なみ へい 見 聞録。 ニュース 話題 情報を見 聞 録 して勝手気儘に感想など書いてるブログです

たい焼き なみへい。本当に美味しい鎌倉のたい焼き。

なみ へい 見 聞録

特にマルチメディア時代に対応して、文科系によく知られている旧来からの二つの代表的システムの改良と普及に取り組んだ。 一つ、東大「録聞見」 パソコン高速音声信号処理システム については、デイテル社の水島を中心にいわゆるウインドウズ化へ向けて改良した。 商品化への前段階には到達した。 さらに、開発者桐谷等を中心に音声言語障害者訓練用へも応用の道を開いた。 世木らは、教育への応用に成功した。 二つ、INSASM 対話型音声分析システム については、開発者の三輪等を中心に改良と普及に成功し、インターネット上で、世界中へ日本語音声を発信し、ともあれ音声言語ミュージアムの先鞭となった。 さらに、公衆型音声分析システム PASTE に改良し、インターネットで公開している。 代表者の今石は組織全体を統括し、その一部を日本語音声の実験的研究として著作にまとめた。 また、カナダやアメリカなどに実際に出向き、この基盤研究が世界的なよい成果であると確信するにいたった。 結局、三年間の研究蓄積により、爆発的なインターネット化の時代に我々のシステムが十分に乗ることを証明することができたし、また独創、技術面とも世界をリードしていると思った。 今後我が国でもインターネット化がアメリカなみに進むであろう。 この成果は将来のそれにもよく対応するであろう。

次の

和漢朗詠集

なみ へい 見 聞録

294 likes• Clapp 題慈恩寺 同 はるをおくるにしうしやをうごかすことをもちゐず、 たゞざんあうとらくくわとにわかる、 春 ( はる )を 送 ( おく )るに 舟車 ( しうしや )を 動 ( うご )かすことを 用 ( もち )ゐず、 たゞ 残鶯 ( ざんあう )と 落花 ( らくくわ )とに 別 ( わか )る、 送春不用動舟車。 漏刻策 都良香 てうこうひたかくしてかんむりのひたひぬけたり、 やかうすなあつくしてくつのこゑいそがはし、 朝候 ( てうこう ) 日 ( ひ ) 高 ( たか )くして 冠 ( かんむり )の 額 ( ひたひ ) 抜 ( ぬ )けたり、 夜行 ( やかう ) 沙 ( すな ) 厚 ( あつ )くして 履 ( くつ )の 声 ( こゑ ) 忙 ( いそ )がはし、朝候日高冠額抜。 歳晩旅望 白居易 ねやさむくしてゆめおどろく、 あるひはこふのきぬたのほとりにそふ、 やまふかくしてかんうごく、 まづしかうがびんのほとりををかす、 閨 ( ねや ) 寒 ( さむ )くして 夢 ( ゆめ ) 驚 ( おどろ )く、 或 ( あるひ )は 孤婦 ( こふ )の 砧 ( きぬた )の 上 ( ほとり )に 添 ( そ )ふ、 山 ( やま ) 深 ( ふか )くして 感 ( かん ) 動 ( うご )く、 先 ( ま )づ 四皓 ( しかう )が 鬢 ( びん )の 辺 ( ほとり )を 侵 ( をか )す、 閨寒夢驚。 禁中夜作 白居易 後撰 あかつきのなからましかば白露の おきてわびしきわかれせましや 紀貫之 松 ( まつ ) たゞさうしようのみぎりのしたにあたるあり、 さらにいちじのこゝろのなかにいたるなし、 たゞ 双松 ( さうしよう )の 砌 ( みぎり )の 下 ( した )に 当 ( あた )るあり、 更 ( さら )に 一事 ( いちじ )の 心 ( こゝろ )の 中 ( なか )に 到 ( いた )るなし、 但有双松当砌下。 また学芸員による解説や、ボランティアガイドによる解説や、ワークショップな どは、ただ見せるだけの美術館から、より楽しんでください、知ってくださいというメッセージを表し ているのかもしれない。 花開香散入簾風。 2020 235 likes• Monie 蘭気入軽風 橘直幹 古今 ぬししらぬ香はにほひつつあきののに たがぬききかけしふぢばかまぞも 素性法師 槿 ( あさがほ ) しようじゆせんねんつひにこれくつ、 きんくわいちにちおのづからえいをなせり、 松樹 ( しようじゆ ) 千年 ( せんねん ) 終 ( つひ )にこれ 朽 ( く )つ、 槿花 ( きんくわ ) 一日 ( いちにち )おのづから 栄 ( えい )をなせり、 松樹千年終是朽。 七万里之程分浪。 泉声遥落白雲中。 Harriett 莫言秋後遂為空。 其後於2006年12月1日開始發售《女神異聞錄 Persona 異空之塔篇》。 魚鼈遊戯。 吹 ( かぜ )を 逐 ( お )ひて 潛 ( ひそ )かに 開 ( ひら )く 芳菲 ( はうひ )の 候 ( とき )を 待 ( ま )たず、 春 ( はる )を 迎 ( むか )へて 乍 ( たちま )ち 変 ( へん )ず 将 ( まさ )に 雨露 ( うろ )の 恩 ( おん )を 希 ( こひねが )はんとす。 四月有余春詩 源相規 しじようはひとへにあけのころものいろをうばふ、 まさにこれはなのこゝろけんだいをわするべし、 紫茸 ( しじよう )は 偏 ( ひとへ )に 朱衣 ( あけのころも )の 色 ( いろ )を 奪 ( うば )ふ、 まさに 是 ( これ ) 花 ( はな )の 心 ( こゝろ ) 憲台 ( けんだい )を 忘 ( わす )るべし、 紫茸偏奪朱衣色、 応是花心忘憲台、 於御史中丞亭翫藤 源順 拾遺 たごのうらそこさへにほふふぢなみを かざしてゆかんみぬ人のため 柿本人麿 続古今 ときはなるまつのなたてにあやなくも かかれるふぢのさきてちるかな 紀貫之 夏 更衣 ( かうい ) かべにそむけるともしびはよべをふるほのほをのこし、 はこをひらけるころもはとしをへだつるにほひをおびたり、 壁 ( かべ )に 背 ( そむ )ける 燈 ( ともしび )は 宿 ( よべ )を 経 ( ふ )る 焔 ( ほのほ )を 残 ( のこ )し、 箱 ( はこ )を 開 ( ひら )ける 衣 ( ころも )は 年 ( とし )を 隔 ( へだ )つる 香 ( にほひ )を 帯 ( お )びたり、 背壁残燈経宿焔。 下楼娃袖顧階翻。 2020 8 likes• Lynea 同結句也 菅原文時 しやうざんにつきおちてあきのびんしろく、 えいすゐになみあがりてひだりのみゝきよし、 商山 ( しやうざん )に 月 ( つき ) 落 ( お )ちて 秋 ( あき )の 鬚 ( びん ) 白 ( しろ )く、 潁水 ( えいすゐ )に 波 ( なみ ) 揚 ( あが )りて 左 ( ひだり )の 耳 ( みゝ ) 清 ( きよ )し、 商山月落秋鬚白。 秋虫 白居易 さうさうかれなんとほつしてむしのおもひねんごろなり、 ふうしいまださだまらずとりのすむことかたし、 霜草 ( さうさう ) 枯 ( か )れなんと 欲 ( ほつ )して 虫 ( むし )の 思 ( おも )ひ 苦 ( ねんごろ )なり、 風枝 ( ふうし )いまだ 定 ( さだ )まらず 鳥 ( とり )の 栖 ( す )むこと 難 ( かた )し、 霜草欲枯虫思苦。 晩涼潜到簟先知。 藜蓼深鎖。 妓炉之烟譲薫。 2020 253 likes• Butta 鶯出谷 菅原道真 せいろうにつきおちてはなのあひだのきよく、 ちゆうでんにともしびのこりてたけのうちのおと、 西楼 ( せいろう )に 月 ( つき ) 落 ( お )ちて 花 ( はな )の 間 ( あひだ )の 曲 ( きよく )、 中殿 ( ちうでん )に 燈 ( ともしび ) 残 ( のこ )りて 竹 ( たけ )の 裏 ( うち )の 音 ( おと )、 西楼月落花間曲。 6 度 ど、 岩 いわ 手 て 県 けんの 大 おお 船 ふな 渡 とでは 同 どう 日 じつ37 度 どを 記 き 録 ろくしています。 龍門原上土。 下 著者 下伊那郡役所 編 出版者 歴史図書社 出版年月日 1977. 山晴秋望多序 藤原惟成 くもはへきらくにきえてそらのはだへとけ、 かぜせいいをうごかしてみづのおもてしわむ、 雲 ( くも )は 碧落 ( へきらく )に 消 ( き )えて 天 ( そら )の 膚 ( はだへ ) 解 ( と )け、 風 ( かぜ ) 清漪 ( せいい )を 動 ( うご )かして 水 ( みづ )の 面 ( おもて ) 皴 ( しわ )む、 雲消碧落天膚解。 過元家履信宅 白居易 あしたにはらくくわをふみてあひともなひていで、 ゆふべにはひてうにしたがひていちじにかへる、 朝 ( あした )には 落花 ( らくくわ )を 踏 ( ふ )みて 相伴 ( あひともな )ひて 出 ( い )で、 暮 ( ゆふべ )には 飛鳥 ( ひてう )に 随 ( したが )ひて 一時 ( いちじ )に 帰 ( かへ )る、 朝踏落花相伴出。 Lucilla 春日送別 橘直幹 やまはきやうはいをなすしややうのうち、 みづはくわいりうににたりじんらいのあひだ、 山 ( やま )は 向背 ( きやうはい )を 成 ( な )す 斜陽 ( しややう )の 裏 ( うち )、 水 ( みづ )は 廻流 ( くわいりう )に 似 ( に )たり 迅瀬 ( じんらい )の 間 ( あひだ )、 山成向背斜陽裏。 五城霞峙。 () 天 てん 使 したちが 去 さった 後 のち, 羊 ひつじ 飼 かいたちは 互 たがいに,「ぜひ,エホバが 知 しらせてくださった 出 で 来 き 事 ごとをベツレヘムまで 見 みに 行 いきましょう」と 言 いいます。 人被鶴立徘徊。 2020 27 likes• Kazmirci 降 こう 水 すい 量 りょうについては、 西 にし日本で 多 おおい 傾 けい 向 こうがありました。 秋夜宿臨江駅 杜荀鶴 やまはびやうぶににこうはたかむしろににたり、 ふなばたをたゝきてらいわうすつきのあきらかなるうち、 山 ( やま )は 屏風 ( びやうぶ )に 似 ( に ) 江 ( こう )は 簟 ( たかむしろ )に 似 ( に )たり、 舷 ( ふなばた )を 叩 ( たゝ )きて 来往 ( らいわう )す 月 ( つき )の 明 ( あき )らかなる 中 ( うち )、 山似屏風江似簟。 対酒長年人。 同 同 ぶんぽうにくつわづらをあんずはくくのかげ、 しかいにふねをふなよそほひすこうえふのこゑ、 文峯 ( ぶんぽう )に 轡 ( くつわづら )を 案 ( あん )ず 白駒 ( はくく )の 景 ( かげ )、 詞海 ( しかい )に 舟 ( ふね )を 艤 ( ふなよそほひ )す 紅葉 ( こうえふ )の 声 ( こゑ )、 文峯案轡白駒景。 月之三朝。 五夜之哀猿叫月。 2020 377 likes• Alma 白居易 やさうはうひたりこうきんのち、 いうしれうらんたりへきらのてん、 野草 ( やさう ) 芳菲 ( はうひ )たり 紅錦 ( こうきん )の 地 ( ち )、 遊糸 ( いうし ) 繚乱 ( れうらん )たり 碧羅 ( へきら )の 天 ( てん )。 潭融可弄藻中魚。 代表者の今石は組織全体を統括し、その一部を日本語音声の実験的研究として著作にまとめた。 八月十五日夜翫月 同 じふにくわいのうちにこのゆふべのよきにまさるはなし、 せんまんりのほかにみなわがいへのひかりをあらそふ 十二廻 ( じふにくわい )の 中 ( うち )にこの 夕 ( ゆふべ )の 好 ( よ )きに 勝 ( まさ )るは 無 ( な )し、 千万里 ( せんまんり )の 外 ( ほか )に 皆 ( みな )わが 家 ( いへ )の 光 ( ひかり )を 争 ( あらそ )ふ 十二廻中無勝於此夕之好。 2020 206 likes• Drus 同 同 拾遺 いにしとしねこじてうゑしわがやどの わかきのうめははなさきにけり 安倍広庭 万葉 わがせこに見せんとおもひしうめの花 それともみえずゆきのふれれば 山部赤人 拾遺 香をとめてたれをらざらんうめの花 あやなしかすみたちなかくしそ 凡河内躬恒 紅梅 ( こうばい ) うめはけいぜつをふくみてこうきをかねたり、 えはけいくわをもてあそびてへきぶんをおびたり、 梅 ( うめ )は 鶏舌 ( けいぜつ )を 含 ( ふく )みて 紅気 ( こうき )を 兼 ( か )ねたり、 江 ( え )は 瓊花 ( けいくわ )を 弄 ( もてあそ )びて 碧文 ( へきぶん )を 帯 ( お )びたり、 梅含鶏舌兼紅気。 現 げん 代 だいの 多 おおくの 人 ひとは,イエスは12 月 がつ25 日 にちに 生 うまれたと 思 おもっています。 南中詠雁 白居易 じんやうのこうのいろはしほそへてみち、 はうれいのあきのこゑはがんひききたる、 潯陽 ( じんやう )の 江 ( こう )の 色 ( いろ )は 潮 ( しほ ) 添 ( そ )へて 満 ( み )ち、 彭蠡 ( はうれい )の 秋 ( あき )の 声 ( こゑ )は 雁 ( がん ) 引 ( ひ )き 来 ( きた )る、 潯陽江色潮添満。 2020.

次の

和漢朗詠集

なみ へい 見 聞録

第七の封印が解かれた後、7人の天使が次々に七つのラッパを吹く。 第3の天使がラッパを吹き鳴らした時、「にがよもぎ」と呼ばれる松明(たいまつ)のような星が落下して、川と水源との上に落ち、苦くなった水のために大勢の人々が死に絶えた。 ここに引用されたテキストは黙示録第8章に記されているが、ルドンはこの場面に、第9章冒頭のテキストに基づくいなごの描写を付け加え、一つの画面に二つの章より採られた内容を重ね合わせている。 第9章では天から地に落ちてきた星が、底知れぬ所の穴を開いたところ、大きな煙が立ち昇り、その中から、額に神の印がない人聞に危害を加える蠍(さそり)のようないなごが現われる。 ルドンは章の異なる二つの物語を、「天から地に落ちる星」という劇的なヴィジョンによって結合させた。 画面左側には炸裂する燐光が見られ、燐光の周りには黒煙が描かれ、さらにその周辺部には旋風を引き起こす光の渦が大胆に配置された。 画面上方には数匹の巨大ないなごが空中を浮遊している。 1913年にルドンの版画をまとめて作品カタログを作成したアンドレ・メルリオは、画面上部真中に水牛が描かれていると注意を促しているが、『黙示録』第8章及び9章のいずれの頁を開いても、水牛に関する記述は見当らない。 むしろ、そのいなごのもつ四足獣に似た脚は、第9章7の「出陣の用意のととのえられた馬」を想わせるのであり、さらに「その顔は人間の顔のようであり、また、そのかみの毛は女のかみのようであり……」という記述にも係っているのではないかと思われる。 さて、画面全体の印象を述べれば、この作品はこの石版画集の中でも、最も黙示録的といえる劇的表現を誇るものといえるであろう。 ここでは他の11枚の版画には表現され得なかった、黙示録の主要モティーフとしての横溢する喧騒の世界が律動的に視覚化された。 しかも注目すべきことに、やはり他の作品とは相違して、銅版画的特質を示す明確な描線の動勢が画面を力強く引き締めている。 (中谷伸生) 作品所在地の地図.

次の