いじめるヤバイやつ 青山。 いじめるヤバイ奴 (いじめるやばいやつ)とは【ピクシブ百科事典】

いじめるヤバイ奴 23話 ネタバレ 【青山さんの作戦】

いじめるヤバイやつ 青山

もくじ• いじめるヤバイ奴 34話のあらすじ 男子高校生の仲島は、クラスの女子生徒白咲をいじめているように見えます。 しかし、本当は白咲にいじめを強要されており、いじめの拒否や失敗すると拷問の毎日でした。 毎日、苦悩といじめる努力をする仲島。 ついに高校一番のイベント修学旅行が始まります。 しかし白咲からは、修学旅行中ずっといじめるように指令が…。 悩んだ仲島は青山さんに相談し、白咲の本性を暴露する計画を立てます。 二日目の夜、青山さんの策略で加藤・白咲・青山さんの三つ巴の戦いが…。 白咲が勝利するも、その後は仲島への拷問が始まりました。 仲島は機転を利かせ回避するも、白咲の本性を暴く機会は失われました。 次の朝、担任からいじめが出来なくなる事を告げられます。 一体何が起こったのでしょうか? いじめるヤバイ奴 34話 ネタバレ 担任の話 いじめが出来なくなる事実を聞き 「この旅行でもういじめができないってどういう事ですか 先生!」 と先生に詰め寄った仲島。 先生は、仲島の必死な様子に驚きつつも 「今いじめが問題になってな」 「教師総動員で、見回りが強化させることになったんだ」 と教えてくれました。 そのいじめは、仲島とは別のいじめでした。 しかし、世間体を気にする校長によって、外部にいじめがばれないようにするそうです。 それを聞き焦る仲島。 命の危険もありますが、白咲の本性を暴くためにも、いじめられない事に困っています。 そして担任に 「いじめ犯人が捕まれば、見回り強化は回避できるんだな!」 と確認した仲島。 そして、いじめの犯人を捕まえるために動き出します。 その際 「いじめクソ野郎共に、自分の犯した罪の重さを分からせてやるんだよ! 」 と宣言します。 その矛盾に担任は 「一番らしくないのはお前じゃないか…」 との突っ込みが入るのでした。 いじめっ子犯人探し その後、他のクラスの生徒に 「お前のクラスのいじめっ子は誰だ」 と聞く仲島。 なかなか成果が上がらず、苦戦しています。 同様に聞いて回っている青山さん。 聞いた男子に惚れられ、告白されるも 「悪いけど私、もう夫がいるから」 と拒否しました。 仲島は、次に田中に協力させようとします。 しかし、田中は風邪を引いており無理でした。 そこに白咲が来て、朝からいじめられていない為、めちゃくちゃ怒っている様子。 仲島は近くのクラスメイトに事情を言う事で、何とか白咲の爆発を回避しました。 しかし、まだ白咲は怒っており猶予がありません。 いじめっ子心理を考えろ そこで仲島は、いじめが行われている場所を推理しました。 「(俺はいじめっ子心理を、誰よりも読めるはずじゃないか!)」 と考えた仲島は今の時間は『大浴場横のトイレ』でいじめが行われていると推理します。 そこでは実際いじめが行われており、数人の生徒が一人の女子生徒をいじめていました。 「これはいじめじゃなくて、遊んでいるだけだっつーのによぉ」 といじめっ子お決まりのセリフを言う男子生徒。 女子生徒も逆らえません。 トイレの前に仲島が到着。 「(どこの誰だか知らんが、俺のいじめを邪魔する野郎は絶対ゆるさねぇ 」 と決意を固めます。 そして 「(いじめはこの「いじめっ子探偵」が撲滅する!)」 と考え、扉に向かったのでした。 ~いじめるヤバイ奴 35話に続く~ いじめるヤバイ奴 34話 感想 今回は、別のクラスのいじめ疑惑のお話です。 仲島は良い奴なのは伝わりましたが、いじめっ子が言うセリフではないように思いました。 それを聞いた担任は、どう思ったのでしょうか? 白咲はかなりやばい様子で、恐怖する仲島は相変わらず可哀そうです。 本当漫画タイトルは『いじめる良い奴』か『いじめられるヤバイ奴』が良いのではないでしょうか? とは言え仲島は考え抜き、いじめが起こっているであろう場所にたどり着きました。 まだ現場は見ていませんが、何か証拠は見つかるように思います。 次回35話は、いじめっ子探偵の続きです。 己の身を守る為に努力する仲島。 実を結ぶことを願いたいです。

次の

いじめるヤバイ奴 23話 ネタバレ 【青山さんの作戦】

いじめるヤバイやつ 青山

by 24話読了。 仲島大健闘。 加藤は困惑。 最新の24話まで読みました。 ネタバレ感想ご注意ください。 白咲と仲島の「ヤラセイジメ」。 やめたい仲島。 義憤にかられたが、ひよった田中。 そして転校生の加藤が登場。 ここまでが11話です。 12話〜。 新学期いつもと同じく、仲島は白咲にイジメショーをさせられてましたが、 加藤が仲島を殴り、白咲をイジメます。 「ヤバイ。 こいつは本物」 仲島は、とっさに加藤をほめます。 だから何だ? 加藤に構わず演説開始。 授業開始でセーフ。 、、もう俺はいじめなくていいのか。 白咲は「私のいじめっ子は仲島」 なんで、、? 加藤はガチで白咲をイジメてましたが、立場がない仲島。 そして流れでイジメ対決をします。 先攻仲島。 白咲を糞まみれにしました。 さすがの加藤も困惑。 後攻加藤。 糞まみれの白咲を洗えない。 詰んだ。 加藤は勝負をおりました。 わかってないお前。 狂ってるのは白咲。 白咲家反省会で、仲島は褒められましたが、恥ずかしいお仕置き。 後で加藤は白咲に事情聴取しますが、質問を100個しても真相が見えない。 最後の質問で、「仲島はお前以外いじめるのか?」と問い、白咲は「いじめない」と答えます。 ニンマリした加藤。 そして馬鹿が、加藤は次の日、別の女子生徒をイジメます。 仲島を試しましたが、仲島は、ガラス割って時間稼ぎ。 田中は肝心な時にいない。 先生も来ない。 ヤバイ。 そこへ白咲が間に入って間一髪セーフ。 先生その後来ました(!) その後、屋上で白咲と仲島は会話します。 白咲がいなくなった後、同じクラスの女子青山が来て、、ヤラセを見抜き、仲島は真相を言いましたが、 白咲を一緒にやって結婚しようと提案され、、 24話おわり。 ガチイジメが本質の作品ではありません。 白咲から逃れたい仲島でしたが、本物のイジメ野郎が来て、「ショーを成立させないと楽屋で怒られる」仲島は必死の演技。 加藤はわかってない。 糞も仲島の一発芸。 そりゃ素人は勝てない。 女子に知りもしないでガチで手を出す加藤は馬鹿。 田中は本当使えない。 仲島に同意。 青山さんの狂いっぷり。 白咲と対決濃厚。 加藤もどうなるか気になる。 改めて、ガチのイジメをテーマにした物語ではありません。 25話以降も見ます。

次の

【無料試し読みあり】いじめるヤバイ奴

いじめるヤバイやつ 青山

もくじ• いじめるヤバイ奴 23話のあらすじ 男子高校生の仲島は、クラスの女子生徒白咲をいじめているように見えます。 しかし、本当は白咲にいじめを強要されており、いじめの拒否や失敗すると拷問の毎日でした。 毎日、苦悩といじめる努力をする仲島。 ある時、仲島と白咲が屋上で話をしています。 白咲の自分への拘りに恐怖を覚えた仲島。 その後、白咲は去って行きます。 そこに話を隠れて聞いていた、クラスメイトの青山さんが登場。 仲島は青山さんに、白咲の正体を告発してもらおうとするも、 「私と一緒にあの女殺すんでしょ?」 と、とんでもない事を平気で言う妄想女子でした。 その後も、青山さんとは会話が全くかみ合わず恐怖を覚える仲島。 放課後、仲島は青山さんの後をつけて行きます。 その時仲島の背後から衝撃が、そこには怖い顔をした青山さんが立っていました。 いじめるヤバイ奴 23話 ネタバレ 青山さんの冗談 「仲島 さようなら」 と言った青山さん。 仲島も死を覚悟します。 しかしよく考えると痛み等もなく、背中を見るとケチャップがついていました。 「あははー ごめんね仲島!」 「冗談だよ冗談!」 と、笑って言った青山さん。 その右手にはケチャップを付着させたボールペンが…。 焦った仲島でしたが、青山さんは 「あの時の私はどうかしてたっ」 「殺すなんてそんな恐ろしい事出来るわけなかったよ」 「よく考えたら」 と可愛く笑って言いました。 更に 「私は白咲さんを殺さないっ」 「穏便に社会に裁いてもらお!」 と言った青山さんに、仲島は安心しました。 青山家訪問 喜ぶ仲島に、青山は服を漂泊する為に家に誘います。 仲島は遠慮しますが、青山さんは強引に家に招き入れました。 家では青山さんの作った御馳走が。 食べるととても美味しく 「美味しいよ青山さん!」 と喜ぶ仲島。 青山さんも 「よかったあー、日頃練習していた甲斐があったよー」 と喜びました。 その後、お風呂に青山さんのマッサージまで受けた仲島。 青山さんを、家庭的だと見直します。 帰りは駅まで送ってもらい 「辛い時はいつでもウチにおいでね」 と言った青山さん。 仲島も 「ありがとう」 「青山さんのおかげでまた明日からいじめを頑張れそうだよ」 と青山さんに感謝をしたのです。 何かが変だぞ 次の日、いじめに使う首輪が紛失してしまいました。 顔を青くする仲島。 その日は、白咲家で拷問でした。 「いや でも俺いつも鞄に首輪入れてるはずだったんです…」 と仲島は弁解するも、白咲は聞き入れません。 白咲の拷問に、仲島の叫び声が響いていました。 帰り道、温かかった青山家を思いだし尋ねた仲島。 「そっか… 今日も大変だったんだね」 と青山さんは、もてなしてくれました。 「ありがとう」 とお礼を言う仲島。 青山さんも 「白咲んちと違って、うちはいつでも仲島をもてなしてあげるからね」と仲島を受け入れます。 その日も仲島は、嬉しそうに帰って行きました。 仲島を見送った後に、ポケットに手を入れた青山さん。 そこからは仲島の首輪が出てきます。 青山さんは、その首輪を何処かのゴミ箱に捨てました。 そして、そこを去りながら 「アイラブユー 仲島」 という言葉を、残して行ったのです。 いじめるヤバイ奴 23話の感想 とりあえず、仲島が刺されたのは冗談で安心した今回。 青山さんの家庭的な面も見えて、仲島も久しぶりの休息を味わえました。 とは言え、仲島の首輪を隠し捨ててしまった青山さん。 仲島を救おうとしているわけではなく、手に入れようとしているのが見え見えです。 とはいえこの作戦は、精神ギリギリである仲島にはかなり有効なのではないでしょうか? 実際仲島は癒されているので、そこは良いのですが裏を見るとかなり怖いです。 仲島の信用を得てから、白咲を殺そうとか言いだしそうです。 次回24話は青山さんの作戦が続きそうです。 ぼちぼち仲島も、自分に起こっている異常に気付きそうですが、そこで何が起こるのか? 今後の展開が怖いながらも、非常に気になります。 まとめ 今回は「いじめるヤバイ奴」の23話をご紹介しました。 やっぱり怖い青山さん。

次の