ケンプファー アメイジング。 HGケンプファーアメイジング レビュー

HGBC 1/144 アメイジングウェポンバインダー サンプル製作レビュー

ケンプファー アメイジング

昔の製作日記を改めて読み返してみると懐かしいやら恥ずかしいやら、、いろいろ頑張っていた昔の私を褒めてあげたいです。 どうも、ZBOKです。 本日よりケンプファーの製作を開始します。 ランナーは、ボリューム満点です。 それでは、 仮組から開始していきます!! お約束ですが、 パーツをランナーから切り離す際には、ゲートを少し残し気味に切り離します。 ランナーから切り離したのち、ニッパーとナイフで丁寧にゲート跡を処理していきます。 パチ組の場合はこの処理で十分なのですが、 塗装仕上げであれば、最後にヤスリを当てて、ゲート跡を周りと完全に馴染ませれば完璧です。 胴体のメインパーツの合わせ目は、段落ちモールドで処理されています。 胴体上部の四角いスラスターはマスキングで塗り分けが必要そうです。 あと、 少しパネルラインを追加してやるとかっこよくなりそうです。 バックパックの丸いへこみ部分は、ピンバイスで削孔しようかと思います。 ジェットノズルも何かしてやりたいです。 こんにちは、ZBOKです。 最初の予定では、サクッと仮組だけ進めて、後からゲート処理とパーティング処理をしようかと思いましたが、仮組と同時進行でゲートとパーティングラインを処理することにしました。 腰回りの動力パイプの付け根ですが、目立つ部分にパーティングラインが入っているので処理していきます。 中央部分に緩い棒状のディテールがありますが、こんなのはそのまま削り落して、プラパンで復元したほうがきれいに仕上がります。 削り跡がついていない部分はまだへこんでいる部分ですので、確認しながら作業を進めていきます。 腕のパーツは、合わせ目が目立たないように構造的に処理されています。 ただ、 手首部分に少しだけ合わせ目のラインが見えますが、 時間がなければ、あまり目立たない部分ですのでこのままでもいいかなと思っています。 この部分のパーティングラインはしっかりと処理しておきます。 こんばんは、ZBOKです。 世間はゴールデンウィークも中盤戦かもしれませんが、ZBOKはまだゴールデンウィークに突入していません。。 ZBOKのゴールデンウィークは暦通りの3日~6日の4日間です。 この4日間でなんとかズゴックEだけでも完成させたいものですが、、、 さて、 本日はタイトルにあるようにケンプファーのショルダーアーマーの後ハメ加工に挑戦します。 HGUCのケンプファーを作ったことがある人ならお分かりでしょうが、 最大の難所到来です。 順調に仮組を進めてきたのですが、ショルダーアーマーで手が止まりました。 ショルダーアーマーは目立つパーツですので、確実に合わせ目は処理しておきたいのですが、、 バーニアの構造がやっかいです。 そこで、 思いついた解決策は3つです。 ・裏側の板を削り取って、裏側からはめこむ。 ・バーニアを分割して、表側からはめ込む。 ・そのまま組立て、マスキング処理で塗り分ける。 まずはじめに、 ショルダーアーマーの裏側の板を削り取って、裏側からはめこむ方法ですが、 切りとった裏側の板の部分をプラパンでうまく復旧できるかが心配ですので、 試しに作ってみました。 マスキングテープで形を写して、プラパンを切り出してみました。 もう少しヤスリで整形すればいい感じになりそうですが、、曲面部分をぴったりと整形するのがすごく難しそうですので、この方法は却下です。 マスキング処理もバーニアの淵の細い部分をマスキングするのが難しそうですので、却下です。 いろいろと考えた結果、 バーニアを分割して表側からはめ込む方法が一番楽そうです。 しかし、 この方法にもやっかいなポイントがあります。 ショルダーアーマーの穴よりバーニアがのほうが一回り大きいので、表面から差し込めるようにバーニアを削る必要があります。 まずはピンバイスで削孔してからニッパーでバーニアを板から切り離します。 ニッパーだけで直接切断しようとすると、余計な部分にも力が加わり変形してしまう可能性があります。 切断した後は、バーニアの淵をヤスリで削って外径を調整していきます。 このような小さいパーツは、そのままでは加工しにくいので取ってを付けてやりました。 裏側に1mmのぷら棒を接着して、そのぷら棒をピンバイスで固定してグリグリと回転させながら削っています。 ぷら棒の接着にはタミヤセメントの流し込みタイプを使用しています。 強い負荷をかけるとポキっと折れますが、力加減を気をつければグリグリと削れるぐらいの強度はでます。 バーニアは全部で6個ありますので、 しばらくは地道な作業が続きます。 あとは、 差し込んだバーニアの固定方法を何か考えてやる必要があります。 本日は、ショルダーアーマーのバーニアを加工していきます。 まずは、1mmのピンバイスでバーニアの周囲に穴を開けていきます。 削孔した穴に沿って、ニッパーで切断していきます。 モデラーズナイフで大まかに余計な部分を削っていきますが、 バーニアの縁まで削ってしまうと取り返しがつかなくなるので注意しながら少し控えめに削ればいいと思います。 ヤスリを当てやすいようにプラ棒でとってをつけてやります。 ピンバイスで挟み込めば、さらに作業がしやすくなります。 右が加工前で、左が加工後です。 バーニアの縁の厚みが半分ほどになっています。 削り加減は、ショルダーアーマーの穴に差し込みながら調整していきます。 塗料の厚みもあるので、少しゆるいぐらいまで削ります。 こんばんは、ZBOKです。 あっという間にゴールデンウィークが終わってしまいました。 ケンプファーとズゴックEは連休中に完成させようかと思っていましたが、ひとつも手をつけれませんでした。。 さぁ、 気持ちを切り替えてがんばっていきましょう!! 本日は、レッグユニットの仮組を行いました。 仮組ですので、もう一度分解しやすいようにハメ込み箇所を処理してきます。 タミヤのベーシックドリル刃セットがあれば、ほとんどのピンの受け口に対応できます。 足裏のディテールは、マスキングで塗り分けてやるとかっこよくなりそうです。 ゲート処理をしながら、仮組みを進めています。 後は腰回りと武器関係で完了です。 前回までの記事では、肩アーマーのバーニアの後ハメ加工を手間ヒマかけていじっていましたが、あの小さいバーニアを向き・奥行きをきちんと揃えて固定する方法が難しく、パテで基礎を作ってみたりいろいろとしましたがうまくいきませんでした。 作戦変更です。 これなら固定も簡単です。 足回りですが、合わせ目がすべて段落ちモールドになるように処理されています。 さらにその段落ちモールドが単調にならないようカバーのパーツを追加して段落ちモールドに変化を持たせてあります。 足裏もディテールがたっぷりです。 腰周りです。 前後のパーツで合わせ目があるのですが、 ここは後ハメ加工が難しそうなのと、完成時あまり目立たない箇所ということでこの合わせ目は、そのままにしておきます。 下半身完了。 ウエストは、合わせ目が段落ちモールドとして処理されています。 素敵!!! さて、 あとは、 武器、、、 の合わせ目処理ですか、、、 ケンプファーはバズーカーとライフルが2丁づつあるので、、 ぞっとします。。 バズーカの後ろ側のペケモールド、 ヤスリが当てにくいので一旦ナイフで削り落とします。 とりあえず、 武器関係の一次処理終わりました。 疲れたのでお風呂で疲れを、、 超音波風呂で、体の隅々まできれいになります。 今回は、仮組みの状態で洗浄してしまいます。 乾燥中。 次回は、 サフを吹いて仕上がりをチェックします。 これらは、けっこう目立つ箇所ですので、スジボリでも入れてディテールアップしてみようと思います。 ケンプファーキックーーー!!! ケンプファーけっこう体やわらかいです。 腕も足もグルグル可動します。 そういえば、 ゼータプラスはずいぶんと体の固い子でした。 さて、 修正しますか。。。 合わせ目の処理が不十分だったり、 ヒケていたり、 ゲート処理でえぐってしまっていたり、 けっこうな数なので、今回はポリエステルパテで修正します。 ポリエステルパテは、 主剤と固化剤を同じ長さだけ出して混合して使用します。 混合量の目安は、主剤のキャップと同じぐらいになればOKです。 固化剤はいつもふにゃっと出てしまうので、混ぜる量はけっこう適当だったりします。 パテ盛り終了。 深い割れ目には、グイグイと押し付けるようにパテを塗りたぐって、奥までしっかりとパテを充填させます。 そして、さっと表面の余分なパテをヘラで掬い取って、割れ目の上にだけはちょいっと盛り目にしておきます。 盛り付けたパテは、ギリギリまでナイフで削ってから、ヤスリで仕上げます。 肩アーマーなどの小さい窪みなどは、小さく切ったペーパーヤスリを折り曲げてピンセットでつまんでヤスリを当てています。 あと、 半分。。 あと少し。。 ポリパテは、水研ぎしています。 ヤスリの目詰まり防止と粉塵防止のためです。 今回のヤスリがけは、800番で仕上げました。 600番の磨きキズは1000番のサフでもある程度は消えてくれます。 塗装面を肉眼で眺めている分には気になりません。 ただ、 やはり写真で見ると塗装面の粗さが少し気になります。 今後は、 800番仕上げです。 今日中にサーフェイサーを吹いてしまいたいので、 ティッシュで軽く水気を拭いてからの乾燥中です。 とくにポリキャップの中などの奥まった箇所の水滴に注意しながら拭き取ります。 さて、 第1次修正の結果は、、 65点。 やり直し!! 今回のケンプファーは、 完成を急がずになるべく丁寧に仕上げていきます。 しばらく似たような記事がループする予感が、、、!? 次回は、 第2次修正です。 肩アーマーは形状が複雑ですので、合わせ目消しのヤスリ当てが大変です。 青色が成型色で、黄色がポリパテ、黒色が黒い瞬間接着剤です。 ライフルの裏側の面倒なギザギザも小さく切ったヤスリをピンセットで摘んで丁寧にヤスリを当てます。 こんばんは、zbokです。 気持ちを切り替えて、制作途中のケンプファーの完成を目指します。 本日は、捨てサフを削って、表面を仕上げていきます。 タイトルにあるように、今日の主役はこいつです。 3Mのスポンジヤスリ。 ジオン系の曲面の多い機体には、スポンジヤスリがベストマッチ。 スポンジヤスリというものを初めて使ってみましたが、久しぶりのヒットアイテムです!! 主力ヤスリに採用しました。 8mmのメタルパイプを埋め込むために削孔しました。 太ももアーマー!? にもメタルパイプを埋め込もうと削孔しましたが、芯がズレてしまったのでパテで埋めました。 パワードジムカーディガンのときの失敗を改善しました。 スペーサーをかましてボール底部とヒーターとの離隔を確保しました。 あと、 プラスチック製のボールに変更しました。 これで、 熱によるパーツの変更を防げるはず。。。 っと一旦乾燥機に入れましたが、、、 あることを思い出しました。 妖怪不祥事案件で言うところのいわゆる 「さぁ、乾燥したしサフ吹こうぅ、、あっ、、、」 を引き起こす、非常に迷惑な妖怪。 妖怪の名前は忘れましたが、たしかにこの妖怪は存在します。 そこで、 一旦、キッチンペーパーの上にパーツを広げて、 コレ!!! ネジネジティッシュ。 表面を軽く拭いてからのネジネジティッシュ。 ポリキャップやダボに溜まっている水は、乾燥機に入れてもなかなか乾燥してくれませんし、 エアブラシのエアーを当てて、はじめて姿を現します。。 そして、 ピチャっとなって軽く心を折っていきます。 これで、安心です。 こんばんは、zbokです。 塗装の準備として、パーツに持ち手を付けていきます。 この段階で、塗装する色別に分けておきます。 あと、 この段階で再度、このパーツはどこまで塗ればいいのかをしっかりと確認しておきます。 っといいながら、 私はちょくちょくこのミスをします。 (塗装時)ここは組立後は見えなくなるし、塗装は省略、省略、、、 (組立時)あっ、ここ塗ってないじゃん。。。 涙 塗装・マスキングの手順なども確認しておきます。 よしっ、 塗装準備完了。 次回は、サーフェイサー吹きです。 こんばんは、zbokです。 今夜は、下地処理としてサーフェイサーを吹き付けました。 ほとんどのパーツが合格でしたが、 いくつかのパーツに手直しがありました。 太ももアーマーに盛った、ポリエステルパテがヒケていました。 ケンプのあごをプラパンを貼って尖らしたのですが、その接合部の段差がきれいに消えていませんでした。 なかなか優秀な結果です。 ってか、 合格ラインが甘めなだけです。 それにしても、 やっぱ塗装は楽しいですね。 好きなBGMをイヤホンで聞きながら作業していましたが、 3時間あっという間でした。 それと、 今回、また少し塗装のコツを掴みました。 今までよりかなり早く、きれいに作業ができました。 模型製作は、何か上達したな感じることがあるとすごくモチベーションが上がりますね。 こんばんは、zbokです。 今夜は、昨日の手直し箇所の修正していきます。 今日中にサーフェイサー下地まで仕上げたいので、 乾燥に時間のかかるパテの代わりに、 黒い瞬間接着剤+瞬着硬化スプレーで修正をしていきます。 ガムテープの上に出してから、ヘラで塗っていきます。 こういう作業は盛り付ける量が重要ですので、ちゃんとヘラ等で丁寧に塗ったたほうがいいです。 瞬着硬化スプレーをさっと一吹きして、しばし乾燥待ち。 この間に夕飯を済ませてきます。 夕飯は、シチューと鳥そぼろ丼でした。 イブですが、ケーキはありませんでした。。 ガックシ。 夕飯後、サクッと削ってサフチェック。 ヘタクソ。。 (涙) とりあえず、 乾燥機に放り込んでから、サフの乾燥待ちの間にお風呂タイム。 たぶんいけそうな感じ。 今晩2回目のサフチェック。 さて、 次回から塗装ですが、何色で塗ろうかまだ考えがまとまっていません。。 こんばんは、zbokです。 ケンプファーの塗装をどうしようかと悩むんでましたが、、、 塗料棚にデルタプラスの紫とキュベレイのピンクが大量に残っているのを発見。 もったいないので、ケンプファーは余り塗料を混ぜたもので塗装しようかな。 さて、 仕上がりはこんな感じです。 ローゼン・ズールカラーのローゼン・ケンプファー!? ないない。 ミーシャにバラは似合わない。 カラー的にニュータイプ専用ケンプファーmk-2!? ないない。 ミーシャ、ニュータイプじゃないし。 とある特務機関が開発した汎用人型強襲用MSケンプファー!? あり、、 アンテナのラインを蛍光グリーンで塗りたくなってきた。 ミーシャ「逃げちゃダメだ。 逃げちゃダメだ。 ・・・・・」 【ミーシャの顔つきが変わる】 ミーシャ「僕が乗ります!! さて、 メインカラーのほかには、関節グレーを塗り終えました。 関節グレーは、手抜きでガンダムカラーのMSグレージオン系をそのまま使いました。 さすがガンダムカラーです。 ガンプラによく合うグレー具合です。 左がサフ、右が塗装済み。 チェーン・マインの塗装しました。 動力パイプは、ガンダムカラーのMSホワイトで塗装しました。 ビームサーベルは、蛍光ピンクの下地としてホワイトで塗装しました。 ジャイアント・バズ、専用ショットガン、シュツルム・ファウストは、それぞれ違うカラーが設定されていますが、、、 一律ガンダムカラーのMSファントムグレーで塗装しました。 バーニアは、シルバーで塗装しました。 最後に、光沢クリアでコートします。 次回は、 マスキングをしての部分塗装です。 【タイムリミットはあと4日】 基本塗装が終わりましたので、細かい部分をマスキング処理をして塗り分けていきます。 うーん、 70点。 マスキング難しいです。 あと、 ビームサーベルは、グラデーションで塗りました。 次回は、 光沢クリアでコーティングしてからのエナメル塗料による部分塗装、スミイレです。 この段階で一旦、光沢クリアーの工程を挟む理由は、 光沢クリアで塗装表面を滑らかにすることによって、スミが滲んだり、拭き取りにくくなることを防ぐのが目的です。 ガンダムカラーは半つや消しですので、そのままスミを入れると大変なことになります。 どうも、 正月休みに突入して朝からガンプラ三昧のzbokです。 本日は、スミイレとエナメル塗料による部分塗装を進めました。 スミイレは、タミヤのスミ入れ塗料(ブラック)を使用しました。 光沢クリアコートの効果もあって、気持ちいいぐらいにスミが流れてくれました。 基本のスミイレは、この製品を使うのですが、 少し太めのラインには、別に濃度を調整したエナメル塗料のフラットブラックを使用しました。 スミイレの塗料は、ラインの太さによって使い分けています。 装甲の裏側の見えそう箇所は、ジャーマングレイで塗装しました。 あと、 シルバーでちょこちょことワンポイント塗装しました。 首元のホースは、なかなかかっこよくなりました。 次回は、 組立ながらのデカール貼りです。 こんにちは、zbokです。 本日は、デカール貼りとつや消しクリアコートを行います。 デカール貼りは、社外品のHIQPARTSのNCデカールとMr. マークセッターを使用します。 マークセッターは、スライドマークを軟化させ、接着成分で強力の接着させる効果があります。 つや消しクリアコートですが、 本日の石川県の天気は、、、 雨。 明日が晴れならよかったのですが、 明日も雨の予報。 よしっ、 強行塗装です。 大丈夫でした。 かぶりもなくきれいに仕上がったと思います。 (たぶん) っと言いますか、 夏の梅雨の時期でも、今までに塗装をしていて「かぶる」という現象を経験したことがないんですよね。 エアブラシから水を噴いたことは何度かありますが、 かぶって白っぽくなるという現象は、経験したことがありません。 もしかしたら、 微妙にかぶっているのに本人が気付いていないだけなのか。。 まぁ、 それは、いっか。。 次回は、 最終組立です。 こんにちは、zbokです。 なんとか間に合いましたよぉ。 そして、 今までで一番の出来の良さです。 それでは、 最終組立状況です。 モノアイを組立ます。 HIQPARTSのセンサー用メタリックシールを貼ってから、 WAVEのH・アイズ3ミニ[クリア]を被せます。 レンズの接着には、コニシのジオラマ模型用接着剤、アクアリンカーを使用します。 アクアリンカーは透明で糸引きもなく、非常に使いやすいお勧めの接着剤です。 胴体を組立ます。 腕を組立ます。 ショルダーアーマーを組立ます。 メタルパイプとバーニアは、アクアリンカーで接着してあります。 続いて、 足を組立ます。 腰を組立ます。 とりあえず、 下半身だけ組立ます。 続いて、 上半身も組立ます。 ショルダーアーマーも組立て、完成体です。 あとは、 武器関係です。 ビームサーベルを組立ます。 ジャイアント・バスを組立ます。 専用ショットガンを組立ます。 シュツルム・ファウストを組立ます。 ハンドパーツを組立ます。 チェーン・マインを組立ます。 完成です。 これで、 気持ちよく新年を迎えることができます。 それでは、 みなさん、よいお年を。 画像クリックで拡大します。 最後までご覧いただきありがとうございました。 それでは、次回制作記をお楽しみに。 -PR- ガンプラ日記のおすすめ記事• こんばんは、zbokです。 今夜のガンプラは、ツインアイカメラの塗装を行います。 258ビュー• サーフェイサーの表面がザラザラになる原因は吹き付けたサーフェイサーの粒子が塗装面に乗る前に乾いてしまっ... 118ビュー• こんばんは、zbokです。 やっと白いパーツの塗装が完了しました。 やっぱ黒立ち上げ塗装は... 100ビュー• こんばんは、zbokです。 今夜のガンプラは、 HGUC RX-78GP02A ガンダムGP02A... 94ビュー• MGに付属しているパイロットのミニフィギュアを塗装してみました。 誰が何と言おうと、 シャア少佐に... 93ビュー• スジボリのガイドのシンメトリー(左右対称)をもう片方のパーツに写したいときは、デバイダーを使用します。... 84ビュー• まずは肩アーマーですが、ここは合わせ目が目立つ箇所ですので、処理していきます。 受け口を... 75ビュー• 蛍光ピンクを全体にベタで塗ってから、蛍光ピンクにホワイトを少し混ぜた色でビームサーベルの中間ぐらいをほ... 69ビュー• 曲線箇所で、モールドにある程度段差がある場合は、こういう貼り方もありです。 1 少し多きめの... 65ビュー• この前購入した参考書、AFVモデル塗装ガイドに記載されているブラック&ホワイトテクニックに挑戦してみま... 61ビュー 新着情報【相互RSS】 工具・材料レビューのおすすめ記事• 塗装作業をスムーズに行うために、瓶入りサーフェイサーをエアブラシ用の濃度までまとめて希釈しておきます。... 130ビュー• こんにちは、zbokです。 昨日はMr. スーパーブースをきれいにしましたので、 今日は愛用のエアブ... 123ビュー• こんばんは、zbokです。 2014年もあと1日となりましたね。 本日は、ケンプファーの塗装もすべ... 87ビュー• こいつ、、、 エアーが漏れてやがる!! もうダメですな。 リニアコンプレッサーと... 61ビュー• プロコンBOY PS275 WA トリガータイプ 0. 3mmを購入しました。 これで、私の持っている... 48ビュー• ガンプラを製作しているとヤスリの削り粉やゲートの切りカスなど卓上の汚れってけっこう気になりますよね。... 38ビュー• スジボリ堂の面だしヤスリです。 このヤスリの特徴は、厚さ1mmの木板に耐水ペーパーが貼り付けられてい... 26ビュー• プラパン切断マシーン、 さっそく、 開けてみます。 本体は、スチール製 たぶ... 25ビュー• なかなかパワーがあり便利な商品でした。 -PR- ペイントミキサー... 25ビュー• 何するモノぞ!? まぁ、 こういう用途の道具です。 接着剤用塗布棒。 21ビュー 相互リンク集• 相互リンクしませんか??.

次の

【楽天市場】バンダイ HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング プラモデル バンダイ

ケンプファー アメイジング

価格は1,890円です。 付属品はアメイジングライフル各種、ジョイントパーツ、それに左右の銃持ち手と左平手が付属します。 シールは各所の黄オレンジイエローと頭部やスパイクの白ラインを補う物が付属します。 ザクアメイジングに代わっての登場となったケンプファーアメイジング。 ケンプファーをベースにした機体に巨大なアメイジングウェポンバインダーが取り付けられています。 バインダーを除けば色とおおまかなシルエットはあまり変わらない印象ですが四肢の形状が細かく変わっていてなんとも渋い改造です。 キット自体も名前通りケンプファーがベース。 肘関節などの一部にABSが使われています。 頭部や胴体等はケンプファーのランナーが使われています。 バインダーを取るとこんな感じです。 背中のバックパックは角ばった形状に変更されています。 バストアップ。 キットは細かい黄色が足りない感じです。 バインダーやバーニア内部はグレーなので塗るのはちょっと面倒そうです。 頭部とスパイクの白ラインはシールが付属しています。 頭部アップ。 頭部は前後で分割されているので合わせ目が出ません。 モノアイは非可動でシールを貼って再現します。 左右対称になった肩アーマーは黄色部分が別パーツ化されていますが合わせ目が出ます。 前腕は形状が変更されています。 腰にはアメイジングナイフが装備されています。 脚も装甲が独特の形状に改造されています。 後ろから見てもリブや段落ちモールドがあるので見える合わせ目は僅かでほとんど気になりません。 足裏も細かいモールドがありバーニアと一体成型されています。 可動範囲は膝がバーニアに干渉してあまり曲がりませんが肩のスイングもありますし腰も良く動くので必要十分といった感じです。 バインダーの他に前腕や膝部分に3mm穴があるので様々な武装を取り付けたりして遊べます。 ウェポンバインダーは中にライフルを収納できます。 ロングレンジライフルはそのまま、ライフルは砲身を分割して収納します。 バインダーはI字型のジョイントでバックパックと繋がっているので画像のように構える事も出来ます。 アメイジングナイフはそのまま抜き取り可能。 カチっとしたロックがあるのでポロポロ落ちる事はありません。 ピストルの上からパーツを被せるとアメイジングライフルに 持ち手はケンプファーの角度がついたものですが保持に特に支障はありません。 武器類は全て左右貼り合わせなので合わせ目が出ます。 とは言っても入り組んだデザインではないので処理は楽そうです。 アメイジングピストル。 股関節のカバーを外せばポリキャップが露出するので3mm軸のスタンドを使う事ができます。 ライフルの砲身を差し替えればアメイジングロングレンジライフルに この形態のみフォアグリップがあり両手持ちが出来ます。 メガサイズザクの足元を狙い撃った時のような狙撃ポーズは頭部があまり上にあがらないのでちょっと厳しいです。 バインダーを取り外しジョイントパーツで繋げばウェポンバインダー自体を手持ち武器にできたり。 持ち手はピンで接続するのでばらけません。 ただ巨大な砲身を2つ繋げるのでさすがに保持力に限界があり、太らせたりしないと垂れ下がってきてしまいます。 以上HG ケンプファーアメイジング レビューでした。 元のカラーと同系統なためか極端に変わった印象はないですが各所の改造部分や武器が細かいいぶし銀な機体になっています。 本家ケンプファーは様々な武器が山盛りでしたけど、こちらは銃を組み替えて様々な距離に対応できるようなギミックになっているのが良いですね。 バインダーや手足に3mm穴があるのでさらに武装を盛ったりしても面白そうなキットでした。

次の

バンダイ HG 1/144 ケンプファーアメイジング

ケンプファー アメイジング

価格は1,890円です。 付属品はアメイジングライフル各種、ジョイントパーツ、それに左右の銃持ち手と左平手が付属します。 シールは各所の黄オレンジイエローと頭部やスパイクの白ラインを補う物が付属します。 ザクアメイジングに代わっての登場となったケンプファーアメイジング。 ケンプファーをベースにした機体に巨大なアメイジングウェポンバインダーが取り付けられています。 バインダーを除けば色とおおまかなシルエットはあまり変わらない印象ですが四肢の形状が細かく変わっていてなんとも渋い改造です。 キット自体も名前通りケンプファーがベース。 肘関節などの一部にABSが使われています。 頭部や胴体等はケンプファーのランナーが使われています。 バインダーを取るとこんな感じです。 背中のバックパックは角ばった形状に変更されています。 バストアップ。 キットは細かい黄色が足りない感じです。 バインダーやバーニア内部はグレーなので塗るのはちょっと面倒そうです。 頭部とスパイクの白ラインはシールが付属しています。 頭部アップ。 頭部は前後で分割されているので合わせ目が出ません。 モノアイは非可動でシールを貼って再現します。 左右対称になった肩アーマーは黄色部分が別パーツ化されていますが合わせ目が出ます。 前腕は形状が変更されています。 腰にはアメイジングナイフが装備されています。 脚も装甲が独特の形状に改造されています。 後ろから見てもリブや段落ちモールドがあるので見える合わせ目は僅かでほとんど気になりません。 足裏も細かいモールドがありバーニアと一体成型されています。 可動範囲は膝がバーニアに干渉してあまり曲がりませんが肩のスイングもありますし腰も良く動くので必要十分といった感じです。 バインダーの他に前腕や膝部分に3mm穴があるので様々な武装を取り付けたりして遊べます。 ウェポンバインダーは中にライフルを収納できます。 ロングレンジライフルはそのまま、ライフルは砲身を分割して収納します。 バインダーはI字型のジョイントでバックパックと繋がっているので画像のように構える事も出来ます。 アメイジングナイフはそのまま抜き取り可能。 カチっとしたロックがあるのでポロポロ落ちる事はありません。 ピストルの上からパーツを被せるとアメイジングライフルに 持ち手はケンプファーの角度がついたものですが保持に特に支障はありません。 武器類は全て左右貼り合わせなので合わせ目が出ます。 とは言っても入り組んだデザインではないので処理は楽そうです。 アメイジングピストル。 股関節のカバーを外せばポリキャップが露出するので3mm軸のスタンドを使う事ができます。 ライフルの砲身を差し替えればアメイジングロングレンジライフルに この形態のみフォアグリップがあり両手持ちが出来ます。 メガサイズザクの足元を狙い撃った時のような狙撃ポーズは頭部があまり上にあがらないのでちょっと厳しいです。 バインダーを取り外しジョイントパーツで繋げばウェポンバインダー自体を手持ち武器にできたり。 持ち手はピンで接続するのでばらけません。 ただ巨大な砲身を2つ繋げるのでさすがに保持力に限界があり、太らせたりしないと垂れ下がってきてしまいます。 以上HG ケンプファーアメイジング レビューでした。 元のカラーと同系統なためか極端に変わった印象はないですが各所の改造部分や武器が細かいいぶし銀な機体になっています。 本家ケンプファーは様々な武器が山盛りでしたけど、こちらは銃を組み替えて様々な距離に対応できるようなギミックになっているのが良いですね。 バインダーや手足に3mm穴があるのでさらに武装を盛ったりしても面白そうなキットでした。

次の