した。 スポンサードリンク キングダムの最新話や最新刊を無料で読む方法 やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。 キングダムの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です! 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。 キングダムのアニメも見放題で配信中でした! さらに、実写版キングダムも2019年10月23日より配信が決定しています。 こちらは770円でレンタルとなりますのでご注意ください。 DVDレンタルよりも早い先行配信となります! U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。 先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。 すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music. jpのサービスをご利用になってみてください! 紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。 \31日間無料&600P付き/ 映画キングダムもU-NEXTで配信 U-NEXTでは実写映画のキングダムも配信しており、こちらは550円で視聴可能となっております。 無料でもらえる600Pを電子書籍に使わなければ、実写映画「キングダム」も無料視聴することが可能です! 漫画やアニメの実写化は基本的には評判があまり良くないことが多いのですが、今回のキングダムの映画はかなり評判も高かったですね。 キングダムを見たことがない人でも楽しめる内容になっていたそうです! キングダム【第634話】の感想 珍しいですね~ 王翦が人を褒めるなんて。 王賁に限っては息子ですからね。 直接伝えなかっただけで、王翦もまた三人の活躍を認めていたようです。 王翦が言った通り、李牧の戦略は最初から破綻しています。 なのに、李牧は龐煖の戦いを最後まで見届けた。 やはり、もっと早く逃げるべきだったのではないでしょうか? 王翦の思惑通り、難民により鄴が陥落。 ついに開門されました。 次回はキングダムが巻頭カラー! 李牧の反応に注目です。

次の

キングダムネタバレ最新話636話『王翦の驚くべき食糧調達方法とは?!』

キングダムネタバレ 634 確定

2020年3月12日 木 発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム634話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 3月5日は 新刊作業のため休載のようです。 前話 では、鄴の様子が描かれていました。 桓騎兵の民を殺さないという訴えから、民たちは城から出たいと言って、兵と争いになっていました。 これから李牧が来るまで鄴は持ち堪えることができるのでしょうか? 桓騎はゼノウ一族を読んでいましたが、出たとたん悲惨な状況になってしまうかもしれませんね。 また信たちも精鋭部隊に入り鄴に向かうようです。 信はまた活躍することができるのでしょうか? 634話もどんな展開になるのか楽しみですね。 今回は「【キングダムネタバレ最新話634話速報】ついに鄴陥落で秦と趙との戦いはどうなる?と題し紹介していきます。 キングダム634話ネタバレ最新話考察 やはり李牧は逃げ切ったか。 信は自分が倒れたせいだと考えていましたが、蒙恬は別の見方をしていましたね。 ギリギリまで逃げなかったこと、去り方も相当訓練された軍勢だったこと。 やはり趙三大天の李牧だけに最悪の事態を想定していたということですね。 さてここから鄴での戦いやいかに。 鄴の民たちはどうなる? 鄴の中にいる民たちは城から出ようと暴動になりかけていました。 城の外からは火の手が上がってるように見えましたね。 民たちが城から出てしまうのは時間の問題なのではないでしょうか? しかし趙の兵も必死で民たちを出ないようにしています。 趙兵が槍で民を刺してしまいましたが、これで少しはおとなしくなるのでしょうか? 逆に反発が強くなるかもしれませんね。 城に民たちが出られたところで、どうなるのでしょうか? 桓騎軍が保護するのか、それとも皆殺しにするのかでしょう。 桓騎は民たちも皆殺しにする? 桓騎はゼノウ一族を読んでいましたが、民たちも皆殺しにしてしまうのでしょうか? それとも民たちすらも味方につけて、城の中にいる兵士だけに攻撃するのでしょうか? 今までの桓騎のことを考えると皆殺しにしてしまいそうです。 ですが、田里弥は秦の領土となる場所で愚行はしないと言っています。 これは王翦の考えだと思いますが、その考えを桓騎も持っているのかというところがカギとなってきそうですね。 李牧が鄴に着いたらどう出る? 李牧たち趙軍は、鄴に向けて全軍で南下します。 当然秦軍も全力で李牧を追うことになるかと思いますが、李牧は逃げ切ることができるのでしょうか? また逃げ切り鄴にたどり着いたとしても鄴は桓騎が囲んでいます。 その状態で現状を打破するには鄴の兵士と連携し桓騎を挟撃することになるでしょう。 ですが、その間に王翦たち本陣も到着してしまいます。 なかなかここから逆転することは難しいように思えますが、李牧は焦った様子もなく、指示していました。 何かしらの策をまだ持っているのでしょうか? 李牧が次にどのような策に打って出るのか楽しみなところでもありますね。 閼与を制圧する? 史実では鄴は桓騎に任せて、王騎は閼与を攻め落としています。 それから精鋭部隊を鄴へ送り残りは帰国させています。 このことから信たちの精鋭部隊はこのまま鄴を目指し、王翦は別動隊で閼与を攻めるのではないでしょうか? また史実とは逆で王翦が鄴に向かう可能性もありますね。 桓騎兵は王翦が李牧を追って鄴に向かっていると言っていました。 そうなった場合は精鋭部隊が閼与を攻めるということになるでしょう。 閼与を攻めるということは李牧にとっては計算外となることと思いますし、王翦の戦略でどちらかをおとりに閼与を攻めるということなのかもしれませんね。 楊端和が動く? 鄴攻めに関してですが現在のところ桓騎が城を囲って兵糧攻めにしています。 史実では 王翦は桓騎に鄴を任して閼与を攻め、桓騎によって鄴は落とされたとなっています。 朱海平原の戦いが史実ではなかった可能性が高いので、この閼与攻めの代わりに朱海平原の戦いになっているのだと思われます。 またその中には楊端和もいたようです。 そのことから、鄴は王翦が鄴に行くまでもなく落とされると思われますので、そろそろ桓騎が動くのではないでしょうか? また楊端和も史実では鄴攻めに参加していたことから、楊端和たちが動いて鄴攻めの決着をつけるかもしれませんね。 桓騎が鄴に入った民を皆殺しにするという残虐な行動に出るのか、楊端和が犬戎を従えて鄴を制圧するかもしれませんね。 いずれにせよ朱 海平原の戦いの結果から、鄴攻めも進展していくのではないでしょうか? 信がついに将軍に? 信はこの鄴攻めで将軍になることができるのではないでしょうか? 今回の朱海平原の戦いで岳嬰、趙峩龍、そして龐煖と討ち取っています。 岳嬰、趙峩龍を討ち取ったことで将軍になれるのではと思っていました。 そこでさらに王騎もやられてしまった、龐煖を討つことができたことで、確実に将軍になれるかと思っています。 龐煖がいるだけで1つの隊が全滅してしまうような戦力でしたので、龐煖を討ち取ることができたのは、ある程度の武将を討ち取るよりも大きな成果だと言えるでしょう。 この戦いの後に将軍になる可能性も高いのではないでしょうか? キングダム634話のツイッターの予想・感想 龐煖(ほうけん)が倒されたにも関わらず、李牧の目には力があるように描かれています。 ここから鄴(ぎょう)の解放に李牧は成功するのかどうか?桓騎軍は相手の嫌がることをする難敵。 でんりみが言ってたことでわかる人おると思うけど 李牧が退却してぎょうを解放するのに桓騎倒すってなると 右翼の飛信隊が生きてると 挟まれて まぁ無理なんで 手っ取り早く 右翼の隊を消すのに信を死亡させるのが早いわけよ 文句言う前に考えた方がいいわ — haseo hiro90029141 キングダムだけど、桓騎軍がかなり元気がある状態だから、李牧としてはかなりきついと思う。 けど黒羊戦で桓騎の弱点を発見したと李牧は言っていたから、きっと何かが起きるはず。 その時に馬南慈も一緒に居たから、馬南慈が桓騎の弱点をつくのか? もしくは紀彗軍がリベンジに挑むのか? — ハンター Japan09hunter 今週のキングダム! お頭あああ! やっぱり桓騎軍も王翦軍もいいキャラしてる。 黒羊のときは何だか憎かったのに、いつの間にか桓騎軍凄く好きだわ。 摩論のおかげかな。 田里弥と倉央も出てきて、これからが楽しみ。 昌平君が初めて鄴攻めを口にしたのが495話。 632話現在でようやく鄴攻めの後半戦が始まろうとしてる訳だから今回の戦は改めて読むと結構長い。 個人的にはそろそろ桓騎将軍の活躍が観たい。 殺しに来た信にアドバイスして去っていく位えぇ奴やからなぁ。 — 田中雅人 jigokuhen1987X キングダム最新話634話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 李牧を追う飛信隊 秦と趙の戦いが17日目となるところです。 李牧は朱海平原から全軍撤退して鄴へと向かっています。 王翦軍は精鋭部隊を編成してそれを追います。 信たち飛信隊は逃げる李牧軍を追い、信は生き返ったばかりですが、趙兵を斬り払います。 田有もそれに続きます。 李牧は軍の先頭集団にいますが、そこに後ろの部隊が王翦軍に捕まったとの情報が入ってきます。 趙兵は後ろを見るともうすぐ王翦軍が迫っていることを確認し、大規模な秦軍がこれほど早く追いついてきたことに驚き焦ります。 またそこに追ってきている王翦軍の数が少ないとの情報が入ってきます。 李牧は追いつくために王翦は兵の数を減らしたと考えます。 どうするか趙兵が聞きますが、李牧はしばらくこのまま走ると言います。 李牧はもう17日目で鄴が限界に来ていてもおかしくないと考え焦りの顔を見せます。 なんとか自分たちが行くまで持ち堪えられるように願います。 ギリギリの状態の鄴内部 鄴の中では民たちが城から出ようと押し寄せていました。 趙兵も民たちが出ないように柵を立てて抑えています。 ですが、ギリギリの状態で、応援を呼ぶように趙兵は叫びます。 他の場所では徴兵が盾で民たちを抑えていました。 自分たちのことばかり考えていると秦に自分たちの国が滅ぼされてしまうぞと趙兵が叫びますが、民たちも兵に向かいお前たちも自分のことだけ考えている、民のことも考えろと訴えます。 民たちは叫びます「民はどうでもいいと思ってるんだろ」「娘が病気になってしまったの」「食べ物を出せ」「外へ出せ」と。 趙兵は民を槍で突き刺してわからせろと言います誘うとしますが、民たちも必死に抵抗します。 城の中心部では各門の前で兵士と民たちが争っており、民たちを抑えるために武力を使うとの報告が届いていました。 鄴の城主季伯は、方法がないのなら許すと言い、門を死守するように言います。 民たちは貴族たちが隠しているであろう食料を探し、自分たちだけ食べてと怒っています。 城主季伯のところにどこで火の手が上がっているのかという報告が届きます。 季伯は誰でもいいから早く助けに来てくれと望みます。 このままでは鄴が持たないと考えていました。 桓騎は鄴の城を何も言わずに眺めています。 反撃に出る李牧軍 李牧は16日目の時点で走り続ければ鄴まで半日程度で着けるところまで来ていました。 しかしここで王翦軍の追撃にあい、李牧軍の速度が落ちました。 倉央と糸凌が趙軍へ追いつき迫ってきていました。 李牧達はここで立ち止まって応戦するしかありませんでした。 ここで戦力を失っては鄴の桓騎に打つすべなくやられてしまうためです。 李牧は全軍進軍の停止、広失の陣で王翦軍を包囲するように指示します。 李牧軍は急に止まり、左右から後ろに回ることで倉央と糸凌達を包囲します。 倉央は危ないと判断し一度引くように指示します。 蒙恬は李牧軍が攻めに転じたことに気が付き、反転するよう指示を出します。 王賁たちはすでに対応していました。 しかし信はそのまま突っ込もうとしますが、李牧の戦術でそのままいたら飛信隊だけやられてしまうと河了貂が止めます。 信はようやく状況を理解し逃げます。 李牧軍の急な反転で王翦軍に反撃できましたが、すぐ秦軍も逃げたため大きな損害を与えることはできません。 信は精鋭部隊を侮るなと言いますが、田永はかなり危なかったとツッコミます。 李牧は悔しそうな表情で見つめます。 王翦にもこのことが伝われますが、逃げられたという情報をききそれならいいと言います。 17日目の夜を迎える 結局秦と趙軍の戦いが繰り返されて、李牧は鄴にたどり着く事が出来ませんでした。 そして夜を迎えてしまいます。 ここで飛信隊が休んでいるところの様子が描かれます。 信がこんなに休んでしまっていて、先に李牧達が行ってしまうのではと言いますが、河了貂は見張っててくれるから大丈夫だと言います。 それに疲れているだろうし、馬も休ませなければと言いその代わり朝になればと疲れた表情をします。 そこに趙が攻めてきます。 休めるどころか攻めてきたと信は悪態をつきます。 予想していなかった大規模な奇襲に王翦軍は大きく後退することになります。 その間に李牧がいる主力の軍は奇襲に参加しないで、夜通し鄴に向かって馬を走らせます。 18日目の朝 そして18日目の日の出と同じころようやく李牧は鄴にたどり着きます。 李牧達は鄴が今どのような状況か見るため皆目を凝らしますが、城門が開いておらず、鄴がまだ落ちていないことにとりあえず安心します。 そして桓騎軍が気づいていない今のうちに突撃しようとします。 しかし目の前に左右から桓騎軍が出てきます。 その軍の前にはゼノウと雷土がいます。 雷土が李牧達の様子を見て疲れていることがわかりゼノウ一家を呼ぶ必要もなかったと言います。 これを見て趙兵は絶望し李牧に指示を仰ぎます。 李牧は本軍を待っている時間はないため、無理やり突破して桓騎を打つとそれぞれに指示します。 桓騎は戦いが始まったことを聞き、鼻で笑い馬鹿な奴だと言います。 そしてゼノウと雷土が圧倒的な強さで李牧軍を蹂躙します。 王翦と李牧の差 王翦の元へ李牧が鄴へ着いたこと、桓騎軍と交戦中であることが伝えられます。 秦兵が王翦に急いで自分たちも鄴へと焦って進言しますが、王翦は慌てるなと言い、疲れ切った軍では、李牧でも桓騎の軍は倒せないと言います。 王翦は朱海平原から南下して軍を減らして、鄴に向かうという作戦は初めからすでに破綻していると言い、なぜ李牧が朱海平原で勝てなかったのか兵に尋ねます。 趙兵は李牧より王翦の才覚があったためと言いますが、王翦は戦略の差はほとんどなかったと否定し、亜光と麻鉱を失ってもいると。 何が勝敗に影響したのかというと、王翦は駒の差だと言います。 李牧は 趙峩龍 、 暁雲を失い、こちらは麻鉱、亜光を失った。 しかし若い信、王賁、蒙恬の3人の駒が台頭して、その結果結果軍の力は落ちず粘り強さを見せてくれた。 その3人の力が李牧の描いた戦略をひっくり返した。 そして都の軍が動かずに自国内という地の利も生かせなかったことも大きい。 持っていた駒の差が朱海平原の勝敗を分けたと言います。 鄴が落ちる そして秦軍と趙軍が戦っている中、皆ある方向を見て驚きます。 何と鄴の城門が開こうとしていました。 秦軍は喜び、趙軍は愕然としています。 そして城門の橋が落ち、たくさんの民たちが出てきたのでした。 鄴の攻略が今回の勝敗が分かれた要因となりました。

次の