きりしま ヒロアカ。 【ヒロアカ】切島の高校デビューが判明!黒髮下ろしが芦戸の影響で・・・

『ヒロアカ』ファン投票人気ランキングTOP10!キャラの魅力も解説

きりしま ヒロアカ

大人気漫画『僕のヒーローアカデミア』にはたくさんの魅力的なキャラが登場しますが、その中で最も人気の高いキャラは誰なのでしょうか?ここでは第三回人気投票で発表されたTOP10のキャラを挙げ、過去の人気投票結果と比較しつつそれぞれのキャラの人気の理由などを分析・考察しながらまとめました。 この結果にはヒロアカファンの間でも驚きの声が多く上がっていました。 おそらく、投票期間がアニメ2期の真っ最中だったこともあり、さらに心操の出番のあとだった、というタイミングもあったのでしょう。 ヒロアカアニメは原作に忠実に作られている部分が多いですが、それでもアニメの心操のシーンはとても印象的だったように思います。 アニメから入ったというファンもいると思いますし、そこにあの体育祭での心操とデクの対決を見せられたらかなり興味を惹かれるんじゃないでしょうか。 さらに心操がその特殊な個性故にこれまでに色々あったこと、雄英の入学試験との相性が合わずに普通科に甘んじている、という部分など、特に女性からの人気を集めそうなキャラではあります。 あとはCVを担当した声優、羽多野渉の人気もあるのでは、と分析するファンもいるようですね。 今回この第3回の人気投票結果を見ると、女の子キャラで唯一のランクインということになりました。 ヒロアカには魅力的な女の子キャラがたくさんいるので、なんとなく寂しい気もします。 男子キャラばかりの中でそれでも1つ順位を上げてきた彼女の強さは、これもやはり2期アニメでの活躍があったからではとファンの間で推測されています。 爆豪との対決はとてもかっこよく描かれていましたね。 ただ、八百万百や蛙吹梅雨、耳郎響香など、2期アニメでも活躍を見せた女の子キャラはいっぱいいました。 そんな中お茶子だけがトップ10内に残るには他に何か理由があると思のですが…やはり、デクに一番近い存在だからでしょうか?デクへの思いをちょっと見せるようなシーンもありましたし、応援したいと思うファンも多いのかもしれません。 あとは、彼女がヒーローを目指すのはなぜか、そこにも人気の理由がありそうです。 彼も第一回から安定した人気のあるキャラですが、正直、そんなに活躍した印象がないのが不思議なところです。 ネット上でもどうしてこの順位なのかと話題になっていました。 アニメ2期では体育祭などで出番も活躍もありましたが、特に目立った見せ場もなかったように思うのですが…。 上鳴が人気なのは、彼のそのキャラクター性にあるのでしょうか。 どちらかといえばチャラ男系、時に女の子よりもビビリな面を見せる時もありますが、彼の個性はハデで有利な相手にはとても強いところはかっこいいですよね。 ただ、あまりに使いすぎると「ウェ~イ」しか言えなくなってしまい、全く役にたたなくなってしまうというこのギャップがかわいい、と女性人気を集めている部分もあるかもしれません。 第一回の人気投票から1位ずつ下がっている結果ではありますが、主人公のデクを始め、ストーリーの中心を担っていくたくさんの生徒たちキャラの中で、指導者としての立場にいる彼が入ってくるのは純粋にすごいなと思います。 様々なところでファンによる独自の強さランキングが予想・考察されていますが、そのほとんどでオールマイトが文句なしの1位だと言われており、その「圧倒的な強さ」も人気の理由だと思われます。 原作はアニメ2期後の大分先まで描かれており、デクたちの力を遙かに超えた強キャラがたくさん出てきています。 その中においてもやはりオールマイトが1番強い、とファンに思われている、その絶対的な信頼が彼の人気に繋がっているのでしょうね。 この人はきっと誰にも負けない…、その安心感が人気を押し上げているのでしょう。 前回は4位とかなり健闘してファンを驚かせましたが、今回もまた上位に食い込んできています。 2期アニメには、彼は1期ラストのヴィランとの闘いで負った怪我がまだ完治していない状態での出演で、体育祭のときも解説役(それでもほとんど喋らなかった)に徹していました。 久しぶりに活躍をみせたのが期末試験のエピソードでしたが、この回の放送のときには投票期間が過ぎていましたので、相澤の場合は2期アニメの影響、とは少し違うようです。 相澤の人気はどこからくるのか、おそらく、一見冷淡そうに見えて生徒の危機には自分が前に出て守ろうとしたところや、生徒一人一人をちゃんと見て理解してあげている部分など、外見に似合わず「先生らしい」ところにあるのかもしれません。 また、アニメで描かれていない、プロとしての「イレイザーヘッド」も強くてかっこいいですし、彼の場合は常に根強いファンが多いのでしょうね。 また、担当声優が諏訪部順一、ということも理由の一つとしてはありそうです。 彼の場合もやはり、投票期間のことを考えると、2期アニメの影響が大きいのかなと思います。 体育祭でもかなりの活躍を見せましたし、なによりステインとの闘いでは、悩み、葛藤しつつも大きく成長したところが描かれていました。 デクらに何も言わず、兄の仇をとろうと1人で行動しようとしたあたりでは、彼に感情移入したファンも多かったのではと思います。

次の

切島鋭児郎 (きりしまえいじろう)とは【ピクシブ百科事典】

きりしま ヒロアカ

現状ヴィラン襲撃などの大きな事件で活躍するシーンがあまりない。 個性:ネビルレーザー 個性はネビルレーザーでありへそからレーザーを噴出することができる。 欠点としては一秒以上射出するとお腹を壊す。 そのため個性を伸ばす訓練ではひたすらレーザーを出し続けていた。 実は自身の個性がデクと同じく自分の体で十分に制御しきれないことをコンプレックスに思っている。 作者曰く「僕自身もよく分からないキャラ。 でもなんか描いてて面白いのでオッケーです!!!」 出席番号2 芦戸三奈 あしど みな ヒーロー名:Pinky ピンキー 個性:酸 好きなもの:ダンス、納豆、オクラ クラスのムードメーカー。 身体能力がA組女子の中で一番高いが勉強が苦手。 中学の頃は切島と同じクラスでありその時からも人気者であった。 当時切島にとって芦戸はヒーロー像そのものであり憧れていた。 切島がメンタル的にも身体的にも成長しまた高校デビューをしたことを知っているためか普段は切島と喋らないが要所で切島を気にかけるシーンもある。 個性:酸 個性は酸。 全身から酸性の溶解液を分泌することが可能。 酸の濃度や粘土も調節ができる。 作者曰く「諸事情の犠牲者」とのことでヒーローとしてのスペックは高いが活躍があまりない。 出席番号3 蛙吹梅雨 あすい つゆ ヒーロー名:FORPPY フロッピー 個性:蛙 好きなもの:雨、ゼリー クラスではつゆちゃんと呼ばれ親しまれている女性。 洞察力が高くデクの個性をオールマイトに似ていると言い当てりヴィランが襲撃していきたときにはサメ型のヴィラン相手にデクと峰田と協力してピンチを突破。 ヒーローとしては優秀であるらしくリカバリーガールから「課題らしい課題の無い優等生」「人々の精神的支柱になり得る器」と絶賛されている。 個性:蛙 個性は蛙。 おおよそ蛙ができるようなことができる個性であり身体能力が急上昇する。 ・舌が20mのびる。 しかも相当重物を持ち上げる力を発揮。 ・カベを張り付く吸着力ある手足 ・人を二人抱えたままでも大ジャンプ ・ピリッとくる程度の毒性の粘液 などがある。 また個性を強化する訓練にて自身の体を周囲の色と溶け込む保護色まで手に入れた。 作者曰く「強くし過ぎた」とのこと。 出席番号4 飯田天哉 いいだ てんや ヒーロー名:天哉 インゲニウム 個性:エンジン 好きなもの:勉強、ビーフシチュー 飯田くん。 真面目な優等生キャラクターでありクラスの学級委員長。 体育祭の途中ヒーローである兄がステインに襲われ命を取り留めたもののヒーロー活動が困難な重傷を負う。 そしてステインに復讐するために職場体験を利用して近づくも敗北。 デクと轟に助けられさらにステインに言われたヒーロー像をかみしめて「真のヒーロー」を目指す。 個性:エンジン ふくらはぎにジェットエンジンが付いており高速移動を可能にしている。 ギアが付いており1速、2速、3速と速くなっていく。 必殺技は「トルクオーバー・レシプロバースト」。 動いてない状態からでもいきなりトップスピードになれる技であり爆発的なスピードになる。 しかし一度使うとエンストしてしばらく動けなくなるらしい。 出席番号5 麗日お茶子 うららか おちゃこ ヒーロー名:ウラビティ 個性:無重力 ゼログラビティ 好きなもの:星空、和食 ヒロアカのヒロイン。 明るい性格であり誰とでも仲良くできる。 作者曰く「裏表がない」。 お茶子の実家は零細建設会社であり仕事が少ないらしく大きくはお金のためにヒーローを目指している。 お茶子の個性を会社のために使えれば・・・と思っていたが父から自分の夢をかなえて欲しいということでヒーローを目指すようになった。 個性:無重力 ゼログラビティ お茶子が触れたものの重力を無効化することができる能力。 キャパオーバーすると激しく酔ってしまう。 お茶子自身も浮かせることが可能であり現在は3tまで持ち上げることができる。 触れたものが浮いてしまうためお茶碗の持ち方や箸の持ち方が独特。 出席番号6 尾白猿夫 おじろ ましらお ヒーロー名:テールマン 個性:尻尾 好きなもの:武術 自分にあまり特徴が無い事から悩んでいるらしくクラスメイトからも「普通」と思われている。 根はまじめであり体育祭にて心操人使に操られ記憶なく勝った時には本選出場を辞退。 苦労人としても有名であり対人訓練にて轟に一瞬で凍らされる。 ヴィランが襲撃してきた際には火災ゾーンに1人で放り込まれ火災の中複数のヴィランと戦い勝利したらしいが漫画では取り上げられていない。 個性:尻尾 個性は尻尾。 長い尻尾があるというだけの個性であるが強いらしく自身の体を楽々持ち上げたり防御したりといったことができる。 強力ではあるが地味。 個性を強化させる訓練ではしっぽの強度を上げるためにしっぽで切島を攻撃し続けていた。 出席番号7 上鳴電気 かみなり でんき ヒーロー名:チャージズマ 個性:帯電 好きなもの:ハンバーガー、流行なもの ノリが軽いチャラ男キャラクター。 ヴィラン襲撃後は八百万や耳郎と行動していた。 個性:帯電 個性派帯電。 電気を纏う個性であり放電も可能。 放電は操ることができず訓練にてポインターを撃ち込んだ場所であるならば一直線に電撃を放てるようになった。 必殺技は無差別放電 むさべつほうでん 130万V。 周囲に130万ボルトの電撃を放てる。 弱点としては強力な個性であるが周りを巻き込んでしまうこととあまりに強力な電気を放出するとしばらくの間「ウェーイ」としか言えなくなる。 出席番号8 切島鋭児郎 きりしま えいじろう ヒーロー名:烈怒頼雄斗 レッドライオット 個性:硬化 好きなもの:肉、硬派なもの 快活で分け隔てなく誰とでも接する性格。 そのため入学から爆豪の態度を気にすることなく絡み爆豪と雄英の中で一番仲が良いキャラクター。 過去は芦戸と同じ中学であり芦戸の性格とヒーローらしい振る舞いに嫉妬する一面もあった。 しかし憧れのクリムゾンライオットのインタビュー動画を見たときに発起して情けない自分と決別するために雄英高校を目指した。 個性:硬化 個性は硬化。 自身の体を固くすることができる能力。 自身は地味と言っているが防御にも攻撃にも転換できるバランスの良い個性。 必殺技は「烈怒頼雄斗安無嶺過武瑠(レッドライオット アンブレイカブル)」全身とげとげしい姿となり30秒から40秒の間最高硬度となることができる。 出席番号9 口田甲司 こうだこうじ ヒーロー名:アニマ 個性:生き物ボイス 好きなもの:自然 引っ込み思案で口下手な性格。 普段はあまりしゃべらず常闇からも「無口」と呼ばれているが個性を使って動物を動かすときにはやたらと饒舌になる。 ヒーロー名はふれあいヒーロー「アニマ」という意味が込められている。 個性:生き物ボイス 個性は生き物ボイス。 声でありとあらゆる動物や生き物を操ることができる。 虫が異常に苦手であるが操作は可能。 虫を操り先生であるボイスヒーローにまとわりつかせることで気絶させた。 出席番号10 砂藤力動 さとう りきどう ヒーロー名:シュガーマン 個性:シュガードープ 好きなもの:ケーキ 顔のわりに社交的であり女子力が異常に高く個性もあってかケーキを作ることが得意。 そのためお菓子をA組女子に披露して高評価を得た。 個性:シュガードープ 角砂糖3個分につき3分間パワーを5倍に上昇させる増強系の能力。 使いすぎると脳機能が低下して眠気やだるさに襲われてしまう。 デクのワンフォアオール同様強力な個性であるが持続できない欠点があり個性強化のトレーニングの時にはひたすら甘い物を食べていた。 スポンサーリンク 出席番号11 障子目蔵 しょうじ めぞう ヒーロー名:テンタコル 個性:複製腕 好きなもの:たこやき、イカスミパスタ 口元を常に増木で隠しているキャラ。 普段は無口ですが個性で複製した口を使って話す。 常闇の友達でありUSJヴィラン襲撃時には常闇の個性の暴走を止めるためにデクたちと共闘。 その後Mrコンプレスに奪われた爆豪をデクたちと取り戻しにいった。 個性:複製腕 個性は複製腕。 触手の先端から体の一部を複製することができる能力。 複製されたものは本体よりも強く耳であれば遠くの物まで聞こえ、目であれば鷹のような視力となる。 触手は切断されても時間はかかるが再生可能。 出席番号12 耳郎響香 じろう きょうか ヒーロー名:ヒアヒーロー「イヤホン=ジャック」 個性:イヤホンジャック 好きなもの:ロック 両親が音楽関係の仕事をしているためかロックが好きな女の子。 寮には自前の楽器が持ち込まれており演奏するのも得意、歌う方も得意。 USJヴィラン襲撃時には上鳴と八百万と共に戦った。 個性:イヤホンジャック 個性はイヤホンジャック。 耳たぶが長いコードになっており6mくらいまで伸ばすことができる。 対象に差すことで自身の心音を増幅させて飛ばす。 その威力はすさまじく岩などを破壊することが可能。 必殺技はハートビートファズ。 両腕の音響増幅装置を地面に押し当てて地割れを起こす。 出席番号13 瀬呂範太 せろ はんた ヒーロー名:セロファン 個性:テープ 好きなもの:健康に良い食べ物 体格が細く身長が高いひょろめキャラクター。 そのためか健康に良い食べ物が好きらしい。 体育祭トーナメントでは轟と戦い一瞬で凍らされて敗北した。 合宿では八百万の個性エネルギーを蓄えれば蓄えるほど出せることについて「うんこみてえ」と言い傷つけた。 個性:テープ 個性はテープ。 両肘からセロハンテープのような粘着力あるテープを出すことができる。 勢いよく噴出させることができさらにテープの強度もかなり高いのでスパイダーマンのような移動が可能。 出席番号14 常闇踏陰 とこやみ ふみかげ ヒーロー名:ツクヨミ 個性:黒影 ダークシャドウ 好きなもの:暗い所、リンゴ カラスのような顔であり人間であるのか不明。 クールであり古風な喋り方をしているが中二発言が多い。 隠れた中二キャラであるためか寮の部屋には剣のキーホルダーなどが飾ってあった。 戦闘能力が高くそこそこ作中では活躍のシーンがある。 個性:黒影 ダークシャドウ 個性は黒影。 鳥の形をした自身の影を操る。 また影には意思があるようだ。 個性は影であるため光に強くまた闇が多い場所では巨大化する。 しかし巨大化しすぎると常闇自身で制御がむずかしくなる。 ダークシャドウの個性は無敵に近いらしく遠、近どこでも素早い攻撃が可能。 また巨大化したシャドウであれば暴走状態でもヴィラン連合の幹部を1人倒すことに成功している。 その強さからMrコンプレスに爆豪と共にさらわれてしまった。 出席番号15 轟焦凍 とどろき しょうと ヒーロー名:ショート 個性:半冷半焼 好きなもの:冷たい蕎麦 ナンバー2ヒーロー・エンデヴァーの息子でありオールマイトを超える個性を手に入れるために個性婚によって生まれた少年。 始めはただ父親を恨み他人に興味が無いキャラであったがデクと戦い母と和解した後からメンタル的にも成長していく。 個性:半冷半焼 個性は半冷半焼。 エンデヴァーの炎の個性と母親の氷の個性両方を受け継いでいる。 右半身で凍らせ、左半身で燃やす。 個性の出力が群を抜いており一面を一気に凍らせることが可能。 弱点としては使いすぎると自身も冷えて鈍くなってしまうが炎の個性で解消できる弱点も少ない万能に近い能力。 個性強化の訓練では同時発動できるようにと風呂に入って温度を一定に保つ訓練をしていた。 出席番号16 葉隠透 はがくれ とおる ヒーロー名:インビジブルガール 個性:透明化 好きなもの:キャラメル、どっきり番組 性格は活発的でありクラスに透明ながらも馴染んでいる。 笑ったときは「ニコッ」などの擬音がでる。 個性:透明化 個性が常時発動状態の女の子。 そのためヒロアカは長く連載を続けているが未だに葉隠れの正体を見たものはいない。 家族全員透明化の個性。 父と母は血がつながっていなが両方とも透明化の個性である。 イレイザー・ヘッドの個性で恐らく一時的に消すことができるが一度もやってない。 やればいいのに。 服は透明にならないが本気を出した時は全裸になる。 見ることはできないが心配されている。 3年の通形ミリオ同様自身の髪の毛を元にしてつくったヒーロースーツならばいちいち服を脱がなくても大丈夫だと思われる。 出席番号17番 爆轟勝己 ヒーロー名:まだ決まってない 個性:爆破 好きなもの:辛い食べ物全般、登山 主人公デクの幼馴染であり幼稚園からの付き合い。 典型的なガキ大将であり小さいころから何でもできるエリート気質であるが性格がとげとげしい。 野蛮な性格からヴィラン連合に襲撃された際にさらわれスカウトされるがデクと同じくオールマイトに憧れた人物であるため正義の心をしっかりと持っている。 個性:爆破 個性は爆破。 手の汗腺からニトロのような液体を出して爆発させる能力。 爆発力は汗の量に比例運動量が上がったり夏は高威力の爆発がポンポンだせる。 ただ最大火力の爆発は自分の手もダメージを受けてしまう。 個性強化訓練では汗腺を広げるためにドラム缶風呂に手を付けながら爆発させていた。 出席番号18 緑谷出久 みどりや いずく ヒーロー名:デク 個性:ワン・フォー・オール 好きなもの:かつ丼 主人公。 元無個性であるがヒーローの心を持っていたたためにオールマイトからワン・フォー・オールを受け継いだ。 ヒーローにあるべき心を持ってはいるが自己犠牲が強く周りを助けるために無茶をして毎回大けがしたり危ない目にあうなどから問題児として注意されている。 個性:ワン・フォー・オール 個性はワン・フォー・オール。 自身の体をパワーアップさせる単純な能力。 しかし100%のワン・フォー・オールは体が持たず現在デクはまだワン・フォー・オール5%のしか出すことができない。 個性強化トレーニングとしては個性を引き出すために肉体強化を行う。 最終的にはオールマイトのような体になる? 出席番号19 峰田実 みねたみのる ヒーロー名:GRAPE JUICE グレープジュース 個性:もぎもぎ 好きなもの:女性 本能に素直な男性。 性欲の権化と呼ばれヒーローの動機も「女性にモテたい」からである。 心が弱い一面を見せたりするがデクを見て有機を奮い起こしたりミッドナイト戦では出し抜くためにあえて誘い出して動きを止めるなどした。 個性:もぎもぎ 個性はもぎもぎ。 頭についている玉を無限に生み出すことができる。 玉は強い粘着性を持ち一度付くと峰田が取るまで取れない。 調子がいいと一日中くっつくかせることができる。 あまりにもぎすぎると血がでる。 もぎった玉じたいは強力な武器となるがもぎって投げ動作が必要。 個性強化訓練では血がでないようにするためにもぎり続けた。 出席番号20 八百万百 やおよろず もも ヒーロー名:クリエテイ 個性:創造 好きなもの:読書、とくに図鑑 実家がお金もちでありお嬢様タイプ。 学力テストでは1位の秀才。 高校一年にしてすでにプロポーションがヤバいことについて峰田から指摘されている。 入学当初は自信満々であったが体育祭で結果が出せずスランプに陥っていたが期末テストにてイレイザー・ヘッドと戦った時に轟を的確に指示して見事なコンビネーションで勝利。 USJヴィラン襲撃の時能無に発信機を取り付け爆豪奪還時にはデクや切島が無茶をしないように見張る役としてついて行くなどした。 個性:創造 個性は創造。 生物以外のあらゆるものを自身の肉体から生み出すことが可能。 生み出すには構造まで把握している知識と食べたものから得られるエネルギーが必要。 個性強化訓練ではクオリティの高いものと効果時間を増やすために佐藤力動と共にお菓子を食べてひたすら作っていた。 終わりに 今回は【ヒロアカ】雄英高校一年A組メンバー名簿や個性をまとめてみた! といった内容で情報をまとめてみました。 いかがだったでしょうか? ヒロアカが始まって結構たちますがまだまだキャラクターの性格や活躍が深堀されていないキャラが多くいます。 今後どのような活躍をしていくのか楽しみですよね。 今回もありがとうございました。 また次の記事でよろしくお願いします。

次の

触れて絡めて重なって。【ヒロアカ】【激甘短編集】

きりしま ヒロアカ

大人気漫画『僕のヒーローアカデミア』にはたくさんの魅力的なキャラが登場しますが、その中で最も人気の高いキャラは誰なのでしょうか?ここでは第三回人気投票で発表されたTOP10のキャラを挙げ、過去の人気投票結果と比較しつつそれぞれのキャラの人気の理由などを分析・考察しながらまとめました。 この結果にはヒロアカファンの間でも驚きの声が多く上がっていました。 おそらく、投票期間がアニメ2期の真っ最中だったこともあり、さらに心操の出番のあとだった、というタイミングもあったのでしょう。 ヒロアカアニメは原作に忠実に作られている部分が多いですが、それでもアニメの心操のシーンはとても印象的だったように思います。 アニメから入ったというファンもいると思いますし、そこにあの体育祭での心操とデクの対決を見せられたらかなり興味を惹かれるんじゃないでしょうか。 さらに心操がその特殊な個性故にこれまでに色々あったこと、雄英の入学試験との相性が合わずに普通科に甘んじている、という部分など、特に女性からの人気を集めそうなキャラではあります。 あとはCVを担当した声優、羽多野渉の人気もあるのでは、と分析するファンもいるようですね。 今回この第3回の人気投票結果を見ると、女の子キャラで唯一のランクインということになりました。 ヒロアカには魅力的な女の子キャラがたくさんいるので、なんとなく寂しい気もします。 男子キャラばかりの中でそれでも1つ順位を上げてきた彼女の強さは、これもやはり2期アニメでの活躍があったからではとファンの間で推測されています。 爆豪との対決はとてもかっこよく描かれていましたね。 ただ、八百万百や蛙吹梅雨、耳郎響香など、2期アニメでも活躍を見せた女の子キャラはいっぱいいました。 そんな中お茶子だけがトップ10内に残るには他に何か理由があると思のですが…やはり、デクに一番近い存在だからでしょうか?デクへの思いをちょっと見せるようなシーンもありましたし、応援したいと思うファンも多いのかもしれません。 あとは、彼女がヒーローを目指すのはなぜか、そこにも人気の理由がありそうです。 彼も第一回から安定した人気のあるキャラですが、正直、そんなに活躍した印象がないのが不思議なところです。 ネット上でもどうしてこの順位なのかと話題になっていました。 アニメ2期では体育祭などで出番も活躍もありましたが、特に目立った見せ場もなかったように思うのですが…。 上鳴が人気なのは、彼のそのキャラクター性にあるのでしょうか。 どちらかといえばチャラ男系、時に女の子よりもビビリな面を見せる時もありますが、彼の個性はハデで有利な相手にはとても強いところはかっこいいですよね。 ただ、あまりに使いすぎると「ウェ~イ」しか言えなくなってしまい、全く役にたたなくなってしまうというこのギャップがかわいい、と女性人気を集めている部分もあるかもしれません。 第一回の人気投票から1位ずつ下がっている結果ではありますが、主人公のデクを始め、ストーリーの中心を担っていくたくさんの生徒たちキャラの中で、指導者としての立場にいる彼が入ってくるのは純粋にすごいなと思います。 様々なところでファンによる独自の強さランキングが予想・考察されていますが、そのほとんどでオールマイトが文句なしの1位だと言われており、その「圧倒的な強さ」も人気の理由だと思われます。 原作はアニメ2期後の大分先まで描かれており、デクたちの力を遙かに超えた強キャラがたくさん出てきています。 その中においてもやはりオールマイトが1番強い、とファンに思われている、その絶対的な信頼が彼の人気に繋がっているのでしょうね。 この人はきっと誰にも負けない…、その安心感が人気を押し上げているのでしょう。 前回は4位とかなり健闘してファンを驚かせましたが、今回もまた上位に食い込んできています。 2期アニメには、彼は1期ラストのヴィランとの闘いで負った怪我がまだ完治していない状態での出演で、体育祭のときも解説役(それでもほとんど喋らなかった)に徹していました。 久しぶりに活躍をみせたのが期末試験のエピソードでしたが、この回の放送のときには投票期間が過ぎていましたので、相澤の場合は2期アニメの影響、とは少し違うようです。 相澤の人気はどこからくるのか、おそらく、一見冷淡そうに見えて生徒の危機には自分が前に出て守ろうとしたところや、生徒一人一人をちゃんと見て理解してあげている部分など、外見に似合わず「先生らしい」ところにあるのかもしれません。 また、アニメで描かれていない、プロとしての「イレイザーヘッド」も強くてかっこいいですし、彼の場合は常に根強いファンが多いのでしょうね。 また、担当声優が諏訪部順一、ということも理由の一つとしてはありそうです。 彼の場合もやはり、投票期間のことを考えると、2期アニメの影響が大きいのかなと思います。 体育祭でもかなりの活躍を見せましたし、なによりステインとの闘いでは、悩み、葛藤しつつも大きく成長したところが描かれていました。 デクらに何も言わず、兄の仇をとろうと1人で行動しようとしたあたりでは、彼に感情移入したファンも多かったのではと思います。

次の