デバイスのプライバシー設定の選択 広告識別子。 Windows10をインストールしたら初めにやること

www.lojadassabrinas.comネットワーク プライバシーポリシー: 楽天TV

デバイスのプライバシー設定の選択 広告識別子

『詳細設定』をクリックするとNTLM認証を有効にするか否か設定できる。 (デフォルト:ON) たぶん、• ON…NTLMv2のみ応答• Vistaより古いWindowsや、Linuxなどから繋ぐ場合はOFFにしないと駄目かも。 Windowsのアクセス許可 全般 全部 OFFにする。 (項目説明が、「正しく理解して使わせよう」という意志を基本的に感じないよね……) 項目 自分の解釈 アプリのアクティビティに基づいてユーザーに合わせた広告を表示するために、広告識別子の使用をアプリに許可します。 (オフにするとIDがリセットされます) 個々のユーザーにマッチしたアプリ内広告を表示できるようにする。 ONでも良いかも?どうせなら有意義な広告のほうが良いし Webサイトが言語リストにアクセスできるようにして、地域に適したコンテンツを表示する 海外サイトにアクセスした時に日本向け広告や翻訳を表示できるようにする Windows追跡アプリの起動を許可して、スタート画面と検索結果の質を向上する アプリの利用状況を見て、「おすすめ」アイコンやアプリ検索に反映させる? 設定アプリでおすすめのコンテンツを表示する 設定画面に広告が出るようになる??? 項目 意味 アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する Windowsストアアプリの広告内容を個々のユーザーに合わせる。 ストアアプリを使わないなら OFFで良い SmartScreenフィルターをオンにしてWindowsストアアプリが使うWebコンテンツ URL を確認する Windowsストア内の訪問履歴を送信する。 ストアアプリを使わないなら OFFで良い 入力に役立つ情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる 文字入力の履歴を送信して漢字変換の精度向上に寄与する。 いくら協力しても、何時まで経っても IMEは馬鹿なので、もう OFFで良い Webサイトが言語リストにアクセスできるようにして、地域に適したコンテンツを表示する 海外のWebサイトにアクセスした時に日本向けの広告やメニューを表示するか。 OFFで良い 他のデバイス上のアプリを開くことを許可し、このデバイスでのエクスペリエンスを続行する 用途不明。 読んで意味が分からない時点でOFFで良いと思う 他のデバイス上のアプリでBlutoothを使用してアプリを開くことを許可し、このデバイスでのエクスペリエンスを続行する 用途不明。 読んで意味が分からない時点でOFFで良いと思う 音声認識 OFFにする 手書き入力と入力の個人用設定 OFFにする Microsoft IMEを愛用しているなら、 ONの方が変換が賢くなるかもしれない??? (自分はGoogle日本語入力を使っているのでガン無視) 診断&フィードバック 診断データ: 基本 他、「エクスペリエンス調整」など、トグルスイッチは全て ONにする。 (これらはインストール画面でも選択できる) 「フィードバックの間隔」など、プルダウン類は 変更しない。 自分は便利そうなので ONにしています。 参照 Microsoft アプリのアクセス許可 下記項目を全て OFFに変更。 不具合が出次第、ONにする方針。 個人情報がどうのというより、使わない機能はリソースの無駄なので切る。 メニュー中分類 項目名 備考 位置情報 このデバイスでの位置情報へのアクセスを許可する May 2019 Updateから初期値OFFになった? カメラ このデバイスのカメラへのアクセスを許可する カメラ未搭載機種ならOFF マイク このデバイスでのマイクへのアクセスを許可する マイク未搭載機種ならOFF 音声によるアクティブ化 アプリが音声によるアクティブ化を使用することを許可する マイクと連動してOFFになる アカウント情報 このデバイスのアカウント情報へのアクセスを許可する 連絡先 このデバイスでの連絡先へのアクセスを許可する カレンダー このデバイスでのカレンダーへのアクセスを許可する 電話をかける このデバイスでの通話を許可する 通話履歴 このデバイスでの通話履歴へのアクセスを許可する メール このデバイスでの電子メールへのアクセスを許可する タスク このデバイスでのタスクへのアクセスを許可する メッセージング このデバイスでのメッセージングへのアクセスを許可する 不要アプリ・サービスの削除 不要な標準アプリの削除 使わない標準アプリはメニューの邪魔なので、削除します。 不要な標準機能の削除 その他、使わない機能はCPUとメモリの無駄なので削除します。 不要なサービスの停止 それ以外の見えないサービスで、不要なものは停止します。 これらを行うと、使用メモリ量が169MB減少しました。 削除後 キーボード・マウス キーリピートを速くする• コントロールパネルを開く 関連記事• キーボードを開く• 「表示までの待ち時間」を 短くする マウスの調整• 「マウス」を開く• 「ポインター」タブ• 「ポインターの影を有効にする」を ON• 「ポインターのオプション」タブ• 「速度 — ポインターの速度を選択する」を 調整 (マウスの解像度によりしっくり来るスピードが違う)• 「表示 — Ctrlを押すとポインターの位置を表示する」を ON 画面の小さいノートPCだと、しょっちゅうマウスポインターが行方不明になるので、重宝してます• 「ホイール」タブ• 「垂直スクロール — 一度に次の行数スクロールする」を 調整 自分は9~12とかガッツリ増やします。 見た目の調整 背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ 設定すると、壁紙画像の色味に合わせてウインドウの色も変化します。 「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」 をON 背景を「スライドショー(標準機能)」や「壁紙チェンジャーアプリ(要インストール)」で自動変更するようにしておくと、連動してウインドウの色が変わるので、気分転換になって面白いですよ。 アクティブウインドウの色を変える 操作中のウインドウ(アクティブウインドウ)に色が付くようになります。 「以下の場所にアクセントカラーを表示します」の 「スタート、タスクバー、アクションセンター」 「タイトルバーとウインドウの境界線」 をON 直感と異なる項目名ですが、これでアクティブウインドウに色が付くようになります。 ClearType調整 フォントがよりスムーズに表示されるようにします。 「関連設定」内の『ClearType テキストの調整』をクリック• 『ClearType を有効にする』にチェックし、『次へ』• 「全般」タブ 「エクスプローラーで開く」欄を「クイックアクセス」にする。 自分はクイックアクセスに「よく使うフォルダー」を右クリックでピン留めしまくってます。 フォルダーオプションの「表示」タブ フォルダーの表示欄 あらかじめ フォルダーの表示方法を「一覧」にしておいてから『フォルダーに適用』ボタンを押すことで、以後、 常に一覧表示されるようになります。 (表示方法は完全に好みの世界ですが…) 詳細設定欄• ナビゲーション ウインドウ• 併せて 「すべてのフォルダーを表示」をONするか否かは好み。 ファイルおよびフォルダー• 昔から、これがデフォルトONなのが、全く納得できない。 Win 98 SEの頃からやっているが、昨今のWindowsは非常に堅牢なので必要性は薄れつつある。 ダウンロードファイルをブロックしないようにする ダウンロードしたファイルがブロックされて面倒くさいので、レジストリを修正して機能を無効化します。 「3Dオブジェクト」フォルダの削除 エクスプローラーの「PC」内に表示される「3Dオブジェクト」フォルダは全く使わないので削除します。 スタート画面の調整 おすすめを非表示 メニューのスペースの無駄なので切ります。 「ときどきスタート画面におすすめを表示する」 をOFF スタート画面に表示するフォルダーを追加 こんな風にスタートボタンの上に特定フォルダーへのショートカットが表示されるようになります。 「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」をクリック 好みの世界ですが、私は• エクスプローラー• ドキュメント• ダウンロード• ピクチャ• 個人用フォルダー を設定しています。 特に「ダウンロード」は重宝しています。 共有フォルダを良く見る方は「ネットワーク」 「ホームグループ」なども便利ではないでしょうか? 不要なアプリアイコンの非表示• 「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリック• 「常にすべてのアイコンを通知領域に表示する」を OFF• 本当に必要な項目のみONにする ONにしたものはタスクバーに常に表示されるので、• 「ネットワーク」などリアルタイムで読み取りたいもの• 「Googleドライブ」など頻繁に扱うもの を指定すると良いでしょう。 不要なシステムアイコンの非表示• 「システムアイコンのオン/オフの切り替え」をクリック• 必要な項目のみONにする 私の場合、「電源」はノートPC標準添付のツールの方が優れているのでOFFにしています。 出したものはタスクバーに常に表示されるので、• 「ネットワーク」など、リアルタイムで読み取りたいもの• 「Googleドライブ」など、頻繁に扱うもの• 「電池残量表示」など、メーカー製の方が高性能なもの を出しておくようにすると良いでしょう。 各種インストール フォント 現在は「白源」を愛用しています。 (Ricty を神フォントだと崇める僕が、フリーライセンスのプログラミングフォント「白源」を作った話)• 主にASCIIコードに載っている英数字記号のみに Hack ベースの字体を使い、その他の記号類やかな文字・漢字を源柔ベースにしている• HackGen-Regular. ttf• HackGen-Bold. ttf HackGen Console Hack ベースの字体を除外せずに全て適用したフォントファミリー。 Hack には記号類も豊富に収録されているため、多くの記号が半角で表示される。 コンソールでの利用や記号類は全て半角で表示したい人にオススメ• HackGenConsole-Regular. ttf• HackGenConsole-Bold. ttf HackGen Console for Powerline HackGen Console に Powerline パッチを当てたフォントファミリー。 Powerline ユーザー向け• HackGenConsole-Regular-forPowerline. ttf• HackGenConsole-Bold-forPowerline. ttf HackGen35 通常版の白源の文字幅比率を「半角3:全角5」にしたフォントファミリー。 英数字が通常版の白源よりも大きく表示される。 オリジナルの Hack の字幅が好きな人にオススメ• HackGen35-Regular. ttf• HackGen35-Bold. ttf HackGen35 Console HackGen Console の文字幅比率を 半角3:全角5 にしたフォントファミリー• HackGen35Console-Regular. ttf• HackGen35Console-Bold. ttf HackGen35 Console for Powerline HackGen35 Console に Powerline パッチを当てたフォントファミリー。 Powerline ユーザー向け• HackGen35Console-Regular-forPowerline. ttf• HackGen35Console-Bold-forPowerline. Google日本語入力を入れたらMicrosoft IMEを消す。 他 Core i5-6500用ドライバ Office 365 Solo ダウンロード画面(要Microsoftアカウント) 「Microsoft Authenticator」アプリをスマホに入れておくと、Microsoftアカウントがパスワード要らずになるので、超絶便利ですよ。 公式ヘルプ Resilio Sync Home• exe 実行• Resilio SyncをWindowsサービスとしてインストールに チェック• 「フォルダを送受信するときに表示する名前」に ホスト名を指定• 同意条項に チェックを入れ 『開始』押下• 初期設定が固まって「そろそろ自分色に染まったな」と思ったら、バックアップソフトで システムバックアップ(OS丸ごとバックアップ)を取っておくと便利ですよ。 例えば【】なら他のパソコンにも復元できますから、他のパソコンの初期設定の時間短縮に役立ちます。

次の

プライバシー

デバイスのプライバシー設定の選択 広告識別子

本プライバシーポリシーの適用範囲 本プライバシーポリシーは、本プライバシーポリシーが表示されるサイトおよびアプリケーション(当社のデジタルプロパティ上のものであるか、第三者のプラットフォームで提供するものであるかを問いません。 )において提供または収集される情報の取り扱いについて定めています。 当社では、当社が事業を展開している地域において適用される法令に従い本プライバシーポリシーを適用します。 また当社が特定の製品、慣行または地域について固有のデータプライバシー通知を行う場合があり、その場合当該通知の条項は本プライバシーポリシーと併せて適用されるものとします。 なお第三者のサイトまたはプラットフォームでゲストが(当社のアプリケーションを経由するなどして)当社に情報を提供する場合、ゲストが提供する情報は第三者のサイトまたはプラットフォームによって別途収集されることがあります。 当社が収集する情報には本プライバシーポリシーが適用され、第三者のサイトまたはプラットフォームが収集する情報には第三者のサイトまたはプラットフォームのプライバシーに関する慣行が適用されます。 第三者のサイトまたはプラットフォームで行ったプライバシーに関する選択は、当社のアプリケーションを経由して当社が直接収集した情報の利用には適用されません。 また当社のサイトおよびアプリケーションには当社が所有または管理していない他のサイトへのリンクが含まれている場合があり、このようなサイトのプライバシーに関する慣行について当社は責任を負わないことにご留意ください。 当社のサイトまたはアプリケーションを離れるときはその旨を認識し、ゲストの個人情報を収集する可能性のある他のサイトのプライバシーポリシーをお読みになることをお勧めします。 当社は、 個人情報とは、個人の氏名、住所、eメールアドレス、電話番号など、特定の個人を(直接的または間接的に)識別する情報をいいます。 匿名情報が個人情報に直接的または間接的に関連付けられている場合、その結果として得られる情報も個人情報として取り扱われます。 続きを読む(本プライバシーポリシーにおいて定義します)と匿名情報(本プライバシーポリシーにおいて定義します)という二つの基本的な種類の情報を収集します。 また個人情報と匿名情報を使用して、三つ目の情報である集計情報(本プライバシーポリシーにおいて定義します)を生成する場合があります。 当社が収集する情報には以下が含まれます:• アカウント作成時、プロモーション参加時、または第三者のサイトもしくはプラットフォーム上のプロフィールをゲストの登録アカウントに関連付けるときに提供する登録情報(氏名、居住国、性別、誕生日、eメールアドレス、ユーザー名、パスワードなど)• 情報のリクエスト時、ゲスト・サービスへのお問い合わせ時、または当社からの製品もしくはサービスの購入時に提供する取引情報(住所、電話番号、支払情報など)• 当社のサイトおよびアプリケーション上の一般公開フォーラムで提供する情報(公開投稿など)• 当社のメッセージ、チャット、投稿などの機能を使用して1対1または限られたグループ内で送信される情報(適用される法令により当該情報の収集が認められている場合)• 第三者のプラットフォームまたはデバイスにおける当社のアプリケーションの使用についてサイト・プロバイダやプラットフォーム・プロバイダなどの第三者から取得する情報• 当社のサイトまたはアプリケーションと通信するモバイルデバイスやその他のデバイスによって提供される位置情報(ビーコン技術を利用したものを含みます)、およびゲストのIPアドレスに関連付けられている位置情報(法令により当該情報の処理が認められている場合)• ゲストまたはゲストがアカウントを通じて承認した他のユーザーによる当社のサイトおよびアプリケーションの使用についてのアクティビティ情報(ゲストが閲覧または投稿したコンテンツ、サービスの使用頻度、好みなど)• ゲストが当社のサイトを訪問したとき、第三者のサイトもしくはプラットフォームで当社のアプリケーションを使用したとき、または当社からのeメールを開封したときの利用、閲覧、技術およびデバイスに関するデータ(ご使用のブラウザまたはデバイスの種類、固有のデバイス識別子、IPアドレスなど)• 当社では、ゲストが当社の製品やサービス、情報をリクエストまたは購入したとき、当社に登録したとき(第三者のサイトまたはプラットフォーム上のプロフィールをゲストの登録アカウントに関連付けたときを含みます)、当社のサイトおよびアプリケーション上の一般公開フォーラムやその他のアクティビティに参加したとき、ゲストアンケートに回答したとき、デバイスを使用して当社とやり取りを行ったときにゲストが提供する情報を収集します。 ゲストは、キー入力や音声コマンドの使用など、さまざまな方法で情報を提供することができます。 当社は、cookie、Flash cookie、ピクセル、タグ、ソフトウェア開発キット SDK 、 アプリケーションとは、当社がゲストと直接やり取りすることを可能にする、オンライン、モバイル、その他のさまざまなプラットフォームや環境(第三者が運営するものを含みます)において表示可能な、当社(または当社のために業務も行う者)により運営されているプログラムまたはサービスをいいます。 続きを読む・プログラム・インターフェイス API 、Webビーコンなどのさまざまな技術を使用して、ゲストが当社のサイトおよびアプリケーションにアクセスしたときや、デバイスを使用して第三者のサイトまたはプラットフォームで当社のアプリケーションを使用したときなどに、ログインまたは登録しているか否かにかかわらず、情報の収集を行います。 トラッキング拒否や、cookieを無効にする方法、およびデータ収集に関するその他の選択などについては、をご覧ください。 また当社はゲストが当社のサイトおよびアプリケーションにアクセスしたとき、第三者のサイトまたはプラットフォームで当社のアプリケーションを使用したときなどに、分析ツールを使用して情報を収集します。 当社では、第三者サービスを使用して住所情報を検証する際など、他の信頼のおける情報源から情報を取得して、ゲストが提供または当社が自動的に収集した情報を更新または補足することがあります。 なお適用される法令により、当該情報を当社に提供することについて、第三者に対して事前に許可していただくことが必要となる場合があります。 ゲストの情報のデータ管理者であるウォルト・ディズニー・グループのメンバー会社は、本プライバシーポリシーに定める目的のためにゲストの情報を利用し、かつその利用について責任を負います。 ウォルト・ディズニー・グループのその他のメンバー会社は、本プライバシーポリシーに定める目的のため、データ管理者のためにサービスを実施するため(データ処理者として)、また適用される法令で禁止されていない限りにおいてメンバー会社自らのため(データ管理者として)、ゲストの情報にアクセスすることがあります。 当社では、適用される法令およびゲストの選択や管理の内容に従って、次の目的のために、ゲストまたはゲストに関連付けられているデバイスから収集した情報を利用する場合があります:• ゲストがリクエスト、閲覧、参加または購入した体験、製品およびサービスを提供するため• ゲストのアカウントまたは当社との取引についてのゲストとのやり取り、ならびに当社のサイトおよびアプリケーションの機能または当社ポリシーの変更についての情報送付またはフィードバック依頼のため• 当社の製品やサービスまたは第三者の製品やサービスのお知らせやプロモーションを送付するため• コンテンツや体験をパーソナライズするため• 当社のサイトやアプリケーションおよび第三者のサイトやアプリケーションにおけるゲストのアクティビティに基づいて、ターゲティング広告を提供するため• パーソナライズやトラッキングのための当社によるゲスト情報の利用の詳細については、をご覧ください。 当社のサイト、 アプリケーションとは、当社がゲストと直接やり取りすることを可能にする、オンライン、モバイル、その他のさまざまなプラットフォームや環境(第三者が運営するものを含みます)において表示可能な、当社(または当社のために業務も行う者)により運営されているプログラムまたはサービスをいいます。 続きを読む、製品、サービスおよびオペレーションの運用、解析、最適化、開発または改善のため(ゲストアンケートや分析ツールの使用を含む)。 当社のポリシーや適用される法令に違反する行為の検出、調査および防止のため• 当社では、以下を含む限られた場合を除き、ウォルト・ディズニー・グループ外の第三者にゲストの個人情報を提供することはありません。 ゲストが次のような方法で当社が他社とゲストの個人情報を提供することを承諾した場合• 慎重に選定された企業が、その製品やサービスに関するお知らせやプロモーションをゲストに送付することができるよう、個人情報を当該企業に提供することを選択する場合• ソーシャルネットワーキングサイトなどの第三者のサイトまたはプラットフォームに対してゲストの個人情報を提供するように当社に指示する場合• なお当社がゲストの個人情報を他社に提供した場合、当該他社が受領した情報は当該他社によって管理され、当該他社のプライバシーに関する慣行に服することとなりますのでご注意ください。 当社が金融機関と提携してディズニー・リワードVISAカードなどの共同ブランド製品またはサービスを提供する場合。 ただし、これは適用される法令によって認められている場合に限られ、またそのような場合、金融機関は共同ブランド製品またはサービスに関する以外の目的でゲストの個人情報を利用することは禁止されています。 他社が当社のために荷物の配送、マーケティングや広告、カスタマー・サービスなどのサービスを提供する場合。 ただし、当社が依頼した目的または法令により必要となる目的以外の目的でこれらの企業がゲストの個人情報を利用することは禁止されています。 事業の売却に関連して、または当社の利用規約や規則の適用、当社のゲストや第三者の安全・セキュリティの確保、当社の権利・財産および当社のゲストや第三者の権利・財産の保護もしくは法的手続の遵守のために、または法令に基づき開示が必要であると当社が善意で判断したその他の場合において、第三者に個人情報を提供する場合。 ゲストは当社によるゲストの情報の収集、利用および提供について、一定の管理および選択を行うことができます。 適用される法令に従い、ゲストによる管理と選択には以下のようなものが含まれます。 アカウントの修正、更新、削除• 購読、ニュースレター、アラートに関する選択または選択の変更• 当社の製品やサービス、またはゲストが関心を有すると当社が考える製品やサービスのお知らせやプロモーションを当社から受け取るかどうかの選択• 他の企業がその製品やサービスに関するお知らせやプロモーションをゲストに送付することができるように当社がゲストの個人情報を当該企業に提供するか否かの選択• 多数の広告ネットワークおよびパートナー、データエクスチェンジ、ならびにマーケティング・アナリティクスおよびその他のデジタル広告およびマーケティング・サービスプロバイダについて、そのターゲティング広告の制限(へのアクセスによる)• デバイスにおいて提供されている設定や選択を使用した、アプリケーション内で受領するターゲティング広告の制限(たとえば、デバイスの広告識別子をリセットしたり、パーソナライズ広告をオプトアウトしたりするなど)• 当社のサイトまたはアプリケーション上の一般公開フォーラムからのゲストの個人情報削除の要求• ゲストについて当社が保有している個人情報へのアクセスの要求や、その情報の修正または削除の要求 ゲストはこれらの管理や選択をさまざまな方法で行うことができます。 たとえば、(プライバシーコントロールタブの下の)にアクセスする、に問い合わせる、ゲストに送付されたコミュニケーションに含まれている指示に従う、ゲストのデバイスやその他の利用可能な設定を使用する(デバイスの広告識別子をリセットしたり、パーソナライズ広告をオプトアウトしたりするなど)の方法があります。 パーソナライズ広告をオプトアウトするためには、または にアクセスするか、アクセス先サイトのフッターにある「パーソナライズ広告」リンクのオプトアウト・メカニズムを使用できます。 ゲストが当社による個人情報の収集を許可しなかった場合、一定の体験、製品およびサービスをゲストに提供することができず、当社のサービスにおいてゲストの関心や好みを考慮できない場合があることをご理解ください。 個人情報の収集が必須である場合は、収集時にその旨を明確にし、参加するかどうかを十分な情報に基づいてゲストが決定できるようにします。 当社が処理または保有するゲストの特定の個人情報について、およびその個人情報に関するゲストの権利についてご質問がある場合は、 当社では、当社のサイトおよびアプリケーション上でお子様から収集することのある個人情報に関してさらなるプライバシーの保護を提供する必要性を認識しています。 当社のサイトおよびアプリケーションの一部の機能には年齢制限が設けられているため、お子様がこれらを利用することはできず、当社がこれらの機能に関してお子様から個人情報を故意に収集することはありません。 当社がお子様から個人情報を収集する必要がある場合には、お子様のプライバシーを保護するために、以下を含む対策をさらに講じます。 お子様に関する当社の情報取り扱いに関する慣行について保護者に通知します。 通知内容には、当社がお子様から収集する可能性のある個人情報の種類、その情報の用途、その情報を他社に提供するか否か、誰に提供するかなどが含まれます。 適用される法令および当社の慣行に従い、お子様から個人情報を収集する場合や、当社の製品やサービスに関する情報をお子様に直接送付する場合ついて保護者から同意を得ます。 お子様からの個人情報の収集を、オンライン・アクティビティへの参加に合理的に必要となるものだけに限定します。 当社がお子様から収集した個人情報へのアクセスまたはアクセス要求を保護者が行えるようにし、その個人情報の変更または削除を要求できるようにします。 お子様の個人情報に関する米国および中南米での当社の慣行の詳細については、をお読みください。 当社は全世界で事業を展開しており、本プライバシーポリシーに定める目的のために、世界中のウォルト・ディズニー・グループの各社および第三者にゲストの個人情報を移転する場合があります。 ゲストの個人情報の移転、保管、処理がどこで行われたとしても、当社では合理的な手段を講じてゲストの個人情報のプライバシーを保護します。 また欧州連合から移転される個人情報を利用または開示する際には、欧州委員会の承認を受けた標準契約条項を使用するか、欧州連合の法令に従い十分な保護を行うためのその他の措置を採用するか、ゲストの同意を取得します。 また、オーストラリアから個人情報が移転される場合は、標準契約条項の実体的要件を適用します。 カリフォルニア州にお住まいの方へのお知らせ:カリフォルニア州にお住まいの方は、特定の追加の権利が付与される場合があります。 カリフォルニア州民法第1798. 83項により、お客様は、第三者のダイレクト・マーケティングを目的とした、ウォルト・ディズニー・ファミリー企業の特定のメンバーによる第三者へのお客様の個人情報の開示に関して、情報を要求することが認められています。 カリフォルニア州企業・職業法第22581項により、未成年の登録ユーザーは、投稿された特定のコンテンツの削除を要求し、削除することが認められています。 カリフォルニア州消費者プライバシー法、カリフォルニア州民法第1798. 100条以降では、データ慣行に関する透明性の確保が義務付けられており、とりわけユーザーによる個人情報へのアクセス要求と削除要求が認められ、本法の下で「販売」と見なされる特定のデータ転送をユーザーが制御できる環境を整えることが求められています。 詳細については、のページをご覧ください。

次の

Windows 10 バージョン1803 初期設定時のプライバシー設定

デバイスのプライバシー設定の選択 広告識別子

インストール中の「設定」画面で「自分で設定する(C)」を選択した場合、「Microsoftやその他のサービスと情報を共有する」にて「アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する」のオン・オフを問われます。 その前に、広告識別子(Advertising Identifier)とは、端末を識別するもので、追跡型広告、ターゲット広告などの手法で利用されます。 これにより、ランダムに広告を表示する従来型から、端末を使っているユーザーの行動に合った広告を表示できます。 広告を表示するか否かは、アプリやサービスの提供形態、あるいは、対価を支払うか否かの問題で、ここでの設定は広告識別子を使って広告を表示するか否かを設定します。 つまり、広告自体は表示されることに違いはありません(アプリやサービスにより異なる)。 [アプリ全体のエクスペリエンスに広告 ID を使うことを許可する]:アプリがこの PC の各ユーザーの一意の ID にアクセスできるようになります。 アプリはこの ID を利用して、各ユーザーが使用しているアプリとそれらの使用状況を認識します。 その結果、アプリからより関連性の高い広告やエクスペリエンスが提供されるようになります。 この設定を Windows 8. 1 をインストール、あるいは、Windows 8 から Windows 8. 1 にアップデートしてから変更する方法を説明します。 「PC 設定の変更」の「プライバシー」で一括制御.

次の