片頭痛の予防に効果のあるサプリメント。 片頭痛の予防

サプリメント(食べ物)で頭痛を治す方法

片頭痛の予防に効果のあるサプリメント

片頭痛に対応するサプリ ビタミンB2は副作用ない 予防薬処方で発作防げる 平成20年10月16日掲載 質問 38才女性。 片頭痛で悩んでいます。 頭痛薬では治まらず、胃が荒れるのも困っています。 片頭痛の予防によいサプリメントはありますか? 回答 平成17年3月に発表された慢性頭痛診療ガイドラインに掲載されているサプリメントには、マグネシウム、ビタミンB2、フィーバーフューがあり、ある程度の片頭痛予防効果が期待できると書かれています。 マグネシウムは、もともと下剤として用いられ、一度に服用すると下痢を起こすことがあるので、数回に分けて摂取します。 ビタミンB2は、25ミリグラムの少量でも片頭痛予防効果があるという研究があります。 特に問題となる副作用もなく、経済的にも安価に使えます。 フィーバーフューは、ナツシロギクとも呼ばれるキク科多年草のハーブの一種で、古くから民間療法として片頭痛予防にも用いられてきました。 副作用はほとんどありませんが、子宮収縮作用があるので妊婦は避けてください。 生活上では、まぶしい光やうるさい音を避け、熱いシャワーを浴びるなどの温度差に気をつけます。 片頭痛の発作時には、ひと眠りするのは効果的ですが、睡眠をとりすぎるのは禁物です。 また、ワインやアイスクリーム、チョコレートなどの特定な食べ物は頭痛を引き起こすことがあるので、誘因となる場合には、極力食べるのを控えたほうがよいでしょう。 片頭痛は予防薬を服用するとかなり発作を防げます。 回数が多く困っているようでしたら受診し、予防薬を処方してもらいましょう。 大石順子 社団法人静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター主幹.

次の

偏頭痛におすすめのサプリメント3選!予防法や効果のある成分を解説!

片頭痛の予防に効果のあるサプリメント

片頭痛がひどい時に今すぐ痛みを抑えたい、そして痛みが出ないように予防できる方法がないかと考える人は多いのではないでしょうか。 もちろん痛みがひどい場合や頭痛の頻度が多い場合は病院を受診するのが一番になりますが、時間がない人やそこまでひどくない人、なるべく市販の薬やサプリメントでどうにかできないかと考える人も多いと思います。 そこで今回は 市販の薬とサプリメントで片頭痛を抑える方法、そして片頭痛が起きない様に予防となる方法を紹介していきたいと思います。 もし片頭痛に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 また1日2回しか飲めない薬も多いです。 エキセドリンAも片頭痛には効果が高い エキセドリンAと言うあまり有名ではない痛み止めですが、実はこのエキセドリンAには「アセチルサリチル酸」「アセトアミノフェン」「カフェイン」が配合されています。 そして実はこの3つの組み合わせはイブプロフェンよりも片頭痛に対して効果が高いとされているんです。 もし月合計15日以上の頻度で3か月以上使用する場合は薬物乱用頭痛の可能性が高いため、この頻度で使用している人は注意が必要です。 また 痛み止めは胃を悪くする副作用や腎臓を悪くする副作用もあります。 特に胃への副作用に関してはもともと胃の調子が悪い人などはより起こりやすい副作用になりますので、正しい使い方を行った上で、さらに胃薬などを一緒に飲むことをお勧めします。 片頭痛予防に効く市販薬・サプリメント 片頭痛に関しては予防もある程度効果的です。 ただし滅多に片頭痛がない人はわざわざ予防する必要もありませんので、ここでは 片頭痛を予防すべき人、 片頭痛の予防に適している薬やサプリメント、 片頭痛の予防に必要な期間などを中心に紹介してきます。 片頭痛の予防が必要な人のタイプ 片頭痛の予防目的は 片頭痛の発作の頻度を抑えること 重症度を下げること 頭痛がある時間を短縮すること 痛み止めの効きをよくすること などが挙げられます。 つまり片頭痛がある人にとってはかなり理想的なものになります。 ただし全ての人がその恩恵があるのかと言えば決してそうではありませんので、片頭痛の予防が適している3つのタイプの人を紹介します。 ・片頭痛発作が月に2回以上、あるいは6日以上ある場合 ・片頭痛が起きた時に日常生活に支障が生じてしまう場合 ・片頭痛が起きた時に痛み止めを飲むことができない場合 この場合に片頭痛に対する予防が効果的とされています。 また予防と言っても実は凄くシンプルなものになりますので、次は具体的な薬やサプリメントを紹介していきたいと思います。 片頭痛の予防の薬とサプリメント 市販で対応できる片頭痛の予防として最も効果的なものが ビタミンB2になります。 実際にビタミンB2を服用した人とそうでない人を比較した実験では、ビタミンB2を服用した方が頭痛改善がみられた結果が得られたそうです。 では市販薬の中ではどれがベストなのかと言いますと、残念ながらビタミンB2だけを配合してある医薬品は発売されていないため、ここでは チョコラBBピュアをおすすめします。 市販薬にはマグネシウムが配合されている頭痛薬も多いです。 中でもイブクイック頭痛薬等はマグネシウムもそこそこ多く配合されているためおすすめです。 またハーブの1種である 「フィーバーフュー」も頭痛予防に効果があるとされてます。 そしてこのフィーバーフューは副作用がほぼない事が魅力の1つとなります。 では頭痛の予防をまとめるとビタミンB2・マグネシウム・フィーバーフューの3つをとることが理想的と言えます。 ただしこの3つをバラバラに購入することは値段の面からも、飲む量も大変ですよね。 そこでおすすめなものが マグネシウムとフィーバーフューが配合されているものがすでに発売されています。 それがこちらの ズキガードになります。 これにプラスしてチョコラBBピュアを服用するという方法が予防としてはおすすめです。 また、この後詳しく紹介しますが頭痛の予防には 最低2か月は続けて様子を見る必要があります。 そしてこのマグネシウムとフィーバーフューとおまけにカルシウムも配合されているズキガードは定期コースで購入すると毎回1000円引きで、おまけに送料無料となっているため、頭痛の予防として試す場合やもし効果が実感できた場合の定期的な購入にも最適です。 頭痛の予防に最適なズキガードはこちら もしくは眠気が出る成分を配合していますが、1種類でカフェイン・マグネシウム配合の痛み止めが欲しい人はイブクイック頭痛DXなどが推奨できますので詳しくはこちらも参考にしてみてください。 片頭痛の薬やサプリメントを予防として使う期間 頭痛への予防は飲み始めてすぐに効果を発揮するものではありません。 「効いた・効かない」を判断するまで最低でも2か月は続ける必要があります。 もし目立った副作用等がなければその後も続けて予防薬・サプリメントを服用するようにしてください。 そして予防が効いてきて、頭痛が楽になってきた場合は予防の薬も徐々に減らしていきましょう。 おすすめな方法としてはまずはズキガードを辞めてみて、その後にチョコラBBピュアを辞める方法がいいでしょう。 片頭痛治療薬のトリプタンは市販薬ではない 片頭痛がひどい場合はトリプタン系と呼ばれる頭痛薬を使用する事が多いです。 そして効果も高いです。 しかしこれらの 片頭痛に効くトリプタン系の頭痛薬は市販薬としては発売されていません。 ですから病院を受診して処方してもらう必要があります。 片頭痛に市販薬が効かない場合 もし片頭痛に効く薬を試してみても、予防薬も一緒に飲んでみても一向に症状の改善が見られない場合は市販の薬で対応することは難しいです。 世の中にはネットを探せば頭痛に効くサプリメントが山の様に存在しますが、今回紹介したズキガードに配合されているマグネシウムとフェーバーヒュー以外のサプリメントは正直有効性が証明されたものではありません。 そしてなぜが値段が高いものばかりです。 もちろん値段が高いからと言って頭痛に効くわけではありません。 ですから今回の方法を試してみてダメだった場合は一度病院を受診するようにしましょう。 頭痛に対する薬は上で紹介したように市販薬以上に有効な薬がありますので、日常生活に支障が出てしまう人は無理に粘らずに病院を受診してみてください。

次の

片頭痛に対応するサプリ ビタミンB2は副作用ない 予防薬処方で発作防げる

片頭痛の予防に効果のあるサプリメント

あなたの頭痛は、「偏頭痛」?「緊張型頭痛」? 頭痛対策としてのサプリメントの有効性をみていく前に、まずは自分の頭痛がどのタイプかをみていきましょう。 頭痛の種類を知ることは、サプリメントを選ぶ上でも大切なことになりますので、どのタイプかわかっている人も改めてチェックしてみてください! 偏頭痛はズキズキと脈打つ強い痛みが特徴 原因 なんらかの理由で頭の血管が広がり、神経が刺激されることによって、ズキズキとした激しい痛みを感じます。 疲労や睡眠不足などで溜まったストレスが原因となっていて、ストレスから解放されてリラックスをすると血管は広がり、痛みが発生します。 そのため、休日になると偏頭痛になるという人も多いようです。 ズキンズキンと脈打つような痛みが、頭の片側(ときに両側)に起こる。 風邪をひいたときのような強い痛みがあり、動くと痛みが増す。 吐き気をともない、光や音、臭いにも敏感になる。 数日~1月に1回ほど起こり、数時間から数日続く。 頭痛の前触れとして、ギザギザの光が見えることがある。 緊張型頭痛は締め付けられるような鈍痛が特徴 原因 頭の横の筋肉や肩や首の筋肉が凝ると血流が悪くなることによって、痛みが引き起こされます。 特にデスクワークや同じ姿勢を続けている人に起こりやすく、身体的や精神的なストレスも原因になります。 頭を締め付けられるような、頭が重いような痛み。 頭の両側や全体、後頭部に起きやすく、痛みは我慢できるほどの鈍痛。 肩こりやめまいをともなう。 吐き気もあるが実際に吐くことはない。 気分転換にカラダを動かすと、すこし痛みが楽になる。 月に半分~ほぼ毎日のように痛みが続く。 偏頭痛と緊張型頭痛は、痛みの種類から引き起こされる頻度まで違いがありますので、どちらのタイプか分かりやすいと思います。 これらの頭痛が交互に引き起こされるのは「混合型頭痛」とされています。 月に10日以上、頭痛薬を飲むと「薬物乱用頭痛」になる? 偏頭痛や緊張型頭痛、それぞれ痛みは異なりますがどちらとも本人にとっては辛い症状ですよね。 でも頭痛くらいで病院にもなかなか行きづらいし、市販の頭痛薬で済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、頭痛薬を頻繁に使用することで頭痛を引き起こしている可能性があるのです。 これを「薬物乱用頭痛」と呼ばれていて、月に15日以上頭痛が起こっていて、10日以上は頭痛薬を使用している人によく見られます。 最近、頭痛薬が効かなくなってきた、朝から頭痛が続いている、といった人は頭痛薬によって頭痛が引き起こされている可能性が高いです。 頭痛薬を飲み過ぎないようにすることが対策になりますが、いきなり薬をやめると反動で激しい頭痛や吐き気が出る場合がありますので、その場合は医療機関を受診しましょう。 薬に頼りたくないときは、サプリメントが有効!? 偏頭痛も緊張型頭痛も頭痛薬を飲むことで痛みは消えますが、その場しのぎでしかなく、根本的な解消にはなっていません。 本当に根本から頭痛を見直して、痛みとおさらばしたい人は、頭痛薬に頼らない対処法を行いましょう。 まず第一に生活習慣の見直しから始める 頭痛薬を頼らずに根本から頭痛を改善するためには、まず頭痛の原因となる生活習慣を見直しましょう。 偏頭痛も緊張型頭痛も疲れやストレス、睡眠不足が原因となることが多いです。 こういった状況は自律神経が乱れてしまいますので、頭痛を繰り返す原因となります。 頭痛を改善するためには、まずは十分な睡眠をとり、バランスのとれた食事、適度な運動といった生活習慣の見直しからはじめましょう。 より効果を実感したい人はサプリメントも有効 生活習慣を見直すことが一番の頭痛改善法ですが、より効果を実感したい場合は、サプリメントもおすすめです。 サプリメントの中には、頭痛対策に良いとされる成分が含まれている商品がいくつもあります。 一刻も早く根本から頭痛対策をしたい人は、サプリメントも利用してみましょう。 頭痛対策サプリメントの選び方 頭痛サプリを選ぶ際に一番重要なのは、サプリメントに含まれている成分です。 頭痛対策ができる成分は、ほとんどが人間の体に必要な成分ばかりです。 つまり必要な成分が不足してしまうと、頭痛が起きやすくなる、ということなんですね。 基本的には、必要な栄養素は食事から摂取することが理想ですが、忙しい日々の中で毎日きちんと摂取することは難しいですよね。 だからこそ、不足しがちな栄養素をサプリメントから補うようにしましょう。 それでは、頭痛対策におすすめの成分をいくつか紹介します。 おすすめの成分 フィーバーフュー 古代ギリシャより使用されてきた西洋ハーブの一つで、偏頭痛の予防に効果があるとされている。 有効成分としてセスキテルペン類が挙げられ、その中でもパルテノライドが偏頭痛に有効とされています。 また偏頭痛にともなう、吐き気などにも効果的といわれています。 マグネシウム マグネシウムは体に必要なミネラルの一つで、その半分が骨の中に含まれていることから骨の健康に必要な成分として知られています。 そんなマグネシウムと頭痛には深い関連があるといわれていて、慢性的に頭痛に悩まされている人は血中や脳内のマグネシウムが低い傾向にあります。 よってマグネシウムを摂取することで、頭痛を予防できるとされています。 コエンザイムQ10 コエンザイムQ10はアンチエイジング成分として化粧品などに多く使われていることで知られていますが、体内のエネルギー源を作り出すために必須の成分です。 また強い抗酸化作用をもっているのですが、年齢と共に減少をしていきます。 慢性的な頭痛をもつ人は、コエンザイムQ10が減少している傾向にあり、サプリメントでコエンザイムQ10を摂取することが偏頭痛予防になるといった実験結果があります。 ビタミンB2 ビタミンB2は納豆やウナギ、レバーなどに多く含まれているビタミンで、赤血球の維持や代謝のサポートなどをしています。 また目の健康をサポートしたり、頭痛を防ぐ効果もあるといわれていて、偏頭痛の治療法としてもビタミンB2を服用することもあるようです。 よって、ビタミンB2も頭痛対策におすすめの成分の一つといえます。 DHA・EPA DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、いわしやさば、あじなど青魚に多く含まれる必須脂肪酸のひとつです。 これらの成分は筋肉細胞や血管を健康にサポートする働きがありますので、肩こりをともなう緊張型頭痛の予防におすすめです。 ナットウキナーゼ ナットウキナーゼはその名からも想像できる通り、大豆加工食品の納豆に含まれる成分です。 納豆を食べると脳梗塞を防ぐといわれるのは、ナットウキナーゼに血栓を溶かす作用があるため。 血流改善もしてくれますので、血の巡りが悪く頭痛に悩まされる、緊張型頭痛におすすめの成分です。 頭痛タイプ別のおすすめサプリ それでは、頭痛タイプ別におすすめのサプリメントを紹介していきます。 自分の頭痛タイプに合ったサプリメントを選びましょう。 偏頭痛・緊張型頭痛どちらともにおすすめ ズキラック 通常価格 4,980円(税込) 初回定期価格 500円(税込) 2回目以降 4,180円(税込) ズキラックは、ズキズキ予防におすすめの成分「フィーバーフュー」、「マグネシウム」、巡り成分の「大豆イソフラボン」など8種類の天然系素材が含まれています。 バランスの乱れなどによって引き起こされる、脈打ち型にも緊張型にもどちらともにおすすめのサプリです。 定期コースなら、初回価格は500円の送料無料で購入することができます! 購入回数の縛りもないので休止や解約も可能なので安心してお試しできますよ。 ズツノンDr. 通常価格 7,960円(税込) 初回定期価格 2,980円(税込) 2回目以降 3,980円(税込) ズツノンDr. は、ストレスや疲れによるリズムの乱れ、めぐりのトラブルからくるガンガンやズキズキに着目して作られたサプリメントです。 ズキズキ対策として定番のフィーバフュー、マグネシウム、ビタミンB2といった成分が働きかけます。 巡りの悪さからくる重い感じも、豊富に含まれた和漢成分が予防してくれます。 定期コースなら、初回価格2,980円(税込)で購入することができ、購入回数の縛りもありません。 偏頭痛におすすめ ずきしらずの実 通常価格 3,300円(税込) 定期価格 2,970円(税込) 突然訪れるガンガン対策におすすめなのが、ずきしらずの実。 フィーバーフューやにがり、オオイタドリといった植物由来成分が嫌な症状に働きかけてくれます。 またサプリや症状で気になることがあれば、専任のアドバイザーや健康管理士に相談ができるのも嬉しいポイント! 定期購入コースなら、2,970円(税抜)から始めることができますよ。 ズキトール 通常価格 3,241円(税抜) 定期価格 2,315円(税抜) ズキトールは、フィーバーフューをはじめとした4種類のハーブと大豆イソフラボン、酸化マグネシウム、ビタミンB2といった栄養素を配合したサプリ。 ドクドクと脈打つようなつらさを予防し、スッキリとした日々をサポートします。 また女性特有の悩みもケアしてくれますので、巡りが気になる人にもおすすめ。 定期コースなら通常よりも30&OFFの価格でお試しすることができます。 ただし、最低4ヶ月の継続が必要となっていますので、しっかりと実感したい人におすすめのコースとなっています。 1日4粒飲むだけで、国が推奨する摂取量の半分を取り入れることが可能です。 また巡り成分のナットウキナーゼも配合しているので、重だるい悩みにも最適! 食生活が乱れがちで、なんだかシャキッとしない人におすすめのサプリといえます。 定期コースなら、初回1,980円(税込)から始められ、休止や解約もいつでもできますよ。 今から始められる頭痛の予防法を紹介 おすすめのサプリメントを紹介しましたが、サプリメントだけに頼ることは絶対に禁物です!! 頭痛の原因となる生活習慣を見直さなければ、完全に頭痛を対処することはできません。 そこで最後に、すぐに始められる頭痛の予防法をいくつか紹介します。 バランスのとれた食事を心がける 人間の体に必要な栄養素が不足すると、頭痛が起こりやすくなります。 特に頭痛対策の成分でも紹介したように、マグネシウムやビタミンB2を意識して摂取するようにしましょう。 マグネシウムやビタミンB2が豊富な食べ物には、豆腐やひじき、わかめなどが挙げられます。 頭痛を引き起こす食べ物に注意! 一方で、頭痛を引き起こすと言われている食べ物にも注意が必要です。 具体的には、アルコール、チョコレート、チーズ、ピーナッツなどは偏頭痛の原因となる可能性があるので、取り過ぎに気をつけましょう。 早寝早起きを心がける 夜更かしをしたり、寝る時間帯にバラつきがあると、自律神経が乱れて頭痛の原因となってきます。 そのため、早寝早起きを心がけ、できる限り決まった時間に寝るようにしましょう。 適度に運動をする 運動不足は体の巡りが悪くなり、緊張型頭痛のような重い痛みを感じやすくなります。 一駅歩いたり、階段を使うようにしたり、日常生活の中から軽い運動を心がけましょう。 またお風呂に入って、汗を流すのもおすすめですよ。 生活習慣の見直しとサプリメントで頭痛対策をしよう! ガンガンくる偏頭痛と締め付けられる緊張型頭痛。 どちらも人にはわかりづらいですが、自分にとっては辛くて何とかしたい症状です。 これらの頭痛を解消するためには、まず頭痛の原因となっている習慣を直していき、頭痛になりにくい体づくりをしていきましょう。 そのうえで、さらに実感を得たい人はサプリメントを活用するのがおすすめ。 毎日の食事からきちんと摂取することは難しいですが、サプリメントなら簡単に手軽に必要な栄養素を補うことができます。 もちろんサプリメントだけに頼るのはいけませんが、対策のひとつとして頭痛サプリを使ってみてはいかがでしょうか。

次の