えのき 味噌汁。 体に良く効く「えのき氷」はこうやって作る|農畜産物|長野県のおいしい食べ方

えのきの味噌汁はなぜとろみがある?えのきの味噌汁のレシピも紹介!

えのき 味噌汁

えのきの味噌汁って、 美味しいですね。 白くて細くて食べると シャキシャキします。 煮こみ過ぎてくたっとしても美味しいです。 えのきを味噌汁に入れたら、 気づくと味噌汁の汁にとろみがついてる、 気にしない人もいるでしょうが、 気になりだしたら止まらない。 あれはなぜなのでしょう。 一度くわしく調べてみたくなりますね。 とろみについては後述するとして、 えのきはエノキダケというキノコです。 キノコ類は食物繊維でカロリーが少なく、 料理に加えるとうま味が出ます。 食感も個性的で食べ応えがあります。 お出しをとるのに使われるのは シイタケが多いですが、 キノコはそれぞれ種類によって ちがったうま味があり、 とても魅力的な食材です。 今回はエノキダケについて、 詳しく見ていきましょう。 まず最初は、 えのきの味噌汁のとろみについての話からです。 スポンサーリンク えのきは調理法で食感の変わる食材です。 サッと加熱すればシャキシャキとした 歯ごたえを楽しめます。 えのきの味噌汁のとろみはなめ茸のぬめりと同じもの えのきには、じっくり加熱すると ぬめりが出る性質があり、 その性質を利用して、 砂糖やしょうゆで煮て作られた 加工品が 「なめたけ」です。 ごはんのお供にぴったりですよね。 味噌汁に入れて、 じっくり煮込むと、 えのきからぬめりが出て、 味噌汁にとろみが出るのです。 えのきの味噌汁にとろみが出ても心配する必要は無い その性質を知らないと、 味噌汁にとろみが出ることに、 不安を感じてしまうかもしれませんね。 でも、 このぬめり(えのきの味噌汁のとろみ)は、 なめたけに利用されている、 ぬめり成分ですから、 身体に害があるなんて事は、 まずありませんから、安心して下さい。 えのきを味噌汁に入れて、 じっくりと過熱すれば、 とろみが出るのは普通の事なのです。 えのきの栄養に関しては後述しますが、 えのきの栄養成分に関しては、 間違いなく体に良いものばかりです。 調理方法も簡単ですし、 ダイエットだけでなく、 毎日の食事に取り入れて 家族の健康を守っていきたいですね。 えのきの魅力を解説! エノキダケは通年安定的に 収穫できるキノコで、 価格も大変良心的です。 味にクセがないため いろいろな食材との相性も良く、 炒め物、汁物、煮物、鍋物、小鉢、パスタ、 さまざまな料理に用いられます。 少しボリュームがほしい時の かさ増しにも便利です。 カロリー:22kcal(100g当たり) 食物繊維:3. 9g(100g当たり) 引用元:日本食品栄養成分表2015(七訂) 大変カロリーが低く、 ダイエットにおすすめの食材です。 ダイエット時はどうしても 食べたりなく感じやすいためカロリーが低く、 食物繊維が豊富で食感のある歯ごたえで 満足感を得やすい食材を選ぶようにしますが、 エノキダケはその条件にぴったりなのです。 食物繊維の量は、生のキャベツや セロリの2倍になります。 便秘予防にはもってこいですね。 えのきにはどんな栄養がある?実はすごい栄養がある!? エノキダケの栄養素は、 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、 カリウム、ナイアシンなどです。 中でも、ビタミンB1は しいたけの2倍以上あります。 ビタミンB1は疲労回復効果があり、 ビタミンB2は脂肪を燃焼し 新陳代謝を促進する効果があります。 ビタミンB6はたんぱく質の分解・合成、 皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。 キノコキトサンは脂肪の吸収を阻害し、 脂肪燃焼の効果があると言われています。 健康にもダイエットにも効果的ですね。 とろみが美味しいえのきの味噌汁のレシピ!えのきと相性の良い具材はなに? エノキダケの旬は11月~1月です。 料理するときに、洗うか洗わないか 問題になることがありますが、 エノキダケは栽培される現場から 袋にパックされるまで、 外部の菌にふれない環境で扱われるため、 洗う必要はほとんどありません。 濡らしたキッチンペーパーで 軽く拭く程度で問題ありません。 さまざま料理に使われるエノキダケですが、 えのきの味噌汁として 特におすすめの具材があるので、紹介します。 えのきと豆腐の味噌汁 お出しにエノキダケと豆腐を切って入れ、 サッと加熱し、お味噌を溶かして ひと煮立ちしたら出来上がりです。 えのきのとろみと優しい豆腐の食感が楽しめます。 えのきと玉ねぎの味噌汁 お出しに、玉ねぎを繊維に沿って 薄く切り軽く沸騰させ、 その後切ったエノキダケを入れます。 お味噌を溶かしてひと煮立ちしたら完成です。 玉ねぎの甘みとエノキダケの食感がよく合います。 えのきとわかめと油揚げの味噌汁 お出しにエノキダケと油揚げ、 わかめを入れてひと煮立ちさせます。 お味噌を溶かして、 ひと煮立ちしたら出来上がり。 油揚げとエノキダケが味噌汁にうま味をだして、 わかめがつるりとして美味しいです。 えのきとオクラの味噌汁 お出しにエノキダケとオクラ (5ミリほどの輪切り)を入れて 煮立たせます。 お味噌を溶かして ひと煮立ちさせたら出来上がり。 オクラにとろみがあるので、 えのきのとろみとともに 美味しくいただけます。 えのきと青梗菜の味噌汁 お出しにジャガイモ (2~3ミリ程度の薄切り) を入れに立たせます。 青梗菜とエノキダケを入れて もう一度煮立たせます。 お味噌を溶かして ひと煮立ちさせたら出来上がり。 ジャガイモの甘みとほっこりした食感。 エノキダケのとろみと 青梗菜のシャキシャキとした食感を楽しめ、 クセがないのでお子様にもおすすめです。 エノキダケは料理する際に、 どんな食感にしたいか選べる食材なので、 家族の好みに合わせてシャキシャキがいいか、 とろみがあった方がいいのか 好みの調理法を選んでください。 シャキシャキがお好みなら、 調理の最後に入れて あまり煮込まないようにしましょう。 味が淡白ですので、 ほとんどの食材に合います。 食感や風味に特徴のある食材と合わせても、 まったく違和感がありません。 あなたの思いつきでさまざまな食材と 合わせてみてください。 きっと新たな発見がありますよ。 「えのきの味噌汁はなぜとろみがある?えのきの味噌汁のレシピも紹介!」のまとめ えのきは、調理方法で食感が変わり、 じっくり加熱すると、 ぬめりが出る性質があるという事でした。 このぬめりは、なめ茸にも利用されているものですから、 当然、食べても問題無いものです。 ですので、 知らずにえのきを味噌汁に入れて、 味噌汁にとろみが出てきて、 驚いたり、不安に思ったりした方が、 いるかもしれませんが、 えのきをじっくり加熱すれば、 ぬめりが出て、味噌汁にとろみがつくのは、 自然な事ですので、何の心配もいらない、 という事が分かりましたね。 栄養に関して言えば、 以前までは、エノキダケっていつも安いし、 細くてヒョロヒョロしてるし 栄養なんてほとんどないのかと思っていましたが、 今は研究がすすみ身体に良い 栄養のある食材だとわかってきました。 こんなにすばらしい食材なのに、 本当の良さを知らなくてごめんなさい、 と思った思い出があります。 主婦になると、栄養のあるものを 家族に食べさせたくなります。 かれこれ10年以上昔、 家庭料理の基礎を身につけた時期に 自分なりに本を読んだりテレビを見たり、 勉強して知った知識の中に エノキダケの存在があります。 クセがないので、子どもにも食べさせやすく、 いろいろな料理に入れても 違和感がなく便利な食材です。 ぜひエノキダケをもっと食卓で 家族で楽しみましょう。 ついでに、こんなに栄養のある すばらしい食材だと 皆に教えてあげてください。 エノキダケだけでなく、 これからもどんどん研究が進んで、 今まで見向きもされなかった 地味な食材こそが、さまざまな栄養素を含んでいたと 発見されていくのでしょう。 楽しく健康な食卓を作っていきましょう。

次の

えのきの味噌汁レシピ12選!豆腐や玉ねぎと相性がいい!

えのき 味噌汁

「長生きみそ汁」とは、腸と自律神経の専門家である医師の小林弘幸氏が考案した健康味噌汁。 すりおろし玉ねぎ・赤味噌・白味噌・りんご酢を使った「スペシャルみそ」を使い、1日1杯飲むだけで驚くほど多様な効果が期待できるのだそうです。 特に「長生きみそ汁」のメインの効果として挙げられるのが、健康の要である「腸」と現代人がバランスを崩しがちな「自律神経」。 共に全身に大きな影響を与える部分ですから、ちょっと大げさでは?と思われる「長生きみそ汁」というネーミングも、あながち言い過ぎではないのかもしれません。 身近にある材料で作れ、作る過程で冷凍するため保存もかんたん。 「これなら毎日無理なく続けられる」と評判で、さまざまなメディアで取り上げられています。 長生きみそ汁の作り方 つくり方 1 玉ねぎの皮をむき、おろし金ですりおろします。 ・玉ねぎを冷やしてからすりおろすと目にしみにくいです。 ・根元をつけたままだと玉ねぎがバラバラになるのを防げます。 ・たくさん作る場合はミキサーを使用してもOK。 2 1に赤味噌、白味噌、りんご酢を加えてよく混ぜます。 3 2を10等分して製氷皿に入れ、冷凍庫で凍らせます。 ・フリーザーバッグに入れて平らにして凍らせ、味を見ながら割り入れるのもおすすめです。 味噌はカチカチに凍らないので、手でかんたんに割ることができます。 4 製氷皿の味噌1かけらぶん(約30g)をお椀に入れ、お湯(150ml)を注げばできあがりです。 味噌の種類について 赤味噌と白味噌という名称は、見た目の違いによって呼ばれているため、地域などによって指すものが違うことがあります。 「長生きみそ汁」に使用したいのは次のような味噌です。 赤味噌…見た目が茶褐色の味噌。 長期の熟成によりメラノイジンという成分が含まれる 白味噌…見た目が白い味噌。 長生きみそ汁は合わせ味噌でも作れる? 合わせ味噌とは、複数の種類の味噌を合わせたもののこと。 「米味噌+麦味噌」や「豆味噌+米味噌」といったものも「合わせ味噌」と呼ばれることがあり、赤味噌と白味噌を合わせたものとは限りません。 赤味噌と白味噌にはそれぞれ異なる有効成分があるため、この長生きみそ汁のレシピは赤味噌と白味噌を合わせることがポイント。 赤味噌と白味噌を等量で合わせた合わせ味噌であれば長生きみそ汁に使用できますが、赤味噌同士の合わせ味噌は赤味噌の代わりにしかならないので注意してください。 合わせ味噌にしなければ手作りの味噌からもスペシャルみそが作れます。 味について 効果について ・やさしい味 ・甘み、コクがある ・複雑な味わい ・癖があっておいしくない ・酸味が強くて飲みづらい ・薄味すぎて味がしない ・血管年齢が若返った ・1日1杯を1週間続けただけで活性酸素の量が激減した ・2週間で体重が減った ・冷え性・便秘が解消した ・イライラしなくなった 効果については比較的短期間で実感されている方も多いようですね。 味については「おいしい」という方もいますが、「飲みづらい」という方もいるようです。 ちなみに私も飲んでみましたが、普段の味噌汁とは少し味わいが違うものの、癖もなく飲みづらいということは全くありませんでした。 酸味はほんの少し感じるという程度で、長期熟成した味噌の酸味のように「コクがある」という印象です。 玉ねぎの辛みもほとんど気になりませんでしたよ。 まずい!と感じる場合は… お支払い方法 下記のいずれかの方法をお選びいただけます。 クレジットカード 銀行振込 代引引換 Amazon Pay 楽天ペイ ショップポイント 送料 税込9,980円以上お買い上げの場合は、 送料無料とさせていただきます。 お買い上げの総額が9,980円未満の場合は、 全国740円~で配送いたします。 【配送料金表】 税抜表示 ・関東・東北・信越・北陸・中部:740円 ・近畿・中国・四国:850円 ・九州・北海道:990円 ・沖縄:2,700円 送料無料商品をご購入いただきますと、他の商品も送料無料でお届けいたします(沖縄は除く)。 メール便と普通便の商品を同時にご購入いただいた場合は、普通便の送料 お買い上げ総額が9,980円未満の場合は全国740円~)が発生いたします。 配送方法/発送について 商品は『クロネコ宅急便』、メール便対応商品は『クロネコDM便』を利用して発送いたします。 商品に欠品がなければ、原則ご注文いただいた翌日には商品を発送いたします。 商品の注文が殺到している場合などは発送が遅れる場合がございます。 その場合はメールにてご連絡を差し上げます。 年末年始や祝祭日の連休などで発送が遅れる場合は発送のお知らせメールにてお知らせいたします。 銀行振り込みの場合は、ご入金確認後に商品を発送いたします。 配送日時のご指定 商品の配送日と配送時間帯をご指定いただけます。 会員登録について 会員登録をしていただくと、次回からのご注文が簡単になる「マイアカウント」がご利用いただけます。 ・会員の方には200円のお買い物ごとに1ポイント差し上げます。 1ポイント1円として、1ポイント以上1,000ポイント以下のお支払いにご利用いただけます。 ・登録は無料です。 会費や登録料などの金銭は一切発生いたしません。 ・登録いただかなくても商品をご注文いただくことは可能です。 返品・交換について 取扱商品は食品が主のため「不良品」や「欠損品」を除き、商品の返品及び交換はお受け出来ません。 「不良品」「欠損品」及び「商品誤発送」の場合、返品送料は弊社にて負担いたします。 返品をご希望の方は、商品到着後5日以内にメールにてご連絡ください。 ご連絡なきご返品及び上記期限を経過した場合のご返品はお受け出来かねます。 予めご了承ください。 セキュリティー・個人情報の保護 かわしま屋では、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 安心してお買物をお楽しみ下さい。 お客様の個人情報を運送会社や決済管理会社など以外の第三者に開示もしくは提供することは一切いたしません。 お問い合わせ・ご連絡 かわしま屋 〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀4-17-8 E-mail: オンラインショップ:.

次の

水菜とえのきのお味噌汁のレシピ/作り方

えのき 味噌汁

色や地域の名などで呼ばれることもある味噌ですが、大きく分けると米、麦、豆の3種類しかありません。 それぞれ次のような特徴があるとされています。 辛口の仙台味噌や信州味噌から甘口の京風白味噌まで、種類が豊富なのが特徴。 九州地方が主な産地。 塩気が少なく甘い味わい。 熟成期間が長く、愛知県で作られる「八丁味噌」がその代表。 塩味が強く、旨味も濃厚。 これらの味噌を2種類以上合わせたものが「合わせ味噌」。 旨みや香りが複雑になっておいしくなります。 味噌汁によく使われる「赤だし味噌」はこの合わせ味噌のひとつで、豆味噌をベースに米味噌を合わせたものです。 味噌の作り方についてはこちらの記事をご覧ください。 味噌汁のカロリーや栄養はだしや加える具材によって異なりますが、具材が入らない赤味噌・かつおだしのお味噌汁で1杯約40kcalほどです。 例えば定番である「ねぎと豆腐の味噌汁」のカロリーは1杯分で約60kcal。 油を加えて炒めたりすることの多い洋風のスープなどと比べると、かなりカロリーは控えめです。 糖質が1杯分で約3gと低糖質なのもポイント。 ダイエットやファスティングに味噌汁を利用するという方がいるのもうなずけますね。 栄養面では、タンパク質(9種の必須アミノ酸)やビタミンB2、ビタミンE、食物繊維、ミネラルのほか、イソフラボン、コリン、レシチンなど多様な成分を含んでいます。 具沢山の味噌汁なら手軽にバランスよく栄養を摂れるとして、「具沢山味噌汁」を推奨する自治体もある健康メニューなんですよ。 味噌汁は塩分が多くて身体に悪い? 「味噌汁は塩分が多くて身体に悪い」「味噌汁は高血圧の元」という説があります。 一方で「味噌汁は血圧を下げる」という話も。 どちらが正しいのでしょうか? 味噌汁に含まれる塩分は、1杯あたり約1. 確かに、1日3食に1杯ずつ飲むと3. 「それはいくらなんでも摂りすぎでは?」と思いますよね。 ところが、共立女子大学の研究により、「味噌汁の塩分は血圧に影響しない」ということがわかっているのです。 味噌には血圧の上昇を抑制する作用があり、それが塩分の影響を打ち消すそう。 血圧のことを考えるなら、塩や醤油のスープよりも味噌汁がいいといえそうです。 他にも、味噌にはがん予防、生活習慣病予防、老化防止、放射線防御作用などさまざまな健康効果があるといわれています。 味噌と健康|豊富な味噌の栄養素や作り方から賞味期限まで解説 日本人の食生活とは切っても切れない、深い関わりのある調味料「味噌」。 味噌汁や味噌料理などの種類も豊富なので、味噌を一度も口にしたことが無い!と言う方はいらっしゃらないのではないでしょうか? 非常に私たち日本人にとって馴染み深い「味噌」について、今回は作り方から栄養成分まで細かく書いていきたいと思います。 味噌汁におすすめの具 毎日作る味噌汁は、どうしても具材がマンネリ化しがち。 「また大根だけど、この間と違う味にしたいなぁ」 そんな時のためのおすすめの組み合わせを一覧にしてみました。 季節や体調に合わせて、いろいろな具材の組み合わせを試してみてください! 海鮮の味噌汁 海鮮の味噌汁におすすめの味噌は、しっかりと熟成した「米味噌」です。 だしは、「かつおと昆布の合わせだし」なら料亭風に。 わかめの味噌汁は「煮干し(いりこ)」だしの家庭的な味わいもよく合います。 鉄分やビタミンB12も含まれ、貧血の予防にも効果的です。 2~3時間海水に入れて暗い場所に置き、しっかり砂抜きしてから使いましょう。 飲み会翌日の定番味噌汁ですが、タウリンや鉄、カルシウムやビタミンなども多く、大人だけでなく子どもにとっても大切な栄養がたっぷり含まれています。 整腸作用や高血圧予防効果があります。 栄養が流出しないよう、水で戻す時間はほどほどに。 歯ごたえを残しても、煮込んでトロっとさせてもおいしいです。 野菜(根菜)の味噌汁 野菜の味噌汁には、旨みの強い豆味噌と米味噌を合わせた「赤だし味噌」がおすすめ。 かぶなどやわらかな味の野菜には、クリーミーな味わいの「京風白味噌」もよく合います。 だしは動物性の「かつお」や「煮干し」のだし、それらと「昆布との合わせだし」がおすすめです。 ビタミンB1やビタミンCも豊富です。 じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強いので、お味噌汁にしてもしっかり摂ることができます。 大きめに切るとホクホク感が楽しめますよ。 大根の味噌汁と言えば豚汁。 他の根菜やキノコなどと合わせて具沢山の味噌汁にすると、エキスをたっぷり吸いこんでおいしくなります。 汁ごと飲める味噌汁で栄養を余すところなくいただきましょう! 切ってから汁に入れるまで、しばらく置いておくとさらに効果が高まるそうですよ。 加熱に強いビタミンCやビタミンEなど、美容にうれしい成分も豊富に含まれています。 「汁が甘くなるのがイヤ」という意見もありますが、豚肉やキノコ、油揚げなどと組み合わせると甘くなりすぎずおいしいですよ。 葉つきのかぶを手に入れたら、ぜひまるごと味噌汁に入れてください。 かぶの繊細な甘みと食感を味わうには、かつおと昆布の合わせだしがおすすめです。 風邪の予防におすすめです。 甘いのが好きになれないという方は、だしをしっかりめにきかせるとよいようです。 キャベツなど甘みの強い野菜には、辛口の「米味噌」を合わせるのもよし、同じく甘みのある「京風白味噌」を合わせてもよし、お好みでお選びください。 皮は剥かずにまるごといただきましょう。 くったりと柔らかくなったなすは、卵やオクラなどのトロトロ素材と好相性です。 ぬめりを活かし、とろっとした食感の具材と組み合わせるのがおすすめです。 シュウ酸が多いのでゆでて水にさらしてから使いましょう。 卵や油揚げなど、マイルドでやさしい味の具材とよく合います。 じゃがいもやごぼう、大根などの根菜類やキノコ類などさまざまな具材と相性がよく、日常的に味噌汁に入れたい野菜のひとつです。 がんの予防効果もあるとされ、積極的に摂りたい野菜です。 芯にも栄養があるので、普段のお味噌汁にはぜひ芯も薄く切って入れてください。 たっぷり食べてもカロリーが低いのもうれしいポイントです。 食感の似たえのきや玉ねぎなども相性のよい野菜です。 その他の味噌汁 豆製品、キノコ類なども味噌汁の定番食材です。 味の強い素材には味の強い味噌と「煮干し(いりこ)と昆布の合わせだし」、あっさりとした素材にはマイルドな味の味噌と「かつおと昆布の合わせだし」を使うと素材の味わいを活かせます。 育ち盛りのお子さんにもおすすめの具材です。 絹豆腐は小さく切るとつるりとした食感が楽しめます。 木綿豆腐は大きめにちぎって煮込み、しみこんだ味を楽しむのもいいですね。 抗ストレス作用のあるGABAも含んでいるので、ホッとしたい時におすすめです。 火の入れ具合によってシャキッとした食感もトロリとした食感も楽しめます。 味噌汁との相性は抜群で、他の具材なしでもなめこから出るだしでじゅうぶんにおいしく食べられます。 加熱するとネバネバ感が薄くなり、香りも変わって食べやすくなります。 だしを濃いめにとって旨みの強い味噌で作るとよく合います。 味噌汁の作り方について.

次の